高橋亀吉著『戦時経済講話』を読む~~GHQに焚書処分された経済関連書籍

GHQ焚書

 当たり前の事なのだが、戦争で勝ち続けたとしても、相手が敗北を認めなければ戦いは終わらず、兵士や武器・弾薬の補充などに莫大な費用が掛かり続けることとなる。そのための資金調達ができなくなれば、勝利することは不可能だ。

 高橋亀吉といえばわが国の民間エコノミストの草分け的存在で、『東洋経済新報』で論陣を張った人物だが、彼が昭和十三年に刊行した『戦時経済講話』が、戦後GHQによって焚書処分されている。この本の冒頭に、著者が戦争と経済の問題について述べている部分を紹介したい。文中の「事変」は昭和十二年(1937年)七月に勃発した「支那事変(日中戦争)」を意味し、この本はその翌年に出版され、さらに三年後にわが国は太平洋戦争に参戦している。

 現下の我が戦時経済を理解するにあたって、まず必要なことは、今日この事変の下において、日本の財政経済状態如何ということが、外国から如何に重大視せられているかの実情を、あらかじめよく承知しておくことである。という訳は、今日、諸外国、支那方面においては、この事変において、戦争で支那が勝つであろうという見通しは、全く持っていないわけであるが、にもかかわらず、なお長期抵抗を続けている彼ら唯一の希望は、日本は戦いには勝つであろうけれども、財政経済の方面が遠からず破綻して、あるいはそこから社会不安が勃発して、結局日本が敗北してしまうであろう。現にまたそういう風に日本の財政経済情勢というものは窮迫しているのだ。こういうふうに信じているものが非常に多いのである。したがって日本に対して経済的な圧迫をもう一歩加えれば日本は参るだろう。いま一息辛抱すれば、日本の方から参って来るのではないか、こういう風な観測がかなり強い

(高橋亀吉 著『戦時経済講話』今日の問題社 昭和13年刊 p.15~16)

 高橋がこの著書を刊行した年には国家総動員法と電力管理法が制定され、その後さらに戦時統制が強化されていくのだが、諸外国は何を根拠にわが国の財政情況を不安視していたのだろうか。

 これは主として日本の国際収支の窮迫している側面だけを外国が重く見ているからである。これは外国には一番よくわかるのであって、むしろ日本人が知っているよりは、外国人の方が日本の国際収支関係についてはよく知りうる事情にある。その国際収支関係が大変窮迫している。砕いて言えば、日本から外国に支払う金が足りない。買いたいものはたくさんあるが、それに比べて、支払う金が非常に欠乏している。その欠乏している有様が、売り手である外国には、よくわかっているのである。…<中略>…しかし、実際は、日本はいま、支那と戦っている費用に劣らないだけの大きなお金を、いわゆる生産力の拡充に使っているのである。 

(同上書 p.17~19)

 諸外国は国際収支だけを見てそう判断していたのだが、それはわが国の生産力拡充のために多くの資金を使っていたために資金繰りが窮屈になっていたことによる。この本が刊行された昭和十三年には五十数億円の公債が発行されているのだが、事変前にはわが国の公債消化力は十億円から十五億円程度とされていたという。しかし、高橋は国民が挙国一致して戦時経済体制をとれば破綻せずにやっていけると書いている。

 われわれは、戦費プラス軍需工業拡充費に、いま金をうんと使っている。その日頃以上たくさん使っていた不急不要のものを使わないようにして、かくして捻出したものを必要な方面へ持ってくれば、それでうまくいくのである。今までは戦争のため、及び生産力拡充のため、巨額の金が使われるのに、我々個人の経済生活は、昔の儘に金を使っていた。そういう平時経済の建前を戦時経済体制に編成替えして、日本国民経済全体として消費と生産とを統制していくのでなければ、結局財政上破綻して、物価が暴騰し、外国へ払う金は欠乏して外国人に以上述べたような悲観説を与える、こういうことになる訳である。

(同上書 p.27~28)

 少額であるならば節約してねん出することは可能だが、昭和十三年の一般歳出予算は35億円で、臨時軍事費特別会計が49億円を計上している。その後も支那事変は続き、昭和十六年には太平洋戦争に参戦することになるのだが、高橋はどうやって戦費を調達するつもりであったのか。当時のわが国は外国からの資金支援は期待できなかったはずだ。

 今日の日本は、外債が期待できず内債によらねばならないので、日本現在の国力の範囲内で、戦争に必要なものを整えねばならぬ。自然、いま、外国から輸入しなければならぬ品物に対しては、それだけ強く、輸入を制限したり、国民一般に対しては、この種の品物の消費を節約させる政策を取らざるを得ないことになるのである。

(同上書 p.41~42)

 しかしながら、外国から輸入するしかない原料などが数多く存在するので、戦争遂行に必要な物資は輸入せざるを得ない。そのためには
①これまで以上に働いて生産を増大させる
②戦争目的貫徹のために、国力を一点に集中させる
③国民消費を節約する
しかないというのだが、このような論理は、戦争が予想以上長引いた場合や、工場が爆撃を受けた場合や原材料が入手できずに工場の稼働ができない場合などには成立しえないと思われる。 

 第一次大戦に参戦した国の戦費は多い国で通常支出の4~5倍程度であったが、わが国の場合は支那事変の段階で単年度で軍事費が歳出を上回っている。太平洋戦争に参戦した昭和十六年には臨時軍事費は127億円(一般歳出予算87億円)、終戦の年の昭和二十年には850億円(一般歳出予算292億円)を計上しているのだが、支那事変の段階でこんなに戦費がかかっているのであれば、戦争は何としてでも回避しようと動くのが普通だと思うのだが、この本ではむしろ戦争目的貫徹のために国民全員に犠牲を求めているのである。

 高橋亀吉はコミンテルン(共産主義インターナショナル)初期の日本代表であった田口運蔵の著書『赤い広場を横ぎる』に「ニューヨークで仕込まれた左翼の人々」の一人として登場しており、当時は共産主義に近い思想の持ち主だったようだ。また彼は、昭和十二年に第一次近衛内閣下で企画院参与となり昭和研究会の常務委員を務めたが、この昭和研究会は「総力戦を以て蒋介石を断乎膺懲すること」を一貫して主張し、国共内戦における中国共産党の勝利を結果的に後押しした。またメンバーにはコミンテルンのスパイであった尾崎秀実をはじめ、風見章や堀江邑一、三木清ら明らかな左翼思想家が少なくなかったのである。彼らは日本を戦争に巻き込んで疲弊させ、敗北に導いた後に共産主義革命に持ち込もうという考えではなかったのか。

 例えば尾崎秀実の手記(昭和17年の記録)には、支那事変から第二次世界大戦になることは必然であるとし、その後の世界情勢について次のように述べている。

 私はこの第二次世界戦争の過程を通じて世界共産主義革命が完全に成就しない迄も決定的な段階に達することを確信するものであります。その理由は、
 第一に、世界帝国主義国相互間の戦争は、結局相互の極端なる破壊を惹起し、彼等自体の現存社会経済体制を崩壊せしめるに至るであろうと云ふことであります。…敗戦国家に於ては第一次世界大戦の場合と同様プロレタリア革命に移行する可能性が最も多く、又仮令(たとえ)一方が勝ち残つた場合でも、戦勝国は内部的な疲弊と敵対国の社会変革の影響とによつて社会革命勃発の可能性なしとしないのであります。
 第二には、共産主義国家たるソ連邦の存在してゐる事実であります。私はソ連邦はあくまで帝国主義諸国家間の混戦に超然たるべきものであると考へ、その意味においてソ連邦の平和政策は成功であると考えていたのであります。…
 第三には、植民地、半植民地が此の戦争の過程を通じて自己解放を遂げ、その間に或る民族に於いては共産主義的方向に進むであらうと言ふことであります。少なくとも支那に対しては斯る現実の期待がかけ得られると思はれます。」(同上書p.223)

(三田村武夫『大東亜戦争とスターリンの謀略』自由選書 p.223…資料編・尾崎秀実手記より)

 このように尾崎秀実は昭和十七年の段階で、第二次大戦後に世界各地で共産主義国家ができることを予想し、中国についてはそれが現実化することを述べていることは注目して良いだろう。彼ら共産主義者たちの行動は1928年のコミンテルン第6回大会の決議内容に基づいているのだが、彼らが世界で強い影響力を行使できる状態であったことは戦後の歴史叙述から抹消されているのだ。

帝国主義相互間の戦争に際しては、その国のプロレタリアートは各々自国政府の失敗と、この戦争を反ブルジョワ的内乱戦たらしめることを主要目的としなければならない。…

帝国主義戦争が勃発した場合における共産主義者の政治綱領は、
(1) 自国政府の敗北を助成すること
(2) 帝国主義戦争を自己崩壊の内乱戦たらしめること
(3) 民主的な方法による正義の平和は到底不可能であるが故に、戦争を通じてプロレタリア革命を遂行すること

帝国主義戦争を自己崩壊の内乱戦たらしめることは、大衆の革命的前進を意味するものなるが故に、この革命的前進を阻止する所謂「戦争防止」運動は之を拒否しなければならない。

(同上書 p.38~39 「コミンテルン第6回大会の決議内容」)

 そして共産主義者による資本主義主要国政府弱体化の工作は、今も継続して巧妙に行われていると理解して良いのではないだろうか。

 GHQに焚書処分された書籍の中から経済関連書籍として、タイトルに「経済」「産業」「農業」「工業」「漁業」「林業」を含む書籍を探すと、全部で424点あった。20冊は外国人の著作だが、その多くはドイツに関する書籍である。GHQはこのような分野の書籍も戦後の日本人が読めないようにしたのだが、何が書かれているか興味のある方は覗いていただければ幸いである。

 以下のリストのうち155点は「国立国会図書館デジタルコレクション」で公開されており、ネット環境があれば 下記URLから誰でも 無料で読むことが出来る。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
愛知県青年学校
農業教科書巻三
愛知県
社会教育研究会
日本青年教育会
朝日東亜リポート. 第4輯
北洋漁業
朝日新聞社
東亜問題調査会 編
朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1217838昭和14
イギリスの印度統治 :
其経済諸政策の研究
東亜経済調査局東亜経済調査局https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1281293昭和10
イギリス政治経済史
初期王政と重商主義
矢口孝次郎同文館
維新産業建設資料 
第一巻
土屋喬雄 編工業資料刊行会
印度の資源と工業総合印度研究室編総合印度研究室
印度の流通経済総合印度研究室編伊藤書店
動く満洲経済樋口弘 ダイヤモンド社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271187昭和12
英国戦争経済の分析池田林儀 報国社
欧洲の現勢と準戦時経済武藤孝太郎 武藤孝太郎 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1440427昭和12
欧州大戦と日本産業の将来小島精一千倉書房
カナダの産業動員馬場啓之助東亞研究書
華文日文対訳 
新東亜経済学
岩田耕作大堂書院
危機に直面せる
北洋漁業対策
阿部留治 編週刊産業社
北支那経済の新動向松崎雄二郎 講談社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439246昭和17
北支那の農業と経済. 上卷南満洲鉄道㈱
調査部 編
日本評論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1718525昭和17
技能賞に輝く産業戦士国民工学院 編国民工学院
金銀為本経済の
世界的行詰りと皇道経済
栗原白嶺 青雲荘https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1282014昭和10
軍需工業動員法講話内田源兵衛 松山房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1440677昭和12
経済維新の理論坂口三郎 ダイヤモンド社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459318昭和17
経済一新講和北沢新次郎東京泰文社
経済学上より見たる
支那事変の本質
木村増太郎 目黒書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1277579昭和14
経済学の根本問題堀 経夫甲文堂書店
経済協同体の進展松井春生 日本評論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1273839昭和16
経済倶楽部講演27東洋経済新報社編東洋経済新報社 
経済決戦記太田正孝秀文閣書房
経済事情問題十講大阪商工会議所編大同書院
経済新体制の指標朝日新聞社編朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460799昭和16
経済新体制と商業組織福田敬太郎冨山房
経済新体制とは何ぞや田中精一日本評論社
経済新体制の再出発安藤春夫同文館
経済生活に於ける
創造者としての国家
作田荘一 国民精神文化研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1269936昭和10
経済政策概論磯部喜一 有斐閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459403昭和19
経済戦争史の研究寺田弥吉 富山房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453695昭和17
経済戦はこれからだ大石利徳 金文堂福岡支店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1446028昭和13
経済戦略と経済参謀東京商大
経済指導研 編
ダイヤモンド社
経済団体国弘員人 日本評論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459444昭和16
経済と統制赤羽豊治郎大同書院
経済日本小島精一教育研究会
経済封鎖武力干渉
怖るるに足らず
東福清次郎先進社
経済ブロックと大陸佐藤 弘古今書店
決戦下の日本産業湊 三郎 編中川書房
決戦時の農業構造助川啓四郎 文松堂書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1065970昭和19
建設戦の経済諸問題近藤 実東亞書房
現代国防経済論エハンスト・ホッホ育生社
現代の国防と産業石川戒造学而書院
原料経済佐藤 弘 改造社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278162昭13
興亜経済行脚田村 浩巌松堂書店
興亜経済研究所紀要
第一輯
早稲田大学
興亜経済研究所
早稲田大学出版部
興亜経済の前途石渡荘太郎今日の問題社
興亜経済論. 蒙疆・北支篇平竹伝三 大阪屋号書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459430昭和16
興亜産業大鑑伊藤茂雄 編興亜産業調査会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1065647昭和15
興亜産業大鑑 :
皇紀二千六百年記念
興亜産業調査会興亜産業調査会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1065647昭和15
興亜産業の現地報告山崎光夫 編興亜産業の現地
報告刊行会
興亜政治経済研究第一輯早稲田大学
興亜経済研究所
千倉書房
興亜政治経済研究第二輯早稲田大学
興亜経済研究所
千倉書房
興亜政治経済研究第三輯早稲田大学
興亜経済研究所
千倉書房
興亜政治経済研究第四輯早稲田大学
興亜経済研究所
千倉書房
広域圏の経済理論高橋次郎文川堂書房
航空機工業の能率増進樋口義男山海堂出版社
濠洲の社会と経済岡倉古志郎電通出版部
郷男爵記念論文集第二巻
経済建設と国防
佐藤七郎 
大石泰彦
有斐閣
皇道経済の原理堂西司馬次皇道経済研究所
皇道経済論久原房之助 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1025410昭和8
皇道農業黒沢西蔵育英出版
国防経済総論赤松要 
中山伊知郎 
大熊信行
巌松堂書店
国防経済の基礎知識木村孫八郎 東洋書館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459411昭和16
国防経済法体制末川 博 編有斐閣
国防経済論グイド・フィッシャー萬里閣
国防国家と新経済体制武田鼎一高山書院
国民経済学綱要 改訂版笠森伝繁巌松堂書店
国民経済組織論正井敬次大同書院
国家総動員経済講話大阪商工会議所編一元社
国家総動員法統制経済法佐藤達夫 
峯村光郎
三笠書房
刻下の南太平洋 : 日蘭会商の
経過と其経済的再吟味
辻森民三 開南同盟本部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276397昭和10
これからの経済生活前田梅松 高山書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1462258昭和12
再組織化のドイツ経済雨笠粂三郎 訳科学主義工業社
財政経済の実情と国民の覚悟木内四郎国民精神総動員中央連盟
再編過程の日満経済中野清見中川書房
産業技術動員資源整備調査局 編資源整備調査局https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1258863昭和10
産業組合の陣営より千石興太郎 高陽書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1279573昭和10
産業軍と産業基地久保田孫一 精神科学出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438889昭和16
産業皇道と統制経済勤労者教育中央会編目黒書店
産業国策と中小産業豊田雅孝東亞政経社
産業指導読本 
勤労青少年の勝利
三好清司興隆社
産業少女の生活山田彰子協和書房
産業進化の基本 
リンク制度の現勢
及川文平貿易産業新聞社
産業青年読本権田保之助 麹町酒井書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1062231昭和16
産業青年の書佐々木能理男 
田中令三 編
健文社
産業戦士飯田豊二愛之事業社
産業戦士歌集 
撃たずんば
中村巳寄 編図書研究社
産業戦士決戦の書大日本産業報国会 編皇国青年教育協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1062230昭和18
産業戦士詩集 
われらの戦場
中村巳寄 編高田書院
産業戦士読本権田保之助 麹町酒井書店
産業戦士道窪田秀夫 統正社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439595昭和19
産業戦士の教養牧野栄三桑文社
産業戦士文学集 
俺は兵隊に行く
橋本重遠安土書房
産業体育野津 謙東洋書館
産業挺身隊荒川利男日本青年教育会
産業武士道菊地麟平ダイヤモンド社
産業報国運動 全書山尾 一 編日刊
産業厚生事報社
産業報国読本菊川忠雄 酒井書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1062073昭和16
産業報国精神講話笹生 亨蛍雪書房
時局下の農業経営日本放送協会 編日本放送協会
時局産業経済打開策小野義夫 ダイヤモンド社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460961昭和16
時局と農業及農業経済西村彰一産業経済学会
資源戦下の日本産業湊 三郎 編中川書房
思想戦経済戦陸軍省
つはもの編輯部 編
軍事科学社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1457952昭和9
支那経済概論. 上巻菊田太郎 支那経済研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1445101昭和15
支那経済年報(北支特輯)
昭和12年版
東京商工会議所
調査部 編
改造社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1452168昭和11
支那経済年報1938年下半期 
第二輯
支那経済年報
刊行会 編
白揚社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1440983昭和14
支那経済年報 昭和14年版山口高等商業学校
東亜経済研究所 編
改造社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1884800昭和14
支那経済年報 昭和15年版東亞経済研究会改造社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1882670昭和15
支那事変と国際関係に就きて
支那事変下の戦時財政経済
に就きて
松本忠雄
中村三之亟
帝国在郷軍人会
本部
支那戦時経済論石浜知行 慶応書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1277948昭和15
支那における列強の工作と
その経済勢力
原 勝学芸社
支那農業建設論山名正孝教育図書
支那の経済建設事前と事後目崎憲引有斐閣
支那の経済と資源小林幾次郎時潮社
支那・満州経済研究東亜経済調査局 改造社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271478昭和12
支那林業経済建設論杉本 壽教育図書
事変下に於ける
日本経済の発展
沖中恒幸 精興社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1462441昭和14
事変下の
大陸経済政策を語る
朝日新聞社 編朝日新聞社
事変下の満州国経済大阪毎日新聞社 編大阪毎日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271490昭和13
事変下の予算と経済小笠原三九郎立命館出版部
事変と経済戦賀田直治松山房
上海経済年鑑 昭和19年度版冨塚鐸二編中支野田
経済研究所
銃後の財政経済賀屋興信 述河出書房
準戦時下の軍部と経済諸問題野田 豊今日の問題社
「準戦時」下の財政と経済高橋亀吉 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1277985昭和12
商工生活者と国防経済野中宏 遠藤一郎伊藤書店
植民地農業伊東兆司叢文閣
新経済組織の発見城山保次郎王道経済連盟
人口及東亜経済の研究上田貞次郎記念
論文集編纂委員会
科学主義工業社
新産業地理大塩亀雄 明治大学出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1061309昭和17
新支那建設の政治経済問題
現地調査報告
国際経済学会編刀江書院
新世界経済年報. 第8輯赤松要 編商工行政社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1109538昭和17
新体制下の生活と経済安田正司 編今日の問題社
新体制下の戦時経済問題竹島富三郎 富山房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1273854昭和17
新体制国民講座 第7輯 
各国経済篇
樋口正徳 編朝日新聞社
新体制日本の政治、経済、
文化
大谷竹雄天元社
新体制の経済高木友三郎 第一書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276362昭和15
新東亜経済地理藤野 靖千倉書房
新日本大観 工業躍進号大道弘雄編朝日新聞社
新満洲国の経済事情東京朝日新聞
経済部 編
東京朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1443198昭和7
戦時経済の発展と
賀屋税制の相剋
亀谷正司日本経済政策研究所
青少年産業読本矢口茂雄皇国青年教育協会
世界経済史研究金子鷹之助 紀元社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276229昭和19
世界経済の転換と建設池田林儀 訳冨山房
世界経済の動向と
金本位制の将来
山室宗文改造社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1279141昭和8
世界政治経済情報 第1輯直井武夫 訳ナウカ社
世界政治経済情報 第3輯堀江邑一清和書店
世界政治経済情報 第5輯堀江邑一清和書店
世界政治経済情報 第9輯広島定吉 他 訳ナウカ社
世界戦の見透しと
わが経済生活
高木友三郎 拓南社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459320昭和16
世界騒乱と日本経済朝日新聞社 編朝日新聞社
世界大戦と経済戦争本山 要 編東亞経済社
世界驀進の皇道経済山口鋭之助本学会
戦後経済建設の新構想ロベルト・フォン・ケルラー高山書院
戦時の家庭経済本位田祥男 光生館
戦時下の経済生活賀屋興宣今日の問題社
戦時下の産業安全運動蒲生俊文大日本雄弁会
講談社
戦時下の産業合理化朝日新聞社
政治経済部
朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1058327昭和16
戦時下の食糧と農業機構久保田明光実業の日本社
戦時下の中小工業金融論岡庭 博慶応書院
戦時下の我が化学工業野田経済研究所 編野田経済研究所
戦時経済下の人口問題本領信治郎日本電報通信社
戦時経済講話高橋亀吉 今日の問題社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278171昭和13
戦争経済思想 9本領信治郎日本電報通信社
戦時経済の現状と将来中外商業新報 編千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271473昭和13
戦時経済統制の将来中山伊知郎東京銀行集会所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1277602昭和15
戦時経済と労務統制内藤寛一東亜政経社
戦時経済と交通運輸長崎惣之助産業経済学会
戦時経済と物資調整椎名悦三郎 東亜政経社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1444747昭和16
戦時経済と経済指導服部文四郎 明善社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276345昭和16
戦時経済特別調査報告書.
上巻
東京手形交換所戦時
経済特別調査会 編
東京手形交換所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1273865昭和17
戦時経済特別調査報告書.
下巻
東京手形交換所戦時
経済特別調査会 編
東京手形交換所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1273877昭和17
戦時経済と新経済体制高橋亀吉 大日本雄弁会講談社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278178昭和15
戦時経済と生産増強策田沼征 大新社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459423昭和16
戦時経済と燃料国策東 栄二東 栄二
戦時経済と物資調整椎名悦三郎 東亜政経社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1444747昭和17
戦時経済の現勢とインフレ問題高橋亀吉 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278181昭和15
戦争経済の構造. 上巻日下藤吾 新東亜協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276343昭和18
戦時経済の再出発猪谷善一 一元社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1277147昭和16
戦時経済の実相朝日新聞社朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271493昭和13
戦時経済の特殊問題大阪商科大学
経済研究所
日本評論社
戦時経済早わかり. 第11輯大阪毎日新聞社 編大阪毎日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271519昭和14
戦時経済法令集 第二輯野沢義明 編東洋経済新報社
戦時経済方策論小浜重雄 資源整備調査局https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278122昭和11
戦時経済法令集[第1輯] 東洋経済新報社 編東洋経済新報社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1281039昭和13
戦時国家の経済法峯村光郎 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278152昭和12
戦時産業金融論岡庭 博東洋書院
戦時産業施設考小浜重雄 小浜資源研究所
戦時産業動員論シェルベニンク白揚社
戦時商業経済提要安藤春夫伊藤文信堂書店
戦時戦後における我国経済河津 暹明大学会
戦時戦後の機械工業小島精一昭和図書
戦時日本経済史斎藤栄三郎伊藤書店
戦時日本の経済研究 下巻早稲田商学同攻会 編早稲田商学同攻会 編
戦時農業論W・マインホルト国際日本協会
戦時経済関係法規愛知県経済部 編高橋成弘社
戦争経済講話矢部利茂朝日新聞社
戦争・経済・生活高木友三郎 実業之日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1462830昭和15
戦争経済読本斎藤直幹 今日の問題社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1462782昭和12
戦争経済と商工会議所小穴 毅商工行政社
戦争経済の前進聯合情報社編輯局編聯合情報社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271472昭和13
戦争経済の知識清沢冽 室伏高信青年書房
戦争的世界と産業高木友三郎 日本文化中央連盟
戦争と精密工業青木保 科学主義工業社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1059307昭和17
鮮満支新興経済小島精一春秋社
戦力増強と化学工業山本 茂日本経国社
総動員法と経済松沢勇雄 ダイヤモンド社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1462940昭和14
総力戦経済の研究小樽高等商業
経済研究編
経済研究所
外南洋邦人水産業渡邊東雄南洋水産協会
大英帝国の経済同盟通信社 編同盟通信社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278202昭和11
泰国資源経済論吉田栄太郎三笘書房
泰国農村経済論明石二郎 関義彦中央公論社
第三帝国の新経済政策塚本義隆 新聞聯合社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1279958昭和10
大戦当初の独逸財政経済方策大蔵大臣官房
財政経済調査課
千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438789昭和12
大東亜化学工業論山本 茂国際日本協会
大東亜共栄圏と農業谷本亀次郎 泰文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1066487昭和16
大東亜共栄圏の北方経済井上一次 日本出版社
大東亜経済の推進金子鷹之助 青葉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1065646昭和20
大東亜経済建設展望報告書東京商工会議所 編東京商工会議所
大東亜経済建設論伊藤千代蔵博聞堂
大東亜経済建設論油谷堅蔵 泉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276264昭和19
大東亜経済資源大観竹村和夫日蘇通信社
大東亜経済と欧州新経済桑原晋 ダイヤモンド社
大東亜経済年報. 第2輯大東亜経済聯盟 商工行政社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267765昭和18
大東亜経済の諸相東亜調査会東京日日新聞社
大東亜経済の理論谷口吉彦 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276370昭和17
大東亜建設経済原理西村栄一湯川弘文堂
大東亜交易経済論中井省三 高山書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439278昭和19
大東亜工業経済論関野唯一国民社
大東亜産業立地計画論川西正鑑実業の日本社
大東亜産業立地概説永井龍一 谷中亀次郎泰文館
大東亜戦争以降
経済関係法規集. (三)
日本経済聯盟会
調査課 編
商工行政社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1450381昭和18
大東亜戦争を繞る経済戦略寺田弥吉 富山房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459425昭和17
大東亜農業経営の再編成角田藤三郎朱雀書林
大東亜の経済建設大形太郎 育生社弘道閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276360昭和18
大東亜の産業と住民芳邨勲 健文社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1275899昭和19
大東亜の社会と経済慶応義塾高等部編北隆館
大南方経済論浅香末起太平洋書館
第二次欧州大戦の経済的影響勝田貞次景気研究所
第二次欧州大戦とドイツの経済力南満州鉄道
調査部編
博文館
太平洋経済戦争論加田哲二慶応書房
太平洋に於ける経済的現勢清水博 富士出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267395昭和16
戦ふ軍需工業藤森政行東和出版社
弾丸下の経済建設郷古 潔東邦書院
中小工業統制組織日本学術振興会 編有斐閣
長期建設の意義と
我経済の耐久力 教育改造論
石橋湛山東洋経済出版部
長期戦下の財政経済高橋亀吉 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1441443昭和13
長期戦時経済体制岩井良太郎 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278315昭和13
長期戦と経済建設板橋菊松誠文堂新光社
朝鮮経済年報. 昭和15年版全国経済調査機関
聯合会 編
改造社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1445222昭和15
朝鮮工業の現段階川合彰武東洋経済新報社
京城支局
敵国人出願の発明考案集録.
電気工業編 上
帝国発明協会 編発明公報協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1064913昭和18
帝国の危機 : 非常時国防と
経済総動員の全貌
日本経済通信社 編日本経済通信社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1448057昭和8
転換期日本の財政と経済賀屋興宜朝日新聞社
転換期の日本経済と
新興コンツエルンの進む道
永田 耀世界経済情報社
転業と北支産業石川市郎新興亜社
ドイツ、イタリーの統制経済国政一新会 訳国政一新会
独逸国防経済論小穴 毅森山書店
独逸国民経済及
国防経済の原理
ハイリリッヒ・フンケ霞ヶ関書房
ドイツ戦時経済の運営重要産業協議会 編東邦社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1275164昭和18
ドイツ戦時経済大観日独文化振興会訳新紘社
ドイツ戦時経済叢書8
 戦争と経済
ヘルマン・パントレン日本電報通信社
ドイツ戦時経済叢書 
戦争と工業動員
ドイツ景気研究所日本電報通信社
独逸戦争経済雑話菊池春雄 泉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439273昭和19
独逸占領地域の経済経営南満洲鉄道㈱
調査部 編
日本評論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459386昭和16
ドイツに於ける工業原料自給の科学ヴィルヘルム・ユンゲルマン,
 ヘルベルト・フラフト
経済図書
独逸の経済と国民生活長井亜歴山 タイムス社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276308昭和16
ドイツの航空機工業飯島正義山海堂
ドイツの航空工業辻 猛三大日本飛行協会
独逸の新経済と日本東郷 豊伊藤書店
ドイツの政治と経済阿部泰夫 訳慶応書房
ドイツの戦時経済池田慶四郎 編日独旬刊社出版部
ドイツの戦時財政と
戦時経済
安井源雄不明
独逸の戦争経済エスターヘルト  日光書院
独逸の統制経済ゲルマニカス慶応書房
独逸武装経済の本質ヨーゼフ・ヴィンシュー 有光社
東亜共栄圏経済の理念桑原晋 叢文閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1277209昭和16
東亜共栄圏と繊維産業大日本紡績連合会編文理書院
東亜共栄圏と経済小笠原三九郎大日本法令出版
東亜経済教科書猪谷善一松邑三松堂
東亜経済論小島精一 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1884551昭和16
東亜経済読本中外商業経済部 編千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1441524昭和15
東亜経済研究3 
東亜の蚕糸業
本位田祥男
早川卓郎
有斐閣
東亜経済建設論山名正孝象山閣
東亜経済懇談会 
第四回大会報告
東亜経済懇談会編東亜経済懇談会
東亜経済年報山口高等商業学校
東亜経済研究所
改造社
東亜建設下の日本経済朝日新聞社編朝日新聞社
東亜建設戦と
財政経済の再編成
高橋亀吉 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271549昭和14
東亜広域経済論楢崎敏雄 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278365昭和15
東亜広域経済圏と独逸小関藤一郎東洋書館
東亜社会経済研究田村市郎 編教育図書
東亜ブロックの結成と
工業立地論
川西正鑑東京銀行集会所
東亜新経済論木村増太郎 投資経済社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1450416昭和16
統制経済講座大阪毎日、
東京日日他 編
一元社
統制経済と織物問屋の将来竹村 卓文苑社
統制経済と株式投資岡部寛之債券之日本社
統制経済と経済戦大河内正敏 科学主義工業社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1441623昭和15
統制経済の現状と将来高橋亀吉 朱雀書林https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276341昭和16
統制経済の指針 
皇道主義経済
松田藤太郎皇道経済社
独ソ戦を中心とする
ソ聯経済力の検討
東亜研究所特別第一
調査委員会 編
東亜研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1445051昭和19
ナチス経済建設長守善 日本評論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278466昭和14
ナチス経済と欧州の新秩序小穴 毅朝日新聞社
ナチス新統制経済読本小島精一 千倉書房
ナチス政治経済読本エルマース慶応書房
ナチス戦時経済の展望石島栄 木村太郎伊藤書店
ナチス農業政策救仁郷繁 渋川貞樹三省堂
ナチスの経済政策東亜経済調査局 編東亜経済調査局https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1280279昭和10
ナチスの戦争経済政策小穴 毅時代社
南支経済論河合俊三 三笠書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276267昭和16
南支の農業農村沼田政次東洋社
南洋華僑と経済大形太郎 聖紀書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1281278昭和17
南方共栄圏経済研究横浜高商
太平洋貿易研究所
大東書院
南方経済資源総攬第4巻 逸見重雄東亜政経社
南方経済資源総攬第6巻
マライ経済資源
大谷敏治 東亜政経社
南方経済資源総攬第7巻蒲池 清東亜政経社
南方経済資源総攬第8巻
インドの経済資源
伊東 敬東亜政経社
南方経済資源総攬第9巻
フィリピンの経済資源
大谷喜光東亜政経社
南方経済資源総攬第12巻金子鷹之助
清川正二
東亜政経社
南方経済と開発中外商業新報社
経済部 編
高山書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1065696昭和17
南方経済の進路藤井誠一鶴書房
南方経済の進路大形太郎 高山書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276285昭和17
南方経済の建設藤田武雄朝日新聞社
南方資源と日本経済金子鷹之助 東京講演会出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1280957昭和17
南方諸国の資源と産業賀川英夫ダイヤモンド社
南方石油経済宇井丑之助千倉書房
日満経済ブロツク問答小島精一 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1213074昭和7
日満支経済論木村増太郎 時潮社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268324昭和11
日満支経済問題講話東京商工会議所編巌松堂書店
日満支農業の基本問題水野武夫同文社
日満統制経済論小日山直登 創建社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1444931昭和7
日満統制経済論大蔵公望日本評論社
日支政治経済読本大阪毎日・東京日日
新聞社エコノミスト部 編
一元社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278507昭和12
日支事変経済史神永文三議会政治社
日ソ漁業問題の解剖鶴本徳太郎函館商工会議所
事務研究会
日本海経済日満工業新聞社編日満工業新聞社
日本経済革新案大綱柴田敬 有斐閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1441769昭和15
日本経済頌西谷弥兵衛 旺文社
日本経済年報. 第52輯
(昭和18年第1)
東洋経済新報社 編東洋経済新報社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1451251昭和18
日本経済年報. 第56輯
(昭和19年第1)
東洋経済新報社 編東洋経済新報社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1451283昭和19
日文華文 日本経済の強力性岩田耕作西東社
日本経済の軍事的形態小浜重雄 松山房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463458昭和13
日本経済の新局面と
生産力拡充の進路
東京通信社 編東京通信社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1274924昭和12
日本経済の飛躍と
世界危機の前途
高橋亀吉 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1269914昭和13
日本工業労働力論美濃口時次郎 理想社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459756昭和20
日本国体経済組織の提唱城山保次郎亜細亜書房
日本国防経済論松本治彦 大鵬社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439271昭和17
日本国家主義と経済統制作田荘一 青年教育普及会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1272249昭和9
日本産業発達論中西良一済美堂
日本主義経済学
ユダヤ主義経済の排撃
田村謙治郎 東風閣東京事務所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278512昭和15
日本主義経済新論岡本廣作増進堂
日本精神と日本産業金子鷹之助 科学主義工業社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438891昭和16
日本戦時経済の進む途岸信介 研進社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439267昭和17
日本戦時経済読本
封鎖経済と日本経済の前途
小島精一 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1903574昭和16
日本戦時経済研究岩崎松義 
細野孝一 編
伊藤書店
日本戦時経済の全貌東洋経済新報社編東洋経済新報社
日本戦時経済論小島精一 春秋社
日本戦時産業統制論小島精一 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1157661昭和16
日本戦争経済試論波田 尚世界創造社
日本統制経済の将来浜薫明 風間書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276331昭和16
日本に於ける統制経済本位田祥男 日本文化中央聯盟https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1277792昭和14
日本の重工業と東亜中野 豊朱雀書林
日本の戦時発展経済井上貞蔵 三笠書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1441798昭和13
日本もし戦わば
工業界はどう動く
堤 耕作 編日刊工業新聞社
ニユージーランドの産業資源松田信夫春潮社
農業と国土計画会田甚作泰文館
農業増産訓石黒忠篤週刊産業社
東印度農業経済研究奥田 或日本外政協会
非常時国民全集 産業篇木田 開 編中央公論社
非常時日本の国防経済林 武夫軍人会舘
必勝経済論荒木時次アジア青年社
比律賓の農業 上巻福原友吉三省堂
フィリッピンの政治経済問題国際経済学会刀江書院
仏印の農業経済森 徳久東洋経済新報社
ブロック経済と広域経済一井 修同文館
ブロック経済に関する研究菅沼秀助生活社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453674昭和14
ブロック経済の本質に関する報告菅沼秀助昭和研究会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463650昭和14
米国戦時経済論坂入長太郎紙硯社
米国戦時計画経済論森 武夫浅野書店
米国対支経済勢力の全貌外務省通商局 編日本国際協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453550昭和15
米国対支経済力の全貌土屋正千代日本国際協会
米国の対支経済政策東亜経済調査局東亜経済調査局https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453471昭和6
変革期日本の政治経済奥村喜和男 さゝき書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1275940昭和15
防共ナチスの経済政策ヒャルマール・シャハト刀江書院
北支経済開発の根本問題国際経済学会 編刀江書院
北支経済の開発大阪毎日新聞社 編大阪毎日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271509昭和13
北支産業と特別資源石川市郎日本たより社
北支農業経済論村上捨巳日光書院
北洋物語 : 漁業日本竹村浩吉 三省堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720295昭和19
マライ経済の諸問題大谷敏治 文化研究社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459384昭和18
マライ政治経済論向井梅次千倉書房
マレイシアの農業地理ファルケンブルグ中央公論社
馬来政治経済研究向井梅次台湾三省堂
満州開拓と北海道農業松野伝 生活社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267612昭和16
満洲開拓と北海道農業 改訂版松野伝 生活社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1450708昭和17
満洲経済の新動向渡辺武史 紙硯社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459376昭和18
満州経済ブロックの再吟味資源整備調査局資源整備調査局
満州国経済の研究堀 経夫日本評論社
満州国産業配分論坂入長太郎霞が関出版
満州国の政治と経済赤松祐之 編日本国際協会
満州産業建設学徒研究団
報告 第四編
久保勘三郎 編満州産業建設
学徒研究団
満州産業建設学徒研究団
報告 第二編講演集
久保勘三郎 編満州産業建設
学徒研究団
満州農業移民十講永雄策郎 編地人書館
満州農業再編制の研究佐藤武雄生活社
満蒙経済の実勢飯野健次 平凡社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1444139昭和9
満蒙の経済建設エコノミスト編輯部 編先進社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278828昭和7
水を中心として見たる 
北支那の農業
和田 保成美堂書店
民族、国家、経済、法律ゴットル白揚社
蒙疆の資源と経済和加竹誠 林田勲富山房
蒙古資源経済論楊井克己三笠書房
躍進日本工業大意大住吾八 藤井守一晃文社
躍進日本之工業工業日日新聞社 編工業日日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1263945昭和15
躍進日本の新財政経済策鈴木梅四郎 森山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278721昭和11
有色民族の復興と
其経済的自決
宮田光雄 猶興書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463875昭和12
蘭印の資本と民族経済浜田恒一 ダイヤモンド社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276280昭和16
蘭領印度農業政策史関 嘉彦中央公論社
臨戦経済態勢の諸問題円地与四松 昭和図書https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459319昭和16
列強の経済体制今村武雄ダイヤモンド社
列強の戦時金融経済原口蜜司 編東京銀行集会所
吾等の少年産業戦士 
恩愛の光
武内義行マネジメント社
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【タグクラウド】

GHQ検閲・GHQ焚書 GHQ焚書・50音別 キリスト教関係史 スポーツ テロ・暗殺 プレス・コード ユダヤ人 一揆・暴動・内乱 共産主義 北海道開拓 南朝 反日・排日 地方史 外交史 大東亜戦争 奴隷 対外関係史 廃仏毀釈 情報戦・宣伝戦 支那事変 政治史 日本人町 日露戦争 朝鮮半島 東南アジア 欧米の植民地統治 満州 神仏分離 神仏習合 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 神社仏閣庭園旧跡巡り 神社合祀 紅葉 織田信長 自然災害史 著者別 西尾幹二動画 豊臣秀吉 財政・経済 軍事 領土問題 飢饉・食糧問題

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。  

 無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの店舗でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史逍遥『しばやんの日々』

コメント