GHQが焚書処分した「近代」「現代」をタイトルに含む本

 最初に昭和十二年に出版された平野零児 著『近代戦の正体』という本の一節を紹介したい。文中の「世界大戦」というのは、今でいう「第一次世界大戦」のことであるが、非常に重要なことが記されている。

 世界大戦は、武力のほかに「見えざる力」思想のプロパガンダ戦があることを教えてくれた。

 大戦の終末とともに、武力戦は一応完了したようであったが、各国とも平時の思想戦の必要を大いに感じて、プロパガンダによって「見えざる力」の戦いをさらに熾烈なものとした。

 物の相牽制し合うときは、その力は弱い。しかし、各国とも旗印こそ違え、飢えたる狼のように、欧米の大戦参加国は、牙を鳴らして、東洋、殊に日本にとびかかったのである。

 日本へ大戦末期から大戦後にリベラリズム、デモクラシー、ソシャリズム、コミュニズム、などの思想がどんどん入ってきて、思想の氾濫時代を来たしたが、これは白人列強が日本の内部衰弱を企てた現れであるといわれている。「見えざる力」を武器として、思想の侵略をはかった戦争であった。

 五・五・三、パリティの海軍軍縮会議、国内に於ける師団の縮減、連盟脱退に対する措置、ソ連の第二次五か年計画と極東軍備の拡充等々、さらにこれを分解すると、

 日本が満州事変後満州独立に力を籍(か)して日満提携するのに対し、日本は連盟規約、不戦条約、九カ国条約その他国際条約の侵犯者であって、武力をもってする侵略者であることを、国際連盟その他によって、世界に宣伝して日本を孤立に陥れようとする一方、日本の商品の正当な販路拡張を、不正なダンピングによる各国の既得権の侵害だと騒ぎ立てて日本商品のボイコットを行い、経済封鎖を行って、産業の発展を阻止しようとし、あるいは海外発展を嫌って移民禁止乃至は制限を加えようとするに至った。日支間の紛争を利用して各国はここに有力な立場をシナに於いて作らんとして、いたずらに支那に白い歯を見せている。このことは支那をしてますます抗日、排日を増長させる素因となっている。

 こうしたことが日支戦争、日米開戦、日ソ開戦の渦中に叩き込まんとする原動力をなすものであって、第三インターナショナル*の策謀とともに、日本は台風の最も甚だしいところにあった。そこに今度の支那事変は起こったともいい得る。幸い日独伊の防共協定が成立した。これによって世界の他の列強は、欧州の二大強国の件勢力によって、自然極東への一斉射撃は、力を分散させねばならなくなったのである。

 思想戦の重要部分を占めるものにスパイがある。スパイ戦の戦時に必要なことは、判りきったことであるが、近代戦が平時も一種の準戦時とするなら、スパイは平和時代が一番活躍するときである。各国のあらゆる事情が手にとるが如く、鏡にかけるように判っていることが、今日の国際情勢では絶対に必要なことであって、大戦後各国はこの方面に全力を注いである。恐るべきスパイ網は世界に蜘蛛の巣のように張られ、見えざるアンテナによって、各国ともそれぞれの国の内情を受信しているのである。…

*第三インターナショナル:1919年レーニンらの指導の下、モスクワに創設された国際共産主義運動の指導組織。コミンテルン。

(平野零児 著『近代戦の正体』六人社 昭和12年刊 p.69~71)
近代戦の正体 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 各国の情報戦の存在を知ることで、わが国が第二次大戦に参戦せざるを得なくなった事情が見えてくるのだが、GHQは近現代の戦争における欧米諸国の情報戦についての記述を、戦後の日本人に読ませないようにした。それはなぜなのか。

 もしこのような叙述を認めれば、戦後の日本人に洗脳しようとした「自虐史観」が成り立たなくなることは、少し考えれば誰でもわかる。各国の情報戦・プロパガンダ戦を見抜いていた戦前の識者の主張を読むことは、新型コロナ禍で大国の情報戦・プロパガンダ戦が熾烈化している今こそ、日本人に必要なことではないだろうか

 GHQが焚書処分した著作リストの内、タイトルに「近代」「現代」を含む書籍は全部で63点で、うち26点が「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている。気になるタイトルや著者の作品があれば覗いていただくとありがたい。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
近代海軍と海戦柴田賢一博文館
近代海戦毎日新聞社 編毎日新聞社
近代科学戦松平道夫 日本公論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1440706昭和15
近代思想の動向と日本憲法森吉義旭青年教育普及会
近代支那財政史柏木象雄教育図書
近代支那社会和田 清 編光風館
近代政治思想と皇道藤沢親雄 青年教育普及会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1228417昭和12
近代戦争論神田孝一 学而書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1464317昭和9
近代戦争と森林淵 通義雄生閣
近代戦と医学竹村文祥山雅房
近代戦と機械化国防長谷川正道 博多成象堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1060046昭和19
近代戦と航空母艦近藤英次郎啓徳社出版部
近代戦と国防技術ハウゼル 編八元社
近代戦と日本刀本阿弥光遜玄光社
近代戦とプロパガンダ小松孝彰 春秋社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1461956昭和12
近代戦の正体平野零児 六人社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1109729昭和12
近代独逸哲学思想の研究.
 第2巻
越川弥栄 修学館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1038955昭和19
近代独逸に於ける
政治教育の発展
エドウアルト・シュプランガー国民精神文化研究所
近代日本軍事史松下芳雄紀元社
近代日本の大陸発展市古宙三蛍雪書院
近代武人百話金子空軒陸軍画報社
“撃滅”の哲学 :
近代戦の本質的考察
多田憲一 東文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460255昭和18
月刊 近代日本軍事史松下芳雄 編田中誠光堂
現代外交の動き稲原勝治 福田書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268744昭和10
現代濠州論伊藤 敬三省堂
現代国防経済論エハンスト・ホッホ育生社
現代国家新原理天川信雄 明善社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1451415昭和14
現代思想戦史論野村重臣 旺文社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1062859昭和18
現代思想の歴史的批判中村孝也 青年教育普及会
現代人の神道溝口駒造大日本鶏鳴会
現代政治の革新論 
第二巻
堀 真琴編昭和書房
現代青年の覚悟小住七五三清水書房
現代戦争読本長野 朗坂上書店
現代独逸の教育テオドル・ウィルヘルム
ゲルハルト・グレエフ
日本青年教育会
出版部
現代日本外交史丸山国雄三笠書房
現代日本対外戦史鈴木艮 三笠書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460295昭和16
現代日本と世界の動き徳富猪一郎 民友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268736昭和6
現代日本の教育を
どう考へる
渡部政盛 啓文社書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1457300昭和9
現代の印度日本拓殖協会 編越後屋書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044237昭和18
現代の国防と産業石川戒造学而書院
現代の政治関口泰 選挙粛正中央聯盟https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1282235昭和15
現代の政治常識大平進一同文館
現代の問題としての
復古思想
竹岡勝也目黒書店
現代名士大雄弁大獅子吼集青年雄弁会 編春江堂
現代用兵論酒井鎬次 日本評論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1454087昭和18
国史の華. 千草の巻(近代)中村孝也 三学書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717414昭和19
御即位記念:
大日本現代有名集
太田弥作 編国際良書刊行会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1112289昭和4
思想戦 :
近代外国関係史研究
吉田三郎 畝傍書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1062862昭和17
史的考察の帰結としての
現代日本教育の革新
新崎寛直 新崎寛直https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1275337昭和10
辞典入り
現代軍人書翰教典
帝国軍事教育社 編帝国書房
新時代の現代口語
青年新書翰文
帝国通信調査会編岡村書店
人物近代日本軍事史渡辺幾治郎 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1462676昭和12
石油、近代戦、内燃機関中根良介海と空社
戦争史. 世界現代篇1伊藤政之助 戦争史刊行会
第二次大戦と近代戦略柴田賢一 博文館
太平洋近代史仲小路彰戦争文化研究所
現代政治の課題堀 真琴昭和書房
独立運動をめぐる
現代印度の諸情勢
福井慶三フタバ書院成光館
日本古来の兵法と現代戦舟橋 茂成武堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460442昭和17
米英研究 :
文献的・現代史的批判論策
松田福松 原理日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1275935昭和17
兵器考 近代篇有坂鉊蔵雄山閣
禊祓と現代生活溝口駒造 錦正社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1040192昭和19
室伏高信全集. 第10巻
 (結婚の書・女性の書・
現代文明講話)
室伏高信 青年書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1232009昭和12
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、紀伊国屋書店の下記10店舗に令和3年の2月末まで、各1冊だけですが常備陳列されることになっています。
川越店、流山おおたかの森店、梅田本店、グランフロント大阪店、川西店、クレド岡山店、広島店、久留米店、熊本光の森店、アミュプラザおおいた店
お取り寄せは上記店舗だけでなく、全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
令和二年三月末より電子書籍もKindle、楽天Koboより販売を開始しました。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント