西尾幹二氏の『GHQ焚書図書開封』講義動画(無料)リスト

GHQ焚書
スポンサーリンク

西尾幹二氏『GHQ焚書図書開封』シリーズ

 第二次大戦のあとGHQ(連合国軍総司令部)が日本に進駐してきて、市場に流通していた多くの書物やパンフレットなど7千数百点を没収・廃棄して、戦後の日本人に読めなくさせたことが知られるようになったことは西尾幹二氏の貢献が非常に大きい。氏の『GHQ焚書図書開封』シリーズは2008年から8年間にわたり12巻が徳間書店から刊行され、私自身この本を実際に読むまでは、戦争を讃美したり、戦意を高揚させる本の多くが焚書されたイメージでいたのだが、実際に読んでみて、戦勝国にとって都合の悪い真実を記した書物が大量に、GHQによって没収されたことがわかってきた。
 焚書された本を調べてみると、外国人の著作も少なくなく、数字だけの統計資料なども廃棄されている。もしこのような事実の多くが日本人に広く知られていたならばどうなっていたかを考えることによって、彼らが多くの書物を焚書にした意図がなんとなく見えてくる。「日本だけが悪かった」という自虐史観が、戦後のわが国でここまで定着したのは、GHQが膨大な書物を戦後の日本人に読めなくさせたことと無関係ではないだろう。

 西尾氏は『GHQ焚書図書開封』の第一巻のあとがきで、こう述べておられる。

 第二次世界大戦の前と後では世界史的に決定的に重要な違いが二つ生じました。大量破壊兵器の出現とアウシュヴィッツの衝撃です。西洋文明に内在した悲劇が表に出たのです。アジアの歴史は受動的で、無関係でした。とりわけ後者、ホロコーストはキリスト教白人文明の宗教史的文脈と深くかかわっています。アジア人から見ると、ナチス・ドイツだけではなく、アングロサクソンこそが歴史的に見れば民族浄化、少数民族絶滅のホロコーストの主犯格であるように思えてなりません。日本が鎖国をしていた時代にオーストラリアや北米大陸で行われて来た犯罪、欧米の白人文明が地球に刻んだ血の歴史は、明治以降世界史に登場した日本に目に見えない圧力を及ぼしてきました。戦前までの日本人は肌でその風圧を感じていました。それが焚書図書の中にはっきりと読み取れます

 いま私たちの時代において、大量破壊兵器を所有する第二次大戦の戦勝国は、困ったことに平和を操作しています。平和を失うことを恐れる中小の国々に、平和の名において戦争を仕掛けているのと同じです。

 アウシュヴィッツ発覚の後に、人種問題はあたかも存在しないかのごとき偽善が国際政治を支配しています。すなわち超大国はセルビア、ルワンダ、シェラレオネ、カンボジア、東ティモール、イラク、北朝鮮といった小国が次々と犯した「人道への道」を非難し、裁きたてますが、旧ソ連や中国の犯したホロコーストには目をつぶります。アメリカはベトナムとイラクで犯した罪を、アフガニスタンとチェチェンでロシアが、チベットとウィグルで中国が犯している罪と秤に掛け、互いに相殺し、帳消しにし合おうとさえしています

(西尾幹二著『GHQ焚書図書開封』徳間書店 平成二十年刊 p.333~334)

 この「あとがき」は今から十三年も前に記されたものだが、某国では少数民族を奴隷労働させることにより稼いだ富で軍事力を強化させて、アメリカですらこれ以上看過できない段階に突入しつつある。この国の暴走を止めないと、アメリカも手が出せないようになり、いずれわが国が危なくなる日が来るだろう。台湾より先に、わが国の自衛隊基地や在日米軍基地が先制攻撃されたら、わが国はどうやって国民の生命と財産を守る事が出来ようか。
 そろそろ、自分の国を自分で守れるようにしなければならないのだが、そのためにはいくつかのハードルを越えなければならない。特に、マスコミや教育機関などが垂れ流してきたプロパガンダに騙されないように知的武装する必要があると思うのだが、その為に一番効果的なのが、GHQ焚書など戦前・戦中の書物をできるだけ多くの人が読んで、先人の知見に触れることではないかと考えている。

 西尾氏は前掲書のあとがきに、さらにこう書いておられる。

 歴史の発見は現代への疑問から始まります。現代に疑問を持つ人は、GHQに消されていた歴史をこのままにしておいてはいけないと、きっと強く感じるようになるでしょう。…
 GHQ焚書図書の「開封」を「研究」まで発展させて下さるのは次の世代の方です。私は日本の若い知性を信じています
 将来何が実現されるとしても、そのためにはテキストの不自由が克服されねばなりません。国立図書館以外に、大量の焚書が集められ、個人のパソコンから自由に検索できるインターネット図書館のようなものが、純粋な情熱を持った、私心を離れた人の力で創設される日の到来を待っています。何ができるにせよ、時間のかかることで、もう私の使用には多分間に合わないでしょう。
 さらにまた、アメリカの議会図書館に保存されている当該と処分権の返還要求の声も挙げていただきたいと思います。政治家の方に特にこれをお願いしたい。 

(同上書 p.335~336)

 国立国会図書館の図書のデジタル化データがインターネットで公開が始まったのは平成二十三年(2011年)のことで、西尾氏がこの文章を書かれた三年後のことである。西尾氏がGHQ焚書のデジタルデータがネット公開されることを想定しておられたかはよくわからないが、今では、実際には二千百点以上のGHQ焚書がネットで誰でも読めるようになっている。
 その意味では国立国会図書館が「インターネット図書館」化したのだが、どれがGHQ焚書であるかは焚書リストを入手しないとわからないので、たまたまヤフオクで入手したリストを一件一件打ち込んで、このブログで公開することを決意して二年以上の月日が経った。
 このブログの「GHQ焚書」カテゴリーで、七千数百点の焚書リストを五十音別、著者別、テーマ別などで分類したリストを紹介して来たのだが、こういう作業を始めたことによって、おかしなことが行われていることに気が付いた。
 例えば、それまでネットで公開された書籍が、ある日突然にネット公開が停止されることがある。あるいは、同じ著者の作品でデジタル化されているもののうち、何冊かは著作権満了でネット公開されているのに、特定の焚書については未だにネット公開されていないということがよくある。
 国立国会図書館デジタルコレクションのネット公開対象は、「著作権など権利情況に問題がないことが確認できたもの」と明記されていて、著作権の保護は著作者の死後70年と規定されている。したがって本来ならば、同じ著者の作品は著作権保護期間満了後は一斉に公開されて然るべきだと思うのだが、公開されているのが一部のみというケースがよくあるのだ。
 その理由は文部科学省の担当がサボっているのか、内容を確認したうえで意図的に公開を控えているのか、ほかの理由によるものなのかは不明なのだが、国会図書館の公開基準を無視して、未だに内容の公開を封じようとしている勢力が存在していると疑われても仕方がないだろう。数年前に著作権の保護期間が50年から70年に延長された理由も、そのような勢力がかかわっていたのではないだろうか。もし延長されていなければ、もっと多くのGHQ焚書が続々とネット公開されていったはずなのだが、残念なことである。

西尾氏の講義動画が無料公開されている

 徳間書店の『GHQ焚書図書開封』シリーズは、西尾幹二氏がチャンネル桜で201回にわたる講義(1話約1時間)を進められながら刊行されていったのだが、講義の動画については大半がネットで無料公開されている。Youtubeは一部しか検索で引っかからないのだが、ニコニコ動画で200回分の動画が無料視聴が可能となっているのはありがたいことである。

 Youtubeもニコニコ動画も同じだが、動画のタイトルが「GHQ焚書図書開封 第〇△回」と講義の回数が書かれているだけであり、タイトルだけではどのようなテーマに関する書物の解説なのかがさっぱりわからない。そこで、関心をお持ちの読者が関心のあるテーマの講義を簡単に視聴できるよう、それぞれの講義の動画URLと、動画の内容と、紹介されている書物のリストを作成してみた。

 ニコニコ動画の無料視聴は1.25倍速での視聴が可能だと言っても結構時間がかかるが、西尾氏が選んだ戦前・戦中の名著の解説は、戦後の日本人に知らされてこなかった話が満載である。

二百回の講義動画のURLとテーマと紹介書籍

動画表題動画URL内容と紹介図書等
GHQ焚書図書開封 第001回https://www.nicovideo.jp/watch/so16725354占領直後の日本人の平静さの底にあった不服従に彼らは
恐怖を感じていた 『米英挑戦の真相』
GHQ焚書図書開封 第002回https://www.nicovideo.jp/watch/so16786725一兵士の体験した南京陥落
谷口勝『征野千里』
GHQ焚書図書開封 第003回https://www.nicovideo.jp/watch/so16841532太平洋大海戦は当時としては無謀ではなかった 
『三国同盟と日米戦』、『極東危機の性格』
GHQ焚書図書開封 第004回https://www.nicovideo.jp/watch/so16909217正面の敵はイギリスだった
武藤貞一『英国を撃つ』、金子義人『印度史の分析』
ヨーロッパ問題研究所編『英国の世界統治策』
GHQ焚書図書開封 第005回https://www.nicovideo.jp/watch/so16975723太平洋上でのフランスの暴虐
ヘーネル『仏蘭西植民地』
GHQ焚書図書開封 第006回https://www.nicovideo.jp/watch/so17043368オーストラリアは何故元気がない国家なのか
宮田峯一『濠洲連邦』
GHQ焚書図書開封 第007回https://www.nicovideo.jp/watch/so17106818オーストラリアのホロコースト
宮田峯一『濠洲連邦』、泉信介『濠洲史』
GHQ焚書図書開封 第008回https://www.nicovideo.jp/watch/so17172876南太平洋の陣取り合戦
山田文雄『大東亜戦争と南方圏』、泉信介『濠洲史』
GHQ焚書図書開封 第009回https://www.nicovideo.jp/watch/so17244888シンガポール陥落までの戦場風景
『米英の東亜制覇政策』『星港攻略記』
GHQ焚書図書開封 第010回https://www.nicovideo.jp/watch/so17315658人権国家フランスの無慈悲なる人権侵害
ヴィオリス『牢獄の人々 印度支那の現実』
GHQ焚書図書開封 第011回https://www.nicovideo.jp/watch/so17372265アメリカ人が語った真珠湾空襲の朝
デレーク・クラーク『真珠湾』
GHQ焚書図書開封 第012回https://www.nicovideo.jp/watch/so17452839オランダのインドネシア侵略史1
大江満雄『蘭印・仏印史』
GHQ焚書図書開封 第013回不明不明
GHQ焚書図書開封 第014回https://www.nicovideo.jp/watch/so17579553日本軍仏印進駐の実際の情景
大屋久寿雄『仏印進駐記』
GHQ焚書図書開封 第015回https://www.nicovideo.jp/watch/so17642614日本軍仏印進駐下の狡猾惰弱なフランス人
大屋久寿雄『仏印進駐記』
GHQ焚書図書開封 第016回https://www.nicovideo.jp/watch/so17707438『米本土空襲』という本
野依秀市『米本土空襲』
GHQ焚書図書開封 第017回https://www.nicovideo.jp/watch/so17775827アジア侵略の一全体像 前編
桑原三郎『アジア侵略秘史』
GHQ焚書図書開封 第018回https://www.nicovideo.jp/watch/so17836949アジア侵略の一全体像 後編
桑原三郎『アジア侵略秘史』
GHQ焚書図書開封 第019回https://www.nicovideo.jp/watch/so17898809仲小路彰の『太平洋戦史』
GHQ焚書図書開封 第020回https://www.nicovideo.jp/watch/so17959524従軍作家が見たフィリピン戦場最前線
『陸軍報道班員手記 バタアン・コレヒドール攻略戦』
GHQ焚書図書開封 第021回https://www.nicovideo.jp/watch/so18021609「バターン死の行進」直前の状況証言
『陸軍報道班員手記 バタアン・コレヒドール攻略戦』
GHQ焚書図書開封 第022回https://www.nicovideo.jp/watch/so18091690大川周明『米英東亜侵略史』を読む
ロンドン軍縮協定と日本の曲がり角
GHQ焚書図書開封 第023回https://www.nicovideo.jp/watch/so18144450「GHQ焚書図書開封」の刊行と新事実の発見
西尾幹二『GHQ焚書図書開封 1』
GHQ焚書図書開封 第024回https://www.nicovideo.jp/watch/so18203789日本文明と「国体」 皇室と日本精神
大日本国体宣揚会 編『国体の明徴と政治及び教育』
GHQ焚書図書開封 第025回https://www.nicovideo.jp/watch/so18320257戦場が日常であったあの時代
松村益二『一等兵戦死』
GHQ焚書図書開封 第026回https://www.nicovideo.jp/watch/so18439396戦場の生死と「銃後」の心
松村益二『一等兵戦死』
GHQ焚書図書開封 第027回https://www.nicovideo.jp/watch/so18559399空の少年兵と母
倉町秋次 『空の少年兵戦記』
GHQ焚書図書開封 第028回https://www.nicovideo.jp/watch/so18681665開戦直後に真珠湾のそばをすり抜け帰国した日本商船
四至本八郎『太平洋脱出記』
GHQ焚書図書開封 第029回https://www.nicovideo.jp/watch/so18804075中国兵が語った中国戦線
陳登元『敗走千里』
GHQ焚書図書開封 第030回https://www.nicovideo.jp/watch/so18921177匪賊になって生き延びた中国逃亡兵
陳登元『敗走千里』
GHQ焚書図書開封 第031回https://www.nicovideo.jp/watch/so19033656忘れられている日本軍部隊の「人情」
棟田博『分隊長の手記』
GHQ焚書図書開封 第032回https://www.nicovideo.jp/watch/so19138595消された名著菊池寛『大衆明治史』1
菊池寛『大衆明治史』
GHQ焚書図書開封 第033回https://www.nicovideo.jp/watch/so19245242消された名著菊池寛『大衆明治史』2
菊池寛『大衆明治史』
GHQ焚書図書開封 第034回https://www.nicovideo.jp/watch/so19346453「国体の本義」の光と影
文部省『国体の本義』
GHQ焚書図書開封 第035回https://www.nicovideo.jp/watch/so19451248歴史に顕れる国体
文部省 『国体の本義』
GHQ焚書図書開封 第036回https://www.nicovideo.jp/watch/so19561391山田孝雄 国体の本義について
山田孝雄『国体の本義』
GHQ焚書図書開封 第037回https://www.nicovideo.jp/watch/so19669335山田孝雄 国体の本義から学ぶもの
山田孝雄『国体の本義』
GHQ焚書図書開封 第038回https://www.nicovideo.jp/watch/so20075000山田孝雄 国体の本義を通して見る日本
山田孝雄『国体の本義』
GHQ焚書図書開封 第039回https://www.nicovideo.jp/watch/so20197897許し難い心の弱さ
『氷雪の門』
GHQ焚書図書開封 第040回https://www.nicovideo.jp/watch/so20320884国家主義者田中智学の空想的一面
明治会編 「日本国体新講座」 
GHQ焚書図書開封 第041回https://www.nicovideo.jp/watch/so20440050白鳥庫吉『国体真義』を読む
白鳥庫吉『国体真義』
GHQ焚書図書開封 第042回https://www.nicovideo.jp/watch/so20571240この父母にしてこの子あり 日本の躾
武田勘治 『日本の躾』
GHQ焚書図書開封 第043回https://www.nicovideo.jp/watch/so20927764「国体」論は小説になりうるか
杉本中佐遺書『大義』
GHQ焚書図書開封 第044回https://www.nicovideo.jp/watch/so21037292国体の認識と人間の生き方は別
杉本中佐遺書『大義』、山岡荘八『軍神杉本中佐』
GHQ焚書図書開封 第045回https://www.nicovideo.jp/watch/so21145934小説『軍神杉本中佐』
山岡荘八『軍神杉本中佐』
GHQ焚書図書開封 第046回https://www.nicovideo.jp/watch/so21263941城山三郎が夕暮れのキャンパスで国体をみた
城山三郎『大義の末』、杉本中佐遺書『大義』
GHQ焚書図書開封 第047回https://www.nicovideo.jp/watch/so21368656開戦前の日本の言い分 1
斎藤忠『英米包囲陣と日本の進路』
GHQ焚書図書開封 第048回https://www.nicovideo.jp/watch/so21474824開戦前の日本の言い分 2
斎藤忠『英米包囲陣と日本の進路』
GHQ焚書図書開封 第049回https://www.nicovideo.jp/watch/so21803563日本史を特色づける「急変」「漸変」
「不変」の相 牧健二『日本国体の理論』
GHQ焚書図書開封 第050回https://www.nicovideo.jp/watch/so21900441日本家族国家論 
牧健二『日本国体の理論』
GHQ焚書図書開封 第051回https://www.nicovideo.jp/watch/so22004610世界史的立場と日本
高坂正顕他『世界史的立場と日本』
GHQ焚書図書開封 第052回https://www.nicovideo.jp/watch/so22097209総力戦の哲学
高坂正顕他『世界史的立場と日本』
GHQ焚書図書開封 第053回https://www.nicovideo.jp/watch/so22193081仲小路彰『太平洋侵略史』を読む1
GHQ焚書図書開封 第054回https://www.nicovideo.jp/watch/so22287605仲小路彰『太平洋侵略史』を読む2
GHQ焚書図書開封 第055回https://www.nicovideo.jp/watch/so22380924仲小路彰『太平洋侵略史』を読む3
GHQ焚書図書開封 第056回https://www.nicovideo.jp/watch/so22472620仲小路彰『太平洋侵略史』を読む4
GHQ焚書図書開封 第057回https://www.nicovideo.jp/watch/so22922410戦争という運命を引き受けた知識人の悲劇1
仲小路彰『太平洋侵略史』復刻
GHQ焚書図書開封 第058回https://www.nicovideo.jp/watch/so23018229戦争という運命を引き受けた知識人の悲劇2
仲小路彰の歴史洞察
GHQ焚書図書開封 第059回https://www.nicovideo.jp/watch/so23121166アメリカ外交の自己欺瞞  『GHQ焚書図書開封4』、
『アメリカの実力』『米国の世界侵略』
GHQ焚書図書開封 第060回https://www.nicovideo.jp/watch/so23230909黒人私刑の時代とアメリカ政治の闇
棟尾松治『アメリカの実力』、『米国の世界侵略』
GHQ焚書図書開封 第061回https://www.nicovideo.jp/watch/so23335341アメリカの野望は国民にどう説明されていたか
『日米戦うべきか』
GHQ焚書図書開封 第062回https://www.nicovideo.jp/watch/so23436949戦争の原因は対支経済的野望だった
『日米戦うべきか』
GHQ焚書図書開封 第063回https://www.nicovideo.jp/watch/so23548880アメリカの仮想敵国はドイツではなく日本だった 
『日米戦うべきか』
GHQ焚書図書開封 第064回https://www.nicovideo.jp/watch/so23648764日本は自己の国際的評判を冷静に知っていた
『日米戦うべきか』
GHQ焚書図書開封 第065回https://www.nicovideo.jp/watch/so23749818長与善郎『少年満州読本』その1
GHQ焚書図書開封 第066回https://www.nicovideo.jp/watch/so23856344長与善郎『少年満州読本』その2
GHQ焚書図書開封 第067回https://www.nicovideo.jp/watch/so23961562長与善郎『少年満州読本』その3
GHQ焚書図書開封 第068回https://www.nicovideo.jp/watch/so24063484米国のハワイ侵略 第1幕
吉森実行『ハワイを繞る日米関係史』
GHQ焚書図書開封 第069回https://www.nicovideo.jp/watch/so24385456立ち尽くす日本、踏みにじる米国
吉森実行『ハワイを繞る日米関係史』
GHQ焚書図書開封 第070回https://www.nicovideo.jp/watch/so24490001ハワイ併合に対する日本の抗議
吉森実行『ハワイを繞る日米関係史』
GHQ焚書図書開封 第071回https://www.nicovideo.jp/watch/so24592368アメリカのハワイ・フィリピン侵略と満州への野望 
吉森実行『ハワイを繞る日米関係史』
GHQ焚書図書開封 第072回https://www.nicovideo.jp/watch/so24691076仲小路彰の戦争への哲学
『太平洋侵略史』
GHQ焚書図書開封 第073回https://www.nicovideo.jp/watch/so23436949支那と排日の八つの原因
長野朗『日本と支那の諸問題』
GHQ焚書図書開封 第074回https://www.nicovideo.jp/watch/so24896775排日の担い手は英米系キリスト教界から
ロシア共産主義へ 長野朗『日本と支那の諸問題』
GHQ焚書図書開封 第075回https://www.nicovideo.jp/watch/so24990334支那の国民性と黄河決壊事件
長野朗『支那の真相』、『満州事変の経過』、仲小路彰『世界戦争論』
GHQ焚書図書開封 第076回https://www.nicovideo.jp/watch/so25092566現実家 長野朗が見た理想郷・満州の矛盾
長野朗『満州事変の経過』『支那の真相』
GHQ焚書図書開封 第077回https://www.nicovideo.jp/watch/so25191120戦争名画をめぐるドラマ
藤田嗣治『絵巻アッツ島血戦』、栗原信『六人の報道小隊』、向井潤吉『比島従軍記 南十字星下』
GHQ焚書図書開封 第078回https://www.nicovideo.jp/watch/so25344326歴史を動かしたのは「民族」ではないか
長野朗 『民族戦』
GHQ焚書図書開封 第079回https://www.nicovideo.jp/watch/so25442729支那軍閥の徴税・徴兵・略奪
長野朗『支那三十年』
GHQ焚書図書開封 第080回https://www.nicovideo.jp/watch/so25547661支那政治の裏を描く本当の歴史
長野朗『支那三十年』
GHQ焚書図書開封 第081回https://www.nicovideo.jp/watch/so25657223移住と同化 支那人の侵略の仕方
長野朗 『民族戦』
GHQ焚書図書開封 第082回https://www.nicovideo.jp/watch/so25762225満州事変前の漢民族の満州侵略
長野朗 『民族戦』
GHQ焚書図書開封 第083回https://www.nicovideo.jp/watch/so25864100いかに満州人は消去され蒙古人は放逐され
朝鮮人は搾取されたか 長野朗『民族戦』
GHQ焚書図書開封 第084回https://www.nicovideo.jp/watch/so25980892支那事変 漢民族が仕掛けて来た民族戦争
長野朗 『民族戦』
GHQ焚書図書開封 第085回https://www.nicovideo.jp/watch/so26083338大正年間の支那 民衆の生活様々
長野朗 『支那三十年』
GHQ焚書図書開封 第086回https://www.nicovideo.jp/watch/so26192354今の反日の原点 蒋時代の排日
長野朗 『支那三十年』
GHQ焚書図書開封 第087回https://www.nicovideo.jp/watch/so26403436大川周明 大東亜秩序の歴史的根拠1
大川周明『大東亜秩序建設』
GHQ焚書図書開封 第088回https://www.nicovideo.jp/watch/so26506212大川周明 大東亜秩序の歴史的根拠2
GHQ焚書図書開封 第089回https://www.nicovideo.jp/watch/so26609456大川周明の示す大東亜圏の範囲
大川周明『大東亜秩序の建設』
GHQ焚書図書開封 第090回https://www.nicovideo.jp/watch/so26913027大川周明の「東洋」の概念に疑義あり
大川周明『大東亜秩序の建設』
GHQ焚書図書開封 第091回https://www.nicovideo.jp/watch/so16367159太平洋の覇権と米西戦争
ウエルネル・A・ローエ『ドイツはアジアをかく見る』
GHQ焚書図書開封 第092回https://www.nicovideo.jp/watch/so16481471アメリカの脱領土的システム支配
西尾幹二『GHQ焚書図書開封5』『同 6』
GHQ焚書図書開封 第093回https://www.nicovideo.jp/watch/so27313741あるドイツ人の見た支那事変
ウエルネル・A・ローエ『ドイツはアジアをかく見る』
GHQ焚書図書開封 第094回https://www.nicovideo.jp/watch/so27416908日本の不運 持てる国英米と弱い国支那
ウエルネル・A・ローエ『ドイツはアジアをかく見る』
GHQ焚書図書開封 第095回https://www.nicovideo.jp/watch/so27514998支那の国民性あれこれ1 
長野朗 『満州の過去と将来』『支那の真相』
GHQ焚書図書開封 第096回https://www.nicovideo.jp/watch/so27613695支那の国民性あれこれ2 長野朗
『支那の真相』
GHQ焚書図書開封 第097回https://www.nicovideo.jp/watch/so27711754亜細亜解放の象徴 ビルマの独立戦争
溝口郁夫対談
GHQ焚書図書開封 第098回https://www.nicovideo.jp/watch/so27799959日米戦争は宗教戦争だった
溝口郁夫対談
GHQ焚書図書開封 第099回https://www.nicovideo.jp/watch/so27951725ドイツ人が見ていた太平洋の「戦争か平和か」1
ウエルネル・A・ローエ『ドイツはアジアをかく見る』
GHQ焚書図書開封 第100回https://www.nicovideo.jp/watch/so28039736ドイツ人が見ていた太平洋の「戦争か平和か」2
ウエルネル・A・ローエ『ドイツはアジアをかく見る』
GHQ焚書図書開封 第101回https://www.nicovideo.jp/watch/so28132720『大東亜調査会』叢書1
『米英の東亜制覇政策』
GHQ焚書図書開封 第102回https://www.nicovideo.jp/watch/so28239136『大東亜調査会』叢書2
『米英の東亜制覇政策』
GHQ焚書図書開封 第103回https://www.nicovideo.jp/watch/so28331195『大東亜調査会』叢書3
『米英の東亜制覇政策』
GHQ焚書図書開封 第104回https://www.nicovideo.jp/watch/so28427632『大東亜調査会』叢書4
『米英の東亜制覇政策』
GHQ焚書図書開封 第105回https://www.nicovideo.jp/watch/so28530295『大東亜調査会』叢書5
『米英の東亜制覇政策』
GHQ焚書図書開封 第106回https://www.nicovideo.jp/watch/so28629183『大東亜調査会』叢書6
『米英の東亜制覇政策』
GHQ焚書図書開封 第107回https://www.nicovideo.jp/watch/so18500522夏の特別講話
プロ野球・いじめ・米軍トモダチ作戦
GHQ焚書図書開封 第108回https://www.nicovideo.jp/watch/so28721050『大東亜調査会』叢書7
『米英の東亜制覇政策』
GHQ焚書図書開封 第109回https://www.nicovideo.jp/watch/so28916067『大東亜調査会』叢書8
『米英の東亜制覇政策』
GHQ焚書図書開封 第110回https://www.nicovideo.jp/watch/so29007914『大東亜調査会』叢書9
『米英の東亜制覇政策』
GHQ焚書図書開封 第111回https://www.nicovideo.jp/watch/so29191523『大東亜調査会』叢書10
『米英の東亜制覇政策』
GHQ焚書図書開封 第112回https://www.nicovideo.jp/watch/so29283996満州事変とは何か
『大東亜戦争調査会』叢書11『米英の東亜攪乱』
GHQ焚書図書開封 第113回https://www.nicovideo.jp/watch/so29372599国際連盟とは何だったのか
『大東亜戦争調査会』叢書12『米英の東亜攪乱』
GHQ焚書図書開封 第114回https://www.nicovideo.jp/watch/so29463780アメリカと満州
『米英の東亜制覇政策』
GHQ焚書図書開封 第115回https://www.nicovideo.jp/watch/so29558961ロシアと満州
長野朗『満州の過去と将来』
GHQ焚書図書開封 第116回https://www.nicovideo.jp/watch/so29646152松岡洋右の大演説の役割
『大東亜戦争調査会』叢書13『米英の東亜攪乱』
GHQ焚書図書開封 第117回https://www.nicovideo.jp/watch/so29733390支那事変と英ソの暗躍
『大東亜戦争調査会』叢書14『米英の東亜攪乱』
GHQ焚書図書開封 第118回https://www.nicovideo.jp/watch/so19840547加藤陽子 半藤一利 北岡伸一 徹底批判1
GHQ焚書図書開封 第119回https://www.nicovideo.jp/watch/so19953932加藤陽子 半藤一利 北岡伸一 徹底批判2
GHQ焚書図書開封 第120回https://www.nicovideo.jp/watch/so29821338アメリカの対日経済圧迫
『大東亜戦争調査会』叢書⒖『米英挑戦の真相』
GHQ焚書図書開封 第121回https://www.nicovideo.jp/watch/so29909938アメリカの対日石油圧迫の赤裸々な歴史
「大東亜戦争調査会」叢書16『米英挑戦の真相』
GHQ焚書図書開封 第122回https://www.nicovideo.jp/watch/so30009932開戦の根本原因は、アメリカの経済封鎖以外にない
「大東亜戦争調査会」叢書17
GHQ焚書図書開封 第123回https://www.nicovideo.jp/watch/so30181597経済制裁から資産封鎖へ
『大東亜戦争調査会』叢書18『米英挑戦の真相』
GHQ焚書図書開封 第124回https://www.nicovideo.jp/watch/so30267761国際連盟の名を借りた英米の世界制覇
「大東亜戦争調査会」叢書19『米英挑戦の真相』
GHQ焚書図書開封 第125回https://www.nicovideo.jp/watch/so20678785戦中の日本人は戦後のアメリカの世界政策を
知り尽くしていた  『米国の世界侵略』
GHQ焚書図書開封 第126回https://www.nicovideo.jp/watch/so20806209地表の1/3を占めていた覇権国家英米への
日本の正当なる反逆  『米国の世界侵略』
GHQ焚書図書開封 第127回https://www.nicovideo.jp/watch/so30455218西洋人のアジア劫略の概要
高橋勇『亜細亜侵略史』
GHQ焚書図書開封 第128回https://www.nicovideo.jp/watch/so30546072イギリスのインド劫略の原点
プラッシーの戦い 高橋勇『亜細亜侵略史』
GHQ焚書図書開封 第129回https://www.nicovideo.jp/watch/so30639988200年に及ぶイギリスの介入による支那の崩壊
高橋勇『亜細亜侵略史』
GHQ焚書図書開封 第130回https://www.nicovideo.jp/watch/so30734685阿片戦争の真相
高橋勇『亜細亜侵略史』
GHQ焚書図書開封 第131回https://www.nicovideo.jp/watch/so30827425阿片戦争の後始末にあえぐ無残なる老廃国
高橋勇『亜細亜侵略史』
GHQ焚書図書開封 第132回https://www.nicovideo.jp/watch/so30919264瞞し打ちで支那の骨肉を切る冷酷無比な大英帝国
高橋勇『亜細亜侵略史』
GHQ焚書図書開封 第133回https://www.nicovideo.jp/watch/so21587753真夏の夜の自由談話「安倍政権の課題」
GHQ焚書図書開封 第134回https://www.nicovideo.jp/watch/so21691138真夏の夜の自由談話
「歴史と政治を峻別せよ」
GHQ焚書図書開封 第135回https://www.nicovideo.jp/watch/so31098267イワン雷帝のシベリア侵略
小玉与一『ソ連・英・米・仏侵略の跡を顧みて』
GHQ焚書図書開封 第136回https://www.nicovideo.jp/watch/so31187809ユーラシアを二分した英露のグレートゲーム
小玉与一『ソ連・英・米・仏侵略の跡を顧みて』
GHQ焚書図書開封 第137回https://www.nicovideo.jp/watch/so31270674少年・水戸光圀の決意
高須芳次郎『日本近世転換期の偉人』
GHQ焚書図書開封 第138回https://www.nicovideo.jp/watch/so31353584『大日本史』編纂のはじまり
高須芳次郎『日本近世転換期の偉人』
GHQ焚書図書開封 第139回https://www.nicovideo.jp/watch/so31432929光圀『大日本史』のモチーフ
深作安文『水戸学要義』
GHQ焚書図書開封 第140回https://www.nicovideo.jp/watch/so31514917前期水戸学の主張
深作安文『水戸学要義』
GHQ焚書図書開封 第141回https://www.nicovideo.jp/watch/so31596719幕府大老に堂々と忠告した18歳の藤田幽谷
『藤田幽谷の人物と思想』『水戸学講話』『水戸学要義』
GHQ焚書図書開封 第142回https://www.nicovideo.jp/watch/so31676318支那の道徳史観から脱却した
皇道史観の近代性
深作安文『水戸学要義』
GHQ焚書図書開封 第143回https://www.nicovideo.jp/watch/so22620682西尾幹二全集刊行記念講演会1
大東亜戦争の文明論的意義を考える
GHQ焚書図書開封 第144回https://www.nicovideo.jp/watch/so22721722西尾幹二全集刊行記念講演会2
大東亜戦争の文明論的意義を考える
GHQ焚書図書開封 第145回https://www.nicovideo.jp/watch/so22819810西尾幹二全集刊行記念講演会3
大東亜戦争の文明論的意義を考える
GHQ焚書図書開封 第146回https://www.nicovideo.jp/watch/so31835268水戸学中興の祖藤田幽谷の一とその意義
大野慎『藤田東湖の生涯と思想』
GHQ焚書図書開封 第147回https://www.nicovideo.jp/watch/so31916784厳正なる父に鍛えられた藤田東湖の三度死を決する人生
大野慎『藤田東湖の生涯と思想』
GHQ焚書図書開封 第148回https://www.nicovideo.jp/watch/so32001725後期水戸学 『新論』の原文を読む魅力
高須芳次郎『会沢正志斎集』
GHQ焚書図書開封 第149回https://www.nicovideo.jp/watch/so32079886後期水戸学 『新論』と現代グローバリズム
高須芳次郎『会沢正志斎集』
GHQ焚書図書開封 第150回https://www.nicovideo.jp/watch/so32155695『弘道館記』『弘道館記述義』瞥見
GHQ焚書図書開封 第151回https://www.nicovideo.jp/watch/so32235326意気天を衝き、人を圧する藤田東湖の風情
GHQ焚書図書開封 第152回https://www.nicovideo.jp/watch/so323058221919年のインド、アムトリサルの虐殺
中村屋のボース『インドの叫び』より
GHQ焚書図書開封 第153回https://www.nicovideo.jp/watch/so32384274イギリスのインド統治史は約束破棄と不信の歴史
ボース・ラスビハリ『インドの叫び』
GHQ焚書図書開封 第154回https://www.nicovideo.jp/watch/so32448818支配者イギリス人の奸智・冷血・策謀・民心操縦
エ・エム・サハイ『英帝国敗るるの日』
GHQ焚書図書開封 第155回https://www.nicovideo.jp/watch/so32596800インド人の描いた新鮮な日英関係史
エ・エム・サハイ『英帝国敗るるの日』
GHQ焚書図書開封 第156回https://www.nicovideo.jp/watch/so32666191ポルトガルの「海の鎖」と大英帝国をつくった海賊の話
小牧実繁・室賀信夫『大南方地勢論』
GHQ焚書図書開封 第157回https://www.nicovideo.jp/watch/so32736418シンガポールに着眼したイギリスの地勢学的先見の明
小牧実繁・室賀信夫『大南方地勢論』
GHQ焚書図書開封 第158回https://www.nicovideo.jp/watch/so24171805真夏の夜の歴史放談 その1
GHQ焚書図書開封 第159回https://www.nicovideo.jp/watch/so24280609真夏の夜の歴史放談 その2
GHQ焚書図書開封 第160回https://www.nicovideo.jp/watch/so32808114蘭領東インドの地理と東インド会社
石沢豊『蘭印現状読本』
GHQ焚書図書開封 第161回https://www.nicovideo.jp/watch/so32882321アンボイナ事件とオランダ東インド会社
大江満雄『蘭印・仏印史』
GHQ焚書図書開封 第162回https://www.nicovideo.jp/watch/so32957676「鉄砲伝来」から現代を考える
大江満雄『蘭印・仏印史』
GHQ焚書図書開封 第163回https://www.nicovideo.jp/watch/so33034506太平洋に嵐を呼ぶ日本人とオランダ人
大江満雄『蘭印・仏印史』
GHQ焚書図書開封 第164回https://www.nicovideo.jp/watch/so33105614「閉ざされた西洋」を知る
柴田賢一『米英のアジア太平洋侵略史年表』
GHQ焚書図書開封 第165回https://www.nicovideo.jp/watch/so33181615目を凝らして見よ、『近代の闇』
会沢正志斎『新論』
GHQ焚書図書開封 第166回https://www.nicovideo.jp/watch/so33251651強制栽培制度を正確に批判した関嘉彦先生
『GHQ焚書開封 2』
GHQ焚書図書開封 第167回https://www.nicovideo.jp/watch/so33322960ボルネオ・ブルネイ・スマトラ・パプアニューギニア
柴田賢一『白人の南洋侵略史』
GHQ焚書図書開封 第168回https://www.nicovideo.jp/watch/so33393179オランダを封じ込めたイギリスの深謀遠慮
大江満雄『蘭印・仏印史』
GHQ焚書図書開封 第169回https://www.nicovideo.jp/watch/so33467749植民地フィリピン成立史 1
柴田賢一『白人の南洋侵略史』
GHQ焚書図書開封 第170回https://www.nicovideo.jp/watch/so33545231フィリピン独立の夢を奪ったアメリカ帝国主義 序幕
佐藤秀男『フィリッピンの研究』
GHQ焚書図書開封 第171回https://www.nicovideo.jp/watch/so33617975南北戦争で自信を得たアメリカの極東進出
佐藤秀男『フィリッピンの研究』
GHQ焚書図書開封 第172回https://www.nicovideo.jp/watch/so33692007和辻哲郎『日本の臣道』1
GHQ焚書図書開封 第173回https://www.nicovideo.jp/watch/so33767500和辻哲郎『日本の臣道』2
GHQ焚書図書開封 第174回https://www.nicovideo.jp/watch/so33843228和辻哲郎「アメリカの国民性」1
和辻哲郎『日本の臣道』
GHQ焚書図書開封 第175回https://www.nicovideo.jp/watch/so33995815和辻哲郎「アメリカの国民性」2
和辻哲郎『日本の臣道』
GHQ焚書図書開封 第176回https://www.nicovideo.jp/watch/so34067751和辻哲郎「アメリカの国民性」3
和辻哲郎『日本の臣道』
GHQ焚書図書開封 第177回https://www.nicovideo.jp/watch/so26199484「GHQ日本人洗脳工作の原文発掘」
関野通夫氏と語る 1
GHQ焚書図書開封 第178回https://www.nicovideo.jp/watch/so26297448「GHQ日本人洗脳工作の原文発掘」
関野通夫氏と語る 2
GHQ焚書図書開封 第179回https://www.nicovideo.jp/watch/so34137580動静一如 山中峯太郎『日本的人間』
GHQ焚書図書開封 第180回https://www.nicovideo.jp/watch/so34204358孝の呼吸 山中峯太郎『日本的人間』
GHQ焚書図書開封 第181回https://www.nicovideo.jp/watch/so34273134破戒 山中峯太郎『日本的人間』
GHQ焚書図書開封 第182回https://www.nicovideo.jp/watch/so26710009真夏の夜の自由談話 Ⅰ
ユネスコ歴史遺産登録問題
GHQ焚書図書開封 第183回https://www.nicovideo.jp/watch/so26811974真夏の夜の自由談話Ⅱ
閉ざされた韓国文化と日本
GHQ焚書図書開封 第184回https://www.nicovideo.jp/watch/so26960531真夏の夜の自由談話Ⅲ
EUの全体が見えないドイツの暴走
GHQ焚書図書開封 第185回https://www.nicovideo.jp/watch/so27016908真夏の自由談話 Ⅳ
ドイツよ、日本の「戦後処理」を見習え
GHQ焚書図書開封 第186回https://www.nicovideo.jp/watch/so27117942真夏の自由談話 Ⅴ
安倍総理の70年談話について1
GHQ焚書図書開封 第187回https://www.nicovideo.jp/watch/so27214277真夏の自由談話 Ⅴ
安倍総理の70年談話について2
GHQ焚書図書開封 第188回https://www.nicovideo.jp/watch/so34340711真山青果『乃木将軍』
GHQ焚書図書開封 第189回https://www.nicovideo.jp/watch/so34515302真山青果戯曲『乃木将軍』その2
GHQ焚書図書開封 第190回https://www.nicovideo.jp/watch/so34586960全集第12回刊行記念
西尾幹二講演会 1
GHQ焚書図書開封 第191回https://www.nicovideo.jp/watch/so34661679全集第12回刊行記念
西尾幹二講演会 2
GHQ焚書図書開封 第192回https://www.nicovideo.jp/watch/so34768889乃木将軍と旅順攻略戦
司馬遼太郎を批判する 1
真山青果『乃木将軍』
GHQ焚書図書開封 第193回https://www.nicovideo.jp/watch/so34858816乃木将軍と旅順攻略戦
司馬遼太郎を批判する 2
真山青果『乃木将軍』
GHQ焚書図書開封 第194回https://www.nicovideo.jp/watch/so34944775乃木将軍夫妻の自決
真山青果『乃木将軍』
GHQ焚書図書開封 第195回https://www.nicovideo.jp/watch/so35017515乃木将軍夫妻の自決
司馬遼太郎『殉死』を批判する
GHQ焚書図書開封 第196回https://www.nicovideo.jp/watch/so35125904司馬遼太郎の小ざかしい人間解放
GHQ焚書図書開封 第197回https://www.nicovideo.jp/watch/so35190831兵卒火野葦平の戦場からの切なる訴え
火野葦平『戦友に愬ふ』
GHQ焚書図書開封 第198回https://www.nicovideo.jp/watch/so35252916帰還兵火野葦平が見た前線と平時の裂け目
火野葦平『戦友に愬ふ』
GHQ焚書図書開封 第199回https://www.nicovideo.jp/watch/so35315630モンゴルの地球支配から初期ロシア帝国へ
石原哲二 『ロシアの東進』
GHQ焚書図書開封 第200回https://www.nicovideo.jp/watch/so35380231GHW焚書図書開封最終講義1
GHQ焚書図書開封 第201回https://www.nicovideo.jp/watch/so35442718GHW焚書図書開封最終講義2

 以上、西尾幹二氏が動画で採りあげた書籍のうち、以下の14点は国立国会図書館デジタルコレクションでネット公開されており、ネット環境があればPC等で誰でも無料で読む事が出来る。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館URL出版年
米英挑戦の真相大東亜戦争調査会 編毎日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459212昭和18
米英の東亜制覇政策大東亜戦争調査会 編毎日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459231昭和18
米英東亜侵略史大川周明 著第一書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042284昭和17
大衆明治史. 下巻菊池寛 著汎洋社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041878昭和16
国体の本義文部省 編文部省https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1219377昭和12
国体の本義山田孝雄 著宝文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1228752昭和11
アメリカの実力棟尾松治 著青年書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1062805昭和16
日本近世転換期の偉人高須芳次郎 著欧文社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042964昭和17
水戸学要義深作安文 著目黒書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1048545昭和15
蘭印現状読本石沢豊 著新潮社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044168昭和16
米英の東亜侵略年譜柴田賢一 著都書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276432昭和17
白人の南洋侵略史柴田賢一 著興亜日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463552昭和15
日本の臣道・アメリカの国民性和辻哲郎 著筑摩書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1039409昭和19
乃木将軍真山青果 著万里閣書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1191971昭和4

西尾氏が講義動画で採りあげた名著で復刊されている書籍(電子書籍を含む)

 また、以下の書籍は戦後復刊されており、比較的容易に入手することができる。

西尾幹二氏の『GHQ焚書図書開封』シリーズ 全12巻と参考図書

【参考図書】

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【タグクラウド】

GHQ検閲・GHQ焚書 GHQ焚書・50音別 キリスト教関係史 スポーツ テロ・暗殺 プレス・コード ユダヤ人 一揆・暴動 共産主義 北海道開拓 南朝 反日・排日 地方史 外交史 大東亜戦争 奴隷 対外関係史 廃仏毀釈 情報戦・宣伝戦 支那事変 政治史 日本人町 日露戦争 朝鮮半島 東南アジア 欧米の植民地統治 満州 神仏分離 神仏習合 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 神社仏閣庭園旧跡巡り 神社合祀 紅葉 織田信長 自然災害史 著者別 西尾幹二動画 豊臣秀吉 財政・経済 軍事 領土問題 飢饉・食糧問題

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより購入できます。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史逍遥『しばやんの日々』

コメント