GHQが焚書処分した青少年向けの書籍

 GHQが没収廃棄して、戦後の日本人に読めないようにさせた本のなかに、青少年向けの本が少なからずあるが、これらの本は著者が若い世代にも理解しやすいようにやさしい言葉で記されているのでありがたい。実際何冊か読んでみると、戦後になって多くの史実が日本人に知らされなくなっていることがよく理解できる。

 例えば、桜井忠温 著『子供のための戦争の話』のなかから「大砲や鉄砲の戦争ばかりでない」という章の一部を紹介しよう。文中の「欧州戦争」は「第一次世界大戦」を意味している。

 欧州戦争中ドイツは新聞に発表する公報を、発表と同時に無電で戦線に通報したり、敵側に宣伝したりした。しかし、ドイツ側の戦線は英国側の134kmに対し、2400kmという長さにわたっていたので、重要な点の戦況を全戦線に詳しく報道することが出来なかった。そのため敵側の宣伝に乗せられることが多かった

 さらにドイツは敵側の発表する公報を自国の新聞に載せることを禁じなかったので、敵側が宣伝の目的で発表した公報が続々とドイツ国内に流れ込んできた。

 敵側の公報を載せさせたのは、たとえ自国の新聞にだけ載せさせないことにしたところで、国内に入って来る中立国の新聞に、敵側の公報が載っているのだから、国内の新聞ばかりに、敵側の公報を載せさせないとすることは、かえって戦争の模様がどうなっているか、と思い患っている国民に疑いを持たせる原因を作るばかりだというのであった。中立国の新聞と自国の新聞の板挟みになったドイツ側の宣伝戦は、実に苦しい立場に置かれていた。

 戦争の終わりになって、ドイツは敵側の後方に意味を付け加えるようにしたが、その時にはもうドイツ軍は非常に不利な戦争をしていた時であり、また国民もはっきりそれを知っていたので、どういいくるめようもない有様に陥っていたため、ドイツ軍は敵側のなすままに、ドイツ側の弱点を国民の前にあばかれた。

 ナポレオン一世は「新聞が戦争に及ぼす効果は、一軍団の兵力よりも優る」といった。このごろでは、あらゆるものが新聞を離れては何事もできないというほどになったが、ことに戦争にはなくてならぬ武器である

 欧州戦争の頃、ドイツのルーデンドルフ将軍は、「戦争に勝つ手段は、新聞にある」といった

 戦時に於ける新聞のつとめは、兵士と武器と並んで、戦争をする大きな力でなければならなくなった

 「新聞と共に戦争する」といっても良いのである。

桜井忠温 著「子供のための戦争の話」一元社 昭和8年刊 p.338~340
子供のための戦争の話 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 第二次大戦の戦前戦中において、わが国の某新聞はソ連のスパイが論陣を張っていたことは良く知られているが、戦後のわが国においてはスパイ防止法が存在せず、マスコミも政治家も官僚も財界も、戦前よりもはるかにひどい状態にあると考えておいた方が良い。世界から「スパイ天国」と揶揄されているわが国の現状は、国家や企業などの機密情報を外国に流している者が少なからずいることを意味するのだが、こんな状況は一日も早く脱して欲しいものである。

 軍事力を使わない戦争が存在し、今も明らかに「情報戦」を仕掛けている国が存在しているのだが、戦後出版された「情報戦」のテキストは極めて少ない。この本は戦前に青少年向けに書かれた本で読みやすいので、興味のある方は少し覗いていただければと思う。

桜井忠温

 ちなみに、この本の著者・櫻井忠温氏は日露戦争に出征し旅順要塞攻略の第一回総攻撃のとき、敵の機関砲に蜂の巣のごとく撃たれて右手首を吹き飛ばされ、帰還後、旅順での戦闘の体験を書いた『肉弾』という小説を書いた。この小説は世界的ベストセラーとなり、今も幅広く読まれている名著なのだが、この本もGHQによって焚書処分されている。

 下の表は、GHQの焚書リストの中から「(青)少年」「僕(ら)」「われ(ら)」「…物語」などの文字をタイトルに含む146点の書籍を抽出したものである。そのうち48点が「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されているので、誰でも無料で読むことが出来る。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
愛国純情少年読物 
加納部隊長
岡村俊一郎 一進堂書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720700昭和13
ある少年海員の手記海運総局 編海運総局
海の子魂原 道太誠美書閣
海の少年飛行兵与田準一大和書店
海軍少年飛行兵朝日新聞社朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460209昭和19
科学の精兵少年砲兵平櫛 孝文憲堂
輝く海軍少年航空兵萩原四郎工人社
勝抜く僕達平出英夫毎日新聞社
勝抜く僕達平出英夫毎日新聞社
加藤清正 
少年大日本史30 
中野八十八 建設社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717444昭和9
勤労青少年の文化と教育鈴木舜一西村書店
軍歌を歌う少年 童話江口隼人淡海堂
軍国少年読本芦田重常実業之日本社
軍国に咲いた花 : 少年少女
たちにおくる支那事変の読物
草牟田
尋常小学校編
草牟田
尋常小学校
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1092811昭和13
建武の中興 
少年大日本史24巻
清原貞雄 建設社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717441昭和9
皇国青少年健民教室吉田機司 日本合同通信社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720197昭和17
皇道精神を明かにした
少国民の道
濱口寛市駸々堂書店
国体教育少年読本星野武男 明治会本部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1873647昭和10
子供のための戦争の話桜井忠温 一元社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1464871昭和8
再認識の満蒙 
僕の見た生命線
小野夢坊日満新興
文化協会
産業指導読本 
勤労青少年の勝利
三好清司興隆社
産業少女の生活山田彰子協和書房
産業戦士詩集 
われらの戦場
中村巳寄 編高田書院
詩集 海の少年飛行兵与田準一大和書房
支那事変忠勇読本 :
軍国少年の為に
尾関岩二 文祥堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438302昭和12
支那の少年は語る渡辺泰亮大日本雄弁会
講談社
小学生と支那事変
貯蓄債券 第八輯
日本勧業銀行
国民貯蓄勧奨部
日本勧業銀行
国民貯蓄勧奨部
小学生の国史 
皇国の光 第一巻
松谷正治修文館
少国民手紙読本服部嘉香正芽社
少国民の道濱口寛市駸々堂書店
少国民の航空勉強中 正夫京阪神急行電鉄
少国民の陸軍丹羽福蔵東雲堂
少国民文化論年鑑一日本少国民
文化協会編
国民図書刊行会
少国民翼賛劇集長谷川峻彦大正書院
少国民錬成の心理坂本一郎新光閣
少年愛国詩集西条八十大日本
雄弁会講談社
少年愛国読本 戦争の話野瀬寛顕 厚生閣書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1169290昭和9
少年大空への道蕗谷虹児起山房
少年海軍読本国防科学研究会 二松堂書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1457330昭和7
少年科学潜水艦福田一郎津田操
少年菊池武時・武光の勤王吉松祐一 大同館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1718329昭和9
少年機甲部隊尾崎正久白研社
少年機甲部隊読本長野邦雄柴山教育出版社
少年楠木正成の精忠浜田寿郎 大同館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1718478昭和4
少年工田中政雄興亜文化協会
少年航空史桑名卓男 泰光堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1169565昭和17
少年航空兵の手記野口 昻中央公論社
少年航空兵とは山田新吾 厚生閣書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1465572昭和8
少年工の報告志村武雄 前田書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717054昭和19
少年候補者普通学
試験問題並模範答解
国防同志会
兵学研究部
軍事界社
少年国史物語 
平安時代後期、鎌倉時代
前田晁 早稲田大学出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1207123昭和12
少年国史物語.
鎌倉時代後期、吉野時代
前田晁 早稲田大学出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1207131昭和12
少年国史物語. 東京時代前田晁 早稲田大学出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1207156昭和12
少年国史上の外交関係長井正治 大同館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717118昭和12
少年三種の神器の歴史栗山周一 大同館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720725昭和14
少年少女国体の本義読本塚本勝義誠文堂新光社
少年戦車通信兵
受験準備全書
帝国軍教協会編三友堂書店
少年戦車兵物語佐藤武 東亜書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717035昭和17
少年戦車兵 : 若き鉄獅子佐藤隆秀 文憲堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720085昭和17
少年戦車兵志願読本佐藤隆秀 日本兵書出版
少年戦車兵学校の生活大隈俊雄 越後屋書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720079昭和19
少年戦車兵となるには竹内卓樹 泰光堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720088昭和18
少年戦車兵藤田実彦 目黒書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2627831昭和17
少年戦車兵魂本間楽寛錦城出版社
少年たちへヨアヒム・アイシャフ増進社
少年団訓練要領案文部省文部省
少年団指導の理念と実践三島章道三学書房
少年団精講熊谷辰治郎 
松永健哉
第一出版協会
少年団と国防技術訓練大内昌雄南光書院
少年忠臣蔵岸 哲夫春陽堂書店
少年通信兵魂炭谷不二男文淵閣
少年日露戦争物語遠藤早泉文化書房
少年白虎隊神崎 清学習社
少年飛行兵上田廣 
中野繁雄 
夏目紳六
新紀元社
少年飛行兵志願受験案内箕輪香村編文憲堂書店
少年飛行兵読本陸軍情報部毎日新聞社
少年飛行兵戰記毎日新聞社 編毎日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1737462昭和19
少年兵魂松本要蔵研文書院
少年防空兵風間益三 
新田義夫
東亞書林
少年砲兵平櫛 孝文憲堂書店
少年北支の旅梶田周作 葛城書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720001昭和19
少年満州読本長与善郎新潮社
少年満洲事変と上海事変山県信敬 大同館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717367昭和11
昭和18年 少国民日記油谷哲安国民出版社
新制度に拠る海軍各科志願兵
少年航空兵諸工廠工員
志願要訳
海軍軍事
普及会編
岡村書店
進め少年飛行兵相馬 基毎日新聞社
進め陸軍少年兵佐野康,
藤本弘道 
開発社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720082昭和19
青少年学徒に賜りたる
勅語謹解
大杉謹一健文社
青少年学徒に賜りたる
勅語謹解
荻原 拡中文館書店
青少年学徒に下し賜わり
たる勅語と二宮尊徳
中川信太郎文開堂
日本珠算研究社
青少年国史 第一巻飯塚重威三井出版商会
青少年産業読本矢口茂雄皇国青年教育協会
青少年体錬の道来馬欽吾啓文館
青少年の進路 11月号松崎敏夫 編受験時代社
青少年のために 
満州の燕
巽 聖歌中央公論社
戦陣訓の手引 
特に青少年の為に
倉田義一友松堂
空の王者 
陸軍少年航空兵物語
武富邦茂 実業の日本社
空の少年兵芸術映画社 編東亜書林https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439718昭和17
空の少年兵戦記 灯倉町秋次興亜日本社
空の少年兵倉町秋次興亜日本社
大将の少年時代中田千畝 実業之日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1716323昭和13
独逸の少年航空技術兵エルウイン・クラウゼ航空時代社
ドイツ物語樫葉勇 三友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1169268昭和13
東郷元帥 
少年大日本史48巻 
小笠原長生 建設社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1168343昭和9
豊臣秀吉加藤武雄 講談社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1719787昭和19
ナチスドイツ 
青年詩集 われら戦う
ラインホントシュルツェ旺文社
日本の海運上野喜一郎 童話春秋社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717792昭和19
日本の外交外務省情報部 編文昭社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720039昭和14
日本の青少年 
必ず勝ち抜け
平戸喜太郎長谷川書房
二本松少年隊安藤 信厚生閣
半島の子ら飯田 彬第一出版協会
ヒットラー少年団第二小隊ワイデンマン東晃社
兵営村の少年南条三郎文昭社
北条時宗
日本少年歴史文学選
伊藤佐喜雄 淡海堂出版https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717481昭和18
放送少国民劇集少年の歌斎田 喬弘学社
僕の兵器学福永恭助三省堂
僕の見た満鮮小生夢坊月旦社
僕らの戦時発明金藤正治山海堂
僕らの戦争日記ラインホルト・ザウテル錦城出版社
ぼくらの大東亜戦争 
その一
藤井隆章協栄出版社
僕らは海の子原種道 日の出書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720275昭和18
満州開拓青少年義勇軍
現地通信集
拓務省拓務局編拓務省拓務局
満州建国 
少年大日本史53
山本義夫 建設社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717451昭和9
明治偉人少年時代竹田敏彦 昭和書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717851昭和16
物語 少年読本稲本勝彦錦城出版社
われらの生活と法律秋葉保広東洋書館
陸海軍少年志願者読本鈴木英夫希望の窓社
陸軍軍用機
青少年航空叢書
東栄治 育生社弘道閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720052昭和18
陸軍少年飛行兵朝日新聞社朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460210昭和19
陸軍少年通信兵並木行夫 研進社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1035756昭和18
陸軍少年技術兵陸軍兵器学校編日本報道社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1168577昭和19
陸軍少年通信兵受験読本田戸 忍 編清水書房
陸軍少年飛行兵受験読本藤村 燎陸海軍の友社
陸軍少年砲兵受験読本三浦忠正 編清水書房
陸の少年兵清閑寺 健日本国防協会
若き鉄獅子 
少年戦車兵 
佐藤隆秀 文憲堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720085昭和17
われ等の海戦史平田晋策大日本
雄弁会講談社
われらの空軍大場弥平 大日本
雄弁会講談社
われらの建設アドルフ・ヒットラー 青年書房
吾等の少年産業戦士 
恩愛の光
武内義行マネジメント社
我等の少年戦車兵水島周平田中誠光堂
われ等の勝利上田定雄 訳青年書房
われ等の日本陸軍小原正忠 日本兵書出版https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720078昭和17
われらの文学坂本 勝 編矢貴書店
われ等の陸海軍平田晋策大日本
雄弁会講談社
われ等もし戦わば平田晋策大日本
雄弁会講談社
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1454982昭和8

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、紀伊国屋書店の下記10店舗に令和3年の2月末まで、各1冊だけですが常備陳列されることになっています。
川越店、流山おおたかの森店、梅田本店、グランフロント大阪店、川西店、クレド岡山店、広島店、久留米店、熊本光の森店、アミュプラザおおいた店
お取り寄せは上記店舗だけでなく、全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
令和二年三月末より電子書籍もKindle、楽天Koboより販売を開始しました。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント