藤森神社の祭りの神輿が伏見稲荷神社の境内に入る歴史的経緯

京都

伏見稲荷大社の末社・藤尾社

 前回記事で伏見稲荷大社の記事を書いたが、Wikipediaに興味深いことが書かれている。

 永享10年(1438年)、後花園天皇の勅命で、室町幕府6代将軍足利義教により、それまで山頂にあった稲荷の祠を山麓に移した、とする伝承が藤森神社に伝わっている。これによると、現在社地となっている稲荷山麓の当地に天平宝字3年(759年)から藤尾社という舎人親王、その父の天武天皇を祀る神社があったが、これを稲荷社地にするために藤尾社を南にある藤森神社境内の東殿へ遷座した、現在の藤森にあった真幡寸神社を藤森から西に移した(現在の城南宮)、という。つまりそれまで稲荷社は稲荷山山中(現在の一ノ峰、二ノ峰、三ノ峰)に限る狭い範囲にあった

伏見稲荷大社 - Wikipedia
稲荷山のニノ峰にある「中之社」

 枕草子の第百五十三段に、清少納言が二月の午の日に稲荷社(現在の伏見稲荷大社)に参拝した記述があり、「中の御社のほどの、わりなう苦しきを念じ登るに、いささか苦しげもなく、後れて来と見る者どもの、ただ行きに先に立ちて詣づる、いとめでたし」と記されている。清少納言は明け方に早々と家を出たのだが、稲荷山を半分ほどを登ったところでもう巳の刻(十時ごろ)になって、疲れ切っていた。「中の御社」というのは稲荷山の二ノ峰にある中之社を意味するが、清少納言は稲荷社を参拝するのに稲荷山を登っていたことが明らかである。

 伏見稲荷大社は今も二月の初午の日に「初午(はつうま)大祭」が行われている。同社のHPにはこの祭りについてこう説明している。

 稲荷大神が稲荷山の三ヶ峰に初めてご鎮座になった和銅4年2月の初午の日をしのび、大神の広大無辺なるご神威を仰ぎ奉るお祭で、2日前の辰の日に稲荷山の杉と椎の枝で作った“青山飾り”をご本殿以下摂末社に飾りこの日を迎える習わしがあります。

初午詣は、福詣とも呼ばれ、前日の巳の日から、ご社頭は参詣者で埋まり、京洛初春第一の祭事とされています。

祭礼と行事|伏見稲荷大社
1300年にわたって、人々の信仰を集め続ける「お稲荷さん」の総本宮 伏見稲荷大社の公式ホームページ

 「初午大祭」は、昔は稲荷山山上で行われていたために清少納言は稲荷山を登らざるを得なかったのであろう。その後、山の麓にあった藤尾社が、勅命により約2km南の藤森神社に遷座を余儀なくされ、山頂の社は山の麓の藤尾社のあった場所に移り、今の伏見稲荷大社の立派な社殿が建立されたというわけだが、このような話は、伏見稲荷大社のHPや案内板には一言も書かれておらず、藤森神社のHPの本殿東殿の解説に書かれていることが確認できる。

 天平宝字3(759)年、深草の里藤尾の地に鎮座。藤尾は現在の伏見稲荷の地である。永享10(1438)年、後花園天皇の勅により、時の将軍足利義教が山頂の稲荷の祠を三麓の藤尾の地に移し、藤尾大神を藤森に遷座し、東殿に祀り、官幣の儀式が行われた

藤森神社縁起
藤森神社,京都洛南深草の里に平安遷都以前&#12424...

 伏見稲荷大社の大鳥居から楼門に続く参道の中間あたりを左に折れると、国の重要文化財に指定されている藤尾社という末社がある。「藤尾」というのは伏見稲荷大社の本殿などが建てられているあたりの地名なのだが、昔はこのあたり一帯が藤尾社という神社の境内であったのである。しかしながら、、前述の理由でこの神社は南に遷座されて藤森神社の東殿に祀られるようになり、伏見稲荷大社の境内に同社の末社として小さな「藤尾社」が残されているというわけだ。

 そして毎年五月五日の藤森神社のお祭り(藤森祭)では、藤森神社の御輿が、伏見稲荷大社の参道の横にある藤尾社に宮入するのだという。

『雍州府志』による藤森神社の駈馬神事の記録

 江戸時代の天和二年(1682年)から貞享三年(1686年)に記された『雍州府志』には、驚くべきことが書かれている。文中の舎人親王は天武天皇の皇子で『日本書紀』編集の最高責任者である。

 今の藤の杜の祭の日、稲荷の馬場に於いて競馬の儀有り。是れ尤も藤の杜の地たるに依りてなり。舎人の親王は摂社にして是れ元、地主の神也。今、稲荷の社の馬場の北に天皇塚有り。是れ即ち舎人の親王を葬る所也。

(黒川道祐 著『雍州府志 近世京都案内 (上)』岩波文庫 p.174~175)
伏見稲荷大社の大鳥居から楼門に向かう参道 藤尾社はこの参道中央部の左側にある

 伏見稲荷大社の大鳥居から楼門に続く参道は、かつては藤尾社(藤森神社に合祀された神社)の境内であり、江戸時代前期頃は藤森神社の伝統行事である駈馬神事(かけうましんじ)がここで行われていたというのである。ただ参道の北にある天皇塚というものはどこを指すのかよくわからない。

 清少納言の時代は、稲荷社の参拝者は稲荷山を登らざるを得なかったのだが、その後稲荷社の参拝客が大幅に増加し、まずは山に登れない人のために稲荷山の聖地を遥拝する奥社奉拝所が建てられ、その後山麓に社殿を建てる要望が出て、藤尾社の境内地が強く求められるようになっていったと思われる。藤尾社の境内地が稲荷社に譲られたのか、期限付きで貸されたのか、奪われたのか、事情はよくわからないが、境内地を巡って両社の間に早くから紛争が存在したことについては間違いないだろう。

 今では駈馬神事は藤森神社の参道で行われているのだが、藤森神社の神輿がわざわざ伏見稲荷大社の大鳥居から参道に入り、伏見稲荷大社の末社として残された藤尾社の小さな社に宮入して供物を捧げる行事が今も続けられている。伏見稲荷大社では五月五日には祭りや行事は無く、この日は藤森神社の祭りのために参道を全面的に開放しているようなものである。

teteさんの2018年5月5日の藤森祭の動画 
藤森神社の御輿が伏見稲荷大社の広い参道を通り、途中で左に折れて小さな藤尾社(伏見稲荷大社の末社)に宮入りする 

 東福寺の塔頭寺院である勝林寺住職のブログにこんな記述がある。

 藤森神社の祭りの日、氏子と共に神輿は何故か稲荷神社の境内に入り込み、楼門にて大声で「土地返せ!・土地返せ!」と叫ぶ!

すると稲荷神社から神主さんの代理人らしき者が現れ「今神様は不在なので!」又は「あと3年まってくれ!」と神輿に向かって大声で読みあげる・・・・すると神輿は「また来年も来るぞ!」と言って引き返すと言います

また、平安時代、稲荷と藤森の両社が土地返せ問題で鋭く対立したという・この時、両社を仲裁したのが東寺、と言われるが、実際は、仲裁というより稲荷を藤森から助けたと云われています。

稲荷神社と東寺は友好関係となり稲荷の祭りの日、稲荷の神輿は「その節はありがとうございました」と数キロ離れた東寺に御礼に出かけます。

稲荷神社周辺は全て藤森神社の氏子で、稲荷の氏子は東寺周辺に集中しているというのも事実です。

藤森神社 | 和尚の日記 – 毘沙門堂 勝林寺
勝林寺和尚の日記です。

 藤森神社の祭りで「土地返せ」と叫ぶ話は昭和の初期まで続けられていたという証言もある。「伏見経済新聞」のサイトに、藤森神社の深草郷神輿保存会の井上雅晶さんが次のような発言をされている。

 1932年(昭和7)年までは担ぎ手が『土地返せ』と言いながら伏見稲荷の境内に入っていったという話を、地域の古老の方から伝え聞いている。

伏見・藤森神社 藤森祭のみこし担ぎ手を募集 世代継承へ神事の理念共有も
伏見の深草郷神輿保存会と同神輿会は、藤森神社(伏見区深草鳥居崎町)で5月5日に行われる「藤森祭」のみこしの担ぎ手を募集している。

藤森神社と駈馬神事

 上の画像は『都名所図会』に描かれた藤森神社であるが、主要な社殿の配置は今もあまり変わっていない。

上の画像は藤森神社の江戸時代後期に建築された拝殿(京都市指定登録文化財)である。

 本殿(京都市指定登録文化財)は宝暦五年(1755年)に建築され、御祭神は本殿中央に素戔嗚尊(スサノオノミコト)、別雷命(ワケイカズチノカミ)、日本武命(ヤマトタケルノミコト)、応神天皇、仁徳天皇、神功皇后、武内宿禰の七柱、本殿東殿に舎人親王、天武天皇の二柱、本殿西殿に早良親王、伊予親王、井上内親王の三柱である。

 社伝によると、今から千八百年ほど前に三韓征伐から凱旋した神功皇后が、山城国深草の里藤森の地を神在の聖地として撰び、纛旗(とうき:軍中の大旗)を立て、兵具を納め、塚を造り、神祀りされたのがこの神社の発祥である。

 その後、前述したとおり、永享十年(1438年)に、現在の伏見稲荷大社の境内にあった藤尾社が遷座されて東殿に祀られるようになり、さらに文明二年(1470年)には、東福寺近辺の塚本という地に創建された早良天皇らを祭神とする神社を遷座して西殿に祀られるようになった

藤森神社 大将軍社

 本殿の左後方には永享十年(1438年)に建立された大将軍社、右後方には同じ年に建築された八幡宮の社殿があり、いずれも国の重要文化財に指定されている。

藤森神社 八幡宮

 また拝殿の手前右側に宝物殿があるが、鎧や刀、鉄砲などの武具や藤森祭の絵巻物や文書などの社宝が無料で展示されている。

藤森神社の藤森祭の駈馬神事と伏見稲荷大社末社の藤尾社への宮入

 毎年五月五日に藤森祭が行われ、この神社の馬場で、先ほど述べた駈馬神事(京都市登録無形文化財)が行われる。

 昨年の駈馬神事のsiratosirouさんの動画を紹介しておくが、馬上で逆立ちをしながら駆け抜けたり、馬にまたがらず片方に乗って敵に姿を隠しながら走るなどの技を見ることが出来る。江戸時代の中期ごろから、このような曲芸的な馬術が取り入れられるようになったと言われている。

 この神事について、神社のHPにはこう記されている。

 駈馬神事は、古来、早良親王が、天応元年(781年)に陸奥の反乱に対し、征討将軍の勅を受けて、藤森神社に祈誓出陣された際の擬勢を象ったもので、室町時代には、衛門府出仕武官により、江戸時代には、伏見奉行所の、衛士警護の武士や、各藩の馬術指南役、町衆らが、寿及左馬の一字書き、藤下がり、手綱潜り、横乗り、逆立ち、(杉立ち)、矢払い、逆乗り(地藏)等の他、数種の技を、競いあったものであります。

藤森神社駈馬神事
藤森祭,5月5日,駈馬神事,民俗無形文化財

 早良(さわら)親王は光仁天皇の皇子で桓武天皇の異母弟だが、延暦四年(785年)に起きた藤原種継暗殺事件に連座し処刑されている。早良親王に関する事蹟はほとんど記録に残されておらず、征討将軍の勅を受けて五月五日に出陣したことについて続日本紀で確認することができないのだが、藤森祭が行われる日は、早良親王が出陣日した日に定められたと理解するしかない。

 ところが、早良親王は藤森神社の西殿の御祭神であり、藤森神社が早良親王を祀る神社を合祀したのは文明二年(1470年)のことなのである。藤森神社のHPではこの行事の歴史が千二百年と書かれているのだが、この記述が正しいとすると、この行事はもともと①藤森神社で行われていた②永享十年に合祀した藤尾社で行われていた③文明二年に合祀した神社で行われていたのいずれかという事になる。

 御祭神から「武」のイメージであるのは①か③で、②藤尾社の御祭神の舎人親王は『日本書紀』編集に携わった人物なので、「文」のイメージである。

 先ほど紹介した『雍州府志』を思い出してほしいのだが、今の伏見稲荷大社の参道でかつて藤森神社の駈馬神事が行われていたという記述は、②のケースでは祭りの実行日に疑問は残るが、これまでこの場所で行って来た伝統行事であり、もともとは自分の土地だからと主張できると考えるが、①あるいは③の場合は、もともと別の場所で行われていた神事を、稲荷社の境内にわざわざ行って自社の祭りの会場にするということであり、稲荷社側に相当な負い目がない以上は受け入れがたい話なのである。

 今では駈馬神事は藤森神社で行われているものの、藤森祭の御輿が伏見稲荷大社の大鳥居から楼門の中間地点にある小さな藤尾社に立ち寄り伏見稲荷大社の神官が迎え入れてお祓いのあと祝詞を上げるのだそうだ。この日の伏見稲荷大社の参道の半分以上は藤森祭の御輿の見物客で埋め尽くされることとなるのだが、こういうことが行われるのは、過去に両社間によほど大きなトラブルがない限り、ありえないことだと思う。

 両社間の境内を巡る交渉についての記録がもし存在するのなら、面白そうなので読んでみたいところである。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより販売しています。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書175 対外関係史81 地方史62 ロシア・ソ連40 イギリス37 神社仏閣庭園旧跡巡り34 日露戦争32 著者別31 軍事31 政治史29 京都府28 神仏分離27 廃仏毀釈26 外交史25 共産主義24 欧米の植民地統治24 対外戦争22 中国・支那21 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 菊池寛19 アメリカ19 反日・排日18 ユダヤ人17 豊臣秀吉16 一揆・暴動・内乱16 ハリー・パークス16 テロ・暗殺16 満州15 GHQ焚書・50音別リスト15 神戸大学 新聞記事文庫14 情報戦・宣伝戦14 朝鮮半島14 支那事変13 コミンテルン・第三インターナショナル13 海軍13 西郷隆盛12 アーネスト・サトウ11 紅葉11 陸軍11 東南アジア11 ルイス・フロイス11 大阪府10 戦争文化叢書10 徳川慶喜10 倭寇・八幡船10 不平士族10 和歌山県9 奈良県9 寺社破壊9 奴隷9 フランス9 イエズス会9 ペリー9 伊藤痴遊9 岩倉具視9 A級戦犯8 オランダ8 神仏習合7 神社合祀7 ナチス7 徳川斉昭7 ドイツ7 ジョン・ラッセル7 小村寿太郎7 修験7 インド7 自然災害史6 ロッシュ6 木戸孝允6 ジェイコブ・シフ6 兵庫開港6 飢饉・食糧問題6 永松浅造6 文化史6 大久保利通6 大東亜戦争6 ロシア革命5 人種問題5 児玉源太郎5 山縣有朋5 奇兵隊5 関東大震災5 高須芳次郎5 大隈重信5 金子堅太郎5 アヘン5 分割統治・分断工作5 滋賀県5 紀州攻め5 伊藤博文5 ジョン・ニール5 隠れキリシタン5 財政・経済5 ウィッテ5 情報収集5 南方熊楠4 堀田正睦4 石川県4 平田東助4 兵庫県4 高山右近4 乃木希典4 フィリピン4 小西行長4 井伊直弼4 山県信教4 東郷平八郎4 スペイン4 国際連盟4 孝明天皇4 旧会津藩士4 西南戦争4 井上馨4 ナチス叢書4 武藤貞一4 東京奠都4 阿部正弘4 水戸藩4 フランシスコ・ザビエル4 日本人町4 和宮降嫁3 朱印船貿易3 文禄・慶長の役3 安政五カ国条約3 義和団の乱3 満州事変3 廃藩置県33 明石元二郎3 静岡県3 北海道開拓3 伴天連追放令33 下関戦争3 柴五郎3 台湾3 薩摩藩3 レーニン3 高橋是清3 三国干渉3 日独伊三国同盟3 タウンゼント・ハリス3 松岡洋右3 中井権次一統3 織田信長3 フビライ3 長野朗3 日清戦争33 福永恭助3 福井県3 徳川家臣団3 藤木久志3 薩英戦争3 山田長政3 シュペーラー極小期3 ガスパル・コエリョ3 プチャーチン3 竹崎季長3 王直3 桜井忠温3 鹿児島県3 勝海舟3 日米和親条約3 スパイ・防諜3 士族の没落3 菅原道真3 津波3 生麦事件3 平田篤胤3 川路聖謨3 大江卓2 山本権兵衛2 領土問題2 南朝2 文明開化2 南京大虐殺?2 安政の大獄2 尾崎秀實2 沖縄2 応仁の乱2 大友宗麟2 水野正次2 大火災2 福沢諭吉2 坂本龍馬2 野依秀市2 伊勢神宮2 大政奉還2 富山県2 ラス・ビハリ・ボース2 足利義満2 高知県2 徳富蘇峰2 火野葦平2 江藤新平2 越前護法大一揆2 水戸学2 安藤信正2 オルガンティノ2 三重県2 オレンジ計画2 プレス・コード2 仲小路彰2 王政復古の大号令2 文永の役2 ハリマン2 足利義政2 島津貴久2 弘安の役2 吉田松陰2 徳島県2 武田信玄2 大川周明2 オールコック2 懐良親王2 北条時宗2 明治六年政変2 淡路島2 板垣退助2 鳥取県2 豊臣秀次2 日光東照宮2 島根県2 島津久光2 土一揆2 下剋上2 神道2 大内義隆1 神奈川県1 桜田門外の変1 後藤象二郎1 前原一誠1 スターリン1 東京1 徳川家光1 第二次世界大戦1 尾崎行雄1 財政・経済史1 熊本県1 徴兵制1 伊藤若冲1 北条氏康1 広島県1 フェロノサ1 大倉喜八郎1 大村益次郎1 足利義持1 ハワイ1 武藤山治1 シーボルト11 浜田弥兵衛1 五箇条の御誓文1 愛知県1 鎖国1 徳川昭武1 鉄砲伝来1 大村純忠1 藤原鎌足1 山中峯太郎1 重野安繹1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 加藤清正1 北条早雲1 日野富子1 督戦隊1 スポーツ1 版籍奉還1 長崎県1 あじさい1 穴太衆1 徳川家康1 岐阜県1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 宮武外骨1 陸奥宗光1 佐賀県1 科学・技術1 福岡県1 今井信郎1 士族授産1 宮崎県1 上杉謙信1