聖ザビエル像が山奥で発見されたのち、売却された経緯~~隠れキリシタンの里2

隠れキリシタン(茨木)

聖フランシスコ・ザビエル像の発見

教科書などでおなじみの聖フランシスコ・ザビエル像(国重要文化財)が、茨木市千提寺の民家で発見されたのは大正九年(1920)のことだが、この像を発見したのは藤波大超という郷土史家で、当時は教誓寺(茨木市安元92)の住職であった。

それまでは千提寺が「隠れキリシタンの里」であることは誰も知らなかったのだが、藤波氏は中学時代の教員から、この付近にキリスト教の信仰をつないでいた信徒が存在したという話を伝え聞いていて、何か裏付けになるものがないかと千提寺の集落にある墓地の石碑を一つずつ調べていた。

地元の東藤次郎氏から「おもしろい石がある」と言われて案内された墓石を調べたところ、「慶長八年(1584年)」「上野マリヤ」と刻まれていて、さらに上部には「二支十字」が彫られていた。明らかにキリシタンの墓石である。

藤波氏は他にもきっと何かがあると確信して何度も藤次郎氏を説得すると、藤次郎氏はその熱意に動かされて、とうとう東家の蔵の「開けずの櫃(ひつ)」に収められていた宝物を出してきた。その中に聖フランシスコ・ザビエル像があったのである。

上の画像はザビエル像が発見された東家で、茨木市立キリシタン遺物資料館の横に建っている。

いつ頃千提寺の民家に持ち込まれたのか

ザビエル像には狩野派の落款である壺印があり、狩野派のキリシタン画家であるペテロ狩野源助が描いたのではないかと推定されているという。

しかしながら、この肖像画が由緒ある御用絵師である狩野派の絵師が描いた作品であるならば、もともとは大坂城のような重要な場所にあった可能性が高く、どうして茨木市の山奥の民家で発見されることになったのか気になるところである。

聖フランシスコ・ザビエル像 ( 神戸市立博物館蔵 )

使われた絵具の分析から長崎で描かれたと考えられており、制作時期については、ザビエルが「聖人」であることを示す光輪と、名前の頭に「S.P.」の文字が描かれていることから、ザビエルが列聖された1622年前後という説が有力なようだが、キリスト教に対する徳川幕府の政策を考えると、もう少し早い時期に描かれたと考えるべきだとの説もある。

徳川家康が、江戸・京都・駿河などの直轄地に対してキリスト教布教の禁止と教会の破壊を命じたのは慶長十七年(1612年)で、その禁教令を全国に広げたのがその翌年である。ところが、豊臣秀頼のお膝元である大坂では幕府の禁教令が徹底されていなかったことから、多くのキリシタン武将が大坂城に集まることとなり、慶長十九年(1614年)に大坂冬の陣の戦いが始まっている。

甲山堅著『ザビエルコード』には、「炎上する大坂城から金瓢箪を持ち出した」キリシタン武将・上笠五兵衛という人物の事が書かれており、その男は千提寺やその周辺を領していた土豪の嫡子で、この人物がサビエル像を持ち出したことを匂わせている。その説によると、ザビエル像は武将たちを鼓舞する目的で大坂城に持ち込まれていて、大坂夏の陣(慶長二十年:1615年)で大坂城が落城する前に難を逃れて山間部に隠されたというのだが、特に記録が残されているわけではなく確かなことはわからない。

徳川幕府が本格的にキリスト教の取締を強化したのは元和二年(1616年)以降のことで、元和五年(1619年)には京都六条河原で52名の信者が処刑 (京都の大殉教) されている。

元和八年(1622年)には長崎で55名の信者が処刑 (元和の大殉教) され、その後も各地で多くの信者の処刑が行われている。このような時代背景を考慮すると、ザビエル像が1622年前後に長崎で描かれたとする説にはかなり無理がある。このような時期に肖像画を描くことも、運ぶことも、保管することも、いずれもが命がけとなってしまうからだ。

甲山氏の前掲書によると、ザビエルを「聖人」とする運動はザビエルの死(1552年)直後から存在していて、その運動が本格化したのは慶長十七年(1612年)だという。その頃には、ザビエルの死後六十年の1622年に列聖されることがスケジュール化されていたので、イエズス会が布教の手段として1614年以前に、フライング承知で聖ザビエル像を制作させたとする説が存在するようだ。

キリシタン武将・上笠五兵衛が大坂夏の陣で金瓢箪を持ち出したのなら、同時にザビエル像も持ち出した可能性は否定できないが、ザビエル像が大坂城にあったという記録がないので、この点については何とも言えない。聖ザビエル像が教会のようなところにあったことも考えられるのだが、どこにあったにせよ江戸幕府から禁教令が出された頃には、より安全な場所に隠しておく必要が生じていた。その隠し場所として、山深い千提寺の敬虔な信徒の家が選ばれたということなのであろう。

なぜ茨木市に本物のザビエル像が存在しないのか

千提寺にある茨木市立キリシタン遺物資料館に展示されている聖フランシスコ・ザビエル像は残念ながら複製品であり、本物は神戸市立博物館にある。この貴重な文化財がどういう経緯で神戸に流出してしまったのだろうか。

聖ザビエル像が発見された頃のこと、育英商業学校の校長を務めていた池永孟(はじめ)という人物が、「神戸のような国際大都市にして、美術館の一つも持たないということは、国民教養の程度も察せられて大きな国辱である」と考え、自分で南蛮美術品を展示する美術館を開こうとし、施設に相応しい美術品を収集していた。池永は千提寺でキリシタン遺物が発見された情報を入手すると早速東藤次郎宅を訪ねて、当主に売却の話を持ち掛けた。

当主は先祖が命がけで守って来たものを売却する意思はないと断ったのだが、池永は1ヶ月間何度も東家に通い続けたという。

郷土史家・東實文男の著書に、東家がザビエル像を売却した経緯について、次のように記されている。

「藤次郎氏も『何があっても断ろう!』と、藤波大超氏にも相談して知恵を借りた。そこで浮かんだ案が、当時としては破格といってよい『多額の値段をつければ諦めるだろう!』と思って『三万円』という売値を提示したのであった。この頃の教員の初任給が五十円程度だったから、それは相当の金額である。ところが池永氏は諦めるどころか、垂水にあった別荘を売り払ってその金をこしらえてきたのである。藤次郎氏は『まさか!』と思ったが、現金を前にしてすでに言ったことを撤回するわけにもいかなかった。

 こうしてやむなく手放すことになったのであるが、特に『ザビエルの肖像画』ではなく他の遺物でも良かったはずであるのに、池永氏は『ザビエルの肖像画』を選び三万円で購入していった。時は、1935年(昭和十年)のことである。」(東實文男『「茨木」と「竹田」』p.51-52)

池永孟は昭和十五年(1940年)に池永美術館を開館したのだが、翌年わが国は第二次世界大戦に参戦し、昭和十七年(1942年)から米軍による本土空襲が始まっている。戦局が悪化したため昭和十九年に(1944年)に池永美術館は閉鎖されてしまうのだが、翌昭和二十年(1945年)には三度に及ぶ大空襲で神戸市は壊滅的被害を受けたなか、美術館は奇跡的に難を逃れた

終戦後は美術館の再開どころか、財産税のためにコレクションも切り売りせざるを得ない事態となり、池永氏は美術品が散逸することを恐れて、建物と美術品をすべて神戸市に譲ることを決意した。神戸市は池永コレクションを受け継いで、昭和二十六年(1951年)に神戸市立美術館を開館し、昭和四十年(1965)には神戸市立南蛮美術館と改称。その後、昭和五十七年(1982年)に南蛮美術館と考古館が統合されて、現在の場所(神戸市中央区京町24)に神戸市立博物館が開館されたのである。

池永氏が集めたコレクションはザビエル像のほか、泰西王侯騎馬図(国重文)、狩野内膳筆南蛮人渡来図(国重文)など貴重な作品が数多くあり、久しぶりに南蛮美術を鑑賞しに行きたくなったのだが、調べると神戸市立博物館は現在リニューアル工事が行われていて、今年の11月1日までは休館とのことである。リニューアルオープンされたら早速訪れることとしたい。

スポンサーリンク


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


コメント

  1. しばやん より:

    自己レスで恐縮です。
    11月にリニューアルオープンした神戸市立博物館に行ってきました。
    現在「神戸市立博物館名品展」(11/2~12/22)が開催されており、池永コレクションの名品などが公開されています。
    https://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/main

    もちろん、国の重要文化財に指定されている「聖フランシスコ・ザビエル像」も鑑賞できます。
    JAFの会員の方は200円の割引がありました。
    食事を済ませて、神戸ルミナリエにも行ってきました。ルミナリエは12/15日までです。
    http://kobe-luminarie.jp/cont-01.htm

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書181 対外関係史81 地方史62 ロシア・ソ連51 イギリス38 中国・支那36 神社仏閣庭園旧跡巡り34 日露戦争33 共産主義32 軍事31 著者別31 反日・排日31 政治史29 京都府28 神仏分離27 神戸大学 新聞記事文庫26 欧米の植民地統治26 廃仏毀釈26 ユダヤ人25 外交史25 アメリカ24 対外戦争22 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 朝鮮半島20 コミンテルン・第三インターナショナル20 菊池寛19 情報戦・宣伝戦18 テロ・暗殺18 一揆・暴動・内乱17 満州16 豊臣秀吉16 ハリー・パークス16 GHQ焚書・50音別リスト15 支那事変14 海軍13 西郷隆盛12 東南アジア12 紅葉11 陸軍11 ルイス・フロイス11 アーネスト・サトウ11 分割統治・分断工作10 倭寇・八幡船10 大阪府10 ドイツ10 徳川慶喜10 不平士族10 戦争文化叢書10 ペリー9 奴隷9 奈良県9 和歌山県9 イエズス会9 岩倉具視9 フランス9 寺社破壊9 伊藤痴遊9 人種問題9 A級戦犯8 インド8 オランダ8 ナチス8 小村寿太郎7 ジョン・ラッセル7 修験7 神仏習合7 神社合祀7 徳川斉昭7 文化史6 飢饉・食糧問題6 関東大震災6 木戸孝允6 大久保利通6 ジェイコブ・シフ6 兵庫開港6 永松浅造6 ロッシュ6 自然災害史6 情報収集6 大東亜戦争6 大隈重信5 伊藤博文5 滋賀県5 ウィッテ5 ジョン・ニール5 金子堅太郎5 長野朗5 奇兵隊5 ロシア革命5 隠れキリシタン5 アヘン5 財政・経済5 山縣有朋5 紀州攻め5 高須芳次郎5 児玉源太郎5 スパイ・防諜4 旧会津藩士4 日本人町4 東郷平八郎4 井上馨4 武藤貞一4 阿部正弘4 小西行長4 山県信教4 日清戦争4 平田東助4 堀田正睦4 石川県4 南方熊楠4 高山右近4 乃木希典4 兵庫県4 フランシスコ・ザビエル4 水戸藩4 フィリピン4 孝明天皇4 国際連盟4 スペイン4 井伊直弼4 ナチス叢書4 西南戦争4 東京奠都4 津波3 桜井忠温3 福井県3 プチャーチン3 生麦事件3 徳川家臣団3 藤木久志3 竹崎季長3 川路聖謨3 鹿児島県3 士族の没落3 勝海舟33 日米和親条約3 平田篤胤3 王直3 ガスパル・コエリョ3 薩英戦争3 福永恭助3 フビライ3 山田長政3 シュペーラー極小期3 菅原道真3 中井権次一統3 安政五カ国条約33 朱印船貿易3 北海道開拓33 韓国併合3 下関戦争3 三国干渉3 イザベラ・バード3 タウンゼント・ハリス3 日独伊三国同盟3 高橋是清3 レーニン3 薩摩藩3 台湾3 柴五郎3 静岡県3 伴天連追放令3 松岡洋右3 廃藩置県3 義和団の乱3 プレス・コード3 文禄・慶長の役3 明石元二郎3 和宮降嫁3 満州事変3 織田信長3 ハリマン2 大火災2 坂本龍馬2 伊勢神宮2 富山県2 足利義満2 高知県2 火野葦平2 王政復古の大号令2 三重県2 仲小路彰2 尾崎秀實2 文明開化2 大江卓2 山本権兵衛2 南朝2 沖縄2 南京大虐殺?2 文永の役2 神道2 淡路島2 明治六年政変2 北条時宗2 徳島県2 懐良親王2 地政学2 土一揆2 第二次世界大戦2 大東亜2 弘安の役2 吉田松陰2 オールコック2 領土問題2 豊臣秀次2 板垣退助2 島津貴久2 島根県2 下剋上2 武田信玄2 大川周明2 島津久光2 日光東照宮2 鳥取県2 足利義政2 国際秘密力研究叢書2 大友宗麟2 安政の大獄2 応仁の乱2 徳富蘇峰2 水野正次2 オレンジ計画2 オルガンティノ2 安藤信正2 水戸学2 越前護法大一揆2 江藤新平2 ラス・ビハリ・ボース2 大政奉還2 野依秀市2 福沢諭吉2 シーボルト1 フェロノサ1 徴兵制1 熊本県1 版籍奉還1 福岡県1 陸奥宗光1 穴太衆1 宮崎県1 督戦隊1 重野安繹1 山中峯太郎1 鎖国1 藤原鎌足1 加藤清正1 岐阜県1 宮武外骨1 科学・技術1 五箇条の御誓文1 愛知県1 前原一誠11 伊藤若冲1 ハワイ1 武藤山治1 上杉謙信1 一進会1 大倉喜八郎1 北条氏康1 尾崎行雄1 スターリン1 桜田門外の変1 徳川家光1 浜田弥兵衛1 徳川家康1 長崎県1 日野富子1 北条早雲1 蔣介石1 大村純忠1 徳川昭武1 今井信郎1 鉄砲伝来1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 スポーツ1 あじさい1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 佐賀県1 士族授産1 後藤象二郎1 神奈川県1 東京1 大内義隆1 財政・経済史1 広島県1 大村益次郎1 足利義持1