GHQが焚書にした「白人対有色人種」という視点で書かれた書物など

 『昭和天皇独白録』は、昭和天皇が戦前・戦中の出来事に関して昭和二十一年(1946年)に側近に対して語った談話をまとめた記録だが、その冒頭に書かれていることは非常に重要なことである。

大東亜戦争の遠因
 この原因を尋ねれば、遠く第一次世界大戦后の平和条約の内容に伏在してゐる。日本の主張した人種平等案は列国の容認する処とならず、黄白の差別感は依然存在し加州移民拒否の如きは日本国民を憤慨させるに充分なものである。…
かゝる国民的憤慨を背景として一度、軍が立ち上がつた時に、これを抑えることは容易な業ではない

(『昭和天皇独白録』文春文庫p.24-25)

 加州というのはアメリカのカリフォルニア州のことで、アメリカにおける排日運動はここから始まっている。
 昭和天皇はこの戦争の遠因は人種問題にあったと考えておられると理解して良いが、このような視点は天皇陛下だけのものではなく、当時のマスコミや論壇もそのような論調が多かったようだ。しかしながらこのような「民族戦」という視点は、戦後になってわが国の歴史の記述からスッポリと欠落してしまっているように思われる。

 GHQが没収し廃棄処分にした書物のリストにはそのような本が多数存在する。例えば、宮田光雄 著『有色民族の復興と其経済的自決』の冒頭にはこう記されている。

 今から四百年ほど前までは、ヨーロッパよりアジアの方が、精神的にも物質的にも、文化の程度が高かったのである。すなわちインドの如きシナの如き、文明の古さに於いて、またその高さにおいて、はるかにヨーロッパ諸国の上に秀でておったことは言うまでもない。わが日本の如きも、決してヨーロッパ諸国に劣るものではなかったのである。しかるにその欧米の白人諸国が、わずか四百年の間において、遂にアジア、アフリカ、アメリカなどの有色人種の国々を超越して、文化の程度を向上せしめ、物質的享楽をほしいままにし、すべての人間的欲望を満足せしめるような、いわゆる富強の国となったのは何故であるか

 一体彼ら白人は、このごとき優越の地位に立つについて、如何なる精神的及び顕在的の根拠を有したか。精神的の事はしばらく置いても、その経済的の実力を涵養すべき自給自足の資源と市場とを充分に有したかと言うに決してしからず、彼らの物欲飽満と生活向上とは、大半その基礎を有色人種の国に対する侵略と搾取に置いているのである。すなわちその生活を豊かにし、文化を進めた資源と市場とは、半ば以上これをヨーロッパ以外の有色民族の国々に求め、これを侵略してその資源を奪取し、その比制服民族に対して自己の生産品を高価に押し売りすることによって、得たる成果である。すなわちこの経済的基礎に立って、その精神的文化も発達史、その侵略的勢威によって産業も武力も進展したものである。つまり欧米白人の今日の文化は、全世界の有色民族の犠牲において築き上げられたる高塔であって、換言すれば有色民族よりの借物であり、仮設の富強である。ゆえにその踏台となっている有色民族が動揺し始め、反抗し台頭するならば、その高塔は傾いて倒れざるを得ない。それは丁度ピザの斜塔の如く、重心が基底より外に出ておらぬために助かっているけれども、言うが如く地盤が次第に陥没しつつあるのならば、それは次第に倒壊に向かって進みつつあるものと言わざるを得ないのである。

宮田光雄 著『有色民族の復興と其経済的自決』猶興書院 昭和12年刊 p.1~2
有色民族の復興と其経済的自決 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 戦後になって日本人に与えられた歴史においては、わが国が「侵略者」として描かれているのだが、戦前・戦中に於いては世界中で欧米の植民地でなかった国はわが国とタイとエチオピア程度に過ぎなかったことを知るべきである。世界の歴史に照らして考えれば、どちらを侵略者と呼ぶべきなのか。

 わが国はいまだに戦勝国にとって都合の良い歴史叙述が主流であるが、十六世紀以降わが国は何度も西欧に侵略される危機を乗り越えてきたのである。戦後に出版された史書の多くはこのような史実を採り上げず、説得力の乏しいものになっている。戦勝国にとって都合の良い歴史では、資源が乏しく貧しいわが国が、なぜ第二次大戦に参戦したのかという肝心なことがよくわからない。

 下記のリストは、GHQが焚書にした書物のリストのうち、タイトルに「民族」という文字を含むものを抽出したものである。全てが「白人対有色民族」という視点で書かれているわけではないが、多くがそのような視点で書かれていると思われる。

 全部で102点あるが、そのうち41点は「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている。興味のあるタイトルの書籍を、いくつか覗いていただければ幸いである。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
アジア周辺民族史竹尾 弌今日の問題社
亜細亜民族起つ中平亮 東洋研究会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1445187昭和7
アジア民族興亡史観松本君平 アジア青年社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459164昭和18
亜細亜民族と太平洋松本悟朗 誠美書閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1273685昭和17
アジア民族の中心思想.
印度篇
高楠順次郎 大蔵出版https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1230076昭和11
アジア民族の中心思想.
支那・日本篇
高楠順次郎 大蔵出版https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1040365昭和13
アメリカ民族圏稲原勝治 竜吟社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438890昭和18
異民族の支那統治史東亜研究所 編大日本雄弁会
講談社
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042382昭和19
印度の民族運動総合印度研究室編総合印度研究室
印度民族運動史加藤長雄東亞研究所
印度民族論堀 一郎アジア問題研究所
美しき民族秦 賢助忠文館書店
永遠の民族ヘルマン・ゲーリング 青磁社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044832昭和16
回教民族運動史陳 捷照文館
海洋地理学民族と制海権ヨーゼフ・メルツ科学主義工業社
科学と民族浦本淅潮 人文書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1227908昭和12
斯くして我が日本民族は
世界を統一する
井頭利栄国粋大衆党
建国の精神と
日本民族の覚悟
池田秀雄,
小磯国昭 共述
松山房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1098125昭和7
興亜の理念と民族教育由良哲次小学館
皇道本義大和民族の
生活原理
希聲莊 述希聲莊https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10297653昭和14
国体と民族中山太郎東洋堂
国民党支部の教育政策
特にその民族主義的傾向を
中心として
東亞研究所東亞研究所
指導者民族の優生学的維新池田林儀 日本出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1064564昭和17
食糧と民族後藤興善成史書院
聖なる大和民族の使命安岡義隆豊和会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1092595昭和11
青年よ起て :
世界変局と大和民族の使命
松岡洋右 日本思想研究会
印刷所
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1447743昭和8
世界新秩序の建設と
枢軸民族の使命
工藤長視鉄十字社
世界変局に処する
我が大和民族
鈴木貞一目黒書店
戦争と日本民族山上八郎文明社
創造の民 日本民族豊澤豊雄青年書房
対英戦と被圧迫民族の解放小倉虎治 アジア問題研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268185昭和14
大東亜の原住民族日本拓殖教会編岡倉書房
大東亜の民族と宗教東京帝国大学
仏教青年会
東京帝国大学
仏教青年会
大東亜民族誌東亜経済懇談会鱒書房
太平洋民族誌松岡静雄 岩波書店
岩波書店
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453694昭和16
大陸民族の風韵勝又治郎黄河書院
中亜民族共和国事情
カサクスタン紀行
中央アジア研究会中央アジア研究会
中国民族自救運動之
最後覚書
梁漱溟大亜細亜建設社
ツラン民族運動とは何か :
吾等と血をひくハンガリー
今岡十一郎 言海書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1266858昭和10
ツラン民族圏今岡十一郎 竜吟社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460150昭和17
天照民族と世界維新権藤重義平凡社
天孫民族よ神道に帰れ吉良宇治那理河原資郎
東亜民族論白柳秀湖 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1270004昭和16
東亜民族教育論海後勝雄 朝倉書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1277210昭和17
東亜民族の指針
皇道日本の実体
東亜研究会 編大亜細亜社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1057095昭和14
東洋に於ける素朴主義の
民族と文明主義の社会
宮崎市定富山房
ナチスの民族教育安藤堯雄弘学社
南方の民族羽生操 興風館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453161昭和19
南方民族運動満鉄東亜経済
調査局
大和書店
南方民族運動史片山真吉モダン日本社
南洋の文化と土俗 :
東印度民族誌
宮武正道 天理時報社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460063昭和17
南洋民族誌沢田 謙日本放送協会
西亜細亜民族岡島誠太郎 
三島安精 
内藤智英
六盟館
日本民族精神松尾小三朗 帝国経済聯盟https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271171昭和10
日本民族志操史和田宗八中文館書店
日本民族信念原房孝 東文書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1024061昭和13
日本民族と新世界観小川弥太郎編葛城書店
日本民族の思想と信仰田中治吾平会通社
日本民族の根本自覚多賀宗之 朝光会本部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1029746昭和8
日本民族の海外発展
の跡を観る
梁瀬春雄天元書房
日本民族の新目標国際思想研究所国際思想研究所
日本民族の政治哲学藤沢親雄 巌松堂書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1246541昭和12
日本民族の大陸還元金子定一千倉書房
日本民族の力田中寛一 蛍雪書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460145昭和17
日本民族理想西村真次 東京堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1466425昭和9
日本民族論白柳秀湖 千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1461375昭和17
ニユーギニアの自然と民族太平洋協会 編日本評論社
比律賓群島の民族と生活山本惣治南方出版社
緬甸の自然と民族中島健一 養徳社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1454980昭和19
ビルマ民族解放録高田一夫新小説社
武士道と日本民族花見朔己 南光書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1039557昭和18
凡人の完成 
大和民族と本然自然
近藤常治中央仏教者
マレーの民族酒井寅吉 興亜日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438876昭和17
満州民族独立の史的論拠北川鹿蔵日本ツラン協会
南アジア民族政治論大岩誠 万里閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459137昭和17
民族小松堅太郎 目黒書店
民族解放の歌津川主一 編敬文館
民族科学の本義池見 猛東亞出版社
民族結合の在り方山本勝之助聖紀書房
民族、国家、経済、法律ゴットル白揚社
民族国家と世界観由良哲次中文館町店
民族国家の建設平井正路恒星社書店
民族戦長野 朗柴山教育出版社
民族大東亜史佐伯泰雄七丈書院
民族闘争新論鈴木憲久 一元社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1045099昭和19
民族闘争と文化戦野一色利衛訳第一公論社
民族と世界史小松堅太郎 一条書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044675昭和18
民族と歴史哲学宮島 肇培風館
民族の意思戸川行男目黒書店
民族農政学小野武夫 朝倉書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1065954昭和18
民族の科学杉田直樹 三州閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1451332昭和17
民族の勝利大野 慎不明
民族の闘魂谷口栄業日の出書院
民族問題概説長野 朗小学館
民族優生哲学芝山 重芝山 重
有色民族の復興と
其経済的自決
宮田光雄 猶興書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463875昭和12
有色民族の更生水島彦一郎猶興書院
猶太民族と世界制覇の陰謀松村吉助富山房
蘭印の資本と民族経済浜田恒一 ダイヤモンド社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276280昭和16
領土、民族、国家ルドルフ、
チェレーン
三省堂
歴史より見たる
大東亜諸民族の特性
亜細亜文化研究所 編亜細亜文化研究所
歴史を創る日本民族石坂平 協栄出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267348昭和17

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、紀伊国屋書店の下記10店舗に令和3年の2月末まで、各1冊だけですが常備陳列されることになっています。
川越店、流山おおたかの森店、梅田本店、グランフロント大阪店、川西店、クレド岡山店、広島店、久留米店、熊本光の森店、アミュプラザおおいた店
お取り寄せは上記店舗だけでなく、全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
令和二年三月末より電子書籍もKindle、楽天Koboより販売を開始しました。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

 

コメント