GHQは満州事変について何を隠そうとしたのか~~桜井忠温 著『常勝陸軍』

GHQ焚書

 桜井忠温 (さくらい ただよし)は日露戦争に出征し、乃木将軍配下で旅順攻囲戦で右手首を吹き飛ばされる重傷を受け、帰還後療養生活中に執筆した日露戦争の実戦記録『肉弾』は15ヶ国に翻訳される大ベストセラーとなった。彼はその後陸軍省新聞班長を務め、陸軍少将となっている。昭和五年(1930年)に退役後は、作家として多くの作品を残したが、『肉弾』のほか十三点が戦後GHQによって没収廃棄され、戦後の日本人に読まれないようにされてしまった。今回はGHQ焚書の作品リストから、桜井忠温が七十年間の帝国陸軍の歴史を綴った『常勝陸軍』の一節を紹介することとしたい。

桜井忠温

 満州事変はいつかは起こるべき運命の下にあったが、昭和六年(1931年)九月十八日、柳条溝の満鉄線路破壊を機として爆発したのである。

 朝鮮人圧迫の例は限りがなく、六年七月二日には萬宝山事件*があり、また各地に於ける鮮人追放事件に至っては、数えるにいとまがない

 全満州の排日悔日は、日に月にますます加わった。満鉄租界回収、不平等条約撤廃、打倒日本を絶叫し、日本新聞の購読禁止や、日貨排斥に全力を傾倒していた

 わが国が支那に抗議したもののみでも、五百余件に上っていたが、一つとして解決されたものはなかった。

 六年六月二十七日、中村大尉は案内として同行した元騎兵曹長井杉延太郎とともに、民安鎮(ミンアンチン)という部落で、同地駐在の支那官兵のために虐殺された。支那側は極力事実を否認し、虐殺者は支那官兵でなく、土賊の所為であるといってあくまで責任を回避し、大正十四年の難波軍曹虐殺事件、昭和三年の若杉中尉虐殺事件同様、交渉を遷延せしめて事件をうやむやに葬ろうとした。

 わが国外交の「穏健」なのを「怯懦」と誤認した支那は「日本既に衰えたり」の感を抱くようになった。支那官民が排日手段に組織的暴力行為を発揮するようになったのは、こうした観念によって生まれている。

 九月十八日、午後十時、支那兵によって満鉄線の爆破が行われた

 平時のわが駐満舞台は、派遣師団と満州独立守備隊六個大隊、旅順重砲兵大隊、総員約一万四百であったが、朝鮮師団の約一旅団余が満州に派遣された。事変発生直後の皇軍総兵力は約一万三千名余であった。

 奉天軍兵力は、正規軍二十五万で、事変の発生前から張学良は約十一万余の兵力を北平・天津付近に移し自身は北平にあった。

 事変発生数時間後の十九日午前三時、我が軍は早くも奉天城門を陥れ、関東軍司令部は旅順より奉天に移った。北大営は午前一時二十五分完全に占領した。

 十九日午前四時四十分、寛城子を占領し、また南嶺の支那兵営を占領した。この日午前九時半、朝鮮第二十師団の主力は龍山を出発し、満州に向かった。

 平壌飛行第六連隊の飛行機は、続々奉天その他の地に向かって出動した。

 二十一日、吉林軍主力の武装を解除した。なおこの日午前我が軍はを占領した。

 二十五日洮南(トウナン)を占拠した。

 我が軍軍事行動の一段落を見るとともに、本庄関東軍司令官は十月四日、左の如き声明を発して爾後の態度を表明した。

 「北大営駐屯歩兵第七旅は、旅長王以哲の率いる張学良直系軍中の最精鋭部隊としての威名東西に振いたり。然るに一度暴挙を敢えてし、我が軍の膺懲するところとなるや、敗退の各兵は逐次所在に集結し、声威の回復に努めるとともに、到るところ集団して暴戻をほしいままにし、婦女を辱かしめ、金品を略奪し、就中(なかんずく)我が同胞たる朝鮮人を虐殺するもの続出し、殊に大甸子(ダイテンシ)の如きは、その凶手に倒れたるもの百余名を下らず。我が軍討伐に出動すれば忽ち白旗を掲げ、軍使を差遣して降伏を装う。精鋭無比をもって任ずる第七旅にしてなおかつ鬼畜も敢えてせざる蛮行を行う。いわんや他の素質劣悪なる軍隊が、敗残の後賊徒と化し、秩序を破壊せる如きは毫末も怪しむに足らず。(中略)彼らの徒輩を部下とする旧東三省政府に対し、同等の地位に立脚して国際正義を論じ得べきや。云々。」

*萬宝山事件:1931年、長春北西の萬宝山で入植中の朝鮮人が現地中国人と小競り合いから、日本警察と中国農民が衝突した事件。この事件を機に朝鮮半島で中国人排斥運動が起こり多くの死傷者が出た。

(桜井忠温 著『常勝陸軍』新日本社 昭和9年刊 p.317~320)
常勝陸軍 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 満州事変の発端となった柳条溝事件は、当時の日本側の記録では満鉄線路を爆破したのは支那兵であったと明記されており、その後日本軍が中国軍から攻撃を受けたことが書かれているのだが、その点については中国側も反論しておらず、東京裁判でも問題にされなかった

 この説が覆って関東軍が満鉄線路を爆破したことになったのは、昭和30年に発行された雑誌『別冊 知性』の12月号に、元関東軍参謀の花谷正の名前で「満州事変はこうして計画された」という記事が掲載されたことによるのだが、次のURL(「満州事変」に関する資料集(1) )にこの記事の全文が掲載されているので、興味のある方はご確認願いたい。

「満州事変」に関する資料集(1)

 実はこの文章は関東軍参謀の花谷正本人が書いたものではなく、当時23歳の東大生であった秦郁彦が花谷に取材し、自分の名前を伏して花谷正の手記として発表されたものだという。そして関東軍が爆破したとする根拠資料はこの文章しか存在しないのだが、秦郁彦が花谷という人物に取材した内容を忠実に書き起こしたものであるのかどうかは確かめようがない。また、この文章が発表された時には、関東軍の指導者であった板垣征四郎や石原莞爾らは物故していたので、その裏付けも取れていないのだ。

 調べれば、この花谷という人物は相当評判が悪い人物であったことが分かるのだが、そもそも、部下から軽蔑されていたという花谷の手記だとする雑誌の記事をそのまま鵜呑みにしてよいのだろうか。内容の正しさを裏付ける根拠がないにも関わらず、戦後の教科書などでは当時の記録がすべて無視されて関東軍の自作自演説が採用されているのはおかしなことである。しかも、柳条溝事件の以前から、日本人や朝鮮人が何人も虐殺されたりひどい目に遭ってきた話がすべてカットされているのである。

 この問題については、以前当時の新聞記事などを調べて旧ブログで記事を書いたので、興味のある方は覗いていただくとありがたい。

関東軍が「暴走」したと描かれる背景を考える
前回の記事で、ソ連の赤化工作がかなりわが国の軍部に浸透していたいたことを書いた。昭和3年(1928)の張作霖爆殺事件は、わが国の教科書などでは関東軍の河本大作が計画を立案した主謀者であることが記されているのだが、現場の写真を見ても河本大佐らが爆薬を仕掛けたとする京奉線の線路には爆発した形跡はなく、特別列車の台車部分は原...

 桜井忠温の著作については、数年前に『肉弾』が中公文庫で復刊され、『肉弾』と『銃後』がKindleで電子書籍化されていている。

 以下のリストはGHQ焚書のリストの中から桜井忠温の著作を集めたものであるが、14点中11点が「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている。

タイトル著者出版社国会図書館デジタルコレクションURL出版年備考(復刊情報など)
北を征く桜井忠温 朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1029130昭和10 
子供のための戦争の話桜井忠温 一元社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1464871昭和8 
銃剣は耕す桜井忠温 新潮社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1258865昭和7 
銃後桜井忠温 春陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1110557昭和7Kindle版あり
常勝陸軍桜井忠温 新日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1443092昭和9 
昭和十七年軍隊日記桜井忠温 春秋社松柏館   
新戦場桜井忠温 春秋社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1220820昭和13 
征人桜井忠温主婦の友社   
孫子桜井忠温 成光館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1456921昭和16 
大乃木桜井忠温 潮文閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1057903昭和18 
戦はこれからだ桜井忠温 新潮社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1214753昭和8 
戦ふ国 戦ふ人桜井忠温偕成社   
肉弾桜井忠温 ・画英文新誌社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/904708明治392016中公文庫、Kindle版あり
乃木大将桜井忠温 偕成社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1719069昭和18 
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】

【人気記事ランキング50 最近90日間】

ネットで読める都道府県史、主要市史3913 views
廃仏毀釈で寺宝を奪い取り、売却して私腹を肥やした県令がいた459 views
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)391 views
東大寺の廃仏毀釈・神仏分離の危機と倒壊の危険があった大仏殿383 views
東本願寺がなぜ北海道開拓にかかわることになったのか319 views
新政府の仇敵である徳川家の聖地・日光東照宮が残された経緯304 views
わが国が中国やインドのようにアヘンに毒されなかったのはなぜなのか292 views
法隆寺における廃仏毀釈・神仏分離の危機292 views
神仏分離令のあと徹底的に破壊された鶴岡八幡宮285 views
文明開化と廃仏毀釈281 views
薩長を支援したイギリスと、幕府に接近し助言し続けたフランス270 views
外国人襲撃事件が頻発する中で起きた生麦事件と英国人らの反応264 views
イタリアはなぜ英米と戦ったのか~~GHQが焚書にしたイタリア関連書籍260 views
祇園感神院(八坂神社)の神仏分離と祇園祭への影響258 views
A級戦犯の大川周明はペリーの来航をどう書いているのか~GHQ焚書『英米東亞侵略史』254 views
GHQが焚書処分した「地政学」の本に何が書かれているか~~小牧實繁『地政学上より見たる大東亜』253 views
神仏分離令のあと金毘羅大権現の仏像・仏具が徹底的に破壊された経緯253 views
英国が中国に排日運動を焚きつけ、国際連盟を利用し我が国の孤立化を図った事情~~GHQ焚書・石丸藤太『大英国民に与う』251 views
GHQに焚書処分された満州関連書籍に何が書かれているのか~~長与善郎著『少年満州読本』245 views
GHQは満州事変について何を隠そうとしたのか~~桜井忠温 著『常勝陸軍』244 views
北野天満宮の神仏分離と、菅原道真の御神体として祀られてきた仏舎利の行方244 views
ネットで読める偉人伝239 views
「毎日新聞」の京都版に『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』の書評が載りました237 views
石清水八幡宮の廃仏毀釈と本尊・薬師如来の行方236 views
信長が最後にイエズス会と敵対する行動を取ったのはなぜか233 views
倭寇はなぜ元寇のあとから頻発するようになったのか~~倭寇1232 views
GHQに焚書処分された米国留学経験のある新聞記者の本~~棟尾松治『アメリカの実力』231 views
伊勢神宮神領地域の廃仏毀釈と、長期間の遷宮の中断に終止符を打った慶光院229 views
一度神社にされたのち寺院に戻った吉野金峯山寺226 views
明治新政府の役人に社殿焼き払いを命じられた厳島神社222 views
台湾を占領したオランダと戦った日本商人・浜田弥兵衛217 views
GHQが最初に没収を命じた10点の書籍~~大東亜戦争調査会編『米英挑戦の真相』213 views
秀吉の伴天連追放令と朝鮮出兵の背景を考える~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む1212 views
GHQが焚書処分した陸軍関係書籍~~『われ等の日本陸軍』、『支那陸軍改造論』211 views
GHQ焚書・長野朗著『民族戦』に描かれた、漢人の侵略の仕方205 views
GHQが焚書処分したナチスやドイツ関係書籍~~『ナチスの放送戦争』『総力戦と宣伝戦 : ナチス思想謀略の研究』204 views
ネットで楽しめる江戸時代の名所図会、地誌など203 views
明治二年に談山神社になった多武峰妙楽寺202 views
比叡山門前町として栄えた坂本と穴太衆201 views
竹生島で強行された神仏分離と宝厳寺に残された本尊の弁財天像191 views
オランダの三百年にわたる植民地統治手法~~GHQに焚書処分された『蘭印現状読本』『蘭印の設営』191 views
水戸藩の徳川光圀と徳川斉昭による廃仏毀釈とその目的190 views
高野山は戦国時代の危機を如何に乗り越えたか189 views
わが国が宣伝戦・情報戦に弱いことを指摘した徳富蘇峰~~GHQ焚書『必勝国民読本』184 views
GHQが焚書にしたタイ国や山田長政について書いた書籍~~『タイ国通史』『泰国風物詩』178 views
孝明天皇は病死したのか、あるいは毒殺されたのか171 views
すべての寺院を破壊した鹿児島藩の廃仏毀釈~~鹿児島藩2167 views
GHQに焚書処分された国防関係書籍~『帝国国防の危機』『非常時と日本の国防』164 views
フィリピンの日本人町はどういう経緯でつくられたのか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人3164 views
高橋亀吉著『戦時経済講話』を読む~~GHQに焚書処分された経済関連書籍163 views

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより購入できます。

またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史逍遥『しばやんの日々』

コメント