GHQが焚書処分した回教やキリスト教など宗教に関する本~~笠間杲雄 『大東亜の回教徒』、小野豊明 『比島宣撫と宗教班』

GHQ焚書
スポンサーリンク

 著明な歴史学者のアーノルド・J・トインビー博士は、第二次大戦についてこう記している。

 第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、偉大なる歴史を残したといわねばならない。その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去二百年の間に考えられていたような、不敗の半神でないことを明らかに示した点にある

(1956年10月28日/英紙「オブザーバー」)

 戦前の東南アジアは、タイを除くすべての国が西洋の植民地であったのだが、日本は戦争に敗れたものの、日本軍が戦ってイギリスやフランス、オランダの勢力が排除したことに刺激を受け、戦後それぞれの国が次々と旧宗主国からの独立を果たしていった。そして、それらの国々は概して親日であり、日本に感謝する政治家や軍人の言葉は枚挙にいとまがない。

 しかしながら、日本が西洋勢力を排除した後、旧宗主国と同じような統治をしていたなら、日本が敗戦した後に旧宗主国が植民地を取り返そうとした時に東南アジア諸国の人々が武器を持って立ち上がることにはならなかったであろう。

 日本が統治した時代の教育と現地人からなる軍事力を創設したことによって、これらの国が相次いで独立を果たすことができたのだが、民衆に兵器を貸与して軍事訓練を行うためには、現地人と強い信頼関係が構築されることが重要であることは言うまでもないだろう。東南アジアは人種も言語も宗教も様々であり、短い期間に一つの国をまとめあげることは決して容易なことではなかったはずだ。

 GHQ焚書の中には、日本が統治するにあたり現地の人々の宗教や信仰にどのような配慮をしたかということが書かれている本がある。今回は笠間杲雄 著『大東亜の回教徒』という本の一節を紹介したい。

 オランダは搾取をなし、イギリスは甘言をもって諸民族を導きつつ不当の利益をおさめたが、南方の原住民たちは割合に幸福であった。南方へ行けばその現実に誰もが一応不思議に感ずるのだが、これは彼らに生活の安定と、自分に都合のいい程度の自由を与えた結果である。…しかし原住民たちには、何かもの足らぬものがあった。

 もの足らぬもの、われわれ日本人は原住民が民族意識に醒めてきた現在、それを与えなければならない。それは正義と自由とを与えた上になお付加して与えなければならぬものである。即ち、東洋人の心、東洋人として日本人が持っている仁義の心、愛情である。愛情はオランダもイギリスもほとんど住民には与えてはいなかった。

 愛情を与えるためには、彼らの風俗、習慣、信仰を知らねばならない。特に回教を知ることは、愛情の泉に指をひたすことである。これによって、回教民族を正しく認識できるのである。日本人の心を、彼らに知らしむると同時に、彼らの心を知る方法はこれ以外にはなく、彼らの心を端的に知ることは、ひいては共栄圏確立に拍車をかけることになるのである。

 西洋人の統治政策理念は、まず行政機構、企画、体制といったものから出発するが、これは唯物的の考え方である。われわれは精神的なものから出発すべきである。俗に法三章というが、人間の心を握ることが出来れば、法律制度は三カ条で事足りるのである。

(笠間杲雄 著『大東亜の回教徒』六興商会出版部 昭和18年刊 p.106~107)
大東亜の回教徒 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 この本の大半の部分は、イスラム教の教義や歴史、信仰国の文化や習慣などについて解説されているのだが、ところどころに旧宗主国の統治について述べられているあたりが、GHQ焚書とされた原因なのだろう。

 また、GHQ焚書の『比島宣撫と宗教班』には、日本カトリック教団が司教・司祭・神学生・信徒からなる宗教部隊や修道女および婦人信徒からなる女子親善部隊をカトリック教徒の多いフィリピンに派遣したことが書かれている。 

 今次大東亜戦争は東亜の天地から米英蘭の誅求的勢力を駆逐して各民族をしてその所を得しむるにある。したがって民衆を敵としないことは開戦と共に帝国政府が公表したところであって、また作戦上からいっても占領後一日も早く治安を回復して兵站基地としての役割を果さしめるには、民衆に対する意思疎通、即ち被占領地の民衆をして日本の真精神を十分理解せしめて日本と協力しつつ日本の指導の下に立ち上がらしめることが第一に必要なことである。このために今次作戦に於いては第一戦とともに各地域に作家、新聞記者、通訳、映画写真技師、放送技師などあらゆる方面の特殊技能者を各種要員、報道班員として従軍せしめ、この民衆に対する意思疎通に専心せしめたのである。宗教部員もまたこの一翼として従軍したのであって、上陸直後における我々の任務は「宗教を通じての意思疎通」にあったと言える。

 そのためにわれわれは次に述べるような各種の方法を講じたのであるが、我々の唯一の武器は信仰である。カトリック者であるというこの一事である。カトリック教は世界の宗教であって、カトリック信者は国家民族を超えて同一の信仰を有しているのであって、この信仰という水準に於いては敵味方もない。「私は日本のカトリック司祭です。」といって手を差しのばせば、「私はフィリピンのカトリック信者です。」といって握り返すといった風に、そこに何のわだかまりもなく直ちに握手することが出来たのである。

(小野豊明 著『比島宣撫と宗教班』中央出版社 昭和20年刊 p.152~153)
比島宣撫と宗教班 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 今回はGHQ焚書のタイトルから、「仏教」「キリスト教」「儒教」「回教」「宗教」に関する書籍68点をリスト化を試みた。内14点が「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されているので、ネット環境があればだれでも全文を読むことができる。

タイトル(仏教関連)著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
印度仏教概説 下大谷大学 編法蔵館
皇国の三大公律と仏教村井昌八文明堂
国体と仏教椎尾弁匡東文堂書店
国体の信仰と仏教 
仏教哲理の再認識
稲津紀三大東出版社
国体明徴と仏教利井与隆一味出版部
国家と仏教東京帝国大学
仏教青年会
日本青少年
教育会出版
真宗の護国性普賢大円明治書院
真宗の護国性梅原眞隆 本願寺新報社
新東亜の建設と仏教仏教連合会編仏教連合会
人類の待望と
日本誕生の仏立宗教
梶本清純仏立社
大乗仏教と日本精神関 精拙槻道書院
時宗新論鈴木隆高千穂書房
南方共栄圏の仏教長井真琴前野書店
南方共栄圏の仏教事情中島莞爾甲子社書房
南方仏教の様態竜山章真 弘文堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1040278昭和17
日本精神と仏教高神覚昇第一書房
日本精神の教育
非常時と日本精神と仏教思想
日高進 講述第一人間道場https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1270620昭和11
日本精神文献叢書 第11巻
仏教篇上
横尾弁匡 編大東出版社
日本精神文献叢書 第12巻
仏教篇下
横尾弁匡 編大東出版社
日本仏教日本文化研究会編東洋書院
日本仏教概論大阪毎日新聞社編一生堂書店
日本仏教の性格梅原真隆全人社
日本文化と仏教の使命伊藤円定 日本禅書刊行会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1021589大正14
仏教の戦争観林屋友次郎 
島影盟
大東出版社
水戸学と仏教布目唯信興教書院
躍進日本と新大乗仏教古川雄吾中央仏教者
わが国体より見たる
仏教の是非とその実相
服部宗明神燎会
タイトル(キリスト教関連)著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
皇国神学の基礎原理佐藤定吉 皇国基督会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1091708昭和15
皇国日本の信仰佐藤定吉イエスの僕会
国体と基督教大谷美隆基督教出版社
日本精神と基督教藤原藤男ともしび社
不法の秘密 反基督の印章エス・テレス破邪顕正社
満州帝国とカトリック教田口芳五郎カトリック中央出版部
タイトル(儒教)著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
儒教と国学斎藤 毅春陽堂
儒教と我が国の徳教諸橋徹次目黒書店
儒道報国時局大講演集.
第1輯
浜野知三郎 編斯文会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1105803昭和13
日本精神と儒教諸橋轍次帝国漢学普及会
日本精神文献叢書 第10巻
儒教篇下
山口察常 編大東出版社
タイトル(イスラム教)著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
印度の回教徒小川亮作 地人書館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1040057昭和18
概観回教圏回教圏研究所 編誠文堂新光社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1444937昭和17
回教の歴史と現状加藤 久大阪屋号書店
回教民族運動史陳 捷照文館
大東亜回教発展史櫻井 匡三省堂
大東亜の回教徒笠間杲雄 六興商会出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1040049昭和18
日本精神と回教原 正男誠美書閣
タイトル (宗教)著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
アメリカの生産宗教中村元督 編日本興業倶楽部
広釈皇国の神と宗教木津無庵 破塵閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1039902昭和16
皇道と宗教山岡瑞円銀行信託社
国体本位の宗教教育中根環堂 如是社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1089730昭和13
国家の宗教的性格宇野円空 日本文化協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1207873昭和11
宗教新体制草案加藤一夫編甲子社書房
宗教新体制への進路岡本龍器興教書院
宗教団体法釈義市川三郎宗教制度研究会
宗教における日本精神の探求松倉菫直風俗社
宗教日本鶴藤幾太 教育研究会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1039914昭和18
宗教報国大原性実永田文昌堂
日本宗教江原小弥太千倉書房
戦争と宗教高橋正雄金光教徒社
大東亜建設と宗教戦時中央委員会編東京開誠館
大東亜戦争の宗教的構想湯浅興三警醒社
大東亜の民族と宗教東京帝国大学
仏教青年会
東京帝国大学
仏教青年会
超宗教国体論 天皇信仰遠藤友四郎 先進社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1175979昭和6
ナチスの宗教丸川仁夫アルス
南方圏の宗教仏教研究会 編大東出版社
南方宗教事情とその諸問題大日仏教会 編東京開成館
日本宗教江原小弥太千倉書房
日本宗教全史 第一巻比屋根安定教文館
比島宣撫と宗教班小野豊明 中央出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460337昭和20
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【タグクラウド】

GHQ検閲・GHQ焚書 GHQ焚書・50音別 キリスト教関係史 スポーツ テロ・暗殺 プレス・コード ユダヤ人 一揆・暴動・内乱 共産主義 北海道開拓 南朝 反日・排日 地方史 外交史 大東亜戦争 奴隷 対外関係史 廃仏毀釈 情報戦・宣伝戦 支那事変 政治史 日本人町 日露戦争 朝鮮半島 東南アジア 欧米の植民地統治 満州 神仏分離 神仏習合 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 神社仏閣庭園旧跡巡り 神社合祀 紅葉 織田信長 自然災害史 著者別 西尾幹二動画 豊臣秀吉 財政・経済 軍事 領土問題 飢饉・食糧問題

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより販売しています。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

【人気記事ランキング50 最近90日間】

GHQが焚書処分した「日本精神」に関する本~~辻善之助 『皇室と日本精神』2665 views
外国人襲撃事件が頻発する中で起きた生麦事件と英国人らの反応910 views
満州事変の前に何が起こっていたのか~~『少年満洲事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む 1798 views
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)734 views
聖ザビエル像が山奥で発見されたのち、売却された経緯~~隠れキリシタンの里2552 views
西尾幹二氏の『GHQ焚書図書開封』講義動画(無料)リスト478 views
西郷隆盛は何のために起ち上がったのか~~西南戦争2385 views
征韓論が生まれた背景と明治六年の政変374 views
GHQが焚書処分したヒットラーの著書を読む 2~~『我が闘争  第2巻 下』374 views
西南戦争が起こる前の鹿児島県は如何なる状況であったのか~~西南戦争1349 views
江藤新平と佐賀の乱~~戦争煽動責任は政府にあるのではないか336 views
日米を戦わせるように仕向けた国はどこなのか~~武藤貞一『日米十年戦争』(GHQ焚書)333 views
廃刀令が出た半年後に起きた熊本神風連の乱314 views
「国立国会図書館デジタルコレクション」で古い本の探し方308 views
GHQが焚書処分したナチス研究書1~~深尾重正著『ナチスの放送戦争』305 views
戦前の日本人の満州事変の理解を知る~~『少年満洲事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む 2302 views
大久保利通が台湾出兵を決断し、自ら清国との談判に臨み賠償金を獲得したこと286 views
GHQが焚書処分したナチス研究書2~~末次信正著『日本とナチス独逸』280 views
戦前の日本人は主要国の外交政策をどう捉えていたか~~『少年満洲事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む5280 views
GHQが焚書処分したヒットラーの著書を読む 1~~『我が闘争  第1巻 下』277 views
GHQが焚書処分したナチス研究書3~~八条隆孟 著『ナチス政治論』275 views
石川県の不平士族らによる大久保利通暗殺(紀尾井坂の変)272 views
秀吉が朱印船貿易を開始する前後のフィリピン~~朱印船貿易と東南アジアの日本人2272 views
西南戦争がはじまると高知県でも政府転覆に動く計画が動き出した266 views
神風連の乱の三日後に起きた秋月の乱243 views
満州国を攪乱したソ連と支那共産党~~『少年満州事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む4234 views
GHQが焚書処分したナチス研究書4~~水野正次 著『総力戦と宣伝戦:ナチス思想謀略の研究』231 views
薩長を支援したイギリスと、幕府に接近し助言し続けたフランス226 views
2022年新年のご挨拶220 views
江華島事件と李氏朝鮮の開国220 views
第一次上海事変はなぜ起きたのか~~『少年満州事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む3212 views
フィリピンの日本人町はどういう経緯でつくられたのか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人3210 views
大友宗麟による寺社破壊と、島津との戦いののち海外に売られていった豊後の人々209 views
支那事変でわが国が「敵国」と認識していたのはイギリスだった~~「戦争文化叢書」を読む1208 views
赤坂喰違の変で岩倉具視はいかにして難を逃れたか207 views
倭寇はなぜ元寇のあとから頻発するようになったのか~~倭寇1207 views
徳川家旧幕臣らが茶畑の開墾を始めた牧之原台地198 views
シャムで活躍した山田長政とアユタヤの日本人町~~朱印船貿易と東南アジアの日本人4198 views
前原一誠と萩の乱182 views
関東大震災の貴重な記録は今日に活かされているのか~~その1.大量の焼死者が出た東京182 views
戦場で拉致されて売られていった人々180 views
京都府久美浜町の歴史と文化にふれる旅176 views
開国後の朝鮮国をめぐる日本・清国の対立174 views
イギリスこそが世界最大の侵略国だった~~「戦争文化叢書」を読む2173 views
アヘン戦争、アロー号事件のあとイギリスが中国に押しつけた不平等条約171 views
わが国が第二次大戦で戦わざるを得ない状況に追い込んだ勢力~~武藤貞一著『日本の変貌』を読む169 views
弘安の役で元軍を襲った台風の後も続いた死闘とその後の元の日本侵攻計画~~元寇5169 views
GHQが戦後の日本人に封印したフィリピンの歴史~~奈良静馬『西班牙古文書を通じて見たる日本と比律賓』165 views
紅葉の季節に西脇の歴史・文化を訪ねて163 views
水戸藩の徳川光圀と徳川斉昭による廃仏毀釈とその目的160 views

コメント