GHQ焚書に描かれた、中国の排日運動を操った国~~長野朗『支那三十年』

 前回の「GHQ焚書」で、長野朗著『民族戦』の一節を紹介したが、今回は、同じ著者の『支那三十年』(昭和十七年刊)の文章を紹介したい。長野朗は、中国で排日運動が始まった大正八年(1919年)に北京にいて、身近でその動きを観察した人物である。この本には、戦後の一般的な歴史書には絶対に書かれていない、中国の排日運動の実態が描かれている。文中の「欧州戦争」は、「第一次世界大戦」のことで、「休戦ラッパが鳴り響」いたのは、第一次大戦が終わった大正七年(1918年)十一月のことである。

 私は北京で日本人の居留地から離れ、一人で支那人の家に下宿していたが、私のいたすぐ近所で排日の第一声が起こり、それから排日が抗日になるまで見物していたから、ここには北京政府時代の排日の起こった時から私の実見記を簡単に述べてみよう。

 排日が起こったのは大正八年の五月四日であるから、五四運動(ごしうんどう)といわれている。やったのは北京大学の学生だが、起こりはいろいろでここに詳しく述べている暇もないが、第一には英米が欧州戦争中に、東亜の市場を日本に独占されていたのを、何とかして取戻そうとして、排日を煽り日貨排斥を宣伝した。欧州戦争中はさすがに気兼ねしていたが、休戦ラッパが鳴り響くや忽ち英米新聞が排日の宣伝を始め、それが支那新聞に伝染し、漸く気勢が出来てきた。そこに欧州戦後の新思想が北京大学の学生教授の中に流れ込み、一方では当時北京政府の政権を握っていた親日派の段祺瑞(だんきずい)一派に対し、反対派の直隷派(ちょくれいは)や失意政客が段派を倒して政権を握る手段とした。それに新興支那財閥の国貨運動も加わって、排日の気勢が醞醸(うんじょう)されてきた。

 五月四日の夜、親日派の曹汝霖(そうじょりん)邸を焼打ちし、章(しょう)駐日公使に負傷させた北京大学生は、さすが自分たちのやったことに驚き、学校に帰って小さくなって震えていると、翌日の全市の新聞が大いに彼らの行動に肩を持っているし、政府の処置が緩やかであったのに元気を出し、忽ち火の手は北京の各大学から天津に伝わり、全国の学校に及んだ。全国の学生運動の中心をなしたのは英米系の学校と、基督(キリスト)教青年会の幹部とであった。基督教青年会の連中は学生を取り付けるために、映画を見せたり、お茶を出したりして誘い込むのである。

 私は日本人の居住地と離れて支那人の家にいたので、よく排日の宣伝ビラを私の所に投げ込んでいったものである。私も度々排日の行列を見物したが、実際だらだらしたもので、熱も活気もなく、ブラリブラリと歩いていた。それもその訳で、行列賃一日五十銭で狩り出されたのである。幹部連がうんと運動費を儲け、一般の学生には五十銭しかやらない。後には幹部連中の間で運動費の分配について内輪喧嘩が起こった。幹部連は金は儲かるし、一躍愛国者としての名誉を得るし、男女学生の合作であるから、その間に恋の花も咲くし、一挙に金と名誉と恋とを得るので、排日運動がやめられなくなり、遂に排日商売が出来上がり、機会ある毎に排日運動を起こすに至った。学生の方は行列賃を貰うし、授業は受けなくてもよいし、試験もいらないので、試験になるとよくやったものである。ために学生の遊興が多くなり、学生の堕落となった。

(長野朗『支那三十年』呉PASS復刻選書 p.62~64)

 排日運動の演説をすると1回あたり五十銭、巧い演説には一円、女学生の演説は効能があるので一円が支払われていたとも書かれている。
 また当時中国には国定教科書がなく、商務印書館とか中華書局とかいうところで勝手に教科書が作られていたが、排日が流行になると盛んに排日記事を入れた教科書が売り出されるようになり、初めて排日教科書が現れたのは大正八年(1919年)で地理の教科書が最初だったのだが、例えば「日本」について、「日本は島国なり、明治維新以来国勢驟(にわか)に盛なり、我が琉球を県とし、我が台湾を割き、我が旅順大連を租借し、朝鮮を併呑し、奉天、吉林に殖民し、航業商務を我国各地に拡張す。」(同上書p.65)と、沖縄も台湾も、もともとは中国の領土であったかのように書かれている。その後国民政府が成立すると、政府自ら排日教科書を編纂し、いろんな教科で排日を盛るようになったという。昔も今も、この国のやることは変わっていない。

 排日運動を初めから眺めていると、英米人の煽動は実に目に余るものがあった。公吏が自ら乗り出してやっているし、運動費を出す。それも一度に出すとパッと焚(も)えて後は火の消えたようになるから、毎月に出すし、外字新聞が排日煽動の音頭取りをやるし、それに自分の新聞だけで足らずに、支那紙を買収して盛んにやったものである。各地の学生会でも、英米人経営の学校がすべて中心になっている。宣教師共が排日運動に大童(おおわらわ)で活動する。殊に基督教青年会の活動が目立っている英国は未だ日英同盟が存在していたので、表面には出ないで、アメリカを表に出して裏で盛んに活動した。彼らの最も恐れたのは日支の結合である。日支が結合すれば、世界何物もこれを冒すことはできない。それでは彼らの野望が達せられないので、まず日支を離間することに全力を注ぎ、次にこれを衝突させ相闘(あいたたか)わしめようとした。この深謀遠慮は、二十年のたゆみなき努力により、蒋介石の長期抗戦となって現われた。

(同上書p.65~66)

 要するに英米は中国に「反日」の種を蒔いて、日中両国の間に対立軸を生じさせて、両国を離間させようとしたわけだが、そのために英米が送り込んだ宣教師の数が半端ではなかったという。

 最初に英米人は、排日と親英米の空気を造るのに全力を注いだ。そのために宣教師と学校を配置した。英米の宣教師は僅か数百の県を除き、支那数千の県に悉く配置され、その数は数千に達した。大正八、九年には、一船毎に数十人の宣教師が送られ、アメリカは二千万ドルの金を費った。これ等の宣教師は教会に簡単な診療室を設け、支那人の歓心を得た。また教会の手で各地に学校が設けられた。大学、専門学校など外人設立のものが支那で設けられたものよりも多く、二十七を算した。中学校が数百、小学校、幼稚園は数千に達した。準備は完了した。これを基礎に排日の運動を起こしたから、燎原の火のように一挙に全国に広がったのである。…<中略>…

 英米の狙いの一つは支那市場の独占である。それに日本品を支那市場から追っ払わねばならぬ。ところが日本の方が万事条件がよいので、尋常の方法では駄目だから、日貨のボイコットをやって、その間に英米貨を入れようとした。事実アメリカの対支貿易はずっと低いところにあったが、めきめきと出て来て、英を抜き日本を抜いて第一位となった

(同上書 p.66~68)

 長野朗の書いている内容が間違いでないことは、「神戸大学附属図書館デジタルアーカイブ新聞記事文庫」の簡易検索機能を使い、「対支貿易」「対支輸出」などのキーワードで検索して、出版日順に並べることによって、その裏付けとなる新聞記事を見つけることができる。

神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 新聞記事文庫 】
神戸大学附属図書館デジタルアーカイブ「新...

 大正八年をピークにわが国の対支輸出が「支那の排日貨」のために激減し、昭和四年の新聞記事では、中国の「排日貨の隙をねらって」英米独からの対支輸出が近年増加している記事があり、昭和六年にはアメリカが日本の対支輸出を越え、一位になったことがわかる。

新聞記事文庫 日中貿易(3-073)
新聞記事文庫 国際貿易(24-184)
新聞記事文庫 日中貿易(5-159)

 教科書などをいくら読んでも、中国で排日運動が起こった理由はさっぱりわからないのだが、長野朗の本を読めばすっきり理解できる。しかしながら、わが国の歴史学者は、今も戦勝国を忖度してか戦勝国にとって都合の悪い史実を封印したままだ。この重要な史実を抜きに、この時代の歴史の真実を正しく理解できるとは思えない。

 長野朗の著作については、「国立国家図書館デジタルコレクション」でネット公開されている本は一冊もないが、呉PASS出版から三冊が復刻されており、いずれもお勧めしたい本である。

スポンサーリンク

 『支那三十年』については、4回にわたり西尾幹二氏が解説しておられる動画があるので、興味のある方は視聴して頂きたい。

・支那軍閥の徴税・徴兵・略奪

GHQ焚書図書開封 第79回
GHQ焚書図書開封 第79回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

・支那政治の裏を描く本当の歴史

GHQ焚書図書開封 第80回
GHQ焚書図書開封 第80回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

・大正年間の支那 民衆の生活様々

GHQ焚書図書開封 第85回
GHQ焚書図書開封 第85回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

・今の反日の原点 蒋時代の排日

GHQ焚書図書開封 第86回
GHQ焚書図書開封 第86回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】

【デジタル図書館人気記事ランキング30 最近90日間】

ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)467 views
GHQが戦後の日本人に封印したフィリピンの歴史~~奈良静馬『西班牙古文書を通じて見たる日本と比律賓』349 views
GHQ焚書点数が2番目に多い仲小路彰の歴史書には何が書かれているのか~~『米英の罪悪史』『太平洋侵略史』299 views
GHQ焚書・長野朗著『民族戦』に描かれた、漢人の侵略の仕方286 views
GHQが戦後の日本人に封印したイギリスのインド統治方法について書かれた本~~エ・エム・サハイ『英帝國敗るるの日』281 views
GHQは満州事変について何を隠そうとしたのか~~桜井忠温 著『常勝陸軍』279 views
GHQが戦後の日本人に封印したオーストラリアの歴史書など~~宮田峯一『濠洲連邦』274 views
官公庁が執筆・編纂してGHQ焚書処分となった本~~『国際事情昭和十四年版 世界の動き』226 views
GHQが最初に没収を命じた10点の書籍~~大東亜戦争調査会編『米英挑戦の真相』223 views
GHQに焚書処分された中国関係書籍~~笠井孝『裏から見た支那人』222 views
GHQ焚書に描かれた、中国の排日運動を操った国~~長野朗『支那三十年』218 views
GHQに焚書処分された作家の著作~~菊池寛『大衆明治史』、火野葦平『海南島記』210 views
GHQが焚書処分した、朝鮮半島、台湾、樺太関係書籍~~姜昌基『内鮮一体論』、李東華『国防と朝鮮人』184 views
GHQに焚書処分された英国関連書籍~~松井賢一『打倒英国』176 views
なぜGHQが水戸学の研究書を戦後の日本人に封印したのか~~高須芳次郎 『水戸学講話』176 views
GHQに焚書処分された旧ソ連関係書籍~~三島康夫『ソ聯は今何を劃策してゐるか』、根村正位『急迫せる日露の危機』176 views
GHQに没収・廃棄されたアジア・東洋をタイトルに含む書籍~~『大東洋の危機 : 英国よアジアより手を引け』167 views
歴史関係辞書・辞典158 views
GHQが焚書処分した「地政学」の本に何が書かれているか~~小牧實繁『地政学上より見たる大東亜』158 views
GHQにより焚書処分された、外交に関する書籍~~白柳秀湖 『日本外交の血路』153 views
GHQが焚書処分したA級戦犯の著書~~松岡洋右 『東亜全局の動揺 』141 views
GHQに焚書処分された米国留学経験のある新聞記者の本~~棟尾松治『アメリカの実力』127 views
辛亥革命に続く第二革命に参加した山中峯太郎の著作は多数がGHQに焚書処分された~~『狙日第五列 』124 views
イギリスのインド統治に関わるGHQ焚書のリスト121 views
GHQが焚書処分した政治家の著作~~池崎忠孝『太平洋戦略論』、安藤正純『日本の行く道』110 views
GHQが焚書処分した「ユダヤ」関連書物~~筈見一郎『猶太禍の世界』107 views
GHQが焚書処分した軍人の著書~~真崎勝次著『非常時局読本』96 views
GHQが焚書処分したナチス・ドイツ関係書籍91 views
復刊されて比較的手に入りやすくなっているGHQ焚書83 views
GHQに焚書処分された「国体」関連書籍~~文部省 編纂 『國體の本義』78 views

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、紀伊国屋書店の下記10店舗に令和三年の二月末まで、各1冊だけですが常備陳列されることになっています。
川越店、流山おおたかの森店、梅田本店、グランフロント大阪店、川西店、クレド岡山店、広島店、久留米店、熊本光の森店、アミュプラザおおいた店
お取り寄せは上記店舗だけでなく、全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
令和二年三月末より電子書籍もKindle、楽天Koboより販売を開始しました。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント