GHQが焚書処分した実業家・経済人の著書~~小林一三『戦後はどうなるか』

GHQ焚書

 GHQが没収廃棄した書籍には実業家・経済人の著作も少なからずある。企業経営者は、時代の流れを読み誤ると事業にも大きく影響することになるので、名経営者と呼ばれる人物は当時の論調などに惑わされることなく、しっかりと世界や経済の動きを捉えており、現在の日本人にとって当時の情勢をわかりやすく伝えている著作を残している。

小林一三(Wikipediaより)

 小林一三といえば、阪急東宝グループの創業者であり東京電燈、日本軽金属の経営にも参画した財界の重鎮で、後に政界に進出して第二次近衛内閣の商工大臣を務めた人物である。いくつかの著作があるが、その中で昭和十三年に上梓した『戦後はどうなるか』がGHQによって焚書処分されている。今回は、この一部を紹介させていただきたい。

 小林一三がこの本を上梓した昭和十三年は、日中戦争(支那事変)の長期化を予想し、わが国のすべての人的・物的資源を政府が統制運用できるよう国家総動員法が制定された年である。しかしながら二年後の昭和十五年は、紀元二千六百年という記念すべき年だということで、東京オリンピックと札幌冬季オリンピック、さらに東京で日本万国博覧会が開催される予定であり、これらの行事は予定通り行うという姿勢であった。のちにオリンピックと万博は中止されることになったのだが、なぜ日中戦争が長引いたかについて、小林はこう述べている。

 昭和十二年七月七日、盧溝橋事件に突発したる北支事変は、不拡大主義の声明も一片の反故となって、長期抗戦、陸海軍の進軍ラッパは、漢口陥落を目標として、いまや、敵の咽喉に迫らんとしている。この間まさに一ヶ年、連戦連敗の蒋政権をして、なお、意地強く対抗しつつある理由はどこにあるか。それは、英米ソ仏など諸外国の援助とその支持によるからである。然らば、何ゆえにこれらの諸外国は、まさに没落せんとする蒋政権を援助するのであるか。それはわが国の財政を悲観したからである。諸外国は何ゆえにわが国の財政を悲観するのであるか。わが国に対する皮相の見解と、誤られたる観察によって「日本は戦争には必ず勝つ。しかし、勝つまでに、日本の財政は、果たしてうまくやっていけるのだろうか。日本の政局は、紛擾なしに挙国一致、革新政策を遂行し得るだろうか。この戦局が長引けば長引くほど、日本は苦境に立つものである。日本をして苦境に立たしむることは、支那に重大なる利害関係を持つ、我ら第三国の利益である」という結論は、諸外国をして蒋政権を、あらゆる手段によって援助せしめる所以である。即ち、一部論者の主張しつつある革新政策なるものと、賀屋、吉野両氏の実行せる財政産業政策なるものが、ただに国民をして不安ならしむるのみならず、外国をしてその鼎の軽重を問わしめるに至ったのである。

 しかしながら、それは過去の陰影であって、五月下旬、近衛首相が断行したる内閣改造によって、宇垣、池田、板垣、荒木の四大臣が任命され、国家総動員決行の前奏曲として、物資需給動員計画を発表し、ここに国防の安固と、国民経済の維持を図るため、輸出の振興、生産の増加、消費の統制に関する政策の徹底的強化に着手することになったのであるが、およそ、この種の計画なるものは、実は、開戦当初において、直にその旗幟を鮮明にし、国民をして一大決心を覚悟せしむべかりしものであったのである。

 しかるに何ぞや、1940年のオリンピック競技は必ず実行する、紀元二千六百年記念としての世界博覧会は必ず開設して見せるというような、この余裕綽々たる態度を世界に売り物として、日支戦争の開幕中においてすらも、わが国の実力は、これを断行しうるのである、と言うが如きジェスチャーを誇りとするに至っては、長期抗戦の国策と、相去ること何ぞ遠きやと言いたいのである。世界の識者は、政府の考えているが如く、しかく簡単に信頼を払わないのである。むしろあまりに民国政府を侮り、鎧袖一觸、早く片付くものと軽視することの危険さを考えて、出来るだけ蒋政権を支援し、日支事変を長引かすことによって、日本を苦しましめ、将来自国の立場を、有利に展開せんと企つること察するに余りありである。…

(小林一三 著『戦後はどうなるか』青年書房 昭和13年刊 p.5~8)
戦後はどうなるか - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 以下のリストはGHQ焚書のリストの中から、実業界で活躍した人物の著書をできるだけ集めたものだが、22名64点の書籍が見つかった。内25点は「国立国会図書館」でネット公開されている。

タイトル著者・編者著者コメント出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
皇国女性 教養講座赤尾好夫 編旺文社・文化放送等創業旺文社
皇国女性教養講座
第4号
赤尾好夫 編旺文社・文化放送等創業旺文社
皇国女性教養講座
第5号
赤尾好夫 編旺文社・文化放送等創業旺文社
国家の危機に際して
青年に愬う
赤尾好夫旺文社・文化放送等創業旺文社
今後日本は何うなるか石原広一郎石原産業創業新日本建設
青年連盟
転換日本の進路石原広一郎石原産業創業三省堂
国家総動員態勢に就て植村甲午郎 石炭統制会理事長経済研究会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1452035昭和13
我国現下の
資源問題と其将来
植村甲午郎
講演
石炭統制会理事長啓明会事務所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1445832昭和13
生産第一主義大河内正敏 理化学研究所所長科学主義工業社
統制経済と経済戦大河内正敏 理化学研究所所長科学主義工業社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1441623昭和15
必勝の増産大河内正敏理化学研究所所長科学主義工業社
持てる国 日本大河内正敏理化学研究所所長科学主義工業社
時局産業経済打開策小野義夫 ラサ工業社長ダイヤモンド社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460961昭和16
世界新秩序を繞る外交鹿島守之助鹿島建設社長巌松堂書店
帝国の外交と大東亜共栄圏鹿島守之助鹿島建設社長翼賛図書刊行会
帝国外交の基本政策鹿島守之助鹿島建設社長巌松堂書店
防共協定とナチス、
ファッショ革命
鹿島守之助鹿島建設社長
巌松堂書店
航空対談菊池寛 文芸春秋社創設文芸春秋社
世界大戦物語菊池寛 文芸春秋社創設新日本社
大衆明治史. 下巻菊池寛 文芸春秋社創設汎洋社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041878昭和16
二千六百年史抄菊池寛 文芸春秋社創設同盟通信社
日清日露戦争物語 :
附・アジアの盟主日本
菊池寛文芸春秋社創設新日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1718008昭和12
日本英雄伝. 第4巻 
さ~き
菊池寛 監修文芸春秋社創設非凡閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1222327昭和11
明治海将伝菊池寛 文芸春秋社創設万里閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463799昭和15
皇道経済論久原房之助 久原財閥総帥千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1025410昭和8
国民を基礎とする
政治機構改革に関する私見
久原房之助 久原財閥総帥中野豊治https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1097155昭和14
時局の線に立ちて栗本勇之助栗本鉄工所創業者日本評論社
東の日本・西の独逸伍堂卓雄 昭和製鋼所設立金星堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268393昭和13
盟邦独逸に使して :
ヒトライズムの成果を語る
伍堂卓雄 述昭和製鋼所設立横浜貿易協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1270555昭和13
戦後はどうなるか小林一三 阪急・東宝グループ創業青年書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1256050昭和13
急降下以後の空軍佐藤喜一郎帝国銀行頭取ダイヤモンド社
街の浮標佐藤喜一郎帝国銀行頭取先生書房
落下傘部隊佐藤喜一郎帝国銀行頭取同盟通信社
陸海軍航空秘録
危機に生きる
佐藤喜一郎帝国銀行頭取凡人社
支那及満州佐藤義亮 編新潮社創立者新潮社
日本精神講座 第1巻佐藤義亮 編新潮社創立者新潮社
日本精神講座 第2巻佐藤義亮 編新潮社創立者新潮社
日本精神講座 第3巻佐藤義亮 編新潮社創立者新潮社
日本精神講座 第4巻佐藤義亮 編新潮社創立者新潮社
日本精神講座 第5巻佐藤義亮 編新潮社創立者新潮社
日本精神講座 第6巻佐藤義亮 編新潮社創立者新潮社
日本精神講座 第7巻佐藤義亮 編新潮社創立者新潮社
日本精神講座 第8巻佐藤義亮 編新潮社創立者新潮社
日本精神講座 第9巻佐藤義亮 編新潮社創立者新潮社
日本精神講座 第10巻佐藤義亮 編新潮社創立者新潮社
皇室中心主義津村重舎津村順天堂創業政治経済時論社
皇室中心主義 第二編津村重舎津村順天堂創業時潮社出版部
修養全集日本の誇12野間清治編大日本雄弁会
講談社創業者
大日本雄弁会
講談社
武道宝鑒野間清治 編大日本雄弁会
講談社創業者
大日本雄弁会
講談社
西洋文明の没落
東洋文明の勃興
福沢桃介 大同電力初代社長ダイヤモンド社出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130737昭和7
蘭領ニューギニア買収案松江春次 南洋興発創業者松江春次https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1711880昭和9
興亜の大業松岡洋右 満鉄総裁第一公論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267210昭和16
政党を脱退して
日本国民に訴ふ
松岡洋右 [述]満鉄総裁大阪毎日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1448607昭和9
青年よ起て :
世界変局と大和民族の使命
松岡洋右 満鉄総裁日本思想研究会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1447743昭和8
東亜全局の動揺
我が国是と日支露の関係
・満蒙の現状
松岡洋右 満鉄総裁先進社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1466075昭和6
日独防共協定の意義松岡洋右 満鉄総裁第一出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453652昭和12
非常時とは何ぞや松岡洋右満鉄総裁政党解消連盟
非常時に際して
全國民に訴ふ
松岡洋右 述満鉄総裁又新社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1080101昭和9
満鉄を語る松岡洋右 満鉄総裁第一出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1257839昭和12
戦時特輯独逸大観光永星郎 編電通の創業者日本電報通信社
捨身主義森 矗昶森コンツェルン創設金星堂
戦時青年の進路山田忍三 白木屋社長清水書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1039834昭和18
吾等の戦ひ山田忍三 白木屋社長博文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1053845昭和15
世界経済の動向と
金本位制の将来
山室宗文三菱信託社長改造社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1279141昭和8
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより販売しています。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書175 対外関係史81 地方史62 ロシア・ソ連40 イギリス37 神社仏閣庭園旧跡巡り34 日露戦争32 著者別31 軍事31 政治史29 京都府28 神仏分離27 廃仏毀釈26 外交史25 共産主義24 欧米の植民地統治24 対外戦争22 中国・支那21 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 菊池寛19 アメリカ19 反日・排日18 ユダヤ人17 豊臣秀吉16 一揆・暴動・内乱16 ハリー・パークス16 テロ・暗殺16 満州15 GHQ焚書・50音別リスト15 神戸大学 新聞記事文庫14 情報戦・宣伝戦14 朝鮮半島14 支那事変13 コミンテルン・第三インターナショナル13 海軍13 西郷隆盛12 アーネスト・サトウ11 紅葉11 陸軍11 東南アジア11 ルイス・フロイス11 大阪府10 戦争文化叢書10 徳川慶喜10 倭寇・八幡船10 不平士族10 和歌山県9 奈良県9 寺社破壊9 奴隷9 フランス9 イエズス会9 ペリー9 伊藤痴遊9 岩倉具視9 A級戦犯8 オランダ8 神仏習合7 神社合祀7 ナチス7 徳川斉昭7 ドイツ7 ジョン・ラッセル7 小村寿太郎7 修験7 インド7 自然災害史6 ロッシュ6 木戸孝允6 ジェイコブ・シフ6 兵庫開港6 飢饉・食糧問題6 永松浅造6 文化史6 大久保利通6 大東亜戦争6 ロシア革命5 人種問題5 児玉源太郎5 山縣有朋5 奇兵隊5 関東大震災5 高須芳次郎5 大隈重信5 金子堅太郎5 アヘン5 分割統治・分断工作5 滋賀県5 紀州攻め5 伊藤博文5 ジョン・ニール5 隠れキリシタン5 財政・経済5 ウィッテ5 情報収集5 南方熊楠4 堀田正睦4 石川県4 平田東助4 兵庫県4 高山右近4 乃木希典4 フィリピン4 小西行長4 井伊直弼4 山県信教4 東郷平八郎4 スペイン4 国際連盟4 孝明天皇4 旧会津藩士4 西南戦争4 井上馨4 ナチス叢書4 武藤貞一4 東京奠都4 阿部正弘4 水戸藩4 フランシスコ・ザビエル4 日本人町4 和宮降嫁3 朱印船貿易3 文禄・慶長の役3 安政五カ国条約3 義和団の乱3 満州事変3 廃藩置県33 明石元二郎3 静岡県3 北海道開拓3 伴天連追放令33 下関戦争3 柴五郎3 台湾3 薩摩藩3 レーニン3 高橋是清3 三国干渉3 日独伊三国同盟3 タウンゼント・ハリス3 松岡洋右3 中井権次一統3 織田信長3 フビライ3 長野朗3 日清戦争33 福永恭助3 福井県3 徳川家臣団3 藤木久志3 薩英戦争3 山田長政3 シュペーラー極小期3 ガスパル・コエリョ3 プチャーチン3 竹崎季長3 王直3 桜井忠温3 鹿児島県3 勝海舟3 日米和親条約3 スパイ・防諜3 士族の没落3 菅原道真3 津波3 生麦事件3 平田篤胤3 川路聖謨3 大江卓2 山本権兵衛2 領土問題2 南朝2 文明開化2 南京大虐殺?2 安政の大獄2 尾崎秀實2 沖縄2 応仁の乱2 大友宗麟2 水野正次2 大火災2 福沢諭吉2 坂本龍馬2 野依秀市2 伊勢神宮2 大政奉還2 富山県2 ラス・ビハリ・ボース2 足利義満2 高知県2 徳富蘇峰2 火野葦平2 江藤新平2 越前護法大一揆2 水戸学2 安藤信正2 オルガンティノ2 三重県2 オレンジ計画2 プレス・コード2 仲小路彰2 王政復古の大号令2 文永の役2 ハリマン2 足利義政2 島津貴久2 弘安の役2 吉田松陰2 徳島県2 武田信玄2 大川周明2 オールコック2 懐良親王2 北条時宗2 明治六年政変2 淡路島2 板垣退助2 鳥取県2 豊臣秀次2 日光東照宮2 島根県2 島津久光2 土一揆2 下剋上2 神道2 大内義隆1 神奈川県1 桜田門外の変1 後藤象二郎1 前原一誠1 スターリン1 東京1 徳川家光1 第二次世界大戦1 尾崎行雄1 財政・経済史1 熊本県1 徴兵制1 伊藤若冲1 北条氏康1 広島県1 フェロノサ1 大倉喜八郎1 大村益次郎1 足利義持1 ハワイ1 武藤山治1 シーボルト11 浜田弥兵衛1 五箇条の御誓文1 愛知県1 鎖国1 徳川昭武1 鉄砲伝来1 大村純忠1 藤原鎌足1 山中峯太郎1 重野安繹1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 加藤清正1 北条早雲1 日野富子1 督戦隊1 スポーツ1 版籍奉還1 長崎県1 あじさい1 穴太衆1 徳川家康1 岐阜県1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 宮武外骨1 陸奥宗光1 佐賀県1 科学・技術1 福岡県1 今井信郎1 士族授産1 宮崎県1 上杉謙信1