『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』の感想文紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Sさんの感想文】…私の元上司Iさんに届いたメール

『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を読んで

「まず、序章でびっくりさせられます。目から鱗とはこのことで、日本人が奴隷として売買されていたなど全く知りませんでしたし、想像したこともありませんでした。しかし、戦国の荒れた世が長く続けば、各地で難民が発生し売られて行っても不思議ではないですよね。

遣欧少年使節団のことはかなり有名ですが、その記録の中にはっきり残っており、ミゲルが言った「道義をいっさい忘れて、血と言語とを同じうする同国人をさながら家畜か駄獣かのように、こんなに安い値で手放すわが民族への義憤の激しい怒りに燃え立たざるを得なかった。」のくだりは、彼の怒りを強く感じると同時に、今までこの部分に触れることがなかった歴史家や歴史教育に私は大いに怒りを感じます。そして長い戦乱の世がもたらした大きな負の部分を改めて知りました。

第1章はなぜ日本が西洋諸国の植民地にならなかったという、この本の本題へのプロローグですね。(ワクワク)

この命題については、自分も何故だろうかと思ったことはありましたが、単純に東南アジアから順番に来たくらいの感覚でした。でも、1565年にはスペインがフィリピンを実質支配し、ここを拠点にアジア進出を進めようとしていたのですね。

フランシスコザビエルによるキリスト教の伝来が鉄砲伝来の数年後だからよかったとのくだりはスリリングです。

鉄砲が伝来以降、極めて速い段階でかくも技術を向上させ、量的にも世界一を誇ったことなど誰も教えてくれませんでした。しかし、このことが本題に繋がっているのですから、とても重要な要素だった思います。(我が国の工業力の凄さはこの頃から世界を席捲していたかと思うと痛快)

それにしても、「日本は鉄砲を捨てて、平和で豊かな国づくりを目指した。」とのくだりは戦争好きで残虐な侵略ばかりするといった西洋人の日本人観に対する強烈な反撃です。(これも痛快)

さて、いよいよクライマックスの第2章ですが、キリスト教伝来がスペイン・ポルトガルによる日本侵略の第一歩であり、のちにやって来る宣教師たちは伝道の名のもとに先遣隊とスパイの役を担っていたなどは、またまた目から大鱗です。

スペインがインカの攻撃を始めるいきさつを読むと、侵略に関わるそれぞれのミッションがはっきり見えてきました。

さらに、廃仏毀釈は明治時代のことかと思っていましたが、この時代にしかも強烈な形で行われていたのですね。明治時代のそれと比べてみても、一神教の激しさ恐ろしさをあらためて感じました。あの松永弾正による東大寺焼打ちも実は敵方のキリシタンによる廃仏毀釈の一環であったとは…。

これだけ強かな戦略で進出してこようとしたスペイン・ポルトガルが、それを実現できなかった理由が、刀や鎧のクオリティや鉄砲の量による要因が大きかったとはかなり大胆ですが、すごく真実味を感じます。やむなくシナ、朝鮮経由で日本を植民地化するシナリオになったようですが、明治以降だけでなくこの時代も日本の脅威は朝鮮半島経由の可能性があったのですね。

第3章においては、秀吉による九州制定は宣教師、キリシタン大名を利用したのちに、彼らの力を弱め、さらに追放令を出したというくだりに留飲を下げました。

それにしてもキリシタン大名を利用して部分的に植民地化する企てまであったなどは、初めて聞いてゾッとしてしまいました。

第4章冒頭の、日本人奴隷がスペインの傭兵としてフィリピンで戦っていたくだりは、奴隷だけでも驚きなのに傭兵など…と思いましたが、国は違いますが山田長政は確かにシャムで戦っていましたね。

スペイン・ポルトガルはカトリックでオランダ・イギリスはプロテスタントで、ともに睨み合っていた。このこと見抜いてオランダ人・イギリス人を重用することでスペイン・ポルトガルを牽制した家康も凄い人なのですね。

第5章の島原の乱について、まず驚いたのは旧キリシタン大名の家臣たちが首謀者であったこと。キリシタン農民達がカリスマ的な天草四郎を担いで決起したようなイメージがありましたが、実はその農民達は移封された旧キリシタン大名の失業家臣たちであったなど誰もしらないことでしょう。

棄教した農民が改宗して参加したとありますが、棄教せず隠していた可能性はなかったのかの疑問は残りました。

次に驚いたことはオランダ船が原城を砲撃したことです、もちろんこれも知りませんでしたが、それが<幕府軍×一揆軍=オランダ×スペイン・ポルトガル=プロテスタント×カトリック>の構図の中で行われたなど本書を読まなければ絶対にわからないことです。

最終第6章では、鎖国の定義の誤りから、「鎖国」という用語を歴史書から追放せよとの著者の手厳しい提案が印象的です。歴史とはは勝者が作るものと言われますが、江戸幕府を一方的に悪者にするために明治政府が「鎖国」から「開国」の流れを作ったことはまさにこれに当てはまるもので、これを指摘したのは著者の慧眼と思われます。

以上、通読のうえ、印象に残った点を書いてみましたが、私達の歴史の常識を見事に打ち破る内容とそれをわかり易くするエビデンスを都度付記いる点でも、とても優れた本だと感服しています。

そして、全体を通して流れているのが、戦後における歴史認識や歴史教育を正していく必要性を説いていることで、この点については著者に敬意を表したいと思います。

このような本を同じ職場にいた人が著したこと、しかもその方が当方と若干ではありますがご縁があったことは誇らしいことだと思っています。(私の勝手ですみません)

実は昨年、ケントギルバートの著作でGHQが実行したウオーギルトインフォメーションシステムやプレスコードのことを知り、長年の疑問が解けたところだったのです。長年の疑問とは、どうして我が国の人々は自分の国のことを好きだとか、誇りを持てると言いきれないのか?という点です。

このGHQが行った洗脳から脱するためには、本書のように戦後の歴史認識や歴史教育を見直したうえで史実を追求し、日本と日本人を再認識させてくれる書物が必要です。

近時はそうした書物が少しずつ増えていると感じていますが、是非「しばやん」さんには今後ともそうした執筆活動を続けていただきたいと思っています。」

(2020/4/13付SさんからIさんへのメール)

私の銀行員時代の上司であるIさんに私が昨年四月に本を出版したことを今年の年賀状で報告していたのですが、一月の中頃に拙宅に電話があり、知り合いに配りたいのでこの本をまとめて買いたいとのことでIさんの自宅に送りました。

つい先日に再び電話があり、この本を贈ったことで多くの方から感謝状や御礼の電話が届き旧交を温めることが出来たことに感謝したいという話と、一人長文の感想文を送ってくれた人がいるので私宛にも送りたいとのことでした。私のメルアドを伝えて、Iさんに届いたメールを転送していただきました。

この感想文を書いたのは私が若かりし頃に銀行のクラブや組合活動などでお世話になった方で、名前はよく覚えていますが過去仕事上の接点はなく、おそらく30年以上は会っていないSさんです。感想文は私の元上司のIさん宛に書かれたもので、私に気遣いをして言葉を選んだものではありません。拙著の内容と私の伝えたかったことがわかる文章なので、もしこの本の購入を検討していただいている方には参考になると考え、元上司よりSさんのメルアドをご教示頂き、Sさんの了解を得て、名前を伏せて本ブログに掲載させていただきました。

Sさん、Iさん、本当にありがとうございました。とてもうれしいです。

また、今回のやりとりでSさんも知人に案内したいと、まとめて本をご購入いただくことになりました。著者としてこれほどうれしいことはありません。これからも、本を書いたことで、いろんな人と繋がった縁を大切にしていきたいと思います。

電子書籍版販売中

先日案内させていただいたとおり、令和2年3月末にこの本の電子書籍版の販売を開始しました。

紙の書籍を発売して1年も経過しているにもかかわらず、電子書籍版がAmazonの日本史新刊書ランキング(発売後1か月以内の本が対象)でずいぶん長い間上位にランクインし、一時期は新刊書の2位になりました。電子書籍の市場規模は年々拡大し、今では数多くの電子書籍が売れ筋ランキング上位に入る時代になっていることを初めて知りました。

AmazonのAI判定により、6月ごろからKindle Unlimitedの読み放題対象書籍となり、会員の方は無料でダウンロードできるようになりました。

また8月7日から20日まではセールス期間となり、電子書籍の価格が1155円から549円とお求め安くなっています。21日以降はまた元の価格にもどるとのことです。拙著の電子書籍を既にダウンロードしていただいた皆さんにはまことに申し訳ありませんが、Kindleではこういう一時的なセールスが時々行われるようです。著者には事前に知らされていなかったことをご理解願います。

この本はKindleの日本史書籍ランキングでは何度も上位にランクインしています。まだ読んでおられない方には、購入を検討していただくとありがたいです。

目次のご紹介

次に本の目次を紹介させていただきます。

序章  四百年以上前に南米やインドなどに渡った名もなき日本人たちのこと

第1章 鉄砲の量産に成功したわが国がなぜ刀剣の世界に戻ったのか

・鉄砲伝来後、わが国は鉄砲にどう向き合ったか

・世界最大の鉄砲保有国であったわが国がなぜ鉄砲を捨てたのか

第2章 キリスト教伝来後、わが国に何が起こったのか

・フランシスコ・ザビエルの来日

・フランシスコ・ザビエルの布教活動

・ 最初のキリシタン大名・大村純忠の「排仏毀釈」

・イエズス会に政教の実権が握られた長崎

・武器弾薬の輸入のためにキリスト教を厚遇した大友宗麟

・ 宣教師たちは一般庶民の信者にも寺社や仏像の破壊を教唆した

・武士たちにキリスト教が広まったことの影響

・ 異教国の領土と富を奪い取り、異教徒を終身奴隷にする権利

・ポルトガル人による日本人奴隷売買はいかなるものであったのか

・スペインの世界侵略とインディオの悲劇

・スペイン・ポルトガルの世界侵略とローマ教皇教書が果たした役割

・宣教師たちがシナの征服を優先すべきと考えた理由

第3章 キリスト教勢力と戦った秀吉とその死

・秀吉のキリスト教布教許可と九州平定

・秀吉によるイエズス会日本準管区長・コエリョへの質問

・秀吉はなぜ伴天連追放令を出したのか

・ 伴天連追放令後のイエズス会宣教師の戦略

・スペインに降伏勧告状を突き付けた秀吉

・ 秀吉はなぜ朝鮮に出兵したのか

・サン・フェリペ号事件と日本二十六聖人殉教事件

・イエズス会とフランシスコ会の対立

・秀吉の死後スペイン出身の宣教師が策定した日本征服計画

・宣教師やキリシタン大名にとっての関ヶ原の戦い

第4章 徳川家康・秀忠・家光はキリスト教とどう向き合ったか

・日本人奴隷の流出は徳川時代に入っても続いていた

・家康がキリスト教を警戒し始めた経緯

・家康の時代のキリスト教弾圧

・大坂の陣で、多くのキリシタン武将が豊臣方に集まったのはなぜか

・対外政策を一変させた秀忠

・東南アジアでスペインに対抗しようとしたイギリス・オランダの戦略

・幕府が取締り強化を図っても、キリスト教信者は増え続けた

・家光がフィリピンのマニラ征伐を検討した背景

・幕府はなぜキリスト教を禁止せざるを得なかったのか

第5章 島原の乱

・島原の乱は経済闘争か、あるいは宗教戦争か

・棄教した住民たちが、なぜ短期間にキリシタンに立ち帰ったのか

・島原の乱の一揆勢は原城に籠城して、どこの支援を待ち続けたのか

・島原の乱の一揆勢は、大量の鉄砲と弾薬をどうやって調達したのか

・島原の乱を幕府はどうやって終息させたのか

・島原の乱の後も、わが国との貿易再開を諦めなかったポルトガル

・島原の乱の前後で、幕府がオランダに強気で交渉できたのはなぜか

第6章 「鎖国」とは何であったのか?

・ポルトガルと断交した後になぜ海外貿易高は増加したのか

・シーボルトが記した「鎖国」の実態 

あとがき

Amazonで8人の方から書評をいただいています。今のところ、高い評価をいただいており有難い限りです。

無名の著者ゆえ、紙の書籍は一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、紀伊国屋書店の下記10店舗に令和3年の2月末まで、各1冊だけですが常備陳列されることになっています。
川越店、流山おおたかの森店、梅田本店、グランフロント大阪店、川西店、クレド岡山店、広島店、久留米店、熊本光の森店、アミュプラザおおいた店
お取り寄せは上記店舗だけでなく、全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。

引き続き、本ブログ「歴史逍遥『しばやんの日々』」をご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【人気記事ベスト100 90日間】

『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』の感想文紹介1755 views
秀吉の伴天連追放令と朝鮮出兵の背景を考える~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む11276 views
外国人襲撃事件が頻発する中で起きた生麦事件と英国人らの反応1018 views
弘安の役で元軍を襲った台風の後も続いた死闘とその後の元の日本侵攻計画~~元寇5945 views
秀吉が南蛮貿易を奨励して以降、外国との貿易はどう変わったか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人1748 views
弘安の役における武士たちの活躍~~元寇4595 views
倭寇はなぜ元寇のあとから頻発するようになったのか~~倭寇1578 views
信長が最後にイエズス会と敵対する行動を取ったのはなぜか577 views
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)511 views
種子島に伝来した鉄砲一挺を持ち帰った根来寺のこと438 views
聖ザビエル像が山奥で発見されたのち、売却された経緯~~隠れキリシタンの里2396 views
GHQに没収・廃棄されたアジア・東洋をタイトルに含む書籍~~『大東洋の危機 : 英国よアジアより手を引け』392 views
秀吉の朝鮮出兵はなぜ二回行われることになったのか~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む2386 views
慶喜がひたすら恭順を示したにもかかわらず江戸城総攻撃に向かう東征軍386 views
『日米通商修好条約』が無勅許で調印された経緯372 views
秀吉が朱印船貿易を開始する前後のフィリピン~~朱印船貿易と東南アジアの日本人2371 views
フィリピンの日本人町はどういう経緯でつくられたのか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人3359 views
文永の役で優勢に戦っていた元・高麗連合軍の船団がなぜ博多湾から消えたのか~~元寇2358 views
倒幕派とイギリス、及び大政奉還の建白書を提出した土佐藩の動き357 views
フランスの指導により軍隊改造に取り組んだ幕府が倒幕派に勝てなかった事情344 views
GHQが焚書処分した写真集など~~『日支事変写真帖』331 views
鳥羽・伏見の戦いに旧幕府軍が敗れた理由328 views
孝明天皇は病死したのか、あるいは毒殺されたのか320 views
英公使パークスの激怒と江戸城無血開城との関係285 views
石清水八幡宮の神仏分離を追う281 views
聖フランシスコ・ザビエル像が北摂の山奥に残された経緯~~隠れキリシタンの里1280 views
シャムで活躍した山田長政とアユタヤの日本人町~~朱印船貿易と東南アジアの日本人4280 views
わが国が中国やインドのようにアヘンに毒されなかったのはなぜなのか273 views
桂離宮周辺の名所を巡る~~~松尾大社、月読神社、華厳寺(鈴虫寺)、地蔵院(竹の寺)272 views
二度目のペリー来航が、約束していた時期より随分早まった経緯255 views
徳川慶喜は大政奉還後も主導権を握ることができると考えていた255 views
周到に準備された王政復古の大号令245 views
明治末期に政府が推進した神社合祀と鎮守の森の大量破壊~~神社合祀1236 views
大政奉還から王政復古の大号令までの公議政体派と討幕派の動き235 views
鳥羽伏見の戦いの数日後に神戸で起きた備前藩兵と外国軍との間の銃撃戦~~神戸事件234 views
神戸事件責任者処刑の六日後に起きた、土佐藩兵によるフランス兵殺傷事件~~堺事件234 views
天皇の謁見を賜う途上で起きたイギリス公使・パークス暗殺未遂事件224 views
薩長を支援したイギリスと、幕府に接近し助言し続けたフランス221 views
GHQが焚書処分したA級戦犯の著書~~松岡洋右 『東亜全局の動揺 』219 views
朝鮮総督府がまとめた朝鮮史218 views
皇女和宮を将軍徳川家茂に降嫁させたことが幕府の権威失墜を招いた210 views
大友宗麟による寺社破壊と、島津との戦いののち海外に売られていった豊後の人々209 views
後期倭寇の実態はいかなるものであったのか~~倭寇4207 views
GHQが焚書処分した道徳に関する書物~~深作安文 著『国民道徳綱要』203 views
GHQが焚書処分した回教やキリスト教など宗教に関する本~~笠間杲雄 『大東亜の回教徒』、小野豊明 『比島宣撫と宗教班』202 views
北条時宗は文永の役のあと次の元寇に備えてどう動いたのか~~元寇3201 views
GHQが焚書処分した日清戦争・日露戦争関連書籍~~時事新報社 編『日露戦争を語る. 外交・財政の巻』201 views
GHQに焚書処分された西洋・欧米に関する書籍~~福沢桃介 『西洋文明の没落 : 東洋文明の勃興』197 views
王政復古の大号令が発せられた直後の情勢190 views
中国人の奴隷225名全員を解放させた明治日本~~マリア・ルス号事件189 views
廃仏毀釈と、架け替えられた京都四条大橋188 views
GHQが焚書処分した「ユダヤ」関連書物~~筈見一郎『猶太禍の世界』183 views
文禄の役で明国との講和交渉を大失敗に導いた小西行長~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む3183 views
相次いだ外国人殺傷事件と五箇条の御誓文180 views
GHQが焚書処分した軍人の著書~~真崎勝次著『非常時局読本』177 views
GHQが焚書処分した実業家・経済人の著書~~小林一三『戦後はどうなるか』174 views
秀吉の紀州攻めで多くの寺社が焼かれた理由~~紀州攻め1173 views
GHQが焚書処分した「昭和」をタイトルに含む本~~赤松祐之『昭和十三年の国際情勢』173 views
知恩院からイギリス公使パークス襲撃事件の現場を訪ねて172 views
GHQに焚書処分された北条時宗に関する書籍に何が書かれているか~~元寇1171 views
GHQが焚書処分した歴史記録~~永松浅造 『皇国海戦史 海ゆかば 』165 views
GHQが焚書処分した外国人の本、及び外国語で出版された本~~ラインハルト・フランク『虐げられし印度』、李東華 『国防と朝鮮人』164 views
GHQは日本人にどのような歴史を封印しようとしたのか162 views
伏見稲荷大社と稲荷山の山巡り162 views
電子書籍で読めるGHQ焚書160 views
GHQが焚書処分した政治家の著作~~池崎忠孝『太平洋戦略論』、安藤正純『日本の行く道』159 views
GHQが焚書処分した「日本精神」に関する本~~辻善之助 『皇室と日本精神』159 views
藤森神社の祭りの神輿が伏見稲荷神社の境内に入る歴史的経緯156 views
日米和親条約の締結とその和文・英文の重大な相違点155 views
オランダはペリー来航前に日本・米国に対してどう動いたのか151 views
桜田門外の変と、その後の薩摩藩、彦根藩、幕府の動き151 views
GHQが焚書処分した「北進論」「南進論」関連書籍~~安達謙蔵『北進図南』150 views
英国公使が幕府支持に傾いた理由と倒幕を急ごうとした在京の薩摩藩士148 views
GHQに焚書処分された「国体」関連書籍~~文部省 編纂 『國體の本義』146 views
ロシア革命の活動資金を誰が支援し、レーニンら革命政府の指導者は最初に何を実行したのか144 views
GHQに焚書処分された神道関連書籍~~山田孝雄 『神道思想史』143 views
GHQの定めた検閲指針がわが国のマスコミなどで今も実質的に守られている理由134 views
イギリスのインド統治に関わるGHQ焚書のリスト134 views
高山右近は北摂の寺社破壊を推進したのか130 views
GHQが焚書処分した「幕末」「明治」「大正」をタイトルに含む本~~菊池寛 『明治海将伝』130 views
関東大震災のあと避難者たちが「朝鮮人暴動」を怖れたのはなぜか129 views
宮門跡の一つであった照高院が明治初期に失われたこと125 views
宣教師が信長を利用して寺社破壊を推進したのではなかったか123 views
台湾を占領したオランダと戦った日本商人・浜田弥兵衛115 views
アヘン戦争、アロー号事件のあとイギリスが中国に押しつけた不平等条約114 views
秀吉の紀州攻めで焼かれたとされる古寺を訪ねて~~泉南の神社仏閣その1112 views
伏見稲荷大社近辺の古刹を訪ねて~~宝塔寺と石峰寺111 views
関東大震災の貴重な記録は今日に活かされているのか~~その1.大量の焼死者が出た東京110 views
薩長に接近したイギリスは討幕に関与したのか、しなかったのか110 views
復刊されて比較的手に入りやすくなっているGHQ焚書108 views
歴史関係辞書・辞典105 views
GHQが焚書処分した戦争に関する書物~~小林騏一郎『日・ソ・支戦争 : 世界大戦の前に来るもの』103 views
プチャーチンの交渉スタンスが変わり『日露和親条約』が調印されるに至った事情102 views
仏像を「悪魔」と呼んだフランシスコ・ザビエル93 views
「前期倭寇」の活動が鎮まった経緯と「後期倭寇」が発生するまで~~倭寇391 views
幕府に鉄道模型や電信機などを贈ったペリーとその後の幕府との交渉の行方89 views
GHQが焚書処分したフランス、フランス植民地に関する本~~田沢丈夫『仏印事情』88 views
ネットで読めるGHQ焚書  その10(ち~と)87 views
最初のキリシタン大名となった大村純忠は洗礼を受けた時に司祭と何を約束したか85 views
GHQが焚書処分した教育に関する本~~大日本国民教育会 編『教育勅語画鑑』、伏見猛弥 『教育維新』83 views

コメント

  1. 芳川 より:

    しばやんさん、初めまして。
    芳川と申します。

    しばやんさんの『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を拝読しました。

    私事になりますが、
    昔、修学旅行か何かで耳塚に連れてかれて、秀吉はこんなに悪いことをしたんだと教わりました。また、日本史の教科書でも世界史の教科書でも、秀吉の政策、特に朝鮮への出兵について、否定的な記述がなされていたのですが、当時は、そんな教科書で試験勉強・受験勉強をしていました。
    しかし、私は、そうした日本の歴史教育にずっと違和感を覚えてきました。物事には色々な側面があるはずなのに、どうしていつも否定的な見方ばかり押し付けられるんだろう、と違和感一杯でした。日本人としてのアイデンティティを失わせるような、あるいは、日本人が自国を嫌いになるような歴史教育が行われていると感じていました。
    ですが、しばやんさんの本に出会えたおかげで、当時、キリスト教勢力の脅威があって、秀吉は彼らの思惑を見抜き、対処しようとしていたということがよくわかって、とても嬉しく、有り難かったです。これまで押し付けられてきたマイナスイメージを払拭できました。
    日本のことを、「わが国」と書いてある点も、「決して他人事じゃない、自分の国のことなんだ」と思えて、嬉しかったです。
    しばやんさんの本のおかげで、日本と日本人を、誇らしく感じることができました。本当にありがとうございます。

    • しばやん より:

      しっかり読んで頂き、素晴らしいコメントまでいただいて、著者としてこれほど嬉しいことはありません。

      私の子供の頃は、祖父や父からは、秀吉は国民的英雄の一人として聞いてきたのですが、中学や高校で学ぶ歴史やテレビなどで解説される秀吉は正反対の内容であることに何度も驚いた記憶があります。

      ずっと学校で学ぶ歴史に違和感を覚え、学生時代は歴史の勉強はあまり好きではなかったのですが、40代の頃に実家の寺の歴史を調べてから少しずつ歴史に興味を覚えるようになりました。
      友人から刺激を受けて11年ほど前にブログを書き始めて、記事ネタを探しているうちに戦国時代に多くの日本人が奴隷に売られていた事実を知り、好奇心に火がついて、その経緯を調べていろんな記事を書くようになり、関連記事を一冊にまとめたのがこの本になります。

      戦国時代における外国とのかかわりについては、数多くの史料が残されているのですが、いくつかを読むだけで、戦後の歴史叙述が相当歪められていることに誰でも気が付くことになると思います。戦後の教育やマスコミなどの解説においては、自虐史観に矛盾する史実はほとんどが意図的に封印されている状況です。これでは、この時代の歴史の真実がわかるはずがありません。
      この本が自虐史観の洗脳を解くきっかけになればという思いでこの本を書きましたが、お役に立てて本当に嬉しいです。よろしければ、ぜひお友達にも紹介していただきたいところです。

      昨年会社勤めを辞めてから、毎日歴史の勉強をすることが日課のようになっています。最近は、このブログで幕末から明治の歴史を見直しています。この時代も、幕府や薩摩藩・長州藩が対応を誤れば、イギリスの植民地になっていてもおかしくなかったと考えています。良かったら覗いてみてください