GHQが焚書処分した「日本精神」に関する本~~辻善之助 『皇室と日本精神』

GHQ焚書

 GHQ焚書リストの中からタイトルに「日本精神」を含む本を集めてみたのだが、今回はそのリストの中から辻善之助 著『皇室と日本精神』という本を紹介したい。文明論として今でも普通に読めるいい本だと思う。

 日本は世界の文明の集合地であって、世界のあらゆる文明は日本に集っている。太古の事は詳細なることはわからぬが、ある時代に大和民族が出雲民族を併合して、ある程度の文明を持っていたらしい。出雲民族の文明というのは即ち朝鮮の文明であるが、大和民族はその文明を受け入れ、更に石器時代であった時から、直接に支那文明を受け入れて支那文明の非常に優秀なものを受取っている。かようにして我が大和民族は比較的早くより、かなりの文明を作っていたらしい。

 爾来、…直接間接に徐々に支那文明を受け入れてきたが、…聖徳太子が出られて盛んに支那文明を採取せられた。当時支那は隋の時代であったが、間もなく唐の世の中に変わって、わが国はおよそ三百年の間続いて党の文明を取り入れた。然るに唐の文明はその淵源を遡るとインド文明があり、また遥かにギリシャ文明も入って来ている。それらがみな日本に集ってきて、日本文明という庫(くら)の中に蔵(おさ)まったのである。

 平安期の中頃になり、およそ百年ばかりは支那と交際が絶え、日本は国を鎖(と)じて一種の鎖国になったのである。支那では唐が亡び、宋の時代となり、また元となり、明となったが、日本は続いて宋・元・明の文明を段々と採り入れた

 室町時代の末に西洋との交際が始まり、それからおよそ百年間、西洋文明を採り入れたが、爾来およそ百年を経て、さらにまた西洋諸国と交際を絶つということになって、折角入りかけていた西洋文明がわずかの間に絶えてしまった。しかしながらその後も、オランダよりわずかに西洋文明が入ってきた。江戸時代の末になって、アメリカからペリーが来て今迄鎖じていた交際を開いた。明治の御代になってからは、一層西洋文明が入って来た。かくて世界のあらゆる文明は東から西から、二千年の間に日本へ入ってきて、日本は東西文明の中心となり、世界文明の貯蔵場となったわけである。

(辻善之助 著『皇室と日本精神』大日本出版 昭和十九年刊 p.1~2)
皇室と日本精神 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 このようにわが国は、外国の文化を摂取し、これを咀嚼し、消化してきたのだが、このようなことができたのはわが国の特徴でもあるのだが、それを可能にしたのは何であろうか。著者はこう解説しておられる。

 かようにしてわが国は、儒教の文明でも、インドの仏教でも採り入れ、また西洋のキリスト文明でも、敏感に、健全に摂取し、消化して、新しい声明を付与しているのである。その例を取ってみると、まず文字である。日本には元来文字というものは無かったので、支那から漢字を採り入れてこれを使ったが、暫くにして漢字を使うことにやや熟してくると、すぐに日本的文字、即ち片仮名、及び平仮名を発明している。この仮名の発明は、日本人が外国の文化を租借し消化する力が強いことを証明するものである。これを朝鮮に較べると、朝鮮には諺文があるが、諺文の発明は遥か年代が降って、李氏の世宗二十八年、即ち我が国の室町時代の初め、後花園天皇文安三年に発明せられたものである。それに較べると、日本の仮名の発明は非常に早く、およそ七八百年も古いのである。即ち平安時代の初めごろに発明せられているのである。

(同上書 p.4)
皇室と日本精神 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 辻氏はさらに、音楽、芸能、法律・制度、絵画・彫刻、思想、宗教なども、「外国の文化はすべて我が固有の文化の中に融和」され「わが国体に適合すべく、同化され」ていったことを述べたのち、重要な指摘をしておられる。

 それらの外国から入って来た文明を吸収し貯蓄して居るのみならず、なおある場合にはこれを本家本元の支那の方に逆輸出した例もある。一例をあげれば、平安時代の中ごろに、支那にはなくなっていた仏教の典籍が、かえって日本に存しておったので、向こうから送ってくれと頼みに来たことがある。その他漢籍類で支那には早くなくなって、日本に残っておったものも随分沢山ある。奈良の正倉院に参ると、天平時代の宝物が数千点保存せられてある。これは皆聖武天皇がお使いになっておった品物が、御庫にそのまま保存せられているので、世界に稀なる宝庫と言われている。このほか法隆寺などに行って見ても、きわめて貴重な宝物が沢山保存せられているが、その芸術の淵源を尋ねると遠くギリシャ方面までも関係があって、ギリシャ芸術の影響を受けているものが少なからずあるのである。

(同上書 p.6)
皇室と日本精神 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 わが国では平安時代の書物が残っているが、中国では政権が変わるたびごとに前代のものが破壊されている。古いものがこれだけよく残されているわが国は世界的に珍しい国なのだ。

 GHQ焚書の中で、タイトルに『日本精神』を含む本は180点あるが、うち39点が「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
闇斎先生と日本精神平泉 澄 編至文堂
易学陰陽消長の理より見たる
学の維新と日本精神論
安岡正篤日本文化協会
我観日本精神高島米峯信玄会館
神ながらの日本精神川崎左門神霊研究会
惟神の大道と日本精神加藤尺道精神教育研究会
教育勅語と日本精神井上清純教育勅語
渙発50年記念会
教科価値と日本精神福島政雄玉川学園出版部
侠客気質と日本精神 
清水次郎長
渡辺 聡渡辺 聡
教練参考日本精神作興資料 京都偕行社 編京都偕行社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1235444昭和10
原典日本精神研究桑原玉市薫明荘出版部
皇室と日本精神辻善之助 大日本出版https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1908016昭和19
国史教育日本精神 
愛国舞踊集
榊原帰逸育生社
国史と日本精神植木直一郎青年教育普及会
国史と日本精神の顕現八木格治健文社
国体の淵源
日本精神日本思想の原理
塩田盛道建国講演会
国体明徴日本精神講話教養会 編教養会
国旗と日本精神川口源司川口源司
自然景観より観たる日本精神大崎晴通国土社
宗教における日本精神の探求松倉菫直風俗社
情操陶冶純粋日本精神と訓練中野八十八 明治図書
情操陶冶に基ける新国史の
眞髄と日本精神 上巻
中野八十八 新生閣書店
詔勅の謹解と日本精神友田宜剛国民教育普及会
新修日本精神読本大道弘雄 編朝日新聞社
神典と日本精神橋本増吉 平凡社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041601昭和16
神道と日本精神河野省三 天理教道友社
新日本精神に就いて 
武士に現れたる日本精神
海老名弾正
渡瀬常吉
新日本精神研究会
真の日本精神岸一太 明道会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1035585昭和9
聖訓と日本精神聖訓と日本精神金港堂書籍https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1039539昭和17
青年と日本精神川島益太郎大同館書店
青年に語る日本精神柴田 隆櫻園書院
戦陣訓と日本精神岡田久司軍事教育会
禅と日本精神吉田幸正泉福寺役寮
宣命に表はれたる日本精神林 均大阪府
思想問題研究会
大乗的日本精神松倉菫直一粒社書店
大乗仏教と日本精神関 精拙槻道書院
大日本精神倉賀野鳳正 編大日本古典会
代表的国学者の日本精神論西晉一郎
磯野清
明治図書
中等教育に於ける
日本精神の教育
広島高等師範学校
中等教育研究会 編
京極書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1462979昭和15
敵前上陸と日本精神林直人 田中誠光堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439712昭和17
哲学思潮と日本精神大阪府思想問題
研究会編
大阪府
思想問題研究会
ナチス精神と日本精神蓑田胸喜 原理日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1024669昭和15
日本皇道、日本精神、
日本国体、二位一体論
安藤政道研文書院
日本精神 十五講松宮浜山行有恒学舎出版部
日本精神の新農村教育山崎博 明治図書https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1145456昭和9
日本精神出石誠彦 大観堂出版https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1038379昭和18
日本精神概説清原貞雄東洋図書
日本精神概説橋詰武生大日本法令出版
日本精神各科教授体系齊藤栄治厚生閣
日本精神教育経営の新機構山崎博 明治図書https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1077309昭和9
日本精神原論伊藤 裕大勢出版社
日本精神研究の本流を溯る河野省三日本文化協会出版部
日本精神研究資料和田陽三 編兵庫県神職会
日本精神研究大川周明 明治書院
日本精神顕現の根本問題紿田茂太郎創文社
日本精神講話 実演資料教育資料編纂部第一出版協会
日本精神講座 第1巻佐藤義亮 編新潮社
日本精神講座 第2巻佐藤義亮 編新潮社
日本精神講座 第3巻佐藤義亮 編新潮社
日本精神講座 第4巻佐藤義亮 編新潮社
日本精神講座 第5巻佐藤義亮 編新潮社
日本精神講座 第6巻佐藤義亮 編新潮社
日本精神講座 第7巻佐藤義亮 編新潮社
日本精神講座 第8巻佐藤義亮 編新潮社
日本精神講座 第9巻佐藤義亮 編新潮社
日本精神講座 第10巻佐藤義亮 編新潮社
日本精神作興と国史教育菊池秀男高踏社
日本精神作興講話 
藤田東湖篇
仁木松雄都詳閣
日本精神作興日本精神作興会 編帝国講学会出版部
日本精神作興講話 
吉田松陰篇
仁木松雄都詳閣
日本精神作興講話 
佐久間象山篇
仁木芳雄都詳閣
日本精神史宮西一積新生閣書店
日本精神史講話河野省三 富山房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1256944昭和14
日本精神史 上巻小野正康建文館
日本精神史稿河合弘道
島方泰助
昭森社
日本精神史談塩原民二
根岸栄之
春秋社
日本精神指導原理文珠川益人日本精神
指導原理普及部
日本精神十講弥富破摩雄素人社書屋
日本精神史要関根文之助教文館
日本精神史論伊藤千真三進教社
日本精神信解 
天地創生と日本建国の由来
大久保弘一 川流堂小林又七本店
日本精神 全講飯田徳治教文社
日本精神体現の国史教育滋賀県師範学校
附属小学校 編
文泉堂書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1466316昭和9
日本精神徹底の国語教育菅根正三郎 新生閣書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1443739昭和9
日本精神と日本産業金子鷹之助 科学主義工業社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438891昭和16
日本精神と我が国土寺田貞次 古今書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1259405昭和10
日本精神とは何ぞや梅本寛一 惟神道普及会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1235434昭和10
日本精神と政治の根源堀之内誠吉 三幸堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1441731昭和11
日本精神と科学精神蓑田胸喜 編原理日本社
日本精神とアジア自治利津賢一アジア自治協会
日本精神と回教原 正男誠美書閣
日本精神と回教原 正男誠美書閣
日本精神と教育近藤壽治日本文化協会
日本精神と教育清水敬冶軍事社
日本精神と基督教藤原藤男ともしび社
日本精神読本小山松吉日本評論社
日本精神読本佐藤清勝 東京事務局研究会
日本精神読本田村謙治郎 南郊社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1030972昭和9
日本精神と財観念堂屋敷竹次郎教文社
日本精神と儒教諸橋轍次帝国漢学普及会
日本精神と新聞刀禰館正雄ぐろりあそさえて
日本精神と新教育新教育協会編明治図書
日本精神と新興報徳遠山信一郎二宮尊徳翁
全集刊行会
日本精神と人物養成芦沢 簉皇道学院出版部
日本精神と大乗思想加藤咄堂 時潮社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1235371昭和9
日本精神と新島精神 
附新島襄小伝
徳富猪一郎 関屋書店
日本精神とは何ぞ及川達男愛潤会
日本精神と武士道仁木笑波浩文社
日本精神と仏教高神覚昇第一書房
日本精神と弁証法 
日本精神と根本
紀平正美
安岡正篤
青年教育普及会
日本精神と読方教育の諸問題読方教育研究会晃文社
日本精神に立つ教壇上の国史
尋常 5学年
渋谷光長 啓文社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1145438昭和10
日本精神に帰れ坂本正義桜民会出版部
日本精神に還れ白須 皓農民社
日本精神の本質(修正増補)井上哲次郎 広文堂書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1212715昭和16
日本精神の教育田嶋真治 六文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1269279昭和7
日本精神之本質藤沢親雄 東亜同文会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1207771昭和12
日本精神の核心福来友吉 述皇道日本協会
仮事務所
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1033093昭和13
日本精神の一貫と国史教育山田義直 目黒書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1280290昭和5
日本精神の涵養を基調とする
小学校経営の実際
奈良県高市郡畝傍北
尋常高等小学校 
奈良県高市郡畝傍北
尋常高等小学校
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1466501昭和8
日本精神の具体性大倉邦彦目黒書店
日本精神の研究河野省三大岡山書店
日本精神の顕揚と創造教育吉田由造創造社
日本精神の考察
支那事変の経過と我国際関係
谷本 富 述
長岡克暁 述
京都経済会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1099221昭和12
日本精神の根源 太古の歴史佐々木俊雄松華堂書店
日本精神の作興と涵養友田宣剛宝文館
日本精神の実現池田直孝章萃社
日本精神之真髄上野賞輔皇道の日本社
日本精神の真髄日本精神涵養会 編日本精神涵養会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1056624昭和14
日本精神の真髄上野賞輔皇道之日本社
日本精神の闡明池岡直孝章華社
日本精神の闡明北 玲吉大理書房
日本精神の体系的闡明池浦孝忍目黒書店
日本精神の体揚と国史教育藤田一男 編国史教育研究会
日本精神の哲学的解釈高階順治第一書房
日本精神の哲学
附・神ながらのやまとごころ
鹿子木員信 国民思想研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1057097昭和9
日本精神の教育
非常時と日本精神と仏教思想
日高進 講述第一人間道場https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1270620昭和11
日本精神の発展と教育加藤仁平 同文書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1443741昭和9
日本精神の復活平泉 澄大阪府
思想問題研究会
日本精神の躍動と
大和義挙の真髄
吉川岱里大和義挙
事蹟顕揚会
日本精神の由来紀平正美 青年教育普及会
日本精神の要諦と惟神の大道橋本文寿立命館出版部
日本精神文化史. 第2講
(神代篇 上巻)
一貫会 一貫会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1102242昭和13
日本精神文献叢書 第1巻
聖徳篇
加藤咄堂 編大東出版社
日本精神文献叢書 第3巻
国体篇
佐伯有義 編大東出版社
日本精神文献叢書 第4巻
団体篇
河野省三 編大東出版社
日本精神文献叢書 第5巻
国体篇
河野省三 編大東出版社
日本精神文献叢書  第7巻
神道篇
河野省三 編大東出版社
日本精神文献叢書  第8巻
神道篇
河野省三 編大東出版社
日本精神文献叢書 第10巻
儒教篇下
山口察常 編大東出版社
日本精神文献叢書 第11巻
仏教篇上
横尾弁匡 編大東出版社
日本精神文献叢書 第12巻
仏教篇下
横尾弁匡 編大東出版社
日本精神文献叢書 第13巻
士道篇上
河野省三 編大東出版社
日本精神文献叢書 第14巻
士道篇下
加藤咄堂 編大東出版社
日本精神文献叢書 第15巻
民衆篇上
加藤咄堂 編大東出版社
日本精神文献叢書 第16巻
民衆篇下
加藤咄堂 編大東出版社
日本精神文献叢書 第17巻
必要篇
加藤咄堂 編大東出版社
日本精神への倫理学鎌田幸雄鎌田幸雄
日本精神への道
体験教育原論
入沢宗寿 明治図書https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1466314昭和9
日本精神論日本文化研究会編東洋書院
日本精神論伊藤千真三 編進教社
日本精神論鄭 然圭皇学会
日本精神論仲小路彰日本問題研究所
日本精神論叢精神文化学会 編明善社
日本精神を基調として岡崎寿市 日本弘道館
有志青年部
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1269305昭和9
日本精神を基調とせる
各科教育の諸問題
京都府師範学校
附属小学校 編
政経書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1145434昭和9
日本精神を闡明す若宮卯之助 松永財
高須芳次郎 他
祖国会出版部
日本精神を中核とせる
我が校経営の実際
滋賀県蒲生郡八幡
尋常高等小学校 編
藤田静雲堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463406昭和11
日本精神読本 第1巻日本主義同志会石塚信夫
日本精神読本 第2巻日本主義同志会石塚信夫
日本精神読本 第3巻日本主義同志会石塚信夫
日本精神読本 第4巻日本主義同志会石塚信夫
日本精神読本 第5巻日本主義同志会石塚信夫
日本精神読本 第6巻日本主義同志会石塚信夫
日本精神読本 第7巻日本主義同志会石塚信夫
日本精神読本 第8巻日本主義同志会石塚信夫
農と日本精神加藤完治千歳書房
非常時日本青訓教練
指導精神としての大日本精神
小林健次朗青年訓練研究会
教練部
武家時代文学に現れた日本精神野村八良 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1235886昭和9
わが国体と日本精神平岡清三郎皇道顕揚会
我が国体と日本精神河野省三皇典講究所
国学院大学
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1091907昭和9

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより販売しています。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

【このブログの人気記事30 90日間】

ネットで読める都道府県史、主要市史3904 views
廃仏毀釈で寺宝を奪い取り、売却して私腹を肥やした県令がいた457 views
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)389 views
東大寺の廃仏毀釈・神仏分離の危機と倒壊の危険があった大仏殿383 views
東本願寺がなぜ北海道開拓にかかわることになったのか319 views
新政府の仇敵である徳川家の聖地・日光東照宮が残された経緯303 views
法隆寺における廃仏毀釈・神仏分離の危機292 views
神仏分離令のあと徹底的に破壊された鶴岡八幡宮283 views
文明開化と廃仏毀釈280 views
わが国が中国やインドのようにアヘンに毒されなかったのはなぜなのか279 views
薩長を支援したイギリスと、幕府に接近し助言し続けたフランス270 views
外国人襲撃事件が頻発する中で起きた生麦事件と英国人らの反応264 views
イタリアはなぜ英米と戦ったのか~~GHQが焚書にしたイタリア関連書籍259 views
祇園感神院(八坂神社)の神仏分離と祇園祭への影響256 views
A級戦犯の大川周明はペリーの来航をどう書いているのか~GHQ焚書『英米東亞侵略史』254 views
神仏分離令のあと金毘羅大権現の仏像・仏具が徹底的に破壊された経緯253 views
GHQが焚書処分した「地政学」の本に何が書かれているか~~小牧實繁『地政学上より見たる大東亜』252 views
英国が中国に排日運動を焚きつけ、国際連盟を利用し我が国の孤立化を図った事情~~GHQ焚書・石丸藤太『大英国民に与う』249 views
GHQに焚書処分された満州関連書籍に何が書かれているのか~~長与善郎著『少年満州読本』244 views
GHQは満州事変について何を隠そうとしたのか~~桜井忠温 著『常勝陸軍』243 views
北野天満宮の神仏分離と、菅原道真の御神体として祀られてきた仏舎利の行方243 views
ネットで読める偉人伝238 views
「毎日新聞」の京都版に『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』の書評が載りました237 views
石清水八幡宮の廃仏毀釈と本尊・薬師如来の行方235 views
信長が最後にイエズス会と敵対する行動を取ったのはなぜか233 views
GHQに焚書処分された米国留学経験のある新聞記者の本~~棟尾松治『アメリカの実力』231 views
倭寇はなぜ元寇のあとから頻発するようになったのか~~倭寇1231 views
伊勢神宮神領地域の廃仏毀釈と、長期間の遷宮の中断に終止符を打った慶光院229 views
一度神社にされたのち寺院に戻った吉野金峯山寺226 views
明治新政府の役人に社殿焼き払いを命じられた厳島神社222 views
スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史逍遥『しばやんの日々』

コメント