GHQ焚書の全リストを掲載した本が「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている

GHQ焚書

 「国立国会図書館デジタルコレクション」を利用するようになって十一年になるのだが、先日偶然にGHQ焚書の全リストを掲載した本がネット公開されていることを発見した。

この本が編集発行された理由など

 昭和24年(1949年)に文部省社会教育局が編纂した『連合国軍総司令部から没収を命ぜられた宣伝用刊行物総目録 : 五十音順』がその書籍だが、当時は「焚書」などと呼称されることはなく、GHQが名付けた「宣伝用刊行物」という言葉が使われていた。この本の前書きには、この本が編集発行された理由および、没収実務をどこが所管していたかが記されている。

「宣伝用刊行物の没収」とは、昭和二十一年三月十七日付け連合軍司令官の覚書によって指令されたもので、爾後、追加覚書は四十六回に及び七千七百余の戦前および戦時中の刊行物が没収を指令されている

 いま、この七千七百余種の刊行物を速やかに没収するための便を計って本書を編集発行した次第である

 現在本覚書の執行は各都道府県教育委員会にお願いして、その管下の教育関係公吏員中から「没収事務担当者」を決めて実務に当たってもらっていることは後出の「文部次官」通達の通りである。

 本事務は、日本の民主化促進のために極めて意義深きものであるから、当事者は慎重に本計画の執行に当たっていただきたい

 本事務は「連合国軍総司令部並びに極東軍司令部、軍事諜報部参謀部民間検閲支隊」の所管である。
 日本政府においては現在「文部省社会教育局文化課」が所管している。

文部省社会教育局編『連合国軍総司令部から没収を命ぜられた宣伝用刊行物総目録 : 五十音順』,文部省社会教育局,[1949] p.1

 GHQは昭和二十一年三月十七日の覚書で十点の刊行物の没収を指令したあと、二十七日には追加覚書第一号で没収指示出版物を六点追加して以降、昭和二十三年四月十五日まで四十六回にもわたり追加覚書を出し続け、没収指令の出た出版物の点数は最終で七千七百点を超えるのだが、追加覚書には重複がかなり存在し、実際の点数は七千百点程度である。最初は警察が本の没収の実務にかかわったのだが、二十三年三月にこの業務が文部省社会教育局に移管されることとなる。
 しかしながら、大量の覚書、追加覚書を持参して、書店や出版社などから没収指示出版物を探すことはかなり効率が悪い作業とならざるをえない。そこで、担当者の作業利便性をはかるために、文部省社会教育局文化課がすべての覚書・追加覚書のリストを五十音順に整理したものが本書で、この書籍は一般用に販売されたものではないと思われる。

 私は数年前にネットで結構な価格の復刻本を購入してしまったのだが、購入しなくてもネット環境があれば誰でも、七千点以上あるGHQ焚書のリストを確認できるという情報を読者の皆さんにお伝えしたい。「国立国会図書館デジタルコレクション」の「公開範囲」欄には、「インターネット公開(保護期間満了)」とあるので、刊行後七十年以上経過したことから文部科学省が令和元年にネット公開したものと考えられる。

覚書や文部次官通達に書かれていること

 各都道府県の没収事務担当者の業務執行のために編集された本であるので、没収の根拠となる覚書や文部次官の通達の全文も掲載されている。当時の日本政府がGHQからどのような指令を受けていたかが、覚書を読めば見当がつく。

宣伝用刊行物の没収に関する覚書

1.日本政府は次の如き宣伝用刊行物を多量に保有する倉庫、書店、書籍取扱業者、出版社、配給会社及びすべての商業施設又は日本政府諸官庁等一切の個人以外の筋から次の出版物を蒐集すべく指示される。

2.右の出版物は中央倉庫に蒐集保管し、蒐集したその出版物をパルプに再製するための措置については将来本司令部から指示せられる

3.本司令部に提出すべき蒐集状況についての定期報告は毎月15日及び月末とし、その開始時期は3月31日として、報告の内容には次の各項を含むものとする。
(イ) 当該期間に蒐集した出版物の名称及び数量。
(ロ) 蒐集場所及び各出所毎に蒐集された出版物の名称及び数量。
(ハ) 蒐集した出版物の相数量。
(ニ) 全重量。
(ホ) 特定の保管場所。

4.一般民家或は図書館に於ける個々の出版物は本司令の措置から除外する

文部省社会教育局 編『連合国軍総司令部から没収を命ぜられた宣伝用刊行物総目録 : 五十音順』,文部省社会教育局,[1949] p.2

 このように、没収指令の出たすべての書籍を回収せよというわけではなく、個人や図書館が所蔵している本は蒐集の対象ではなかったことが明記されている。そのおかげで、いまも図書館や古本屋などでGHQ焚書にお目にかかることが可能になっている。

 ところで、なぜGHQは個人や図書館の蔵書を対象にしなかったのであろうか。昭和二十三年六月二十二日付の文部次官通達には「本件事務は直接関係のない第三者に知らせてはならない」と明記されており、別紙に記載されている第一号書式(没収事務担当者であることの証明書)の裏面には、「本事務の施行されていることを当事者以外に知らせてはならない」と印刷されている。要するにGHQはこの没収作業を一般の国民には分からないように進めようとして、図書館と個人の蔵書を没収の対象外とした。その結果として国立国会図書館には六千三百余点のGHQ焚書が残されることとなり、今ではその大半を自宅などで読むことが可能になっていることは喜ばしいことである。

実際のリスト

 しかしながら四十六回も出された追加覚書の没収刊行物のリストは、過去の覚書との整合性が充分にチェックがなされていなかったために、五十音に並べて作成されたこの本には多くの重複があることが誰でもわかる。

文部省社会教育局 編『連合国軍総司令部から没収を命ぜられた宣伝用刊行物総目録 : 五十音順』,文部省社会教育局,[1949]p.228~229

 例えば、上の画像は228~229ページでであるが、同じ色で囲んだ本はいずれも同じ本である。
 このページの山岡荘八著「空の艦長」をどんな本か見てみたいと思ったら、「国立国会図書館デジタルコレクション」のサイトに進み、検索ボックスに「空の艦長」と入力すると、検索結果の一番上にその本が出てきて、「個人向けデジタル化資料送信サービス」を利用できる人はすぐに読むことが可能となる。

 GHQ焚書のリストの重複を省くと焚書処分された点数は私の計算で7,116点。
 その内、ネット公開されているのが2,368点(33.3%)、「個人向けデジタル化資料送信サービス」に加入していれば読めるのが3,921点(55.1%)なので、「個人向けデジタル化資料送信サービス」に登録しておけば、GHQ焚書の88.4%の書籍を無料で読むことが可能になっている。

 中には旧字旧かなで読みづらいものもあるが、小説や詩集などのほか、出征兵士の体験記、青少年向きに解説された本など読みやすい本が少なくない。なかには写真や挿絵がふんだんに使われているものや、子供向けの絵本などもある。タイトルや著者の名前で読んでみたい本があれば、思い切って覗いて見て欲しい。戦後の日本人には封印されてきた史実が書かれた本など、興味深いものが少なくない。

 退院したら、GHQ焚書のうち「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている本と、「個人向けデジタル化資料送信サービス」で読める本の全URLを公開していく予定です。ご期待ください。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。長い間在庫を切らして皆様にご迷惑をおかけしましたが、このたび増刷が完了しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能ですし、ネットでも購入ができます(\1,650)。
電子書籍はKindle、楽天Koboより購入が可能です(\1,155)。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことができます。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書194 対外関係史81 地方史62 ロシア・ソ連57 中国・支那52 神戸大学 新聞記事文庫42 イギリス40 反日・排日40 共産主義38 神社仏閣庭園旧跡巡り36 日露戦争33 軍事31 アメリカ31 著者別31 政治史29 欧米の植民地統治29 ユダヤ人29 京都府28 神仏分離28 朝鮮半島26 コミンテルン・第三インターナショナル26 廃仏毀釈26 外交史25 情報戦・宣伝戦22 テロ・暗殺22 対外戦争22 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 菊池寛19 支那事変18 一揆・暴動・内乱17 GHQ焚書・50音別リスト16 満州16 豊臣秀吉16 ハリー・パークス16 海軍13 西郷隆盛12 東南アジア12 紅葉11 陸軍11 ルイス・フロイス11 アーネスト・サトウ11 分割統治・分断工作10 倭寇・八幡船10 奴隷10 大阪府10 ドイツ10 徳川慶喜10 不平士族10 戦争文化叢書10 人種問題10 ペリー9 奈良県9 和歌山県9 神仏習合9 イエズス会9 神社合祀9 岩倉具視9 フランス9 寺社破壊9 伊藤痴遊9 伊藤博文8 A級戦犯8 韓国併合8 インド8 ロシア革命8 オランダ8 ナチス8 小村寿太郎7 ジョン・ラッセル7 修験7 徳川斉昭7 情報収集7 欧米の侵略6 文化史6 飢饉・食糧問題6 関東大震災6 木戸孝允6 大久保利通6 ジェイコブ・シフ6 兵庫開港6 永松浅造6 ロッシュ6 自然災害史6 大東亜戦争6 大隈重信5 滋賀県5 ウィッテ5 ジョン・ニール5 金子堅太郎5 長野朗5 日清戦争5 奇兵隊5 隠れキリシタン5 アヘン5 財政・経済5 国際連盟5 山縣有朋5 紀州攻め5 高須芳次郎5 児玉源太郎5 満州事変5 スパイ・防諜4 旧会津藩士4 日本人町4 東郷平八郎4 井上馨4 武藤貞一4 阿部正弘4 小西行長4 山県信教4 平田東助4 堀田正睦4 石川県4 南方熊楠4 高山右近4 乃木希典4 兵庫県4 三国干渉4 フランシスコ・ザビエル4 水戸藩4 日独伊三国同盟4 フィリピン4 孝明天皇4 スペイン4 井伊直弼4 ナチス叢書4 西南戦争4 東京奠都4 満洲3 津波3 桜井忠温3 福井県3 張作霖3 プチャーチン3 生麦事件3 徳川家臣団3 藤木久志3 督戦隊3 関東軍3 竹崎季長3 川路聖謨3 鹿児島県3 士族の没落3 勝海舟33 ファシズム3 日米和親条約3 平田篤胤3 王直3 ガスパル・コエリョ3 薩英戦争3 福永恭助3 フビライ3 山田長政3 シュペーラー極小期3 菅原道真3 中井権次一統3 安政五カ国条約33 朱印船貿易3 北海道開拓33 下関戦争3 イザベラ・バード3 タウンゼント・ハリス3 高橋是清3 レーニン3 薩摩藩3 台湾3 柴五郎3 静岡県3 伴天連追放令3 松岡洋右3 廃藩置県3 義和団の乱3 プレス・コード3 文禄・慶長の役3 明石元二郎3 和宮降嫁3 織田信長3 ハリマン2 大火災2 坂本龍馬2 伊勢神宮2 富山県2 足利義満2 高知県2 火野葦平2 王政復古の大号令2 三重県2 仲小路彰2 尾崎秀實2 文明開化2 大江卓2 山本権兵衛2 南朝2 沖縄2 南京大虐殺?2 文永の役2 神道2 淡路島2 明治六年政変2 北条時宗2 徳島県2 懐良親王2 地政学2 土一揆2 第二次世界大戦2 大東亜2 弘安の役2 吉田松陰2 オールコック2 領土問題2 豊臣秀次2 板垣退助2 島津貴久2 島根県2 下剋上2 武田信玄2 大川周明2 島津久光2 日光東照宮2 鳥取県2 足利義政2 国際秘密力研究叢書2 大友宗麟2 安政の大獄2 応仁の乱2 徳富蘇峰2 水野正次2 オレンジ計画2 オルガンティノ2 安藤信正2 水戸学2 越前護法大一揆2 江藤新平2 ラス・ビハリ・ボース2 大政奉還2 野依秀市2 福沢諭吉2 シーボルト1 フェロノサ1 徴兵制1 熊本県1 版籍奉還1 福岡県1 陸奥宗光1 穴太衆1 宮崎県1 重野安繹1 山中峯太郎1 鎖国1 藤原鎌足1 加藤清正1 転向1 岐阜県1 宮武外骨1 科学・技術1 五箇条の御誓文1 愛知県1 前原一誠11 伊藤若冲1 ハワイ1 武藤山治1 上杉謙信1 一進会1 大倉喜八郎1 北条氏康1 尾崎行雄1 スターリン1 桜田門外の変1 徳川家光1 浜田弥兵衛1 徳川家康1 長崎県1 日野富子1 北条早雲1 蔣介石1 大村純忠1 徳川昭武1 今井信郎1 鉄砲伝来1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 スポーツ1 あじさい1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 佐賀県1 士族授産1 後藤象二郎1 神奈川県1 東京1 大内義隆1 財政・経済史1 便衣兵1 広島県1 大村益次郎1 足利義持1