世界遺産の高野参詣道を行く~~慈尊院、丹生都比売神社

和歌山
スポンサーリンク

高野山町石道

 今から約千二百年前に弘法大師・空海が開山した真言密教の聖地である高野山は、標高千メートル級の八つの峰々に囲まれた山上盆地を指す。高野山の子院数は江戸時代の初めには千八百以上あったというが、その後江戸幕府が寺院数を削減し、天保三年(1832年)には八百十二院との記録が残り、今でも百十七の寺が立ち並ぶ宗教都市である。

https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/130300/nanakuchi_d/fil/kouyananakuti.jpg

 高野山は古くから多くの参詣者で賑わったのだが、高野山に行くには七つの参詣道があり、これらはまとめて国の史跡に指定されていて、高野山の寺院群とともにユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を構成する資産として登録されている

 参詣道の中で最もよく使われたのが、九度山町にある慈尊院からスタートする町石道(ちょういしみち)である。「町石」というのは、慈尊院から一町(約109m)ごとに建てられた、高さ約三メートルの石柱で、慈尊院から高野山上の壇上伽藍の根本大塔までの道中に百八十基、大塔から奥の院・弘法大師御廟までに三十六基置かれているのだという。平安時代の頃は木製の卒塔婆であったのだが、鎌倉時代に石造の町石に変えられたと伝えられている。

 高野山に一度でも参詣すれば、すべての罪が道中において消えるとする信仰が生まれ、藤原道長、藤原頼通、白河上皇、鳥羽上皇、後白河法皇、後鳥羽上皇など多くの権力者が参詣したことから、高野山への参詣が次第に盛んになっていったという。

 上の図は天保九年(1838年)九月に出版された『紀伊国名所図会』第三編 巻之四の「法皇高野山詣」だが、皇族であろうが貴族であろうが庶民であろうが、身分の差に関係なく誰もが徒歩で聖地「高野山」を目指したのである。この図に描かれている卒塔婆のような石柱が「町石」である。

大日本名所図会. 第2輯 第9編 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 江戸時代には『紀伊国名所図会』だけでなく各地の名所図会が出版されている。一部は復刊されて、『国立国会図書館デジタルコレクション』でネット公開されている。このブログで、公開されている書籍のURLリストを作成しているので、良かったら覗いてみて頂きたい。

高野参詣の玄関口:慈尊院と丹生官省符神社

 最初に訪ねたのは慈尊院(和歌山県伊都郡九度山町慈尊院832)。

 上の図は『紀伊国名所図会』に描かれている慈尊院で、昔はこの寺が高野山の正式な登山口であった。随分多くの建物が描かれているが、昔は神仏習合で、石段の上の丹生官省符(にうかんしょうぶ)神社と一体であった。

 慈尊院のリーフレットには、この寺の由来についてこう記されている。

 弘仁七年(816年)に弘法大師(お大師さま)が高野山をお開きになった際、庶務をつかさどる政所として、玄関口であるこの地に慈尊院を建てられました。そんな息子を一目見たいと母公(玉依御前/82歳)が香川県より参られたのですが、山上より女人禁制とされていたため高野山に上がることができませんでした。

 母公の身を心配されたお大師さまは、この寺に留まらせ、高野山より月に九度、訪ねられたことから九度山という町の名になったと伝えられています。

 承和二年(835年)二月五日に母公は八十三歳でこの世を去りました。お大師様は母公のためにお墓(弥勒堂)を建て弥勒菩薩を安置しました。

 時代とともに弥勒菩薩が母公の化身であると崇められ、高野山に上がれない女性の信仰を深め、本堂前には女性の象徴である乳房を作り絵馬にして奉納すると願い事が叶うといわれています。

慈尊院 弥勒堂

この建物が弥勒堂(本堂:国重文)で、鎌倉時代に建築されたものだという。本尊は平安時代初期に制作された木造弥勒仏座像(国宝)で、二十一年に一度御開帳されるとのことである。寛平四年(892年)の墨書が残っており、光背も台座も当初のまま残されているという。国宝の仏像は同寺のHPに画像が出ている。

ご本尊木造弥勒仏坐像(国宝) | 慈尊院
和歌山県にある弘法大師空海 母公のお寺「慈尊院(じそんいん)」公式サイト | 子宝成就・安産祈願 | 世界遺産・女人高野の寺「慈尊院」へのお問合せは Tel : 0736-54-2214
慈尊院 多宝塔

 上の画像は慈尊院のシンボルの多宝塔。寛永元年に再建されたもので和歌山県の指定文化財である。平成二十四年(2012年)に解体修理が竣工し、朱色が今も色鮮やかである。

 境内の南に丹生官省符神社に繋がる石段があり、その途中に町石道の最初の町石が建っている。

百八十町石

「百八十町」と彫られているのが今も確認できる。高野山の根本大塔までは約二十キロメートルで、その間に百八十本の町石が建てられていて、高野山に近づくにつれ町石の数字が1つずつ少なくなっていくという。

丹生官省符神社の鳥居と拝殿

 石段を登ると丹生官省符神社の鳥居と社殿が見える。

 『紀伊国名所図会』には多くの建物が描かれているのだが、明治維新後の神仏分離により、本地堂や大黒堂など仏教的な施設が取り壊されてしまっている

 この神社は空海が慈尊院を開いた時に創建され、当時は丹生高野明神社(にうこうやみょうじんしゃ)という社名であったが、その後丹生七社大明神(にうしちしゃだいみょうじん)、丹生神社と名前が変わり現在の丹生官省符神社と呼ばれるようになったのは昭和二十一年(1946年)のことだそうだ。官省符荘とは、太政官と民部省から認可された荘園という意味で、この地域は国の干渉を受けない不入の特権と、国へ税金を納めることがいらない不輸祖の特権を持っていたという。

 上の画像は『紀伊国名所図会』に出ている官省符祭の絵だが、毎年九月の末に昔はかなり盛大に祭りが行われていたようだ。本文には「神輿を舁くもの数十人、石壇を下ること空中を飛ぶがごとし。渡御の行列美々しく、見るもの驚歎せざるはなし」とあるが、少子高齢化の進む地域でこのような伝統行事を続けることは苦労のあることだろう。

大日本名所図会. 第2輯 第9編 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 この神社の本殿三棟は室町時代末期に再建されたもので、国の重要文化財に指定されているのだが、残念ながら改修工事のために建物を見ることはできなかった。二年後に行われる二十年に一度の正遷宮に向けて、檜皮葺の屋根が葺き替えられるのだそうだ。同社のホームページに美しい本殿三棟の写真が掲載されている。

世界遺産登録 丹生官省符神社公式ページ
世界遺産登録丹生官省符神社・弘法大師創建の社・高野山町石道登山口鎮座・神仏霊場11番

 社務所の近くから高野山を見渡すことができる。むかし高野山を参詣する人々は、この神社で高野山を遥拝して道中の無事を祈ったことであろう。この神社の境内を出たところが高野山の参詣道である町石道の起点となる。確認しなかったので恐縮だが、この神社の境内を出てすぐに百七十九町石があるのだそうだ。

丹生都比売(にうつひめ)神社と明治初期の神仏分離

 次に向かったのは紀ノ國一之宮の丹生都比売神社(和歌山県伊都郡かつらぎ町天野230)。慈尊院からは車で20分程度かかる。

 この神社の創建時期は今から千七百年以上前と伝えられており、天照大御神の御妹神である丹生都比売大神が神代に紀ノ川流域の三谷に降臨し、紀州・大和を巡られ農耕を広め、後にこの天野の地に鎮座されたとしている。また、丹生都比売大神の御子である高野御子大神は、密教の根本道場の地を求めていた空海の前に、黒と白の犬を連れた狩人に化身して現れ高野山へと導き、空海が高野山を開山したと伝わっている。

 高野山の開創後、丹生都比売神と高野御子神は「丹生両所」「丹生高野神」として高野山の鎮守となり、高野山の荘園には神霊が勧請されて各地に丹生神社が建てられたそうだ。そのため、当社境内にも多くの仏教施設が建てられ、後世には修験道の拠点にもなったという。

 ご祭神は、丹生都比売大神(にうつひめのおおかみ)、高野御子大神(たかのみこのおおかみ)、大食津比売大神(おおげつひめのおおかみ)、市杵島比売大神(いちきしまひめのおおかみ)の四柱で、これら四神は「四所明神」と総称されていたという。

 上の画像は『紀伊国名所図会』に描かれた丹生都比売神社だが、この神社はかつて「天野社」あるいは「天野四所明神」と呼ばれていた。この絵をよく見ると、多宝塔、護摩堂、不動堂など多くの仏教的施設が描かれていることがわかる。先ほどの丹生官省符神社と同様に、明治初期の神仏分離によりこの神社の仏教的施設はすべて撤去されてしまったのである。

 神仏習合時代にはどのような風景であったのか興味深いところだが、神社のHPの「ご由緒」に神仏習合であった時代の境内をコンピューターグラフィックスで再現した動画が貼り付けられている。

御由緒|丹生都比売神社
御由緒 |丹生都比売神社は、和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野にある神社。式内社、紀伊国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。 別称として「天野大社」「天野四所明神」とも。全国に約180社ある丹生都比売神を祀る神社の総本社である。
丹生都比売神社仮想再建CG

 神仏分離に詳しいminagaさんのサイトに、明治五年(1872年)に出された「丹生都比売神社の神仏分離につき達」の一部が引用されている。

「是月、伊都郡天野村丹生都比売神社ノ両部混祭ヲ改正シ、・・・・・

 其祀ル所ノ仏像ヲ悉ク之ヲ廃シ、・・・・其摂祀スル所ノ山王堂ヲ日枝神社ト改称シ、其他仏観規画ニ係ル祀殿、十二社王子ニ社・百二十蕃神一社、荒神社一社、堂御影堂、不動堂、塔多宝塔、経蔵等数宇ヲ毀撤シ、以テ社境ヲ一新セリ、・・・・ 」

 minagaさんによると、境内の仏像の多くは高野山に運ばれ、堂塔は競売にかけられたが、、売れなかった堂宇は取り壊され木炭にされてしまったという。

紀伊天野社多宝塔
丹生都比売神社 かがみ池と輪橋

 上の画像は第二駐車場から見たかがみ池と輪橋だが、この神社は隠れた紅葉の名所らしく、ネットで画像検索すると素晴らしい写真を多数見ることができる。

丹生都比売神社 鳥居と楼門

 輪橋を渡り終えたあたりから楼門(国重文)を撮ったが、朱塗りの柱や鳥居が美しい。楼門は平成五年の修理の際に明応八年(1499年)の墨書が発見され、同年に再建されたことが判明したという。

丹生都比売神社 本殿

 四つの社殿が建ち並ぶ本殿もまた国の重要文化財に指定されている。

 貴重なのは建物ばかりではなく、所蔵品もまた素晴らしい。宝物館のようなものがなく、一般には公開されていないが、国宝の銀銅蛭巻太刀拵ほか、当社の社宝や当社由来の貴重品はHPで写真が公開されている。明治初期の神仏分離で金剛峯寺に引取られた仏画もこのリンクで見ることができるのだが、仏像や経典などはどこに行ったのだろうか。

社宝|丹生都比売神社
社宝 |丹生都比売神社は、和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野にある神社。式内社、紀伊国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。 別称として「天野大社」「天野四所明神」とも。全国に約180社ある丹生都比売神を祀る神社の総本社である。

 いつの時代もどこの国でも、勝者は勝者にとって都合の良い歴史を描き、都合の悪い真実を封印してしまう。明治初期の宗教政策はわが国の貴重な文化財の多くを破壊し、海外に流出させてしまったのだが、なぜこのようなことが起こったかについては旧ブログに何度か書いてきた。このブログでもいずれ詳しく書くことに致したい。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【歴史ノート人気記事ランキング50 最近90日間】

桜田門外の変と、その後の薩摩藩、彦根藩、幕府の動き401 views
新政府の仇敵である徳川家の聖地・日光東照宮が残された経緯369 views
東本願寺がなぜ北海道開拓にかかわることになったのか348 views
幕末に大量の隠れキリシタンが長崎で出現した経緯と幕府の対応326 views
神仏分離令のあと徹底的に破壊された鶴岡八幡宮311 views
神仏分離令のあと金毘羅大権現の仏像・仏具が徹底的に破壊された経緯309 views
わが国が中国やインドのようにアヘンに毒されなかったのはなぜなのか287 views
外国人襲撃事件が頻発する中で起きた生麦事件と英国人らの反応283 views
祇園感神院(八坂神社)の神仏分離と祇園祭への影響271 views
薩長を支援したイギリスと、幕府に接近し助言し続けたフランス255 views
北野天満宮の神仏分離と、菅原道真の御神体として祀られてきた仏舎利の行方255 views
明治新政府の役人に社殿焼き払いを命じられた厳島神社254 views
伊勢神宮神領地域の廃仏毀釈と、長期間の遷宮の中断に終止符を打った慶光院250 views
藩主自らが率先して廃仏毀釈を推進した苗木藩の事情249 views
石清水八幡宮の廃仏毀釈と本尊・薬師如来の行方248 views
廃仏毀釈で寺宝を奪い取り、売却して私腹を肥やした県令がいた231 views
台湾を占領したオランダと戦った日本商人・浜田弥兵衛230 views
明治政府の宗教政策に抵抗した浄土真宗の僧侶や門徒たち…大濱騒動のこと227 views
秀吉の伴天連追放令と朝鮮出兵の背景を考える~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む1224 views
明治六年に政府がキリスト教禁教の高札を撤去した経緯206 views
竹生島で強行された神仏分離と宝厳寺に残された本尊の弁財天像204 views
キリスト教禁止と教徒処分問題で諸外国から激しい抗議を受けた明治新政府199 views
フィリピンの日本人町はどういう経緯でつくられたのか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人3199 views
明治六年に軍の派遣を要請し、ようやく鎮圧された越前護法大一揆195 views
倭寇はなぜ元寇のあとから頻発するようになったのか~~倭寇1183 views
東大寺の廃仏毀釈・神仏分離の危機と倒壊の危険があった大仏殿178 views
水戸藩の徳川光圀と徳川斉昭による廃仏毀釈とその目的171 views
孝明天皇は病死したのか、あるいは毒殺されたのか160 views
皇女和宮を将軍徳川家茂に降嫁させたことが幕府の権威失墜を招いた158 views
すべての寺院を破壊した鹿児島藩の廃仏毀釈~~鹿児島藩2152 views
聖ザビエル像が山奥で発見されたのち、売却された経緯~~隠れキリシタンの里2147 views
震災直後の朝鮮人殺害は流言飛語によるものとする通説への疑問146 views
信長が最後にイエズス会と敵対する行動を取ったのはなぜか145 views
大友宗麟による寺社破壊と、島津との戦いののち海外に売られていった豊後の人々144 views
弘安の役で元軍を襲った台風の後も続いた死闘とその後の元の日本侵攻計画~~元寇5137 views
一度神社にされたのち寺院に戻った吉野金峯山寺135 views
『日米通商修好条約』が無勅許で調印された経緯135 views
法隆寺における廃仏毀釈・神仏分離の危機131 views
シャムで活躍した山田長政とアユタヤの日本人町~~朱印船貿易と東南アジアの日本人4111 views
二度目のペリー来航が、約束していた時期より随分早まった経緯109 views
秀吉が朱印船貿易を開始する前後のフィリピン~~朱印船貿易と東南アジアの日本人2105 views
最初のキリシタン大名となった大村純忠は洗礼を受けた時に司祭と何を約束したか103 views
興福寺は廃寺となり、五重塔は売りに出された~~興福寺1101 views
文禄の役で明国との講和交渉を大失敗に導いた小西行長~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む3100 views
「西の日光」と呼ばれていた奈良の大寺が明治初期に破壊されたこと~~内山永久寺の廃仏毀釈94 views
鹿児島県・宮崎県の寺に、国宝・重要文化財がほとんどないのはなぜか~~鹿児島藩192 views
日米和親条約の締結とその和文・英文の重大な相違点89 views
秀吉の紀州攻めで多くの寺社が焼かれた理由~~紀州攻め188 views
GHQは日本人にどのような歴史を封印しようとしたのか84 views
文明開化と廃仏毀釈83 views

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより販売しています。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史逍遥『しばやんの日々』

コメント

  1. 凄いですね。愕きました。
    ブログだと動画も添付出来るし、擬似観光巡りと知見増進になります。
    国内旅行記みたいです。

    絵文字を判断するプロセスを入れたのは、それだけ妨害あるということかな

    • 西村様、コメントいただきありがとうございます。
      昔は紙の本に優る物はないと考えていましたが、今はブログの方がより多くの情報をコンパクトに伝えることができると考えるようになりました。動画だけだと、詳しい情報を伝えることは難しいですね。
      絵文字を入れるのは、ほとんどのブログでスパム対策として取り入れていると思います。