GHQに焚書処分された西洋・欧米に関する書籍~~福沢桃介 『西洋文明の没落 : 東洋文明の勃興』

GHQ焚書

 戦後になってわが国に関する史実の多くが封印されたことは何度も書いてきたが、わが国とは無関係な史実についても多くが封印されている。たとえば「奴隷制」に関する問題がそうだが、戦前・戦中にはこの問題は普通に論じられていた。

福沢桃介(45歳の頃)Wikipediaより

 福沢諭吉の婿養子で「電力王」の異名をとった福沢桃介が、実業界を引退したのちの昭和七年に『西洋文明の没落 : 東洋文明の勃興』を著し、「奴隷制」について次のように解説している。戦後の書物でこの制度について詳しく論じられることは少ないと思う。

 奴隷は西洋の古代において、バビロニア、アッシリア、エジプト、ギリシャ、また降ってはローマ時代にも、言語のうえではすでに存在していたのであるが、中世に至るに及んで、宗教上の原因が主となり、これへ経済上の原因も加わって、この奴隷制度は中絶してしまった。しかも近代に至り、不思議にも再び復活するに至ったのは、前に述べた如く、海外に進出していた貿易業者の必要から生まれたものである、と観なければならぬ。これが即ち、いわゆる『近代奴隷(モダン・スレーブリー)』で、15世紀の中葉にその濫觴をおくのである。

 1442年、ヘンリー親王が、アフリカの西北岸を探検しての帰りに連れてきたのが、ヨーロッパにおける奴隷再現の最初のものであるが、その当時は、単に好奇心を満足せしむるために、奴隷は蓄えられたというにすぎなかったのであるが、それがいよいよ大規模に取り扱われるようになり出したのは16世紀の末葉頃からである。

 爾来17世紀、18、19世紀を通じてこの奴隷は、ヨーロッパ人により売買されていたのである。

 奴隷売買は、なぜ非常に儲かったかと言えば、いわゆる近代奴隷は、古代における奴隷とは全く違っていて、全然その人格を認めず、人間を牛馬視するものであったからで、古代の奴隷は同じく『奴隷』と称せられても、その人格を認められ、なかんづくギリシャ時代は、王室の家庭教師なんかにさえ奴隷がいたのである。また、ユダヤの明君アブラハムの妃になった夫人も奴隷で、その間にできた子供が、王位についたということも歴史にある。さらに、エジプトの女王クレオパトラの侍婢達にも、奴隷は沢山にいたのである。…中略…

 奴隷はよく言語を理解し、巧みに事を弁別して、大いに経済的価値を発揮するから、馬や牛に較べて、数倍の市価を生ずるに至るのは理の当然で、為に奴隷は非常に高い値段で売買されたのである。そこで、歴史的に『あの時代には奴隷はいくらした。この時代にはいくらであった』ということを記述してみたいのであるが、それには材料が乏しくて困る。蓋しヨーロッパの学者達は奴隷については書くことを嫌い、これを抹殺したがっているからで、ために奴隷に関する記録は、文献の上にほとんど残っておらず、これを探すにも、これを立証するにも困るほどである

福沢桃介 著『西洋文明の没落 : 東洋文明の勃興』ダイヤモンド社出版部 昭和7年刊 p.36~39
西洋文明の没落 : 東洋文明の勃興 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 わが国にキリスト教が伝来して以降ポルトガルとの貿易が開始されようになると、多くの日本人が奴隷として売られていったことは、ルイス・フロイスの記録をはじめ国内外で記録が残されている。そのことを理解した上で、当時のイエズス会の世界戦略を知らないと、なぜ秀吉が伴天連追放令を出し、徳川家康、秀忠、家光の時代にキリスト教を厳しく禁じたかを正しく理解することができないと思うのだが、戦後の教科書や日本史の通史にはこのようなことは書かれていない。

 このテーマについては拙著『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』に出典を示して詳しく書いたので、興味のある方は覗いて頂きたい。戦前戦中においてはこのような史実を書いている本は少なからず存在したのだが、戦後になってからは長きにわたり、欧米にとって都合の悪い歴史はほとんど封印されたままの状態にあったと言ってよい。

 福沢は、この本で当時奴隷がいくらぐらいで取引されているかについて述べたあと、どの程度の人数が取引されたかについてこう書いている。

 アフリカ大陸において捕獲された奴隷の延べ人員は果たしていくらであったであろうか。イギリスやアメリカの学者たちは、流石に遠慮してこれを書いておらぬが、ドイツの学者たちは、ある程度の数字を発表している。同国で有名な植民学者チンマーマンの『植民史』、ゾンバルトの『近代資本主義』および『奢侈と資本主義』の両著中には、所々にその数字が載っている。

 これらによると、18世紀の末頃アフリカにおいて、一年間約五十万人の奴隷が捕獲されたとのことである。もちろんその時分は奴隷捕獲の非常に盛んな頃であったから、これを標準として平均することはできないが、チンマーマンの数字とゾンバルトの数字を合わせて概略計算すると、アフリカ大陸において総計一億五千万人の奴隷が捕獲されたように思われる

 奴隷にされたのはアフリカ大陸の黒人ばかりではない。アメリカ大陸のアメリカインディアンも奴隷になったのである。初めコロンブスがアメリカインディアンを発見した時には、これを赤人または銅色人種と名付けた。これはコロンブスが発見した西インド諸島は、銅色の染料を産する土地で、しかも非常に暑い所であるから、土人はすべて裸身で生活し、その銅色占領を皮膚に塗りつけて、赤色にしていたのを、コロンブスの一行は、土人の皮膚の色が元来から赤いものであると思い違え「赤色人種」と名付けるに至ったのであるが、その実は赤くもなんともなく、なおかつ黄色人種である、ということが後年に至って判明したのである。

 アメリカインディアンが、かく奴隷にせられた結果、その数は大いに減ることになった。元来アメリカインディアンは病原菌を持つことの非常に少ない民族であったに反し、世界中で最も多くの病原菌を持っているのはヨーロッパ人で、病原菌の巣窟であるといわれているほどであるから、そのヨーロッパ人によって植え付けられた病原菌は、非常なる勢いでアメリカインディアンに伝染し、…かなりの数が、この病原菌に犯されて病毒のために倒れ、従って奴隷として残った者は少ないのである。

 また南洋諸島の褐色人種、すなわち普通一般に馬来(マレー)人と称せられている民族も、奴隷にされた。そのことはマルクスの『資本論』中の『近世植民地説』という編に出ている。それにはセレベス、ボルネオ、ジャバ等でのありさまが書いてあるが、かなり沢山の奴隷が捕獲されている。即ちアフリカの黒人ばかりでなく、東洋人たる南洋諸島の褐色人も…インドの海岸あるいはインドシナ半島、シナ海岸などで莫大なる数が奴隷にされている。

 こうして全世界において概算三億以上の者が――すなわちアフリカの黒奴だけで一億五千万、それから来馬人其の他を合算して三億以上の者が、ヨーロッパ人のために奴隷にされ、ヨーロッパ人に莫大なる金もうけをさせてやったということになる

(同上書 p.42~44)
西洋文明の没落 : 東洋文明の勃興 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 それから福沢は、ヨーロッパの近代文明は奴隷制度のたまものであると書いたのち、産業革命後には奴隷制度が衰退し、代わって近代的工業組織が勃興して、諸原料や食糧の確保、販路拡大のためヨーロッパは勢力範囲の拡張を図り、十九世紀には世界大陸の九分の八がヨーロッパ人が支配することとなり、二十世紀の初頭にはさらに極東の分割問題まで進んでわが国も分割される可能性があったことに触れている。戦後はこのような観点から書かれた歴史書は皆無と言ってよく、ページ数が92とそれほど長くないので、興味のある方は一読を勧めたい。

 GHQに焚書処分された書籍の中から、タイトルに「西洋」「欧州(洲)」「欧米」を含む64冊をリスト化した。内容については戦前・戦中の日本人が欧州・欧米の情勢や歴史を解説した本が大半だが、日本の歴史とは関係が薄いはずの西洋の歴史について、なぜ戦勝国は戦後の日本人に読ませないようにしたのか、どのような史実を彼らが隠そうとしたのかを知るきっかけとなれば幸いである。

 「国立国会図書館デジタルコレクション」で19冊がネットで公開されている。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
裏から見た欧州の外交戦長谷川了今日の問題社
欧洲広域国際法の
基礎理念
安井郁 有斐閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1269826昭和17
欧洲広域圏の建設東京かぶと新聞社編東京かぶと新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439279昭和17
欧洲情勢と支那事変本多熊太郎 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1261509昭和14
欧州戦局の推移欧亜通信社 編欧亜通信社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438859
欧州戦争をどうする石丸藤太 国民新聞社
欧州戦争を繞りて
列国の態度並軍備比較
小山与四郎編海軍有終会
欧州戦と青年浜田常二良潮文閣
欧州戦乱の真相原田瓊生原田瓊生
欧州大戦 上仲小路彰世界創造社
欧州大戦史の研究 
第一巻
石田保政 述陸軍大学校
欧州大戦における
仏軍自動車の作戦輸送
大谷清磨菊池屋書店
欧州大戦に於ける
独逸空軍の活躍
陸軍航空本部軍事界社
欧洲大戦の見透し渡辺翁記念
文化協会
渡辺翁記念
文化協会
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1036265昭和14
欧州大戦をめぐる
列強戦備の全貌
篠原武英人文閣
欧州大動乱と東亜連盟田中直吉 立命館出版部
欧州動乱読本太平洋協会編豊文書院
欧州動乱と貿易対策大阪市産業部
貿易課
大阪市産業部
貿易課
欧州動乱と次にくるもの三島康夫今日の問題社
欧州に戦雲漲る松下芳男小冊子書林
欧州の運命重徳泗水、
丸山政男
高山書院
欧州の危機アンドレ・ジーグフリード香川書店
欧州の現勢
戦局の展望と地政学 上
金生喜造古今書院
欧州の現勢と独英の将来山本實彦改造社
欧洲の現勢と準戦時経済武藤孝太郎 武藤孝太郎 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1440427昭和12
欧州の宣伝戦とは 
戦争は戦争でない
山口勝治 編厚生書院事業部
欧洲はどう動く朝日新聞社 編朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1100322昭和10
欧洲を繞る世界情勢白鳥敏夫 ヨーロッパ問題研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1462801昭和15
欧米一見随感古井喜実良書普及会
欧米外交秘史榎本秋村 日本書院出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268550昭和4
欧米勢力の東洋進出太平洋問題調査部日本国際協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1280854昭和14
欧州大戦史の研究 
第二巻
石田保政 述陸軍大学校
欧州大戦と
日本産業の将来
小島精一千倉書房
欧米の動きと支那事変鶴見三三岡倉書房
欧米より祖国へ三富秀夫鉄道時報局
危機に立つ欧州星野辰男 編朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1261454昭和12
危機の欧洲河相達夫 述日本青年外交協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1100094昭和14
決戦迫る欧州戦局甲斐静馬甲斐静馬
国民主義と欧米の動き蜷川新 日本書院出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1172063昭和6
今日の欧州加瀬俊一東京日日新聞社
最近の欧米教育星野華水 数学研究社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1075972昭和8
新欧羅巴の誕生山本實彦改造社
西洋戦史 欧州大戦 
下ノ1
仲小路彰戦争文化研究所
西洋戦史 欧州大戦 
下ノ2
仲小路彰 戦争文化研究所
西洋文明の没落 :
東洋文明の勃興
福沢桃介 ダイヤモンド社出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130737昭和7
戦時欧州飛脚記斎藤祐蔵清水書房
戦争史. 西洋古代篇伊藤政之助 戦争史刊行会
戦争史. 西洋中世篇伊藤政之助 戦争史刊行会
戦争史. 西洋近古篇伊藤政之助 戦争史刊行会
戦争史. 西洋近世篇伊藤政之助 戦争史刊行会
戦争史. 西洋最近篇伊藤政之助 戦争史刊行会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1221129昭和15
旋風裡の欧米岡田忠彦 述中央朝鮮協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1099529昭和11
大東亜経済と欧州新経済桑原晋 ダイヤモンド社
第二次欧州戦は
何れが勝つか
関根郡平 健文社
第二次欧州大戦の
経済的影響
勝田貞次景気研究所
第二次欧州大戦の研究清沢 冽東洋経済出版部
第二次欧州大戦史略原田瓊生明治書房
第二次欧州大戦と
ドイツの経済力
南満州鉄道調査部編博文館
第二次欧州大戦と
ヒットラー総統
松山悦三不明
第二次世界大戦の勝敗 
第一部欧州大戦の巻
石丸藤太刀江書店
独逸の戦争目的 :
欧州新秩序の輪郭
景山哲夫 大同印書館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459237昭和16
動乱欧州を衝く
 独乙の欧洲新秩序建設
長谷部照俉 誠文堂新光社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044294昭和16
ナチス経済と
欧州の新秩序
小穴 毅朝日新聞社
訪欧所感第一次加藤完治地人書館

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、 お取り寄せは全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書181 対外関係史81 地方史62 ロシア・ソ連51 イギリス38 中国・支那36 神社仏閣庭園旧跡巡り34 日露戦争33 共産主義32 軍事31 著者別31 反日・排日31 政治史29 京都府28 神仏分離27 神戸大学 新聞記事文庫26 欧米の植民地統治26 廃仏毀釈26 ユダヤ人25 外交史25 アメリカ24 対外戦争22 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 朝鮮半島20 コミンテルン・第三インターナショナル20 菊池寛19 情報戦・宣伝戦18 テロ・暗殺18 一揆・暴動・内乱17 満州16 豊臣秀吉16 ハリー・パークス16 GHQ焚書・50音別リスト15 支那事変14 海軍13 西郷隆盛12 東南アジア12 紅葉11 陸軍11 ルイス・フロイス11 アーネスト・サトウ11 分割統治・分断工作10 倭寇・八幡船10 大阪府10 ドイツ10 徳川慶喜10 不平士族10 戦争文化叢書10 ペリー9 奴隷9 奈良県9 和歌山県9 イエズス会9 岩倉具視9 フランス9 寺社破壊9 伊藤痴遊9 人種問題9 A級戦犯8 インド8 オランダ8 ナチス8 小村寿太郎7 ジョン・ラッセル7 修験7 神仏習合7 神社合祀7 徳川斉昭7 文化史6 飢饉・食糧問題6 関東大震災6 木戸孝允6 大久保利通6 ジェイコブ・シフ6 兵庫開港6 永松浅造6 ロッシュ6 自然災害史6 情報収集6 大東亜戦争6 大隈重信5 伊藤博文5 滋賀県5 ウィッテ5 ジョン・ニール5 金子堅太郎5 長野朗5 奇兵隊5 ロシア革命5 隠れキリシタン5 アヘン5 財政・経済5 山縣有朋5 紀州攻め5 高須芳次郎5 児玉源太郎5 スパイ・防諜4 旧会津藩士4 日本人町4 東郷平八郎4 井上馨4 武藤貞一4 阿部正弘4 小西行長4 山県信教4 日清戦争4 平田東助4 堀田正睦4 石川県4 南方熊楠4 高山右近4 乃木希典4 兵庫県4 フランシスコ・ザビエル4 水戸藩4 フィリピン4 孝明天皇4 国際連盟4 スペイン4 井伊直弼4 ナチス叢書4 西南戦争4 東京奠都4 津波3 桜井忠温3 福井県3 プチャーチン3 生麦事件3 徳川家臣団3 藤木久志3 竹崎季長3 川路聖謨3 鹿児島県3 士族の没落3 勝海舟33 日米和親条約3 平田篤胤3 王直3 ガスパル・コエリョ3 薩英戦争3 福永恭助3 フビライ3 山田長政3 シュペーラー極小期3 菅原道真3 中井権次一統3 安政五カ国条約33 朱印船貿易3 北海道開拓33 韓国併合3 下関戦争3 三国干渉3 イザベラ・バード3 タウンゼント・ハリス3 日独伊三国同盟3 高橋是清3 レーニン3 薩摩藩3 台湾3 柴五郎3 静岡県3 伴天連追放令3 松岡洋右3 廃藩置県3 義和団の乱3 プレス・コード3 文禄・慶長の役3 明石元二郎3 和宮降嫁3 満州事変3 織田信長3 ハリマン2 大火災2 坂本龍馬2 伊勢神宮2 富山県2 足利義満2 高知県2 火野葦平2 王政復古の大号令2 三重県2 仲小路彰2 尾崎秀實2 文明開化2 大江卓2 山本権兵衛2 南朝2 沖縄2 南京大虐殺?2 文永の役2 神道2 淡路島2 明治六年政変2 北条時宗2 徳島県2 懐良親王2 地政学2 土一揆2 第二次世界大戦2 大東亜2 弘安の役2 吉田松陰2 オールコック2 領土問題2 豊臣秀次2 板垣退助2 島津貴久2 島根県2 下剋上2 武田信玄2 大川周明2 島津久光2 日光東照宮2 鳥取県2 足利義政2 国際秘密力研究叢書2 大友宗麟2 安政の大獄2 応仁の乱2 徳富蘇峰2 水野正次2 オレンジ計画2 オルガンティノ2 安藤信正2 水戸学2 越前護法大一揆2 江藤新平2 ラス・ビハリ・ボース2 大政奉還2 野依秀市2 福沢諭吉2 シーボルト1 フェロノサ1 徴兵制1 熊本県1 版籍奉還1 福岡県1 陸奥宗光1 穴太衆1 宮崎県1 督戦隊1 重野安繹1 山中峯太郎1 鎖国1 藤原鎌足1 加藤清正1 岐阜県1 宮武外骨1 科学・技術1 五箇条の御誓文1 愛知県1 前原一誠11 伊藤若冲1 ハワイ1 武藤山治1 上杉謙信1 一進会1 大倉喜八郎1 北条氏康1 尾崎行雄1 スターリン1 桜田門外の変1 徳川家光1 浜田弥兵衛1 徳川家康1 長崎県1 日野富子1 北条早雲1 蔣介石1 大村純忠1 徳川昭武1 今井信郎1 鉄砲伝来1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 スポーツ1 あじさい1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 佐賀県1 士族授産1 後藤象二郎1 神奈川県1 東京1 大内義隆1 財政・経済史1 広島県1 大村益次郎1 足利義持1