「GHQ焚書 全リスト」その10  し~しな

焚書全リスト

GHQ焚書の全リストの第十回目で、今回はタイトルが「し」から「しな」で始まるGHQ焚書全リストに国立国会図書館のURLを付記してまとめたものである。

このリストの本の中で、以前このブログで採り上げたことのある書籍は以下のとおりである。

かつて豊かな国であったインドがいかにしてイギリスに富を奪われていったのか
ムガール王朝のシャー・ジャハーンの治世はインド・イスラム文化が花を開き豊かな国であったのだが、イギリスがインド全域における覇権を確立した後1765年にベンガル地方の徴税権を獲得すると、インドを搾取するようになり、インドの村落制度は崩壊し、農民を飢餓に追いやった。

GHQが焚書処分したイギリスのインド統治に関する本には何が書かれていたのか
GHQが焚書処分にした、ラス・ビハリ・ボースの『インドの叫び』には、戦後の日本人に知らされなかった、イギリスのインド統治の実態が記されている。かっては読み書きできる国民が多かったが9割以上が文盲となり、重税が課されて毎年のように飢饉が起きた。1919年4月には無辜のインド人数百名が虐殺された。

GHQが焚書処分した「思想」「宣伝」に関する本~~『支那の対日宣伝策 : 支那に於ける国防と新聞事業の統制』
GHQの焚書リストの中に、昭和十二年に海軍省海軍軍事普及部がまとめた『支那の対日宣伝策 : 支那に於ける国防と新聞事業の統制』という本がある。この書物は海軍省が書いたものではなく、支那藍衣社機関紙上海汗血書店発行の「汗血月刊」第八巻第六号(...

戦前・戦中に出版された読売新聞社の『支那事変実記』、『海戦 : 大東亜海戦記』を読む
2020年の新聞の発行部数ランキングでは読売新聞は776万部で第1位であるが、Wikipediaによると1938年の朝刊発行部数は100万部、1944年は191万部であったという。読売新聞はどちらかというと戦後大幅に発行部数を伸ばした新聞社...

中国は満州事変をどう伝えたか~~大泉忠敬『支那新聞排日ぶり』(GHQ焚書)を読む その1
大泉忠敬『支那新聞排日ぶり』(GHQ焚書)は、満州事変の発端となった柳条溝事件から1か月も経たないうちに発刊された本で、中国がこの満州事変を自国民や世界にどのように伝え、どのように行動したかが克明に記されている。

満州事変後の中国の世論工作~~大泉忠敬『支那新聞排日ぶり』(GHQ焚書)を読む その2
前回に引き続き、『支那新聞排日ぶり』の内容の一部を紹介しよう。 満州事変直後、ソ連もアメリカも出兵したと報じた中国  今もお隣の国の報道をそのまま信用することは危険だが、その点については昔も同様で、この国の新聞は平気で世界に嘘情報をまき散ら...

GHQ焚書に描かれた、中国の排日運動を操った国~~長野朗『支那三十年』
前回の「GHQ焚書」で、長野朗著『民族戦』の一節を紹介したが、今回は、同じ著者の『支那三十年』(昭和十七年刊)の文章を紹介したい。長野朗は、中国で排日運動が始まった大正八年(1919年)に北京にいて、身近でその動きを観察した人物である。この...

戦前においても日本を軽視する知識人が少なくなかった要因と、学ぶべき国民の歴史~~「戦争文化叢書」を読む4
GHQによって世界創造社の『戦争文化叢書』のシリーズの大半が焚書処分されたのだが、今回はアジア問題研究所編『支那人は日本人なり』という変わったタイトルの本の一部を紹介したい。この本はわが国の歴史について、戦後の歴史叙述などには見出しがたい、...

下記のリストで、「分類」欄の
「〇」は、「国立国会図書館デジタルコレクション」でネットで一般公開されている本でログインの不要なもの。
」は「個人向けデジタル化資料送信サービス」の手続きをして、ログインすることによってネットで読める本
「×」はデジタル化されているが、国立国会図書館に行かないと読めない本
空欄は国立国会図書館に蔵書がないか、デジタル化未済であることを意味している

 もっとも国立国会図書館はこの分類をしばしば見直しており、これまで国立国会図書館に行かなければ読めなかった本が、個人向けデジタル化資料送信サービスで読めるようになったりすることもあれば、逆に、これまでネット公開されていた本がいきなり国立国会図書館に行かないと読めない本になったり、検索しても引っかからなくなることがたまにある。
 今回の紹介分には特にそのパターンが多く、2年前には全巻がネット公開されていた読売新聞社の『支那事変実記』シリーズが、今では個人向けデジタル化資料送信サービスでなければ読めなくなってしまっている。また、『支那事変忠勇列伝. 海軍之部 第1巻』はいつの間にか、国立国会図書館限定公開となっている。このように、戦後の日本人に読ませたくない本は、こういう方法でコントロールされているのかと勘繰りたくなるところである。
 作業には万全の注意を払ってきたつもりだが、まだまだ誤りが見つかる可能性が高い。読者の皆さんが、もし誤りに気付かれた場合は、できるだけリストを修正していきたいので、コメントをいただくとありがたい。

タイトル 著者・編者 出版社 分類 国立国会図書館デジタルコレクションURL 出版年 備考
虐げられし印度 ラインハルト・フランク 高山書院 https://dl.ndl.go.jp/pid/1045068 昭和18  
四一式山砲(歩兵用)取扱上ノ参考 陸軍歩兵学校 編 陸軍歩兵学校将校集会所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1240125 昭和13  
史学雑誌 第五十三編 史学会 編 冨山房   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和17  
自覚の道 大矢三郎 自覚明社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1103317 昭和12  
史歌太平洋戦 川田順  八雲書林 https://dl.ndl.go.jp/pid/1127890 昭和17  
史歌熱帯作戦 川田順  八雲書林 https://dl.ndl.go.jp/pid/1127891 昭和17  
式辞、演説軍人挨拶必携 軍事普及会 編 武揚社   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和13  
しきしまのみち原論 三井甲之  原理日本社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1210894 昭和9  
敷島の道と神道 斎藤襄吉  神廼道雑誌社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1036650 昭和13  
持久戦時代 下村海南  第一書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1146290 昭和15  
時局我観 釈瓢斎 述 渡辺翁記念文化協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1274315 昭和13 講演叢書 ; 第5篇
時局下の生活態度 宮沢英心 大阪宝文館   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和17  
時局下の農業経営 日本放送協会 編 日本放送協会出版協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1066280 昭和16 ラジオ新書 ; 49
時局教育の体現 岡山県師範学校教育研究会 編 岡山県師範学校教育研究会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1450265 昭和13  
時局国民読本 三田村武夫  剣聖会出版部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1104487 昭和11  
時局産業経済打開策 小野義夫  ダイヤモンド社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1460961 昭和16  
時局小説重大事局 中島 武 軍事教育社   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和7  
時局知識 事変の知識 室伏高信 清沢冽 青年書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1239409 昭和12  
時局知識の解説 内外資料協会 編 高山書院 https://dl.ndl.go.jp/pid/1462336 昭和12  
時局と教育的対策 佐々木秀一  明治図書 https://dl.ndl.go.jp/pid/1462291 昭和13  
時局と国民自覚大講演集 第一輯 服部文城 編 日本文化中央聯盟 https://dl.ndl.go.jp/pid/3457339 昭和12  
時局と社会政策 1 日本学術振興会編 日本評論社   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和16  
時局と青年 : 真崎大将講演集 真崎甚三郎 高山書院 https://dl.ndl.go.jp/pid/1106660 昭和17  
時局と地理学 佐藤弘  古今書院 https://dl.ndl.go.jp/pid/1239399 昭和14  
時局と楠公精神 土橋真吉 湯川弘文館 https://dl.ndl.go.jp/pid/1038365 昭和19  
時局と農業及農業経済 西村彰一 産業経済学会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1685506 昭和15 時局農村指導講座. 第一巻
時局に処する道 後藤静香  教育資料 https://dl.ndl.go.jp/pid/1031061 昭和15  
時局に対する根本的指導精神 田村益蔵 養正時評社書籍部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1099205 昭和15 立憲養正会宣伝パンフレツト ; 6
時局の栞 第二輯 三木康至 編 京都府立女子師範学校   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和13  
時局の周辺 津久井龍雄 興亜文化協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1685504 昭和14  
時局の線に立ちて 栗本勇之助 日本評論社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1245532 昭和13  
時局の論理 松永 材 日本主義研究所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1272958 昭和13  
時局百眼 黒田重吉 編 秋豊園出版部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1685497 昭和14  
時局風景 : 問題と人 野村雪堂  極東時論社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1270706 昭和11  
時局問題の新解説 渡貫良治 創造社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1239415 昭和14  
時局を語る 下中弥三郎  昭和図書 https://dl.ndl.go.jp/pid/1267730 昭和16  
斯君斯民 細野長盛 巌松堂書店 https://dl.ndl.go.jp/pid/1189289 昭和6  
資源戦下の日本産業
 : 変貌しつつある重要産業の現状
東亜工業新聞社
戦時産業研究会 編
中川書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1065666 昭和17  
資源戦争 ワルター・パール 岩田孝三 訳 誠文堂新光社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1065663 昭和16  
資源と鑑賞 南方の生態 高嶋春雄 兼松四郎 高橋敬三他 龍吟社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1257407 昭和17  
資源開発と其経営 南方事情 日本南方協会編 教育研究会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1044071 昭和17  
史考大東亜戦争 中井良太郎  二見書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1460245 昭和17  
仕事の道 菅原兵治 偕成社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1039391 昭和19  
師魂 : 三人の殉職訓導記 池田種生 編 帝教書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1466448 昭和17  
資産凍結令解説
 : 附:外国人関係取引取締規則,米国資産凍結令
野田卯一 山下武利 述 千倉書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1060833 昭和16  
志士遺文集 長坂金雄 編 雄山閣 https://dl.ndl.go.jp/pid/1246475 昭和14 日本学叢書 第10巻 
時事及政論 中里介山  隣人之友社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1442970 昭和8  
時事静観 鈴木一馬 述 東邦事情研究書院 https://dl.ndl.go.jp/pid/1097402 昭和11  
事実美談 銃後の女性 倉田重人 軍事教育社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1035915 昭和7  
志士ボース氏に捧ぐ 森山太郎 天泉社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1134430 昭和17  
詩集 皇民之詩 森際盞武郎 詩洋社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1129055 昭和18  
詩集 此の糧 尾崎喜八 二見書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1129140 昭和17  
詩集 三種の神器 梶浦正之 詩文学研究会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1128952 昭和17 内務省検閲発禁図書
詩集 戦闘機  蔵原伸二郎  鮎書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1129009 昭和18  
詩集 祖国礼拝  三井甲之  原理日本社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1226190 昭和2  
詩魂 第一輯 絶句編 鈴木一水 編 維新日本社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1089822 昭和11  
詩集 百万の祖国の兵 近藤 東 無何有書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1028403 昭和19  
詩集 赴戦歌 田中令三  鮎書房   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和20  
詩集 兵魂 福島青史 軍事界社   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和18  
死守せよ満蒙の権益 花村四郎 不明 https://dl.ndl.go.jp/pid/10298796 昭和6 内務省検閲発禁図書
静かなる敵前 野村欣三 成徳書院   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和18  
四聖訓: 菅原周蔵遺稿 菅原周蔵 菅原欣一 https://dl.ndl.go.jp/pid/1027548 昭和17  
至誠熱血の大老農中村直三 松田武四郎 日本出版社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1057875 昭和17 近世日本興業偉人伝
自然景観より観たる日本精神 木崎晴通 国土社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1255258 昭和13  
思想維新論 三島助治  国民政治経済研究所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1273642 昭和17  
思想決戦 敵思想侵攻と撃碎 中井良太郎  鳴玄社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1460324 昭和19 史談興亜選書
思想決戦記 水野正次  秀文閣書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1450655 昭和18  
思想国防の神髄 田中智学  天業民報社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1460200 昭和17  
思想戦 棟尾松治 六芸社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1042016 昭和17  
思想戦 : 近代外国関係史研究 吉田三郎  畝傍書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1062862 昭和17  
思想戦経済戦 陸軍省つはもの編輯部 編 軍事科学社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1457952 昭和9 国の力叢書 ; 3
思想戦大学講座 大日本言論報国会 時代社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1062852 昭和19  
「思想戦」と宣伝 神田孝一  橘書店 https://dl.ndl.go.jp/pid/1462333 昭和12  
思想善導の根本義 秦俊七郎  民友社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1279582 昭和3  
思想戦と科学 荒木俊馬 新太陽社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1460314 昭和18 日本文化新書
思想戦と国際秘密結社 北條清一 晴南社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1062864 昭和17  
思想戦の根基 大日本言論報国会 同盟通信社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1062853 昭和18 日本思想戦叢書 ; 第2輯
思想戦の勝利へ 高須芳次郎  大東亜公論社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1038432 昭和18  
思想戦より観たる敵アメリカ 小林五郎 述 世界思想戦研究所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1270374 昭和18 世界思想戦研究所断案 ; 第1輯
思想戦略論 小林知治  地平社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1460326 昭和18  
思想戦論 志村陸城  赤坂書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1460329 昭和19  
思想戦を語る 下中弥三郎  泉書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1439722 昭和19  
思想闘争と宣伝 米山桂三 目黒書店 https://dl.ndl.go.jp/pid/1460328 昭和18  
思想と剛柔 桂川畦菽 松雲堂書店 https://dl.ndl.go.jp/pid/1079892 昭和18  
思想問題と学校教育 吉田熊次 日本文化協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1236499 昭和9 思想問題小輯. 第1
思想問題と国民精神 亘理章三郎  大成書院 https://dl.ndl.go.jp/pid/1176877 昭和3  
時代を搏つ 清瀬一郎  金星堂 https://dl.ndl.go.jp/pid/1268062 昭和13  
師団及歩兵通信ノ連絡ト運用
第二編応用
庄司 巽  陸軍歩兵学校将校集会所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1170723 昭和6  
史談 戦陣訓 寺島荘二  教材社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1460198 昭和19 今日の教養書選 ; 8
自治研究全集 第十四巻 良書普及会編 良書普及会   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和14  
自治研究全集 第十八巻 良書普及会編 良書普及会 × 国立国会図書館限定 昭和18  
七生報国廣瀬中佐 井田麟鹿 編 小野 俊 https://dl.ndl.go.jp/pid/1054021 昭和3  
自治日本の建設 長野 朗 支那問題研究所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1212913 昭和7  
七洋制覇 木村 毅 博文館 https://dl.ndl.go.jp/pid/1460381 昭和18  
市町村制の改正 藤田義光 朝日新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1459194 昭和18  
実際的最新軍事書簡文範 和田忠次良 編 武揚堂書店   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和17  
実説二・二六事変 池上五郎 今日の問題社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1092594 昭和11  
実践皇民道 牧野 秀 修養団 https://dl.ndl.go.jp/pid/1112583 昭和14  
実践時局と教育経営 江南千代松 栗下喜久治郎 明治図書 https://dl.ndl.go.jp/pid/1071669 昭和13  
実戦場裡のナチス 於田秋光  アルス https://dl.ndl.go.jp/pid/1460284 昭和16 ナチス叢書
実践する臣民の道 野依秀市 秀文閣 https://dl.ndl.go.jp/pid/1908032 昭和16  
実戦 : 戦ふものの心理 赤松寛美  清水書店 https://dl.ndl.go.jp/pid/1462340 昭和12  
実践日本教育 指導原理編 榊原喜久治 同文書院 https://dl.ndl.go.jp/pid/1076192 昭和10  
実践私の学童訓練 小林巌  明治図書 https://dl.ndl.go.jp/pid/1462396 昭和14  
実地踏査ソ連極東国境線 平竹伝三 桜木書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1044984 昭和16  
疾風部隊 : 隼隊戦記 飯塚羚児 文昭社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1720528 昭和18  
実話名将訓 山口 徹 天泉社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1025977 昭和17  
史的考察の帰結としての
現代日本教育の革新
新崎寛直  新崎寛直 https://dl.ndl.go.jp/pid/1275337 昭和10  
辞典入り現代軍人書翰教典 帝国軍事教育社 編 帝国書房   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和17  
師道昂揚と教育者の尊重 寺田文市 河上民祐 六盟館 https://dl.ndl.go.jp/pid/1907874 昭和18  
士道至言 高橋福雄 桑文社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1255346 昭和12  
自動車隊陣中日記 佐藤観次郎 高山書院 https://dl.ndl.go.jp/pid/1131224 昭和16  
自動車と戦車の操縦 宮本晃男 編 育生社弘道閣 https://dl.ndl.go.jp/pid/1085891 昭和18  
自動車人の見た満州 阪井政夫 日満自動車界社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1878059 昭和13  
自動車部隊 佐藤観次郎 高山書院 https://dl.ndl.go.jp/pid/1685533 昭和15  
指導者民族の優生学的維新 池田林儀  日本出版社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1064564 昭和17  
児童生活夏の錬成指導 日本児童遊園協会編 清水書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1054322 昭和18  
指導政治と日本法 大谷美隆 日本法理研究所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1875457 昭和17 日本法理叢書 ; 第14輯
師道百誡躬行の銘 池上敏郎 第一出版協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1267736 昭和17  
死闘四十時間 : 秋尾伍長の血戦記録 倉沢樹一郎 本門八品浄風教会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1138447 昭和14  
指導錬成農村戦士報告書第1回 古瀬伝蔵 編 集文館 https://dl.ndl.go.jp/pid/1065850 昭和17  
死と共に征く 岩崎純孝 育生社弘道閣閣 https://dl.ndl.go.jp/pid/1131009 昭和16 新世代叢書 ; 24
支那及満蒙 佐藤義亮 編 新潮社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1268940 昭和7  
支那海 佐藤光貞 英語通信社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1148742 昭和15  
支那開発の根本方策 鷲沢与四二  生活社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1454722 昭和12  
支那から手を引け 前田河広一郎 日本評論社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1181345 昭和5 新作長篇小説選集 第8
支那観・国難来 内田良平  若林半 https://dl.ndl.go.jp/pid/1450134 昭和12  
支那共産党の現状 中保与作  善隣協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1459151 昭和18  
支那軍はどんな兵器を使っているか 萱場四郎 モダン日本社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1878714 昭和14  
支那経済概論. 上巻 菊田太郎  支那経済研究所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1445101 昭和15 支那経済研究所叢書 ; 第1
支那經濟建設事業の現状 東洋協会 編 東洋協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1446187 昭和11 東洋協会調査部調査資料 第14輯
支那経済年報(北支特輯)昭和12年版 東京商工会議所調査部 編 改造社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1452168 昭和11  
支那経済年報1938年下半期 第二輯 支那経済年報刊行会 編 白揚社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1440983 昭和14  
支那経済年報 昭和14年版 山口高等商業学校東亜経済研究所 編 改造社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1884800 昭和14  
支那経済年報 昭和15年版 東亞経済研究会 改造社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1882670 昭和15  
支那国定排日読本 東亜経済調査局 訳編 東亜経済調査局 https://dl.ndl.go.jp/pid/1443008 昭和6  
支那財閥の解剖と在支外国資本の概況 通信調査会 編 通信調査会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1462853 昭和15  
支那三十年 長野 朗 大和書店 https://dl.ndl.go.jp/pid/1043891 昭和17 2020呉PASS出版復刻
支那思想概説 日支事変に就いて 諸 橘 述 山崎作治 https://dl.ndl.go.jp/pid/1093780 昭和13  
支那事変解決の根本策 東亜聯盟協会 編 東亜聯盟協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1908708 昭和15  
支那事変解決の諸問題と支那における
商品流通
神戸市産業課 編 神戸市産業課  https://dl.ndl.go.jp/pid/1071599 昭和15 産業講座資料. 第17輯
支那事変解決論 肥田琢司 信正社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1220186 昭和12  
支那事変が生んだ皇国銃後赤誠史 鈴木眞一 編 日本聯合通信社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1452833 昭和13  
支那事変歌集 戦地篇 松村英一 編 改造社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1255387 昭和13  
支那事変下に於ける各道府県農会の
農村対策
帝国農会 編 帝国農会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1263131 昭和12 戦時農村対策資料. 第1輯
支那事変下に再び陸軍記念日を迎へて 陸軍省情報部 編 陸軍省情報部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1462436 昭和14  
支那事変から大東亜戦争へ 本多熊太郎  千倉書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1439017 昭和17  
支那事変樺太盡忠録 軍陣援護会樺太支部編 北方文化出版社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1062744 昭和18  
支那事変記念写真帳 水野信之 編 大洋社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1112027 昭和14  
支那事変郷土部隊写真史 渡辺春也 編 福島民報社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1685561 昭和13  
支那事変軍票論 除野信道 日本評論社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1276495 昭和20 日本評論叢刊 ; 7
支那事変経過の概要 第四号 陸軍省新聞班 編 陸軍省新聞班  https://dl.ndl.go.jp/pid/1220100 昭和13  
支那事変皇軍物語. 第3巻 東京日日新聞 編 東京日日新聞発行所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1108127 昭和13  
支那事変皇国之精華 川瀬力造 編 新聞資料協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1685566 昭和13  
支那事変史研究: 統一戦線支那の分析 草野文男  人文閣 https://dl.ndl.go.jp/pid/1041944 昭和19  
支那事変実記. 第2輯 読売新聞社編輯局 読売新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/3430469 昭和17  
支那事変実記. 第3輯 読売新聞社編輯局 読売新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/3430470 昭和17  
支那事変実記. 第4輯 読売新聞社編輯局 読売新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/3430471 昭和17  
支那事変実記. 第5輯 読売新聞社編輯局 読売新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/3430472 昭和17  
支那事変実記. 第6輯 読売新聞社編輯局 読売新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/3430473 昭和17  
支那事変実記. 第7輯  読売新聞社編輯局 読売新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/3430474 昭和17  
支那事変実記. 第8輯 読売新聞社編輯局 読売新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/3430475 昭和17  
支那事変実記. 第10輯 読売新聞社編輯局 読売新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1239504 昭和17  
支那事変実記. 第12輯 読売新聞社編輯局 読売新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1239515 昭和17  
支那事変実記. 第13輯 読売新聞社編輯局 読売新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1239521 昭和17  
支那事変実記. 第14輯 読売新聞社編輯局 読売新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1239531 昭和17  
支那事変実記. 第15輯 読売新聞社編輯局 読売新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/3430488 昭和17  
支那事変写真帖 東光社 編 東光社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1112119 昭和13  
支那事変従軍記念写真帖 村川貞一 編 村川貞一   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和14  
支那事変従軍記蒐録 第一編 宮居康太郎 編 興亜協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1245666 昭和14  
支那事変従軍記蒐録 第二編 宮居康太郎 編 興亜協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1245690 昭和14  
支那事変銃後後援誌 第二編 北海道庁編 北海道庁 https://dl.ndl.go.jp/pid/1683108 昭和16  
支那事変銃後赤心譜 岡藤三郎 編 合同新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1112283 昭和14  
支那事変盡忠報国感激美談 木村小舟 編 龍文舎 https://dl.ndl.go.jp/pid/1255347 昭和13  
支那事変聖戦写真史 玉井清五郎 編 忠勇社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1112235 昭和13  
支那事変聖戦赤心譜 楓井金之助 国民新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1685564 昭和13  
支那事変戦線より帰りて 星野辰男 編 朝日新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1229106 昭和12  
支那事変戦跡行脚 野崎圭介 聚文館 https://dl.ndl.go.jp/pid/1025865 昭和14  
支那事変戦跡の栞 陸軍画報社 編 陸軍画報社   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和14  
支那事変戦跡の栞. 上卷 陸軍画報社 編 陸軍恤兵部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1906091 昭和13  
支那事変戦跡の栞. 中卷 陸軍画報社 編 陸軍恤兵部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1906104 昭和13  
支那事変戦跡の栞. 下卷 陸軍画報社 編 陸軍恤兵部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1906119 昭和13  
支那事変戦跡の栞. 四卷 陸軍画報社 編 陸軍恤兵部   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和17  
支那事変戦争美談 陸軍省つわもの編輯部 つわもの発行所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1110726 昭和12  
支那事変忠勇列伝. 陸軍之部 第1巻 忠勇顕彰会 編 忠勇顕彰会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1148536 昭和13  
支那事変忠勇列伝. 陸軍之部 第4巻 忠勇顕彰会 編 忠勇顕彰会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1148654 昭和14  
支那事変忠勇列伝. 陸軍之部 第5巻 忠勇顕彰会 編 忠勇顕彰会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1148686 昭和14  
支那事変忠勇列伝. 陸軍之部 第6巻 軍人援護会 編 軍陣援護会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1140244 昭和15  
支那事変忠勇列伝. 陸軍之部 第7巻 軍人援護会 編 軍陣援護会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1140292 昭和15  
支那事変忠勇列伝. 陸軍之部 第8巻 軍人援護会 編 軍陣援護会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1140354 昭和15  
支那事変忠勇列伝 陸軍之部第9巻 軍人援護会 編 軍人援護会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1140415 昭和15  
支那事変忠勇列伝 陸軍之部第10巻 軍人援護会 編 軍人援護会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1140454 昭和15  
支那事変忠勇列伝 陸軍之部第11巻 軍人援護会 編 軍人援護会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1140506 昭和15  
支那事変忠勇列伝 陸軍之部第13巻 軍人援護会 編 軍人援護会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1140574 昭和16  
支那事変忠勇列伝 陸軍之部第16巻 軍人援護会 編 軍人援護会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1140694 昭和16  
支那事変忠勇列伝 陸軍之部第17巻 軍人援護会 編 軍人援護会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1140751 昭和16  
支那事変忠勇列伝. 陸軍之部 第18巻 忠勇顕彰会 編 忠勇顕彰会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1140817 昭和16  
支那事変忠勇列伝. 陸軍之部 第20巻 軍人援護会 編 軍陣援護会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1140953 昭和17  
支那事変忠勇列伝. 陸軍之部 第22巻 忠勇顕彰会 編 忠勇顕彰会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1141013 昭和17  
支那事変忠勇列伝 陸軍之部第25巻 軍人援護会 編 軍人援護会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1141139 昭和18  
支那事変忠勇列伝 陸軍之部第26巻 軍人援護会 編 軍人援護会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1141182 昭和18  
支那事変忠勇列伝. 海軍之部 第1巻 軍人援護会 編纂 軍人援護会 × 国立国会図書館限定 昭和16  
支那事変忠勇読本 : 軍国少年の為に 尾関岩二  文祥堂 https://dl.ndl.go.jp/pid/1438302 昭和12  
支那事変忠勇報国美談 木村定次郎 龍文舎 https://dl.ndl.go.jp/pid/1220191 昭和13  
支那事変忠烈美談 第一輯 大日向すず 守山書房   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和12  
支那事変忠烈偉勲録 第一輯 佐々木一雄  皇軍発行所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1255371 昭和12  
支那事変忠烈偉勲録 第二輯 佐々木一雄  皇軍発行所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1255381 昭和13  
支那事変忠烈偉勲録 第三輯
無名戦士の忠誠
佐々木一雄 皇軍発行所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1255391 昭和14  
支那事変忠烈の皇軍 野崎圭介 二松堂書店 https://dl.ndl.go.jp/pid/1229121 昭和12  
支那事変と皇国の使命 加治木文男 編 大日本愛国主義団本部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1093722 昭和13  
支那事変と国際情勢 松本忠雄 述 中野館書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1098810 昭和13 時局読本 ; 第2輯
支那事変と国際関係に就きて
支那事変下の戦時財政経済に就きて
松本忠雄
中村三之亟
帝国在郷軍人会本部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1097326 昭和13  
支那事変と世界戦争の危機 長島隆二  共盟閣 https://dl.ndl.go.jp/pid/1031493 昭和12  
支那事変と東亜の将来 佐藤清勝  春秋社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1177277 昭和7  
支那事変と東亜興隆 山川智応 講述 信人社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1275443 昭和14  
支那事変と日清戦争 小泉信三  慶応出版社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1919110 昭和12 Kindle版あり(いざなみ文庫)
支那事変と無敵皇軍 宇都宮謙 編 日本歴史研究会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1685559 昭和12  
支那事変と列強の動向 大高二郎  日本青年外交協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1268076 昭和13  
支那事変と列国の論調 姫野徳一  日支問題研究会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1266612 昭和12  
支那事変と列国の論調 第二輯 姫野徳一  日支問題研究会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1266621 昭和12  
支那事変とローマ教皇庁 岡延右衛門 栄光社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1091870 昭和12  
支那事変と我国民之覚悟 大谷光瑞  大乗社東京支部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1447600 昭和6  
支那事変と我等の郷土 第一輯 田中富士夫 出征将士事跡編纂会   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和13  
支那事変と吾等の覚悟 東邦国策同志会  東邦国策同志会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1108893 昭和12  
支那に於ける租界還付・治外法権撤廃 植田捷雄 竜文書局 https://dl.ndl.go.jp/pid/1439168 昭和19  
支那事変に於ける帝国海軍の行動. 2 海軍省海軍軍事普及部 編 海軍省海軍軍事普及部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1462420 昭和14  
支那事変に於ける帝国海軍の行動. 3 海軍省海軍軍事普及部 編 海軍省海軍軍事普及部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1462426 昭和15  
支那事変に於ける
敵の戦場思想工作の一観察
教育総監部 編 教育総監部    国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和15  
支那事変の意義 作田荘一 国民精神文化研究所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1207008 昭和12 時局国民精神読本. 第3輯
支那事変のお話 小学課外読物研究会編 小学課外読物研究会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1441291 昭和13 小学課外読物 ; 特輯
支那事変の結末を如何にすべきか 相馬昌三  庄司新二 https://dl.ndl.go.jp/pid/1436989 昭和14  
支那事変の前途は悲観か楽観か 野依秀市 秀文閣書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1245634 昭和14  
支那事変の認識と国民の覚悟 西脇健治郎 積善館 https://dl.ndl.go.jp/pid/1096780 昭和13  
支那事変の歴史性 歴史教育研究会編 四海書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1220236 昭和14  
支那事変報国美談. 輝く忠誠第6輯 海軍軍事普及部 編纂 海軍協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1094265 昭和13  
支那事変報国美談. 第1輯 海軍軍事普及部 編纂 海軍協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1097048 昭和12  
支那事変報国美談. 第5輯 海軍省海軍軍事普及部 編 海軍省海軍軍事普及部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1092725 昭和13  
支那事変報国美談. 第8輯 海軍省海軍軍事普及部 編 海軍省海軍軍事普及部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1255325 昭和13  
支那事変報国美談 第9輯 海軍省海軍軍事普及部 編 海軍省海軍軍事普及部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1255332 昭和13  
支那事変北満討匪 紀州精華忠勇列伝1 河野九民 紀州精華顕彰会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1103664 昭和12  
支那事変臨時派遣軍記念写真帖 斎藤悦三 編 中国新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1688343 昭和7  
支那事変を語る 鈴木嘉一 述 国策研究会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1096415 昭和13 国策研究会パンフレツト ; 第4輯
支那常識読本 山口梧郎  テンセン社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1268080 昭和14  
支那情調 水谷 温 銀座書院 https://dl.ndl.go.jp/pid/1877591 昭和15  
支那人に接する心得 原口統太郎  実業之日本社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1453538 昭和17  
支那人は日本人なり アジア問題研究所 編 アジア問題研究所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1441264 昭和14 戦争文化叢書 ; 第5輯
支那新聞排日ぶり 大泉忠敬 先進社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1211113 昭和6  
支那心理の解剖 原惣兵衛 東京書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1211178 昭和7  
支那戦時経済論 石浜知行  慶応書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1277948 昭和15  
支那戦時通貨問題一斑 宮下忠雄 日本評論社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1273875 昭和18  
支那全土 片山繁雄 正信同愛会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1220173 昭和13  
支那占領地域の現状 伊藤武雄 編 日本国際協会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1689728 昭和15 太平洋問題資料. 第8
支那大事変写真史 山崎昌男 日東社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1685558 昭和12  
支那大陸を舞台とする日英ソ戦争 小林騏一郎 内外出版社   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和14  
支那読本 長野 朗 坂上書院 https://dl.ndl.go.jp/pid/1877901 昭和11  
支那と支那人と日本 杉山平助  改造社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1268079 昭和13  
支那と日本の将来 平野春江 霊岸授産場出版部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1022773 昭和6  
支那とフリーメーソン 内藤順太郎 国民社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1459176 昭和18  
支那に揚る対日宣戦の叫び 鈴木日出輔  森田書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1437036 昭和11  
支那に與ふる書 花田仲之助 第一出版社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1220215 昭和13  
支那に於ける英国の動向と
猶太の勢力
犬塚惟重 述 東京商工会議所 https://dl.ndl.go.jp/pid/1115090 昭和13 東京商工会議所商工資料 第64号
支那に於ける列強の工作と
その経済勢力
原 勝 学芸社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1229101 昭和11  
支那農業建設論 山名正孝 教育図書 https://dl.ndl.go.jp/pid/1066490 昭和17  
支那農村物語 関屋 牧 刀江書院 https://dl.ndl.go.jp/pid/1135155 昭和17  
支那の共産勢力の実情 亜細亜情報社調査部 編 亜細亜情報社出版部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1279630 昭和9  
支那の経済建設事前と事後 目崎憲司 有斐閣 https://dl.ndl.go.jp/pid/1884828 昭和16  
支那の経済と資源 小林幾次郎 時潮社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1257629 昭和16  
支那の抗日記録 : 日支の不幸 姫野徳一  日支問題研究会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1462406 昭和11  
支那の再認識 長野 朗 大都書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1229071 昭和12  
支那の資源と日本 馬場鍬太郎 大日本雄弁会講談社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1716772 昭和18  
支那の正体を衝く 斎藤二郎  今日の問題社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1098098 昭和11 内務省検閲発禁図書
支那の少年は語る 渡辺泰亮 大日本雄弁会講談社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1683112 昭和16  
支那の将来と我帝国の使命 大谷光瑞  有光社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1452157 昭和12  
支那の人的資源調査資料 斎藤栄三郎 伊藤書店 https://dl.ndl.go.jp/pid/1445094 昭和17  
支那の性格 原 勝 泰山閣 https://dl.ndl.go.jp/pid/1877196 昭和12  
支那の全貌 井上謙吉 村田孜郎
波多野乾一 他
信正社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1220188 昭和12  
支那の租界 朝日新聞社東亜問題調査会 編 朝日新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1217829 昭和14 朝日東亜リポート. 第3輯
支那の対外的国民運動 末廣重雄 弘文館書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1177144 昭和4  
支那の対日宣伝策  海軍省海軍軍事普及部 海軍省海軍軍事普及部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1445903 昭和12 宣伝戦参考資料
支那の知識 室伏高信 清澤洌 編 青年書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1239384 昭和12 時局知識シリイズ. 2
支那の鉄、石炭と東亜 手塚正夫 朱雀書林 https://dl.ndl.go.jp/pid/1875395 昭和18  
支那の排日・抗日教育の概観 平野小剣  内外更始倶楽部 × 国立国会図書館限定 昭和13  
支那のはらわた 安藤盛  岡倉書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1220181 昭和12  
支那の反英興亜運動 能勢岩吉 連合出版社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1877764 昭和17  
支那排日教材集 東亜経済調査局 訳編 東亜経済調査局 https://dl.ndl.go.jp/pid/1270101 昭和4 東亜小冊第二
支那は動く 藤原達策 東亞書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1093833 昭和11  
支那はどうなる 中平亮 東洋研究会 https://dl.ndl.go.jp/pid/1142841 昭和7 東洋研究叢書. 第3
支那は日本なり 今藤茂樹 支那問題研究所   国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和14  
支那は眼覚め行く ウィット・フォーゲル 白揚社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1180110 昭和3  
支那秘密結社の新情勢 三宅儀明 編 中国通信社東京支局 https://dl.ndl.go.jp/pid/1437528 昭和11 中国通信社パンフレット ; 第1輯
支那辺区の研究 草野文男  国民社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1267352 昭和19  
支那法の根本問題 河合篤 編訳 教育図書 https://dl.ndl.go.jp/pid/1045358 昭和17  
支那・満州経済研究 東亜経済調査局  改造社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1271478 昭和12 戦時、準戦時経済体制講座 第12巻
支那満州を繞る諸問題 荒木利一郎 編 大阪毎日新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1233705 昭和8  
支那問題解決の途 東亞調査会 編 毎日新聞社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1877773 昭和19  
支那問題の解剖 松本槍吉 興亜書院 https://dl.ndl.go.jp/pid/1877794 昭和17  
支那より見たる日米戦 齋 呉山 晴耕社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1189353 昭和2  
支那裸像 緒方 昇 大同出版社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1878681 昭和16  
支那陸軍改造論 佐々木到一  行地社出版部 https://dl.ndl.go.jp/pid/1453610 昭和2  
支那林業経済建設論 杉本 壽 教育図書 https://dl.ndl.go.jp/pid/1718495 昭和17  
支那論 井上雅二  海外興業 https://dl.ndl.go.jp/pid/1465141 昭和5  
支那を如何にすべきか
: 旧中華民国の承認を取消すべし
古谷栄一 述 森田書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1273416 昭和13  
支那を屈するには 石丸藤太  偕成社 https://dl.ndl.go.jp/pid/1453952 昭和12  
支那を支配するもの 佐藤俊三  大阪屋号書店 https://dl.ndl.go.jp/pid/1445089 昭和17  
支那をどうするか 菅勇  富士書房 https://dl.ndl.go.jp/pid/1441033 昭和14  

【ご参考】復刻されたり電子書籍化されているGHQ焚書

【ご参考】西尾幹二氏のGHQ焚書解説動画(無料)

長野朗『支那三十年』『民族戦』などの解説があります。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。長い間在庫を切らして皆様にご迷惑をおかけしましたが、このたび増刷が完了しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能ですし、ネットでも購入ができます(\1,650)。
電子書籍はKindle、楽天Koboより購入が可能です(\1,155)。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことができます。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

  1. 応援させていただきました。
    ナチスドイツの焚書の話くらいしか知らなかったので、GHQも、こんなことしてたのかと、今更ながらに恐ろしさを感じながら勉強させていただいています。

    • しばやん より:

      風花さん、応援していただきありがとうございます。とても励みになります。
      大量の書物やパンフレットが焚書処分され、戦後になってこのような書物が主張していた内容が紹介されることが皆無に近い時代が長く続きました。最近になって、一部の研究者や出版社が採り上げたり復刻したりするようになりましたが、マスコミや公教育はひどくなる一方ですね。

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書218 対外関係史81 中国・支那66 地方史62 ロシア・ソ連59 反日・排日49 イギリス46 神戸大学 新聞記事文庫44 共産主義39 アメリカ37 情報戦・宣伝戦37 ユダヤ人36 神社仏閣庭園旧跡巡り36 日露戦争33 軍事31 欧米の植民地統治31 著者別31 神仏分離31 政治史29 京都府28 コミンテルン・第三インターナショナル27 廃仏毀釈27 朝鮮半島26 外交史26 テロ・暗殺24 対外戦争22 キリスト教関係史21 支那事変20 西尾幹二動画20 菊池寛19 一揆・暴動・内乱17 豊臣秀吉17 満州16 ハリー・パークス16 ドイツ14 紅葉13 海軍13 ナチス13 西郷隆盛12 東南アジア12 神仏習合12 陸軍11 ルイス・フロイス11 倭寇・八幡船11 アーネスト・サトウ11 情報収集11 人種問題10 スパイ・防諜10 分割統治・分断工作10 奴隷10 大阪府10 奈良県10 徳川慶喜10 不平士族10 インド10 戦争文化叢書10 満州事変9 ペリー9 和歌山県9 イエズス会9 神社合祀9 岩倉具視9 フランス9 寺社破壊9 伊藤痴遊9 大東亜戦争9 欧米の侵略8 伊藤博文8 文化史8 A級戦犯8 関東大震災8 木戸孝允8 韓国併合8 自然災害史8 ロシア革命8 オランダ8 国際連盟8 小村寿太郎7 ジョン・ラッセル7 飢饉・食糧問題7 山中峯太郎7 修験7 大久保利通7 徳川斉昭7 ナチス叢書7 ジェイコブ・シフ6 兵庫開港6 奇兵隊6 永松浅造6 ロッシュ6 紀州攻め5 高須芳次郎5 児玉源太郎5 大隈重信5 滋賀県5 ウィッテ5 ジョン・ニール5 武藤貞一5 金子堅太郎5 長野朗5 日清戦争5 兵庫県5 隠れキリシタン5 アヘン5 財政・経済5 山縣有朋5 東京奠都4 大火災4 日本人町4 津波4 福井県4 旧会津藩士4 東郷平八郎4 井上馨4 阿部正弘4 小西行長4 山県信教4 平田東助4 堀田正睦4 石川県4 第二次世界大戦4 南方熊楠4 高山右近4 乃木希典4 F.ルーズヴェルト4 中井権次一統4 三国干渉4 フランシスコ・ザビエル4 水戸藩4 日独伊三国同盟4 フィリピン4 台湾4 孝明天皇4 スペイン4 井伊直弼4 西南戦争4 明石元二郎3 和宮降嫁3 火野葦平3 満洲3 桜井忠温3 張作霖3 プチャーチン3 生麦事件3 徳川家臣団3 藤木久志3 督戦隊3 関東軍3 竹崎季長3 川路聖謨3 鹿児島県3 士族の没落3 勝海舟3 3 ファシズム3 日米和親条約3 平田篤胤3 王直3 明治六年政変3 ガスパル・コエリョ3 薩英戦争3 福永恭助3 フビライ3 山田長政3 シュペーラー極小期3