GHQにより焚書処分された、外交に関する書籍~~白柳秀湖 『日本外交の血路』

GHQ焚書

 GHQが没収・廃棄した書籍の中には、日本と他国、あるいは他国同士の外交や関係史について書かれた本が少なからずある。

 今回紹介する本の著者は、在野の歴史家である白柳秀湖(しらやなぎ しゅうこ)で、彼は島崎藤村を愛読し早稲田大学文学部に進学したが、在学中に堺利彦の社会主義思想に影響を受け、プロレタリア文学運動の先駆をなしたが、明治四十三年(1910年)の大逆事件以降は社会主義思想と縁を切り文学とも離れ、社会評論家、歴史家として活動した人物である。今回紹介する著書『日本外交の血路』の中に、彼が昭和七年に「上海と明治維新」というテーマで講演した内容を書き起こした文章があり、その一部を紹介したい。

 どこの国でもそうでありますけれども、その国に非常の大改革が起こりかけますと、その国と利害関係の最も緊密な隣国、もしくは隣国のある地点から、由々しい干渉の起こるものだということを、私は平生歴史を読んで深く感じているものであります。つまりその国の改革を妨げようとする外国の勢力と、それからその国の改革を助けようとする勢力とが、非常に複雑な関係に於いてもつれて来るものだということを深く感ずるものであります。

(白柳秀湖 著『日本外交の血路』千倉書房 昭和7 p.63~64)
日本外交の血路 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 白柳は、イギリスの革命、アメリカの独立、フランス革命などがあったが、それぞれ利害関係を密接にする外国から非常な干渉が起きたことを述べた後、わが国についてユニークな解説をしている。

 日本の明治維新もこれと全く同じ事情でありました。徳川氏の封建制度を倒して近代統一国家を打ち建てるという仕事の上に、非常に大きい外国の力が加わっておるのであります。外国の力、それはいうまでもなく英米仏の三大強国が主でありました。…

 嘉永六年に米国の水師提督ペリーが初めて浦賀に参りました時には、もう上海には立派な英米仏三国の租界が出来て、それは殆んど三国の共有地と申してもよろしい程のものになりつつあったのであります。…中略

 日本の歴史を知らぬ生物識(なまものしり)は、秀吉、家康両雄の禁教令や徳川幕府の鎖国例を、及びもつかぬ愚かな、乱暴な政策のように考えて、日本の文化がそのためにヨーロッパより百年も二百年も遅れたように書いていますが、途方もない事であると考えます。秀吉、家康両雄の外教禁圧は、イギリスでいえばクロムウェルの革命と同じ歴史的の意味を持つものであり、徳川幕府の貿易制限は、イギリスの海軍が、スペインの手先であるオランダの海軍を撃破した以上の大手柄であると私は考えております

 日本では秀吉、家康両雄の努力により、天文・永禄の間に押し寄せてきた南ヨーロッパの勢力を完全に駆逐することに成功しました。それだけでも日本人はえらい。しかし、支那ではその仕事が完全に行われなかった。支那の近代国家としての立ち遅れは、実はその時から始まっておるのであります。…中略

 上海が初めてイギリス海軍の砲火のお土産を頂戴したのは1832年6月16日、日本の天保二年でありました。この日マカオの英国東インド会社から派遣された上海開港交渉使ヒュー・ハミルトン・リンゼイという者を乗せた英国艦隊はウースンの砲台を攻撃してこれを沈黙させ、19日上海上に迫ってその門扉を破壊し、道台をして面会をよぎなくさせました。この事件は日本の歴史で申せば、嘉永六年六月のペリーが軍艦を率いて浦賀を見舞ったのと同じ筋合いのもので、北方ヨーロッパ、言い換えればチュートン欧州の勢力が支那に働きかけた最初の出来事であります。

 イギリス人がかように恐ろしい剣幕で支那を威嚇し、開港を迫ったのは、その領土的野心を充たさんがためであったことは勿論でありますが、それよりもむしろインドで手切る阿片を自由にシナに売り込もうというのが当面の主要な目的であったのであります。しかし、支那でも阿片の害はよく承知していましたので、1838年、即ちわが天保八年には欽差大臣林則徐が廣東に臨み、阿片の輸入を禁止して、その取締りを厳重にし、翌年英商会の貯蔵にかかる阿片を焼棄したことから支那とイギリスの間に戦争が起こりました。

 この戦争で英軍は廣東(カントン)を犯し、舟山列島を取り、寧波(ニンポー)を攻め、1841年、即ちわが天保十二年には清帝が北京を棄てて熱河に走るという騒ぎとなり、翌年6月には上海が完全に英軍の手に落ちてしまったのであります。

 この時英軍の上海を略奪したというものは実にひどいもので、6月23日に英軍の引き上げた後の光景は、さながら洪水の去った後も同じで、ほとんど一物も残さぬまでに洗い去られてしまったということであります。

(同上書 p.73~79)

 その後上海は開港を余儀なくされ、やがて英米仏共同租界が建設され、続いて起こった太平天国の乱とアロー戦争で租界の独立と関税権を獲得し、上海を支那大陸計略の足掛かりとした三国が、次にわが国に向かうことは確実な情勢となったのだが、結果としてわが国が最初にアメリカと交渉をし条約締結に至ったことはわが国にとっては幸運であったと言えるだろう。そして安政の五ヶ国条約締結後幕府は三度にわたり上海に使節を送り、通商貿易を試みかつ情報収集ならびに西洋文化を輸入したことがあった。その時に各藩からも上海に密航し兵器弾薬を入れる動きが出てくるのである。詳しくは「国立国会図書館デジタルコレクション」で読んで頂きたい。

 戦後の通史などでは戦勝国に忖度してか、外国とのかかわりについてはほとんど触れない本が大半で説得力を感じないのだが、戦前・戦中には結構面白い本がある。 

 以下のリストは、GHQ焚書の中から、「外交」「関係」という言葉を含む本の中から日本と他国、あるいは他国同士の外交や関係史に関する者を抽出したものである。全部で53冊あり、うち25冊は「国立国会図書館デジタルコレクション」でネットで公開されており、無料で読むことができる。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
印度支那と日本の関係金永 鍵冨山房
裏から見た欧州の外交戦長谷川了今日の問題社
欧米外交秘史榎本秋村 日本書院出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268550昭和4
外交対策小林順一郎湯原惣助
外交と外交家渡辺幾治郎 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1440489昭和14
現代外交の動き稲原勝治 福田書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268744昭和10
現代日本外交史丸山国雄三笠書房
国際関係研究 昭和15年第一輯蝋山政道編国際関係研究会
最近日本外交史赤松祐之 日本国際協会
最近の印度 : 英印関係の推移島田巽 朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1275897昭和17
財政外交国防の一騎討鶴田不二緒 編城西出版社
思想戦 : 近代外国関係史研究吉田三郎 畝傍書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1062862昭和17
支那事変と国際関係に就きて
支那事変下の戦時財政経済に就きて
松本忠雄
中村三之亟
帝国在郷軍人会
少年国史上の外交関係長井正治 大同館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717118昭和12
情報乗り出したソ連謀略外交の内幕伊藤 稔 編三邦出版社
新講大日本史 第9巻 日本外交史長坂金雄 編雄山閣
清算期にある日本の外交稲原勝治 大乗社東京支部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1443262昭和7
世界新秩序を繞る外交鹿島守之助巌松堂書店
戦時下の日本外交国民政治経済研究所国民政治経済研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439016昭和17
旋風裡の極東外交と軍事角猪之助 独立書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1099352昭和11
対外外交問題議事要録日本外交協会編日本外交協会
大戦外交読本
①ミュンヘン會議・英佛宣戰
外務省情報部 編博文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1441327昭和15
大戦外交読本
② ソ・芬戰より白蘭進擊
外務省情報部 編博文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1441338昭和15
大戦外交読本
③伊参戦より三国条約成立
情報局第三部 編博文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1440136昭和15
対ソ外交の新段階内藤民治国際日本協会
大日本詔勅謹解. 第3 軍事外交篇高須芳次郎 述日本精神協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1243156昭和9
中日文化交流の回顧と展望高倉克己 訳立命館出版部
帝国の外交と大東亜共栄圏鹿島守之助翼賛図書刊行会
帝国外交の基本政策鹿島守之助巌松堂書店
東亜新秩序と日本外交政策日本国際協会
太平洋問題調査部 編
日本国際協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453074昭和14
東亜全局の動揺
我が国是と日支露の関係・満蒙の現状
松岡洋右 先進社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1466075昭和6
東亜明朗化のために : 日・支・蘇・
英関係の将来
船田中 日本青年教育会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463163昭和13
独仏関係鈴木啓介アルス
ナチスドイツを繞るヨーロッパの外交戦三沢廣次東洋経済出版部
日英外交裏面史柴田俊三 秀文閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267390昭和16
日露樺太外交戦太田三郎興文社
日露戦争を語る. 外交・財政の巻時事新報社 編時事新報社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1218392昭和10
日清戦争と陸奥外交深谷博治日本放送協会
日ソ外交秘話中原 明 編白林荘
日泰関係と山田長政中田千畝日本外政協会
日本外交の血路白柳秀湖 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1443780昭和7
日本外交百年史 下堀川武夫三教書院
日本精神の考察
支那事変の経過と我国際関係
谷本 富 述
長岡克暁 述
京都経済会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1099221昭和12
日本と泰国との関係内田銀蔵 創元社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1440243昭和16
日本の外交外務省情報部 編文昭社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720039昭和14
日本布哇交流史山下草園古今書院
幕末期東亜外交史大熊真 乾元社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041865昭和19
ハワイを繞る日米関係史吉森実行文芸春秋社
非常時国民全集 外交篇木田 開 編中央公論社
非常時日本の外交陣吉岡義一郎 東亜書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1270460昭和11
米国は日本の敵か味方か? :
附・日米協和外交とは?
貴島桃隆 国際経済研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1269759昭和12
北支事変の真相と日支関係諸条約高田 功亜細亜研究会
北満鉄道に関するソビエイト連邦の権利
の満州国への譲渡関係諸約定
赤松祐之 編日本国際協会
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

 無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの店舗でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書175 対外関係史81 地方史62 ロシア・ソ連40 イギリス37 神社仏閣庭園旧跡巡り34 日露戦争32 著者別31 軍事31 政治史29 京都府28 神仏分離27 廃仏毀釈26 外交史25 共産主義24 欧米の植民地統治24 対外戦争22 中国・支那21 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 菊池寛19 アメリカ19 反日・排日18 ユダヤ人17 豊臣秀吉16 一揆・暴動・内乱16 ハリー・パークス16 テロ・暗殺16 満州15 GHQ焚書・50音別リスト15 神戸大学 新聞記事文庫14 情報戦・宣伝戦14 朝鮮半島14 支那事変13 コミンテルン・第三インターナショナル13 海軍13 西郷隆盛12 アーネスト・サトウ11 紅葉11 陸軍11 東南アジア11 ルイス・フロイス11 大阪府10 戦争文化叢書10 徳川慶喜10 倭寇・八幡船10 不平士族10 和歌山県9 奈良県9 寺社破壊9 奴隷9 フランス9 イエズス会9 ペリー9 伊藤痴遊9 岩倉具視9 A級戦犯8 オランダ8 神仏習合7 神社合祀7 ナチス7 徳川斉昭7 ドイツ7 ジョン・ラッセル7 小村寿太郎7 修験7 インド7 自然災害史6 ロッシュ6 木戸孝允6 ジェイコブ・シフ6 兵庫開港6 飢饉・食糧問題6 永松浅造6 文化史6 大久保利通6 大東亜戦争6 ロシア革命5 人種問題5 児玉源太郎5 山縣有朋5 奇兵隊5 関東大震災5 高須芳次郎5 大隈重信5 金子堅太郎5 アヘン5 分割統治・分断工作5 滋賀県5 紀州攻め5 伊藤博文5 ジョン・ニール5 隠れキリシタン5 財政・経済5 ウィッテ5 情報収集5 南方熊楠4 堀田正睦4 石川県4 平田東助4 兵庫県4 高山右近4 乃木希典4 フィリピン4 小西行長4 井伊直弼4 山県信教4 東郷平八郎4 スペイン4 国際連盟4 孝明天皇4 旧会津藩士4 西南戦争4 井上馨4 ナチス叢書4 武藤貞一4 東京奠都4 阿部正弘4 水戸藩4 フランシスコ・ザビエル4 日本人町4 和宮降嫁3 朱印船貿易3 文禄・慶長の役3 安政五カ国条約3 義和団の乱3 満州事変3 廃藩置県33 明石元二郎3 静岡県3 北海道開拓3 伴天連追放令33 下関戦争3 柴五郎3 台湾3 薩摩藩3 レーニン3 高橋是清3 三国干渉3 日独伊三国同盟3 タウンゼント・ハリス3 松岡洋右3 中井権次一統3 織田信長3 フビライ3 長野朗3 日清戦争33 福永恭助3 福井県3 徳川家臣団3 藤木久志3 薩英戦争3 山田長政3 シュペーラー極小期3 ガスパル・コエリョ3 プチャーチン3 竹崎季長3 王直3 桜井忠温3 鹿児島県3 勝海舟3 日米和親条約3 スパイ・防諜3 士族の没落3 菅原道真3 津波3 生麦事件3 平田篤胤3 川路聖謨3 大江卓2 山本権兵衛2 領土問題2 南朝2 文明開化2 南京大虐殺?2 安政の大獄2 尾崎秀實2 沖縄2 応仁の乱2 大友宗麟2 水野正次2 大火災2 福沢諭吉2 坂本龍馬2 野依秀市2 伊勢神宮2 大政奉還2 富山県2 ラス・ビハリ・ボース2 足利義満2 高知県2 徳富蘇峰2 火野葦平2 江藤新平2 越前護法大一揆2 水戸学2 安藤信正2 オルガンティノ2 三重県2 オレンジ計画2 プレス・コード2 仲小路彰2 王政復古の大号令2 文永の役2 ハリマン2 足利義政2 島津貴久2 弘安の役2 吉田松陰2 徳島県2 武田信玄2 大川周明2 オールコック2 懐良親王2 北条時宗2 明治六年政変2 淡路島2 板垣退助2 鳥取県2 豊臣秀次2 日光東照宮2 島根県2 島津久光2 土一揆2 下剋上2 神道2 大内義隆1 神奈川県1 桜田門外の変1 後藤象二郎1 前原一誠1 スターリン1 東京1 徳川家光1 第二次世界大戦1 尾崎行雄1 財政・経済史1 熊本県1 徴兵制1 伊藤若冲1 北条氏康1 広島県1 フェロノサ1 大倉喜八郎1 大村益次郎1 足利義持1 ハワイ1 武藤山治1 シーボルト11 浜田弥兵衛1 五箇条の御誓文1 愛知県1 鎖国1 徳川昭武1 鉄砲伝来1 大村純忠1 藤原鎌足1 山中峯太郎1 重野安繹1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 加藤清正1 北条早雲1 日野富子1 督戦隊1 スポーツ1 版籍奉還1 長崎県1 あじさい1 穴太衆1 徳川家康1 岐阜県1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 宮武外骨1 陸奥宗光1 佐賀県1 科学・技術1 福岡県1 今井信郎1 士族授産1 宮崎県1 上杉謙信1