GHQが焚書処分した「地政学」の本に何が書かれているか~~小牧實繁『地政学上より見たる大東亜』

 「地政学」は、地理的な環境が国家に与える政治的、軍事的、経済的影響を、巨視的な視点で研究する学問だが、戦前・戦中には多くの著作が出版されていたものの、戦後GHQにより、日本人の著作だけでなく外国人の著作までもが没収処分されている。さらには公職追放で多くの研究者が排除されてしまい、それ以降この分野の研究は、わが国では永い間タブーとされてきたようだ。

 小牧實繁はわが国の「地政学」のパイオニア的人物で、彼の著作7点がGHQにより焚書処分されている。今回はその中から『地政学上より見たる大東亜』という著作の一部を紹介したい。

 太平洋を環るアジア、アメリカ、オーストラリアなどのいわゆる環太平洋地域は、悠遠の古(いにしえ)より、アジア民族、その他白人ならざるいわゆる有色人種の生活空間として存在してきたのである。ヨーロッパ人の進寇以前、アメリカ大陸の主人公であったかのアメリカ・インディアンの如きも、実は古くアジアから渡って行ったアジア民族の同族であることは、既に欧米の学会においてすら承認せられているところであって、その或るものが、古く南米の太平洋沿岸に高いインカ文明の花を咲かせたことは、既に周知の如くである。そうして、太平洋の海は、民族の揺籃としてその島々に共通な海洋性文化を育み、そこに平和な、独立の楽園を現出せしめて来たのである。

 しかるにこの平和の楽園は、近世以後ヨーロッパ人の侵略により、その秩序と平和とを攪乱せられることとなったのである。このヨーロッパ人の侵入を誘発したものが、日本の黄金と東印度モルッカ群島の香料とであったことは、諸君も既にご承知のことと思う。しかして日本は、御稜威のもと、よく彼らの侵略を撃退することを得たのであったが、東インドモルッカ群島はついに欧人劫掠の好餌となり、かくして太平洋が東西両方向より迫るヨーロッパ人の脚下に蹂躙せられることとなったのが、悲しくも口惜しい歴史の現実であったのである。

 まずスペイン人は、アメリカから太平洋を越えてフィリッピン、モルッカ群島を侵し、ポルトガル人及びオランダ人は、インド洋から東インドおよび南シナ海に侵入してきたのである。スペインとポルトガルとは、その植民地政策の失敗と相互反噬の結果、間もなく衰退したが、これと入れ代わって、やがてイギリスが太平洋に立ち現れることとなったのである。十六世紀後半、スペイン船刧掠のために派遣せられたかのフランシス・ドレークは、太平洋に立ち現れた最初の英国人で、海賊国家の完全な代表者であったのである。

 その後、数回にわたる有名なキャプテン・クックの探検により、つぶさに太平洋の形勢を偵察していたイギリスは、十八世紀以来、インド侵略の余勢を以て、俄然露骨な太平洋攻略に乗り出し、まずシンガポールを占領して太平洋の西の関門を扼することに成功し、さらに勢力を二分して、北は日本、支那の侵略に志し、南はオーストラリア、ニュージーランドの劫掠に歩を進め、世界の中心たる西太平洋を、自らの支配下におかんとするの態勢を整えるのである。

 かくして一応、西太平洋の支配を完成するや、イギリスは十九世紀後半以後、さらに西南より東北に向かって洋中の要点占拠に驀進し始めたのである。それが、当時日本の覚醒と興隆を見てとり、また今後世界の中心が再び太平洋に戻るべきことを炯眼早くも看破して、いち早く有利な地政学的布陣を完成せんがためであったことはいうまでもない。即ち1853年ノーフォーク島、次いでフィージー島、ファンニング島、エリス島などの島々を占拠して、次第に勢力線を北上せしめ、これをカナダ太平洋岸と連絡せしめ、太平洋に一大円弧を描く包囲陣を構成せんとする遠大な意図の一端を実現せしめるのである。そうして第一次欧州大戦に際し、日本が太平洋の治安維持の大任を果たしたにもかかわらず、報いるに狡猾なる詐謀を以てし、赤道という地図上架空の一線によって、日本の活動を画然と赤道以北に限定したのみならず、自らは巧みにそれ以南のドイツ領を掠め去ったのである。 

(小牧實繁『地政学上より見たる大東亜』日本放送出版協会 昭和17年刊 p.101~104)
地政学上より見たる大東亜 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 著者は、イギリスのあとアメリカ、フランス、ロシアがアジアを侵攻してきたことの概略を述べている。環太平洋地域においては古来アジア民族が居住し豊かな文化を育んできていて、古い時代にはヨーロッパに対して文化的にも経済的にも優位にあったのだが、近世に入りこの地域はヨーロッパ人によって侵略され、歴史的伝統文化は破壊されて、海も分断されてしまったという真実が、戦後の歴史叙述からはすっかり消えてしまっているのである。しかしながら、このような真実を知らずして、近世以降のわが国の歴史を正しく理解することは出来ないのではないだろうか。

 西尾幹二氏が動画『GHQ焚書図書開封』で、小牧氏の別の著書『大南方地政論』を2回にわたり解説しておられる。興味のある方は視聴いただけるとありがたい。

・ポルトガルの「海の鎖」と大英帝国をつくった海賊の話

GHQ焚書図書開封 第156回
GHQ焚書図書開封 第156回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

・シンガポールに着眼したイギリスの地政学的先見の明

GHQ焚書図書開封 第157回
GHQ焚書図書開封 第157回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

 GHQ焚書リストの中から「地政学」に関する書籍を拾うと18点の著作があり、その内5点が「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
アウタルキーと地政治学ヨハンネス・シュトイエ科学主義工業社
欧州の現勢
戦局の展望と地政学 上
金生喜造古今書院
国防地政論江沢譲治 国松久弥
佐藤弘
巌松堂書店
国民地政学岩田孝三帝国書院
世界新秩序建設と地政学小牧実繁 旺文社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1275970昭和19
大東亜地政学カール・ハウス・ホーファー投資経済社
大東亜地政学と青年金生喜造潮文閣
大東亜地政学新論小牧実繁 星野書店
大南方地政論小牧実繁 室賀信夫太平洋書館
地政学概説吉村 正広文堂書店
地政学上より見たる大東亜小牧実繁 日本放送出版協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1272668昭和17
地政学と東亜共栄圏の諸問題国松久弥 開成館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459144昭和19
地政学論集日本地政学協会 編帝国書院
地政論的新考日本史前田虎一郎二松堂
東亜地政学序説米倉二郎生活社
東南アジア地政治学クルト・ヴィールスビツキイ科学主義工業社
日本地政学覚書小牧実繁 秋田屋https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1272716昭和19
ハウスホーファーの
太平洋地政学解説
佐藤荘一郎 六興出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438943昭和19

 

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】

【デジタル図書館人気記事ランキング30 最近90日間】

ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)467 views
GHQが戦後の日本人に封印したフィリピンの歴史~~奈良静馬『西班牙古文書を通じて見たる日本と比律賓』349 views
GHQ焚書点数が2番目に多い仲小路彰の歴史書には何が書かれているのか~~『米英の罪悪史』『太平洋侵略史』299 views
GHQ焚書・長野朗著『民族戦』に描かれた、漢人の侵略の仕方286 views
GHQが戦後の日本人に封印したイギリスのインド統治方法について書かれた本~~エ・エム・サハイ『英帝國敗るるの日』281 views
GHQは満州事変について何を隠そうとしたのか~~桜井忠温 著『常勝陸軍』279 views
GHQが戦後の日本人に封印したオーストラリアの歴史書など~~宮田峯一『濠洲連邦』274 views
官公庁が執筆・編纂してGHQ焚書処分となった本~~『国際事情昭和十四年版 世界の動き』226 views
GHQが最初に没収を命じた10点の書籍~~大東亜戦争調査会編『米英挑戦の真相』223 views
GHQに焚書処分された中国関係書籍~~笠井孝『裏から見た支那人』222 views
GHQ焚書に描かれた、中国の排日運動を操った国~~長野朗『支那三十年』218 views
GHQに焚書処分された作家の著作~~菊池寛『大衆明治史』、火野葦平『海南島記』210 views
GHQが焚書処分した、朝鮮半島、台湾、樺太関係書籍~~姜昌基『内鮮一体論』、李東華『国防と朝鮮人』184 views
GHQに焚書処分された英国関連書籍~~松井賢一『打倒英国』176 views
なぜGHQが水戸学の研究書を戦後の日本人に封印したのか~~高須芳次郎 『水戸学講話』176 views
GHQに焚書処分された旧ソ連関係書籍~~三島康夫『ソ聯は今何を劃策してゐるか』、根村正位『急迫せる日露の危機』176 views
GHQに没収・廃棄されたアジア・東洋をタイトルに含む書籍~~『大東洋の危機 : 英国よアジアより手を引け』167 views
歴史関係辞書・辞典158 views
GHQが焚書処分した「地政学」の本に何が書かれているか~~小牧實繁『地政学上より見たる大東亜』158 views
GHQにより焚書処分された、外交に関する書籍~~白柳秀湖 『日本外交の血路』153 views
GHQが焚書処分したA級戦犯の著書~~松岡洋右 『東亜全局の動揺 』141 views
GHQに焚書処分された米国留学経験のある新聞記者の本~~棟尾松治『アメリカの実力』127 views
辛亥革命に続く第二革命に参加した山中峯太郎の著作は多数がGHQに焚書処分された~~『狙日第五列 』124 views
イギリスのインド統治に関わるGHQ焚書のリスト121 views
GHQが焚書処分した政治家の著作~~池崎忠孝『太平洋戦略論』、安藤正純『日本の行く道』110 views
GHQが焚書処分した「ユダヤ」関連書物~~筈見一郎『猶太禍の世界』107 views
GHQが焚書処分した軍人の著書~~真崎勝次著『非常時局読本』96 views
GHQが焚書処分したナチス・ドイツ関係書籍91 views
復刊されて比較的手に入りやすくなっているGHQ焚書83 views
GHQに焚書処分された「国体」関連書籍~~文部省 編纂 『國體の本義』78 views

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより購入できます。

またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント