新緑の季節に桂離宮を参観して

京都
スポンサーリンク

桂離宮の参観手続き

4月に修学院離宮を参観してきたが、5月の連休明けに桂離宮も予約していた。

予約の方法は、修学院離宮と同様に宮内庁のホームページからネットで簡単に申し込むことが出来る

次のページから「桂離宮」を選択し、次のページで参観希望月をクリックすると、どの日のどの時間帯が空いているかがわかるので、都合の良い日時を選択して、参観希望の代表者の名前や住所、メールアドレス、年齢、性別、参観者数、同行者情報などの入力を完了すると、問題がなければ1~3日程度で参観許可通知がメールで届くのでそれを印刷して当日に持参すればよい。印刷できない場合は、受付の際、係員に許可番号を伝えれば何とかなるはずである。

宮内庁 オンライン参観受付システム 参観希望場所の選択

もちろん郵送による申し込みも可能で、参観希望日を第三希望まで書くことができるのだが、申し込み可能な日を予めネットで確認して選んだとしても、郵送日数の間に希望の時間帯がネットで埋まってしまうこともあるので、ネットで申込を済ませておく方が賢明である。

桂離宮の場合は1時間毎に60名の案内があり、20名程度のグループにわかれて説明を受ける。また1日5回の外国人専用の参観枠があり、英語で解説されるという。

当日申込も各時間帯で20名の枠があるのだが、私が訪れた日は、午前10時半の段階ですべての時間帯で当日枠が空いていたのは1コマだけであった。当日の枠を確保するためには、かなり早く申し込む必要がありそうだ。

宮内庁参観案内:申込要領:桂離宮

桂離宮の参観は昨年の10月までは無料だったのだが、今は有料(一人千円:ただし中学生・高校生は無料)となっていることに注意が必要である。

また、修学院離宮には駐車場がないのだが、桂離宮には北側に広い無料駐車場があるので、車での観光には問題がない公共交通機関で行く場合は、阪急桂駅から約1kmで、徒歩で20分、タクシーで5分程度見ておけばよい

予定時間の20分前頃に案内があるので入口で参観許可通知を呈示して中に入り、参拝者休所で人数分の入場券を購入し、申込代表者の本人確認資料(免許証や健康保険証など)の呈示と同行者の名前のチェックがなされる。チェックが終わると、案内が終わるまで、離宮の案内ビデオを視聴しながら待つことになる。

桂離宮の歴史

桂離宮は、第百七代後陽成天皇(在位1586~1611年)の実弟である八条宮初代智仁(としひと)親王(1579~1629年)が17世紀初頭にこの地を得られてのち、八条宮家の別荘として造営を始められ、親王が30歳代後半から40歳代前半の時に古書院が建てられたと考えられている。

八条宮家は、江戸時代は伏見宮、有栖川宮、閑院宮とならぶ四親王家の一つで、智仁親王は一時、実子に恵まれない豊臣秀吉の猶子に迎えられたのだが、秀吉に実子・鶴松が誕生したことによって、親王が十二歳の時に養子縁組が解消となる。それにともなって、若き智仁親王のために八条宮家が創立され、縁あってこの地に山荘を建てられたというのである。

智仁親王が薨去された後十年余のあいだ山荘は荒廃したが、八条宮二代智忠(としただ)親王は、山荘の復興と増築に積極的に取り組まれ、寛文二年(1662年)の頃までには、中書院、新御殿、月破楼、松琴亭などを新増築され、池や庭園にも手を加えられて、ほぼ今日に見るような山荘の姿が整えられたという。

その後、八条宮家は常磐井宮(ときわいのみや)、京極宮(きょうごくのみや)、桂宮(かつらのみや)と名前を変えたのち明治十四年(1881年)に断絶となり、その二年後に桂離宮は宮内省の管轄となった。そして第二次世界大戦後は宮内庁の管理となり、昭和五十一年(1976年)以降昭和の大修理が行われたそうだ。

桂離宮は一度も火災に遭ったことがなく、創建当時の姿を今日に伝えている。総面積は付属地を含めて69千㎡余りあるという。

桂離宮の庭園参観

桂離宮略図(出典:宮内庁ホームページ)

桂離宮の参観コースが宮内庁のホームページに公開されている。

桂離宮の施設案内

最初に御幸門を通って表門を遠くから案内していただいた。表門は桂離宮の正門であるのだが、特別の場合以外は開けられることがないのだという。

再び御幸門を通って御幸道を進む。

少し進んで左折すると外腰掛(そとこしかけ)に辿り着く。この建物は茶室松琴亭(しょうきんてい)の待合所に用いられてきたもので、対面には薩摩島津家から献上された蘇鉄が植えられている。

さらに進むと、黒い石が敷き詰められた州浜(すはま)があり、その先端に灯篭が据えられている。岬の灯台に見立てていているという。

上の茅葺入母屋造りの建物が松琴亭で、桂離宮の中で最も格の高い茶室である。屋根の妻に「松琴」と書かれた扁額があるが、これは後陽成天皇の宸筆だという。

松琴亭の室内には暖を取るための石炉があり、その上に天袋が設けられその小襖には狩野探幽の筆と伝わる墨絵が描かれている。床の間の壁と襖に描かれた、鮮やかな青と白の市松模様は智忠親王の創意と伝わっているが、ひときわ目を引く大胆なものであり、とても三百五十年以上昔のデザインとは思えない。

上の画像は松琴亭から賞花亭(しょうかてい)に向かう途中の景色だが、静かな池の水面が鏡のように庭園の樹々を写している。桂離宮の秋も見てみたいものである。

中島の小高い丘を緩やかに上ると賞花亭がある。この建物が桂離宮内で一番高い位置に建てられているという。

正面からは眼下に書院群があり遠くには愛宕山が霞んで見えている。この飛び石を一つずつ踏んで丘を降りながら次の目的地である園林堂(おんりんどう)に向かう。

園林堂は、桂離宮で唯一の瓦屋根の建物で、扁額は後水尾上皇の宸筆だという。

この建物は智忠親王の代に持仏堂として建てられ、かつては智仁親王の御尊影とその師・細川幽斎の尊像などが納められていたそうだが、明治時代に桂宮が断絶し、桂離宮が宮内省の管轄となった際に桂宮家の霊殿がある相国寺塔頭・慈照院に遷されたそうだ。

上の画像は笑意軒(しょういけん)で、船着き場のある茶室である。

扁額は曼殊院良恕法親王(まんしゅいんりょうじょほっしんのう)の筆によるものだという。南面の腰壁のデザインもまた斬新なものである。

桂離宮の中枢をなす書院群は右から古書院、中書院、楽器の間、新御殿と雁行形に連なって建っている。最初に古書院が建てられ、次いで中書院が増築され、そして最後に新御殿が増築されたのだそうだ。

それぞれの書院の屋根の高さや床の高さが微妙に異なるのが、全体としてバランスの取れた美しい建物である。書院群の内部については、昔は見学できたそうだが、今は残念ながら文化財保護の為に公開されていない。

古書院の近くの池辺に月波楼(げっぱろう)がある。観月のための茶亭として建てられたもので、「月波楼」の名のとおり、池に映る月を楽しむためのものである。「歌月」と書かれた扁額は霊元天皇の宸筆と伝えられている。このあたりは紅葉も美しく、秋の風情が楽しめるように工夫がされている。

月波楼を過ぎると書院の玄関である御輿寄(おこしよせ)がある。

これで元の場所に戻るのだが、最後に衝立松(ついたてまつ)の説明がある。この松は池の眺めをさえぎる衝立の役割を果たしているというのだが、これから庭を楽しもうとする客人に、庭のすべてを見通せる場所をわざわざ隠していることに感心してしまった。

以上で約一時間の参観が終了するのだが、門の外に出ると川に青鷺がいたので思わずシャッターを押してしまった。京都市内でも桂離宮周辺はまだまだ自然が残されていることが嬉しい。

昼食後は桂離宮の近くの観光地を巡って来たのだが、その点については次回の記事で案内させていただくことにしたい。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【タグクラウド】

GHQ検閲・GHQ焚書 GHQ焚書・50音別 キリスト教関係史 スポーツ テロ・暗殺 プレス・コード ユダヤ人 一揆・暴動・内乱 共産主義 北海道開拓 南朝 反日・排日 地方史 外交史 大東亜戦争 奴隷 対外関係史 廃仏毀釈 情報戦・宣伝戦 支那事変 政治史 日本人町 日露戦争 朝鮮半島 東南アジア 欧米の植民地統治 満州 神仏分離 神仏習合 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 神社仏閣庭園旧跡巡り 神社合祀 紅葉 織田信長 自然災害史 著者別 西尾幹二動画 豊臣秀吉 財政・経済 軍事 領土問題 飢饉・食糧問題

【人気記事ランキング50 最近90日間】

外国人襲撃事件が頻発する中で起きた生麦事件と英国人らの反応688 views
戦場で拉致されて売られていった人々414 views
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)407 views
わが国が第二次大戦で戦わざるを得ない状況に追い込んだ勢力~~武藤貞一著『日本の変貌』を読む399 views
徳島藩蜂須賀家が治めていた淡路島がなぜ兵庫県に移されたのか~~四国1395 views
「応仁の乱」と、その後相次いだ「下剋上」~~土一揆と応仁の乱3368 views
なぜ室町時代中期に土一揆が頻発したのか~~土一揆と応仁の乱1343 views
薩長を支援したイギリスと、幕府に接近し助言し続けたフランス332 views
大久保利通暗殺事件と石川県の三分割 ~~北陸3328 views
戦国大名は何度も起きた飢饉をいかにして乗り越えようとしたか312 views
日米を戦わせるように仕向けた国はどこなのか~~武藤貞一『日米十年戦争』(GHQ焚書)298 views
新聞社・通信社が戦前・戦中に発行した写真集~~『関東震災画報』『時局及排日ポスター写真帖』『支那事変写真帖』282 views
新聞社で最もGHQ焚書点数の多い朝日新聞社が、戦前・戦中に刊行した本~~『植民地の再分割』『米国への判決』『陸軍』279 views
静岡に移住した旧幕臣や、下北半島に移住した旧会津藩士たちの悲惨な暮らし278 views
戦前・戦中に出版された読売新聞社の『支那事変実記』、『海戦 : 大東亜海戦記』を読む275 views
家禄が大幅に削減された士族のなかでも特に悲惨な目にあった徳川の旧幕臣たち267 views
新聞社で二番目にGHQ焚書点数の多い毎日新聞社の本~~『日本へ寄せる書』、『国際戦を呼ぶ爆弾 支那』263 views
徳島県が名東県と名称を変えたのち高知県に吸収され、その後再設置されるまで~~四国2262 views
明治政府が士族中心の軍隊を否定した経緯と徴兵制に対する国民の反応258 views
大名の争いから村を守る村人の戦い254 views
日露戦争後に日米関係がどう動いたか~~福永恭助著『挑むアメリカ』(GHQ焚書)を読む253 views
GHQが最も嫌った野依秀市の著した政権・大手マスコミ批判の書251 views
菊池寛の『明治文明綺談 』で幕末から明治期に西洋文明に触れた日本人を知る250 views
ネットで読める都道府県史、主要市史246 views
鹿児島県に合併されてすぐ西南の役に巻き込まれた宮崎県の再設置運動242 views
頻繁に起こっていた土一揆が応仁の乱の十一年間に記録されていない事情~~土一揆と応仁の乱2237 views
第二次世界大戦の前に戦争の形が変わった~~武藤貞一著『世界戦争はもう始まっている』を読む232 views
GHQに封印された支那事変の真実~~武藤貞一著『日支事変と次に来るもの』232 views
徳富蘇峰が立ち上げた『国民新聞社』の出版物を読む~~『日本野球史』『霞ヶ関を衝く:弱体外交の実相暴露』228 views
菊池寛の名著『大衆明治史』(GHQ焚書)で日露戦争の舞台裏を読む225 views
総理大臣を三名も輩出した戦前の報知新聞社の本を読む~~『大隈侯昔日譚』、『満州開拓戦士 : 酷寒下の生活報告』224 views
フィリピンの日本人町はどういう経緯でつくられたのか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人3220 views
徳川家臣団による「士族の商法」212 views
GHQ焚書・長野朗著『民族戦』に描かれた、漢人の侵略の仕方195 views
福沢諭吉らが立ち上げた時事新報社の出版物を読む~~『利権物語』『不景気はどうなる』180 views
倭寇はなぜ元寇のあとから頻発するようになったのか~~倭寇1174 views
シャムで活躍した山田長政とアユタヤの日本人町~~朱印船貿易と東南アジアの日本人4164 views
秀吉の伴天連追放令と朝鮮出兵の背景を考える~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む1163 views
石清水八幡宮の廃仏毀釈と本尊・薬師如来の行方158 views
GHQが焚書処分したヒットラーの著書を読む 1~~『我が闘争  第1巻 下』158 views
二度目のペリー来航が、約束していた時期より随分早まった経緯149 views
徳川家旧幕臣らが茶畑の開墾を始めた牧之原台地145 views
GHQ焚書に描かれた、支那事変(日中戦争)における支那軍の戦い方137 views
高野山は戦国時代の危機を如何に乗り越えたか133 views
石川県が明治九年に日本最大の県となった事情~~北陸2131 views
関東大震災の貴重な記録は今日に活かされているのか~~その1.大量の焼死者が出た東京128 views
秀吉が朱印船貿易を開始する前後のフィリピン~~朱印船貿易と東南アジアの日本人2124 views
種子島に伝来した鉄砲一挺を持ち帰った根来寺のこと122 views
孝明天皇は病死したのか、あるいは毒殺されたのか121 views
聖ザビエル像が山奥で発見されたのち、売却された経緯~~隠れキリシタンの里2121 views
スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史逍遥『しばやんの日々』

コメント