丹波古刹の「もみじめぐり」と名工を生んだ土地柄

兵庫

 十一年前に兵庫県丹波市内の紅葉名所を観光して旧ブログで記事を書いたのだが、その当時丹波市は『丹波もみじめぐり』と題して、市内の紅葉名所九ヵ所を紹介するパンフレットを作成していたので、それを参考にして五ヶ寺を選んで旅程を組んだ。

 久しぶりに丹波市の紅葉を見たいと思って、丹波市観光協会が制作した今年のデジタルパンフレットを見ると、紹介されている紅葉名所が十二ヶ所に増えていたので、今まで行ったことのない古刹を選んで早速旅程を組み十一月二十一日に訪れて来た。

小新屋観音(こにやかんのん)

小新屋観音の紅葉

 最初に訪れたのは小新屋観音(丹波市山南町小新屋石金47-1)。普段は無人の観音堂で、電話もなく、石金という住所もカーナビには登録されていなかったので到着できるか不安だったのだが、「小新屋観音」と書かれた赤いのぼりが道のポイントに必ず立ててあるので、それを頼りにすれば何とかたどり着くことが出来る。
 今年の紅葉はあまり色づかずに枯れて落葉してしまっていて、地元のボランティアの方は「せっかく来ていただいたのに、今年の紅葉はイマイチ」と言っておられたが、周辺は楓の木が林立しており例年は鮮やかな紅葉を長く楽しめるという。

小新屋観音 本堂

 小新屋観音は永正七年(1510年)にこの地を領していた岩尾城主和田日向守(ときより)が本堂と小庵を建立し祈願所としたと伝わっている。

三寶寺(さんぼうじ)

三寳寺 山門

 次の目的地は三寳寺(丹波市柏原町大新屋571)。

三寳寺 本堂

 三寳寺は文明四年(1472年)に臨済宗妙心寺派の太宗守順和尚により開山されたが、天正七年(1579年)に兵火に遭い焼失。再建されるも慶長十一年(1606)に失火により焼失してしまい、二年後に再建されたと伝わる。現在の本堂は天保四年(1833年)に修復されたという。ご本尊は平安時代に制作された十一面観世音菩薩で今年四月に丹波市の有形文化財に指定されている。

三寳寺 本堂向拝の龍の彫刻

 本堂向背の龍の彫刻は見事である。彫物師は丹波柏原(かいばら)藩出身で代々宮大工として活躍した中井権次一統の第六代正貞である。丹波市のみならず丹波篠山市、豊岡市、福知山市、綾部市などには中井権次一統が携わったの社寺の装飾彫刻が多数残されている。

三寳寺 庭園

 今年は暑い日が長く続いたせいか、庭園の紅葉も鮮やかに色づかずに落葉してしまっている樹が多いのは残念だ。

三寳寺 襖絵

 本堂の襖絵に面白い羅漢図が描かれている。京都出身の版画家の幻一(まぼろしはじめ)の作品だが、それぞれ表情が違っていて見ていて飽きない。

岩瀧寺(がんりゅうじ)

 次の目的地は岩瀧寺(丹波市氷上町香良613-4)。

岩瀧寺 山門

 上の画像は岩瀧寺の山門だが、門の上は鐘楼になっている。

 この寺の開創は弘仁年間(809~823年)で、嵯峨天皇の勅願により弘法大師が建立したと伝わるが、天正時代の兵火により悉く焼失し、詳しい資料は寺には残されていない。昭和二十六年以降はこの寺は尼寺となっている。
 上の画像は茅葺の本堂(観音堂)。本尊の浅山不動尊はこの本堂でにあるのではなくて、歩いて十分ほどの所にある洞窟の中にあり、本堂には、観音菩薩像、愛染明王が祀られているという。

岩瀧寺 龍の彫刻

 本堂の中央部に立体感のある龍が彫られている。この彫刻は三寶寺の龍の彫刻と同じで、中井権次正貞の作品である。

岩瀧寺 独鈷の滝

 寺の本堂の左に瀧に通じる道があり、害獣防護柵を開閉してしばらく坂道と階段を進むと独鈷(どっこ)の滝がある。

岩瀧寺 本尊不動明王拝殿

 さらに階段を上ると不動明王拝殿があり、その奥にこの寺の本尊である不動明王が祀られている。すぐ近くに護摩堂があるが、今は老朽化のため使用されていないそうだ。さらに山道を進むと不二の滝があるのだが、病み上がりの体なので無理しないことにした。

岩瀧寺 四国八十八仏

 本堂に戻る途中にある四国八十八仏。このあたりの紅葉も良かった。

常瀧寺(じょうりゅうじ)

 丹波市の古刹めぐりで最後に訪れたのは常瀧寺(丹波市青垣町大名草481)。

常瀧寺 参道

 常瀧寺は養老年間(717~724年)に法道仙人が開基されたと伝わる古刹で、かつては七堂伽藍を有した大きな寺であったが、明智光秀の丹波攻めで堂宇は焼失してしまう。

常瀧寺 本堂

 江戸時代に入って光覚法印が愛宕山麓に再興したが何度か落雷などで焼け、三度目の移転で現在地に落ち着いたという。今の本堂は明治七年に再建されたものである。今の境内はそれほど広いものではない。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1b2365039fc6d233bed3ae701aff0b23-800x600.jpg
常龍寺 護摩堂

 上の画像は護摩堂だが、この寺で有名なのは裏山を三十分ほど登ったところにある推定樹齢千三百年という大公孫樹(イチョウ)。幹回りが十一メートルもある巨木で、兵庫県の天然記念物に指定されているという。若いころなら必ずチャレンジしたと思うのだが、岩瀧寺で長い急坂を登って疲れが出ていたので断念した。
 寺のパンフレットによると、大公孫樹は「雄種で銀杏はならず、一本の木の枝から乳のような瘤が垂れて地中に潜り、悠久の時を経て新たな幹や枝となっています。全国的に見てもめずらしい公孫樹です」と書かれている。その点については、昭和二年に刊行された『氷上郡志 上巻』にも書かれているので昔から注目されていたことがわかる。

 木下武さんがYoutubeでこの大公孫樹を紹介しておられるので紹介させていただく。2分半程度の動画を見れば、推定樹齢千三百年という公孫樹の圧倒的な存在感が伝わってくるのと、寺のパンフに書かれている「乳のような瘤」がいかなるものであるかよくわかる。

名工を生んだ旧丹波

 もともと「丹波国」の範囲は、現在の京都府の亀岡市や綾部市、南丹市、福知山市、船井郡京丹波町、兵庫県の丹波市、丹波篠山市などを含んでいて、兵庫県側の面積は二割程度にすぎず、古代からの「丹波国」の中心は亀岡であった。平成十六年(2004年)十一月に兵庫県の旧氷上郡の柏原町・氷上町・青垣町・春日町・山南町・市島町が町村合併により「丹波市」という新市名を用いることについて、当時旧丹波国の他の市町村から強い反対があったと言われているが、旧氷上郡の人々がそれらの反対を押し切る形で「丹波市」という新市名を決定したのは、それだけ「丹波」という地域名に対する愛着が強かったということなのだろう。

 先ほど宮大工の中井権次一統の彫刻を紹介させていただいたが、中井権次一統は今の丹波市柏原町に居を構え、彼らが手掛けた社寺の装飾彫刻の作品は北近畿(旧丹波国、旧丹後国、旧但馬国)を中心に、旧播磨国・旧摂津国を含めて約三百ヶ所程度が現存しているという。中井権次一統による社寺装飾彫刻は九代続いて、十代目からは京都府宮津市で印刷業を営むようになったのだそうだが、戦後になって社寺彫刻の仕事が激減して、いくら技術を磨いても生活を維持できなくなれば仕方がないことだ。とはいえ、将来もし建物の修復が必要になったときに、この精細な装飾彫刻の修復ができる名工がわが国に誰もいなくなっているのではないかという不安もある。社寺の装飾彫刻部分だけの文化財指定は存在しないのだが、そういう名工を育てておかないと美しい文化財を維持することは難しい。

柏原八幡宮 狛犬

 上の画像は丹波市柏原(かいばら)町にある柏原八幡宮の狛犬だが、この狛犬は丹波佐吉(たんばさきち)という石工の制作によるものである。丹波佐吉は文化十三年(1816年)に但馬の国の竹田(現在の朝来市)の貧家に生まれ、幼くして両親を亡くし、縁あって丹波大新屋(おおにや:現在の丹波市柏原町大新屋)の石工、初代難波金兵衛の養子となった。
 二十三歳の時に独立して渡りの石工となり、佐吉はさらに腕を磨くために近江、大坂、大和を渡り歩いたと考えられており、のちに石の尺八を作って孝明天皇から「日本一」の賞賛を得たとの逸話が残っている。画像の狛犬は丹波佐吉が文久元年(1861年)に手掛けたものだが、豪快で躍動感があり、佐吉の晩年の最高傑作と言われている。
 佐吉が制作したのは狛犬、仏像、燈篭、常夜燈、道標など様々で、丹波市やその周辺にもいくつか残されているが、奈良県には多くの作品が残されている。
 「丹波佐吉」というのは本名ではなく、彼は自分の郷里は丹波大新屋と答えていたことから、人は彼を「丹波佐吉」と呼んでいたようだ。作品の中には(村上)照信という名前と花押が併せ刻まれているものがあるという。佐吉の全作品についてはComa-たんさく人さんのホームページ『石佛・狛犬巡り』に写真付きでレポートされている。
 なお、佐吉を育てた難波金兵衛は今も柏原町大新屋で六代目が石工として今も活躍しておられる。

 中井権次一統や丹波佐吉を生んだのがいずれも現在の丹波市柏原町であるということは興味深いことだが、旧丹波の人々は寺や神社になるべくいいものを残して後世に伝えようとし、またそういうことが出来る豊かさがあったことは確かだろう。だからこそ石工や宮大工が腕を磨くことが出来たのだと考える。
 他の地方都市と同様、今の丹波市も若者が流出し人口減少に歯止めがかかっていないのだが、地域の人々が文化財を大切にする気持ちの強さは衰えていないようだ。最初に訪れた小新屋観音は普段は無住なのだが、地域の人々が定期的に掃除をしておられるからこそ、建物や庭の美しさが保たれている。二番目に訪れた三寶寺も、今は住職はここにはおられず、他寺の住職がかけもちでこの寺の檀家の法事に来ておられるとのことだが、この寺も地域の方々が毎日大量に発生する落葉の清掃に苦労しておられることが良く分かった。

 丹波市は観光地としてはあまり有名ではないのだが、地域の先人たちが大切に守って来た寺や神社が今も美しく残されてきていて、Wikipediaなどに収録されていない寺や神社でも結構いい場所が少なくない。
 紅葉の季節は特にお勧めだが、新緑の青もみじの季節も「丹波 青もみじめぐり」が行われているようだ。季節の風景を楽しみながら、中井権次一統の彫刻や丹波佐吉の彫刻を探訪する旅程を立てられてはいかがかと思う。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。長い間在庫を切らして皆様にご迷惑をおかけしましたが、このたび増刷が完了しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能ですし、ネットでも購入ができます(\1,650)。
電子書籍はKindle、楽天Koboより購入が可能です(\1,155)。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことができます。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

 

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書227 対外関係史82 中国・支那76 地方史62 ロシア・ソ連59 反日・排日52 アメリカ48 イギリス48 神戸大学 新聞記事文庫44 共産主義40 情報戦・宣伝戦38 神社仏閣庭園旧跡巡り38 ユダヤ人36 日露戦争33 軍事31 欧米の植民地統治31 著者別31 神仏分離31 京都府30 満州30 外交30 政治史29 コミンテルン・第三インターナショナル27 廃仏毀釈27 朝鮮半島26 テロ・暗殺24 対外戦争22 キリスト教関係史21 支那事変20 西尾幹二動画20 菊池寛19 一揆・暴動・内乱17 豊臣秀吉17 ハリー・パークス16 大東亜戦争15 ドイツ14 満州事変13 紅葉13 海軍13 ナチス13 西郷隆盛12 東南アジア12 神仏習合12 陸軍11 ルイス・フロイス11 倭寇・八幡船11 アーネスト・サトウ11 情報収集11 人種問題10 スパイ・防諜10 分割統治・分断工作10 奴隷10 大阪府10 奈良県10 徳川慶喜10 不平士族10 兵庫県10 インド10 フィリピン10 戦争文化叢書10 ペリー9 和歌山県9 イエズス会9 神社合祀9 国際連盟9 岩倉具視9 フランス9 寺社破壊9 伊藤痴遊9 伊藤博文8 文化史8 欧米の侵略8 A級戦犯8 関東大震災8 木戸孝允8 韓国併合8 自然災害史8 ロシア革命8 オランダ8 小村寿太郎7 ジョン・ラッセル7 飢饉・食糧問題7 山中峯太郎7 修験7 大久保利通7 徳川斉昭7 ナチス叢書7 ジェイコブ・シフ6 中井権次一統6 兵庫開港6 奇兵隊6 永松浅造6 ロッシュ6 紀州攻め5 高須芳次郎5 児玉源太郎5 大隈重信5 滋賀県5 ウィッテ5 ジョン・ニール5 武藤貞一5 金子堅太郎5 長野朗5 日清戦争5 5 5 隠れキリシタン5 アヘン5 財政・経済5 山縣有朋5 東京奠都4 大火災4 日本人町4 津波4 福井県4 旧会津藩士4 関東軍4 東郷平八郎4 井上馨4 阿部正弘4 小西行長4 山県信教4 匪賊4 平田東助4 堀田正睦4 石川県4 第二次世界大戦4 南方熊楠4 高山右近4 乃木希典4 F.ルーズヴェルト4 三国干渉4 フランシスコ・ザビエル4 水戸藩4 日独伊三国同盟4 台湾4 孝明天皇4 スペイン4 井伊直弼4 西南戦争4 明石元二郎3 和宮降嫁3 火野葦平3 桜井忠温3 張作霖3 プチャーチン3 生麦事件3 徳川家臣団3 藤木久志3 督戦隊3 竹崎季長3 川路聖謨3 鹿児島県3 士族の没落3 勝海舟3 3 ファシズム3 日米和親条約3 平田篤胤3 王直3 明治六年政変3 ガスパル・コエリョ3 薩英戦争3 福永恭助3 フビライ3 山田長政3 シュペーラー極小期3 前原一誠3 菅原道真3 安政五カ国条約3 朱印船貿易3 北海道開拓3 島津貴久3 下関戦争3 イザベラ・バード3 タウンゼント・ハリス3 高橋是清3 レーニン3 薩摩藩3 柴五郎3 静岡県3 プレス・コード3 伴天連追放令3 松岡洋右3 廃藩置県3 義和団の乱3 文禄・慶長の役3 織田信長3 ラス・ビハリ・ボース2 大政奉還2 野依秀市2 大村益次郎2 福沢諭吉2 ハリマン2 坂本龍馬2 伊勢神宮2 富山県2 徴兵制2 足利義満2 熊本県2 高知県2 王政復古の大号令2 三重県2 版籍奉還2 仲小路彰2 南朝2 尾崎秀實2 文明開化2 大江卓2 山本権兵衛2 沖縄2 南京大虐殺?2 文永の役2 神道2 淡路島2 北条時宗2 徳島県2 懐良親王2 地政学2 土一揆2 2 大東亜2 弘安の役2 吉田松陰2 オールコック2 領土問題2 豊臣秀次2 板垣退助2 スターリン2 島根県2 下剋上2 武田信玄2 大川周明2 丹波佐吉2 島津久光2 日光東照宮2 鳥取県2 足利義政2 GHQ焚書テーマ別リスト2 国際秘密力研究叢書2 大友宗麟2 安政の大獄2 応仁の乱2 徳富蘇峰2 水野正次2 オレンジ計画2 オルガンティノ2 安藤信正2 水戸学2 越前護法大一揆2 江藤新平2 横井小楠1 広島県1 足利義持1 便衣兵1 シーボルト1 フェロノサ1 福岡県1 陸奥宗光1 穴太衆1 宮崎県1 重野安繹1 鎖国1 藤原鎌足1 加藤清正1 転向1 岐阜県1 宮武外骨1 科学・技術1 五箇条の御誓文1 愛知県1 伊藤若冲1 ハワイ1 武藤山治1 上杉謙信1 トルーマン1 一進会1 大倉喜八郎1 北条氏康1 尾崎行雄1 桜田門外の変1 徳川家光1 浜田弥兵衛1 石油1 徳川家康1 長崎県1 日野富子1 北条早雲1 蔣介石1 大村純忠1 徳川昭武1 今井信郎1 鉄砲伝来1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 スポーツ1 廣澤眞臣1 あじさい1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 佐賀県1 士族授産1 山口県1 後藤象二郎1 神奈川県1 東京1 大内義隆1 財政・経済史1