GHQにより没収・廃棄された小説家・作家の著作リスト

スポンサーリンク

戦後GHQが没収・廃棄して日本人に読めなくさせた書籍の中には、小説家・作家の著作が少なからずあります。タイトルを見ると戦争に関する本ばかりではなく、歴史の解説書や評論など様々です。

櫻井忠温(さくらいただよし)は 日露戦争に出征し、乃木将軍配下、旅順攻囲戦で体に8発の弾丸と無数の刀傷を受け、右手首を吹き飛ばされる重傷を負いました。 帰還後、療養生活中に執筆した実戦記録『肉弾』 は、大 ベストセラーとなり、英国、米国、ドイツ、フランス、ロシア、中国など15カ国に翻訳された名著ですが、GHQは焚書処分しています。この本は中公文庫で復刊されて入手しやすくなっています。

石川達三、火野葦平、山岡荘八、坂口安吾、金子光晴などの著作も焚書処分を受けました。URL記載のある本は『国立国会図書館デジタルコレクション』でネットで無料公開されています。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年復刊
北を征く桜井忠温 朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1029130昭和10
子供のための戦争の話桜井忠温 一元社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1464871昭和8
銃剣は耕す桜井忠温 新潮社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1258865昭和7
銃後*桜井忠温 春陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1110557昭和7Kindle版
常勝陸軍桜井忠温 新日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1443092昭和9
昭和十七年軍隊日記桜井忠温 春秋社松柏館
新戦場桜井忠温 春秋社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1220820昭和13
征人桜井忠温主婦の友社
孫子桜井忠温 成光館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1456921昭和16
大乃木桜井忠温 潮文閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1057903昭和18
戦はこれからだ桜井忠温 新潮社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1214753昭和8
戦ふ国 戦ふ人桜井忠温偕成社
肉弾*桜井忠温 ・画英文新誌社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/904708明392016中公文庫、
Kindle版あり
肉弾*、銃後*、
銃剣は耕す*
桜井忠温潮文閣
肉弾 (独訳)桜井忠温世界公論社
乃木大将桜井忠温 偕成社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1719069昭和18
偉人二等兵山中峯太郎東洋堂
汪精衛:
新中国の大指導者
山中峯太郎潮文閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1057935昭和17
草むす屍山中峯太郎春陽堂
皇兵山中峯太郎同盟出版社
聖戦一路山中峯太郎 春陽堂書店
聖戦外草むす屍山中峯太郎 八紘社杉山書店
狙日第五列 :
見えざるスパイ
山中峯太郎 同盟出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1106572昭和15
大東亜維新の今後山中峯太郎 二見書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1275931昭和17
大陸非常線山中峯太郎 大日本雄弁会講談社
戦に次ぐもの山中峯太郎 春陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717143昭和13
鉄か肉か山中峯太郎 誠文堂新光社
泥の担架山中峯太郎 日本兵書出版
日本的人間山中峯太郎錦城出版社
日本を予言す山中峯太郎偕成社
黎明日本の巨火 
吉田松陰
山中峯太郎 潮文閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1036061昭和17
世界大戦物語菊池寛 新日本社
大衆明治史. 下巻菊池寛 汎洋社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041878昭和16Kindle版あり
日清日露戦争物語 :
附・アジアの盟主日本
菊池寛新日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1718008昭和12
日本英雄伝. 第4巻
さ~き
菊池寛 監修非凡閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1222327昭和11
明治海将伝菊池寛 万里閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463799昭和15Kindle版あり
航空対談菊池寛 文芸春秋社
二千六百年史抄菊池寛 同盟通信社Kindle版あり
海南島記火野葦平 改造社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1884675昭和14
戦友に憩う火野葦平軍事思想普及会
南方要塞火野葦平小山書店
兵隊の地図火野葦平改造社
麦と兵隊火野葦平改造社Kindle版あり
陸軍火野葦平朝日新聞社
海底戦記山岡荘八第一公論社2008中公文庫
軍神杉本中佐山岡荘八大日本雄弁会講談社2018産経広告社
空の艦長山岡荘八偕成社
太陽 鴉片戦争の巻山岡荘八春江堂
歌集新日本頌佐々木信綱八雲書林
軍歌選抄佐々木信綱中央公論社
傷痍軍人聖戦歌集 
第一輯
佐々木信綱 
伊藤嘉夫
人文書院
傷痍軍人聖戦歌集 
第二輯
佐々木信綱 
伊藤嘉夫
人文書院
戦影日記尾崎士郎小学館
文学部隊尾崎士郎新潮社
烽煙尾崎士郎生活社
亜細亜の旅人林 房雄金星堂
勤皇の心林 房雄創元社
戦争之横顔林 房雄春秋社
現状打開論中里介山 隣人之友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1023250昭和12
時事及政論中里介山 隣人之友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442970昭和8
非常時局論中里介山 隣人之友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463600昭和12
東亜解放 第一巻
第三号十月号
草野心平 編東亜解放社
東亜解放五月革新号草野心平 編東亜解放社
神田日向国府犀東 
大仏次郎 
田中純
九州風景協会
みくまり物語大佛次郎白林書房
文明一新論保田与重郎第一公論社
蒙疆保田与重郎生活社
武漢作戦石川達三中央公論社Kindle版あり
戦争の文学伊藤 整全国書房
マレー蘭印紀行金子光晴山雅房
日本文化私観坂口安吾文体社Kindle版あり
従軍五十日岸田国士創元社Kindle版あり
戦線詩集佐藤春夫小学館
少年愛国詩集西条八十大日本雄弁会講談社
アジアに叫ぶ土井晩翠 博文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1112463昭和18
先遣隊徳永 直改造社
忠誠心とみやび蓮田善明日本放送出版協会
大東亜戦争私感武者小路実篤河出書房
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

 無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの店舗でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント