GHQに焚書処分された作家の著作~~菊池寛『大衆明治史』、火野葦平『海南島記』

GHQ焚書

 戦後GHQが没収・廃棄して日本人に読めなくさせた書籍の中には、小説家・作家の著作が少なからずある。

 江戸幕府が外交知識が乏しいままに安政年間に結んだ条約が不平等で屈辱的なものであったために、明治政府がそれを改正させようとしたことは教科書などにも書かれているのだが、なぜ「条約改正問題」で世論が盛り上がったについては、明治十九年(1886年)に起きたノルマントン号事件くらいしか書かれていない。しかし、この事件だけでわが国の世論が盛り上がったと考えるのは少し不自然である。菊池寛の『大衆明治史』にはこの点について、明治十年(1877年)にとんでもない事件が起きたことが書かれている。

 西南戦役後、外務卿寺島宗則は条約改正に乗り出し、まず税権の改正について、米国との間に了解ができたが、英国公使の真っ向な反対を受け、せっかく調印した日米条約もフイになってしまった。
 この頃、たまたまわが税管吏が英人の阿片の密輸入を発見し、これを英国領事に引渡し、その処罰を求めたことがあるが、領事はこれに対して無罪を宣告したことがあった。もしこの時、政府にかの林則徐のような硬骨漢がいたら、あるいは第二の阿片戦争が起こったかも知れないが、この事件はうやむやの中に葬り去られたのである。しかし国論はそのままでは収まらず、囂々(ごうごう)として政府の処置を難じ、自由民権論者は、国会が開設されぬから、こんな屈辱的条約に甘んぜねばならぬのだと、攻撃してやまなかった。寺島も遂にこのために辞職のやむなきに至り、この頃から条約改正は、時の政府の命取りとなったのである

(菊池寛『大衆明治史』汎洋社 昭和17年刊 p.142-143)

 イギリス商人ジョン・ハートレーが、輸入が禁止されている生アヘン20ポンド(約9.1kg)を密輸しようとして税関に見つかり、税関長はハートレーを訴えたのだが、領事裁判法廷ではイギリスの法令には違反していないので無罪とされてしまった。この事件は「ハートレー事件」と名付けられ、Wikipediaにも解説されているのだが、戦後出版された通史ではまず出てこない事件である。

ハートレー事件

 ハートレーと言う男はその後も吸煙アヘン12斤を密輸したのだが、このような密輸が続けば、わが国でアヘン戦争のようなことが起きることもあり得たのである。この事件のほかにも明治十二年に中国大陸でコレラが流行し、わが国の検疫体制を無視してドイツ船が横浜入港を強行し、その年にわが国でコレラが大流行した事件もあった(ヘスペリア号事件)。この事件については、GHQ焚書の柴田俊三 著『日英外交裏面史』に書かれているので、興味のある方は覗いてみていただきたい。このように戦後の歴史叙述において、戦勝国に都合の悪い部分は大幅にカットされているのだが、こういう真実を知らなければリアリティのある真実の歴史を学べないと思う。

日英外交裏面史 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 次に火野葦平著『海南島記』の一部を紹介したい。この本は昭和十四(1939年)年二月に著者が軍の報道員として海南島攻略に参加した十日間の記録で、写真や中国側の宣伝ビラなどの資料や島民の写真などが多数紹介されている。

 日本軍が同年の二月十日に海南島に上陸すると、あちこちに抗日ポスターが貼られており、日本軍が支那兵から銃剣で胸板を突かれて涙を流している絵が描かれているポスターの上に日本軍の伝単(でんたん:戦時において敵国の民間人、兵士の戦意喪失を目的として配布されるビラ)を貼って行ったら島民が集まって来たという。

 博愛路から裏た通りに入ると、沢山子供たちが集って来た。汚い親爺どもまで寄って来て、伝単やポスターをくれと言い出した。老人がしきりに引っ張って行くので、何処につれて行くのかと思うと、自分の家の壁を指さして、そこに貼れというのである。裏通りは軒並みのように日章旗が掲げられていた。その中に点々と報道部で渡した布製の旗があり、後は殆んど手製らしかった。これらの日章旗は、お手本があったせいか一様に手際が良い。私は今までの占領地域内に掲げられた日の丸を見て、何度も笑い出したことがあった。それは大きな布の中に豆粒くらいの赤印をつけたり、右角や左角に寄せつけたり、日の丸が四角だったり三角だったりしていたからである。…私達が裏通りを一周し、糊が無くなるまで貼って帰って来ると、報道部の前には大変な人だかりがたしていた。伝単を撒いたり、マッチをやったたり、旗をたやったりしたというのである。何時までも彼らは去らず、旗をくれという申込者が次から次に出てきた

(火野葦平 著『海南島記』改造社 昭和14年刊 p.53~54)
海南島記 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 支那の海南島の軍隊は中央から派遣されたのではなく、海南島人を強制徴発した兵が多かったらしく戦意は乏しかったという。また島民は、このように日本軍に敵意を示さなかった。翌日中野伍長は飛行機を低空飛行させて伝単を大量に撒いたことが書かれている。戦場での低空飛行は下から射撃を受ける危険があるために、普通は実施されることはないのだが、海南島ではその危険性はないと判断されたことになる。

火野葦平(Wikipediaより)

 もっとも海南島の奥地では日本軍の戦意を喪失させるために、共匪(国民政府時代に共産党指導のもとで活動したゲリラ)が日本人の投降を勧奨する伝単を撒いていたというだが、このような伝単は日本軍に対しては逆効果だったとある。前掲書で著者はこう述べている。

 従来、共産党が唯一の基調とした左翼公式主義によるところの理論と宣伝方法は、一切、日本に対する限り誤謬である。帝国主義の名を大声し、あるいは、資本家と軍閥の走狗となる、というような呼びかけは、つまり日本国民をばらばらに分離背反させて、内訌を期待するような工作は、日本人に関する限り一切無駄である。ソヴィエト並びに支那においては、日本と戦端を開けば、必ず国内に動揺を来たし、軍隊の中に反戦運動が起こり革命が勃発するものと期待した。ところが、実際は事変とともに、日本国民は熱烈なる祖国愛に燃え、挙国一致して益々強固に国内は緊張しつつある。殊に、日本の兵隊に至っては、封建時代に武士道の精華といわれたサムライと何ら異なるところがない。これらのサムライに対して、左翼公式主義的な呼びかけは絶対に意義をなさない。日本の兵隊はただ殺してしまうより外に、最良の方法はない、という意味なのである。それからの放送には、日本の軍人と言う代わりに、サムライという言葉が使用されていたということである。私達は戦場で時折り、支那側からの日本の兵隊に対する伝単などを見、それを読むと、おかしく吹き出してしまわないではいられない。それから、日本の兵隊であったことが嬉しくなってくるのである。

(同上書 p.62~64)

 明治四十年(1907)に生まれの火野葦平は「サムライに対して、左翼公式主義的な呼びかけは絶対に意義をなさない」と考えたが、実際には昭和初期以降は軍隊内部に共産主義者がかなり潜り込んでいたのである。旧ブログの記事だが良かったら、覗いていただきたい。

昭和初期以降、わが国の軍部が左傾化した背景を考える
前回の記事で、わが国の終戦工作を担当した陸軍大佐がひどくソ連寄りであったことを書いたのだが、ではなぜ、わが国の軍隊の中枢部に共産主義思想の持ち主が入り込むことを水際で阻止できなかったのかと誰でも思う。以前このブログで、尾崎秀実を取り調べた特高の宮下弘氏の著書『特高の回想』を紹介したことがある。その宮下氏が右翼担当であっ...

 この頃にコミンテルン(国際共産主義運動の指導組織)が世界の赤化工作を行っていたことは、戦後の一般的な歴史書にはまず書かれていないが事実である。軍隊は特に赤化工作のターゲットにされていたことは、1928年の第六回コミンテルン大会の決議にも出ているし、わが国でも昭和初期の新聞記事で共産主義者が入隊していたことが確認できる。コミンテルンの戦略は列強同志を闘わせて疲弊させ、その後世界で共産革命を起こすことにあり、当然ながらわが国もその対象であった。わが国を開戦に向けさせた「ハル・ノート」の原案を書いたとされるハリー・ホワイトは、ソ連の暗号文書「ヴェノナ」が戦後の研究で解読されたことによって、コミンテルンのスパイであったことが明らかになっている。

 戦前・戦中にもコミンテルンに注目した研究は存在したのだが、多くが焚書処分にあい、戦後はこの分野の研究はほとんどなされてこなかった。近年になって欧米中心に旧ソ連の暗号文書の解読とその研究が進められ、世界の主要国が第二次大戦に巻き込まれていった原因が旧ソ連・コミンテルンにあったことが裏付けられつつある。

 GHQ焚書処分された作家の著作の一部は復刊され、電子書籍化されている。

 GHQ焚書の中で作家の著作は78点で、URL記載のある本は『国立国会図書館デジタルコレクション』でネットで無料公開されている。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年復刊
北を征く桜井忠温 朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1029130昭和10
子供のための戦争の話桜井忠温 一元社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1464871昭和8
銃剣は耕す桜井忠温 新潮社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1258865昭和7
銃後*桜井忠温 春陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1110557昭和7Kindle版
常勝陸軍桜井忠温 新日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1443092昭和9
昭和十七年軍隊日記桜井忠温 春秋社松柏館
新戦場桜井忠温 春秋社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1220820昭和13
征人桜井忠温主婦の友社
孫子桜井忠温 成光館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1456921昭和16
大乃木桜井忠温 潮文閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1057903昭和18
戦はこれからだ桜井忠温 新潮社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1214753昭和8
戦ふ国 戦ふ人桜井忠温偕成社
肉弾*桜井忠温 ・画英文新誌社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/904708明392016中公文庫、
Kindle版あり
肉弾*、銃後*、
銃剣は耕す*
桜井忠温潮文閣
肉弾 (独訳)桜井忠温世界公論社
乃木大将桜井忠温 偕成社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1719069昭和18
偉人二等兵山中峯太郎東洋堂
汪精衛:
新中国の大指導者
山中峯太郎潮文閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1057935昭和17
草むす屍山中峯太郎春陽堂
皇兵山中峯太郎同盟出版社
聖戦一路山中峯太郎 春陽堂書店
聖戦外草むす屍山中峯太郎 八紘社杉山書店
狙日第五列 :
見えざるスパイ
山中峯太郎 同盟出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1106572昭和15
大東亜維新の今後山中峯太郎 二見書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1275931昭和17
大陸非常線山中峯太郎 大日本雄弁会講談社
戦に次ぐもの山中峯太郎 春陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717143昭和13
鉄か肉か山中峯太郎 誠文堂新光社
泥の担架山中峯太郎 日本兵書出版
日本的人間山中峯太郎錦城出版社
日本を予言す山中峯太郎偕成社
黎明日本の巨火 
吉田松陰
山中峯太郎 潮文閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1036061昭和17
世界大戦物語菊池寛 新日本社
大衆明治史. 下巻菊池寛 汎洋社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041878昭和16Kindle版あり
日清日露戦争物語 :
附・アジアの盟主日本
菊池寛新日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1718008昭和12
日本英雄伝. 第4巻
さ~き
菊池寛 監修非凡閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1222327昭和11
明治海将伝菊池寛 万里閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463799昭和15Kindle版あり
航空対談菊池寛 文芸春秋社
二千六百年史抄菊池寛 同盟通信社Kindle版あり
海南島記火野葦平 改造社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1884675昭和14
戦友に憩う火野葦平軍事思想普及会
南方要塞火野葦平小山書店
兵隊の地図火野葦平改造社
麦と兵隊火野葦平改造社Kindle版あり
陸軍火野葦平朝日新聞社Kindle版あり
海底戦記山岡荘八第一公論社2008中公文庫
軍神杉本中佐山岡荘八大日本雄弁会講談社2018産経広告社
空の艦長山岡荘八偕成社
太陽 鴉片戦争の巻山岡荘八春江堂
歌集新日本頌佐々木信綱八雲書林
軍歌選抄佐々木信綱中央公論社
傷痍軍人聖戦歌集 
第一輯
佐々木信綱 
伊藤嘉夫
人文書院
傷痍軍人聖戦歌集 
第二輯
佐々木信綱 
伊藤嘉夫
人文書院
戦影日記尾崎士郎小学館
文学部隊尾崎士郎新潮社
烽煙尾崎士郎生活社
亜細亜の旅人林 房雄金星堂
勤皇の心林 房雄創元社
戦争之横顔林 房雄春秋社
現状打開論中里介山 隣人之友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1023250昭和12
時事及政論中里介山 隣人之友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442970昭和8
非常時局論中里介山 隣人之友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463600昭和12
東亜解放 第一巻
第三号十月号
草野心平 編東亜解放社
東亜解放五月革新号草野心平 編東亜解放社
神田日向国府犀東 
大仏次郎 
田中純
九州風景協会
みくまり物語大佛次郎白林書房
文明一新論保田与重郎第一公論社
蒙疆保田与重郎生活社
武漢作戦石川達三中央公論社Kindle版あり
戦争の文学伊藤 整全国書房
マレー蘭印紀行金子光晴山雅房
日本文化私観坂口安吾文体社Kindle版あり
従軍五十日岸田国士創元社Kindle版あり
戦線詩集佐藤春夫小学館
少年愛国詩集西条八十大日本雄弁会講談社
アジアに叫ぶ土井晩翠 博文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1112463昭和18
先遣隊徳永 直改造社
忠誠心とみやび蓮田善明日本放送出版協会
大東亜戦争私感武者小路実篤河出書房
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【デジタル図書館人気記事ランキング30 最近90日間】

ネットで読める都道府県史、主要市史3913 views
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)390 views
イタリアはなぜ英米と戦ったのか~~GHQが焚書にしたイタリア関連書籍260 views
A級戦犯の大川周明はペリーの来航をどう書いているのか~GHQ焚書『英米東亞侵略史』254 views
GHQが焚書処分した「地政学」の本に何が書かれているか~~小牧實繁『地政学上より見たる大東亜』252 views
英国が中国に排日運動を焚きつけ、国際連盟を利用し我が国の孤立化を図った事情~~GHQ焚書・石丸藤太『大英国民に与う』249 views
GHQに焚書処分された満州関連書籍に何が書かれているのか~~長与善郎著『少年満州読本』244 views
GHQは満州事変について何を隠そうとしたのか~~桜井忠温 著『常勝陸軍』243 views
ネットで読める偉人伝239 views
GHQに焚書処分された米国留学経験のある新聞記者の本~~棟尾松治『アメリカの実力』231 views
GHQが最初に没収を命じた10点の書籍~~大東亜戦争調査会編『米英挑戦の真相』213 views
GHQが焚書処分した陸軍関係書籍~~『われ等の日本陸軍』、『支那陸軍改造論』210 views
GHQ焚書・長野朗著『民族戦』に描かれた、漢人の侵略の仕方205 views
ネットで楽しめる江戸時代の名所図会、地誌など203 views
GHQが焚書処分したナチスやドイツ関係書籍~~『ナチスの放送戦争』『総力戦と宣伝戦 : ナチス思想謀略の研究』203 views
オランダの三百年にわたる植民地統治手法~~GHQに焚書処分された『蘭印現状読本』『蘭印の設営』189 views
わが国が宣伝戦・情報戦に弱いことを指摘した徳富蘇峰~~GHQ焚書『必勝国民読本』184 views
GHQが焚書にしたタイ国や山田長政について書いた書籍~~『タイ国通史』『泰国風物詩』177 views
GHQに焚書処分された国防関係書籍~『帝国国防の危機』『非常時と日本の国防』163 views
高橋亀吉著『戦時経済講話』を読む~~GHQに焚書処分された経済関連書籍162 views
辛亥革命に続く第二革命に参加した山中峯太郎の著作は多数がGHQに焚書処分された~~『狙日第五列 』157 views
GHQが焚書処分した海軍関係書籍~~『軍艦物語』『少年海軍読本』157 views
GHQが戦後の日本人に封印したフィリピンの歴史~~奈良静馬『西班牙古文書を通じて見たる日本と比律賓』156 views
GHQが焚書処分した空軍、飛行機、防空関係書籍~~『航空部隊二十年』『海軍航空隊』153 views
GHQに焚書処分された中国関係書籍~~笠井孝『裏から見た支那人』118 views
GHQ焚書点数が2番目に多い仲小路彰の歴史書には何が書かれているのか~~『米英の罪悪史』『太平洋侵略史』110 views
GHQが焚書処分したA級戦犯の著書~~松岡洋右 『東亜全局の動揺 』79 views
なぜGHQが水戸学の研究書を戦後の日本人に封印したのか~~高須芳次郎 『水戸学講話』74 views
GHQが戦後の日本人に封印したイギリスのインド統治方法について書かれた本~~エ・エム・サハイ『英帝國敗るるの日』71 views
GHQが焚書処分した「ユダヤ」関連書物~~筈見一郎『猶太禍の世界』64 views

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

 無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの店舗でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史逍遥『しばやんの日々』

コメント