GHQが焚書処分したA級戦犯の著書~~松岡洋右 『東亜全局の動揺 』

GHQ焚書

 昭和二十年(1945年)八月十四日にわが国は「ポツダム宣言」の受諾を連合各国に通告し、翌日の玉音放送により日本の降伏が国民に公表されたのだが、「ポツダム宣言」の第六条および第十条にはこう記されていた。

六 われらは、無責任な軍国主義が世界より駆逐されるのでなければ、平和、安全及び司法の新秩序が生じ得ないことを主張しているから、日本国国民を欺瞞して道を誤らせ、世界征服に乗り出させた者の権力及び勢力は、完全に除去されなければならない。 …

十 われらは日本人民族を奴隷化したり、国家を滅亡させる意図は有さないが、われらの俘虜を虐待する者を含む一切の戦争犯罪人は、厳格な司法手続に附されなければならない。日本国政府は、日本国国民の間における民主主義指向の再生及び強化に対する一切の障害を除去しなければならない。言論、宗教及び思想の自由、並びに基本的人権の尊重は確立されなければならない。

ポツダム宣言

 ポツダム宣言に戦争犯罪人を裁くことが明記されており、それに基づいてA級戦犯の容疑で逮捕された100人以上のうち28名が起訴され、2年半にわたる東京裁判(極東国際軍事裁判)の真理の結果、7名が死刑、16名が終身刑といった判決が下っている

 「A級戦犯」という言葉は「B級戦犯」「C級戦犯」より重要度が高いと誤解されることが多いのだが、A,B,Cは罪の軽重ではなく罪の分類に過ぎない。「極東国際軍事裁判所条例」によると、「A級」は「平和に対する罪、「B級」は通例の戦争犯罪、「C級」は「人道に対する罪」を意味しており、BC級戦犯で死刑に処せられた者が千人近くいたことからわかるように、A級の戦犯が一番重い罪を犯したという意味ではないのである。

 東京裁判の最大の問題は、当時の国際法で「平和に対する罪」「人道に対する罪」は存在せず、この裁判のために作られた条例に基づき日本人が裁かれた点にある。

 事後的に定められた条例に基づき人を裁くことは法の不遡及原則に反しており東京裁判は罪を裁く根拠となる法律がないまま開かれて日本人が処刑されたということは指摘しておきたい。

 以前このブログでGHQの検閲指針のことを書いたが、その指針には三十の項目があって、この指針に違反する内容の論評や出版は許されなかった。その指針の二番目の項目が「極東国際軍事裁判(東京裁判)批判」なのである。

 終戦後75年も経ったにもかかわらず、いまだにわが国の大手マスコミなどは、戦勝国に忖度して、この指針を自主規制で守っているようにしかみえないのである。

 今回、A級戦犯容疑で逮捕された者、およびA級戦犯として起訴された者の著作を、GHQ焚書の中から集めてみた。その中から、松岡洋右著『東亜全局の動揺――我が国是と日支露の関係・満蒙の現状』の一節を紹介したい。

 少しばかり当時の情勢を付記しておくと、日露戦争に勝利したわが国は、ポーツマス条約により長春以南の鉄道と附属の利権を得、その後日露協約を締結し満州・内蒙古の勢力範囲を定め、清国も1905年の満州善後条約や1909年の満州条約でそれを認めたのだが、1912年に成立した漢民族国家の中華民国は1920年代に入ると国権回復運動を推進し日本と対立するようになった。ちなみに満州・内蒙古はもともと満州族・蒙古族と一部朝鮮族が居住した地域で、清の時代には他の民族が移り住むことが出来ないように禁令が敷かれていたのだが、清朝末期以降漢民族も流入するようになっていった。ところが、日本人が利権を得て投資を始めインフラを整備していくと、漢民族が日本人の百倍以上の規模でこの地域に住み着き、人口の九割が漢民族となり、漢民族が他民族を妨害するようになってしまったのである。松岡洋右はこう書いている。

 満蒙の門戸を閉鎖せんとして、あらゆる障碍を横たえつつあるものは実は漢民族そのものであるという事実が漸次明らかにされつつある。見よ、恩人たる大和民族に対してすらあらゆる妨害を加えつつあるではないか。満蒙は独り漢民の蟠踞占有に委ぬべき天地では断じてない。第一史実がこれを否認している。否四十年来、漢民族が自ら取り来たった行動そのものが、明白にこれを拒否している。かりに東方諸民族に限ってこれを言えば、現に満蒙に於ける二十万の大和民族が移民であるなら、二千数百万の漢民族もまた同じく移民である。清朝時代の漢民族に対する満州移住の禁令は、やっと二十六年前初めて全部の撤廃を見たのである。一体ある特定の小地域を画しまたは時を限っての除外例はあろうが、およそ一般的に原則的に、自国人の居住往来を許さない自国の領土というものの存在を想像し得るか。今日、満蒙に居住している漢民族の三分の二は、日本が乗り込んで、開発もし治安も維持しまたあらゆる便宜をも提供したために、わずかに居住し得たのではないか。これを歴史に照らして、百万の朝鮮人は満蒙では半ば主人公である。満州人と蒙古人は、素より完全に主人公である。これ等の事実と現前、見るが如き満蒙の状態とに鑑み、私は日本として少なくとも、これら五民族は満蒙の天地に於いて、完全なる自由、平等の立場を与えられなければならぬと主張すべきであって、この主張には、いささかのこじつけもなく、無理もないということを深く信ずるものである。かかる主張が日露戦争直後に於いてわが国にあったか。最近満蒙に於ける事態悪化の直接原因は、もとよりいわゆる幣原外交にあるのであるが、実は少しく限界を広め、時を溯って立っ関すると、今日の満蒙問題行き詰まりの遠因たり最大原因たるものは、実は日露戦直後、わが朝野を通じて満蒙に対する基礎的認識を欠き、従って根底に触れた、かかる主張に目覚めなかったことに存するのである。私を以てこれを見れば、当時の日本は当然この主張を掲げて、満州善後談判に臨まなければならなかったのである。しかるに善後談判なりまたその結果として成立した、日清間の条約や協定にかかる主張の痕が何処に認められるか。

松岡洋右 著『東亜全局の動揺 』先進社 昭和6年刊 p.136~138
東亜全局の動揺 : 我が国是と日支露の関係・満蒙の現状 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 松岡洋右は国際連盟を脱退して日本の道を誤らせてA級戦犯になったぐらいのイメージしかなかったのだが、最近興味を持って調べてみると印象がすっかり変わってしまった。松岡は当時中国内政不干渉を方針とする幣原喜重郎外相の弱腰外交を痛烈に批判しているが、今のわが国はそれ以上の軟弱外交であり、政治家もマスコミも戦勝国や中国・韓国に都合の悪い事には口を閉ざしたままである。

 その意味で、松岡の指摘している問題は現在にも通じる内容である。わが国が満蒙に投資した金額は半端ではなかったのだが、漢人は排日運動を仕掛けて満蒙から日本人を排除し、わが国の権益や、苦労して整備したインフラを実質的に奪い取ろうとした。

 わが国が満蒙に投資した金額は、昭和七年に出版された『満蒙の我権益』に十五億円(内民間投資十一.三六億円)とでており、第二位のロシアの四.六億円を大きく引き離し、シナの投資はゼロである。昭和初期のわが国の年間予算規模は十五~十九億円程度だから、巨額の資金を投入して道路や工場設備や大学などを建築していったのだが、すべてを失ってしまったのである。

満蒙の我権益 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 こういう史実を知ると、現在の政治家や財界人や官僚の多くが、中国に対する甘い対応をとり続けていることに危惧せざるを得ない。大量移民を受け入れようとする動きが存在するが、警戒しないままに受け入れた場合は、わが国の固有の領土の一部が満蒙やウィグルやチベットと同じようになり、手が付けられないような状態になる危険があるという認識を持つべきではないだろうか。

 ちなみに松岡洋右のこの本は、最近になってライズ・アップ・ジャパン(経営科学出版)によって復刻され、送料¥550で入手できる。「国立国会図書館デジタルコレクション」より、はるかに読みやすいのでお勧めしたい。

戦後、GHQに封印されたNHKが報じない89年前の中国

 満州については、以前旧ブログで少しばかり調べて書いたことがあるので、良かったら参考にしていただきたい。

満州事変の当時、満州のわが国の権益を狙っていた国はどこだったのか
「満州」という言葉は、もともとは地名ではなく民族名として用いられていて、19世紀に入ってわが国ではこの言葉が中国東北部を指すようになり、その地域に居住する民族を「満州族」と呼ぶようになったという。この地域は満州族の故地であって、その満州族が中国を制圧して1644年から1912年まで中国とモンゴルを支配した。その国家が清...

 今回はGHQ焚書の内、A級戦犯で起訴された人物、A級戦犯容疑で逮捕された人物の著書を集めてみた。GHQ焚書には、戦勝国にとって都合の悪い史実が満載で、このような史実は戦後の長きにわたりほとんど知らされて来なかったものが殆んどである。戦後に広められた一般的な歴史叙述に疑問を覚えている方は、覗いてみて頂きたいと思う。

【東京裁判にA級戦犯として起訴された人物の著書】

死刑:板垣征四郎、東条英機、土肥原賢二

終身刑: 荒木貞夫、賀屋興信、小磯国昭、白鳥敏夫 、鈴木貞一、橋本欣五郎

判決前死去:松岡洋右

訴追免除:大川周明

GHQ焚書40点の内22点がネット公開

タイトル著者・編者出版社出版年国立国会図書館デジタルコレクションURL
軍・青年に与ふ荒木貞夫 森田書房昭和12https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1094711
皇国の軍人精神荒木貞夫 朝風社昭和8https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1464302
昭和日本の使命荒木貞夫 述社会教育協会昭和17https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1908664
戦争荒木貞夫 述三笠書房昭和12https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1455861
全日本国民に告ぐ荒木貞夫 大道書院
日本青年の道荒木貞夫 三笠書房
非常時読本荒木貞雄 他 述趣味教育普及会
非常時の認識と青年の覚悟荒木貞夫 文明社昭和9https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1033698
身を捨ててこそ 
戦争と国民の覚悟
荒木貞夫 三笠書房
ロシア来るぞ板垣征四郎 
東条英機他述
帝国軍事協会
亜細亜建設者大川周明 第一書房昭和16https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1918531
新亜細亜小論大川周明 日本評論社昭和19https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044933
大東亜秩序建設大川周明 第一書房
日本精神研究大川周明 明治書院
日本二千六百年史大川周明 第一書房
復興アジア論叢大川周明 他国際日本協会
米英東亜侵略史大川周明 第一書房昭和17https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042284
銃後の財政経済賀屋興信 述河出書房
戦時下の経済生活賀屋興宣今日の問題社
転換期日本の財政と経済賀屋興宜朝日新聞社
建国の精神と
日本民族の覚悟
小磯国昭 他述松山房昭和7https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1098125
欧洲を繞る世界情勢白鳥敏夫 ヨーロッパ問題研究所昭和15https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1462801
国際日本の地位白鳥敏夫 三笠書房昭和13https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1440845
戦ひの時代白鳥敏夫 第一書房昭和16https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438914
日独伊枢軸論白鳥敏夫アルス昭和15https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10278572
世界変局に処する
我が大和民族
鈴木貞一目黒書店
皇道の眞精神土肥原賢二玉川学園出版部
革新の必然性橋本欣五郎大日本赤誠会出版局
世界再建の道橋本欣五郎 八光社
第二の開闢橋本欣五郎 大日本青年党本部昭和14https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1137956
我が国体と祭政一致平沼騏一郎 述神祇院昭和15https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1080496
興亜の大業松岡洋右 第一公論社昭和16https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267210
政党を脱退して
日本国民に訴ふ
松岡洋右 [述]大阪毎日新聞社昭和9https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1448607
青年よ起て :
世界変局と大和民族の使命
松岡洋右 日本思想研究会印刷所昭和8https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1447743
東亜全局の動揺
我が国是と日支露の関係・
満蒙の現状
松岡洋右 先進社昭和6https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1466075
日独防共協定の意義松岡洋右 第一出版社昭和12https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453652
非常時とは何ぞや松岡洋右政党解消連盟出版部
非常時に際して
全國民に訴ふ
松岡洋右 述又新社昭和9https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1080101
満鉄を語る松岡洋右 第一出版社昭和12https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1257839
松岡全権大演説集松岡洋右 述大日本雄弁会講談社
スポンサーリンク

【A級戦犯指名を受けたが東京裁判に起訴されなかった人物の著書】

GHQ焚書69点の内31点がネット公開

タイトル著者・編者出版社出版年国立国会図書館デジタルコレクションURL
大東亜の建設天羽英二毎日新聞社
事変と農村有馬頼寧 講橘書店
銃後の農村青年に愬ふ有馬頼寧 河出書房昭和12https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1270702
戦時農村と革新政治有馬頼寧 農村研究会
有声録有馬頼寧 多摩書房昭和18https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123272
英国の極東作戦
新嘉坡根拠地
池崎忠孝第一出版社
国防の立場から池崎忠孝昭森社
最新軍事問題論孜池崎忠孝大村書店
新支那論池崎忠孝 モダン日本社
世界は斯くして戦へり池崎忠孝 駸々堂
世界を脅威するアメリカニズム池崎忠孝 天人社
大英国日既に没す池崎忠孝 駸々堂書店
太平洋戦略論池崎忠孝 新光社昭和8https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1037202
長期戦必勝池崎忠孝 新潮社昭和17https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1062727
天才帝国日本の飛騰池崎忠孝新光社
日本最近対外政策論攷池崎忠孝 第一出版社
米国怖るゝに足らず池崎忠孝 先進社昭和5https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1053669
今後日本は何うなるか石原広一郎新日本建設青年連盟
転換日本の進路石原広一郎三省堂
大東亜共栄圏における
共栄生活体制の構想
井野碩哉国策連盟
生産第一主義大河内正敏 科学主義工業社
統制経済と経済戦大河内正敏 科学主義工業社昭和15https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1441623
必勝の増産大河内正敏科学主義工業社
持てる国 日本大河内正敏科学主義工業社
帝国海軍
沈黙二十年の苦闘史
高橋三吉 東亜時代協会昭和17https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1455565
南方共栄圏を語る高橋三吉 大日本雄弁会講談社昭和16https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276418
The Inperial Rescript declaring
War on United States and
Britixh Empire
徳富猪一郎 毎日新聞社
危機線上の日支徳富蘇峰 他東京日日新聞社
現代日本と世界の動き徳富猪一郎 民友社昭和6https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268736
興亜の大義徳富猪一郎 明治書院昭和17https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1270071
皇国必勝論徳富猪一郎 明治書院昭和19https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267270
皇道日本の世界化徳富猪一郎 民友社昭和13https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267993
国民小訓徳富猪一郎 民友社昭和8https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1188529
宣戦の大詔徳富猪一郎 東京日日新聞社昭和17https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460201
宣戦の大詔謹解徳富猪一郎 毎日新聞社
日本精神と新島精神
附新島襄小伝
徳富猪一郎 関屋書店
日本帝国の一転機徳富猪一郎 民友社昭和4https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1272265
必勝国民読本徳富猪一郎 毎日新聞社昭和19https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460249
奉公 小訓徳富猪一郎 民友社
明治天皇の御盛徳徳富猪一郎 民友社
吾が同胞に訴ふ徳富蘇峰 他近代社
神祇教育と訓練大倉邦彦明世堂書店
大東亜建設と教育大倉邦彦弘道館
日本精神の具体性大倉邦彦目黒書店
経済決戦記太田正孝秀文閣書房
非常時の足どり太田正孝東海出版
すめらあじあ鹿子木員信同文書院
すめらみくにの理論と信念鹿子木員信維新社
日本精神の哲学
附・神ながらのやまとごころ
鹿子木員信 国民思想研究所昭和9https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1057097
日本戦時経済の進む途岸信介 研進社昭和17https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439267
皇道経済論久原房之助 千倉書房昭和8https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1025410
国民を基礎とする政治機構
改革に関する私見
久原房之助 中野豊治昭和14https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1097155
日韓合邦秘史. 上巻葛生能久 黒竜会出版部昭和5https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1225270
弾丸下の経済建設郷古 潔東邦書院
東の日本・西の独逸伍堂卓雄 金星堂昭和13https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268393
盟邦独逸に使して :
ヒトライズムの成果を語る
伍堂卓雄 述横浜貿易協会昭和13https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1270555
尽忠報国の精神近衛文麿演説第一出版社昭和13https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268214
外交対策小林順一郎湯原惣助
急迫せる極東の情勢と
日本の立場
小林順一郎今日の問題社
次の世界大戦四王天延孝 述大阪図書
決戦期の日本下村宏 朝日新聞社昭和19https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271039
日本の行くべき道下村宏日本評論社
非常時国策の提唱長谷川 清護国同志会本部昭和9https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1437487
最近のソウエート聯邦秦彦三郎 述朝日新聞社昭和11https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1094461
欧洲情勢と支那事変本多熊太郎 千倉書房昭和14https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1261509
国際連盟軍縮本会議と日本本多熊太郎 外交時報社昭和6https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1464688
支那事変から大東亜戦争へ本多熊太郎 千倉書房昭和17https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439017
米国の脱帽 :
米国側の倫敦会議解説
本多熊太郎 天人社昭和5https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1452542
時局と青年真崎甚三郎高山書院
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより販売しています。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

【このブログの人気記事50 最近90日間】

ネットで読める都道府県史、主要市史3913 views
廃仏毀釈で寺宝を奪い取り、売却して私腹を肥やした県令がいた459 views
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)391 views
東大寺の廃仏毀釈・神仏分離の危機と倒壊の危険があった大仏殿383 views
東本願寺がなぜ北海道開拓にかかわることになったのか319 views
新政府の仇敵である徳川家の聖地・日光東照宮が残された経緯304 views
わが国が中国やインドのようにアヘンに毒されなかったのはなぜなのか292 views
法隆寺における廃仏毀釈・神仏分離の危機292 views
神仏分離令のあと徹底的に破壊された鶴岡八幡宮285 views
文明開化と廃仏毀釈281 views
薩長を支援したイギリスと、幕府に接近し助言し続けたフランス270 views
外国人襲撃事件が頻発する中で起きた生麦事件と英国人らの反応264 views
イタリアはなぜ英米と戦ったのか~~GHQが焚書にしたイタリア関連書籍260 views
祇園感神院(八坂神社)の神仏分離と祇園祭への影響258 views
A級戦犯の大川周明はペリーの来航をどう書いているのか~GHQ焚書『英米東亞侵略史』254 views
GHQが焚書処分した「地政学」の本に何が書かれているか~~小牧實繁『地政学上より見たる大東亜』253 views
神仏分離令のあと金毘羅大権現の仏像・仏具が徹底的に破壊された経緯253 views
英国が中国に排日運動を焚きつけ、国際連盟を利用し我が国の孤立化を図った事情~~GHQ焚書・石丸藤太『大英国民に与う』251 views
GHQに焚書処分された満州関連書籍に何が書かれているのか~~長与善郎著『少年満州読本』245 views
GHQは満州事変について何を隠そうとしたのか~~桜井忠温 著『常勝陸軍』244 views
北野天満宮の神仏分離と、菅原道真の御神体として祀られてきた仏舎利の行方244 views
ネットで読める偉人伝239 views
「毎日新聞」の京都版に『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』の書評が載りました237 views
石清水八幡宮の廃仏毀釈と本尊・薬師如来の行方236 views
信長が最後にイエズス会と敵対する行動を取ったのはなぜか233 views
倭寇はなぜ元寇のあとから頻発するようになったのか~~倭寇1232 views
GHQに焚書処分された米国留学経験のある新聞記者の本~~棟尾松治『アメリカの実力』231 views
伊勢神宮神領地域の廃仏毀釈と、長期間の遷宮の中断に終止符を打った慶光院229 views
一度神社にされたのち寺院に戻った吉野金峯山寺226 views
明治新政府の役人に社殿焼き払いを命じられた厳島神社222 views
台湾を占領したオランダと戦った日本商人・浜田弥兵衛217 views
GHQが最初に没収を命じた10点の書籍~~大東亜戦争調査会編『米英挑戦の真相』213 views
秀吉の伴天連追放令と朝鮮出兵の背景を考える~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む1212 views
GHQが焚書処分した陸軍関係書籍~~『われ等の日本陸軍』、『支那陸軍改造論』211 views
GHQ焚書・長野朗著『民族戦』に描かれた、漢人の侵略の仕方205 views
GHQが焚書処分したナチスやドイツ関係書籍~~『ナチスの放送戦争』『総力戦と宣伝戦 : ナチス思想謀略の研究』204 views
ネットで楽しめる江戸時代の名所図会、地誌など203 views
明治二年に談山神社になった多武峰妙楽寺202 views
比叡山門前町として栄えた坂本と穴太衆201 views
竹生島で強行された神仏分離と宝厳寺に残された本尊の弁財天像191 views
オランダの三百年にわたる植民地統治手法~~GHQに焚書処分された『蘭印現状読本』『蘭印の設営』191 views
水戸藩の徳川光圀と徳川斉昭による廃仏毀釈とその目的190 views
高野山は戦国時代の危機を如何に乗り越えたか189 views
わが国が宣伝戦・情報戦に弱いことを指摘した徳富蘇峰~~GHQ焚書『必勝国民読本』184 views
GHQが焚書にしたタイ国や山田長政について書いた書籍~~『タイ国通史』『泰国風物詩』178 views
孝明天皇は病死したのか、あるいは毒殺されたのか171 views
すべての寺院を破壊した鹿児島藩の廃仏毀釈~~鹿児島藩2167 views
GHQに焚書処分された国防関係書籍~『帝国国防の危機』『非常時と日本の国防』164 views
フィリピンの日本人町はどういう経緯でつくられたのか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人3164 views
高橋亀吉著『戦時経済講話』を読む~~GHQに焚書処分された経済関連書籍163 views
スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史逍遥『しばやんの日々』

コメント