日本海軍の戦史を知る~~永松浅造『海ゆかば:皇国海戦史』を読む

GHQ焚書

 永松浅造の戦前・戦中における著書の4割以上がGHQによって焚書処分されていることを書いたが、今回紹介させていただく『海ゆかば:皇国海戦史』もまたGHQ焚書である。
 GHQは日本が戦争で勝利した話の多くを封印しようとしたと理解すればよいのだろうか。

日清戦争における海軍戦力比較

 この本には海軍が出来てからの海戦だけでなく、元寇、八幡船が英国艦を降伏させた話なども記されているのだが、日清戦争における黄海海戦の話を紹介させていただく。
 結果は日本の勝利となったのだが、日清開戦当時の海軍戦力を比較してみると、清国の方がはるかに優位にあったことは意外であった。

 日清開戦当時の日本と清国との海軍勢力を比較してみると、
【日本】
 軍艦二十八隻、水雷艇二十四隻、総排水量トン数五万九千六十八トン
【清国】
 軍艦六十三隻、水雷艇二十四隻、総排水量トン数八万四千余であった。

 また、その主力艦を比較して見ても、清国の主力艦定遠、鎮遠は、七千三百五十トンで三十センチ砲四門を備えている。四十年前にしては、驚くべき大戦艦である。
 日本は最大軍艦松島でさえも四千二百七十八トンであった。
 この貧弱な艦隊をもって、どうして戦うのか

 しかし、こうした量の上から見ると、確かに清国艦隊はわが国に優れているが、戦争は決して量の大小によって勝ち負けが、決まるものではなく、むしろ質の問題である。
 この質――日本海軍の質の優れている点では、到底清国海軍は、日本海軍の敵ではないのだ。

 当時、浪速の艦長であった東郷元帥は、清国の海軍を十分に研究し、その結果、
「支那の海軍は、焼身の名刀である」
 と断言した。

 ことに、清国の艦隊は戦争となっても、その全部が戦争に参加するのではなかった。
 清国の艦隊には、北洋、南洋、福建、広東の四艦隊があるが、実際に戦争に参加できる艦隊は、北洋艦隊と広東艦隊の一部だけであった。
 その総数は、
 軍艦二十五隻、水雷艇十三隻、総排水量トン数五万余で、むしろ我が艦隊よりも九千トン余少なくなる。だが、その定遠、鎮遠など侮りがたい優秀艦を持っていたから、決して油断が出来なかった

永松浅造 著『海ゆかば : 皇国海戦史』大果書房 昭和17年刊 p.217~219
戦艦松島

 松島は、三十二センチ砲一門と十二センチ速射砲十二門だから、主力艦の兵力差も歴然としていたのである。普通に考えて、簡単に勝てる相手ではない。

黄海海戦

 そして、明治二十七年(1894年)九月十七日に黄海海戦で両軍の主力が戦うこととなる。当時はレーダーはなく空をこがす黒煙が敵の接近を知らせる合図となる。

 午前十時二十三分、戦闘の吉野艦の右舷はるかな北東に、かすかに立ち上がる煙を見つけた。
 いよいよ丁汝昌(ていじょしょう)の北洋艦隊が出てきたのだ。
 伊藤司令長官は、ただちに游撃戦隊に攻撃の命令を下した。
 やがて十一時三十分、わが艦隊は直ちに単縦陣を取り、赤城及び西京丸を艦隊の列外に配置し、各艦は翩翻(へんぽん)たる大軍艦旗を掲げて、戦機の熟するのを待った。

 敵艦隊は速力七ノット*、三艦群陣の陣形をとり、定遠、鎮遠の二隻を先頭に、左翼に來遠、致遠、廣甲、済遠、右翼には経遠、靖遠、超勇、揚威等を随え、堂々としてわが艦隊めがけて航進していた。

 わが艦隊は十ノットの速力で、敵に近づいた。
 午後一時十分前、敵の旗艦定遠は焼く六千メートルを離れて先ず火ぶたを切った。その他の敵艦も射撃して、吉野の近くにものすごい水煙が立った。
 しかし、わが艦隊は少しも動ぜず、黙々と距離を狭めて行った。

 彼我の距離三千メートルになった時、坪井司令長官の攻撃開始の命令が下った。
 先頭の吉野が、敵の右翼艦を撃ち、次いで、高千穂は定遠を砲撃し、秋津洲、浪速と順次砲火を開き、ここに壮烈なる大海戦が開始された。

 わが速射砲は、ここぞとばかり、猛威を振るう。
 敵艦超勇は、早くも火災を起こして、赤黒い煙につつまれた。揚威にも火の手が上がった。
 遂に、超勇、揚威は鴨緑江近くの陸地に向かって逃げ出した。

 敵艦隊の右翼が乱れたので、さらにわが艦は、左翼の攻撃に移った。
 提督旗をかかげた定遠のマストと、鎮遠のマストは、わが砲弾のために折られ信号機も悉く焼失したので、各艦に対して号令することもできず、敵艦は、統制がとれなくて支離滅裂に乱れかけてきた

 わが艦隊は、早くも敵の左翼艦の速力が遅いのを見て、先ずこれに猛射を浴びせかけた。
 経遠、超勇、揚威を大破し、また右翼の致遠および廣甲を撃沈した
 敵の主力艦である定遠、鎮遠もまた相次いで火災を起こし、見苦しい格好でのた打っている

 しかし、わが軍もなかなかの苦戦だった。
 わが本隊の比叡は、定遠と來遠の包囲に陥った
 比叡の艦長桜井少佐は、自爆の覚悟で、艦を定遠と來遠の間に突入させた。
 三艦の猛烈な射ち合い、砲煙はもうもうとあたりに立ちこめ、比叡は火を噴きながら、走り続けた。
 その時、來遠の距離僅か四百メートル、まことに舷々相摩す接触ぶりで、敵艦の甲板に、多数の支那兵が群がって、手に手に青龍刀を振りかざして喚き叫んでいるのが手に取るように見える。
 比叡艦上より、忽ちノンデンフェルト機関砲(機関銃の旧式なもの)が、ド、ド、ド、ドッと火を吐く。支那兵は悲鳴をあげて、なぎ倒された。…中略…
 來遠から比叡に止めを刺すために頻りに魚雷を発射する。比叡は巧みにこれを避けて苦戦奮闘したが、遂に、
「本艦火災、列外に出づ。」
 との信号を掲げて、戦列を脱した

 赤城もまた來遠、致遠、廣甲の三隻に包囲攻撃を受け、三十以上の敵弾を受けて火災を起こしたが勇敢に戦い、必死の一弾は、來遠の急所に命中し、敵艦に火の手が上がった。幕下が横綱を屠ったよりも大きな脅威だ。これに怯んだ敵艦は、忽ち包囲を解いて逃げ出した。ここで赤城は全速力で本隊の戦場へ急行した。しかし、艦長坂本八郎少佐は敵弾を受けて壮烈な戦死を遂げた
*1ノット:1時間に1海里 (1852 m) 進む速さ

同上書 p.220~223

 戦端を開いて約二時間、第一回の射ち合いが終わり、日本軍は比叡と西京丸が戦場から離れ、敵は、左右両翼の陣形が乱れたままの状態であった。

日本海軍大勝利

やがて、第二回の射ち合いが始まった。

於黄海我軍大捷』 小林清親 画

 わが軍は鎮遠と定遠に砲火を集中し、定遠は大火災を起こした
 敵艦致遠は、相続く敗戦に気が変になったのか、やけになってわが游撃隊の吉野、高千穂に艦首をぶっつけようと猛然突入してきた。
 小癪千萬! とばかり、我の放った巨弾は見事致遠の急所を射抜き、艦体は忽ち逆立ちになって赤い腹を見せながら沈没してしまった。

 午後三時二十六分、鎮遠の射った三十センチ砲の巨弾二発がわが旗艦松島の甲板に命中した。
 それと同時に、松島の火薬庫に火が回って轟然たる大爆発が起こり、忽ち艦上一面が濛々たる火煙に包まれた。
 この時の死傷者は志摩大尉以下六十八名に及んだ。
 …中略…

 海上では、我が松島がこの大損害にもひるまず応戦した砲弾が当たって、定遠は火に包まれている。…中略…
 残念ながら、松島は砲は砕け、マストは傾き、戦闘不可能となったので、四時七分伊東司令官の命令で艦列を離れた

 游撃隊は、本隊の苦戦と違って、敵艦追撃をつづけ、吉野、高千穂は経遠を撃沈した。敵の経遠艦長林永升(りんえいしょう)は、沈没の前にピストルで自殺し、経遠は焔と煙に包まれ、左に傾いて沈むまで戦ったのは、敵ながら壮烈だった。

 この戦いで、敵は致遠、経遠、揚威、超勇を沈められ、廣甲は大連湾で爆沈した。
 我が艦隊の大勝利である

同上書 p.224~226

 敵の丁汝昌は残りの艦をまとめて旅順方面に逃げ去り、黄海海戦は日本の勝利で終わった。この海戦で日本海軍は黄海一帯の制海権を確保し、陸軍は続々と遼東半島に上陸し、その後海陸協力して威海衛に迫ることとなる。

電子図書で読める永松浅造の作品

 【GHQ焚書】

海軍航空隊
Amazonで永松浅造の海軍航空隊。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
【復刻版】永松浅造「満洲建国誌 十周年記念」―1942年時点での見方 (響林社文庫)
Amazonで永松浅造, しみじみ朗読文庫の【復刻版】永松浅造「満洲建国誌 十周年記念」―1942年時点での見方 (響林社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

【戦後の著作】

【復刻版】永松浅造「ゾルゲ事件」―戦時日本を震撼させたソ連国際諜報事件を描く実録小説 (響林社文庫)
Amazonで永松浅造, しみじみ朗読文庫の【復刻版】永松浅造「ゾルゲ事件」―戦時日本を震撼させたソ連国際諜報事件を描く実録小説 (響林社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
【復刻版】永松浅造「世相残酷異録―法廷だより」ー戦後混乱期の悪質犯罪録 (響林社文庫)
Amazonで永松浅造, しみじみ朗読文庫の【復刻版】永松浅造「世相残酷異録―法廷だより」ー戦後混乱期の悪質犯罪録 (響林社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
【復刻版】永松浅造「自決―終戦殉国者の記録」ー大西中将、阿南陸相、田中静壱大将他 (響林社文庫)
Amazonで永松浅造, しみじみ朗読文庫の【復刻版】永松浅造「自決―終戦殉国者の記録」ー大西中将、阿南陸相、田中静壱大将他 (響林社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。長い間在庫を切らして皆様にご迷惑をおかけしましたが、このたび増刷が完了しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能ですし、ネットでも購入ができます(\1,650)。
電子書籍はKindle、楽天Koboより購入が可能です(\1155)。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことができます。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書181 対外関係史81 地方史62 ロシア・ソ連51 イギリス38 中国・支那36 神社仏閣庭園旧跡巡り34 日露戦争33 共産主義32 軍事31 著者別31 反日・排日31 政治史29 京都府28 神仏分離27 神戸大学 新聞記事文庫26 欧米の植民地統治26 廃仏毀釈26 ユダヤ人25 外交史25 アメリカ24 対外戦争22 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 朝鮮半島20 コミンテルン・第三インターナショナル20 菊池寛19 情報戦・宣伝戦18 テロ・暗殺18 一揆・暴動・内乱17 満州16 豊臣秀吉16 ハリー・パークス16 GHQ焚書・50音別リスト15 支那事変14 海軍13 西郷隆盛12 東南アジア12 紅葉11 陸軍11 ルイス・フロイス11 アーネスト・サトウ11 分割統治・分断工作10 倭寇・八幡船10 大阪府10 ドイツ10 徳川慶喜10 不平士族10 戦争文化叢書10 ペリー9 奴隷9 奈良県9 和歌山県9 イエズス会9 岩倉具視9 フランス9 寺社破壊9 伊藤痴遊9 人種問題9 A級戦犯8 インド8 オランダ8 ナチス8 小村寿太郎7 ジョン・ラッセル7 修験7 神仏習合7 神社合祀7 徳川斉昭7 文化史6 飢饉・食糧問題6 関東大震災6 木戸孝允6 大久保利通6 ジェイコブ・シフ6 兵庫開港6 永松浅造6 ロッシュ6 自然災害史6 情報収集6 大東亜戦争6 大隈重信5 伊藤博文5 滋賀県5 ウィッテ5 ジョン・ニール5 金子堅太郎5 長野朗5 奇兵隊5 ロシア革命5 隠れキリシタン5 アヘン5 財政・経済5 山縣有朋5 紀州攻め5 高須芳次郎5 児玉源太郎5 スパイ・防諜4 旧会津藩士4 日本人町4 東郷平八郎4 井上馨4 武藤貞一4 阿部正弘4 小西行長4 山県信教4 日清戦争4 平田東助4 堀田正睦4 石川県4 南方熊楠4 高山右近4 乃木希典4 兵庫県4 フランシスコ・ザビエル4 水戸藩4 フィリピン4 孝明天皇4 国際連盟4 スペイン4 井伊直弼4 ナチス叢書4 西南戦争4 東京奠都4 津波3 桜井忠温3 福井県3 プチャーチン3 生麦事件3 徳川家臣団3 藤木久志3 竹崎季長3 川路聖謨3 鹿児島県3 士族の没落3 勝海舟33 日米和親条約3 平田篤胤3 王直3 ガスパル・コエリョ3 薩英戦争3 福永恭助3 フビライ3 山田長政3 シュペーラー極小期3 菅原道真3 中井権次一統3 安政五カ国条約33 朱印船貿易3 北海道開拓33 韓国併合3 下関戦争3 三国干渉3 イザベラ・バード3 タウンゼント・ハリス3 日独伊三国同盟3 高橋是清3 レーニン3 薩摩藩3 台湾3 柴五郎3 静岡県3 伴天連追放令3 松岡洋右3 廃藩置県3 義和団の乱3 プレス・コード3 文禄・慶長の役3 明石元二郎3 和宮降嫁3 満州事変3 織田信長3 ハリマン2 大火災2 坂本龍馬2 伊勢神宮2 富山県2 足利義満2 高知県2 火野葦平2 王政復古の大号令2 三重県2 仲小路彰2 尾崎秀實2 文明開化2 大江卓2 山本権兵衛2 南朝2 沖縄2 南京大虐殺?2 文永の役2 神道2 淡路島2 明治六年政変2 北条時宗2 徳島県2 懐良親王2 地政学2 土一揆2 第二次世界大戦2 大東亜2 弘安の役2 吉田松陰2 オールコック2 領土問題2 豊臣秀次2 板垣退助2 島津貴久2 島根県2 下剋上2 武田信玄2 大川周明2 島津久光2 日光東照宮2 鳥取県2 足利義政2 国際秘密力研究叢書2 大友宗麟2 安政の大獄2 応仁の乱2 徳富蘇峰2 水野正次2 オレンジ計画2 オルガンティノ2 安藤信正2 水戸学2 越前護法大一揆2 江藤新平2 ラス・ビハリ・ボース2 大政奉還2 野依秀市2 福沢諭吉2 シーボルト1 フェロノサ1 徴兵制1 熊本県1 版籍奉還1 福岡県1 陸奥宗光1 穴太衆1 宮崎県1 督戦隊1 重野安繹1 山中峯太郎1 鎖国1 藤原鎌足1 加藤清正1 岐阜県1 宮武外骨1 科学・技術1 五箇条の御誓文1 愛知県1 前原一誠11 伊藤若冲1 ハワイ1 武藤山治1 上杉謙信1 一進会1 大倉喜八郎1 北条氏康1 尾崎行雄1 スターリン1 桜田門外の変1 徳川家光1 浜田弥兵衛1 徳川家康1 長崎県1 日野富子1 北条早雲1 蔣介石1 大村純忠1 徳川昭武1 今井信郎1 鉄砲伝来1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 スポーツ1 あじさい1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 佐賀県1 士族授産1 後藤象二郎1 神奈川県1 東京1 大内義隆1 財政・経済史1 広島県1 大村益次郎1 足利義持1