修学院離宮近辺のお薦めしたい名所

京都

1.りっきゅうさんパーキングから赤山禅院へ

修学院離宮を予約して車で行くときことを決めたものの、離宮に一番近いりっきゅうさんパーキングに駐車できない場合には、他の有料駐車場が遠すぎることが気になっていた。

離宮の近くにいくつかの寺や神社があるのでそこの駐車場を利用したいところだが、きちんと拝観して御朱印もお願いしておけばペナルティを要求されることはないだろうとの考えで、かなり早めに出発した。

たまたま、到着時にりっきゅうさんパーキングが空いていたのでそこに駐車したが、そこが満車の場合は赤山禅院(せきざんぜんいん)の駐車場に入れるという段取りであった。どちらに駐車した場合も、先に赤山禅院を拝観するという計画であったのだが、修学院離宮から赤山禅院までは歩いて10分もかからない程度の距離である。ただし、ここの駐車場もそれほどの広さはなく、5~6台が駐車できる程度である。同院のホームページには駐車場については「ありません。公共交通機関をご利用ください」と書いているので、車での参拝を歓迎しているわけではなさそうだ。

2.赤山禅院とその由来

赤山禅院の参道の入口になぜか鳥居があり、扁額には「赤山大明神」と書かれている。この額は、後水尾天皇の行幸の際に賜った勅額の複製だという。鳥居を見ると神社を連想するのが普通なのだが、赤山禅院は天台宗の寺院で比叡山延暦寺の塔頭寺院の一つである。

上の画像は山門だが毎朝午前六時に開けられて、参拝は午前九時から可能となる。

境内には松や楓の木が多く、秋には紅葉が美しいことで良く知られている。

この寺は仁和四年(888年)に第三世天台座主 円仁の遺命によって創建されたと伝えられ、京都御所から見て表鬼門の方角(東北)に当たる場所にあることから、方除けの神として古来から信仰を集めてきた。上の画像は拝殿だが、この屋根の上に、よく見ると鬼門除けの猿の像が置かれている。猿は邪気を払う力があるといわれている。

上の画像は本殿だが、ここには本尊である赤山大明神が、皇居の表鬼門の鎮守として祀られている。「拝殿」とか「本殿」とかは、神社の建物しか用いない言葉なのだが、そのように案内されているのだ。

境内の中にも鳥居があり階段を上っていくと金神宮や相生宮があり、今も神仏習合の姿を残しているのが面白い。

赤山禅院のホームページに比叡山延暦寺の千日回峰行の解説が出ている。この修行は七年間かけて行われるものだが、その六年目には、比叡山から雲母(きらら)坂を登降して赤山大明神に花を供する「赤山苦行」と称する荒行を百日間行うのだという。行者の足で十四~十五時間かけて約六十キロを一日で歩くのだそうだが、最後に雲母坂の急坂を登って比叡山山頂の延暦寺に戻るという難コースを百回もこなすというのは大変なことである。そして七年目になると、前半の百日間は「京都大回り」で、延暦寺から赤山禅院、さらに京都市内を巡礼し、全行程八十四キロを一日で歩いて延暦寺に戻るというから驚きの距離である。この赤山禅院では、千日回峰行を満行した大阿闍梨が住職をつとめておられるのだそうだ。

また、境内に福禄寿殿があり、都七福神の一つとされており、御朱印はここで受付けている。


都名所図会「赤山社 玉山社 御蔭社」(国際日本文化研究センター所蔵)

江戸時代後期に京都の俳諧師秋里籬島が著し、絵師竹原春朝斎が図絵を描いた『都名所図会』に赤山禅院の絵が出ているが、昔は山門がなかったようだ。


拾遺都名所図会「雲母坂 雲母寺 林丘寺」(国際日本文化研究センター所蔵)

『都名所図会』の続編である『拾遺都名所図会』 に、雲母寺(うんもじ)が描かれている。この寺の左隣に描かれているのが、修学院離宮の中御殿の一部となった林丘寺(りんきゅうじ)である。

雲母寺は明治時代に廃絶されて、本堂と本尊の不動明王がこの赤山禅院に移されたという。上の画像が赤山禅院の不動堂であるが、この建物が雲母寺から移築されたものであるようだ。

修学院離宮を行く前に、時間があればこの寺を拝観することはなかなか楽しく、歴史的景観が残されているのでお勧めしたい。

3.曼殊院とその由来

修学院離宮の見学の後に昼食を済ませて曼殊院に向かった。ここには参拝者用の広い駐車場があるが、駐車場には「有料駐車場」と書かれていて「当院を拝観している時間のみ無料」とあり「駐車料金 一日 9,500円」と書いてある。修学院離宮の参観者が利用することを排除する意図が丸見えだが、この寺を拝観するのなら無料にしても良いのではないかとも思う。この場所から修学院離宮までは、徒歩で15分近くかかる距離である。

現地の駒札に、曼殊院の由来が次のように記されている。

「最澄が比叡山上に建立した一坊を起こりとする天台宗の寺院で、青蓮院、三千院、妙法院、毘沙門堂と並ぶ天台宗五箇室門跡の一つに数えられる。門跡とは皇族や摂関家の指定が代々門主となる寺院の事で、当寺では明応四年(1495)に伏見宮貞常親王の子、慈運大僧正が入手したことに始まる。

初代門主の是算(ぜさん)国師が菅原家の出身であったことから、菅原道真を祭神とする北野天満宮との関係が深く、平安時代以降、明治維新に至るまで、曼殊院門主は北野天満宮の別当職を歴任した

数度の移転を経た後、天台座主(天台宗最高の地位)を務めた良尚(りょうしょう)法親王により、江戸初期の明暦二年(1656)に現在地に移された。」

曼殊院は数多くの文化財を保有しており、国宝の絹本著色不動明王像(黄不動)、古今和歌集(曼殊院本)1巻のほか、国指定重要文化財は建物では大書院、小書院、庫裏のほか玄関障壁画(紙本金地著色竹虎図)11面、木造慈恵大師坐像、源氏物語 蓬生、薄雲、関屋 3冊などがあり、国宝の二点と絵画、書籍、古文書の一部は京都国立博物館に寄託されている。。

曼殊院書院庭園は江戸時代の枯山水庭園として著名で、国の名勝に指定されている。

庭園は、書院の前面に白砂を敷いて水面をあらわし、島や背景の築山を設け、築山間には石橋を架けて深山幽谷の世界を表現している。

また勅使門の西北には曼殊院天満宮が祀られている。


拾遺都名所図会「曼殊院 天満宮」(国際日本文化研究センター所蔵)

『拾遺都名所図会』 に曼殊院と曼殊院天満宮が描かれているが、今の位置関係と明らかに異なる。『拾遺都名所図会』が出版されたのは天明七年(1787年)であるが、それ以前は曼殊院の東の山中に天満宮があったようである。『拾遺都名所図会』にはこの場所に月林寺(げつりんじ)という寺があったことが記されている。

4.鷺森神社

曼殊院の勅使門から西に歩いて進むと、途中で鷺森(さぎのもり)神社の森が右手に見えるようになる。うるしの常三郎という漆器店の近くに、神社の森に通じる小径の入口がある。

そこから森の中を進むと御幸橋という石橋があり、そこを渡り石段を進むと鷺森神社の拝殿がある。

この神社にも駐車場が存在するのだが、このあたりの道路は狭くて分かりにくく、また参拝者用駐車場には数台程度のスペースがあるだけだ。ここの駐車場から修学院離宮までの距離は10分程度だと思われるが、修学院離宮に車で来た場合にりっきゅうパーキングが満車であれば、①赤山禅院②鷺森神社の駐車場に入れるか、それがだめならかなり離れた有料駐車場に入れるか、リスクを承知で曼殊院の駐車場に入れるという選択になるが、観光シーズンの休日の場合は、いずれも満車となるリスクがあり、公共交通機関を利用するほうが賢明だと思う。

鷺森神社の由緒について、神社の案内板にこう記されていた。

「当神社創建は貞観年間*にして、今より壱千百年余り前に、比叡山麓の赤山明神の辺に祀られてあったが、応仁の乱の兵火に罹り社殿焼失し、今の修学院離宮の山中に移し祀られてあった。

後水尾上皇この地に離宮を造営されるにあたり、此の鷺森に社地を賜わり、元禄二年(西暦1689年)遷座相成り、修学院・山端地区の氏神神社として現在に至っている

後水尾上皇も霊元法皇も修学院行幸の際には当神社へも参拝され、霊元法皇享保十四年三月三日行幸の御時

 をりいると見し鷺森すぎかてに

   わけきて今日はむかふ神垣

との御製あり。」

*貞観年間(859~877年)

霊元法皇は修学院離宮造営に関わった後水尾上皇の第十九皇子で、第百十二代の天皇陛下(在位1663~1687年)となられたが、その後院政を開始され、元禄七年(1694年)に政治の実権を東山天皇に戻されたのだが、宝永六年(1709年)東山上皇が急逝すると再び院政を再開し、父の後水尾天皇と並んで長期に亘って院政を行ったことで知られている。

また正徳三年(1713年)には出家されて法皇となられたが、法皇となられた事例はそれ以降は存在せず、霊元法皇は歴史上最後の法皇である。境内に御製の歌碑が建てられている。

上の画像は鷺森神社の拝殿だが、安永四年(1775年)に改築されたものだという。

このような神社の歴史を知ると、この神社の鎮守の森が地元の人々によって大切にされてきた経緯がよく理解できる。緑深いこの地は、桜や楓が多く植わっており秋は紅葉の隠れた名所となっているという。修学院離宮も赤山禅院も曼殊院も鷺森神社も、ネットで画像検索すると素晴らしい紅葉の景色が数多く紹介されている。今度近くを訪れる機会があれば、紅葉を楽しめる季節にしたいものである。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書170 対外関係史80 地方史62 イギリス37 ロシア・ソ連34 神社仏閣庭園旧跡巡り34 著者別31 軍事29 政治史29 京都府28 神仏分離27 廃仏毀釈26 日露戦争25 外交史24 欧米の植民地統治24 共産主義23 対外戦争22 中国・支那21 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 菊池寛19 ユダヤ人16 アメリカ16 一揆・暴動・内乱16 豊臣秀吉16 ハリー・パークス16 テロ・暗殺16 GHQ焚書・50音別リスト15 反日・排日15 情報戦・宣伝戦14 朝鮮半島14 満州14 コミンテルン・第三インターナショナル13 神戸大学 新聞記事文庫13 支那事変13 西郷隆盛12 陸軍11 海軍11 アーネスト・サトウ11 紅葉11 東南アジア11 ルイス・フロイス11 不平士族10 徳川慶喜10 倭寇・八幡船10 戦争文化叢書10 和歌山県9 フランス9 岩倉具視9 伊藤痴遊9 奴隷9 寺社破壊9 大阪府9 ペリー9 奈良県9 イエズス会9 オランダ8 徳川斉昭7 ナチス7 インド7 ドイツ7 修験7 神社合祀7 A級戦犯7 神仏習合7 ジョン・ラッセル7 ロッシュ6 自然災害史6 大東亜戦争6 飢饉・食糧問題6 永松浅造6 文化史6 兵庫開港6 木戸孝允6 大久保利通6 人種問題5 アヘン5 滋賀県5 財政・経済5 伊藤博文5 児玉源太郎5 大隈重信5 奇兵隊5 隠れキリシタン5 分割統治5 情報収集5 山縣有朋5 ジョン・ニール5 関東大震災5 高須芳次郎5 ジェイコブ・シフ5 紀州攻め5 堀田正睦4 阿部正弘4 小西行長4 高山右近4 水戸藩4 フィリピン4 スペイン4 フランシスコ・ザビエル4 井上馨4 西南戦争4 東京奠都4 旧会津藩士4 井伊直弼4 ナチス叢書4 金子堅太郎4 兵庫県4 乃木希典4 南方熊楠4 平田東助4 日本人町4 武藤貞一4 ウィッテ4 山県信教4 石川県4 孝明天皇4 東郷平八郎4 小村寿太郎4 士族の没落3 台湾3 福永恭助3 山田長政3 朱印船貿易3 和宮降嫁3 徳川家臣団3 スパイ・防諜3 生麦事件3 下関戦争3 柴五郎3 日独伊三国同盟3 藤木久志3 三国干渉3 王直3 日清戦争3 長野朗3 シュペーラー極小期3 勝海舟3 薩英戦争3 静岡県3 廃藩置県3 義和団の乱3 タウンゼント・ハリス3 安政五カ国条約3 菅原道真3 津波33 伴天連追放令3 レーニン3 竹崎季長3 平田篤胤3 フビライ3 ロシア革命3 中井権次一統33 北海道開拓3 文禄・慶長の役3 織田信長3 国際連盟3 ガスパル・コエリョ3 福井県33 プチャーチン3 鹿児島県3 川路聖謨3 日米和親条約3 高橋是清3 満州事変3 薩摩藩3 桜井忠温3 南朝2 明治六年政変2 プレス・コード2 高知県2 大江卓2 文永の役2 大火災2 福沢諭吉2 火野葦平2 安政の大獄2 北条時宗2 弘安の役2 島津貴久2 領土問題2 大友宗麟2 オルガンティノ2 ラス・ビハリ・ボース2 安藤信正2 吉田松陰2 オールコック2 山本権兵衛2 坂本龍馬2 大政奉還2 徳富蘇峰2 応仁の乱2 足利義政2 下剋上2 水野正次2 土一揆2 徳島県2 淡路島2 富山県2 野依秀市2 越前護法大一揆2 神道2 松岡洋右2 大川周明2 島根県2 豊臣秀次2 島津久光2 沖縄2 水戸学2 文明開化2 三重県2 伊勢神宮2 日光東照宮2 板垣退助2 鳥取県2 足利義満2 明石元二郎2 仲小路彰2 南京大虐殺?2 尾崎秀實2 懐良親王2 王政復古の大号令2 江藤新平2 武田信玄2 足利義持1 長崎県1 フェロノサ11 東京1 ハワイ1 督戦隊1 版籍奉還1 徳川光圀1 岩倉遣外使節団1 鉄砲伝来1 愛知県1 岐阜県1 藤原鎌足1 穴太衆1 スターリン1 前原一誠1 後藤象二郎1 広島県1 神奈川県1 香川県1 イタリア1 徳川家康1 徳川家光1 陸奥宗光1 ハリマン1 グラバー1 宮武外骨1 スポーツ1 徳川昭武1 大内義隆1 山中峯太郎1 五箇条の御誓文1 浜田弥兵衛1 加藤清正1 徴兵制1 大村益次郎1 伊藤若冲1 尾崎行雄1 重野安繹1 第二次世界大戦1 桜田門外の変1 日野富子1 福岡県1 大倉喜八郎1 士族授産1 上杉謙信1 鎖国1 北条氏康1 科学・技術1 宮崎県1 シーボルト1 北条早雲1 今井信郎1 佐賀県1 大村純忠1 熊本県1 武藤山治1 財政・経済史1