GHQが焚書処分したナチス・ドイツ関係書籍

 GHQが焚書処分した外国に関する書籍を国別に分類すると、一番数多く焚書処分されたのは中国に関する書籍で、次に多いのは ドイツ関連、その次がアメリカ関連、イギリス関連、ロシア関連と続きます。

 書籍のタイトルで「ドイツ」「独逸」「独」「ナチス」を含む書籍を調べると、231点がヒットしました。うち「ナチス」をタイトルに含む書籍は62点です。

 ドイツは枢軸国として日本とともに第二次世界大戦で戦った国ですが、同じく枢軸国であったイタリアの関連書籍は26点のみで、ドイツ関連書籍の多さが際立っています。

 

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
新しきドイツの生活ハンス・ディトマー大観堂
嵐に起つ独逸エス・ライフ亜細亜書房
欧州大戦に於ける
独逸空軍の活躍
陸軍航空本部軍事界社
欧州の現勢と独英の将来山本實彦改造社
驚異のドイツ田畑為彦 報国社
極東に於ける独逸の
権益と政策
クルト・ブロッホ生活社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051867昭和15
近代独逸哲学思想の研究.
第2巻
越川弥栄 修学館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1038955昭和19
近代独逸に於ける
政治教育の発展
エドウアルト・シュプランガー国民精神文化研究所
決戦下のドイツ婦人高沖陽造国際日本協会
現代独逸の教育テオドル・ウィルヘルム
ゲルハルト・グレエフ
日本青年教育会出版部
国防国家とナチス独逸奥村喜和男 アルス
再組織化のドイツ経済雨笠粂三郎 訳科学主義工業社
実戦場裡のナチス於田秋光 アルスhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460284昭和16
銃後の独逸辻 猛三艸書房
新興ドイツ魂池田林儀 万里閣書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1174390昭和5
新独逸国家大系鈴木利貞 編日本評論社
新独逸国家大系 第1巻新独逸国家大系
刊行会編
日本評論社
新独逸国家大系 第2巻新独逸国家大系
刊行会編
日本評論社
新独逸国家大系 第3巻新独逸国家大系
刊行会編
日本評論社
新独逸国家大系 第4巻新独逸国家大系
刊行会編
日本評論社
新独逸国家大系 第8巻新独逸国家大系
刊行会編
日本評論社
新独逸国家大系 第9巻新独逸国家大系
刊行会編
日本評論社
新独逸国家大系 第10巻新独逸国家大系
刊行会編
日本評論社
新独逸国家大系 第11巻新独逸国家大系
刊行会編
日本評論社
新独逸国家大系 第12巻新独逸国家大系
刊行会編
日本評論社
新ドイツの訓練と規律ゲオルグ・ウザーデル三享書房
人民戦線に対するナチスの宣戦ヒットラー,
ゲッベルス 共
青年教育普及会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1269694昭和11
世界大戦における
仏独両軍戦術思想の変遷
廣 良一 訳偕行社
世界独裁英傑譚小林知治南米社
戦時下独逸の実情について森川覚三 述鉄鋼連盟
戦時下に於けるドイツ労働政策有井六之助 訳新紘社
戦時下のナチス独逸藤沢親雄 アルス
戦時独逸の警察西ヶ谷徹文松堂出版
戦時独逸法令集荒木時次 記ダイヤモンド社
戦時特輯独逸大観光永星郎 編日本電報通信社
戦車に見る独ソ戦線川瀬英雄 訳岡倉書房
増産を目指すナチス独逸の工場ヴルヘルム・ロック泉書房
総力戦と宣伝戦
ナチス思想謀略の研究
水野正次 新民書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1450656昭和16
大戦当初の独逸財政経済方策大蔵大臣官房
財政経済調査課
千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438789昭和12
大東亜建設と国民学校教育
ドイツ青少年
伊藤忠好 編玉川学園出版部
第二次欧州大戦と
ドイツの経済力
南満州鉄道
調査部編
博文館
第二ドイツ戦争心理学望月衛 訳中川書房
他山の石 
敗戦独逸から第三帝国建設へ
船田中 国政一新会
戦ふ独逸友枝宗達 第一書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267173昭和18
戦ふドイツ朝日新聞社新光社
ドイツ田辺平学 相模書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267175昭和17
ドイツ、イタリーの統制経済国政一新会 訳国政一新会
独逸及独逸人の問題大泉行雄同文館出版部
独逸概観ウイルヘルム・バウアー,
ペーター・デーエン
第一公論社
独逸海軍小島秀雄 塚田収アルス
ドイツ海軍史ナチス党本部 編岡倉書房
独逸開戦の真相ハアン・ウェルト第一公論社
ドイツ急襲作戦白井喬二 訳宋栄堂
ドイツ空軍アイシェルバウム肇書房
独逸軍部論浜田常二良昭和刊行会
独逸軍部論浜田常二良昭和刊行会
ドイツ航空機の発展ポッーチン収書房
独逸航空人伝坂田精一十一組出版部
ドイツ国の基本的諸問題フオン・ゼークト育生社弘道閣
独逸国防軍ヘルバート・ロジンスキー青年書房
独逸国防経済論小穴 毅森山書店
独逸国防国家体制独逸大使館 編日本電報通信社
独逸国防青年水野正次 清正堂書房
ドイツ国民革命谷口栄業東華堂
独逸国民経済
及国防経済の原理
ハイリリッヒ・フンケ霞ヶ関書房
ドイツ国民性展開の理論西本有斐閣
独逸国民と音楽の生活津川主一新興音楽出版社
ドイツ最高統帥論ファルケンハイン新正堂
独逸従軍作家集道本精一郎 訳洛陽書院
ドイツ緒戦の勝利ハダモブスキー大東出版社
独逸新秩序の常識東京かぶと新聞社
編輯部 編
東京かぶと新聞社出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459392昭和17
ドイツ制空の歴史アル・ウィリアム河北書房
独逸精神デュルクハイムアルス
ドイツ精神村上瑚麿雄富山房
独逸西部作戦ナチス党 編同盟通信社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460271昭和16
独逸潜航艇の精神リッテル兵曹長大元社
ドイツ戦時経済の運営重要産業協議会 編東邦社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1275164昭和18
ドイツ戦時刑法研究.
第1巻
市川秀雄 栗田書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439124昭和18
ドイツ戦時経済大観日独文化振興会訳新紘社
ドイツ戦時経済叢書8
戦争と経済
ヘルマン・パントレン日本電報通信社
ドイツ戦時経済叢書
戦争と工業動員
ドイツ景気研究所日本電報通信社
独逸戦陣訓木暮浪夫 編干城堂
独逸潜水艦の大活躍
獲物を探めて
廣瀬彦太海軍研究社
独逸戦争経済雑話菊池春雄 泉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439273昭和19
独逸宣伝中隊の組織と活躍川端勇男スメル書房
独逸占領地域の経済経営南満洲鉄道㈱
調査部 編
日本評論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459386昭和16
独逸そらの巨人 :
ツエッペリン,コンカース,ゲーリング
中正夫 潮文閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1059373昭和18
独逸大観枡居伍六 編日本電報通信社
独逸大観 1944日本電報通信社編日本電報通信社
ドイツ魂ルドルフ・ホフマン日本公論社
独逸だより宮内鎮代子敬文堂書店
ドイツ的戦略とは :
戦争と謀略・宣伝
水野正次 名古屋新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463175昭和15
ドイツに於ける工業原料自給
の科学
ヴィルヘルム・ユンゲルマン,
ヘルベルト・フラフト
経済図書
ドイツに於ける労働奉仕制度
第一部
東亜研究所 編東亜研究所
ドイツ二千年史ゲオルグ・ハルトマン,
アルトウル・グレーフェ 
青梧堂
ドイツ農村見聞記持地えい子科学主義工業社
独逸の映画体制独逸文化資料社編報国社
独逸の教育、文化、社会政策外務省調査部 編日本国際協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1461239昭和16
独逸の経済と国民生活長井亜歴山 タイムス社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276308昭和16
独逸の決戦態度ヒットラー鉄十字社
ドイツの健民政策と
母子保護事業
瀬木三雄 北光書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276770昭和19
ドイツの航空機工業飯島正義山海堂
ドイツの航空工業辻 猛三大日本飛行協会
独逸の資源と代用品木村捨象 アルスhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1277202昭和16
独逸の少年航空技術兵エルウイン・クラウゼ航空時代社
独逸の植民問題ハー・ヴエー・バウエル大亜細亜建設社
独逸の新経済と日本東郷 豊伊藤書店
ドイツの政治と経済阿部泰夫 訳慶応書房
ドイツの世界政策東郷 豊伊藤書店
ドイツの戦時経済池田慶四郎 編日独旬刊社出版部
ドイツの戦時財政と戦時経済安井源雄不明
ドイツの戦時生活芳賀 檀朝日新聞社
ドイツの戦勝と
その後に来るもの
関根郡平 東亜建設協会出版部
独逸の潜水隊長の手記安原茂夫 訳岡倉書房
独逸の戦争目的 :
欧州新秩序の輪郭
景山哲夫 大同印書館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459237昭和16
独逸の戦争経済エスターヘルト日光書院
独逸の戦争論国防科学研究会 編大日本雄弁会講談社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463177昭和15
独逸の宣伝組織と其の実際外務省調査部 編日本国際協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1450457昭和15
独逸の占領地統治方式海野 稔同盟通信社
独逸の統制経済ゲルマニカス慶応書房
独逸の統制政策H.シャハト 監修今日の問題社
ドイツの文化政策勤労者教育
中央会 編
目黒書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1265540昭和16
独逸の民間航空ドクトル・ゲー・カウマン日独文化出版局
ドイツの若鷲白井喬二 
池田林儀
田中栄堂
ドイツはアジアをかく見るウェルネル・A・ローエ南北社
独逸武装経済の本質ヨーゼフ・ヴィンシュー 有光社
ドイツ物価政策の奇跡池田慶四郎 編日独旬刊社出版部
ドイツ防空読本独逸防空同盟 編春陽堂書店
ドイツ物語樫葉勇 三友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1169268昭和13
独逸雷撃戦の展望舟橋 茂成武堂
独逸落下傘部隊と機械化兵団山本 編皇徳社
独逸陸軍史木暮浪夫 訳晴南社
ドイツ陸軍読本フォン・ツエスカ 編著高山書院
東亜広域経済圏と独逸小関藤一郎東洋書館
ドイツ宣伝中隊員の手記稲本勝彦晴南社
動乱欧州を衝く
 独乙の欧洲新秩序建設
長谷部照俉 誠文堂新光社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044294昭和16
独伊に使して児玉璋六 編日本新聞協会
独伊の完勝と
其の後のアメリカ
関根郡平 東亜建設協会出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1282241昭和15
独伊の世界政策小島威彦ヨーロッパ問題研究所
独伊より帰りて
日本国民に訴ふ
中野正剛 銀座書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1282222昭和13
独英米巨頭の咆哮 
世界をどうする
片倉勝次郎新興亜社
独軍ノルウェー作戦木暮浪夫 訳日独出版協会
独裁王ヒツトラー黒田礼三新潮社
独ソ決戦の背景上野浩一 欧亜通信社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460270昭和18
独ソ戦線2000粁 :
附 大東亜戦争とソ聯の動向
舟橋 茂成武堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460279昭和17
独ソ戦とソ聯竹尾弌 武蔵野書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044606昭和18
独ソ戦と米国の対日態度大日本赤誠会
思想局 編
大日本赤誠会出版局https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1111030昭和16
独ソ戦の趨勢竹井十郎南方圏研究会
独ソ戦の長期化と
ソ連の抗戦力
益田直彦朝日新聞社
独ソ戦を中心とする
ソ聯経済力の検討
東亜研究所特別
第一調査委員会編
東亜研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1445051昭和19
独仏、伊仏休戦協約全貌片倉藤次郎 訳朝日書房
独仏関係鈴木啓介アルス
ナチス運動史J.ザールアルス
ナチス経済建設長守善 日本評論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278466昭和14
ナチス経済と欧州の新秩序小穴 毅朝日新聞社
ナチス厚生団 : KOF権田保之助 栗田書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1064525昭和17
ナチス国民学校の教育内容多田鉄雄日独文化協会
ナチス思想批判蓑田胸喜 原理日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268325昭和15
ナチス思想論山本幹雄アルス
ナチス社会建設の原理中川与之助富山房
ナチス十傑伝貴志康人日独文化出版局
ナチス女子勤労奉仕アン・マリー・キーフアー,
 エデイット・ベルガー 
アルス
ナチス新統制経済読本小島精一 千倉書房
ナチス政治経済読本エルマース慶応書房
ナチス政治論八条隆孟 アルスhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459133昭和16
ナチス精神と日本精神蓑田胸喜 原理日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1024669昭和15
ナチス戦時株式統制高瀬太郎同盟通信社
ナチス戦時経済の展望石島栄 
木村太郎
伊藤書店
ナチス祖国愛の教育新見吉治三友社
ナチス体育の基礎訓練池田林儀 日本出版社
ナチスドイツ憲法論大石義雄白揚社
ナチスドイツ再建史高山菊次教材社
ナチスドイツ 青年詩集
われら戦う
ラインホントシュルツェ旺文社
ナチス独逸の解剖森川覚三 コロナ社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1281649昭和15
ナチス独逸の建設者E.G.Eロレンツ黒水書房
ナチス独逸の国勢と興隆史池田林儀 文松堂書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044989昭和19
ナチス独逸の財政建設W.プリオンダイヤモンド社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276585昭和19
ナチス独逸の新物価政策東京商工会議所編東京商工会議所
ナチス独逸のスポーツゲルハルト・クラウゼアルス
ナチス独逸の世界政策小島威彦アルス
ナチス独逸の総動員機構 上東亜研究所 編東亜研究所
ナチスドイツの文化統制齊藤秀夫日本評論社
ナチス独逸を動かす人々百々巳之助刀江書院
ナチスドイツを繞る
ヨーロッパの外交戦
三沢廣次東洋経済出版部
ナチス闘争の理念A.ローゼンベルグ国協社
ナチス農業政策救仁郷繁 
渋川貞樹
三省堂
ナチス農民政策永川秀男葛城書店
ナチスの科学政策深尾重光アルス
ナチスの株式取引所ヴェ・プリオン巌松堂書店
ナチスの空軍泉 二郎アルス
ナチスの経済政策東亜経済調査局 編東亜経済調査局https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1280279昭和10
ナチスの社会建設ハインリヒ・シュリツアルス
ナチスの宗教丸川仁夫アルス
ナチスの商業政策西谷弥兵衛 アルスhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278449昭和15
ナチスの女性波多野繁蔵 紙硯社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439610昭和17
ナチスの戦争論. 上巻
 (戦争・戦略・政治)
国防科学
研究会訳編
育生社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1454918昭和13
ナチスの戦争経済政策小穴 毅時代社
ナチスの戦争論アドルフ・ヒットラー
外七氏
東邦書院
ナチスの地理建設川上健三 アルスhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267330昭和16
ナチスの新金融政策串本友三郎 立命館出版部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276548昭和16
ナチスの党及国家組織の研究日独文化出版局
調査部 編
日独文化出版局https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1437280昭和17
ナチスの放送戦争深尾重正 アルスhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460312昭和16
ナチスの民族教育安藤堯雄弘学社
ナチスの優生政策R.フレルクス理想社
ナチスのユダヤ政策清水宣雄アルス
ナチス労務動員体制研究菊池春雄 東洋書館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1444752昭和16
日独伊三国同盟と日本の進路城北隠士 亜細亜出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1098086昭和15
日独伊枢軸論白鳥敏夫アルスhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10278572昭和15
日独伊協定の真目的馬奈木敬信 
奥村喜和男
生活社
日独伊同盟と日本の将来野依秀市秀文閣書房
日独協定と各国の動向鈴木日出輔 森田書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1437133昭和11
日独交渉史話丸山国雄日本放送協会
日独詩盟青山延敏 編南山堂書店
日独は予言す中島清 紙硯社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267296昭和18
日独防共協定の検討黒木正磨 教材社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1455595昭和11
日独防共協定の意義松岡洋右 第一出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453652昭和12
日本とナチス独逸末次信正 アルスhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1461356昭和15
驀進日本 :
日独伊同盟と再建世界
小林知治 国防攻究会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1457163昭和15
反共十字軍
独ソ戦の真相とその経過
原田瓊生 日独出版協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460179昭和17
東の日本・西の独逸伍堂卓雄 金星堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268393昭和13
ヒットラーナチス宣言ヒットラー報国社
フィヒテ ドイツ国民に告ぐ富野敬邦玉川学園出版部昭和16
米国の本音をつく
英独争覇と日本
今井三郎 
田川大吉郎
教文社
防共協定とナチス、
ファッショ革命
鹿島守之助巌松堂書店
防共ナチスの経済政策ヒャルマール・シャハト刀江書院
満洲王道思想批判 :
一名・日満独創聯盟期成論
千葉命吉 大日本独創学会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1449088昭和8
盟邦独逸に使して :
ヒトライズムの成果を語る
伍堂卓雄 述横浜貿易協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1270555昭和13
躍進ドイツ読本黒田礼二 新潮社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268496昭和15
四ヶ年計画下の独逸鉄鋼業竹内謙二 編改造社
両大戦間に於ける
独・仏・英の社会政策
ドイツ労働戦線
労働科学研究所 編
世界経済調査会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1062018昭和17
ロンドン爆撃
独逸爆撃隊員手記
石垣緑郎 訳霞が関書房
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、紀伊国屋書店の下記10店舗に令和3年の2月末まで、各1冊だけですが常備陳列されることになっています。
川越店、流山おおたかの森店、梅田本店、グランフロント大阪店、川西店、クレド岡山店、広島店、久留米店、熊本光の森店、アミュプラザおおいた店
お取り寄せは上記店舗だけでなく、全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
令和二年三月末より電子書籍もKindle、楽天Koboより販売を開始します。(予約も可能です)

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント