知恩院からイギリス公使パークス襲撃事件の現場を訪ねて

明治初年の外国人殺傷事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パークスが宿泊した知恩院

 鳥羽伏見の戦いのあとで外国人襲撃事件が相次いだことをこのブログで書いてきたが、もし新政府がいずれかの対応を誤っていたら新政府は短命に終わり、その後のわが国の歴史が大きく変わっていてもおかしくなかったと思う。

 イギリスのパークス公使の襲撃事件は、学生時代に何度か歩いた場所で起きていることに興味を覚え、たまには京都の散策がしたくなって、パークスが宿泊した知恩院や襲撃事件が起きた場所などを訪ねてきた。

『都名所図会 巻之三』知恩院

 上の画像は安永九年(1780年)に刊行された『都名所図会 巻之三』の「知恩教院(知恩院)」の図だが、知恩院の主要な伽藍は今もほぼ同じである。

知恩院 御影堂(国宝)

 国宝の御影堂は寛永十六年の建築で奥行35m・間口45mの大建築である。

知恩院 方丈庭園(京都市指定名勝)と大方丈(左)小方丈(奥)

 パークス公使一行が泊まったのはおそらく大方丈(国重文)か小方丈(国重文)であったと思うのだが、江戸時代初期に作庭された方丈庭園(京都市指定名勝)が公使一行の目を楽しませたのではないだろうか。外交官のA.B.ミットフォードはこの寺に満足して、著書にこう記している。

 東山の麓の木立に囲まれた知恩院という立派な寺に泊まることになった。我々が快適に過ごせるように、あらゆる手段を講じてあり、寺の警備には阿波と兵庫と尾張の各藩が当たっていた。部屋は全く壮麗そのもので、念入りな作法によって、数多くの珍味が供応されたが、それは日本のルクルス(大富豪で、ぜいたくな生活を送ったことで知られるローマの将軍)ともいうべき偉大な足利義政公でさえも満足させたであろう。

(『英国外交官の見た幕末維新』講談社学術文庫 p.156~157)
知恩院鐘楼(国重文)と梵鐘(国重文)

 この寺の大鐘楼も梵鐘も国の重要文化財だが、この鐘についてもミットフォードは「その大きく立派な鐘は、町中はるか遠くまで重々しい音楽的な響きを伝えていた」(p.157)と書いており、よほど知恩院で過ごした日が気に入ったのであろう。

知恩院 三門(国宝)

 上の画像は国宝の三門で元和七年(1621年)の建築で、わが国最大級の二重門である。普段は非公開なのだが、たまたま楼上内部が特別公開されていたので鑑賞することが出来たのはラッキーだった。楼上の内部は仏堂となっていて、中央に宝冠釈迦牟尼仏像、脇壇には十六羅漢像が安置されており、いずれも国の重要文化財に指定されている。天井や柱、壁には天女や龍が極彩色で描かれており今も色鮮やかで一見の価値があるのだが、写真撮影は楼上の内部も、楼上からの京都の眺めも禁じられていたのは残念だった。令和二年の公開は九月二十七日で終わってしまったが、毎年季節の良い時期に特別公開がされているという。

バークス一行の進んだ道

 「歴史ノート」でパークス一行が襲撃された事件についてミットフォードの記録を紹介したのだが、今回は外交官アーネスト・サトウの記録を紹介しよう。

 3月23日(慶応四年二月三十日)の午後1時に、われわれは知恩院を発して一路皇居へ向かった。騎馬護衛兵が行列を先導し、警視のピーコックと中井(弘蔵)がその先頭に立った。そのあとからハリー卿(パークス公使)と後藤(象二郎)、私とブラッドショー中尉、それから第九連隊第二大隊の分遣隊、そのあとからウィリス、J.J.エンスリー、駕籠に乗ったミットフォード(馬に乗れないので)、一行について上京した海軍士官五名、という順序だった。

(『一外交官の見た明治維新(下)』岩浪文庫 p.183)
知恩院新門と知恩院道(旧「桜の馬場」) 正面の奥の建物は三門

 上の画像は知恩院の新門だが、新門の奥に見えている門が国宝の三門である。新門から三門をつなぐ一本道は距離にして350メートルほどあり、今は知恩院道と名付けられているが、かつては「桜の馬場」と呼んでいたという。ミットフォードの記録によると、イギリス人の後にはさらに千五百人程の日本の兵士が護衛として従っていたとあるので、かなり長い行列であったのだが、これだけの人々が列を整えて出発準備をするには、騎馬隊も含まれているので長くて平坦な場所が必要となる。おそらくパークス一行は桜の馬場で隊列を整えてから出発したのではないだろうか。

 サトウの記述からすると、パークス公使は騎馬護衛隊のすぐ後ろにいたことになる。パークスは騎馬護衛隊の数を十一名と書いており中井弘蔵を入れて十二名。騎馬隊が二列縦隊で進んだとして、パークスは先頭より五十メートル程度後ろにいたと思われる。

 上が知恩院三門からパークスの行列が歩いた経路の地図になる。彼らは知恩院から新橋通りをまっすぐ西に進んでいる。

辰巳大明神 右が新橋通り

 上の画像は辰巳大明神で右が新橋通り、左が白川筋である。このあたりは昔から居酒屋や芸者置屋などが多かったところで、今もその風情を残している場所である。

 新橋通りをまっすぐ進むと縄手通りとぶつかり、そこから一行は右に曲がるのだが、サトウが右に曲がろうとした時に二人の男が現れた。サトウの記録では「縄手という往来」は「知恩院の正面に向かっている」と書いているが、新橋通りの誤りであろう。

 知恩院の正面に向かっている縄手という往来をその端まで行き、ちょうど騎馬護衛隊の最後の者が角を右に曲がろうとした途端、往来の向こう側から二人の男がおどり出し、抜刀を振りかぶりながら人馬目がけて襲いかかった。そして、列にそって走りながら、狂気のように斬りまくった。

(同上書 p.183)

 凶漢のうちの一人は中井と後藤が奮戦して首を斬り落としたが、もう一人の男はパークス公使の方向に向かって来たのである。

 …ハリー卿と私はまだ角を曲がり切っていなかったのだが、凶漢が往来をこちらへ走って来たので、はじめて何事が起ったのかに気づき、心が全く顚倒してしまった。そして、凶漢がそばを走りすぎたとき、ようやく私の頭に浮かんだ唯一の防御策は、急に馬首をめぐらして、相手の一撃を避けることであった。あとで思うと、全く危機一髪というところであった。なぜなら、私の馬は鼻に軽い傷を受け、私の膝先にあたる馬の肩が1、2インチばかり切られていたからである。

 平静を取り戻すと、すぐに行列の先頭へ向かって馬を駆けさせた。私は特命全権大使の燦然たる正装をしたハリー・パークス卿が、馬上の警視ピーコックをそばに従えながら、馬上悠々十字路のまん中にいるのを見た

(同上書 p.183~184)

 この男は第九連隊第二大隊の一人の頭部を斬りつけたが、ある兵士がこの男の小股をすくい、倒れたところを他の者が銃剣で突き刺した。そして庭に逃げ込んだところをミットフォードが拳銃を撃ち、あごに当たって倒れ、捕縛されたとある。このあたりは、ミットフォードの記述とは多少異なる。

パークス公使襲撃現場付近

 上の画像は新橋通りから右折して縄手通りに入ったあたりだが、サトウの記録を素直に読めば、このあたりが襲撃地点に近いことになる。襲撃地点を示す案内板のようなものは存在しないので、記録から推定するしかない。

武士として死ぬことが許されなかった三枝蓊

 捕らえられた犯人の名を三枝蓊(さいぐさ しげる)という。Wikipediaにこの人物のことが詳しく書かれているが、彼は大和国椎木村(現在の奈良県大和郡山市椎木町)の浄蓮寺に生まれ、藤本鉄石に絵画を、供林光平に国学・和歌を学びつつ尊皇攘夷を目指したとある。

三枝蓊 - Wikipedia

 文久三年(1863年)には天誅組の変に参加し、高取城攻略に失敗すると天誅組を離れて逃亡し、因幡・伯耆・但馬を転々としたのち、慶応四年(1868年)一月の鳥羽伏見の戦い時には、紀州・大和方面の諸藩を牽制して大坂の旧幕府軍の連携を絶つ目的で結成された高野山義軍に参加し、京都に帰還後は朝廷の御親兵となった。しかしながら、神戸事件のあと新政府が攘夷を棄てて外国との交際を行うことを決定したことに失望し、さらに堺事件が発生して新政府がフランス公使の抗議を受けて土佐藩士を切腹させたことを知って大いに憤激し、独自に攘夷の断行を決意したという。

 徳川幕府が開国に舵を取ったことに反対して、多くの武士が「尊皇攘夷」を唱え幕府打倒に力を貸した。しかしながら討幕派が政権をとると、急に「開国和親」に方針を変更してしまった。このことに義憤を覚えた武士は三枝のほかにも多数いたと思われる。

 この人物はなかなかの才人で、ネットで探すと三枝蓊の書いた書や絵を見つけることが出来る。次のリンクの『三茎莫送図』は、三枝が慶応三年 (1867年) に鳥取で描いた作品だというが、こういう作品が書ける人物であったのだ。

 新政府は神戸事件、堺事件と同様に、武士身分である三枝を切腹させようとしたのだが、それをパークスは許さなかった。外国人殺害を企てた者に名誉の死を与えては、いつまでもこのような事件は無くならないとパークスは考え、出来るだけ恥辱的な死刑を課すべきことを強く要求したという。

 そのため新政府は三枝の士族の籍を抹消し、重罪犯罪人として斬首することを決定し、パークスもそれを了解した。三枝は三月四日に斬首され、共犯者の朱雀操の首と共に三日間晒されて、この事件は一件落着となったのである。

霊山墓地と三枝蓊の墓など

 三枝は尊王攘夷の志士としての経歴を持ちながら、明治十七年に宮内庁が『殉難録稿』に収録した約二千四百八十余人の中に名前がないし、靖国神社にも祀られなかった。

 しかしながら霊山(りょうぜん)墓地に三枝の墓があるというので、立ち寄ることにした。

霊山歴史舘

 墓地に行く前に霊山歴史舘に向かう。ここには、坂本龍馬を斬った刀や、土方歳三、近藤勇の愛刀、新選組や徳川幕府に関する資料などが展示されているので、明治維新に興味のある方は訪れるとよいだろう。

京都霊山護国神社

 霊山歴史舘から道路を隔てて京都霊山護国神社がある。この神社は、慶応四年(1868年)五月に明治天皇から維新を目前にして倒れた志士たちの御霊を奉祀するために京都東山に社を創建せよとの御沙汰があり、それに感激した人々によって建立された招魂社で、靖国神社よりも歴史が古い。創建時の社号は霊山官祭招魂社という名称であったが、昭和十四年(1939年)に現在の神社名に改称されたそうだ。ところが太平洋戦争の敗戦後にGHQによって京都神社と改称を強制され、独立回復後は元に戻されたという歴史がある。GHQは、わが国の国民が武の英雄を讃えることを、好ましくないと考えていたのである。

 京都霊山護国神社のご祭神には、天誅組の首将中山忠光卿はじめ、梁川星巌、梅田雲浜、頼三樹三郎、高杉晋作、木戸孝允、坂本龍馬、中岡慎太郎、吉村寅太郎、平野国臣、宮部鼎蔵ら明治維新に尽力した志士たちの名前がある。その後、明治以降の日清戦争、日露戦争、太平洋戦争などの英霊が合祀されて今日に至っている。

坂本龍馬(左)と中岡慎太郎(右)の墓

 神社の拝殿の右手から霊山墓地に行く入口があるので進むと、坂本龍馬・中岡慎太郎の墓が隣同士に並んでいた。龍馬の墓にしては小さいとの印象を誰でも持つと思うのだが、高杉晋作など他の墓石も同様な大きさのものが大半であった。

三枝蓊(左)と朱雀操(右)の墓

 しかしながら三枝蓊の墓は、共犯者の朱雀操の墓とともに、他の墓よりもなぜか大きく立派な石で作られ、しかもこのふたつの墓だけが「神霊」と彫られている。明治政府は尊王攘夷を唱えた多くの志士達を早々に裏切って「開国和親」に舵を切ったのだが、三枝の武士の身分まで剥奪して斬首刑に処したことで空気が変わり、その後の外国人襲撃事件は止まったのであった。明治政府にとっては、三枝という男が神のような存在に感じたのかも知れない。

パール博士顕彰碑

 霊山墓地を下りる途中にパール博士の顕彰碑がある。その壁面に、私の大好きな言葉が彫られている。

 時が熱狂と偏見をやわらげたあかつきには、また理性が虚偽からその仮面を剥ぎとったあかつきは、その時こそ、正義の女神は、その秤の平衡を保ちながら、過去の賞罰の多くにその所を変えることを要求するであろう

 このブログで、いつの時代もどこの国でも勝者は勝者にとって都合の良い歴史を広めようとしてきたことを書いてきた。敗戦後わが国は、わが国だけが悪かったとする歴史を押し付けられ、その歴史観が世界に広められたのだが、近年欧米中心に旧ソ連・コミンテルンの暗号文書の研究が進み、第二次世界大戦はソ連・コミンテルンが世界各国に工作員を送り込んで、それぞれの国のマスコミや対外政策に大きな影響を与えてきたことが解明されている。

 日米戦争を惹き起こしたのも、先進国同士を戦わせて共産主義革命に導こうとする旧ソ連・コミンテルンの工作によるものであることが実証的に明らかにされてきているのだが、そのような観点からの歴史が世界に広く知られるようになると、国内外の反日勢力が強く主張してきた歴史観はいずれ崩壊し、全面的に書き換えられることにならざるを得ないのである。今日の米中対立により、戦勝国にとって都合の良い歴史が二つに割れ、日本や英米等が歴史を共有する日が来る可能性があるのだが、そうなっては困る世界の左派勢力が今後とも「歴史修正主義は許さない」との抵抗活動を続けることであろう。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【タグクラウド】

GHQ検閲・GHQ焚書 GHQ焚書・50音別 キリスト教関係史 スポーツ テロ・暗殺 プレス・コード ユダヤ人 一揆・暴動・内乱 共産主義 北海道開拓 南朝 反日・排日 地方史 外交史 大東亜戦争 奴隷 対外関係史 廃仏毀釈 情報戦・宣伝戦 支那事変 政治史 日本人町 日露戦争 朝鮮半島 東南アジア 欧米の植民地統治 満州 神仏分離 神仏習合 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 神社仏閣庭園旧跡巡り 神社合祀 紅葉 織田信長 自然災害史 著者別 西尾幹二動画 豊臣秀吉 財政・経済 軍事 領土問題 飢饉・食糧問題

【新着記事50】

朝鮮半島を狙ったロシア・イギリスと李氏朝鮮の国情
イギリスこそが世界最大の侵略国だった~~「戦争文化叢書」を読む2
開国後の朝鮮国をめぐる日本・清国の対立
支那事変でわが国が「敵国」と認識していたのはイギリスだった~~「戦争文化叢書」を読む1
江華島事件と李氏朝鮮の開国
神戸大学「新聞記事文庫」で古い記事の探し方と利用方法
「国立国会図書館デジタルコレクション」で古い本の探し方
2022年新年のご挨拶
戦前の日本人は主要国の外交政策をどう捉えていたか~~『少年満洲事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む5
石川県の不平士族らによる大久保利通暗殺(紀尾井坂の変)
満州国を攪乱したソ連と支那共産党~~『少年満州事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む4
赤坂喰違の変で岩倉具視はいかにして難を逃れたか
第一次上海事変はなぜ起きたのか~~『少年満州事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む3
西南戦争がはじまると高知県でも政府転覆に動く計画が動き出した
戦前の日本人の満州事変の理解を知る~~『少年満洲事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む 2
西郷隆盛は何のために起ち上がったのか~~西南戦争2
満州事変の前に何が起こっていたのか~~『少年満洲事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む 1
西南戦争が起こる前の鹿児島県は如何なる状況であったのか~~西南戦争1
GHQが焚書処分したナチス研究書4~~水野正次 著『総力戦と宣伝戦:ナチス思想謀略の研究』
大久保利通が台湾出兵を決断し、自ら清国との談判に臨み賠償金を獲得したこと
京都府久美浜町の歴史と文化にふれる旅
紅葉の季節に西脇の歴史・文化を訪ねて
前原一誠と萩の乱
GHQが焚書処分したナチス研究書3~~八条隆孟 著『ナチス政治論』
神風連の乱の三日後に起きた秋月の乱
GHQが焚書処分したナチス研究書2~~末次信正著『日本とナチス独逸』
廃刀令が出た半年後に起きた熊本神風連の乱
GHQが焚書処分したナチス研究書1~~深尾重正著『ナチスの放送戦争』
江藤新平と佐賀の乱~~戦争煽動責任は政府にあるのではないか
GHQが焚書処分したヒットラーの著書を読む 2~~『我が闘争  第2巻 下』
征韓論が生まれた背景と明治六年の政変
GHQが焚書処分したヒットラーの著書を読む 1~~『我が闘争  第1巻 下』
徳川家旧幕臣らが茶畑の開墾を始めた牧之原台地
日米を戦わせるように仕向けた国はどこなのか~~武藤貞一『日米十年戦争』(GHQ焚書)
徳川家臣団による「士族の商法」
GHQに封印された支那事変の真実~~武藤貞一著『日支事変と次に来るもの』
静岡に移住した旧幕臣や、下北半島に移住した旧会津藩士たちの悲惨な暮らし
第二次世界大戦の前に戦争の形が変わった~~武藤貞一著『世界戦争はもう始まっている』を読む
家禄が大幅に削減された士族のなかでも特に悲惨な目にあった徳川の旧幕臣たち
わが国が第二次大戦で戦わざるを得ない状況に追い込んだ勢力~~武藤貞一著『日本の変貌』を読む
明治政府が士族中心の軍隊を否定した経緯と徴兵制に対する国民の反応
菊池寛の『明治文明綺談 』で幕末から明治期に西洋文明に触れた日本人を知る
戦場で拉致されて売られていった人々
菊池寛の名著『大衆明治史』(GHQ焚書)で日露戦争の舞台裏を読む
大名の争いから村を守る村人の戦い
日露戦争後に日米関係がどう動いたか~~福永恭助著『挑むアメリカ』(GHQ焚書)を読む
戦国大名は何度も起きた飢饉をいかにして乗り越えようとしたか
徳富蘇峰が立ち上げた『国民新聞社』の出版物を読む~~『日本野球史』『霞ヶ関を衝く:弱体外交の実相暴露』
「応仁の乱」と、その後相次いだ「下剋上」~~土一揆と応仁の乱3
福沢諭吉らが立ち上げた時事新報社の出版物を読む~~『利権物語』『不景気はどうなる』

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより販売しています。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント