わが国が宣伝戦・情報戦に弱いことを指摘した徳富蘇峰~~GHQ焚書『必勝国民読本』

GHQ焚書

 徳富蘇峰(猪一郎)は明治から昭和にかけて活躍したジャーナリスト、思想家、歴史家、評論家で、全百巻の大著『近世日本国民史』を著したほか、多くの著書を残しており、そのうち15点がGHQに焚書処分され、戦後の日本人が読めないようにされてしまった。今回はその中から『必勝国民読本』という本の一部を紹介したい。本のタイトルからして、戦意を高揚させるための本ではないかと思う人が多いかもしれないが、決してそんな薄っぺらな内容の本ではない。

 それ(神経戦)よりもさらに深く、広く、長く、かつ効果的であるのは思想戦である。彼らは…一世紀に近き間、日本がほとんど思想的にアングロ・サクソンの植民地となっていたことを熟知している。今日彼らと交戦しつつあるも、日本の思想界にはなおアングロ・サクソン崇拝の思想が残存する英米思想に火を点ずれば、たちまちこれが一般に燃え上がるものと彼らが妄信するも、彼らとしては無理ではない。ここにおいてか彼らは正面においては堂々戦艦、巡洋艦、航空母艦、駆逐艦、それに配するに千万の飛行機、幾多の魚雷、あらゆる有形的反撃を企てかつ行いつつあるも、それよりもより深刻に、より効果的の方面をその思想戦の分野に見出している。今この思想戦が如何なる方面に動き、如何なる手段、方法を採りて行われつつあるかということについては、我らは今ここにこれを語る自由を有しない。しかもこれは我が国にとってはコレラの如く、ペストの如く、実に恐るべきものであって、我らは銘々この思想戦に対して十二分の防御を以て満足するばかりではなく、我より進んで彼を撃破するの手段、方法を講ぜねばならぬ。

 如何にアングロ・サクソン人が宣伝を以て戦争の前衛となすかは何人も知るところ。しかもその実は前衛どころではない。思想戦そのものが戦闘そのものである。少なくとも戦闘の主力である。著者はかつて英国の新聞王と称せられたる子爵ノースクリフのわが国に来遊するや、軍全面階の機を得たるに、彼は著者に向かって如何に第一次世界大戦争において思想戦が主要なる働きをなしたるかを語り、揚々として得色があった。これは実に間違いなき事実である。彼は思想戦によって戦争の終結を六か月早めたと言い、また思想戦によって戦争の大団円を告げたと言っている。こといささか誇大に似たるも事実は全くその通りである。ドイツ人パウル・ロールバッハは曰く「ノースクリフは全く道義的良心無き漢(おとこ)である。彼の日常の道具は嘘を言うこと、粗獰なること及び冷血なることである。然も彼はコレラの道具を使用するにおいては最も長技を有していた」と。すなわち彼は一例を挙げれば、ドイツ人は脂肪が欠乏したるがために、彼の死体を煎じてその脂(あぶら)を使用したなどというとてつもない虚偽を製造し、ドイツの如何に野蛮かつ非人道であるかを世界に流布せしめた。されば戦争の終わるや、当時の英国首相ロイド・ジョージはノースクリフの向かって斯く感謝状を申し送った。「予は貴君の無上なる働きの成功、而してそれによってオーストリア及びドイツの敵勢をして劇的の壊崩に陥らしめたることにあずかって最も有力であったことの、多大の直接証拠を持つものである」と。要するにノースクリフの成功は、敵も味方も同様にこれを認めている。しかもこれは即ち宣伝戦の成功である。而して宣伝戦は即ち思想戦である。…中略…

 世の中に宣伝に不器用なるものは、言わば日本国民である。これが一面においては、不言実行となって、日本国民に特色づけることもあるが、その自から不器用なると同時に、ややもすれば敵の宣伝に乗り易きことも、日本人の一短所と言わねばならぬ。我らは何事にも主観的であって、己を以て他を量ることを知って、他を以て己を量ることを知らない。その為に我が国における智勇弁力の士も、ややもすればとんでもない間違いを来たすことがある。即ち孫子の「彼を知り己をしれば百戦殆(あやう)からず」と言うた訓言をここに改めて見直さねばならぬ。

(徳富蘇峰著『必勝国民読本』毎日新聞社 昭和19年刊 p.165~169)

 第一次大戦時に英国から流された虚偽の情報によりドイツは敵性国家に仕立て上げられたことが書かれているが、第二次世界大戦においてはわが国が宣伝戦を仕掛けられて戦争に巻き込まれた。しかしながらGHQは、宣伝戦や情報戦にかかわる書物の多くを焚書にし、わが国が悪い国だったという歴史観を押し付けた。そのためにわが国は、某国から歴史戦を仕掛けられては何度も国富を奪われてきたのである。いいかげんにわが国は薄っぺらな自虐史観を脱して、世界の宣伝戦・情報戦に戦えるようにならなければ、これからも国富を失い続けることになってしまう。

徳富蘇峰(Wikipediaより)

 GHQが焚書処分した徳富蘇峰の著書の一部は復刊されて入手しやすくなっている。紙書籍だけではなくKindle版もある。

 以下のリストは、GHQ焚書処分された徳富蘇峰の全書籍で、全部で15点ある。そのうち8点が「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている。

タイトル著者出版社国会図書館デジタルコレクションURL出版年
The Inperial Rescript
declaring  War on United
States and British Empire
徳富猪一郎 毎日新聞社  
危機線上の日支徳富蘇峰、
中野正剛、
田中花信量
東京日日新聞社  
現代日本と世界の動き徳富猪一郎 民友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268736昭和6
興亜の大義徳富猪一郎 明治書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1270071昭和17
皇国必勝論徳富猪一郎 明治書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267270昭和19
皇道日本の世界化徳富猪一郎 民友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267993昭和13
国民小訓徳富猪一郎 民友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1188529昭和8
宣戦の大詔徳富猪一郎 東京日日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460201昭和17
宣戦の大詔謹解徳富猪一郎 毎日新聞社  
日本精神と新島精神 
附新島襄小伝
徳富猪一郎 関屋書店  
日本帝国の一転機徳富猪一郎 民友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1272265昭和4
必勝国民読本徳富猪一郎 毎日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460249昭和19
奉公 小訓徳富猪一郎 民友社  
明治天皇の御盛徳徳富猪一郎 民友社  
吾が同胞に訴ふ徳富蘇峰、
大谷光瑞、
岡部宗城
近代社  
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】

【人気記事ランキング50 最近90日間】

ネットで読める都道府県史、主要市史3913 views
廃仏毀釈で寺宝を奪い取り、売却して私腹を肥やした県令がいた459 views
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)391 views
東大寺の廃仏毀釈・神仏分離の危機と倒壊の危険があった大仏殿383 views
東本願寺がなぜ北海道開拓にかかわることになったのか319 views
新政府の仇敵である徳川家の聖地・日光東照宮が残された経緯304 views
わが国が中国やインドのようにアヘンに毒されなかったのはなぜなのか292 views
法隆寺における廃仏毀釈・神仏分離の危機292 views
神仏分離令のあと徹底的に破壊された鶴岡八幡宮285 views
文明開化と廃仏毀釈281 views
薩長を支援したイギリスと、幕府に接近し助言し続けたフランス270 views
外国人襲撃事件が頻発する中で起きた生麦事件と英国人らの反応264 views
イタリアはなぜ英米と戦ったのか~~GHQが焚書にしたイタリア関連書籍260 views
祇園感神院(八坂神社)の神仏分離と祇園祭への影響258 views
A級戦犯の大川周明はペリーの来航をどう書いているのか~GHQ焚書『英米東亞侵略史』254 views
GHQが焚書処分した「地政学」の本に何が書かれているか~~小牧實繁『地政学上より見たる大東亜』253 views
神仏分離令のあと金毘羅大権現の仏像・仏具が徹底的に破壊された経緯253 views
英国が中国に排日運動を焚きつけ、国際連盟を利用し我が国の孤立化を図った事情~~GHQ焚書・石丸藤太『大英国民に与う』251 views
GHQに焚書処分された満州関連書籍に何が書かれているのか~~長与善郎著『少年満州読本』245 views
GHQは満州事変について何を隠そうとしたのか~~桜井忠温 著『常勝陸軍』244 views
北野天満宮の神仏分離と、菅原道真の御神体として祀られてきた仏舎利の行方244 views
ネットで読める偉人伝239 views
「毎日新聞」の京都版に『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』の書評が載りました237 views
石清水八幡宮の廃仏毀釈と本尊・薬師如来の行方236 views
信長が最後にイエズス会と敵対する行動を取ったのはなぜか233 views
倭寇はなぜ元寇のあとから頻発するようになったのか~~倭寇1232 views
GHQに焚書処分された米国留学経験のある新聞記者の本~~棟尾松治『アメリカの実力』231 views
伊勢神宮神領地域の廃仏毀釈と、長期間の遷宮の中断に終止符を打った慶光院229 views
一度神社にされたのち寺院に戻った吉野金峯山寺226 views
明治新政府の役人に社殿焼き払いを命じられた厳島神社222 views
台湾を占領したオランダと戦った日本商人・浜田弥兵衛217 views
GHQが最初に没収を命じた10点の書籍~~大東亜戦争調査会編『米英挑戦の真相』213 views
秀吉の伴天連追放令と朝鮮出兵の背景を考える~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む1212 views
GHQが焚書処分した陸軍関係書籍~~『われ等の日本陸軍』、『支那陸軍改造論』211 views
GHQ焚書・長野朗著『民族戦』に描かれた、漢人の侵略の仕方205 views
GHQが焚書処分したナチスやドイツ関係書籍~~『ナチスの放送戦争』『総力戦と宣伝戦 : ナチス思想謀略の研究』204 views
ネットで楽しめる江戸時代の名所図会、地誌など203 views
明治二年に談山神社になった多武峰妙楽寺202 views
比叡山門前町として栄えた坂本と穴太衆201 views
竹生島で強行された神仏分離と宝厳寺に残された本尊の弁財天像191 views
オランダの三百年にわたる植民地統治手法~~GHQに焚書処分された『蘭印現状読本』『蘭印の設営』191 views
水戸藩の徳川光圀と徳川斉昭による廃仏毀釈とその目的190 views
高野山は戦国時代の危機を如何に乗り越えたか189 views
わが国が宣伝戦・情報戦に弱いことを指摘した徳富蘇峰~~GHQ焚書『必勝国民読本』184 views
GHQが焚書にしたタイ国や山田長政について書いた書籍~~『タイ国通史』『泰国風物詩』178 views
孝明天皇は病死したのか、あるいは毒殺されたのか171 views
すべての寺院を破壊した鹿児島藩の廃仏毀釈~~鹿児島藩2167 views
GHQに焚書処分された国防関係書籍~『帝国国防の危機』『非常時と日本の国防』164 views
フィリピンの日本人町はどういう経緯でつくられたのか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人3164 views
高橋亀吉著『戦時経済講話』を読む~~GHQに焚書処分された経済関連書籍163 views

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより購入できます。

またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史逍遥『しばやんの日々』

コメント