笠置寺の修行場を巡りながらその歴史を学ぶ

京都

 笠置寺(かさぎでら)は京都府の南東部にある標高二百八十九メートルの笠置山の山上にある寺で、この寺の境内の修行場をめぐるのが面白いと聞いていたので、先日チャレンジして来た。結構楽しかったので、今回は笠置寺の歴史を交えながら修業場のレポートをすることとしたい。

 最初に寺へのアクセスについて一言書いておきたいのだが、笠置寺のホームページには「車でお越しの場合、カーナビ設定は『かさぎゴルフ倶楽部』での設定が便利」と書いてある意味が分からず私の車のカーナビの指示通りに山上の駐車場を目指し、笠木山添線から登山口で折れて笠置山に登る道に入ってしまった。この道はかなり細く、カーブが多くて、対向車が来るとすれ違うのに苦労することになるのであまりお勧めできるルートではない。369号線経由にしろ163号線経由にしろ、登山口からの山道は避けて、『かさぎゴルフ倶楽部』を通って、山上駐車場を目指す方が運転が楽である。

笠置寺 山門

 上の画像は笠置寺の山門で、門を潜ると左に本坊があり、鐘楼がある。

笠置寺 解脱鐘

 鐘楼はかなり新しい建物だが、梵鐘はかなり古く「解脱鐘(げだつがね)」と呼ばれていて国の重要文化財に指定されている。下に六ケ所の切り込みがあるのだが、このような鐘はわが国に二つしかないのだそうだ。
 底面には銘文が刻まれいて、建久七年(1196年)に俊乗房重源(しゅんじょうぼうちょうげん)によって造られたことが記されている。ちなみに重源は源平の合戦で焼け落ちた東大寺の復興に尽力した僧である。

 鐘楼の脇に収蔵庫があり、『笠置寺縁起絵巻』や仏像、経塚などを観ることが出来る。その先に鎮守社の春日明神社と椿本護王宮がありその右に修行場めぐりの入り口がある。ここから先は少々危険な場所もあるので、決して革靴やサンダルやヒールなどでは行くべきではない。

 上の画像は寺のパンフレットの山内図だが、一周約八百メートルとはいえ結構アップダウンがあり、何度か休憩したとしても、所要時間は一時間も見て置けば十分だと思う。花崗岩の巨石が点在し、登ったり下ったり、巨岩の間を潜ったりしながらたまに視界が開けて雄大な景色を楽しむことが出来る。

笠置寺 正月堂と弥勒摩崖仏と十三重塔

 最初のポイントは正月堂。天平勝宝四年(752年)に東大寺の実忠和尚によって建立されたお堂を起源とするそうだ。実忠和尚は東大寺の「お水取り」の創始者とされる人物だが、寺のパンフレットによると「東大寺には二月堂・三月堂・四月堂と現存しますが、正月堂は笠置山にあり、関西に「春を告げる」お水取りの発祥とされています」と書かれている。
 この正月堂の御本尊が、左にある弥勒摩崖仏で、この摩崖仏は光背の高さだけでも十二.五メートルで、岩の高さは十五メートルもある。仏の姿は、礼拝堂の三度の火災によりわからなくなってしまったのだが、正月堂や収蔵庫に復元された仏の姿を観ることが出来る。またこの弥勒摩崖仏の前に弥生時代の有樋式石剣が発見されたのだという。笠置寺のホームページによると、「笠置山の信仰の歴史は古く、弥生時代には巨石を神と崇拝する『磐座(いわくら)信仰』の聖地となりました。」とあり、仏教伝来よりもかなり前からこの巨石に囲まれた空間が聖地として信仰されていたようである。
 また隣の十三重石塔は鎌倉時代末期から室町時代に建立されたもので、国指定重要文化財である。 

笠置寺 十三重塔と笠置石

 正月堂の周囲には多くの巨岩があるのだが、うまく撮れなかったので正月同方面から十三重石塔を撮ってみた。左奥の巨岩は笠置石と呼ばれていて笠置の地名の由来となっている。
 天智天皇の第一皇子である大友皇子が馬もろとも巨石の上から落ちそうになったのを山の神に救いを求めて難を逃れたのだが、皇子は恩返しの為に後日訪れる目標として笠を置いたとの言い伝えがある。平安時代末期に成立した『今昔物語』巻第十一によると、その後大友皇子はこの場所を訪ねて巨岩に弥勒大摩崖仏を刻もうとしたが力及ばず、「天人これを哀び助けて、忽ちに此の像を刻み彫り奉る」とあり、それ以来この地を笠置寺と呼ぶようになったと書かれているのだが、このような話を知らなくとも、驚くような大きさの巨岩がいくつも並んでいる空間に誰しも圧倒されてしまうだろう。

笠置寺 千手窟

 正月堂を過ぎて千手窟(せんじゅくつ)に向かう。千手窟は「笠置の龍穴(りゅうけつ)」とも呼ばれ、社の奥は洞窟のようになっているという。
 笠置寺住職の説明動画によると、東大寺の大仏殿建立の際に用いた木材は、伊賀や信楽あたりから木津川を通って奈良まで運ぶことになっていたのだが、木津川の水量が少ないとせっかくの木材が川底の石にぶつかって折れたり削られたりして台無しになってしまう。そこで水かさを増すために、この場所で東大寺の良弁和尚が千手の秘法による雨乞いを行ったという。

笠置寺 虚空蔵摩崖仏

 千手窟のすぐ先に虚空蔵磨崖仏がある。さきほどの千手窟の写真にも右の方に写っているのだが、狭い道に足場を組んでこのような巨大な仏像を刻むことは容易ではないことは誰でもわかる。作成年次は奈良時代とも平安時代ともいわれている。

笠置寺 胎内くぐり

 次は胎内くぐりだ。ここが笠置山修行場の入口である。ほとんどの修行場の入口には滝があって、そこで身を清めてから修行場に入るのだが、笠置山には滝がないためにこの岩で囲まれた空間をくぐり抜けることで身を清めるのだそうだ。昔は自然の石が上に乗っかっていたのだが、安政地震で天井岩が落下し、以後は切り石の天井となっている。

笠置寺 太鼓石

 上の画像は太鼓石。岩の下をくぐる際に、丸く岩がはがれている部分の右肩を叩くと太鼓のようにポンポンと音がする。

笠置寺 ゆるぎ石

 次はゆるぎ石。この石の説明するには笠置山で後醍醐天皇型と鎌倉幕府軍が戦った話を知る必要があるので、少しわが国のその時代の歴史を振り返っておこう。

 鎌倉時代後期において、皇位継承をめぐり持明院統と大覚寺統との間で紛議が起こり、文保元年(1317年)に幕府の調停によって持明院統と大覚寺統が交代で皇位を継承することが決定された(文保の和談)。その翌年に持明院統の花園天皇の譲位により大覚寺統の尊治親王(後醍醐天皇)が践祚(せんそ)*したのだが、後醍醐天皇は自身の直系の子孫に皇位が継承されることを望み、そのために障害になるであろう幕府の打倒を企てるようになる*践祚:天皇の御位につくこと
 正中元年(1324年)に天皇の倒幕計画が発覚し、側近の日野資朝が流罪に処せられた(正中の変)。その後元徳三年(1331年)にも倒幕計画が発覚し、幕府は天皇の側近を捕縛しただけでなく、天皇を捕えようと御所を包囲した。後醍醐天皇は側近とともに京を脱出し、奈良東大寺を経て鷲峰山金胎寺に移り、その後笠置山に至って、ここで兵を集めたという。兵の数では幕府側が圧倒していたのだが、笠置山は天然の要害ということもあり戦いは約一ケ月に及んでいる。最後は嵐の夜に幕府側が火を放ち、天皇側は総崩れとなって笠置寺は全山焼け落ち、天皇や側近らは捕らえられて六波羅に送られた。この戦いを笠置山の戦いというのだが、現地の案内板などでは元弘の乱と記されていた。元弘の乱は元徳三年(1331年)から元弘三年(1333年)にわたる後醍醐天皇の勢力と幕府との戦いを総称するもので、笠置山の戦いは元弘の乱のいくつかの戦いの中の一つと理解すると良い。
 話をゆるぎ石に戻そう。この石は、迫ってくる幕府軍に対する武器としてここに運ばれたが用いられなかったと案内板には書かれていた。人の力で動かせるので「ゆるぎ石」と言われているのだから、簡単に動かせると思って私もチャレンジしてみたのだが全く動かなかった。住職の動画を見ていると力を入れるポイントがあるようで、それを外さなければ、容易に石が動くようだ。

笠置山から東側の眺望

 このあたりの景観は素晴らしいものがあるが、秋から冬にかけての朝に木津川の川霧がかかって、一面雲海になることがあるという。住職の動画の最後に雲海の写真が出ているが、今度来るときは是非雲海を観たいものである。

笠置寺 平等石

 次は平等石。危険なので今は石の中の割れ目を塞がれてしまっているが、昔は割れ目のトンネルを通り、岩の周りを周回して修業したのだそうだ。ここもゆるぎ石と同様の絶景を楽しむことが出来る場所である。

笠置寺 貝吹岩

 二の丸跡を過ぎて貝吹岩(かいふきいわ)に到着。笠置山の戦いで味方に合図を送ったり味方を鼓舞するために、ここで法螺貝が吹かれたと伝えられている。

笠置山から西側の眺望

 貝吹岩からは山から西側の眺望が楽しめるのだが、真ん中に流れる川は木津川で晴天時には遠くに生駒山が見えるのだそうだ。ここから夕陽を楽しんだり、季節と天候条件にもよるが雲海も楽しめるスポットである。

笠置寺 後醍醐天皇行在所跡

 貝吹岩のすぐ近くに後醍醐天皇の行在所跡がある。

笠置寺 後醍醐天皇行在所跡

 階段を上ると行在所のあった部分が石で囲まれていて入れないようになっていた。すぐ横に後醍醐天皇が笠置寺で詠まれた和歌を刻んだ石碑があった。
うかりける 身を秋風に さそわれて 思わぬ山の もみじをぞ見る
 幕府軍に捕らえられた後醍醐天皇は三種の神器を持明院統の光厳天皇に譲渡した後、元弘二年(1332年)に隠岐島に流されるのだが、翌年には隠岐島を脱出し、幕府から離反した足利尊氏が六波羅探題を攻撃し、新田義貞が鎌倉を攻撃して幕府を滅亡させている。光厳天皇は廃位されて、後醍醐天皇による建武の新政が開始されるという流れだ。

『都名所図会』人物往来社 昭和42年刊 p.612~613

 笠置寺のホームページによると、寺は「以後、室町時代に少々の復興をみたが、江戸中期より荒廃。ついに明治初期に無住の寺となった。明治9年、丈英和尚狐狸の住む荒れ寺に住して笠置寺の復興に尽くすこと20年、ようやく今日の山容となったのである。」と書かれている。しかしながら、『都名所図会』巻五に笠置寺の事が書かれていて、境内図も描かれている。寺は荒れてはいたが、摩崖仏や笠置山頂の絶景を訪ねる観光客はそれなりにいたということなのだろう。
 後醍醐天皇が笠置寺で過ごされたのは西暦でいうと1331年9月29日から10月30日なので、紅葉の盛りを観られたわけではないだろう。昔からこの寺の紅葉が有名であったかどうかはわからないが、後醍醐天皇が笠置寺で詠まれた歌が、昭和時代になってこの寺のもみじを有名にしたことは確かである。寺のパンフレットによると、元弘の乱から六百年を記念して、宝蔵坊の跡地に約八十本のもみじが植樹されたというのだが、元弘の乱から六百年というと昭和6年頃に植樹されたのだろうか。今は「もみじ公園」と呼ばれて、笠置町の紅葉の名所として多くの観光客が訪れるそうだ。ネットでは素晴らしい紅葉の写真を観ることが出来るが、寺のホームページにも美しい紅葉の写真が出ているので確認していただければと思う。

笠置寺 大師堂

 もみじ公園を過ぎると大師堂があり、石仏弘法大師(室町期)が奉安されている。天平勝宝四年(752年)に東大寺の実忠和尚によって建立された正月堂はこの場所にあったのだが、笠置山の戦いで焼失した以降復興されず、明治三十年(1897年)に関西鉄道(現JR関西線)が開通した際、現笠置駅にあった大師堂をここに移築したという。
 大師堂を過ぎると元の修行場めぐりの入口に戻るのだが、とにかく楽しかった。歴史の好きな人はなおさらだが、歴史好きでない人も、巨石や摩崖仏や山頂付近の絶景のほかスリリングな場所もいくつかあって結構楽しめるのではないかと思う。私も自分の体力や運動能力維持のためにこれからも時々この寺を訪れることとしたい。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。一時在庫を切らして皆様にご迷惑をおかけしましたが、第三刷が完了して在庫不足は解決しています。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能ですし、ネットでも購入ができます(\1,650)。
電子書籍はKindle、楽天Koboより購入が可能です(\1,155)。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことができます。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

 

 

 

 

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書220 対外関係史81 中国・支那66 地方史62 ロシア・ソ連59 反日・排日49 イギリス46 神戸大学 新聞記事文庫44 アメリカ44 共産主義39 情報戦・宣伝戦38 ユダヤ人36 神社仏閣庭園旧跡巡り36 日露戦争33 軍事31 欧米の植民地統治31 著者別31 神仏分離31 京都府30 政治史29 外交28 コミンテルン・第三インターナショナル27 廃仏毀釈27 朝鮮半島26 テロ・暗殺24 対外戦争22 キリスト教関係史21 支那事変20 西尾幹二動画20 菊池寛19 一揆・暴動・内乱17 満州17 豊臣秀吉17 ハリー・パークス16 大東亜戦争15 ドイツ14 紅葉13 海軍13 ナチス13 西郷隆盛12 東南アジア12 神仏習合12 陸軍11 ルイス・フロイス11 倭寇・八幡船11 アーネスト・サトウ11 情報収集11 満州事変10 人種問題10 スパイ・防諜10 分割統治・分断工作10 奴隷10 大阪府10 奈良県10 徳川慶喜10 不平士族10 インド10 フィリピン10 戦争文化叢書10 ペリー9 和歌山県9 イエズス会9 神社合祀9 国際連盟9 岩倉具視9 フランス9 寺社破壊9 伊藤痴遊9 欧米の侵略8 伊藤博文8 文化史8 A級戦犯8 関東大震災8 木戸孝允8 韓国併合8 兵庫県8 自然災害史8 ロシア革命8 オランダ8 小村寿太郎7 ジョン・ラッセル7 飢饉・食糧問題7 山中峯太郎7 修験7 大久保利通7 徳川斉昭7 ナチス叢書7 ジェイコブ・シフ6 中井権次一統6 兵庫開港6 奇兵隊6 永松浅造6 ロッシュ6 紀州攻め5 高須芳次郎5 児玉源太郎5 大隈重信5 滋賀県5 ウィッテ5 ジョン・ニール5 武藤貞一5 金子堅太郎5 長野朗5 日清戦争5 5 隠れキリシタン5 アヘン5 財政・経済5 山縣有朋5 東京奠都4 大火災4 日本人町4 津波4 福井県4 旧会津藩士4 関東軍4 東郷平八郎4 井上馨4 阿部正弘4 小西行長4 山県信教4 平田東助4 堀田正睦4 石川県4 第二次世界大戦4 南方熊楠4 高山右近4 乃木希典4 F.ルーズヴェルト4 4 三国干渉4 フランシスコ・ザビエル4 水戸藩4 日独伊三国同盟4 台湾4 孝明天皇4 スペイン4 井伊直弼4 西南戦争4 明石元二郎3 和宮降嫁3 火野葦平3 満洲3 桜井忠温3 張作霖3 プチャーチン3 生麦事件3 徳川家臣団3 藤木久志3 督戦隊3 竹崎季長3 川路聖謨3 鹿児島県3 士族の没落3 勝海舟3 3 ファシズム3 日米和親条約3 平田篤胤3 王直3 明治六年政変3 ガスパル・コエリョ3 薩英戦争3 福永恭助3 フビライ3 山田長政3 シュペーラー極小期3 前原一誠3 菅原道真3 安政五カ国条約3 朱印船貿易3 北海道開拓3 島津貴久3 下関戦争3 イザベラ・バード3 タウンゼント・ハリス3 高橋是清3 レーニン3 薩摩藩3 柴五郎3 静岡県3 プレス・コード3 伴天連追放令3 松岡洋右3 廃藩置県3 義和団の乱3 文禄・慶長の役3 織田信長3 ラス・ビハリ・ボース2 大政奉還2 野依秀市2 大村益次郎2 福沢諭吉2 ハリマン2 坂本龍馬2 伊勢神宮2 富山県2 徴兵制2 足利義満2 熊本県2 高知県2 王政復古の大号令2 三重県2 版籍奉還2 仲小路彰2 南朝2 尾崎秀實2 文明開化2 大江卓2 山本権兵衛2 沖縄2 南京大虐殺?2 文永の役2 神道2 淡路島2 北条時宗2 徳島県2 懐良親王2 地政学2 土一揆2 2 大東亜2 弘安の役2 吉田松陰2 オールコック2 領土問題2 豊臣秀次2 板垣退助2 島根県2 下剋上2 武田信玄2 丹波佐吉2 大川周明2 GHQ焚書テーマ別リスト2 島津久光2 日光東照宮2 鳥取県2 足利義政2 国際秘密力研究叢書2 大友宗麟2 安政の大獄2 応仁の乱2 徳富蘇峰2 水野正次2 オレンジ計画2 オルガンティノ2 安藤信正2 水戸学2 越前護法大一揆2 江藤新平2 便衣兵1 広島県1 足利義持1 シーボルト1 フェロノサ1 福岡県1 陸奥宗光1 穴太衆1 宮崎県1 重野安繹1 鎖国1 藤原鎌足1 加藤清正1 転向1 岐阜県1 宮武外骨1 科学・技術1 五箇条の御誓文1 愛知県1 トルーマン1 伊藤若冲1 ハワイ1 武藤山治1 上杉謙信1 一進会1 大倉喜八郎1 北条氏康1 尾崎行雄1 石油1 スターリン1 桜田門外の変1 徳川家光1 浜田弥兵衛1 徳川家康1 長崎県1 日野富子1 北条早雲1 蔣介石1 大村純忠1 徳川昭武1 今井信郎1 廣澤眞臣1 鉄砲伝来1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 スポーツ1 山口県1 あじさい1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 佐賀県1 士族授産1 横井小楠1 後藤象二郎1 神奈川県1 東京1 大内義隆1 財政・経済史1