GHQに焚書処分された「国体」関連書籍~~文部省 編纂 『國體の本義』

スポンサーリンク

 「国体」という言葉を聞いて、現在では「国民体育大会」を連想してしまうところだが、近世以降この言葉は、くにがら、国のあり方、国家の根本体制という意味で用いられてきた。

 Wikipediaによると、このような意味で「国体」が用いられるようになったのは近世以降で、嘉永六年のペリー来航以降、「国体という語は内治外交上重要なものとして用いられ、詔勅・宣命・その他公文書にも多く見られるように」なり、幕末期の使用例として、いくつか紹介されている。

 たとえば黒船来航の年の7月、前水戸藩主徳川斉昭が幕府に建言した意見十箇条には、夷賊を退治しないばかりか万が一にもその要求を聞き入れるようでは「御国体に相済み申しまじく」(国体にあいすみません)と記し、同月伊達慶邦が幕府に提出した書に「本朝は万国に卓絶、神代の昔より皇統連綿」、「和漢古今、稀なる御治盛の御国体に御座候」とある同年8月、孝明天皇が石清水放生会で攘夷を祈る宣命に「四海いよいよ静謐に、国体いよいよ安穏に、護り幸い給え恐み恐みも申し給わくと申す」と宣い、…。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E4%BD%93

 領土や個人の生命財産が守られても、くにがらが守られなければ、国を守ったことにならないという考え方は明治以降も続き、積極的に西洋文明などを採り入れながらも、総じてわが国のくにがらは守られてきた。

 第二次大戦に敗戦後多くの書物がGHQにより焚書処分され、「天皇制」について語ることがタブーであるような時代が続き、「国体」という言葉が死語になってしまって、不勉強の私には「国体護持」という言葉が「天皇制護持」と同義のようなイメージを持っていた。しかし実際に戦前戦中のテキストなどを読んでみると、「国体」という言葉には、天皇制だけでなく、日本語やわが国の文化や伝統や諸制度、習慣なども含まれていることが理解できる。国を守るということは、領土を守るということだけではなく、くにがらを守ることであり、戦後においてもその戦いは続いていると考えている。

 古来わが国には様々な外国文化が流入し、それらをわが国なりに取り込みながら「国体」を守ってきたのだが、GHQ焚書である『国体の本義』には、明治以来西洋の学問や思想が相次いで流入していることについて、これらを醇化して取り込むことの必要性を説いている。

 明治維新以来、西洋文化は滔々として流入し、著しく我が国運の隆昌に貢献するところがあったが、その個人主義的性格は、我が国民生活の各方面にわたって種々の弊害を醸し、思想の動揺を生ずるに至った。しかしながら、いまやこの西洋思想をわが国体に基づいて醇化し、以て広大なる新日本文化を建設し、これを契機として国家的大発展をなすべき時に際会している。

 西洋文化の摂取醇化にあたっては、まず西洋の文物・思想の本質を究明することを必要とする。これなくしては、国体の明徴は現実を離れた抽象的のものとなるであろう。西洋近代化の顕著なる特色は、実証性を基とする自然科学およびその結果たる物質文化の華やかな発達にある。更に精神科学の方面においても、その精密性と論理的組織性とがみられ、特色ある文化を形成している。わが国は益々これらの諸学を輸入して、文化の向上・国家の発展を期さねばならぬ。しかしながらこれらの学的体系・方法及び技術は、西洋における民族・歴史・風土の特性より来る西洋独自の人生観・世界観によって裏付けられている。それ故に、わが国にこれを輸入するに際しては、十分この点に留意し、深くその本質を徹見し、透徹した見識の下によくその長所を採用し短所を捨てなければならぬ

 明治以来のわが国の傾向を見るに、あるいは伝統精神を棄てて全く西洋思想に没入したものがあり、あるいは歴史的な信念を維持しながら、しかも西洋の学術理論に関して充分な批判を加えず、そのままこれを踏襲して二元的な思想に陥り、しかもこれを意識せざるものがある。また著しく西洋思想の影響を受けた知識階級と、一般のものとは相当な思想的懸隔を来たしている。かくて、かかる情態から種々の困難な問題が発生した。かつて流行した共産主義運動、あるいは最近における天皇機関説の問題の如きが、往々にして一部の学者・知識階級の問題であった如きは、よくこの間の消息を物語っている。…(中略)…

 おもうに西洋の思想・学問について、一般に極端なるもの、例えば共産主義・無政府主義の如きは、何人も容易にわが国体と相容れぬものであることに気づくのであるが、極端ならざるもの、例えば民主主義・自由主義などについては、果たしてそれが我が国体と合致たするや否やについては多くの注意を払わない。そもそもいかにして近代西洋思想が民主主義・社会主義・共産主義・無政府主義などを生んだかを考察するに、先に述べた如く、そこにはすべての思想の基礎となっている歴史的背景があり、しかもその根底には個人主義的人生観があることを知るのである。西洋近代文化の根本性格は、個人をもって絶対独立自尊の存在とし、一切の文化はこの個人の充実に存し、個人が一切価値の創造者・決定者であるとするところにある。したがって、個人の主観的思考を重んじ、個人の脳裏に描くところの観念によってのみ国家を考え、諸般の制度を企画し、理論を構成せんとする。かくして造られた西洋の国家学説・政治思想は、多くは、国家をもって、個人を生み、個人を越えた主体的な存在とせず、個人の利益保護、降伏増進の手段と考え、自由・平等・独立の個人を中心とする生活原理の表現となった。したがって、恣な自由解放のみを求め、奉仕という道徳的自由を忘れた謬れる自由主義や民主主義が発生した。而してこの個人主義とこれに伴う抽象的思考の発展するところ、必然に具体的・歴史的な国家生活は抽象的論理の影に見失われ、いずれの国家も国民も一様に国家一般乃至人間一般として考えられ、具体的な書く国家およびその特性よりも、むしろ世界一体の国際社会、世界全体に通ずる普遍的理論の如きものが重んぜられ、ついには国際法が国法よりも高次の規範であり、高き価値を持ち、国法はむしろこれに従属するものとするが如き誤った考えすら発生するに至るのである。

(文部省 編纂 『國體の本義』内閣印刷局 昭和12年刊 p.148~152)
國體の本義 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 この本は電子書籍でも読むことが可能。

 GHQ焚書リストの中から「国体」という言葉をタイトルに含む書籍は全部で151点あり、そのうち「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されているものは27点と少ない。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
解義国体の本義講話資料田制佐重啓文館
戯曲国体明徴石角春之助国民の友社
近世国体思想史論伊東多三同文館
堅実なる国体観念加藤尺堂精神教育研究会
皇国体の真髄松永 材日本主義研究所
皇国体制松永 材興亜青年運動本部
皇国体の大義渡邉八郎春陽堂
孝の哲学日本国体岩野直英旧邦社
国史と国体明治大学史学会 編明治大学
史学研究室
国体小室真之助皇道宣揚会
国体科学研究第1巻里見岸雄錦正社
国体学. 第1巻樋田豊太郎 樋田豊太郎https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1153935昭和9
国体学入門里見岸雄錦正社
国体観念協調の国史教育中野八十八  
加田庄之助
新生閣書店
国体教育史論福島政雄目黒書店
国体教育少年読本星野武男 明治会本部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1873647昭和10
国体教育の新建設東方書院 編東方書院
国体憲法学岡本精一国体科学社
国体原理天皇親政篇遠藤友四郎 錦旗会本部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1105522昭和8
国体講演録 第一篇文部省普通学務局宝文館
国体講演録 第二篇文部省普通学務局宝文館
国体講演録 第三篇文部省普通学務局宝文館
国体講話今泉定助 大日本運動本部
国体思想論広島文理大
精神科学会
目黒書店
国体史徴生田目経徳国体宣揚会
国体眞義杉浦重剛 
白鳥庫吉
世界文庫刊行会
国体信仰講座 第三巻高佐貫長行道文庫
国体信仰道解義鄭然圭 皇学会
国体精華大和魂馬場峰月帝国講学社
国体精神教育勅語
大日本の道
三村親信大日本家族協会
国体精神と教育今泉定助 三友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1071456昭和13
国体精神と生活の表裏小川博通改元堂
国体精神の涵養亘理章三郎 中文館書店
国体聖典水谷市太郎里見日本文化学
研究所
国体と教育渡辺八郎春陽堂
国体と基督教大谷美隆基督教出版社
国体読本杉浦重剛 
白鳥庫吉
世界文庫刊行会
国体読本田中耕雲海国社
国体と国家形態日本文化
中央連盟編
刀江書院
国体と国旗須基 浩理想社
国体と思想国防志水義暲 清水書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044864昭和17
国体と全体主義関栄吉 青年通信社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1045057昭和18
国体と仏教椎尾弁匡東文堂書店
国体と民族中山太郎東洋堂
国体に関する
異説に就いて
丹羽市三北国夕刊新聞社
国体に醒めよ古川清治島田満治郎
国体認識学里見岸雄国体科学社
国体の淵源日本精神
日本思想の原理
塩田盛道建国講演会
国体のお話金川金吾日本精神宣揚会
国体の信仰と仏教
仏教哲理の再認識
稲津紀三大東出版社
国体の真髄長谷川陸郎あさひこ発行所
国体の信念富永半次郎承謹会
国体の話西川平吉出来島書店
国体の本義詳説磯野 清目黒書店
国体の本義山田孝雄 宝文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1228752昭和11
国体の本義文部省 編内閣印刷局https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1880826昭和12
国体の本義 
解説大成
孫田秀春 
原房孝
大明堂書店
国体の本義詳細磯野 清目黒書店
国体の本義諸篇福井久蔵 編厚生閣
国体の本義通釈孫田秀春 原房孝大明堂書店
国体の本義と元首の
国法上の地位
北野豊治郎北野豊治郎
国体の本義と農道大日本農道協会編泰文館
国体の明徴と
政治及教育 全
大日本国体宣揚会皇学書院
国体法の研究里見岸雄錦正社
国体法理学辻本正一 平凡社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1039535昭和16
国体本位の宗教教育中根環堂 如是社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1089730昭和13
国体本義の明徴池岡直孝章華社
国体明徴憲法読本唯根伊与誠志堂書店
国体明徴を中心として
帝国憲法を論ず
山崎又次郎 清水書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271908昭和10
国体明徴皇道の道有賀極光東大古族学会
国体明徴講話資料金井真澄第一出版協会
国体明徴 
素神は支那中国の開祖也
有賀極光東大古族学会
国体明徴と
日本教育の使命
池岡直孝啓文社
国体明徴と臣民の正念石川金吾日本精神宣昭会
国体明徴と仏教利井与隆一味出版部
国体明徴読本松本重敏世界公論社
国体明徴日本精神講話教養会 編教養会
国体明徴の方法原理吉田熊次国民精神文化
研究所
国体理論集鄭然圭 皇学会
国体倫理学船口万壽国体科学社
国体論野村八良文明社
国体を描く画家神山白土艸書房
十七條憲法より観たる
大日本国体論
山田一太郎聖徳太子
政治研究会
情操的実践史観に基づく
国体 感銘の国史教育
中野八十八 三友社
少年少女国体の本義読本塚本勝義誠文堂新光社
神宮と国体・皇室と
国体に就て
日本皇政会
事業部編
日本皇政会事業部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1092293昭和12
新国体国民読本斎藤與治郎 編大戦翼賛宣揚会
新国体論永井 亨有斐閣
神国日本と国体主義松本富雄 編大日本国防協会
出版部
新修日本国体の研究田中智学 天業民報社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1039526昭和17
神道要典国体編山本信哉 編博文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1040102昭和17
神徳の輝国体明徴新垣金造 大日本建国会
報恩社
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278356昭和10
祖先崇拝と国体
及法制道徳の淵源
天野徳也巌松堂書店
体系的国体新論神作浜吉 宝文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1053495昭和6
大日本国体明徴論 上巻野見山岩太郎共栄社
大日本国体明徴論 中巻野見山岩太郎共栄社
大日本国体明徴論 下巻野見山岩太郎共英社
大日本国体読本松浦守夫大自然世界同胞会
田中智学の国体開顕里美岸雄錦正社
超宗教国体論 
天皇信仰
遠藤友四郎 先進社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1175979昭和6
哲学上より観たる
国体明徴
大槻正一東洋図書
日本皇道、日本精神、
日本国体、二位一体論
安藤政道研文書院
日本国体金子三太郎金子三太郎
日本国体西晋一郎 青年教育普及会
日本国体西晋一郎 述日本文化協会
出版部
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1096901昭和10
日本国体経済組織の提唱城山保次郎亜細亜書房
日本国体指針菱沼哲之助菱沼哲之助
日本国体主義日本国体主義
編纂審議会編
平凡社
日本国体主義と日蓮上人岡田考治郎岡田考治郎
日本国体新講座 
第一期第1号
明治会 編師子王文庫
日本国体新講座 
第一期第2号
明治会 編師子王文庫
日本国体新講座 
第一期第3号
明治会 編師子王文庫
日本国体新講座 
第一期第4号
明治会 編師子王文庫
日本国体新講座 
第一期第5号
明治会 編師子王文庫
日本国体新講座 
第一期第6号
明治会 編師子王文庫
日本国体新講座 
第一期第7号
明治会 編師子王文庫
日本国体新講座 
第一期第8号
明治会 編師子王文庫
日本国体新講座 
第一期第9号
明治会 編師子王文庫
日本国体新講座 
第一期第10号
明治会 編師子王文庫
日本国体新講座 
第一期第11号
明治会 編師子王文庫
日本国体新講座 
第一期第12号
明治会 編師子王文庫
日本国体新講座 
第一期第13号
明治会 編師子王文庫
日本国体新講座 
東亜版第3号
明治会 編師子王文庫
日本国体新講座 
東亜版第4号
明治会 編師子王文庫
日本国体新論清原貞雄育芳社
日本国体の王道里見岸雄新太陽社
日本国体の理論牧 健二有斐閣
日本国体への反省思想問題研究会青年教育普及会
日本国体本義日本国体本義
編纂審議会編
平凡社
日本精神文献叢書 
第3巻 国体篇
佐伯有義 編大東出版社
日本精神文献叢書 
第5巻 国体篇
河野省三 編大東出版社
日本の国体文部省思想局編日本文化協会
平易なる日本国体の話小倉鏗爾 文政社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1259563昭和9
明確なる日本の国体
: 草案
島忠亮 赤崎寅蔵https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1097198昭和14
山鹿素行の国体観納冨康之鶴書房
我が国の国体大西友太大日本雄弁会
講談社
我が国体山崎富伝皇道宣揚義会
わが国体と日本精神平岡清三郎皇道顕揚会
我が国体と神道河野省三 [述]石川県https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1095220昭和13
我国体と皇道小倉鏗爾 ダイヤモンド社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1031395昭和12
我が国体と祭政一致平沼騏一郎 述神祇院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1080496昭和15
我が国体と教学特色西晉一郎 述儒道研究会
我が国体と憲法論争板橋菊松 憲法学説
再検討の会
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438499昭和10
我が国体と国民精神鈴木友一廣文堂
我が国体と世界法大串兎代夫 国民精神文化
研究所
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1269940昭和14
我が国体と世界新秩序藤沢親雄 日本放送出版協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1039468昭和16
我が国体と日本精神平岡清三郎皇道宣揚会
我が国体と日本精神河野省三皇典講究所
国学院大学
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1091907昭和9
我が国体の正体横田 武不明
我が国体の本質宇田 尚酒井書房
わが国体より見たる
仏教の是非とその実相
服部宗明神燎会
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、紀伊国屋書店の下記10店舗に令和三年の二月末まで、各1冊だけですが常備陳列されることになっています。
川越店、流山おおたかの森店、梅田本店、グランフロント大阪店、川西店、クレド岡山店、広島店、久留米店、熊本光の森店、アミュプラザおおいた店
お取り寄せは上記店舗だけでなく、全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
令和二年三月末より電子書籍もKindle、楽天Koboより販売を開始しました。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

【このブログの人気記事30 最近90日間】

秀吉の伴天連追放令と朝鮮出兵の背景を考える~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む13418 views
弘安の役で元軍を襲った台風の後も続いた死闘とその後の元の日本侵攻計画~~元寇52609 views
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)2352 views
『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』の感想文紹介2169 views
倭寇はなぜ元寇のあとから頻発するようになったのか~~倭寇12156 views
秀吉が南蛮貿易を奨励して以降、外国との貿易はどう変わったか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人11929 views
種子島に伝来した鉄砲一挺を持ち帰った根来寺のこと1872 views
秀吉の朝鮮出兵はなぜ二回行われることになったのか~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む21749 views
弘安の役における武士たちの活躍~~元寇41597 views
明治末期に政府が推進した神社合祀と鎮守の森の大量破壊~~神社合祀11587 views
信長が最後にイエズス会と敵対する行動を取ったのはなぜか1572 views
文永の役で優勢に戦っていた元・高麗連合軍の船団がなぜ博多湾から消えたのか~~元寇21459 views
フィリピンの日本人町はどういう経緯でつくられたのか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人31376 views
外国人襲撃事件が頻発する中で起きた生麦事件と英国人らの反応1309 views
GHQに焚書処分された北条時宗に関する書籍に何が書かれているか~~元寇11295 views
震災直後の朝鮮人殺害は流言飛語によるものとする通説への疑問1254 views
聖ザビエル像が山奥で発見されたのち、売却された経緯~~隠れキリシタンの里21249 views
秀吉が朱印船貿易を開始する前後のフィリピン~~朱印船貿易と東南アジアの日本人21220 views
秀吉の紀州攻めで多くの寺社が焼かれた理由~~紀州攻め11148 views
文禄の役で明国との講和交渉を大失敗に導いた小西行長~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む31147 views
日露戦争後に神社合祀が推進された理由と南方熊楠の戦い~~神社合祀51133 views
シャムで活躍した山田長政とアユタヤの日本人町~~朱印船貿易と東南アジアの日本人41044 views
聖フランシスコ・ザビエル像が北摂の山奥に残された経緯~~隠れキリシタンの里1996 views
ロシア革命の活動資金を誰が支援し、レーニンら革命政府の指導者は最初に何を実行したのか988 views
大友宗麟による寺社破壊と、島津との戦いののち海外に売られていった豊後の人々976 views
北条時宗は文永の役のあと次の元寇に備えてどう動いたのか~~元寇3958 views
わが国が中国やインドのようにアヘンに毒されなかったのはなぜなのか940 views
後期倭寇の実態はいかなるものであったのか~~倭寇4929 views
幕末・明治重要人物関係文書、日記927 views
朝鮮総督府がまとめた朝鮮史915 views

コメント