ロシア・英国の中央アジア侵略を知る~~『アジア侵掠秘史』を読む:その2

GHQ焚書

 前回に引き続き、桑原三郎著『アジア侵掠秘史』(GHQ焚書)のなかから、戦後日本人にあまり知られていない歴史を紹介したい。

 今では世界最大の国土面積をもつロシアだが、そのルーツは、現在のロシア北西部、ウクライナ、ベラルーシにかつて存在した「キエフ公国」という国にある。ところが、この国は一二四〇年にモンゴル帝国の侵攻を受けて滅亡してしまい、その後キプチャク・ハン国の支配下に入ったのだが十五世紀には独立して、十六世紀初めにイワン三世が北東ロシアの統一を完成し、十六世紀半ばにはイワン四世が全ロシアに君臨し、自ら「皇帝」を名乗って、ロシア帝国と呼ばれるようになった。

 ロシア帝国が急激に国土を拡大していったのは、南下政策を推進してアジア諸国を盛んに侵略するようになった一八三〇年代以降のことなのだが、中央アジア、アフガニスタン、イランなどの領土拡大を巡って、何度もイギリスと争っている。この本の目次を読むだけで、ロシアがいかに短期間で領土を拡張して来たかがよくわかるのだが、このような歴史は戦後の日本人にはほとんど知らされてこなかったと言って良い。

西蔵(チベット)周辺地図 同上書p.174

『アジア侵掠秘史』には、ロシアがいかにしてこれらの地域を侵略していったかについて概略が述べられているが、今回は英露のチベット(西蔵)争奪戦が、わが国の歴史と無関係でなかったことが書かれている部分を紹介したい。

列強のアジア侵略の要所であったチベット

 「世界の屋根」と呼ばれるヒマラヤ山脈とその麓に広がるチベット高原には、標高七千メートルを超える山が百峰以上存在するのだそうだが、このチベット国も欧米諸国による熾烈なる侵略の的となったのである。その理由はどこにあったのか。

 その侵略の眼目たるものは、これを積極的立場にたつときはアジア制服の絶好なる通路としてであり、これを消極的立場にたつときは既得侵略地保全の絶好なる要害としてであった。すでにしてチベットは「神秘の国」から急転直下、奈落の巷と化しさった。中央アジアと外蒙と新疆(ウイグル)を赤一色にぬりつぶしたソヴィエトにとっては、これら既獲領土を保全するためにも、且つはまたインド・ビルマ侵略への通路獲得のためにも、是が非でも奪取せねばならぬ要所である。またインドを併呑したイギリスにとっては、インド保全の最大の要塞として、あるいはまた内外蒙・支那本土への侵略の通路として、是が非でも掠得せねばならぬ要所である

 まずインドからアジア大陸の中央部地域への陸自用侵略路を開拓せんとしたイギリスは、西紀一八一四年にネパールに向かって宣戦し、有名なザガリー条約を結んでその南部を割譲せしめると同時に、これを保護国として掠め、ついでその十二年後にはアッサムをインド領に併呑、さらにシッキム・ブータンを分掠し、ここにいよいよ西蔵への侵入に取りかかった。…中略…

 一方、ロシアの採用した謀略は…西蔵の支配者達頼喇嘛(ダライラマ)の深厚なる信任を受けるに至り、盛んにその政府要路に親露熱を煽り、かつ反英的空気の醸成に努めた結果、明治三十四年、達頼喇嘛は、ロシアの保護のもとにイギリスと対抗せんと意図し、ドルジエフをその特使としてロシアに派遣するに至っている。そして同年のうちにはロシアと密約が結ばれたと伝えられる。

桑原三郎著『アジア侵掠秘史』清水書房 昭和16年刊 p.173~176

 この流れだと英露によるチベット争奪戦は誰が考えてもロシアが勝利するところなのだが、イギリスに大逆転の好機が到来した。

なぜ英露の形勢が逆転したのか

 同上書には以下のように解説されているが、要するに日露戦争が勃発してロシアはチベットどころではなくなったのである。この時にイギリスがいかにしてチベットを侵略したかについて、日本人はもっと知るべきではないかと思う。

 しかるにこのとき、イギリスがひそかに微笑む一大決戦が日露両国の間に開始せられた。勿論、この決戦によってロシアにはチベットを顧みる暇がない。此処に於いてイギリスは、直ちにチベットを手中に収めるべく、露骨なる直接行動を開始した。これが、明治三十七年の「イギリス商業使節団」なる仮面を蔽う、侵略の先鋒エフ・イー・ヤングハズバンド大佐の一兵団の派遣であった。かくして同大佐兵団のチベット入りを見ると、ダライラマの外モンゴルへの逃亡、ロシアの厳重抗議、チベット人の反英行動など、数々の事件が巻き起こされた。そして、ロシアが日露戦争によって余力なきを知るこの武力団は、躊躇するところなく江孜(ギャンツェ:チベット南部の城塞都市)を経て首都ラサに入り、チベット代表を恫喝して、印蔵ラサ条約を締結せしめるに至った。その条約の重なる規定は次のとおりである。

「第六条 大ブリテン国政府が、条約義務の違犯に対する原状回復を強要するためにラサに軍隊を派遣したるにより蒙れる費用、及び大ブリテン国委員並びにその随員・護衛隊に加えたる侮辱と攻撃に対する賠償金として、チベット政府は大ブリテン政府に対し、五十万ポンドを支払うことを約す。…

第七条 前記賠償金の支払及び第二条乃至第五条所定の交易市場に関する規定の履行に対する保証として、大ブリテン国政府は、右賠償金の支払完了に至るまで、及び交易市場が有効に三箇年開設せらるる場合、その最後に開設せらるるものの期限の日(その何日たるを問わず)に至るまで、春丕谿の占領を継続するものとす。

第八条 チベット政府は一切の堡塁及び要塞を破壊し、且つ大ブリテンの国境と江孜及びラサとの間の自由交通を阻礙すべき一切の軍備を撤廃すべきことを約す

第九条 チベット政府は、予め大ブリテン国の同意を得るにあらざれば、以下諸項の行為を為さざることを約す
(A)チベット国の領土を他国に割譲し、売却し、譲与し、抵当に入れ、その他占領のために譲与すること。
(B)チベット国の事件に他国の干渉を許容すること。
(C)他国の代表者または代理人のチベットへの入国を許容すること。
(D)他国または他国の臣民に鉄道・道路・電話・鉱業その他の権利のために利権特許を許与すること。但し上記利権特許に承認の与えられたる場合には、同一または同等の利権特許を大ブリテン政府に許与すべきものとす。
(E)現物払いたると現金払いたるとを問わず、チベットの収入を他国または他国の臣民に対する債務の保証または弁償に充当すること。」

 正しくここに、アジア征服の悪辣なる常套手段の一種が見られる。けだし、ロシアの煽動に乗ぜられたチベットの対イギリス貿易の阻止もさることながら、かくまでも過大なる賠償の強奪は、世界罪悪史の極大部門に入らねばならぬものである。だが、イギリスはこれを行うに躊躇しなかったのである。

同上書 p.176~178

 平和な仏教国で大した軍備を持たなかったチベットをイギリスが侵略し、その侵略のために要した費用をチベットに払わせるというだけでも随分ひどい話であるが、その支払いが終わるまで春丕谿という地域を占領し、さらにイギリスはチベットの一切の要塞や堡塁を破壊せよと命じるなどやりたい放題だ。このようなあくどいやり方でイギリスはチベット支配の基礎を築いたのだが、戦後のわが国ではこのような史実は一切報じられることがなかった。
 戦後はテレビや新聞などでイギリスのことを呼ぶのに、わざわざ「ジェントルマンの国」などという形容詞を付けていた時期があったことを妙に覚えているのだが、過去の歴史を調べればイギリスはとんでもなく悪い国であったことがわかる。

狡猾なイギリス

 当時のチベットは清国の統治下にあったのだが、このようなイギリスの動きに対して、清国及びロシアはどのように動いたのだろうか。

 かくして、イギリスのチベット支配の基礎が築かれたのだ。これに対して、ロシアは厳重な抗議を申し込んだ結果、明治四十年(一九〇七年)八月三十一日のペテルスブルグ協約の成立を見、その条文にこそ、相互のチベット不干渉を申し合わせるという規約が明記されたものの、敗戦直後のこととて、イギリスのチベット支配の事実に対しては毫も変更をもたらすことが出来なかった。
 また、清国も駐蔵(チベット)大臣烏泰に対し「承認拒絶」という電報をうって抗議を申し込んだこともあったが、微力の致すところ如何ともなしがたく、ついに明治三十九年(一九〇六年)四月十七日の英清北京条約によって、恫喝せられるがままに名目上のみの宗主権が認められる代償として、前掲の英蔵条約を認めるのやむなきに至り、その結果として、チベット政府自体に外交権の存在することと、イギリスの手にチベットの支配権が収められたことを、清国自らが承認したという形となってしまった。ところがそれから間もなく、清国はこれに気づいて狼狽しはじめ、明治四十二年「駐蔵大臣の保護」を名として、鐘穎の四川軍をチベットに進撃せしめ、支配権奪還の積極行動に出でたが、一方、イギリスはこれに対抗せんがため、ダライラマを蒙古から帰還せしめた。けれども、その傀儡は清国の「官職褫奪」の宣言に嚇え、その上、鐘穎の軍のラサ入城に居たたまれずして、インドへ亡命するという有様で、ここに清国の意図は成るかのごとき観を呈した。

 これに対するイギリスの方策如何。この場合に於けるイギリスは、前述の対清北京条約で清国のチベット宗主権を承認してある手前、これを楯として抗争し来る清国政府に対しては真っ向から排撃するわけにはいかなかった。しかしイギリスにとって好都合な前例があった。というのは、あたかもこの頃、ロシアと新国との間に蒙古をめぐる紛議が起こっていたが、ロシアは自己の傀儡ホトクトを擁立して外蒙独立の宣言を発表せしめ、内外蒙に分割して、外蒙の実権を手中に収めつつあったのである。

 イギリスはこの侵略の轍を踏むこととした。そこでインドのダージリングに亡命中のチベットの前支配者ダライラマを特に厚遇し、滞在費用の一切を支弁して歓心を買い、かつての排斥を巧みにそらして、これを利用する機会を覗っていた。あたかもこの時、支那に民国革命が勃発したから、イギリスがこの謀略を実施するには絶好な機会が到来したわけである。

 かくて大正元年(民国元年)十二月、ダライラマは、イギリス軍の保護を受けつつチベットのラサに帰り、中国の官民をチベットから一掃して「独立の宣言」を公表した。次いでイギリスはその謀略の第二段階として、この独立を中国に承認せしめんがため…中略…、昭和六年十月から翌年の七月にかけて、有名なシムラ会議を開催し、その席上に於いてイギリスは六要以下の如き協定案を提示し、その決定をまって多年の野望をとげんとした。「チベットを内外の二つに分割し、内チベットは中国の直轄領、外チベットは中国の宗主権とイギリスの支配権を認めた自治政権を形成すること。」しかして、この協定に於ける「内チベット」とは、その大部分が清国が二百年も直轄統治せる四川の西部及び甘粛地方のことであり、「外チベット」とは、当時の清・中国の直接行政下にあった察木多(チャムド)地方を含むものであった。けだし、その分割区域の設定案は、チベット人の叫ぶ「チベット人居住地はチベットへ」なる大チベット主義によるところもあるが、このチベット人の熱望を利用してのチベット奪取の奸謀、チベットを通路とする支那本土への侵略策、並びに青海、西康二省の国境地方に於ける無尽蔵と言われる石油鉱脈の攫奪、というイギリスの野望に基づくものである。

 かかる分割案は、もちろん中国の受諾するところとはならなかった。しかして、この拒絶の次に来るものは、イギリスの対中国威嚇、暴力によるチベット侵略でなければならぬ。

同上書 p.178~181

 その後もチベットを巡るイギリスと中国との戦いは続いたようだが、戦後のわが国ではイギリスがチベット侵略に関与した事実がほとんど知らされていない。ネットでチベットの歴史を調べても、イギリスがチベットを侵略した史実が書かれていない解説がほとんどである。

昭和8年5月5日 時事新報 神戸大学経済経営研究所所蔵 新聞記事文庫

 上の画像は昭和八年五月五日付けの時事新報の記事だが、イギリス及びソ連がチベット(西蔵)を侵略しようとしていたことがしっかりと報じられている。しかしながら、このような史実は戦後のわが国では今も封印されてしまっているのだ。
 戦後になって戦勝国が描いた「キレイごとの歴史」をいくら読んでも、近現代の歴史を正しく知ることは不可能であることを知るべきである。

本のタイトルに「アジア」「アジヤ」「亜細亜」を含むGHQ焚書

 全GHQ焚書のうち、本のタイトルに「アジア」「アジヤ」「亜細亜」を含む書籍をリストアップすると以下のとおりである。
 「〇△」欄の「〇」は、「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている本で、「△」は「個人向けデジタル化資料送信サービス」の手続きをすることによって、ネットで読める本である。

タイトル著者編者出版社〇△国立国会図書館デジタルコレクションURL出版
亜細亜建設者大川周明 第一書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1918531昭和16
アジア古典復興志田日本放送協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123210昭和19
アジア秘史桑原三郎清水書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1707981昭和16
亜細亜侵略高橋 霞ヶ関書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1918983昭和16
アジア宣戦清水宣雄アジア問題研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1262029昭和13
亜細亜中原の風雲を望んで井上雅二 照文閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1878344昭和17
亜細亜阿弗利加中平亮 平凡社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1214718昭和8
アジアに叫ぶ土井晩翠 博文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1112463昭和18
アジア年鑑1935日本国際問題調査会 編河出書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1117665昭和10
亜細亜火薬庫 満蒙三浦悦郎先進社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1173486昭和6
アジアの見識小林 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1877059昭和18
亜細亜の将来と主盟日本の態度山道襄一日本人社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1270387昭和11
亜細亜新興国アフガニスタン尾崎日本国際協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1687086昭和14
亜細亜旅人 房雄金星https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1685945昭和15
亜細亜朝日新聞社朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041957昭和18
アジアは一つなり情報局 編内閣印刷局https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1263031昭和18
アジア文化の基調高楠順次郎 万里閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1914543昭和18
アジア文化精神科学目黒書店国立国会図書館蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和14
亜細亜民族起つ中平亮 東洋研究会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1445187昭和7
アジア民族興亡史観松本君平 アジア青年社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459164昭和18
亜細亜民族と太平洋松本悟朗 誠美書閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1273685昭和17
アジア民族の中心思想. 支那・日本篇高楠順次郎 大蔵出版https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1040365昭和13
アジア民族の中心思想. 印度篇高楠順次郎 大蔵出版https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/123007611
アジア問題講座第一巻 政治1矢部良策創元社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1918997昭和14
アジア問題講座四巻 経済産業矢部良策創元社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1914073昭和14
アジア問題講座第九巻 社会風俗矢部良策創元社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1914092昭和15
アジアをふもの本山桂川国民文化書院編纂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1686756昭和14
アジヤ周辺民族竹尾 今日の問題社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042356昭和18
革命亜細亜展望ラス・ビハリ・ボース万里閣書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1180019昭和5
国民に叫ぶ : 亜細亜の黎明に立ちて奥村喜和男 大日本雄弁会講談社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460189昭和17
新亜細亜小論大川周明 日本評論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044933昭和19
新亜細亜の誕生村田光烈 人文閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459166昭和17
西南アジアの趨勢内藤 
小林
目黒書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3440496昭和17
赤色アジアか防共アジアか中保与作 ダイヤモンド社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1441258昭和12
大亜細亜主義中平亮 日本評論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1272754昭和8
アジア主義歴史的基礎平野義太郎河出書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1877410昭和20
大亜細亜先覚田中正明https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1877209昭和17
大東洋の危機
: 英国よアジアより手を引け
大阪時事新報社大阪時事新報社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1093923昭和13
中アジアの風雲内藤 三橋富治
田邊 
目黒書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1877900昭和16
中西アジア政治松川二郎興亜https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1877682昭和16
ドイツはアジアをかくウェルネル・A・ローエ南北https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1877522昭和16
東南亜細亜諸国野波静雄平凡社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1214717昭和8
東南アジア政治クルト・ヴィールスビツキイ
科学主義工業社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1877820昭和16
東南アジア文化三省堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042495昭和18
南方亜細亜文化満鉄東亜経済調査局大和書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3438270昭和17
西亜細亜民族岡島太郎 三島
内藤智英
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3438273昭和18
日清日露戦争物語 :
附・アジアの盟主日本
菊池寛新日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1718008昭和12
日本精神とアジア自治賢一アジア自治協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1099203昭和12
発展日本の目標
アジア体制への道
河相達夫 中央公論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463539昭和13
風雲亜細亜栄六近代https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1106772昭和8
婦人亜細亜(月刊)毎日新聞社 毎日新聞社国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
17-18
復興アジア論叢大川周明 藤森清一郎
中山 
国際日本協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044695昭和19
たまゝの南方亜細亜高岡大輔日印協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1876268昭和14
南アジア民族政治論大岩誠 万里閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459137昭和17
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。長い間在庫を切らして皆様にご迷惑をおかけしましたが、このたび増刷が完了しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能ですし、ネットでも購入ができます(\1,650)。
電子書籍はKindle、楽天Koboより購入が可能です(\1,155)。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことができます。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

 

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書198 対外関係史81 地方史62 ロシア・ソ連57 中国・支那52 神戸大学 新聞記事文庫44 イギリス40 反日・排日40 共産主義38 神社仏閣庭園旧跡巡り36 ユダヤ人33 日露戦争33 軍事31 アメリカ31 著者別31 政治史29 欧米の植民地統治29 京都府28 神仏分離28 朝鮮半島26 コミンテルン・第三インターナショナル26 廃仏毀釈26 外交史25 情報戦・宣伝戦23 テロ・暗殺23 対外戦争22 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 菊池寛19 支那事変18 一揆・暴動・内乱17 GHQ焚書・50音別リスト16 満州16 豊臣秀吉16 ハリー・パークス16 ドイツ14 海軍13 西郷隆盛12 東南アジア12 ナチス12 紅葉11 陸軍11 ルイス・フロイス11 アーネスト・サトウ11 分割統治・分断工作10 倭寇・八幡船10 奴隷10 大阪府10 徳川慶喜10 不平士族10 戦争文化叢書10 人種問題10 ペリー9 奈良県9 和歌山県9 神仏習合9 イエズス会9 神社合祀9 岩倉具視9 フランス9 寺社破壊9 伊藤痴遊9 伊藤博文8 A級戦犯8 関東大震災8 韓国併合8 インド8 ロシア革命8 オランダ8 自然災害史8 小村寿太郎7 ジョン・ラッセル7 木戸孝允7 修験7 徳川斉昭7 情報収集7 ナチス叢書7 欧米の侵略6 文化史6 飢饉・食糧問題6 大久保利通6 ジェイコブ・シフ6 兵庫開港6 奇兵隊6 永松浅造6 ロッシュ6 大東亜戦争6 大隈重信5 滋賀県5 ウィッテ5 ジョン・ニール5 金子堅太郎5 長野朗5 日清戦争5 隠れキリシタン5 アヘン5 財政・経済5 国際連盟5 山縣有朋5 紀州攻め5 高須芳次郎5 児玉源太郎5 満州事変5 大火災4 スパイ・防諜4 津波4 福井県4 旧会津藩士4 日本人町4 東郷平八郎4 井上馨4 武藤貞一4 阿部正弘4 小西行長4 山県信教4 平田東助4 堀田正睦4 石川県4 南方熊楠4 高山右近4 乃木希典4 兵庫県4 三国干渉4 フランシスコ・ザビエル4 水戸藩4 日独伊三国同盟4 フィリピン4 孝明天皇4 スペイン4 井伊直弼4 西南戦争4 東京奠都4 満洲3 桜井忠温3 張作霖3 プチャーチン3 生麦事件3 徳川家臣団3 藤木久志3 督戦隊3 関東軍3 竹崎季長3 川路聖謨3 鹿児島県3 士族の没落3 勝海舟33 ファシズム3 日米和親条約3 平田篤胤3 王直3 ガスパル・コエリョ3 薩英戦争3 福永恭助3 フビライ3 山田長政3 シュペーラー極小期3 菅原道真3 中井権次一統3 安政五カ国条約33 朱印船貿易3 北海道開拓33 下関戦争3 イザベラ・バード3 タウンゼント・ハリス3 高橋是清3 レーニン3 薩摩藩3 台湾3 柴五郎3 静岡県3 伴天連追放令3 松岡洋右3 廃藩置県3 義和団の乱3 プレス・コード3 文禄・慶長の役3 明石元二郎3 和宮降嫁3 織田信長3 ハリマン2 坂本龍馬2 伊勢神宮2 富山県2 足利義満2 熊本県2 高知県2 火野葦平2 王政復古の大号令2 三重県2 版籍奉還2 仲小路彰2 尾崎秀實2 文明開化2 大江卓2 山本権兵衛2 南朝2 沖縄2 南京大虐殺?2 文永の役2 神道2 淡路島2 明治六年政変2 北条時宗2 徳島県2 懐良親王2 地政学2 土一揆2 前原一誠2 第二次世界大戦2 大東亜2 弘安の役2 吉田松陰2 オールコック2 領土問題2 豊臣秀次2 板垣退助2 島津貴久2 島根県2 下剋上2 武田信玄2 大川周明2 島津久光2 日光東照宮2 鳥取県2 足利義政2 国際秘密力研究叢書2 大友宗麟2 安政の大獄2 応仁の乱2 徳富蘇峰2 水野正次2 オレンジ計画2 オルガンティノ2 安藤信正2 水戸学2 越前護法大一揆2 江藤新平2 ラス・ビハリ・ボース2 大政奉還2 野依秀市2 福沢諭吉2 シーボルト1 フェロノサ1 徴兵制1 福岡県1 陸奥宗光1 穴太衆1 宮崎県1 重野安繹1 山中峯太郎1 鎖国1 藤原鎌足1 加藤清正1 転向1 岐阜県1 宮武外骨1 科学・技術1 五箇条の御誓文1 愛知県11 伊藤若冲1 ハワイ1 武藤山治1 上杉謙信1 一進会1 大倉喜八郎1 北条氏康1 尾崎行雄1 スターリン1 桜田門外の変1 徳川家光1 浜田弥兵衛1 徳川家康1 長崎県1 日野富子1 北条早雲1 蔣介石1 大村純忠1 徳川昭武1 今井信郎1 鉄砲伝来1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 スポーツ1 あじさい1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 佐賀県1 士族授産1 横井小楠1 後藤象二郎1 神奈川県1 東京1 大内義隆1 財政・経済史1 便衣兵1 広島県1 大村益次郎1 足利義持1