丹波篠山の桜を訪ねて…文保寺、宇土観音、篠山城跡等

兵庫

文保寺

 前回記事で丹波市の桜を紹介させていただいたが、常照寺から丹波篠山市に向かう。丹波篠山市の寺社では高蔵寺が桜の名所として有名だが、枝垂れ桜の開花が遅かったのでパスして文保寺(ぶんぽうじ:丹波篠山市味間南1093)に向かう。

 文保寺のホームページによると、この寺は大化元年(645年)に法道仙人によって開かれ、当初は長流寺と称されていたとある。天暦の乱(947年)で堂宇が焼失して以後寺は荒廃したが、正和年間(1312~1317年)に慈覚大師作と伝わる千手観世音菩薩を安置して再興し、文保年間(1317~1319年)に宝鏡寺の宮門跡一品親王真筆の勅額を下賜されて以降「文保寺」と称するようになったという。
 しかしながら天正年間(1573~1592年)に明智光秀の丹波攻めに遭い、再び全山が焼失したのだが、江戸時代の中頃に復興したと伝わっている。
 上の画像は天正末期に建立された楼門(仁王門)で、丹波篠山市の文化財に指定されている。なお、楼門内の阿形像と吽形像の仁王像も市の有形文化財指定を受けている。

 この寺は、高蔵寺、大国寺とともに「丹波篠山もみじ三山」の一つであり紅葉の方がはるかに有名だが、桜は楼門周辺と、参道にある子院のいくつかで楽しむことが出来る。

参道は結構長く、途中で二村神社がありいくつかの子院がある。本堂はその奥に存在する。

 本堂には見事な装飾彫刻を観ることが出来る。いずれも前回記事で紹介させていただいた六代目中井権次正貞が彫ったもので、本堂の外部だけでなく、内部にも彫刻があるのだそうだ。残念ながら内部は非公開である。

 広い境内にはさまざまな植物が自生していて、参道を歩きながらもいろんな花を楽しむことが出来る。この黄色い花はみつまたではないだろうか。

宇土観音 弘誓寺

 次に訪れたのは宇土観音 弘誓寺(うどかんのん ぐぜいじ:丹波篠山市宇土611)。

 寺のホームページによると、この寺は白雉年間(650~654年)に法道仙人が草創し、はじめは天地山極楽寺と称したという。文保寺も法道仙人が開創した寺と伝わっているが、「兵庫県立博物館」のコラムによると、兵庫県下には法道仙人が開いたとされる寺が百十以上もあるそうなので、寺伝をそのまま鵜呑みにはできないと思うが、古い寺であることは確かなようである。

 かつては槇が峰一帯に多くの僧坊が軒を連ねて「槇が峰千軒坊」と伝えられる仏教繁昌の聖地であったそうだが、寿永三年(1184年)の源平の争乱で極楽寺は焼失したとされている。しかしながら、御本尊の聖観世音菩薩は難を逃れることができ、直ちに庵を結んでその後も信仰は途絶えることがなかったという。
 その後、中興開山亀翁松鶴大阿闇梨によって中興され、また、文明五年(1473)玉山良石禅師が来られ、 伝法開山として伽藍を再建し、清滝山弘誓寺と改めたと伝えられる。

 美しい多宝塔だが、建築年代などは調べても判らなかった。文化財指定を受けていないので、それほど古いものではなさそうだ。

 この寺も秋の紅葉が有名で、樹齢五百年とも八百年ともいわれる大銀杏が色づく頃には、大勢の観光客が訪れるという。秋にも訪れてみたい寺の一つである。 

篠山城跡

 宇土観音から国史跡に指定されている篠山城跡(丹波篠山市北新町2)に向かう。ここには何度か来ているのだが、桜の季節ははじめてだ。

 篠山城は慶長十四(1609年)に松平康重が徳川家康の命により築いた平山城で、この城は山陽道の要衝である篠山盆地に、大坂城や西国大名ににらみをきかせるために建てられたとされる。
普請の総奉行に池田輝政が任じられ、縄張りは藤堂高虎が当たり、突貫工事によりわずか一年足らずで完成したという。
 初代城主は家康の実子といわれる松平康重で、松平三家八代と青山家六代といずも徳川譜代の有力大名に引き継がれ、二百六十年余にわたり篠山藩五万石の政治経済文化の拠点としてその役割を果たして来た。

中山正二 編『篠山城史』本郷大将記念図書館 昭和11年刊 より

 篠山城には天守閣がない。築城時には天守閣建築の計画がありながら途中で中止され、代わって天守台南東隅に隅櫓が建てられたのだそうだ。上の画像は明治初年、北堀の東側から見た篠山城の景観だが、明治維新後の廃城令により城の取り壊しが始まり、地元の人々の尽力により大書院だけが残されて、その後小学校や女学校、公会堂などに利用されてきたという。

 残念なことに大書院は昭和十九年(1944年)1月に焼失してしまい、平成十二年(2000年)に復元再建されている。中に入ると、江戸時代の篠山城の歴史がわかる資料やパネルが展示されているほか、上段の間、次之間、葡萄之間等が復元されている。

 上の画像は大書院で最も格式の高い上段の間だが、当時の雰囲気を再現させるために、江戸時代初期の狩野派の屏風絵が転用されている。

 篠山城の本丸跡に青山神社がある。この神社は明治十三年(1880年)に旧藩主である青山家の旧恩を追慕する者が集まり、城中本丸跡に青山家の神霊を祀るために神社を創ることが決定して講が、明治十五年(1882年)にこの神社が建てられた。

 創建された時のご祭神は旧藩主青山家の遠祖である青山忠俊であったが、忠俊は篠山藩とは直接の接点がなかったことから、昭和五年(1930年)になって第四代の篠山藩主であった青山忠裕が合祀されたという。
 青山家は譜代大名で幕府の要職を歴任した家柄であり、中でも忠裕は文化元年(1804年)以降三十年以上幕府の老中職を務め、その功績として篠山藩は五万石から六万石に加増されている。また藩主としては、農民が副業として冬季に出稼ぎをすることを認めたり、藩領の王地山に京焼の陶工を招いて窯を開かせるなど善政を行ったことで知られ、青山家中興の藩主と言われている人物である。拝殿の左に青山忠裕の銅像がある。

 篠山城跡の外濠は桜並木となっている。まだ樹齢は若そうだが、あと数年もすればもっと美しくなるだろう。

 上の画像は河原町妻入(つまいり)商家群。篠山城跡の南外濠に接する道を東に進むと、河原町の交差点から約六百メートルにわたり、篠山の伝統的な家並みが続いている。三年前に電柱が撤去されて、景観が随分よくなった。
 建物の入口が建物の「妻側」にあるか「平側」にあるかで、「妻入」、「平入」と呼ぶのだが、「妻側」か「平側」かは、屋根の一番高い所を渡す材である棟木と入口との位置関係で決まる。建物の形状が四角形だとすると、建物の入口が棟木と直角の方向になる側を「妻側」と呼び、棟木と平行となる側を「平入」と呼ぶ。したがって「妻入」の建物の入口が道路に面していれば、各建物の棟木はそれぞれ道路に垂直にならなければならないのだが、「河原町妻入商家群」といいながら実際には平入の建物も結構存在している。どちらかというと、平入の建物の方が大きな構えで、時代的にも新しい印象を受けた。妻入群のところどころに平入が混じりながらも、全体として美しい伝統的な家並みが残されていることは嬉しいことである。
 すべての建物が商いをしているわけでもなく、住みやすいように改築したい住人も過去に少なからずいたことだろう。この伝統的景観を残すことに長きにわたり地域の人々の様々な苦労があったと思いながら歩いていると、数軒に「NIPPONIA」という暖簾がかかっていることに途中で気が付いた。調べると、篠山市の歴史ある建造物をリノベーションして、分散型ホテルとして再生されたもののようである。フロントと宿泊棟を別にして、ホテルを運営するというのは素晴らしい発想だと思う。城下町全体をホテルと考えて宿泊棟を分散すれば、古いものを古いままで美しく残すことが可能になる。一度このような宿に泊まるのも面白そうだ。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。一時在庫を切らして皆様にご迷惑をおかけしましたが、第三刷が完了して在庫不足は解決しています。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能ですし、ネットでも購入ができます(\1,650)。
電子書籍はKindle、楽天Koboより購入が可能です(\1,155)。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことができます。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書227 対外関係史82 中国・支那73 地方史62 ロシア・ソ連59 反日・排日52 アメリカ48 イギリス48 神戸大学 新聞記事文庫44 共産主義40 情報戦・宣伝戦38 ユダヤ人36 神社仏閣庭園旧跡巡り36 日露戦争33 軍事31 欧米の植民地統治31 著者別31 神仏分離31 京都府30 外交30 政治史29 コミンテルン・第三インターナショナル27 廃仏毀釈27 満州27 朝鮮半島26 テロ・暗殺24 対外戦争22 キリスト教関係史21 支那事変20 西尾幹二動画20 菊池寛19 一揆・暴動・内乱17 豊臣秀吉17 ハリー・パークス16 大東亜戦争15 ドイツ14 紅葉13 海軍13 ナチス13 西郷隆盛12 東南アジア12 神仏習合12 陸軍11 ルイス・フロイス11 倭寇・八幡船11 アーネスト・サトウ11 情報収集11 満州事変10 人種問題10 スパイ・防諜10 分割統治・分断工作10 奴隷10 大阪府10 奈良県10 徳川慶喜10 不平士族10 インド10 フィリピン10 戦争文化叢書10 ペリー9 和歌山県9 イエズス会9 神社合祀9 国際連盟9 岩倉具視9 フランス9 寺社破壊9 伊藤痴遊9 伊藤博文8 文化史8 欧米の侵略8 A級戦犯8 関東大震災8 木戸孝允8 韓国併合8 兵庫県8 自然災害史8 ロシア革命8 オランダ8 小村寿太郎7 ジョン・ラッセル7 飢饉・食糧問題7 山中峯太郎7 修験7 大久保利通7 徳川斉昭7 ナチス叢書7 ジェイコブ・シフ6 中井権次一統6 兵庫開港6 奇兵隊6 永松浅造6 ロッシュ6 紀州攻め5 高須芳次郎5 児玉源太郎5 大隈重信5 滋賀県5 ウィッテ5 ジョン・ニール5 武藤貞一5 金子堅太郎5 長野朗5 日清戦争5 5 隠れキリシタン5 アヘン5 財政・経済5 山縣有朋5 東京奠都4 大火災4 日本人町4 津波4 福井県4 旧会津藩士4 関東軍4 東郷平八郎4 井上馨4 阿部正弘4 小西行長4 山県信教4 平田東助4 堀田正睦4 石川県4 第二次世界大戦4 南方熊楠4 高山右近4 乃木希典4 4 F.ルーズヴェルト4 三国干渉4 フランシスコ・ザビエル4 水戸藩4 日独伊三国同盟4 台湾4 孝明天皇4 スペイン4 井伊直弼4 西南戦争4 明石元二郎3 和宮降嫁3 火野葦平3 桜井忠温3 張作霖3 プチャーチン3 生麦事件3 徳川家臣団3 藤木久志3 督戦隊3 竹崎季長3 川路聖謨3 鹿児島県3 士族の没落3 勝海舟3 3 ファシズム3 日米和親条約3 平田篤胤3 王直3 明治六年政変3 ガスパル・コエリョ3 薩英戦争3 福永恭助3 匪賊3 フビライ3 山田長政3 シュペーラー極小期3 前原一誠3 菅原道真3 安政五カ国条約3 朱印船貿易3 北海道開拓3 島津貴久3 下関戦争3 イザベラ・バード3 タウンゼント・ハリス3 高橋是清3 レーニン3 薩摩藩3 柴五郎3 静岡県3 プレス・コード3 伴天連追放令3 松岡洋右3 廃藩置県3 義和団の乱3 文禄・慶長の役3 織田信長3 ラス・ビハリ・ボース2 大政奉還2 野依秀市2 大村益次郎2 福沢諭吉2 ハリマン2 坂本龍馬2 伊勢神宮2 富山県2 徴兵制2 足利義満2 熊本県2 高知県2 王政復古の大号令2 三重県2 版籍奉還2 仲小路彰2 南朝2 尾崎秀實2 文明開化2 大江卓2 山本権兵衛2 沖縄2 南京大虐殺?2 文永の役2 神道2 淡路島2 北条時宗2 徳島県2 懐良親王2 地政学2 土一揆2 2 大東亜2 弘安の役2 吉田松陰2 オールコック2 領土問題2 豊臣秀次2 板垣退助2 スターリン2 島根県2 下剋上2 武田信玄2 大川周明2 丹波佐吉2 島津久光2 日光東照宮2 鳥取県2 足利義政2 GHQ焚書テーマ別リスト2 国際秘密力研究叢書2 大友宗麟2 安政の大獄2 応仁の乱2 徳富蘇峰2 水野正次2 オレンジ計画2 オルガンティノ2 安藤信正2 水戸学2 越前護法大一揆2 江藤新平2 横井小楠1 広島県1 足利義持1 便衣兵1 シーボルト1 フェロノサ1 福岡県1 陸奥宗光1 穴太衆1 宮崎県1 重野安繹1 鎖国1 藤原鎌足1 加藤清正1 転向1 岐阜県1 宮武外骨1 科学・技術1 五箇条の御誓文1 愛知県1 伊藤若冲1 ハワイ1 武藤山治1 上杉謙信1 トルーマン1 一進会1 大倉喜八郎1 北条氏康1 尾崎行雄1 桜田門外の変1 徳川家光1 浜田弥兵衛1 石油1 徳川家康1 長崎県1 日野富子1 北条早雲1 蔣介石1 大村純忠1 徳川昭武1 今井信郎1 鉄砲伝来1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 スポーツ1 廣澤眞臣1 あじさい1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 佐賀県1 士族授産1 山口県1 後藤象二郎1 神奈川県1 東京1 大内義隆1 財政・経済史1