連戦連勝の日清戦争と下関講和交渉の決着

朝鮮半島情勢と日清戦争

豊島沖開戦と高陞号事件

 明治二十七年(1894年)七月二十五日、朝鮮の北西岸豊島沖で、日本の巡洋艦の秋津洲(あきつしま)、吉野と浪速(なにわ)の三艦が、巡洋艦の武蔵と八重山を捜していたところ、突然、清国巡洋艦の済遠(さいえん)と広乙(こうおつ)が海上にあらわれた。

 この段階では日清両国で互いに宣戦布告は出されていなかったが、すでに両国とも最後通牒を出した状態にあり、法的にはいつ戦端が開かれてもおかしくない状態にあった。

朝鮮豊島海戦之図

 まもなく豊島沖(ほうとうおき)海戦が始まったのだが、形勢不利と見た済遠が「日本軍艦旗の上に白旗」を掲げて降伏を装った。また広乙は、秋津洲に海岸方面に追い詰められて座礁してしまい、広乙の艦長は乗員を上陸させたのち船体を爆破させたという。その隙に、降伏したはずの済遠が逃走し、つかさず吉野・浪速が追跡を開始した。
 済遠は降伏の意を示したと思えば逃走することを繰り返しているうちに、清国艦隊が合流を予定していた清国軍艦の操江(そうこう)及び英国商船旗を掲揚している汽船の高陞号(こうしょうごう)が海上に出現する。
 秋津洲が操江を追撃してこれを拿捕し、逃走した済遠は吉野が追撃したが、済遠が浅瀬に逃げたので途中で追撃を中止したという。

 高陞号を追跡していた浪速は空砲二発を撃ち、手旗信号で停船を求め、その臨検を開始した。高陞号は戦争準備行動として、仁川に清国兵約千百名および大砲十四門と弾薬を輸送中であった
 浪速の東郷平八郎艦長は、中立国である英国の船舶を利用して兵員・武器を輸送することは戦時国際法違反であるため、高陞号に随行命令を発し四時間に亘る説得を試みたが清国兵が拒否したので、高陞号乗組員に危険退避信号を発した後に撃沈し、東郷艦長は、泳いで浪速に向かってきた船員士官全員を救助した

 この事件の一部始終は、東郷平八郎全集第一巻の『伝記』第三篇第一章に詳細に記されている。

 英国船が撃沈されたことで英国対日世論が一時沸騰したが、上海の英海軍裁判所が浪速の処置が戦時国際法に照らして問題がないと宣言し、英国の著名な国際法学者のトーマス・アースキン・ホランド博士も「タイムズ紙」に東郷を弁護する論文を発表した。

 高陞号の沈没せしときは既に戦争の始まりし後なり。蓋し戦争なるものは予め宣告することなくしてこれを始めるも毫も違法の措置と言うべからず。このことは英国及び米国の法廷にて幾度となく確定せられたるところなり 

『東郷平八郎全集 第一巻』平凡社 昭和5年刊 p.130

 またジョン・ウェストレーキ博士も同紙に同様の見解を述べたあと「高陞号撃沈の一事を以って、元帥が果断に富める証明のみとなさず、併せて活学修養より得たる明智の試金石となさんことを望むものなり」と東郷を称賛した。英国外務大臣キンバレー伯は、高陞号所有者が日本に対し損害賠償を求めることの不可を勧告したことから、英国の対日世論は沈静化に向かったという
 一方、清国が天津条約を背馳し、日本の最後通牒を無視して朝鮮領海内を突破し、牙山に大兵を集中させつつあったことが全世界に暴露され、清国が侵略者であることを世界に認識させることとなった。

日清戦争地図

成歓の戦の後、日清両国が互いに宣戦布告

「大日本帝國萬々歳 成歡襲撃和軍大捷之図」

 日本艦隊が豊島沖海戦で圧勝した七月二十五日に、朝鮮政府から大鳥圭介公使に対して牙山の清国軍撃退が要請されている。
 清国軍は安城川を前に控えた成歓(せいかん)に堅固な防御陣を構えていたのだが、日本軍は二十八日にこれを夜襲して破り、二十九日には勢いに乗じて一気に牙山を占領し、清国軍は武器などを放棄して平壌方面に逃亡していった。

 そして七月三十一日にわが国は清国に対し国交断絶を通告。翌八月一日に日清両国は互いに宣戦を布告している
 「日清戦争化の日本と朝鮮(2)」に両軍の宣戦詔勅の全文と訳文が読めるが、この文章を読み比べると、日清戦争が、朝鮮を独立国として認めて清国の干渉を許さない日本と、自国の属国であるとして譲らなかった清国との戦いであったことが理解できる。

日清戦争下の日本と朝鮮(2)

【日本】
朝鮮は、帝国が其の始に啓誘して列国の伍伴に就かしめたる独立の一国たり。しかるに清国は事あるごとに朝鮮を属邦と称して、陰に陽にその内政に干渉し、今度の内乱があるに於いて、属邦の難を救うという言葉と共に兵を出した。…
<中略>
事はすでにここに至った。平和を以って国の光栄とするを内外に宣言することを常とするが、また公式に戦いも宣言せざるを得ない。よって、国民と政府の忠実と武勇に依頼して、速かに平和を回復し我が国の光栄を全うするように。」

【清国】
朝鮮は我が大清国の属藩として二百余年、貢を歳に修めていることは国の内外で知るところである。…
 <中略>
厳しく装備して各軍を派出し、迅速に討伐し、雄師を厚く集めて陸続進発し、以って韓民が塗炭にあるを救い、また沿川沿海の各将軍を督励して軍大臣に厳に整えさせ、倭人の軍艦が各口に入ることがある時には、即ち迎えて痛撃を行い、数を尽して殲滅する。
決して罪を犯し背いて退くことなかれ。」

連戦連勝の日本軍

 かくして日清戦争が開戦したのだが、世界の論調は、海軍はともかく陸軍では圧倒的に兵士数の多い清国が勝り、最後は清国が勝利するとの予想が多かったという。
 兵員数は諸説あるが、Wikipediaでは日本軍二十四万に対し、清軍は六十三万とあり、兵力差は歴然としていた。

 井上一次著『青少年の日本戦史』によると、日本軍は十二万三千、清軍の常備兵は三十五万でさらに約六十三万の募兵がなされたとあり、兵力差はさらに大きかったことになるのだが、清軍の兵員の問題点についてこう解説されている。

 ・・・ここで注意しなければならないことは、その支那軍の兵員は、ことごとく傭兵であるということである。すなわち、それは食っていくために、金銭を以って雇われて兵隊となるのである。しかも支那の有名な諺(ことわざ)に、

好人不当兵(立派な人間は兵隊にならない)

というのがあるが、これによっても清国の兵員の素質が如何に劣悪であるかは容易に想像することが出来る。・・・中略・・・

 その清国軍の訓練はまったく旧式であり、新募兵にいたってはほとんど訓練をうけていないのが多い。これに反して、我が軍は総ての兵員が日夜の猛訓練によって、心身の鍛錬はもちろんのこと、戦闘法においても練熟している精兵であった。

井上一次著『青少年の日本戦史』泰東書院出版部 昭和18年刊 p.265~266
「平壌攻撃我軍敵塁ヲ抜ク」水野年方画

 宣戦布告のあと、清国は日本軍の北進を阻止するために、平壌に軍隊を集結させていた。
 九月十五日に日本軍の平壌攻略戦が始まったが、夕刻には清国軍は白旗を掲げ降伏を装い、休戦後に退却すると書状を届けて、夜陰に紛れて城から逃亡したという。(平壌[ピョンヤン]の戦い)

 また九月十七日には清の北洋艦隊が大狐山沖合で訓練をしていたところに、索敵中のわが国の連合艦隊が遭遇し、十二時五十分に北洋艦隊の旗艦・定遠の三十.五センチ砲が火を噴き、戦端が開かれた。
海戦の結果、無装甲艦の多い連合艦隊は百三十四発の被弾を受けたが沈没艦はなく四隻の大・中破にとどまり、一方、北洋艦隊は五隻が沈没し六隻が大・中破、二隻が座礁した。(黄海海戦)

 十月に入ると、山縣有朋陸軍大将を司令官とする第一軍は鴨緑江を超えて満州に進み、下旬には九連城、鳳凰城を陥れている。(鴨緑江作戦)

「日清戦争旅順口砲台乗取之図」尾形月耕画

 また大山巌陸軍大将を司令官とする第二軍も、遼東半島の花園口に上陸し、金州・大連湾を攻略し、十一月二十一日には旅順を占領した。(旅順口の戦い)

「威海衛百尺崖砲台雪中大攻撃 旧鹿児島藩士第十一旅団長大寺少将奮闘勇戦之図」 楳堂小国政画

 明治二十八年(1895年)一月には、日本軍は山東半島の威海衛(いかいえい)に集結していた清軍の北洋艦隊の敗残の軍艦への攻撃を開始。三十日に威海衛湾の南岸要塞を制圧し、二月一日には北岸要塞などを占領。また海軍は水雷攻撃で清軍の旗艦・定遠をはじめとする諸艦を撃破し、清の提督丁汝昌(ていじょしょう)は降伏して自殺し、北洋水師は全滅した。(威海衛の戦い)

 その勢いで日本軍は三月には遼東半島に兵を進め半島全域を占領し、いよいよ首都北京に迫らんとしたために、とうとう清は三月十九日に全権大使李鴻章をわが国に派遣し、下関で講和にむけての交渉を開始させたのである。日本側の全権大使は伊藤博文であった

下関でのわが国の交渉を不利にさせたテロ事件

 その日清両国の交渉の詳細が公文書に残されていて、次のURLでその口語訳が読める。

日清戦争下の日本と朝鮮(11)

 二十一日の交渉で日本側は、休戦の条件として、まだ制圧していない太沽、天津、山海関を日本軍が占領し天津、山海関の鉄道を支配すること、休戦期間中は清国が日本国の軍事費用を負担するとの強気の交渉を行なった。
 二十四日に李鴻章全権大使は日本側の休戦条件を拒否したのだが、その会議の後でとんでもない事件が起こる。
 この李鴻章が会議を終えて旅館に戻る途中で、二十六歳の小山六之助という人物がピストルで李鴻章を狙撃したのである
 幸い命には別状はなかったが、この事件は講和会議の流れに多大なマイナス影響を与えることになった。

 当時外相であった陸奥宗光が『蹇蹇録(けんけんろく)』でこう書いている。

 この事変の全国に流伝するや、世人は痛飲の情余りてやや狼狽の色を顕わし、我が国各種公私の団体を代表する者と一個人の資格を以てする者とに論なく、いずれも下ノ関に来集し清国使臣の旅館を訪いて慰問の意を述べ、かつ遠隔の地にあるものは電信もしくは郵便に由りてその意志を表し、あるいは種々の物品を贈与するもの日夜陸続絶えず、清使旅寓の門前は群衆市をなすの観あり。これ一兇漢の所為は国民全般の同情を表せざる所たるを内外に明らかにせんと欲するに出づるものなるべく、その意固(もと)より美しといえども往々徒(いたずら)に外面を粉飾するに急なるより、言行あるいは虚偽に渉(わた)り中庸を失うものもこれなしとせず。…
…昨日まで戦勝に浮かれ狂喜を極めたる社会はあたかも居喪の悲境に陥りたるが如く、人情の反覆、波瀾に似たるは是非なき次第とはいえ、少しく言い甲斐なきに驚かざるを得ず。李鴻章は早くもこの形情を看破したり。…

陸奥宗光『蹇蹇録』岩波文庫p.265 

 この事件のために世論は李鴻章に同情的となり、新聞の論調までがすっかり変調してしまったのだ。

 この段階では日本軍はまだ戦闘を止めてはいなかったのだが、もし李鴻章がこのまま帰国し、欧米列強の同情を得るような動きをすれば、わが国は欧米列強の干渉を受けて立場が悪くなるばかりだと、陸奥はこの事件におけるわが国の反応を、深刻に受け止めていたのである。

下関講和談判 永地秀太筆

 この事件があって、日本側は講和条件の緩和を余儀なくされ、三月三十日には李の要望する休戦を合意することとなる
 日本軍が休戦ともなれば李鴻章からすれば講和条件の決定を急ぐ理由がなくなり、李は一般論を押し立ててのらりくらりと要領を得ず、日本側は手を焼いたようだ。

下関講和交渉の決着と三国干渉

 陸奥は伊藤全権に対し、こんな空論で時日を浪費すべきではないと迫り、単刀直入に押し切るよう力説したという。

 しばらく菊池寛『大衆明治史』(GHQ焚書)の文章を引用したい。講和交渉が決着する場面である。

 『講和談判は、普通の談判とは訳が違うから、清国全権は逐条的に諾否の返答を承りたい』と伊藤は陸奥の指示通りに、李鴻章に迫って行った。その傍(かたわら)には、いつも黙々として剃刀と言われた眼を光らせながら陸奥が穴のあく程、李の顔を瞠(みつ)めているのである。これには李も得意の大風呂敷をひろげることは出来ない。すっかり気を呑まれてしまった。

一、清国は朝鮮の独立を認めること
一、遼東半島、台湾、および澎湖島を全部日本に割与す
一、軍費賠償として、庫平銀二億両(テール)を支払うこと
一条また一条と、具体的に決まって行った。償金の件では、李は執拗にねばった。
『請将賠款大減』(償金はうんとまけて下さい)
伊藤もさるもの、笑いながら首を振り、
『不能再減』(此の上まけられん)

 和議が全く成立して、両国全権の調印したのは四月十七日であった。四月二十一日には、平和回復の大詔が渙発され、国民は歓呼の声に酔ったのであるが、それは僅かに一週間と続かなかった。霹靂の如く、国民の頭上を脅したのは、露独仏の三国干渉であった

菊池寛『大衆明治史』p.189-190

 講和が成立して日本国民は喜んで当然なのだが、清国の方では囂々たる反対で沸き返ったという。そこで「夷を以て夷を制す」という中国の伝統的な外交術を用いて、清国は外国の力を得て日本を追い払おうと考えたのである。

 一方、南進を企むロシアは、わが国が遼東半島を領有することを認めるわけにはいかず、それを阻止するために武力行使も辞さない方針を早い段階で固めていたようだ。
 三国干渉については次回に記すことにしたい。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。現在出版社で在庫がなく、増刷を検討していただいています。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能ですが、増刷されるまで待っていただく必要があります。ネットでも購入ができますが、現在、ネットの在庫も少なくなってきており、中古市場では新刊本より高くなっている時があります。
電子書籍はKindle、楽天Koboより購入が可能です。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことができます。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書171 対外関係史80 地方史62 イギリス37 ロシア・ソ連35 神社仏閣庭園旧跡巡り34 著者別31 政治史29 軍事29 京都府28 神仏分離27 廃仏毀釈26 日露戦争26 欧米の植民地統治24 外交史24 共産主義23 対外戦争22 中国・支那21 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 菊池寛19 テロ・暗殺16 アメリカ16 豊臣秀吉16 ユダヤ人16 一揆・暴動・内乱16 ハリー・パークス16 GHQ焚書・50音別リスト15 反日・排日15 朝鮮半島14 満州14 情報戦・宣伝戦14 コミンテルン・第三インターナショナル13 神戸大学 新聞記事文庫13 支那事変13 西郷隆盛12 海軍11 陸軍11 ルイス・フロイス11 アーネスト・サトウ11 紅葉11 東南アジア11 倭寇・八幡船10 戦争文化叢書10 不平士族10 徳川慶喜10 大阪府9 和歌山県9 伊藤痴遊9 イエズス会9 フランス9 奴隷9 奈良県9 寺社破壊9 ペリー9 岩倉具視9 オランダ8 修験7 A級戦犯7 ドイツ7 ジョン・ラッセル7 神社合祀7 徳川斉昭7 ナチス7 インド7 神仏習合7 飢饉・食糧問題6 文化史6 ロッシュ6 自然災害史6 木戸孝允6 兵庫開港6 永松浅造6 大東亜戦争6 大久保利通6 紀州攻め5 高須芳次郎5 アヘン5 ジョン・ニール5 ジェイコブ・シフ5 関東大震災5 山縣有朋5 情報収集5 分割統治5 奇兵隊5 伊藤博文5 人種問題5 滋賀県5 大隈重信5 隠れキリシタン5 児玉源太郎5 財政・経済5 平田東助4 山県信教4 堀田正睦4 石川県4 兵庫県4 東京奠都4 高山右近4 乃木希典4 南方熊楠4 金子堅太郎4 小西行長4 旧会津藩士4 日本人町4 井伊直弼4 スペイン4 ナチス叢書4 東郷平八郎4 孝明天皇4 小村寿太郎4 フィリピン4 井上馨4 ウィッテ4 フランシスコ・ザビエル4 水戸藩4 武藤貞一4 西南戦争4 阿部正弘4 日独伊三国同盟3 ロシア革命3 義和団の乱3 伴天連追放令3 中井権次一統3 文禄・慶長の役3 安政五カ国条約3 静岡県3 廃藩置県33 朱印船貿易3 国際連盟3 三国干渉3 柴五郎3 和宮降嫁3 満州事変3 北海道開拓3 タウンゼント・ハリス3 薩摩藩33 下関戦争3 レーニン3 高橋是清3 台湾3 織田信長3 徳川家臣団3 フビライ33 プチャーチン3 勝海舟3 平田篤胤3 士族の没落3 鹿児島県3 山田長政3 生麦事件3 福永恭助3 薩英戦争3 日清戦争3 福井県3 シュペーラー極小期3 長野朗3 日米和親条約3 川路聖謨3 竹崎季長3 藤木久志3 桜井忠温3 スパイ・防諜3 ガスパル・コエリョ3 王直3 菅原道真3 津波3 文明開化2 日光東照宮2 越前護法大一揆2 文永の役2 神道2 島津久光2 王政復古の大号令2 プレス・コード2 足利義政2 南京大虐殺?2 沖縄2 水戸学2 領土問題2 三重県2 大友宗麟2 安政の大獄2 安藤信正2 オルガンティノ2 南朝2 応仁の乱2 山本権兵衛2 大江卓2 鳥取県2 徳富蘇峰2 大川周明2 明治六年政変2 大火災2 松岡洋右2 豊臣秀次2 板垣退助2 福沢諭吉2 オールコック2 坂本龍馬2 吉田松陰2 弘安の役2 水野正次2 仲小路彰2 野依秀市2 島津貴久2 伊勢神宮2 江藤新平2 土一揆2 富山県2 火野葦平2 高知県2 尾崎秀實2 北条時宗2 足利義満2 徳島県2 大政奉還2 懐良親王2 武田信玄2 ラス・ビハリ・ボース2 下剋上2 島根県2 明石元二郎2 淡路島2 版籍奉還1 士族授産1 上杉謙信1 神奈川県1 東京1 大内義隆1 財政・経済史1 熊本県1 徴兵制1 広島県1 フェロノサ1 大村益次郎1 足利義持1 シーボルト1 後藤象二郎1 佐賀県1 重野安繹1 陸奥宗光1 岐阜県1 宮武外骨1 科学・技術1 五箇条の御誓文1 浜田弥兵衛1 愛知県1 徳川家光1 桜田門外の変1 徳川家康1 スターリン1 第二次世界大戦11 尾崎行雄1 北条氏康1 大倉喜八郎1 伊藤若冲1 ハワイ1 武藤山治1 前原一誠1 福岡県1 長崎県1 北条早雲1 香川県1 徳川光圀1 グラバー1 穴太衆1 スポーツ1 宮崎県1 督戦隊1 岩倉遣外使節団1 日野富子1 イタリア1 山中峯太郎1 鎖国1 今井信郎1 徳川昭武1 大村純忠1 藤原鎌足1 加藤清正1 鉄砲伝来1 ハリマン1