桜田門外の変と、その後の薩摩藩、彦根藩、幕府の動き

安政の大獄から桜田門外の変

桜田門外血染めの雪

 安政七年三月三日(1860/3/24) の朝は、桃の節句にしてはかなり寒く、雪が降り積もっていた。

 集合地の愛宕山に、水戸の志士17名と薩摩の有村治左衛門が集まったが、彼らの役割は井伊大老の暗殺である。総指揮は關鐡之介で、総代として蹶起趣意書を老中に持参するのは斎藤監物で、先供に狼藉を仕掛ける役、駕籠の右から斬り込む役、左から斬り込む役などが決められていた。

 総帥の金子孫二郎は、桜田門での成功を見届けてから直ちに上洛して薩摩藩と共に挙兵するため、定められた通り薩摩屋敷の有村の所に潜んでいた。

 關鐡之介らは三々五々山を下って桜田門外に向かった。

桜田門外の変(Wikipediaより)

 文部省が発行した『概観維新史』では井伊大老暗殺の場面を次のように記している。

 やがて五ッ時(午前八時)、一同は外桜田の杵築・米澤二藩邸の前に到り、或いは濠に沿いて徘徊して行人を装い、或いは葭掛茶屋に憩うて雪景を賞するに擬し、或いは路傍に踞(うずくま)って、諸侯の登営を観る態をなして、大老の駕の来るのを待った。既にして城中辰の刻(午前九時)を報ずる太鼓の音は、四隣に響き渡った。更に待つこと少時、彦根藩邸の赤門を出た行列は、上下六十人ばかり、儀衛粛々として此方に進み来たった。壮士らは息を潜め、一行を凝視して、徐(おもむろ)に機の到るを待つ。

 今や前衛が将に左折して、桜田門に向かおうとした時、銃声一発高く城池に響き渡った。こはこれ当日の指揮に当たった關鐵之介が放たしめたもの。

 間髪を容れず、傘を抛(なげう)ち、合羽(かっぱ)を捨てた一団の壮士は、雪を蹴って驀地に前衛を衝き、刀を揮って縦横に斬り込んだ。

 雨衣重装、刀の柄に羅紗袋を掛けていた彦根藩警固の士は、不意を襲われて周章狼狽、鞘を払うに暇もなく、刀室(とうしつ:刀の鞘)のまま支え闘うあり。或いは徒らに怒号狂奔するあり。衆多く前衛に気を奪われ、輿側を顧みるに遑(いとま)あらず。乱闘死傷相次ぎ、白雪は倏(たちま)ち鮮血に染んで淋漓華の如し。この時稲田重蔵・廣岡子之次郎・海後磋磯之助・有村治左衛門は輿側を目がけて突進乱斫、重蔵まず一刀を以て輿中を貫けば、衆これに踵いで左右より乱差し、次左衛門は戸を壊って大老を引出し、首級を挙げて、これを刀尖に貫き、大声を発して歓呼し、衆皆これに和す。かくてこの乱闘は殆んど一瞬時にして終わり、一挙の目的は見事に達成せられた。

 変を聞いて彦根藩邸より藩士が奔り来たが、既に晩くして、遂に及ばなかったのである。

(維新史料編纂会 編『概観維新史』文部省 昭和17年刊 p.306~307)
概観維新史 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

なぜ彦根藩警固の士が水戸浪士の襲撃を防ぎきれなかったのか

 学生時代に「桜田門外の変」を学んだ際に、井伊大老のような重要人物には彦根藩の武士が大勢で護衛していたはずなのに、なぜ水戸浪士による襲撃が成功したのかと疑問に思った記憶があるが、『概観維新史』などを読むと、その日に雪が降っていたことが重要であったことがわかる。

 季節はずれの雪で、水戸の浪士たちが大名行列の近くで傘をさし雨具の笠をかぶっていても、雪見の客と外見は変わらず、誰からも怪しまれることがなかったという。

有村治左衛門(薩摩藩)

 また、水戸の浪士たちは傘をなげうち、合羽を脱ぎ捨てて、いつでも刀が抜ける状態で行列に向かっていったのに対し、彦根藩の武士たちは雨具を着たままで、雨具を脱ぎ捨てても、刀はすぐに抜ける状態でなかったのだ。

 京都市東山区の建仁寺の東に「京都井伊美術館」という小さな美術館があり、そのホームページを調べると、「桜田門外の変 井伊家供頭(ともがしら) 日下部三郎右衛門の佩刀」の画像と解説が出ている。そこには、こう記されている。

 季節はずれの大雪のため供侍は柄袋や鍔覆い、鞘革など刀を完全に防護して出立したため応戦できず、悲惨な状況となったことは周知の事実。

井伊直弼資料及び関連資料 | iimuseum

 刀の柄や鍔、鞘が濡れないようにそれぞれが袋のようなもので覆われていては、袋から出さないことには刀が抜けない。日下部三郎右衛門の柄袋には刀傷があると書かれているが、この人物は負傷し、藩邸で死亡したのだそうだ。

桜田門外の変の犠牲者

 誰が大老の首を討ち取ったのかは諸説があるが、目的を果たした水戸浪士らの犠牲も大きかった。稲田は闘死し、広岡、有村のほか3名が自刃し、3名が自首した後に傷や病で死亡し、7名が捕縛されて死罪となっていて、明治時代まで生きた人間は2名しかいないという。

 一方彦根藩は、直弼のほかに闘死者4名、重傷を負いその後死亡した者4名、他に5名が重軽傷を負ったというのだが、残りの者については多くの者が逃亡したと噂されていたようだ。Wikipediaによると、「事変から2年後の1862年(文久2年)に、直弼の護衛に失敗し家名を辱めたとして、生存者に対する処分が下された。草刈鍬五郎など重傷者は減知の上、藩領だった下野国佐野(栃木県佐野市)へ流され揚屋に幽閉された。軽傷者は全員切腹が命じられ、無疵の士卒は全員が斬首・家名断絶となった。処分は本人のみならず親族に及び、江戸定府の家臣を国許が抑制することとなった。」とあり、生存者にはかなり厳しい処分が言い渡されている。

桜田門外の変 - Wikipedia

桜田門外の大老襲撃のあと京都で挙兵する計画はどうなったか

 前回の「歴史ノート」で記したとおり、水戸浪士らの目的は桜田門での襲撃だけではなく、京都で薩摩兵と合流し、ともに朝廷を擁して幕閣を改造することにあった。

金子孫二郎(Wikipediaより)

 桜田門での計画の成功を見届けて上京の途に就いた金子孫二郎・有村雄介・佐藤鐵三郎は、東海道を進んで三月九日に四日市に至ったが、その夜に薩摩藩に捕らえられ伏見の薩摩藩邸に護送されたという。なぜ幕府ではなく、薩摩藩が三人を捕えたのであろうか。前掲書にはこう記されている。

 伏見に至れば、京都の形勢は、孫二郎らの予期したところとは大いに相違し、同志の薩州藩士の上京する者一人もなく、目算は既に齟齬していた。蓋し江戸の薩州藩邸吏は、雄介の出奔するを知って、その幕吏のために捕らわれることを恐れ、急にこれを捕えしめたのであった。而して曩(さき)に江戸において義挙の事が決するや、雄介は同志を藩地に帰らしめて、同志の東上と京都守護を名として藩兵の派遣とを促さしめたが、薩州の藩情は輒(たやす)く志士らの意の如くならず、藩はかえって藩士の行動を抑制したので、茲(ここ)に東西の事情は大いに齟齬を生じ、孫二郎らの意図した京都に薩州兵を迎え、天朝を擁して幕府に臨む策は失敗に帰し、孫二郎ら同志は各々悲惨な末路を告げるに至った。即ち孫二郎・鐵三郎は後日、伏見奉行の手に移されて江戸に送られ、孫二郎は斬に処せられた。また有村雄介は藩地に帰り、自刃を命ぜられた。

(同上書 p.311~312)
概観維新史 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 一方、大坂で薩摩兵の東上を待っていた高橋多一郎・庄左衛門父子らは、三月二十三日に幕吏に囲まれたのだが、高橋父子は血路を開いて四天王寺に入り切腹して果て、他の浪士は捕えられて多くは獄中で死んだという。

 また、桜田門から大阪に向かい、高橋多一郎らと合流するつもりであった關鐵之介らは、幕吏の警戒が厳重であったために難を避けて四方に散ったが捕らえられ、多くは死罪となり、難を免れた者は二人だけだったという。

幕府はなぜ井伊大老の死を秘したのか

 桜田門外の変で井伊大老が没したのは明かなのだが、おかしなことに井伊家の菩提寺・豪徳寺にある墓碑に、命日が「三月二十八日」と刻まれているのだそうだ。

井伊直弼(Wikipediaより)

 Wikipediaにはこの理由について、こう解説されている。

 当時の公式記録としては、「井伊直弼は急病を発し暫く闘病、急遽相続願いを提出、受理されたのちに病死した」となっている。これは譜代筆頭井伊家の御家断絶と、それにより誘発される水戸藩への敵討ちを防ぎ、また、暗殺された直弼自身によってすでに重い処分を受けていた水戸藩へさらに制裁(御家断絶など)を加えることへの水戸藩士の反発、といった争乱の激化を防ぐための、老中・安藤信正ら残された幕府首脳による破格の配慮であった。

桜田門外の変 - Wikipedia

 しかしながら、襲撃された現場には後続の大名駕籠が次々と通りかかり、鮮血にまみれた雪は多くの人々に目撃されていた。大老が暗殺されたことは江戸中の人々に知れ渡っていたのだが、藩主が跡継ぎを決めないまま横死した場合は家名断絶とするルールがあった。彦根藩は、それなら水戸藩に復讐するしかないと襲撃の準備を始め、水戸藩は防戦の支度を急いだのだが、両家が正面衝突でも起こしたら幕府の命取りにもなりかねない。そう考えた老中安藤信正は、幕府としてはなんとか両藩の衝突を避けようと考えた。

 前掲書にはこう解説されている。

 (幕府は)同藩(彦根藩)に命じて、直弼の死を秘して、傷を負うた態に届出でしめ、将軍よりは侍医を遣し、医薬を賜ってその存命を装わしめた。ついで三月晦日に至って、幕府は直弼の大老職を免ずるとともに、水戸藩主徳川慶篤に登城を禁じ、閏三月晦日初めて直弼の病没を公表せしめ、四月二十八日遺子愛鷹の襲封を許し、遂に両家に対して断乎たる処置を取らず、わずかにその間を弥縫して事なきを得たのである。由来幕府の規制に遵えば、当然改易に処せらるべき井伊家に対し、その祖先以来の由緒勤労を思い、かつ一藩の動揺を恐れて、かくも糊塗の策を取ったのであろうが、白昼路上の事変であったから、誰かかかるところで瞞着せらるべき。事実は霹靂の如くに津々浦々に響き渡って、心あるも心なきも、皆時世の変異を感じ、幕府の姑息を嗤わぬものはなかった

同上書 p.321~322
概観維新史 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 また彦根藩は、直弼が生存しているという擬装を行うために井伊直弼の首を胴体と縫い合わせたという。Wikipediaにはこう記されている。

 直弼の首は…の三上藩邸に置かれていた。所在を突き止めた井伊家の使者が返還を要請したが、遠藤家は「幕府の検視が済まない内は渡せない」と5度までも断り、その使者を追い返した。そこで井伊家、遠藤家、幕閣が協議の上で、表向きは闘死した藩士のうち年齢と体格が直弼に似た加田九郎太の首と偽り、内向きでは「遠藤家は負傷した直弼を井伊家に引き渡す」という体面を取ることで貰い受け、事変同日の夕方ごろ直弼の首は井伊家へ送り届けられた(遠藤胤統は現役の幕閣であり、彦根の近隣の藩主でもあることから有名な直弼の顔を家中もよく知っており、実際には気付いていた可能性が高い)。その後、井伊家では「主君は負傷し自宅療養中」と事実を秘した届を幕閣へ提出、直弼の首は彦根藩邸で藩医・岡島玄建により胴体と縫い合わされた

(Wikipedia 桜田門外の変)

当時江戸で流行った戯れ唄がWikipediaに出ている。

 「いい鴨を 網でとらずに 駕籠でとり」

 「いい鴨」は「井伊掃部(かもん)」をもじっている。井伊大老は宮中行事の設営や殿中の清掃を司る「掃部寮」の長官「掃部頭(かもんのかみ)」でもあったのだ。

 また死んでいるのに生きていることにしたことを皮肉った川柳もある。

 「倹約で 枕いらずの 御病人」

 「遺言は 尻でなさるや 御大病」

 「人蔘で 首をつげとの 御沙汰かな」

 徳川幕府最高の重職である大老がわずか18人の浪人に命を奪われたことによって、幕府の権威が失墜したと良く書かれるのだが、江戸庶民からも馬鹿にされるような見え見えの茶番劇をしたことも、幕府の権威を落としその凋落を早めた原因の一つになったのではないだろうか。江戸幕府はこの事件から7年後に幕を閉じることになる。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより販売を開始しています。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書175 対外関係史81 地方史62 ロシア・ソ連40 イギリス37 神社仏閣庭園旧跡巡り34 日露戦争32 著者別31 軍事31 政治史29 京都府28 神仏分離27 廃仏毀釈26 外交史25 共産主義24 欧米の植民地統治24 対外戦争22 中国・支那21 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 菊池寛19 アメリカ19 反日・排日18 ユダヤ人17 豊臣秀吉16 一揆・暴動・内乱16 ハリー・パークス16 テロ・暗殺16 満州15 GHQ焚書・50音別リスト15 神戸大学 新聞記事文庫14 情報戦・宣伝戦14 朝鮮半島14 支那事変13 コミンテルン・第三インターナショナル13 海軍13 西郷隆盛12 アーネスト・サトウ11 紅葉11 陸軍11 東南アジア11 ルイス・フロイス11 大阪府10 戦争文化叢書10 徳川慶喜10 倭寇・八幡船10 不平士族10 和歌山県9 奈良県9 寺社破壊9 奴隷9 フランス9 イエズス会9 ペリー9 伊藤痴遊9 岩倉具視9 A級戦犯8 オランダ8 神仏習合7 神社合祀7 ナチス7 徳川斉昭7 ドイツ7 ジョン・ラッセル7 小村寿太郎7 修験7 インド7 自然災害史6 ロッシュ6 木戸孝允6 ジェイコブ・シフ6 兵庫開港6 飢饉・食糧問題6 永松浅造6 文化史6 大久保利通6 大東亜戦争6 ロシア革命5 人種問題5 児玉源太郎5 山縣有朋5 奇兵隊5 関東大震災5 高須芳次郎5 大隈重信5 金子堅太郎5 アヘン5 分割統治・分断工作5 滋賀県5 紀州攻め5 伊藤博文5 ジョン・ニール5 隠れキリシタン5 財政・経済5 ウィッテ5 情報収集5 南方熊楠4 堀田正睦4 石川県4 平田東助4 兵庫県4 高山右近4 乃木希典4 フィリピン4 小西行長4 井伊直弼4 山県信教4 東郷平八郎4 スペイン4 国際連盟4 孝明天皇4 旧会津藩士4 西南戦争4 井上馨4 ナチス叢書4 武藤貞一4 東京奠都4 阿部正弘4 水戸藩4 フランシスコ・ザビエル4 日本人町4 和宮降嫁3 朱印船貿易3 文禄・慶長の役3 安政五カ国条約3 義和団の乱3 満州事変3 廃藩置県33 明石元二郎3 静岡県3 北海道開拓3 伴天連追放令33 下関戦争3 柴五郎3 台湾3 薩摩藩3 レーニン3 高橋是清3 三国干渉3 日独伊三国同盟3 タウンゼント・ハリス3 松岡洋右3 中井権次一統3 織田信長3 フビライ3 長野朗3 日清戦争33 福永恭助3 福井県3 徳川家臣団3 藤木久志3 薩英戦争3 山田長政3 シュペーラー極小期3 ガスパル・コエリョ3 プチャーチン3 竹崎季長3 王直3 桜井忠温3 鹿児島県3 勝海舟3 日米和親条約3 スパイ・防諜3 士族の没落3 菅原道真3 津波3 生麦事件3 平田篤胤3 川路聖謨3 大江卓2 山本権兵衛2 領土問題2 南朝2 文明開化2 南京大虐殺?2 安政の大獄2 尾崎秀實2 沖縄2 応仁の乱2 大友宗麟2 水野正次2 大火災2 福沢諭吉2 坂本龍馬2 野依秀市2 伊勢神宮2 大政奉還2 富山県2 ラス・ビハリ・ボース2 足利義満2 高知県2 徳富蘇峰2 火野葦平2 江藤新平2 越前護法大一揆2 水戸学2 安藤信正2 オルガンティノ2 三重県2 オレンジ計画2 プレス・コード2 仲小路彰2 王政復古の大号令2 文永の役2 ハリマン2 足利義政2 島津貴久2 弘安の役2 吉田松陰2 徳島県2 武田信玄2 大川周明2 オールコック2 懐良親王2 北条時宗2 明治六年政変2 淡路島2 板垣退助2 鳥取県2 豊臣秀次2 日光東照宮2 島根県2 島津久光2 土一揆2 下剋上2 神道2 大内義隆1 神奈川県1 桜田門外の変1 後藤象二郎1 前原一誠1 スターリン1 東京1 徳川家光1 第二次世界大戦1 尾崎行雄1 財政・経済史1 熊本県1 徴兵制1 伊藤若冲1 北条氏康1 広島県1 フェロノサ1 大倉喜八郎1 大村益次郎1 足利義持1 ハワイ1 武藤山治1 シーボルト11 浜田弥兵衛1 五箇条の御誓文1 愛知県1 鎖国1 徳川昭武1 鉄砲伝来1 大村純忠1 藤原鎌足1 山中峯太郎1 重野安繹1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 加藤清正1 北条早雲1 日野富子1 督戦隊1 スポーツ1 版籍奉還1 長崎県1 あじさい1 穴太衆1 徳川家康1 岐阜県1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 宮武外骨1 陸奥宗光1 佐賀県1 科学・技術1 福岡県1 今井信郎1 士族授産1 宮崎県1 上杉謙信1