GHQが焚書処分した、朝鮮半島、台湾、樺太関係書籍~~姜昌基『内鮮一体論』、李東華『国防と朝鮮人』

GHQ焚書
スポンサーリンク

 戦後GHQは市販されている多くの書籍を没収・廃棄し、日本人に読めないようにしたが、戦前から日本が統治していた朝鮮半島や台湾、樺太などに関する書籍も処分している。

 朝鮮半島に関する書籍は26点、台湾に関する書籍は3点、樺太に関する書籍は4点と決して多くはないが、朝鮮半島に関する書籍の中には朝鮮人が書いた書籍も何冊かある。その中から姜昌基 著『内鮮一体論』の一部を紹介したい。

 民族が歴史をつくったのではなく、歴史が民族をつくった。そうした経緯において日韓の両民族がつくられた。近代の民族学者が教えるのである。民族の観方に三様の体型が許される。それが自然発生的――血族体であるという意味で、その限りのものを自然民族ということが出来るならば、これに対して、一定の文化形態に結ぶ民族の協同体、それは一元自然民族たると多元民族のそれたるを問わない。ただ共通の文化圏において存するというだけの特殊な見方においての民族体として、これを文化民族ということができる。例えば、自然民族的にいうならば、必ずしも一体民族ではないが、しかし、その言語や習慣や思想や生活形態において同一文化系統に集結される民族体である。而してその第三は、これもやはり同様の規格形態において、一定の政治意識と現実において集結される民族協同体を政治民族として考えることも可能となる。この場合、その政治民族は、純一なる一元自然民族であることも許されるし、そうでない多元自然民族であることも許される。要するに、その共同体意識の上に、統一的な政治的個体的独立意識を明確にもつというところに、特徴的なモチーフを把握して考えるとき、そこに政治民族が成り立つのであるが、それは一定の政治圏を成すという意味で、一元自然民族の中で、更にいくつかの政治民族が分裂的に独立することをも決して拒むものではない。

 ところで、同祖同根の一元的な民族として内鮮を分離せしめたものはじつにこの政治民族としての独立分裂なのであるが、従って、王朝初期桓武天皇頃までの内鮮関係が、今から回顧すれば不思議にさえ思えるほどに親密だったことは、相互に同祖同根の単一自然民族であり、それからの政治民族として二義的な分岐でしかないという根本の事実に基づくのであって、接壌する漢民族の勢力的な威力を、常に地域的に直接に蒙りつつ、一葦帯水とはいっても、玄海の荒波に隔てられて漸くにして交渉を薄弱にした古朝鮮は、同胞の国日本の其自然民族的歴史関係と雄書を遠くへ押しやり、海の彼方に忘却してしまったのである。そして、その政治民族としての独立意識の中に漸く疎遠した。とともに、日本はまた日本としての政治民族的な独立意識の中に、海の彼方へその同胞の国を――同胞の国としての古朝鮮の意義を忘れてしまった。そうした自然的分離と忘却の中に、その政治民族的意識のみが鋭く成長し、東亜における政治経済上の種々なる事態が、この意識の発展と成長に愈々拍車をかけるとともに、かつては同一の神に祈り同様の風俗と習慣の中に息吐き、同じような思想と性格と感情を懐いて、同一の言語に同一の生活をしたところの内鮮が、自然環境的社会環境的に段々に乖離し始めた。いわゆる朝鮮民族と日本民族とが、そうした歴史の中につくられたのである。

 しかして遂に、互いにかみ合う状態にありとする独自の民族意識を相互にいよいよ鋭くして、このような政治民族以前における民族の単一関係、切っても切れぬはずの本質的な族戚関係をきれいさっぱり忘れてしまった。されからとにかく千年以上の世代を隔てる。この間にはしばしば両者に背馳的な事態をも生じた。例えば、しわゆる神功皇后の三韓えんせいである。豊太閤のそけである。西郷南洲の征韓論である。そうした剣戟の事さえ起った――起こりえたのである。南洲のそれは、ヨーロッパに対する大亜細亜主義へのそれのためであり、豊太閤の場合にあってさえそうした意味の、しかし彼の野望に出づる大経綸のための第一歩であったのであり(豊太閤の真意は、朝鮮征討ではなく支那計略だったといわれている)、神功皇后の場合は、漢民族の勢力にあやつられて、態度常なきそれへの弾劾として、実は支那に対しての剣戟だったという意味で、直接にいわゆる朝鮮侵略のための起兵ではなかった、と思うのであるが、しかしとにかくそうした剣戟にも及んだのである。…こうした政治民族としての対立的な葛藤の関係は、かつては実際に、政治民族としてもなおかつ協和と協同の親密の関係にあったにもかかわらず、一に支那の勢力的な摩擦と刺激によって結果づけられたのだという意味しか持っていない限りに於いて、決して本質的なものではなかった。本当の意味からいうなら、日支の民族葛藤が、朝鮮に仇花を咲いた、衝撃の火花を散らしたというだけに過ぎない。内鮮の隔離については、支那がたしかに重大な被告人だ。

(姜昌基 著『内鮮一体論』国民評論社 昭和14年 p.184~188)

 かつて日本と朝鮮半島とは親密な関係にあったのだが、支那との関係において何度か干戈を交えることとなり、それ以来政治的な対立が続いてきた。日韓合邦により一つの国になった今、政治民族体を双方が解消して、同祖同根の民として一体化すべきであると述べているのだが、このようなの著作をなぜGHQが焚書処分したのであろうか。この本には戦勝国にとって都合が悪い史実が具体的に書かれてはいないことは、この本の序言や目次を見ればわかる。

 この本が焚書されたのは、おそらく、日本本土と朝鮮半島は仲良くすべきだという主張そのものにあったのだろう。以前このブログで松井賢一氏の『打倒英国』のなかから「われ等のもっとも要心堅固なるを要するは、英国の伝統的悪辣政策「デバイド・エンド・ルール」すなわち「仲間割れをさせ、それに乗ぜよ」という方針である。出来るだけ相手方の内輪で争闘を起こさせ、しかして、英国に立ち向かうことを不可能ならしめるように、相手国の内部を攪乱することを目的とする英国外交の秘訣である。」と言う文章を紹介したが、戦勝国からすれば、アジア人同士が仲良くなるよりも、ずっと対立関係にある方が都合が良いと考えていたのではないだろうか。

 以前、外国人の著作として紹介した 李東華 著『国防と朝鮮人』と言う本も同様の理由で焚書にされたのだろう。この本にはこう書かれている。

 日清、日露の戦役は日本にとって、いまだ帝国主義的戦争ではなかった。それは欧米の帝国主義的競争威圧に対する国民的反抗であったのだ。ここにこそ、その世界史的意味があるのだ。
 従ってその直後に生じた日韓合邦についても、同様の立場に依るものがあって所謂「汎アジア」の思想がその根底なのだ
 従来白人の直接・間接の支配を受け、呻吟しつつあった有色人種の世界が、一斉に覚醒を叫んで奮起せんとした。日韓合邦は、それらの機運が打ち上げた花火であった。
 花火はアジアの暗黒の空に、ヨーロッパに対する、反逆的宣言として、前兆として、予告として、象徴的な光を放ったのだ。それは他日、日本が有色人種の旗頭として白人の覇権に拮抗せんとする希望と、また他のアジア諸国が、日本を盟主として白人の覊絆より脱却せんとする先駆的役割を意味したのだ。

(李東華 著『国防と朝鮮人』黄人社 昭和8年刊 p.7~8)

 以下のリストは、GHQ焚書のリストの中から、タイトルに「韓(国)」「(朝)鮮」「台湾」「樺太」を含む本を集めたものだが、国立国会図書館デジタルコレクションURLの記載のあるものは、ネット公開がされており、ネット環境があれば 誰でも 無料で読むことができる。

【朝鮮半島関係書籍】

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
大阪より満鮮北支へ杉 道助大阪商工会議所
国防と朝鮮人李東華 黄人社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1464784昭和8
事変下の満鮮を歩む新里貫一新報社
すめら朝鮮上田竜男 上田竜男 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1275884昭和18
鮮満事業 昭和10年版久司民次 編福徳生命保険
鮮満支新興経済小島精一春秋社
鮮満の興亜教育伊藤献典目黒書店
鮮満北支を語る西島東洲 編紙業出版社
鮮満を観察して北條為之助大成社
起て!朝鮮人行け!満洲国李東華 黄人社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1270952昭和11
朝鮮役水軍史有馬成甫海と空社
朝鮮経済年報.
昭和15年版
全国経済調査機関
聯合会 編
改造社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1445222昭和15
朝鮮工業の現段階川合彰武東洋経済新報社
京城支局
朝鮮同胞は語る金洪澳脇和互助会
朝鮮の決戦態勢鈴木武雄朝日新聞社
内鮮一体論姜昌基 国民評論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268330昭和14
内鮮同化論田中勲 田中勲https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1021430大正14
日韓合邦秘史. 上巻葛生能久 黒竜会出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1225270昭和5
日本の誇 朝鮮関東州北垣恭次郎 明治図書https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720011昭和7
北支満鮮旅行記. 第2輯本多辰次郎 日満仏教協会本部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1096248昭和11
僕の見た満鮮小生夢坊月旦社
満州・支那・朝鮮新聞、
記者卅年回顧録
楢崎観一大阪屋号書店
満・鮮山本実彦 改造社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1907562昭和7
満鮮視察記森田福市森田福市
満鮮三千里依田 泰中信毎日新聞社
満蒙鮮血の清算内藤隈南 東亜社出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1445462昭和16

【台湾関係書籍】

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
台湾教育の進展佐藤源治台湾出版文化
南方の将来性 
台湾と蘭印を語る
大阪毎日新聞社 編大阪毎日新聞社
満洲・台湾・海南島石山賢吉 ダイヤモンド社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1043883昭和17

【樺太関係書籍】

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
支那事変樺太盡忠録軍陣援護会
樺太支部編
北方文化出版社
大東亜語学叢刊
樺太ギリヤク語
高橋盛孝朝日新聞社
血に彩られた北樺太能仲文夫中央情報社
日露樺太外交戦太田三郎興文社
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【タグクラウド】

GHQ検閲・GHQ焚書 GHQ焚書・50音別 キリスト教関係史 スポーツ テロ・暗殺 プレス・コード ユダヤ人 一揆・暴動・内乱 共産主義 北海道開拓 南朝 反日・排日 地方史 外交史 大東亜戦争 奴隷 対外関係史 廃仏毀釈 情報戦・宣伝戦 支那事変 政治史 日本人町 日露戦争 朝鮮半島 東南アジア 欧米の植民地統治 満州 神仏分離 神仏習合 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 神社仏閣庭園旧跡巡り 神社合祀 紅葉 織田信長 自然災害史 著者別 西尾幹二動画 豊臣秀吉 財政・経済 軍事 領土問題 飢饉・食糧問題

【人気記事ランキング50 最近90日間】

GHQが焚書処分した「日本精神」に関する本~~辻善之助 『皇室と日本精神』2665 views
外国人襲撃事件が頻発する中で起きた生麦事件と英国人らの反応910 views
満州事変の前に何が起こっていたのか~~『少年満洲事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む 1798 views
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)734 views
聖ザビエル像が山奥で発見されたのち、売却された経緯~~隠れキリシタンの里2552 views
西尾幹二氏の『GHQ焚書図書開封』講義動画(無料)リスト478 views
西郷隆盛は何のために起ち上がったのか~~西南戦争2385 views
征韓論が生まれた背景と明治六年の政変374 views
GHQが焚書処分したヒットラーの著書を読む 2~~『我が闘争  第2巻 下』374 views
西南戦争が起こる前の鹿児島県は如何なる状況であったのか~~西南戦争1349 views
江藤新平と佐賀の乱~~戦争煽動責任は政府にあるのではないか336 views
日米を戦わせるように仕向けた国はどこなのか~~武藤貞一『日米十年戦争』(GHQ焚書)333 views
廃刀令が出た半年後に起きた熊本神風連の乱314 views
「国立国会図書館デジタルコレクション」で古い本の探し方308 views
GHQが焚書処分したナチス研究書1~~深尾重正著『ナチスの放送戦争』305 views
戦前の日本人の満州事変の理解を知る~~『少年満洲事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む 2302 views
大久保利通が台湾出兵を決断し、自ら清国との談判に臨み賠償金を獲得したこと286 views
GHQが焚書処分したナチス研究書2~~末次信正著『日本とナチス独逸』280 views
戦前の日本人は主要国の外交政策をどう捉えていたか~~『少年満洲事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む5280 views
GHQが焚書処分したヒットラーの著書を読む 1~~『我が闘争  第1巻 下』277 views
GHQが焚書処分したナチス研究書3~~八条隆孟 著『ナチス政治論』275 views
石川県の不平士族らによる大久保利通暗殺(紀尾井坂の変)272 views
秀吉が朱印船貿易を開始する前後のフィリピン~~朱印船貿易と東南アジアの日本人2272 views
西南戦争がはじまると高知県でも政府転覆に動く計画が動き出した266 views
神風連の乱の三日後に起きた秋月の乱243 views
満州国を攪乱したソ連と支那共産党~~『少年満州事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む4234 views
GHQが焚書処分したナチス研究書4~~水野正次 著『総力戦と宣伝戦:ナチス思想謀略の研究』231 views
薩長を支援したイギリスと、幕府に接近し助言し続けたフランス226 views
2022年新年のご挨拶220 views
江華島事件と李氏朝鮮の開国220 views
第一次上海事変はなぜ起きたのか~~『少年満州事変と上海事変』(GHQ焚書)を読む3212 views
フィリピンの日本人町はどういう経緯でつくられたのか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人3210 views
大友宗麟による寺社破壊と、島津との戦いののち海外に売られていった豊後の人々209 views
支那事変でわが国が「敵国」と認識していたのはイギリスだった~~「戦争文化叢書」を読む1208 views
赤坂喰違の変で岩倉具視はいかにして難を逃れたか207 views
倭寇はなぜ元寇のあとから頻発するようになったのか~~倭寇1207 views
徳川家旧幕臣らが茶畑の開墾を始めた牧之原台地198 views
シャムで活躍した山田長政とアユタヤの日本人町~~朱印船貿易と東南アジアの日本人4198 views
前原一誠と萩の乱182 views
関東大震災の貴重な記録は今日に活かされているのか~~その1.大量の焼死者が出た東京182 views
戦場で拉致されて売られていった人々180 views
京都府久美浜町の歴史と文化にふれる旅176 views
開国後の朝鮮国をめぐる日本・清国の対立174 views
イギリスこそが世界最大の侵略国だった~~「戦争文化叢書」を読む2173 views
アヘン戦争、アロー号事件のあとイギリスが中国に押しつけた不平等条約171 views
わが国が第二次大戦で戦わざるを得ない状況に追い込んだ勢力~~武藤貞一著『日本の変貌』を読む169 views
弘安の役で元軍を襲った台風の後も続いた死闘とその後の元の日本侵攻計画~~元寇5169 views
GHQが戦後の日本人に封印したフィリピンの歴史~~奈良静馬『西班牙古文書を通じて見たる日本と比律賓』165 views
紅葉の季節に西脇の歴史・文化を訪ねて163 views
水戸藩の徳川光圀と徳川斉昭による廃仏毀釈とその目的160 views

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより販売しています。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

  1. しばやんさん、こんにちは。いつも楽しくブログを拝見しています。

    >英国の伝統的悪辣政策「デバイト・エンド・ルール」…幕末における英国の酷さは想像以上です。今、小栗上野介の動画を作成中なのですが、調べていくととんでもないことに出くわします。そんな中でパークスは、別格に残虐だったことも。
    アトランティック・マンスリーというボストンの権威ある月刊誌に、エドワード・H・ハウスが1881年に論文を寄稿しています。その中に、パークスという男の凶暴性が記されています。曰く「着任後最初にしたことは、理由は判らないが、長崎奉行に烈火のごとく怒り、恐怖に陥れ震えるお奉行に暴行を加えることだったということは記録に残っている。」「公的交渉の席でコップを投げつけて割り、この通り日本は粉々になるぞ」などと脅していることも書かれています。
    そして、’the use of the word “Edo” was formally forbidden, on account of its association with the long supremacy of the usurping house of Tokugawa, and “Tokyo” was substituted therefor. ’(パークスによって)「江戸」という言葉の使用は正式に禁止され、「東京」に置き換えられたとあります。このページの脚注の記述です。
    https://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=uc1.b000556064&view=1up&seq=631

    そして、この変更は英国政府でさえも認めていないとあります。14ページの英文なので飛ばし読みですが、幕末から明治にかけて戦後のマッカーサーのように振舞っていたのではないかと想像できます。5月にロンドンの「パル・マル・ガゼット」紙でこの論文に対する投稿があり、議論を呼んだそうです。このハウスは、それをこの年の6月に当時参議だった大隈重信に報告、その後の経緯は判りませんが、10月の明治14年の政変で大隈が下野、そしてパークスも反論の論文を寄せたそうですが、結局ハウスの論文がもとで2年後に、さすがに英国政府もパークスを罷免しています。

    このハウスは、1869年にニューヨークトリビューン紙の記者として来日し、1901年の死の直前に叙勲されています。小村寿太郎外務大臣の推薦文に、『英国公使「パアクス」、他の外国公使と謀り、常に帝国政府に反抗したるとき、米国公使「デロング」も英国公使に味方して我に利ならざるを以て・・・』とあります。叙勲の公文書に名指しで非難しているので、想像もできない残虐性であったに違いありません
    https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F0000000000000050949&ID=M0000000000000041726&TYPE=&NO=

    『日米交流』というサイトに詳しく書かれています。
    http://www.japanusencounters.net/house_3.html#relay

    • シドニー学院さん、コメントありがとうございます。
      エドワード・H・ハウスと言う人物は知りませんでした。ネットで検索しても、紹介いただいた『日米交流』のサイト以外にはあまり情報は出てこないですね。貴重な情報ありがとうございます。
      ハリー・パークスは癇癪持ちで部下からもあまり好まれていなかったようですね。
      英国は幕末の日本に対立の種を蒔いて、討幕勢力を育て、伝統的な「分割統治」に持ち込んで、日本を分断し弱体化させる考えがあったのだと思いますが、討幕派も、旧幕派も外国勢力の助けを借りて戦っては、最終的に国が奪われるとの認識があったのかも知れません。
      幕末から明治にかけて、何度かわが国は、西洋の植民地にされる危険がありましたが、うまく乗り越えてきたものだと思います。

      コメントはしっかり届いています。私が返事を書くと同時に、頂いたコメントが承認されて、コメント欄に表示される仕組みの様です。返事が遅れてしまって申し訳ありません。

  2. しばやんさん、こんにちは。いつも楽しくブログを拝見しています。

    >英国の伝統的悪辣政策「デバイト・エンド・ルール」…幕末における英国の酷さは想像以上です。今、小栗上野介の動画を作成中なのですが、調べていくととんでもないことに出くわします。そんな中でパークスは、別格に残虐だったことも。
    アトランティック・マンスリーというボストンの権威ある月刊誌に、エドワード・H・ハウスが1881年に論文を寄稿しています。その中に、パークスという男の凶暴性が記されています。曰く「着任後最初にしたことは、理由は判らないが、長崎奉行に烈火のごとく怒り、恐怖に陥れ震えるお奉行に暴行を加えることだったということは記録に残っている。」「公的交渉の席でコップを投げつけて割り、この通り日本は粉々になるぞ」などと脅していることも書かれています。
    そして、’the use of the word “Edo” was formally forbidden, on account of its association with the long supremacy of the usurping house of Tokugawa, and “Tokyo” was substituted therefor. ’(パークスによって)「江戸」という言葉の使用は正式に禁止され、「東京」に置き換えられたとあります。このページの脚注の記述です。
    https://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=uc1.b000556064&view=1up&seq=631

    そして、この変更は英国政府でさえも認めていないとあります。14ページの英文なので飛ばし読みですが、幕末から明治にかけて戦後のマッカーサーのように振舞っていたのではないかと想像できます。5月にロンドンの「パル・マル・ガゼット」紙でこの論文に対する投稿があり、議論を呼んだそうです。このハウスは、それをこの年の6月に当時参議だった大隈重信に報告、その後の経緯は判りませんが、10月の明治14年の政変で大隈が下野、そしてパークスも反論の論文を寄せたそうですが、結局ハウスの論文がもとで2年後に、さすがに英国政府もパークスを罷免しています。

    このハウスは、1869年にニューヨークトリビューン紙の記者として来日し、1901年の死の直前に叙勲されています。小村寿太郎外務大臣の推薦文に、『英国公使「パアクス」、他の外国公使と謀り、常に帝国政府に反抗したるとき、米国公使「デロング」も英国公使に味方して我に利ならざるを以て・・・』とあります。叙勲の公文書に名指しで非難しているので、想像もできない残虐性であったに違いありません
    https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F0000000000000050949&ID=M0000000000000041726&TYPE=&NO=

    『日米交流』というサイトに詳しく書かれています。
    「日米交流 japan-us encounters」で検索、「19のエドワード・ハウス3」

    *昨夜と今朝、2度投稿しましたが、以前のようにまたゴミ箱に入ったのかもしれません。この『日米交流』というサイトは、米国滞在が長い方なのか、個人で丹念に英語の文献にもあたっています。ヤバい情報も満載なので、URLがはじかれている可能性があり、URLなしで再度投稿します。

    • シドニー学院さん、コメントありがとうございます。
      エドワード・H・ハウスと言う人物は知りませんでした。ネットで検索しても、紹介いただいた『日米交流』のサイト以外にはあまり情報は出てこないですね。貴重な情報ありがとうございます。
      ハリー・パークスは癇癪持ちで部下からもあまり好まれていなかったようですね。
      英国は幕末の日本に対立の種を蒔いて、討幕勢力を育て、伝統的な「分割統治」に持ち込んで、日本を分断し弱体化させる考えがあったのだと思いますが、討幕派も、旧幕派も外国勢力の助けを借りて戦っては、最終的に国が奪われるとの認識があったのかも知れません。
      幕末から明治にかけて、何度かわが国は、西洋の植民地にされる危険がありましたが、うまく乗り越えてきたものだと思います。

      コメントはしっかり届いています。私が返事を書くと同時に、頂いたコメントが承認されて、コメント欄に表示される仕組みの様です。返事が遅れてしまって申し訳ありません。