GHQが焚書処分した「太平洋」をタイトルに含む本~~中川秀秋『太平洋波高し : 日本を襲ふ魔手の正体』

スポンサーリンク

 GHQが戦後没収廃棄した本のリストから、タイトルに「太平洋」を含む書籍を調べると、全部で61点あり、そのうち23点が「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている。

 その中から、中川秀秋 著『太平洋波高し』という本の一部を紹介させていただきたい。この本は昭和十六年四月に興亜資料研究所から出版された本で、同年三月に行われた講演会を書き起こしたものである。ちなみにわが国はその年の十二月八日に第二次大戦に参戦している。

 ソ連がわが国にいくらかでも接近しようとしているのは、最近日独伊の三国同盟が優勢なので分け前欲しさに秋波を送っているにすぎないのであります。その秋波がこんな棘を持っているのですから、まことにソ連という国は油断も隙もあったものではありません。しかも一方においては、蒋介石を利用し、抗日を続けさせているのであります。もっともこれは、シナの共産化という目的があるのであります

 元来、ソ連は二重性格を持っていると言われております。それは資源の点からは英米同様『持てる国』ではありますが、その国があまりに北方に偏しておりますため、冬に使える港がないという点からは、一種の『持たざる国』と見ることが出来るのであります。このことから、その外交方針が融通自在、少しでも有利と見れば一夜のうちにでもドテン返しするくらい平気なのであります。しかしなお、その上にソ連外交にはもう一つ奥の奥の目的があるのであります。それは、コミンテルンの世界赤化政策であります。その為には自分を除いたすべての国が弱くなることが必要なのであります。そして漁夫の利を占めようとしているのであります。かつて、独ソ条約が発表された時、日本では複雑怪奇と申しましたが、ソ連から見れば決し不思議でも何でもなかったのであります。老大国イギリスがいつまでも世界を牛耳っていては、自分の思う通りになりませんので、ドイツ人と結ぶことにより、英独を闘わせて両国を疲れさせ、欧州を支配しようとしたのであります。しかしこれは少し誤算でドイツがあんなにも簡単に勝つとは、思わなかったでありましょう。と言って今さら英国と結ぶことは手遅れでありますから、第二の策として、日米を戦わせ、そのすきに乗じようとしているのであります。ですから今日、ソ連が、わが国に近づいてきたからとて、安心して充分な用意もなく対米戦争に突入すれば、その結果はソ連をして独り甘い汁を吸わせることになるのであります。


中川秀秋 著『太平洋波高し : 日本を襲ふ魔手の正体』興亜資料研究所 昭和16年刊 p.28~30
太平洋波高し : 日本を襲ふ魔手の正体 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 実際にソ連は、昭和二十年(1945年)八月八日に日ソ中立条約を一方的に破棄してソ満国境で対日参戦し、「漁夫の利」を得ようとしたのであるが、戦前戦中には、このようなソ連の戦略の存在を指摘している識者が少なからず存在したのである。ところが、戦後のわが国では長きにわたり、このような歴史記述はほとんどタブー扱いであった。

 しかしながら、近年になってソ連の暗号文書や機密文書などが解読され、欧米を中心に二十世紀がソ連・コミンテルンとの戦いであったという見方の正しさが主張されるようになってきた。わが国でも江崎道朗氏の著書などでこのような見方がで紹介されるようになってきたのだが、戦前のわが国にはそのような指摘をする識者が中川氏のほかにも、何人も存在していたことを知るべきである。

 以下が、GHQ焚書でタイトルに「太平洋」を含む書籍のリストだが、気になるタイトルや著者の著作を覗いていただければありがたい。

タイトル著者・編者出版社出版年国立国会図書館デジタルコレクションURL
亜細亜民族と太平洋松本悟朗 誠美書閣昭和17https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1273685
動く太平洋の実相南方調査会高山書院
開戦太平洋脱出記四至本八郎青磁社
極東大陸及び太平洋大決戦
日と米露何れが勝つか
加藤 明極東出版社
軍縮の不安と太平洋戦争平田晋策 天人社昭和5https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1464370
血戦場南太平洋吉田一次 
西野源
大雅堂
皇国の興廃太平洋にあり廣瀬彦太興亜日本社
濠洲及南太平洋長倉矯介日本書房
濠洲の現勢 太平洋叢書伊藤孝一海洋文化社
刻下の南太平洋 : 日蘭会商の
経過と其経済的再吟味
辻森民三 開南同盟本部昭和10https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276397
史歌太平洋戦川田順 八雲書林昭和17https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1127890
上代太平洋圏仲小路彰戦争文化研究所
新聞記者の観た太平洋戦争鹽崎 誠鹽崎 誠
西南太平洋毎日新聞社毎日新聞社
戦雲動く太平洋石丸藤太 春秋社昭和8https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1465583
大東亜太平洋圏の新展望欧文社編輯局欧文社昭和17https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267114
太平洋海軍問答杉本 健朝日新聞社
太平洋近代史仲小路彰戦争文化研究所
太平洋経済戦争論加田哲二慶応書房
太平洋攻防世界第二大戦石丸藤太万里閣書房
太平洋上の制覇菅勇 富士書房昭和14https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1441386
太平洋上の日本相馬 基東京日日新聞社
太平洋侵略史仲小路彰戦争文化研究所
太平洋侵略史仲小路彰戦争文化研究所
太平洋侵略史3仲小路彰戦争文化研究所
太平洋侵略史5仲小路彰戦争文化研究所
太平洋侵略史6仲小路彰戦争文化研究所
太平洋戦争石丸藤太春秋社
太平洋殲滅戦石丸藤太聖紀書房
太平洋戦略序論斎藤忠 春陽堂書店昭和16https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1444887
太平洋戦略論池崎忠孝 新光社昭和8https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1037202
太平洋争覇の実相と
帝国の自衛
岡田銘太郎自衛社
太平洋と列強海軍中村伸康 高山書院昭和13https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1462936
太平洋読本日本青年外交協会
研究部 編
日本青年外交協会昭和16https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439039
太平洋島嶼誌 
メラネシヤ篇
荘司憲秀三省堂
太平洋波高し :
日本を襲ふ魔手の正体
中川秀秋 興亜資料研究所昭和16https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1272762
太平洋に於ける
英帝国の衰亡
角田順 中央公論社昭和17https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439030
太平洋に於ける経済的現勢清水博 富士出版社昭和16https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267395
太平洋の今と昔松田伊勢次三成社書店
太平洋の危機 
陛下の艦隊とアメリカ
宮島惣造文教科学協会
太平洋の発見永田寛定十一組出版部
太平洋の夢室伏高信 青年書房昭和15https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1686536
太平洋は叫ぶ今野幸助 新東亜社昭和15https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1441397
太平洋防衛史1仲小路彰戦争文化研究所
太平洋民族誌松岡静雄 岩波書店
岩波書店
昭和16https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453694
太平洋問題加藤尚雄 述天理教道友社昭和14https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1272501
東亜共同体と太平洋戦争原 勝日本青年外交協会
東亜に立ちて外人記者の
見たるソ連及び太平洋
枡居伍六 編日本電報通信社
南進叢書. 第9 
南太平洋諸島
南方産業調査会 編南進社昭和17https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044041
南方圏の現実と太平洋山田文雄 万里閣昭和16https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1281503
ハウスホーファーの
太平洋地政学解説
佐藤荘一郎 六興出版部昭和19https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438943
東太平洋征空隊藤田義光研文書院
非常時海軍と太平洋高橋節雄 述積文館書店
米国の太平洋戦備中村秋季新生社
南太平洋航空戦大本営海軍
報道部編
山海堂出版部
南太平洋航空戦大本営海軍
報道部編
文芸春秋社
南太平洋諸島南方産業調査会 編南進社昭和17https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1876041
南太平洋諸島鈴木改記東京講演会出版部
南太平洋読本外務省情報部 編改造社昭和13https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1878636
南太平洋の決戦瀧田憲次天祐書房
南太平洋の戦場瀧田憲次日本軍事図書
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、紀伊国屋書店の下記10店舗に令和3年の2月末まで、各1冊だけですが常備陳列されることになっています。
川越店、流山おおたかの森店、梅田本店、グランフロント大阪店、川西店、クレド岡山店、広島店、久留米店、熊本光の森店、アミュプラザおおいた店
お取り寄せは上記店舗だけでなく、全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
令和二年三月末より電子書籍もKindle、楽天Koboより販売を開始しました。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント