英国が中国に排日運動を焚きつけ、国際連盟を利用し我が国の孤立化を図った事情~~GHQ焚書・石丸藤太『大英国民に与う』

GHQ焚書

石丸藤太(いしまる とうだ)は明治四十三年に海軍砲術学校教官となり、大正四年に少佐となって予備役になると、評論活動に入り多くの著作を残したのだが、GHQは彼の13点もの彼の著作を焚書処分している。

今回は昭和11年に刊行された『大英国民に与う』という本の一部を紹介したい。

巧妙な英外交

 日支事変中「三分間四十五ドル」の高い無電料を払ってまで、連盟を指導したアメリカの前国務長官スチムソンが、

「九国条約、不戦条約に違反してできた満州国は承認しない!!」

と、啖呵を切ると、

「何を小癪な!!」

とばかりに、アメリカに対して反感の焔を燃やしたわが国民も、連盟とアメリカの背後の楽屋には英国という巧妙な俳優が控えて、袖を引いていたことは、余りにもご存じなかったようである。

「英国は七分通り連盟を動かしつつある」

「十三対一の芸当をやらした当の張本人は英国だ」

「英国は最後の場合になって、日本に背負い投げを食らわした。日本が連盟を脱退せねばならぬようになったのは、主として英国の策動である。」

 そういう真相がジュネーブの日本代表部にわかってきたのは、ずっと後のことで、それがわかって来た時には時期既に遅かった。ことほど左様に英国の外交は巧妙であった。

 由来ジョンブルの外交は、自国の重大なる利害関係に直接の影響がないときには、たとえ列国と協議して相手国に当たる場合でも、努めて他国を矢面に立たせ、自分は涼しそうな顔をして犠牲を払うことを避ける。しかるに一度自国の利害関係に直接な影響を受けると見れば、猛然起ち上って自ら相手をする、これが英国のやり方である。日支事件中の英国の外交も正にこの通りであった。このこつを看破することができなかったところに、日本の連盟外交の失敗がある。

英国と日支事件

 しからば日支紛争事件において、英国の狙うところは何であったか?これは次の三つに帰納することができる。

一 国際連盟規約、ワシントン条約、不戦条約の擁護。

二 支那の領土保全。

三 支那における政治上及び経済上の優越を保持すること。

右の中(上記のうち)第一は、主として欧州の平和を維持し、世界に誇るインタレストを保護する上から必要であり、第二と第三は、従来支那において勝ち得た優越な地位を失わざらんが為である。

 日本の行動にしてこの三原則に反せざる限り、英国は黙認の態度をとるも、いやしくもこれに反するにおいては、他国を動かして之に反対させるか、又は直接の利害関係が自国にとり重大なりと考えるにおいては、自ら陣頭に立ちて、他国を指導しつつ日本に反対した。日支事件における英国の行動を知らんとする者は、まずこの点を知ることが肝要である。

(石丸藤太 著『大英国民に与ふ』春秋社 昭和11年刊 p.59~61)

 英国は日本軍の満州における行動を、連盟規約、不戦条約、九か国条約に違反するものとして国際連盟で日本を追い詰めたのだが、そもそも中国に排日運動を焚きつけたのは英国なのである。先日このブログで長野朗の『支那三十年』という本を紹介したが、その本に英国が中国に排日の種をまいて日中の対立を生みだし、た経緯が詳しく書かれている。

 英国は、かつては対中貿易が最も多い国であったのだが、わが国が長年努力して中国の市場を開拓し、わが国が対中貿易の首位の地位を獲得するに至った。しかしながら英国は、中国人に日本商品を排除する運動を起こさせた上で中国に接近し、わが国が開拓した市場を奪い取ることでシェアの回復を図ろうとしたのである。そのような史実は、戦前の書物には詳しく書かれているのだが、こういうことが書かれている本の多くが戦後の日本人に読めないようにされているのだ。

 英国が支那に政治上経済上の特殊のインタレストを有することは、今改めて説くまでもない。しかるに支那の国権回復に基づく猛烈なる運動は、近年じりじりと英国の塁に迫り、政治上の地盤をも奪取しつつある。この政治上の地盤の喪失とともに、英国が対支貿易上の首位をも奪われ、しかもそれが日米両国のためにとって代わられつつあるのは注意に値する。

 例えば1907年における英国の対支貿易は12,107,645両、1913年に96,910,944両、1929年に119,148,969両であるが、日本の方は、1907年に39,347,476両、1913年に119,346,662両、1929年に323,141,626両という驚くべき増加率を見せ、日英貿易の比率は三対一となっているのである。この趨勢は満州事変の少し前まで続き、満州事変のために日英その位置を転倒した。かかる趨勢を見たマンチェスター・ガーディアン紙―英国貿易業者の機関紙―が、満州事変以来、徹頭徹尾反日的毒筆を振るいつつあるのも、誰かこれを不思議と言おう。

 事実日支間の関係が緊張して、支那側が排日・排日貨を以て、消極的抵抗を試みれば試みるほど、それは英国にとっては、失われた商圏を回復する絶好の機会であり、乗ずべき時期であった。かつては排英排英貨が持上がれば持上がる程、日本商品の進出には好都合であったが、満州事変直前からの日支関係の緊張は、反対に英国の商品をして、対支活躍を自由ならしむる進軍ラッパの吹奏となった

 そういう関係から、満州事件以後における英国の態度は、常に対支貿易の躍進に眼目をおき、日本を怒らせない程度において支那を懐柔した。事変発生以来、ランプソン駐支公使が南京政府や張学良に近づき、揚子江流域は勿論、北支那方面においても、対支貿易の挽回に全力を尽くしたのは、今は隠れもない事実である。

 この英国の対支貿易の躍進運動は、本質上多少潜航式であるが、これに反して支那における自国の貿易や利権が、他国のために傷つけらるると信ずるにおいては、英国は猛然と立って表面上からこれに反対するを常とする。例えば上海事件が起こり、英国の貿易と利権が傷つけらるると見るや、列国を誘うて日本に抗議したのも英国であれば、日本に対して峻烈なアピールを突き付け、連盟総会を開いて決議案を我に突き付けさせた主導者もまた英国であった。日本軍が平津方面へと進出し、北支における英国の利権が傷つけらるると見るや、急に態度を豹変して、日本に対する連盟の最後通牒的勧告を突き付けさせた主導者もまた英国であった。

支那の領土保全

 今日英国の対支貿易は全支那に広がり、ひとり揚子江方面と言わず、広東方面でも北支那方面でも、英国の貿易は進出しているのである。この広範なる対支貿易を保持増進するには、支那の領土保全はその要件であり、支那の分割や分解作用はこれに反する。そこでここに支那の領土保全ということが、英国の対支政策の重要なる眼目となるのである。

 そういう理由もあるから、英国が第三回目に日英同盟を改訂する際には、満州に対する日本の活動をどの程度まで黙認するかが英国外務省での重要な問題となり、熟議の結果、満州に対する日本の平和的進出、即ち経済的の進出だけは、これを黙認するに吝(やぶさ)かではないが、政治上の独占権はこれを認めないということに決定し、その旨日本政府に非公式に通告されたといわれている。

 しかるに満州事変が起こると、日本は武力を以て広大なる地域を占領し、日本政府とジュネーブにおけるその代表者の言明を裏切りて、占領の地域が拡大したのと、日本では軍部が政府を指導し、軍国主義的気分を以て、支那を侵略しつつありとの風雪が外国に伝わったのと、満州国の承認は、日本が満州を併合せんとする前提である等々、と見て取った英国では、日本の行動は明確に支那の領土保全を破るものと考えた

(石丸藤太 著『大英国民に与ふ』春秋社 p73~76)

 戦前、戦中のわが国の政治や外交は、戦後の書物をいくら読んでも理解しづらいものがある。当時の日本人が世界情勢をどう捉えていたかを知ることが不可欠なのだが、その当時によく読まれていた論客の本を読めば理解が深まるのである。

 以下のリストは、GHQ焚書のリストの中から石丸藤太が著したものを集めたものだが、全13点のうち8点が「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている。

タイトル著者出版社国会図書館デジタルコレクションURL出版年備考(復刊情報など)
欧州戦争をどうする石丸藤太 国民新聞社   
是れでも世界平和か
華府会議後の世界と日本
石丸藤太 東京寳文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/942010大正14 
支那を屈するには石丸藤太 偕成社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453952昭和12 
戦雲動く太平洋石丸藤太 春秋社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1465583昭和8 
大英国民に與う石丸藤太 春秋社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1441312昭11 
第二次世界大戦の勝敗 
第一部欧州大戦の巻
石丸藤太刀江書店   
太平洋攻防世界第二大戦石丸藤太万里閣書房   
太平洋戦争石丸藤太春秋社   
太平洋殲滅戦石丸藤太聖紀書房   
次の世界戦争石丸藤太 春秋社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1457577昭和12 
日英必戦論石丸藤太 春秋社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1466276昭和8 
日米果して戦ふか石丸藤太 春秋社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1269266昭和6 
覆面の軍縮会議
日本は如何に欺されたか
石丸藤太 松柏館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1452504昭和9 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】

【デジタル図書館人気記事ランキング50 最近90日間】

ネットで読める都道府県史、主要市史3913 views
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)391 views
イタリアはなぜ英米と戦ったのか~~GHQが焚書にしたイタリア関連書籍260 views
A級戦犯の大川周明はペリーの来航をどう書いているのか~GHQ焚書『英米東亞侵略史』254 views
GHQが焚書処分した「地政学」の本に何が書かれているか~~小牧實繁『地政学上より見たる大東亜』253 views
英国が中国に排日運動を焚きつけ、国際連盟を利用し我が国の孤立化を図った事情~~GHQ焚書・石丸藤太『大英国民に与う』251 views
GHQに焚書処分された満州関連書籍に何が書かれているのか~~長与善郎著『少年満州読本』245 views
GHQは満州事変について何を隠そうとしたのか~~桜井忠温 著『常勝陸軍』244 views
ネットで読める偉人伝239 views
GHQに焚書処分された米国留学経験のある新聞記者の本~~棟尾松治『アメリカの実力』231 views
GHQが最初に没収を命じた10点の書籍~~大東亜戦争調査会編『米英挑戦の真相』213 views
GHQが焚書処分した陸軍関係書籍~~『われ等の日本陸軍』、『支那陸軍改造論』211 views
GHQ焚書・長野朗著『民族戦』に描かれた、漢人の侵略の仕方205 views
GHQが焚書処分したナチスやドイツ関係書籍~~『ナチスの放送戦争』『総力戦と宣伝戦 : ナチス思想謀略の研究』204 views
ネットで楽しめる江戸時代の名所図会、地誌など203 views
オランダの三百年にわたる植民地統治手法~~GHQに焚書処分された『蘭印現状読本』『蘭印の設営』191 views
わが国が宣伝戦・情報戦に弱いことを指摘した徳富蘇峰~~GHQ焚書『必勝国民読本』184 views
GHQが焚書にしたタイ国や山田長政について書いた書籍~~『タイ国通史』『泰国風物詩』177 views
GHQに焚書処分された国防関係書籍~『帝国国防の危機』『非常時と日本の国防』164 views
高橋亀吉著『戦時経済講話』を読む~~GHQに焚書処分された経済関連書籍163 views
GHQが戦後の日本人に封印したフィリピンの歴史~~奈良静馬『西班牙古文書を通じて見たる日本と比律賓』158 views
GHQが焚書処分した海軍関係書籍~~『軍艦物語』『少年海軍読本』157 views
辛亥革命に続く第二革命に参加した山中峯太郎の著作は多数がGHQに焚書処分された~~『狙日第五列 』157 views
GHQが焚書処分した空軍、飛行機、防空関係書籍~~『航空部隊二十年』『海軍航空隊』153 views
GHQに焚書処分された中国関係書籍~~笠井孝『裏から見た支那人』118 views
GHQ焚書点数が2番目に多い仲小路彰の歴史書には何が書かれているのか~~『米英の罪悪史』『太平洋侵略史』110 views
GHQが焚書処分したA級戦犯の著書~~松岡洋右 『東亜全局の動揺 』79 views
なぜGHQが水戸学の研究書を戦後の日本人に封印したのか~~高須芳次郎 『水戸学講話』74 views
GHQが戦後の日本人に封印したイギリスのインド統治方法について書かれた本~~エ・エム・サハイ『英帝國敗るるの日』71 views
GHQが焚書処分した「ユダヤ」関連書物~~筈見一郎『猶太禍の世界』64 views
GHQ焚書に描かれた、中国の排日運動を操った国~~長野朗『支那三十年』63 views
復刊されて比較的手に入りやすくなっているGHQ焚書62 views
GHQに焚書処分された作家の著作~~菊池寛『大衆明治史』、火野葦平『海南島記』55 views
GHQが焚書処分した日本の通史~~北垣恭次郎『新訂小学国史の指導精神.高2』49 views
ネットで読めるGHQ焚書 その13(は~へ)41 views
GHQが戦後の日本人に封印したオーストラリアの歴史書など~~宮田峯一『濠洲連邦』41 views
国立国会図書館デジタルコレクションの使い方40 views
GHQに焚書処分された「国体」関連書籍~~文部省 編纂 『國體の本義』39 views
GHQが焚書処分した、朝鮮半島、台湾、樺太関係書籍~~姜昌基『内鮮一体論』、李東華『国防と朝鮮人』36 views
新聞集成明治編年史35 views
GHQに焚書処分された神道関連書籍~~山田孝雄 『神道思想史』34 views
官公庁が執筆・編纂してGHQ焚書処分となった本~~『国際事情昭和十四年版 世界の動き』33 views
GHQに焚書処分された旧ソ連関係書籍~~三島康夫『ソ聯は今何を劃策してゐるか』、根村正位『急迫せる日露の危機』32 views
徳富蘇峰の『近世日本国民史』30 views
ネットで読めるGHQ焚書  その10(ち~と)29 views
GHQが焚書処分した軍人の著書~~真崎勝次著『非常時局読本』28 views
GHQが焚書処分した「日本精神」に関する本~~辻善之助 『皇室と日本精神』27 views
GHQが焚書処分した政治家の著作~~池崎忠孝『太平洋戦略論』、安藤正純『日本の行く道』27 views
GHQ焚書処分を受けた著者別点数ランキングと処分された書籍等のリスト27 views
GHQが焚書処分した回教やキリスト教など宗教に関する本~~笠間杲雄 『大東亜の回教徒』、小野豊明 『比島宣撫と宗教班』26 views

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより購入できます。

またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史逍遥『しばやんの日々』

コメント