GHQが焚書処分したフランス、フランス植民地に関する本

スポンサーリンク

 GHQ焚書のリストからフランスに関する本を探していると、没収廃棄されて戦後の日本人に読めなくされている本は、フランス本国に関する本よりもフランスの植民地に関する本が圧倒的に多い。

 今のベトナム・ラオス・カンボジアは戦前はフランスの植民地で、かつては「フランス領印度シナ」あるいは略して「仏印」と呼ばれていた。

 最近NHKスペシャルで「戦国~激動の世界と日本」が放映され、それ以来私の新旧ブログのアクセス数が急増し拙著も売れていることは有難い限りなのだが、戦国時代から江戸時代初期にかけて大量の日本人が奴隷として、また傭兵として、この地域やフィリピンなどに売られていった事実については、戦後はほとんど知らされることがなかった。

日本人傭兵を買い漁った西洋と東南アジア諸国の背景を考える
前回の記事で、イエズス会の宣教師として来日していたルイス・フロイスが、太閤秀吉の言葉として「商用のために当地方(九州)に渡来するポルトガル人、シャム人、カンボジア人らが、多数の日本人を購入し、彼らからその祖国、両親、子供、友人を剥奪し、奴隷として彼らの諸国へ連行している」と記していることを書いた。またシャム国では、日本...

 このような史実は戦前にはいろんな本に書かれていたので、昔はかなり知られていたと思われる。以前このブログで紹介したGHQ焚書の加藤武雄 著『豊臣秀吉』は子供向けに書かれた秀吉の伝記なのだが、日本人が奴隷に売られていたことがしっかり記されている。

 さすがにNHKスペシャルでは日本人が奴隷にされたことまでは触れなかったようだが、この点については拙著で紹介した通り、信長・秀吉の時代にイエズス会宣教師として来日していたルイス・フロイスの記録がいくつか存在する。一例をあげると、天正十五年六月十九日(1587/7/24)に九州征伐で博多にいた秀吉が、イエズス会日本準管区長のガスパル・コエリョに使いを出して伝えた言葉が記録されている。

 …予(秀吉)は商用のために当地方(九州)に渡来するポルトガル人、シャム人、カンボジア人らが、多数の日本人を購入し、彼らからその祖国、両親、子供、友人を剥奪し、奴隷として彼らの諸国へ連行していることも知っている。それらは許すべからざる行為である。よって、汝、伴天連は、現在までにインド、その他遠隔の地に売られていったすべての日本人をふたたび日本に連れ戻すように取り計られよ。もしそれが遠隔の地のゆえに不可能であるならば、少なくとも現在ポルトガル人らが購入している人々を放免せよ。予はそれに費やした銀子を支払うであろう

(ルイス・フロイス「日本史4」中公文庫p.207~208)

 秀吉が、金を払うから日本人奴隷を連れ戻し自由放免せよとまで述べたにもかかわらず、コエリョは協力する意思を全く示さなかったばかりか、取締まらない日本側に問題があると答えてさらに秀吉を激怒させてしまい、「伴天連追放令」が出されることになるのだが、詳しく知りたい方は是非次の記事を参考にして頂きたい。

秀吉はなぜ「伴天連(バテレン)追放令」を出したのか~~その1
ザビエルがはじめて日本で伝えたキリスト教は、時の権力者であった織田信長の庇護を受けて順調に信者を増やしていった。 豊臣秀吉も当初は織田信長の政策を継承してキリスト教布教を容認していたのだが、天正15年(1587)に秀吉はキリスト教に対する態度を急変させ、博多で「伴天連追放令」を出している。(「伴天連」とはキリスト教宣教...

 今回紹介したいのは 田沢丈夫 著『仏印事情』で、フランスの植民地となったこの地域に関することがらがコンパクトにまとめられている。日本人が奴隷や傭兵として売られたことまでは触れていないが、江戸幕府が海外渡航を禁止したのち、この地域でフランスがキリスト教の布教を開始し、占領地を拡大していった歴史がまとめられている。

 …山田長政が当時のシャム国で大いに活躍していた頃には多数の日本人が仏印に渡航し、当時既に来航せるポルトガル人、オランダ人、シナ人等に伍して我が大和民族南方発展の第一線に立って大いに活躍していたのであって、ことに交趾支那(こうちしな:フランス統治時代のベトナム南部)のフェフォおよび安南のツーランあるいはカンボジアのビニヤル、プノンペン等にはいわゆる日本人町を形成して、相当の勢力を有していたのである。しかして当時の日本人町は、今日の疎開の如き形式で居留民の中から一名の統率者を選任して疎開の長とし、その指揮統制の下に自国の法律に従って生活していたのであって、全く治外法権を許された自治制の町であったということである。

 現在の仏印地方には、原住民族としてインド文化を有するインドネシア族が居住していたのであるが、東北方からは安南民族、東南部からはチャム族、また西南地方からはカンボジア人が攻め入ったので、インドネシア族は漸次西北部すなわちトンキンの西北部とかラオス方面へ追い詰められてしまった。ところがチャム族はチャンパ王国を創設して一時は非常の勢力であったが、ついに安南族と衝突し征服せられてしまった。またカンボジア人は西暦四百年頃には既にクメール王朝を作った程であるが、前述のとおりジャバ軍やシャム軍に侵入されて惨憺たる目に遭っている。

 こういう小国相争う状態であったればこそ、優秀なる武器を有しておったフランスが侵入して来るやたちまち征服されてしまったのである。

 仏印の門戸を初めて叩いた者はポルトガル人、次いでオランダ人であるが、ここに本拠を据えて積極的活動を開始したのはフランス人であった。フランスはインドにおいて英国と植民地争いをして遂に敗れるや、インドシナ半島に転向したのであるが、まず交趾支那すなわち西貢地方に布教を開始したのが手始めである。ところが当時安南国は南北に分かれていて、北は大越と呼び南は廣南と呼んで、廣南にはいわゆる現安南帝国の第一世たる阮福映を武力援助して大越軍を破り、ここに現安南帝国の基礎を樹立したのであるが、その代償としてツーラン港および同半島ならびにこれに近接する諸島の割譲を受けた。これが仏国の仏印における領土獲得の濫觴(らんしょう:はじまり)をなすものである。

田沢丈夫 著『仏印事情』羽田書店 昭和15年刊 p.57~59
仏印事情 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 このあとも土民間の抗争を利用ながら、フランスは少しずつ領土を拡大していったのだが、この本にはこの地域の歴史だけでなく、この地域の文化や風習、統治機構、教育状態、財政状況、経済資源などがよくまとめられている。現在のベトナム・ラオス・カンボジアをよくご存じの方は、戦前の状況と比較されたら新しい発見があるのではないだろうか。

 下のリストはGHQ焚書の中でタイトルに「フランス」「仏」を含む著作を集めたものである。全部で36点あり、「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されているのは8点である。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
印度支那、仏印、タイ、
ビルマ、英領マレー
室賀信夫 白揚社
欧州大戦における
仏軍自動車の作戦輸送
大谷清磨菊池屋書店
海南島より仏印井出浅亀皇国青年教育協会
各國統制經濟に關する調査 
第五卷フランスの統制經濟
東京商工会議所東京商工会議所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1446287昭和12
スメラ民文庫 仏印事情スメラ民文庫
編輯部 編
世界創造社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1111454昭和16
世界大戦における
仏独両軍戦術思想の変遷
廣 良一 訳偕行社
泰国、仏印と日本人福中又次婦女界社
大東亜共栄圏叢書第一編 
更生仏印の全貌
金子鷹之助 愛国新聞社
出版部
大東亜共栄圏読本 
仏印の話
芹川信久西台塾出版部
泰、仏印飛びある記金田信儀善隣社
独仏、伊仏休戦協約全貌片倉藤次郎 訳朝日書房
独仏関係鈴木啓介アルス
南洋叢書. 第2巻
仏領印度支那篇
東亜経済調査局編東亜経済調査局https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1440286昭和16
日英米仏伊軍艦集.
1935年版
海軍研究社 編海軍研究社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1109500昭和10
晴れ渡る仏印森 三千代室戸書房
仏印案内南洋協会 編目黒書店
仏印概要秋保一郎海洋文化社
仏印研究井出浅量皇国青年教育協会
仏印事情田沢丈夫 羽田書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278606昭和15
仏印縦走記中野 実大日本雄弁会
講談社
仏印進駐記大屋久寿夫興亜書房
仏印の鉱産資源渡辺源一郎国際日本協会
仏印の住民と習俗山川寿一 偕成社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460169昭和17
仏印の生態水谷乙吉岡倉書房
仏印の農林資源農林省南方資源
調査室 編
週刊産業社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1719165昭和17
仏印の農業経済森 徳久東洋経済新報社
仏印への途小松 清六興会出版社
仏領印度支那概説日本印度支那協会日本印度支那協会
仏領印度支那事情博文館 編博文館
仏領印度支那の
幣制と金融事情
東亜研究所東亜研究所
仏蘭西植民地カルル・ヘーネル岡倉書房
フランス制圧六週間真木昌雄第一公論社
蘭印、英印、仏印井出諦一郎三省堂
蘭印・仏印史大江満雄鶴書房
蘭印、仏印の近状 
前編
神戸市
産業研究所編
神戸市
産業研究所
両大戦間に於ける
独・仏・英の社会政策
ドイツ労働戦線
労働科学研究所編
世界経済調査会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1062018昭和17
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、紀伊国屋書店の下記10店舗に令和3年の2月末まで、各1冊だけですが常備陳列されることになっています。
川越店、流山おおたかの森店、梅田本店、グランフロント大阪店、川西店、クレド岡山店、広島店、久留米店、熊本光の森店、アミュプラザおおいた店
お取り寄せは上記店舗だけでなく、全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
令和二年三月末より電子書籍もKindle、楽天Koboより販売を開始しました。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント