GHQが焚書処分した日本の通史~~北垣恭次郎『新訂小学国史の指導精神.高2』

スポンサーリンク

 GHQが焚書処分した本の中で、彼らがどのような意図をもって戦後の日本人に読めなくしたかが一番わかりやすいのが、わが国の歴史に関する通史を戦後の一般的な通史と読み比べることだと思う。

 戦前・戦中の歴史書でGHQが焚書にした本といえば、「軍国主義」、「皇国史観」の洗脳、というイメージがつきまとうのだが、実際に読んでみると戦後知らされてこなかった史実の多さと、戦前の書物のレベルの高さに驚かされる。

 上の画像の北垣恭次郎著『新訂小学国史の指導精神.高2』は、高等小学校(現在の中学1年~2年)の国史の指導にあたる教師用に著されたもので、安土桃山時代以降の日本の歴史の解説書である。この本は、神代から室町時代について書かれた『新訂小学国史の指導精神.高1』の続編にあたるのだが、著者が同じであるのにもかかわらず、焚書処分されているのは続編だけである。

 たとえばこの本の豊臣秀吉の記述を読んでみると、拙著『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』で採り上げた、バテレン追放令に至った背景がしっかり書かれている。

 秀吉はよく信長の政策を遵守して、その偉業を大成した人であるが、キリスト教に対しては、反対な態度を執ってこれを抑制した。しかしそれには相当の理由があったのである。当時同教の信者の中には、熱心その度を越えて、あるいは社、寺を破壊し、あるいは仏像位牌などを川に流し、また火中に投ずる者もあるという次第で、彼らの眼中には君父なく、キリストの為には甘んじて身命をなげうつという態度であった。なお、宣教師も次第に高慢になり、徒歩は品位を失墜すとして、必要のない場合も、立派な輿に乗って往来し、途中顕要の地位にある諸侯とであっても、輿を下りないのみならず、これに対して敬意を表することもしないのが常であった。…(中略)

 然るに天正十五年秀吉が島津家を降して筑前博多に引き上げた時、戦勝を祝するため、長崎から来た宣教師に対面して、まずその態度の傲慢を憎み、尚、彼らが大村家に貸し付けた軍用金の代償として、長崎地方が彼らの領地となっていることを知り、大いにその不埒を怒り、大村家の不法を責めた上、長崎を取り上げて公領とした。その上秀吉は神道及び仏教の信者とキリスト教信者との衝突が各地に絶えないことなどを考えあわせた末、同年六月十九日筥崎八幡宮の社前において、断然キリスト教を禁ずる法令を出した。 

北垣恭次郎 著『新訂小学国史の指導精神.高2』昭和12年刊 明治図書p.37~40
小学国史の指導精神. 高2 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 当時日本で宣教していたイエズス会のルイス・フロイスの記録には、宣教師の教唆により信者が各地の寺社や仏像などを破壊した話や、大量の日本人を奴隷にして海外に送っていたことなどが詳細に記されているが、戦後のわが国の教育ではこのような史実は長い間タブーとされており、マスコミの解説でもそのような真実が語られることがない。しかし、このような史実を知らなければ、この時代に何があったかを正しく理解できるとは思えないのだ。

 下記のリストは、GHQ焚書リストの中から、タイトルをみてわが国の通史と判断できる69点を集めてみたものだが、そのうち20点が「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている。

 戦勝国にとって都合の悪い史実が書かれていると思って、覗いていただきたいと思う。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
海の二千六百年史高須芳次郎 海軍研究社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1261362昭和15
感激の国史 12.10.25小酒井儀三永沢金港堂
感激の国史(下巻)小酒井儀三永沢金港堂
皇国史概説 上巻高野忠男松華堂書店
皇国史要猪谷文臣日本出版社
皇国大日本史渡辺幾治郎 朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1918508昭和15
皇国二千六百年史藤谷みさを大阪毎日新聞社
高等小学国史課程の新展開大松庄太郎 明治図書https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1465619昭和7
皇道の日本 
国史の精華の巻
皇道之日本社 編皇道之日本社
皇道の日本
(国史精華の巻)
渡邉 聡東海春秋社
国史概論原 慶信日林社
国史教育実践諸問題宮越他一郎晃文社
国史教育日本精神
愛国舞踊集
榊原帰逸育生社
国史教育の解釈と実践吉識義一厚生閣書店
国史教育の目的論中村吉之助編中文館書店
国史集説鮎沢信太郎照林堂書店
国史資料集 第一巻教学錬成所編龍吟社
国史と国体明治大学
史学会 編
明治大学
史学研究室
国史と世界史中村一良聖紀書房
国史と日本精神植木直一郎青年教育普及会
国史と日本精神の顕現八木格治健文社
国史の輝中村徳五郎 巧人社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1169331昭和9
国史の華. 千草の巻(近代)中村孝也 三学書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717414昭和19
国史の話中村正直全国書房
国史問題質疑応答受験講座刊行会受験講座刊行会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1188631昭和5
国史列伝 上巻大坪草二郎高山書店
国体観念協調の国史教育中野八十八  
加田庄之助
新生閣書店
今後の国史教育渡辺龍策 編南光社
修正国史の眞精神中野八十八 明治図書
重要教材を中心とせる
皇国日本史の研究. 上巻
中野八十八 新生閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1277975昭和11
小学国史插絵の解説及川亀治 厚生閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1277961昭和13
小学生の国史 
皇国の光 第一巻
松谷正治修文館
情操的実践史観に基づく国体
感銘の国史教育
中野八十八 三友社
情操陶冶に基ける新国史の
眞髄と日本精神 上巻
中野八十八 新生閣書店
少年国史物語 
平安時代後期、鎌倉時代
前田晁 早稲田大学
出版部
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1207123昭和12
少年国史物語.
鎌倉時代後期、吉野時代
前田晁 早稲田大学
出版部
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1207131昭和12
少年国史物語.
東京時代
前田晁 早稲田大学
出版部
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1207156昭和12
少年国史上の外交関係長井正治 大同館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717118昭和12
上毛二千六百年史平田修郎清教社
女性二千六百年史山口梧郎編天泉社
臣格錬成の新国史教育 :
修正教科書に準拠せる
中野八十八 伊藤文信堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1457136昭和15
新講大日本史 第1巻辻善之助 
後藤守一 
竹内理三編
雄山閣
新講大日本史 第7巻阿部真琴雄山閣
新講大日本史 第9巻 
日本外交史
長坂金雄 編雄山閣
新国史論叢大森金五郎吉川弘文堂
眞使命の国史教授と実際相原 慧文泉堂
尋常小学国史課程の新展開大松庄太郎 明治図書https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1272043昭和7
新制女子国史教科書
高等学校上級用
佐藤小吉東洋図書
神聖日本史沖野岩三郎恒星社
新訂小学国史の指導精神.
高2
北垣恭次郎 明治図書https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1149616昭和12
青少年国史 第一巻飯塚重威三井出版商会
素描祖国の歴史清水三男星野書店
大衆二千六百年史岡 成志民潮社
大日本建国史勅語御下賜
記念事業部
勅語御下賜
記念事業部
地政論的新考日本史前田虎一郎二松堂
天皇と国史の進展中村直勝賢文館
天皇二千六百年史山口梧郎 編テンセン社
なかつくに 肇国史詩加藤一夫 竜宿山房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1128942昭和17
南進大日本史森岡美子春秋社松柏館
二千六百年史抄菊池 寛同盟通信社
日本史代の建設中村 光日本問題研究所
日本精神作興と国史教育菊池秀男高踏社
日本精神体現の国史教育滋賀県師範学校
附属小学校 編
文泉堂書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1466316昭和9
日本精神に立つ教壇上の国史
尋常 5学年
渋谷光長 啓文社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1145438昭和10
日本精神に立つ教壇上の国史
尋常 6学年
渋谷光長 啓文社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1145444昭和10
日本二千六百年史大川周明 第一書房
日本の歴史風間泰男伊藤書店
北進日本史 :我らの北方寺島柾史 霞ケ関書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041721昭和17
私の国史教授指導尋五大久保馨明治図書

 一部のGHQ焚書は復刊されて、比較的手に入りやすくなっています。電子書籍化されているものもありますが、(国立図書館コレクション)と表示があるのは、「国立国会図書館デジタルコレクション」の画像がそのまま用いられています。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、紀伊国屋書店の下記10店舗に令和3年の2月末まで、各1冊だけですが常備陳列されることになっています。
川越店、流山おおたかの森店、梅田本店、グランフロント大阪店、川西店、クレド岡山店、広島店、久留米店、熊本光の森店、アミュプラザおおいた店
お取り寄せは上記店舗だけでなく、全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
令和二年三月末より電子書籍もKindle、楽天Koboより販売を開始しました。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント