ポーツマス会議全権随員・本多熊太郎の「講和外交秘話」を読む~~日露戦争に関するGHQ焚書2

GHQ焚書

日露戦争に関するGHQ焚書リストの中に、時事新報社 編『日露戦争を語る. 外交・財政の巻』(昭和10年刊)という本がある。日露戦争の重要な交渉や会議などに関わった人物が、当時のことを回想して記した文章をまとめた本なのだが、簡単に目次と筆者の当時の経歴を列記すると
「戦前外交」・・・栗野慎一郎(当時駐ロシア公使)
「三十年前の非常時財政」・・・阪谷芳郎(当時大蔵次官)
「募債苦心談」・・・深井英五(当時日本銀行秘書役)
「ロシアの背後より戦争を見る」・・・秋月左都夫(当時スウェーデン公使)
「講和外交秘話」・・・本多熊太郎(当時講和会議全権随員)
「ロシアから日本を観る」・・・ローゼン(当時ロシア駐日公使、後ポーツマス会議全権)
で、いずれも興味深い話ばかりである。

 先日「歴史ノート」でポーツマス講和会議のことを書いたので、今回は本多熊太郎の「講和外交秘話」の一部を紹介させて頂く。

ポーツマス講和会議の特異性

本多熊太郎(Wikipediaより)

 冒頭で本多は、ポーツマス講和会議の特異性について触れている。ちなみに、文中の「欧州大戦」とは「第一次世界大戦」、「小村さん」は「小村寿太郎」を意味している。

 ポーツマス講和会議には一つの特異性がある。それは即ち日清戦争や普仏戦争ないし先年の欧州大戦の場合の如く、交戦国の一方が敗戦者たる地位を自認して他の一方、即ち戦勝国に対して和を乞うた結果として開かれた会議ではないことである。
 なるほど開戦以来一年有半を通じ、ロシアは海に陸に連戦連敗で、ただの一回たりとも勝利を獲たことがないのではあるが、それにもかかわらず彼はなお戦敗者として講和を求むるを肯(がえん)ぜず、講和会議は第三者たる米国大統領ルーズヴェルト氏の両交戦国に対する勧告によりて開催されたのである。

 こうした事情の下に会議から講和が成立するとせば、それは所謂(いわゆる)ピース・バイ・ディクテーション(戦勝国側より指名の条件による和約)でなくして、ピース・バイ・ネゴシエーション(商議による講和)であらねばならぬことは当然の数である。これがポーツマス会議の特異性としてまず頭にいれておくべきことである。しかも、このルーズヴェルト大統領の勧告は大統領自身の発動には相違ないが、大統領のこうした発動は、実は裏面における日本の外交工作がスウィッチをかけた結果であることは、今日ではほとんど周知の事実である。

 かかる事情から生まれた講和談判であるから、所謂商議による講和の特質として日本側の提出した講和条件が、全部ロシア側に容れられるということは本質上望み難いところであった。その結果、結局妥協講和となって条約の成立を見たのはやむを得ぬところである。要は、かくして成立した講和条約によって日本は果たして開戦の目的を貫徹し得たりや否や、戦争目的を構成する重要要求を犠牲にして――幾分たりとも――談判をまとめたのであるか否かの観点から批判さるべきである。この見地からみるとポーツマス条約は完全に近い成功であるということは、当時現場にあって、最も悲憤慷慨した一人である私ですら、今日無条件に認めるところである。

 ・・・中略・・・

 平和条件は講和会議の開催を俟って相手方に示さるべきもので、また戦局の進転とともに変更を見るべきものであるが、そもそも開戦原因となりたる重要問題については (1)韓国の自由処分権 (2)ロシアの満州撤兵 (3)遼東租借およびこれに付随する権利(これは主として東清鉄道南部支線を意味する訳である)の日本への譲渡は戦争の原因に鑑み、また東亜和平の確立のために慮(おもんばか)るにおいて絶対に日本の必要とするところだ、との日本の立場もル氏の諒得を得た。
 奉天の快勝直後を記憶するが、小村さんは更に一歩を進めて、遼東租借地以外の満州に関する日本の態度は「施政の改善および改革の保障の下に、その占領する地域を支那に還付するにありということ」また日本は今日までの戦績に顧み、講和条件の一つとして償金を要求する理由ありと信ずる旨をル氏に通じた。

時事新報社 編『日露戦争を語る. 外交・財政の巻』昭和10年刊 p.84~89

旅順陥落~奉天会戦の頃のロシアと日本の動き

 旅順要塞が陥落し東洋艦隊も全滅して戦争の山は見えていた。この段階でロシアから講和の申し入れがあってもおかしくなかったのだが、逆にロシアは奉天を中心に大軍を集結させていた。しかし奉天の会戦でも大敗して、ロシア国内でも講和すべきとの意見も出たようだ。当時のロシアの内情について、本多はこう述べている。

 当時のロシアの内情は小村さんがその頃の閣議に提出された意見書にあるように、
「和戦の問題は、武断・文治両派の政権争奪ならびに、段々国内各方面に火の手のあがりつつある国家改革問題とも関連し、事態また複雑を加えつつある。その上に今度の戦争に直接責任を有する一派は勝敗にかかわらず交戦を継続していくよりほかに立場がない境遇に置かれているという始末であって、この連中は日に日に益々激化を加える国内の情勢や世界の世論などには頓着なく、昂然として戦争継続を公言し、欧ロの新鋭部隊をドシドシ満州に増遣しつつあり、一方に於いて久しく仏領マダガスカルに仮泊しておったバルチック艦隊もいよいよ、三月十六日同島を発して東航の途に就いた」

 ロシアの鼻息がこんなに荒く、虎視眈々講和仲介の機会を狙っているルーズヴェルト氏も、チョット手の出しようもないという状況であった。
 実は奉天戦後満州軍総参謀長児玉大将が満州から内密に帰京されて「陸軍はもうやれるだけはやったのだ。今度の大勝利を機会にココイラで戦争終局としたい。何とか講和促進の工作が出来ないのか」ということであったが、今言ったような情勢で何分その機が熟せず、そこで四月八日の閣議で「帝国としては戦争はマダ長引くものと覚悟し、これに応じ持久の策を講ずるの外はない。ついては (一)作戦に於いては我が既得の地位を據守し、なお事情の許す限り一層優勝の地歩を占めるに努めると同時に (二)外交に於いては事情の許す限り迅速かつ満足に平和克服を図るべく適当の手段を講ずべし」と廟議一決した。これは小村さんから提出の意見書通りに決まったものである。

同上書 p.90~91

 ロシアは奉天会戦で大敗しても講和しようとはせず、バルチック艦隊の東航を継続させた。そして日本海海戦で大敗した。ルーズヴェルト米大統領が動いて日露両国に講和を勧告し、両国ともそれを応諾したのだが、ロシアとの交渉はかなり厳しいものであった。

強気の交渉で押し通したロシア

 ルーズヴェルト米大統領が動いて日露両国に講和を勧告し、両国ともそれを応諾した。六月三十日に桂内閣は閣議に於いて、講和会議で交渉項目の優先順位を明確に決めている。すなわち、
甲種:絶対に譲れないこととして
 (1)韓国を日本の自由処分にゆだねること
 (2)日露両軍の満州撤兵
 (3)遼東半島租借権とハルピン・旅順間の鉄道の譲渡
乙種:交渉の余地のあるものとして
 (1)軍費の賠償
 (2)中立港に逃げ込んだロシア艦艇の引き渡し
 (3)樺太および付属諸島の割譲
 (4)沿海州沿岸の漁業権獲得 を決定し、小村・高平両全権に対し伝えていた。
 しかしながら、ロシアとの交渉は想像以上に厳しいものであり、乙種については(4)を除いてすべてを拒絶されている。(1)(3)の問題に関するウィッテの主張は以下のようなものであった。

セルゲイ・ウィッテ

 ロシアは今日まで戦運には恵まれておらないが、さりとて所謂(いわゆる)城下の盟を余儀なくせらるるが如き立場にあらず。なるほど今までの戦歴ではロシアは如何ながら連戦連敗と言えよう。しかしロシアは未だ敗戦国ではない。いわんや断じて被征服国ではない。優に戦争継続の能力を具(そな)えている。万一沿海州、黒龍州の二州が今後日本軍に占領されるようなことがあっても、ロシアの国運――国としての活力には寸毫の損傷も受けない。償金割地というが如き屈辱的条件を以て平和を買うことは日本軍がモスクワまで来たりたるとき、初めて問題となりうるのである。
 今までロシアに武運がなかったのは事実であるが、今後も戦運に恵まれないとは断言できない。サガレン(樺太)については漁業その他商業的企業の・・・権利を、日本に向かって承認することには異存がないが、領土権の割譲は同意できない。もしそれ償金――日本の提案には戦費賠償とあるもそれは用語の問題で、賠償即ち償金である――に至ってはクリミヤ戦争の場合でさえ戦勝国たる英仏側では問題としなかったではないか。平和回復に心からの熱意を有する自分でさえ、日本に償金を払うくらいなら、むしろその金を使って戦争を継続した方がよいと思う。

同上書 p.123~124
小村寿太郎

 この様な強気のスタンスで三日間粘られて、小村は私案として樺太北半分をロシアに戻すので、その代償としてロシアが一定額を支払うことを提案しそれぞれ本国に打診したのだが、わが国は了解したものの、ロシア皇帝の回答は相変わらず「一インチの地も、一ルーブルの金も日本に与うべからず。何ものも朕をしてこれより一歩をだに譲らしめ得ない」であった小村はこの回答で、談判の打ち切りを決意したが、日本政府がそれを許さなかったのである。日本政府からの返電にはこう記されていた。

 開戦の目的たる満韓関係の重要問題が既に満足に解決し得られた以上、よしんば軍費および割地の二大要求を不幸にして放棄するのやむなきに至るも、なおこの際講和の成立を期することは、軍事上および財政上の事情に於いて絶対の急務なりと認め、即ち此の機会を逸せず、是非講和を成立せしむべし

同上書 p.218

 全権メンバーも、わが国の新聞記者団もポーツマスを引き揚げるべく用意を整えていたのだが、全権団事務所にこの電報が届いた時、現場に居合わせた時事新報の特派員は本多の面前で声を出して泣いたという。他の新聞記者たちも同様の思いであった。
 本多は、小村に政府の電報を届けに行ったが、小村は「長椅子に仰臥し沈思に耽っておられたが、珍しくも、そうした姿勢のままで受取」り、「黙然としてサインし、黙然として返され」、五分もしないうちに翌日の談判に臨む準備に取り掛かったと記されている。本多の話はまだまだ続くのだが、興味のある方は、是非リンクの続きを読んで頂きたい。

本多熊太郎の著書

 本多熊太郎は明治七年(1874年)に和歌山県で生まれ、明治二十七年に東京法学院(現中央大学)在学中に外務省書記生試験に合格し外務省に入省した。明治三十四年(1901年)に小村寿太郎外相の秘書官となり、ポーツマス講和会議に随行した。その後外務省文書課長、ハルビン総領事、英大使館参事官を歴任し、大正七年(1918年)にスイス公使、大正十年(1921年)にオーストリア公使、大正十三年(1924年)からドイツ大使を務め、大正十五年(1926年)に退官後は外交評論家として活躍し、幣原軟弱外交を非難したことで知られている。
 その後、昭和15年(1940年)松岡外相に再起用され、中国大使として赴任し汪兆銘政権との交渉にあたるが、翌年に病気が悪化して帰国した。また昭和19年(1944年)には東条内閣の外交顧問に就任している。
 戦後GHQは本多を逮捕するよう命令し、A級戦犯として巣鴨刑務所に収監されたが、その後病気により釈放され、昭和二十三年(1948年)に没している。

 本多の著書(単行本)は16点が国立国会図書館の蔵書となっているが、そのうち4点がGHQにより焚書指定を受けている。

タイトル
*太字はGHQ焚書
著者出版社国会図書館デジタルコレクションURL出版
*欧洲情勢と支那事変本多熊太郎千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1261509昭和14
軍縮会議日本本多熊太郎外交時報https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453915昭和5
*国際連盟軍縮本会議日本本多熊太郎外交時報https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1464688昭和6
国難直面して本多熊太郎愛国社村塾https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271078昭和7
*支那事変から大東亜戦争へ本多熊太郎千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439017昭和17
人物問題本多熊太郎千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453911昭和14
世界新秩序日本本多熊太郎東亜聯盟https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438216昭和15
世界きと日本立場本多熊太郎千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1447746昭和6
先人本多熊太郎千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453969昭和14
大戦世界本多熊太郎教化団体聯合会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/919635大正15
魂の外交 : 日露戦争に於ける小村侯 本多熊太郎千倉書房国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和13
日支事変外交観 本多熊太郎千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463459昭和13
日本は何故聯盟脱退を必要としたか 本多熊太郎中央満蒙協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1466409昭和8
*米国の脱帽 : 米国側の倫敦会議解説本多熊太郎天人社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1452542昭和5
明年の海軍々縮会議に就いて 本多熊太郎外交時報https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1455726昭和9
聯盟絶縁を前にして本多熊太郎外交時報https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453009昭和8
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。長い間在庫を切らして皆様にご迷惑をおかけしましたが、このたび増刷が完了しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能ですし、ネットでも購入ができます(\1,650)。
電子書籍はKindle、楽天Koboより購入が可能です(\1155)。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことができます。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書175 対外関係史81 地方史62 ロシア・ソ連40 イギリス37 神社仏閣庭園旧跡巡り34 日露戦争32 著者別31 軍事31 政治史29 京都府28 神仏分離27 廃仏毀釈26 外交史25 共産主義24 欧米の植民地統治24 対外戦争22 中国・支那21 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 菊池寛19 アメリカ19 反日・排日18 ユダヤ人17 豊臣秀吉16 一揆・暴動・内乱16 ハリー・パークス16 テロ・暗殺16 満州15 GHQ焚書・50音別リスト15 神戸大学 新聞記事文庫14 情報戦・宣伝戦14 朝鮮半島14 支那事変13 コミンテルン・第三インターナショナル13 海軍13 西郷隆盛12 アーネスト・サトウ11 紅葉11 陸軍11 東南アジア11 ルイス・フロイス11 大阪府10 戦争文化叢書10 徳川慶喜10 倭寇・八幡船10 不平士族10 和歌山県9 奈良県9 寺社破壊9 奴隷9 フランス9 イエズス会9 ペリー9 伊藤痴遊9 岩倉具視9 A級戦犯8 オランダ8 神仏習合7 神社合祀7 ナチス7 徳川斉昭7 ドイツ7 ジョン・ラッセル7 小村寿太郎7 修験7 インド7 自然災害史6 ロッシュ6 木戸孝允6 ジェイコブ・シフ6 兵庫開港6 飢饉・食糧問題6 永松浅造6 文化史6 大久保利通6 大東亜戦争6 ロシア革命5 人種問題5 児玉源太郎5 山縣有朋5 奇兵隊5 関東大震災5 高須芳次郎5 大隈重信5 金子堅太郎5 アヘン5 分割統治・分断工作5 滋賀県5 紀州攻め5 伊藤博文5 ジョン・ニール5 隠れキリシタン5 財政・経済5 ウィッテ5 情報収集5 南方熊楠4 堀田正睦4 石川県4 平田東助4 兵庫県4 高山右近4 乃木希典4 フィリピン4 小西行長4 井伊直弼4 山県信教4 東郷平八郎4 スペイン4 国際連盟4 孝明天皇4 旧会津藩士4 西南戦争4 井上馨4 ナチス叢書4 武藤貞一4 東京奠都4 阿部正弘4 水戸藩4 フランシスコ・ザビエル4 日本人町4 和宮降嫁3 朱印船貿易3 文禄・慶長の役3 安政五カ国条約3 義和団の乱3 満州事変3 廃藩置県33 明石元二郎3 静岡県3 北海道開拓3 伴天連追放令33 下関戦争3 柴五郎3 台湾3 薩摩藩3 レーニン3 高橋是清3 三国干渉3 日独伊三国同盟3 タウンゼント・ハリス3 松岡洋右3 中井権次一統3 織田信長3 フビライ3 長野朗3 日清戦争33 福永恭助3 福井県3 徳川家臣団3 藤木久志3 薩英戦争3 山田長政3 シュペーラー極小期3 ガスパル・コエリョ3 プチャーチン3 竹崎季長3 王直3 桜井忠温3 鹿児島県3 勝海舟3 日米和親条約3 スパイ・防諜3 士族の没落3 菅原道真3 津波3 生麦事件3 平田篤胤3 川路聖謨3 大江卓2 山本権兵衛2 領土問題2 南朝2 文明開化2 南京大虐殺?2 安政の大獄2 尾崎秀實2 沖縄2 応仁の乱2 大友宗麟2 水野正次2 大火災2 福沢諭吉2 坂本龍馬2 野依秀市2 伊勢神宮2 大政奉還2 富山県2 ラス・ビハリ・ボース2 足利義満2 高知県2 徳富蘇峰2 火野葦平2 江藤新平2 越前護法大一揆2 水戸学2 安藤信正2 オルガンティノ2 三重県2 オレンジ計画2 プレス・コード2 仲小路彰2 王政復古の大号令2 文永の役2 ハリマン2 足利義政2 島津貴久2 弘安の役2 吉田松陰2 徳島県2 武田信玄2 大川周明2 オールコック2 懐良親王2 北条時宗2 明治六年政変2 淡路島2 板垣退助2 鳥取県2 豊臣秀次2 日光東照宮2 島根県2 島津久光2 土一揆2 下剋上2 神道2 大内義隆1 神奈川県1 桜田門外の変1 後藤象二郎1 前原一誠1 スターリン1 東京1 徳川家光1 第二次世界大戦1 尾崎行雄1 財政・経済史1 熊本県1 徴兵制1 伊藤若冲1 北条氏康1 広島県1 フェロノサ1 大倉喜八郎1 大村益次郎1 足利義持1 ハワイ1 武藤山治1 シーボルト11 浜田弥兵衛1 五箇条の御誓文1 愛知県1 鎖国1 徳川昭武1 鉄砲伝来1 大村純忠1 藤原鎌足1 山中峯太郎1 重野安繹1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 加藤清正1 北条早雲1 日野富子1 督戦隊1 スポーツ1 版籍奉還1 長崎県1 あじさい1 穴太衆1 徳川家康1 岐阜県1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 宮武外骨1 陸奥宗光1 佐賀県1 科学・技術1 福岡県1 今井信郎1 士族授産1 宮崎県1 上杉謙信1