GHQが戦後の日本人に封印したフィリピンの歴史~~奈良静馬『西班牙古文書を通じて見たる日本と比律賓』

GHQ焚書

 今から六年ほど前に奈良静馬著『西班牙(スペイン)古文書を通じて見たる日本と比律賓(フィリピン)』という本を「国立国会図書館デジタルコレクション」で見つけて読んだときに、倭寇や豊臣秀吉に対する見方が変わってしまった。この本には、戦後の歴史叙述ではまず語られることのない史実が満載で、しかもスペインの公文書で裏付けが取られているのである。二年前に私が『連合軍総司令部(GHQ)指令没収指定図書総目録』をヤフオクで入手した際に、奈良静馬氏の本がGHQが没収廃棄を命じた書籍であることをはじめて知ったのだが、この本を読むとGHQが「大航海時代」と呼ばれる時代におけるわが国の外交史や交易史をどのように歪めようとしたかがなんとなく見えてくる。

 1565年にスペインがセブ島を領有したのち、1570年にフィリップ二世がフィリピン諸島を植民地とすることを命じて、ミゲル・ロペス・デ・レガスピは最初にルソン島のマニラを攻略しようとしたのだが、マニラにはすでに日本人が住んでいて交易に従事しており、現地のモロ族から信頼されていたという。

 この頃フィリピンにいた一官吏からフィリップ二世に送った手紙によれば、当時マニラに二十人の日本人が住み、その中にジェスイット教徒(イエズス会士)の用いる帽子を被っている者があり、自ら称してキリスト教徒と言い、自分の名前はパブロであると言った。旧教徒の慣例に依って、日本人キリスト教徒も本名のほかキリスト教名を持っていたもので、思うに、日本に初めてキリスト教を伝えたザヴィエルが来朝してから二十一年目の事であったから、日本にもかなり多くのキリスト教徒が生まれていたことであろう。彼もその中の一人であったに違いない。

 しかしながらいよいよスペイン人と島人との間の戦争が始まってから、件の日本人パブロはモロ族を指揮してスペイン船を襲撃した。…モロ族はフィリピン島人中多人種を慴伏させ、その武器、刀、槍、弓矢等は、今日これを見ても、その精悍さを偲ばしむるものがある。宗教は回教を奉じ、アラビア文字を用い、歴史を持っており、日本人とは夙に交通して、これに推服しておった。

(奈良静馬 著『西班牙古文書を通じて見たる日本と比律賓』大日本雄弁会講談社 昭和17年刊 p.7~8
西班牙古文書を通じて見たる日本と比律賓 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 1571年にレガスピはルソン島を平定し、その勢いで日本も征服できると考えたのだが、ルソン島にあった拠点を武力で奪われた日本の海の勇士たちは黙ってはいなかった。彼らは台湾に大きな拠点を持っていて、そこから何度もスペインに戦いを挑んでいる。1580年、1581年にスペインと戦った日本人は大砲によって沈められてしまったが、1582年の戦いはそれまで以上に激しいものであり、戦いに加わったジュアン・バプチスタ・ローマンがメキシコのスペイン太守に送った手紙にはこう記されているという。

 甲冑をもって身を固め、槍を携えた日本人二百人は旗艦に飛び込んできた。六十人は銃を持ち、我が兵目がけて発砲した。そしてついに大檣(たいしょう:メーンマスト)にまで攻め寄せて船の大半を占領した。この時我が軍も運命の危急に瀕せるを知り、一歩も退くべからずと踏みこたえ、遂に敵をしてその船に退かしめ…この瞬間わが旗艦サント・ジュセブは日本船に迫り、大砲及び船の威力を以て遂に日本人を屈服せしめることが出来た。敵は僅かに十八人を遺すに至るまで戦ったが、その十八人も遂に自殺し、日本軍は全滅してしまった。この戦闘においてわがスペイン軍にも死者を出した。その中に隊長ペドロ・ルカスも加わっている。彼は軍人精神を発揮し勇敢に奮戦してたおれたのである云々。

(同上書 p.11)

 この激闘の後にも日本人が十八隻の船で旗艦を襲った記録があるという。1582年と言えば織田信長が本能寺の変で自刃した年なのだが、この頃の日本は世界有数の鉄砲輸出国であり世界最大の鉄砲保有国であった事実が、戦後の歴史叙述ではすっかり抜けてしまっている。この本には、スペインが日本人を怖れていた記録がいくつも紹介されている。

 太守ペナロサは、1582年7月2日付フィリップ二世あての手紙で、フィリピンの兵備の手薄きこと、およびメキシコ太守が必要なる守備軍をフィリピンに送らないことをかこっている。彼は日本人の恐るべきこと、勇敢なること、そしてフィリピン人と混淆すべき者でないことが今更ながら分かったと言い、十分の兵備をもってするにあらざれば、到底日本人を撃退して、フィリピンを安全に保っていくことは出来ないということを痛切に説き、出来るだけ多くの兵員を送らるるように願い出た

(同上書 p.14)

 当時の記録を読むと、東南アジアの制海権は日本人が握るようになっていたのではないかと思われる。同年にはフィリピンの政府参議会で、日本人に関する別の決議について、

 太守以下主だった官民が日本人の脅威を議し、彼らを防ぐためにカガヤン地方かイロコス地方に堡塁を築造することを決議し、また日本船を駆逐するため、数隻の沿岸警戒用の船を造る計画を立てた。…参議会は日本人の活動を王に報告して「日本人は毎年のように来寇して島人を降し、在フィリピンのスペイン人の為にシナから食糧、雑貨を積んでくるシナ輸送船を襲うて、多大の損害を与える。これによって、商業の疎外さるること一通りではない。単にマニラに来る船を襲うばかりではなく、マニラから帰る船にさえ危害を加えるので、シナ人は普通の航路によらず、日本船の知らぬ航路を通らねばならぬようになった。」と訴えている。

(同上書 p.20~21)

 スペインはそこで、1586年にシナを征服することを決議したのだが、その計画はイエズス会と日本のキリシタン大名の協力を得て六千の日本兵を集めることが困難なため実現されなかった。また1588年にはフィリピンの酋長たちが日本人の力を得てスペイン人と戦おうとした話など、この本には面白い話が満載だが、わが国の歴史教科書では当時の日本人は東南アジアの海域を海賊活動で荒らしまわっていたかのように書かれている(後期倭寇)のだが、それが正しいとは思えない。なぜなら豊臣秀吉は、文禄元年(1592年)に有力な商人や大名にあてて最初に発行した朱印状にルソン(フィリピン)、マカオ(明)、安南(ベトナム)、トンキン(ベトナム)、チャンパ(ベトナム)、カンボジア、リゴル(タイ)、パタニ(マレー半島)の諸国と交易することが明記されている。このような遠方諸国といきなり交易が行われることはあり得ないし、スペインがフィリピンを占領する前から日本人がマニラに住んでいたこともあり得ないだろう。かなり昔から日本人が東南アジアの民間交易ルートを構築していたと考える方がはるかに自然なのである。以前このブログで「後期倭寇」の実態は「私貿易」であったと述べているGHQ焚書を紹介したが、実態はその通りではなかったか。

 秀吉の朱印船貿易の話に戻そう。文禄元年に発行されたばかりの朱印状を携えてルソンに向かった貿易商人原田孫七郎には、スペインのフィリピン総督に宛てた秀吉の書状が手渡されていた。その書状の内容は戦後の歴史叙述の中ではほとんど紹介されることがないのだが、それは、スペイン国王に対する降伏勧告状であった。秀吉は三度にわたりスペインを恫喝したのだが、スペインは全く何もできなかったのである。この内容については拙ブログや拙著『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』にも書かせていただいたので、興味のある方は覗いていただきたい。

 西尾幹二氏の動画『GHQ焚書図書開封』ではフィリピンに関して次のようなものがある。

・植民地フィリピン成立史 1

GHQ焚書図書開封 第169回
GHQ焚書図書開封 第169回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

・フィリピン独立の夢を奪ったアメリカ帝国主義 序幕

GHQ焚書図書開封 第170回
GHQ焚書図書開封 第170回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

・南北戦争で自信を得たアメリカの極東進出

GHQ焚書図書開封 第171回
GHQ焚書図書開封 第171回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

・従軍作家が見たフィリピン戦場最前線

GHQ焚書図書開封 第20回
GHQ焚書図書開封 第20回 ※「GHQ焚書図書開封」は、当面、毎週水曜日に第一回から公開させていただきます。占領下、大東亜...

・「バターン死の行進」直前の状況証言

GHQ焚書図書開封 第21回
GHQ焚書図書開封 第21回 ※「GHQ焚書図書開封」は、当面、毎週水曜日に第一回から公開させていただきます。占領下、大東亜...

 以下のリストはGHQ焚書の中からタイトルで判断してフィリピンに関係ありそうな本を選んだものである。全部で40点あるが、URL記載のある9点は「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
アギナルド将軍塩田良平育英書院
新しい南方の姿フィリピンと
東印度諸島
糸賀庸 出崎誠一翼賛図書刊行会
新しきフィリピン田上旺作日本書館
詳解比島事情平塚武 斑目文雄非凡閣
新東亜とフィリッピンの現実中屋健弌同盟通信社
西班牙古文書を通じて見たる
日本と比律賓
奈良静馬 大日本雄弁会講談社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041580昭和17
大東亜戦史 比島戦史読売新聞社 編読売新聞社
大東亜戦争陸軍報道班員手記
バターン、コレヒドール攻略戦
文化奉公会 編大日本雄弁会講談社
ダバオ土地問題と邦人事情松本勝司南方経済調査会
東亜共栄圏と比律賓三吉明十刀江書院
独立問題を中心に比律賓を語る千代田通信社 編千代田通信社
ナチブ山柴田賢次郎成徳書院
バタアンコレヒドール戦記
砲車小隊長の手記
中山富久協栄出版社
布哇と比律賓:日米戦の土俵野崎圭介 二松堂書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1443698昭和7
比島従軍記朝日特派員西川佳雄興亜書院
比島宣撫と宗教班小野豊明 中央出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460337昭和20
比律賓南方産業調査会編南進社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044042昭和17
比律賓柴山武徳 日本拓殖協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123852昭和17
比律賓群島星 篤比古東京講演会出版社
比律賓群島の民族と生活山本惣治南方出版社
比律賓に於ける政策の変遷永丘智太郎 日本拓殖協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1274771昭和16
比律賓の現状を語る渡辺 薫南方経済調査会
比律賓の資源と貿易日本貿易研究所 編日本貿易振興協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1065687昭和17
比律賓の独立と東亜問題野本静一 訳ダイヤモンド社
比律賓の農業 上巻福原友吉三省堂
フィリッピン中屋健弌興亜書房
フィリッピン松下正壽朝日新聞社
フィリッピン攻略戦森 欣一郎晴南社
フィリッピン独立論ピヨ・デュラン博文館
フィリッピン読本奥間徳一改造社
フィリピン独立正史仲原善徳中文館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1907579昭和19
フイリッピンの偉人
ホセ・リサール
毛利八十太郎 青年書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1058013昭和17
フィリッピンの政治経済問題国際経済学会刀江書院
フィリッピン 歴史と現実池田 曄中川書房
宝庫ミンダナオ沢田 謙六興商会出版部
放列バタアン砲兵戦記中山富久育英書店
ホセ・リサール不明講談社
ホセ、リサール伝花野富蔵西村書店
マニラ脱出記和田敏明成徳書院
マニラの烽火柴田賢次郎日本文林社
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログサイト内検索】

大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

【デジタル図書館人気記事ランキング30 最近90日間】

ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)688 views
GHQが徹底的に焚書にした歴史家・仲小路彰の「世界興廃大戦史シリーズ」など474 views
GHQが最も嫌った野依秀市の著した政権・大手マスコミ批判の書394 views
大川周明の『日本的言行』、『日本文明史』を読む357 views
長野朗の『支那の真相』、『我等世界に何を学ぶ可き乎』を読む318 views
GHQ焚書点数第1位の野依秀市が著した軍部批判の書300 views
新聞社・通信社が戦前・戦中に発行した写真集~~『関東震災画報』『時局及排日ポスター写真帖』『支那事変写真帖』273 views
新聞社で最もGHQ焚書点数の多い朝日新聞社が、戦前・戦中に刊行した本~~『植民地の再分割』『米国への判決』『陸軍』269 views
戦前・戦中に出版された読売新聞社の『支那事変実記』、『海戦 : 大東亜海戦記』を読む260 views
新聞社で二番目にGHQ焚書点数の多い毎日新聞社の本~~『日本へ寄せる書』、『国際戦を呼ぶ爆弾 支那』252 views
松岡洋右が若い世代に語った講演集『少年に語る』、『青年よ起て』245 views
戦前・戦中に出版されたわが国の外交に関する本を読む~~『日英外交裏面史』、『日支交渉史話』239 views
総理大臣を三名も輩出した戦前の報知新聞社の本を読む~~『大隈侯昔日譚』、『満州開拓戦士 : 酷寒下の生活報告』211 views
日露戦争後に日米関係がどう動いたか~~福永恭助著『挑むアメリカ』(GHQ焚書)を読む209 views
ネットで読める都道府県史、主要市史207 views
徳富蘇峰が立ち上げた『国民新聞社』の出版物を読む~~『日本野球史』『霞ヶ関を衝く:弱体外交の実相暴露』183 views
福沢諭吉らが立ち上げた時事新報社の出版物を読む~~『利権物語』『不景気はどうなる』172 views
菊池寛の名著『大衆明治史』(GHQ焚書)で日露戦争の舞台裏を読む155 views
GHQ焚書に描かれた、支那事変(日中戦争)における支那軍の戦い方149 views
西尾幹二氏の『GHQ焚書図書開封』講義動画(無料)リスト127 views
戦後の歴史書に描かれない真実~~外国から仕掛けられたスパイ、諜報、情報戦、宣伝戦など125 views
朝鮮半島に関する古い記録を読む~~『三十年前の朝鮮』『最近朝鮮事情』118 views
アメリカ人が記した真珠湾爆撃の記録~~ブレーククラーク『真珠湾』とハワイに関するGHQ焚書86 views
戦前・戦中に出版された時代別日本史シリーズ等85 views
GHQが焚書処分したA級戦犯の著書~~松岡洋右 『東亜全局の動揺 』78 views
北方領土に関する書籍の多くがGHQによって焚書にされている~~『北進日本人』『守れ!権益 北方の生命線』77 views
GHQが焚書処分した「ユダヤ」関連書物~~筈見一郎『猶太禍の世界』75 views
GHQ焚書・長野朗著『民族戦』に描かれた、漢人の侵略の仕方62 views
ネットで読めるGHQ焚書 最終回(め~わ)60 views
GHQは満州事変について何を隠そうとしたのか~~桜井忠温 著『常勝陸軍』58 views

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、紀伊国屋書店の下記10店舗に令和三年の二月末まで、各1冊だけですが常備陳列されることになっています。
川越店、流山おおたかの森店、梅田本店、グランフロント大阪店、川西店、クレド岡山店、広島店、久留米店、熊本光の森店、アミュプラザおおいた店
お取り寄せは上記店舗だけでなく、全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
令和二年三月末より電子書籍もKindle、楽天Koboより販売を開始しました。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史逍遥『しばやんの日々』

コメント

  1. しばやんさん、こんにちは。
    興味深い記事、有り難う御座います。GHQ焚書は時間がいくらあっても足りませんね。
    >槍を携えた日本人二百人は旗艦に飛び込んできた。
    >その十八人も遂に自殺し、日本軍は全滅してしまった。
    これ、武士道精神、特攻隊精神そのものです。

    小栗上野介の動画が完成したので、説明欄でしばやんさんのブログを紹介させて頂きました。
    【決定版】小栗上野介 前半(衝撃編)38分
    https://youtu.be/9fCtHQhdmDw
    【決定版】小栗上野介 後半(驚愕編)42分
    https://youtu.be/lgvvNzZcmos

    長いので、時間のある時にご覧頂ければ幸いです。

    • シドニー学院さん、コメントありがとうございます。
      GHQ焚書はタイトルや目次を見て、戦後に広められていない史実を中心に一部を読んで紹介させていただいていますが、余りに多すぎて、時間がいくらあっても足りませんね。蜷川新は小栗の義理の甥になりますが、蜷川新の著書の4冊がGHQ焚書になっています。
      ・国民主義と欧米の動き   https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1172063
      ・戦争か平和か?       https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1033501
      ・南洋に於ける帝国の権利 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1222189
      ・満洲に於ける帝国の権利 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1257903
      拙ブログの紹介までしていただき、感謝です。
      小栗の動画は必ず視聴させていただき、Youtubeにコメントさせていただきます。