GHQに焚書処分された「戦記」「軍記」など

 今回はGHQに焚書処分された書籍のうち、「戦記」や「従軍記」と思われる147冊のリストを作成しました。中には外国人の著作もあります。

 画像はドイツ人のフランク・ティースが書いた『ツシマ』で、日露戦争の日本海海戦の事が書かれている本です。なぜこのような本が焚書処分にされたのでしょうか。この本は国立国会図書館でデジタル化されているにもかかわらず『国立国会図書館デジタルコレクション』でネット公開がされていません。読む場合は 、国立国会図書館または図書館送信参加館 に行く必要があります。

国立国会図書館デジタルコレクション - 図書館向けデジタル化資料送信サービス参加館一覧

 今回の147冊の本をGHQが没収し戦後の日本人に読めなくさせたのは、第二次大戦の戦勝国にとって都合の悪い内容がこれらの本に書かれているということなのだと思います。いつの時代も敗者には敗者の歴史があり、真実は勝者の歴史と敗者の歴史の双方を読み比べなければ見えてこないのではないでしょうか。

 URLが付記されている書籍は「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されているもので、誰でもネット環境があれば無料で読むことが出来ますが、ネット公開されているのはわずかに23冊に過ぎません。国立国会図書館は著作権満了の書籍は公開する方針を打ち出していますが、以下書籍の多くはネット公開されるべきながら、現状では上記の図書館送信参加館に行かないと読むことができません。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
アッツ軍神部隊 闘魂記佐野 康泰明調社
天降る神兵佐藤 武教育図書出版社
アリューシャン戦記杉山吉良六興商会出版部
アリューシャン襲撃戦記深沢幹造大和書房
或る帰還兵の思い棟田 博協栄出版社
生野の挙兵萩原新生 皇国青年教育協会
偉人二等兵山中峯太郎東洋堂
一兵の見たる旅順要塞戦亀谷浤夫鏡水書院
一等兵戦死松村益二春秋社
一等兵の征露日記大沢 径大沢 径
馬と特務兵田村元劭教材社
馬と兵隊後藤荘四郎テンセン社
海の荒鷲奮戦記高木義賢大日本雄弁会講談社
海の少年飛行兵与田準一大和書店
海鷲実戦記読売新聞社 編興亜書院
応召兵森伊佐雄 大新社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460367昭和19
大村兵談野村政夫天祐書房
思い出の戦線 
戦傷将兵の手記
原 四郎春秋社
海軍航空戦記. 第1輯海軍航空本部 編興亜日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460282昭和19
海軍従軍記 珊瑚の華間宮茂輔三田文学出版部
海軍戦記 第二輯大本営海軍報道部興亜日本社
海軍陸戦隊上海戦闘記有馬成甫海軍研究社
海国兵談秘記 歴史小説 野村政夫愛読社
海戦 : 大東亜海戦記読売新聞社読売新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460415昭和17
海底戦記山岡荘八第一公論社
囘天艦長甲賀源吾伝 :
 附・函館戦記
石橋絢彦 甲賀源吾伝刊行会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1208999昭和7
海兵陸を征く和田俊正好文館書店
歌集 一兵として遠藤達一芸林発行所
ガダルカナル島血戦記
ルンガ河
斉藤勝美鱒書房
帰還兵と花嫁新田義夫霞ヶ関書房
機銃兵イマアス洛陽書院
帰順兵高垣金三郎三省堂
帰順兵記新しき旗三浦新一郎増進堂
騎兵挺身隊森田藤五郎博文館
高射砲戦記田中新三郎南北書園
皇兵山中峯太郎同盟出版社
工兵隊進撃和泉 恭晴南社創立事務所
工兵の父神戸雄一新興亜社
工兵の本質石割平造霞ヶ関書房
五人の斥候兵田坂具隆モダン日本社
産業戦士文学集 
俺は兵隊に行く
橋本重遠安土書房
詩集 海の少年飛行兵与田準一大和書房
詩集 百万の祖国兵近藤 東無何有書房
詩集 兵魂福島青史軍事界社
思想決戦記水野正次 秀文閣書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1450655昭和18
銃剣は耕す桜井忠温 新潮社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1258865昭和7
従軍記者の見たる
日露戦争裏面史
新聞之新聞 編精華書房
従軍記と画 戦塵小林喜代吉刀江書院
銃後戦記北部東部篇毎日新聞社 編毎日新聞社
上等兵と支那人中谷英雄清教社
少年航空兵の手記野口 昻中央公論社
少年戦車兵物語佐藤武 東亜書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717035昭和17
少年戦車兵 : 若き鉄獅子佐藤隆秀 文憲堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720085昭和17
少年戦車兵藤田実彦 目黒書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2627831昭和17
少年戦車兵魂本間楽寛錦城出版社
少年通信兵魂炭谷不二男文淵閣
少年兵魂松本要蔵研文書院
神兵大東亜陸戦記読売新聞社編読売新聞社
神武の兵北村一夫教学社
水兵の眼井上康文文園社
進め陸軍少年兵佐野康, 藤本弘道 開発社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720082昭和19
征野千里 兵士の手記谷口 勝新潮社
征野二年、弾痕、兵車行*松田利通 斎藤鉄太郎
大槻隆伎 訳
潮文閣
赤軍から見たノモンハン戦闘
赤軍戦車旅団全滅
富田邦彦新興亜社
浙贛作戦 従軍記森山三郎博聞堂
セレベス海軍戦記湊 邦三興亜日本社
戦記南海封鎖津村敏行海洋文化社
戦記物語研究福田久道 編六芸社
戦車戦記藤田実彦東京日日新聞社
戦陣雑記兵の闘魂石原明太郎国際情報社
潜水艦戦記平手 朗朝日新聞社
先生兵隊の手記 :
軍教一如
前原香 第一出版協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460794昭和17
空翔る神兵古川真治東亜書林
空の少年兵戦記 灯倉町秋次興亜日本社
空の少年兵倉町秋次興亜日本社
第三師団従軍記 
動乱の支那から
石原由三郎金剛石社
大東亜戦記 
我が将兵はかく戦えり
松村又一鬼沢書店
大東亜戦争海軍戦記.
第3輯
大本営海軍報道部 編纂興亜日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1907051昭和18
大東亜戦争海軍戦記.
第4輯
大本営海軍報道部 編纂興亜日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1907184昭和19
大東亜戦争陸鷲戦記航空文学界 編大日本雄弁会講談社
短歌戦記山上次郎八雲書店
男装従軍記永田美那子日本評論社
血煙、剣と筆安川隆吉 大竹末吉戦記名著刊行会
忠孝両全 田名少尉の戦死井上文成愛国心之華
中隊長の戦闘日記本庄勢兵衛読売新聞社
青島戦記*朝日新聞合資会社朝日新聞合資会社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/953110大正4
ツシマ:日本海海戦記フランク・ティース大観堂
泥濘二百八十里 帰る兵隊 
軍服の聖者
前山賢次 難波虎一
津野田是重
潮文閣
鉄道挺身隊戦記河口 豪陸運研究社
転向手記帰る兵隊難波虎一大洽社
督戦隊 列国記敗戦別院一郎潮文閣
渡洋爆撃隊実戦記海軍省黒潮会非凡閣
南支を征く、征野に祈る、
青島戦記*、北清観戦記*
小林房一、中山正雄、
大阪朝日新聞、
坪谷善四郎
潮文閣
肉弾*、銃後*、銃剣は耕す*桜井忠温潮文閣
日露戦争思い出の記:
ミスチェンコ騎兵大集団営ロ逆襲実話
黒沢礼吉 編不明
日本海海戦 我水兵の実戦記東京朝日新聞社 編東京朝日新聞社
日本海軍戦記 怒濤 寺島柾史 日本公論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1056247昭和14
日本闘魂記小田 進人文閣
日本農兵戦争清水宣雄 農村問題研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1462805昭和15
ニユーギニア血戦記岡田誠三朝日新聞社
ノモンハン実戦記樋口紅陽大東出版社
ノモンハン実戦記 続樋口紅陽大東出版社
ノモンハン戦車殲滅戦記草場 栄鱒書房
敗走千里、鉄血*、
海戦目録、南京空襲、
野戦郵便局
陳登元、猪熊敬一郎
小笠原長生 千田貞敏
木村秋生
潮文閣
バタアンコレヒドール戦記
砲車小隊長の手記
中山富久協栄出版社
春の戦闘記中村春台子春秋社
比島従軍記朝日特派員西川佳雄興亜書院
白虎隊戦記 もぐら兵隊公家 裕愛読社
白虎部隊 血煙 剣と筆秦賢助 安川隆治
大竹末吉
潮文閣
風雲回顧談、兵庫行、
旅順閉塞*
大月隆仗  桃陰戦記名著刊行会
福山航空兵大尉野口 昂中央公論社
富士勇士 上海血戦記藤沢建之助富山日報社
吹雪の中の兵隊関波啓悦文政同志社
兵営村の少年南条三郎文昭社
兵屋記板東三百新太陽社
兵学より見たる川中島の戦井上一次 日本出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460443昭和17
兵車行林 泉第一出版社
兵車行 :
兵卒の見たる日露戦争*
大月隆仗 敬文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/774461明45
兵隊先生森川賢司新小説社
兵隊とともに栗林農夫改造社
兵隊の地図火野葦平改造社
兵隊の花園玉井政雄文芸社
兵隊物語栗井家男翼書房
兵站戦記朝原吾郎東亜書房
兵站に戦う北出純雄国民社
兵団防空の研究大谷清麿軍事界社
兵とその家族関田生吉厚生閣
砲兵部隊、新支那の光、
鉄蹄夜話*
後堂壮志郎 木村秋生
田上治三郎
潮文閣
放列バタアン砲兵戦記中山富久育英書店
北清観戦記*坪谷善四郎 文武堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/774468明治34
補充兵南部四郎興亜書院
マライ、スマトラ建設戦記昭南新聞記者会第一公論社
マレー戦線 大東亜戦記河出書房編輯局河出書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042000昭和17
マレー血戦 カメラ戦記影山匡男アルス
満州派遣歩兵第四十七聯隊
聖戦記
大江一二三歩兵第四十七聯隊
民族の闘魂谷口栄業日の出書院
麦と兵隊火野葦平改造社
無敵日本海軍兵内田丈一郎鶴書房
名将兵談大場弥平 実業之日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1240061昭和13
もぐら兵隊公家 裕愛読者
燃ゆる闘魂松村白南立誠社
野戦兵器荘司武夫ダイヤモンド社
山ゆかば 武漢攻略戦記山本和夫河出書房
遊撃戦記森 洋一鮎書房
陸軍特別志願兵森下三男立川文明堂
陸の少年兵清閑寺 健日本国防協会
我等の少年戦車兵水島周平田中誠光堂

なお、以下の書物は復刊されており、比較的手に入りやすくなっています。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

 無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの店舗でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント