日本海海戦前後に艦隊から離れたロシア艦のこと~~日露戦争に関するGHQ焚書1

GHQ焚書

 「歴史ノート」で日本海海戦のことを二回にわたり書いてきた。
 バルチック艦隊は、七ヶ月以上もの長い航海を続けてきたため将兵は相当疲労しており、船体にはフジツボなどの貝類が付着し、機関も摩耗していた。ロジェストウェンスキー司令長官にとっては、一旦ウラジオストックに戻って船の整備をし、将兵の英気を充分に養い、ウラジオストック艦隊と合流してから雌雄を決することを望んでいたのだが、わが連合艦隊からすれば、敵艦隊がウラジオストックに戻る前に決戦に持ち込むことベストであった。
 しかしながら、この時代にはレーダーのようなものは存在せず、敵艦隊がウラジオストックに向かうのに、朝鮮海峡を通るのか、津軽海峡を通るのか、宗谷海峡を通るのかがわかっていなかった。

 ロジェストウェンスキー司令長官は、日本艦隊の勢力を分散させる目的で、一部の仮装巡洋艦や拿捕船等に、日本の東海岸や黄海方面に向かうことを命じたのだが、これらの艦船がその後どのような行動をとったのかはあまり知られていない。GHQが焚書処分した小笠原長生(おがさわら ながなり) 著『撃滅 : 日本海海戦秘史』に詳しく書かれているので、その内容を紹介させて頂く。

仮装巡洋艦の行動

 日本艦隊を分散させることが目的であるならば、当然のことながら日本の偵察隊に姿を見せることが必要であったはずなのだが、東に航路をとった二隻は太平洋側沿岸に姿を見せることなく帰国の途に就き、内一隻は民間船を撃沈する等の悪事を働いたようである。

 ロ提督が朝鮮海峡に入るに先立ち、我が艦隊の注意を他に誘致せんがため、仮装巡洋艦テレーグおよびクパーニを我が東海岸に、同リオンおよびツネーブルを上海を経て黄海方面に、それぞれ作動せしめたのである。しかるに前者はついにその姿を我が沿岸に現わさず、両艦協議のうえ、長居は恐れと早速帰国の途に就き途中で相別れたが、日本艦隊から遠ざかったとみると、いや気の強くなったのならないの、このまま手を束ねて帰ったのでは、スラブ魂の面目が立ち申さぬ。
 分捕功名は武士の慣(なら)い。と・・・まずテレーグは六月五日香港を北に距る百五十哩(マイル)の地点で、蘭貢米(らんぐまい:ビルマ米)七万俵を搭載して本邦に回航中のアイコナ号を呼び止め、おれの大砲は火に飢えて夜啼きしているぞと、凄文句をならべてこれを撃沈した。それでも後難を憚ってその乗員は自艦に収容したが、同十九日に出会った蘭国汽船バラック号に停船を命じて、ソラこれを遣るから何処へでも持っていけと、アイコナ号の乗員を無理押し付けに引き渡して解放し、続いて同月二十二日には、食料・鉄器等をシンガポールより本邦へ送るべく、航行中なるデンマーク汽船プリンス・マリー号を捕え、エイ此奴(こいつ)も面倒だと撃沈してその乗員を収容し、バタビヤに入港してこれを陸上に追放したが、因果覿面(いんがてきめん:悪事の報いが現れること)とうとうここでオランダ政府から武装解除を申渡された
 またクパーニの方は六月十四日サイゴンに入り、石炭を搭載した上、二隻の運送船を率いて同港を発し、これは神妙に本国に帰港した。

小笠原長生 著『撃滅 : 日本海海戦秘史』p.496~498

 では黄海方面に向かった二隻についてはどうであったのか。

 次は、呉淞(ウースン:現上海市宝山区)港口まで運送船を護送した後、黄海方面に活躍するの命を受けたリオンとヅネーブルの動作である。これも両艦呉淞港口で相別れ、リオンは山東高角付近まで北航し、同角を南南東に距る六十哩(マイル)の地点で、小樽より天津に航行しつつある大阪商船会社の雇入れたドイツの汽船テタートス号を、有無を言わず引捕らえたが、足手纏いだ沈(や)っちまえと砲火を浴びせ、六インチ砲はよく当たるのうとニヤリとして益々図に乗り、禁制品をもっていない英国汽船ヒラーナン号まで取押え、グズグス言うとこれだぞと、砲門を開けたり閉めたりして脅迫したうえ、遂にその貨物を海中に投下せしめたなどの乱暴を演じて本国へ引き上げた。
 またヅネーブルの方は、呉淞口よりすぐに南下し、これ以て所々で本領を遺憾なく発揮し、六月四日には香港より本邦に回航中の英船セント・キルダ号を撃沈したのみか、日本行郵便物の一部を破棄するという乱暴を働いたから堪まらない。前々より彼らの所為に業を煮やしていた英国政府は、とうとう癇癪丸を破裂させ、こんなまねをされてだまっていては大英帝国の面目にかかわると、すぐさまロシア政府に向かい、
「英国政府は、貴国仮装巡洋艦ヅネーブルの、英国汽船セント・キルダ号を撃沈したることを不当の措置と認める。それについて貴政府の御意見が承りたい。」
 返答次第ではその分に捨て置かんぞとばかり厳談に及んだので、露国政府は一も二もなく閉口し、六月二十四日リオン及びヅネーブルに、
両艦は何時までもグズグズせずに速やかに本国へ帰れ。且つ途中で中立国の船舶に干渉することは罷りならぬ。」
 と厳達し、両艦は早々分捕り功名を擲(なげう)って帰国した
ので、欧州への航路波静かになった。そうして本編に出て来た露艦全部の結末がついた。

同上書 p.498~499

 1900年に起きた義和団の乱の鎮圧のために組織された八ヶ国連合軍のうち、ロシアやイギリスやフランスやドイツの兵が北京や通州などで略奪や暴行を働いたことは以前このブログに書いたが、海上に於いて戦艦が民間船を故意に撃沈するような行為に及んだ事例は、この時代に他にも存在するのであろうか。被害に遭った船にとっては許せない行為である。

日本海海戦から遁走したロシア艦

 上記の事例はバルチック艦隊の中で日本海海戦に参加する前に、別のルートをとって帰国したロシア艦の事例だが、日本海海戦に参加しながら途中で戦線離脱したロシア艦がある。軍令部 編『日本海大海戦史』(GHQ焚書)に記録がある。一部を紹介すると、

 日本海海戦に於いて大敗せる露国太平洋第二、第三艦隊三十八隻中撃沈もしくは捕獲を免れたるものは総数十二隻にして、即ち巡洋艦オレーグ、同アウローラ、同ジェムチウグの三隻は司令官エンクウィスト少将に率いられマニラに遁走して米国政府のために抑留せられ、巡洋艦アルマーズ、駆逐艦ブラーウィ、同グローズヌイの三隻はウラジオストックに遁走し、巡洋艦イズムルードはウラジーミル湾に入り擱岸して破壊し、駆逐艦ボードルイ、特務艦コレーヤ、同スウィーリは上海に逃れて武装を解除し、駆逐艦プレスチャーシティーもまた同所に逃れんとして中途に沈没し、特務艦アナヅイリは本国に逃走せり。而してその逃走の顛末大略は次の如し。

 エンクウィスト司令官はオレーグに坐上し巡洋艦隊を指揮して二十七日の昼戦に参加し、夜に入りてより極力北方に逃れんとしたりしが、我が駆逐隊艇隊の猛烈なる襲撃を受けて遂にその目的を達する能わざりしのみならず、諸艦相分離して留まるものは僅かにオレーグ、アウローラ、ジェムチウグの三隻のみとなり、しかのみならずその主力艦隊の所在をも失いたるを以て同司令官は遂に北航を断念し、夜半針路を転じて南西方に航走し、対馬東水道を経て二十八日の暁五島宇久島の北西二十五海里の地点に達せり。オレーグは艦首のみにても十個の弾痕を印し、戦死者十五名、負傷者三十名を生じ、アウローラは損害更に甚だしく、艦長エゴリエフ大佐重傷を負い、二十名の戦死者、九十五名の負傷者を生じ、ジェムチウグもまた多少の損害あり。かつ各艦残存の石炭にては到底宗谷海峡を迂回してウラジオストックに達すること能わざるを以て、エンクウィスト司令官はまず上海に至り、さきに避難せしめたる露国運搬船より二十四時間以内に石炭を搭載し、再び海上に出て、損所に応急修理を施しさらに進退を決せんと欲し、・・・以下略

軍令部 編『日本海大海戦史』昭和10年刊 p.277~278

 巡洋艦オレーグ、同アウローラ、同ジェムチウグはいずれも煙突が破壊されていたため石炭を消費した割には推進力が弱く、何とかアメリカ領フィリピンのマニラにたどり着いたのだが、船の修理は許されず、そこで抑留されてしまっている。その後アウローラという巡洋艦が数奇な運命を辿り、今日ではロシア革命の象徴の一つとして記念艦が今日に残されているという。その点について少し補記させて頂く。

アウローラ 1903年撮影 Wikipediaより

 アウローラについては以前このブログでも書いたが、バルチック艦隊がリバウ港を出航して間もない時期に、英国海峡沖でイギリスの漁船を日本の水雷艇と誤認して、猛烈な砲火を浴びせてその一隻を撃沈してしまう事件を起こしている。その際にアウローラも日本水雷艇の探海燈と間違えられて、僚艦の砲撃を浴びせられ、水線上に四個の砲弾を受け、数名の死者を出したいわくつきの船である。
 この船がオレーグなどとともに日本海海戦から南方へのがれてフィリピンに達し、マニラで抑留されたのだが、1906年にバルト海に戻っている。1916年大改装のためにペトログラードに回航されたのだが、その当時のペトログラードは革命前夜の緊張感が漂っていたという。1917年二月革命が勃発すると、アウローラの乗組員の一部は反乱に参加し、多くの乗組員がボリシェビキに同調。そして十月革命時にアウローラは外洋への航海命令に反し、冬宮攻撃に参加したとされている。
 アウローラがロシア革命にどのような貢献をしたかについては諸説があるようだが、現在この船はロシア革命の記念艦として、サンクトペテルブルグのネヴァ川河畔に海軍博物館の一部として公開されているようだ。

日露戦争に関するGHQ焚書

 GHQ焚書のリストから、タイトルに「日露戦」のほか、日露戦争の主要な戦いをタイトルに含むものを集めてみました。

タイトル著者編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版
一兵の見たる旅順要塞亀谷書院国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和10
軍事談片*小笠原長生春陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/774404明治38
撃滅 : 日本海海戦秘史小笠原長生 実業之日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1171597昭和5
此一戦*水野広徳博文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/774165明治44
此一戦*、軍事*  旅順戰話
戦記名著集 : 熱血秘史. 第4巻
水野 
小笠原長生
戦記刊行国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和4
日露大海戦
参戦二十提督回顧
相馬  東京日日新聞国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和10
斜陽と鉄血 : 旅順に於ける乃木将軍*津野田是重 偕行社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/942023大正15
従軍記者日露戦争裏面新聞新聞 精華書房国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和10
少年日露戦争物語遠藤文化書房国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和7
青年日露戦史喜多増進国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和17
戦争秘話(日露戦役)
偕行叢書 3
樋山四郎 国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和10
第三十二回陸軍記念日に当り
日露戦役を偲ぶ 
陸軍省新聞班 編陸軍省新聞班https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1221279昭和12
三回旅順閉塞秘話匝瑳胤次 東京国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和9
ツシマ 日本海戦藤原 大観堂デジタル化されているがネット非公開
内務省検閲発禁図書
昭和18
鉄血 : 日露戦争記*猪熊敬一郎 明治出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/774222明治44
日露戦役話集 大戦余響*鳳秀太郎 編博文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/954055大正6
日露戦争を語る. 外交・財政の巻時事新報社 編時事新報社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1218392昭和10
日露戦争物語. 上巻芦間圭 大同館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717387昭和10
日露戦争物語. 芦間圭 大同館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720535昭和10
日露戦役戦陣余話青木袈裟陸軍軍医国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和9
日露戦役の思ひ出 陸軍省
つはもの編輯部 編
つはもの発行所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1110524昭和9
日露戦争 
ミスチェンコ騎兵大集団逆襲実見
黒沢礼吉 黒沢礼吉国立国会図書館に蔵書なし
あるいはデジタル化未済
昭和11
日露戦争へり鹿野吉廣正直書林国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和12
日露戦地懐旧山崎山崎国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和8
日露大戦 永沼挺進中屋公論国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和14
日露戦塵肉弾山行かば原田指月 三水社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1873736昭和3
日露陸戦新史沼田多稼蔵 編兵書出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/942003大正13
日清 日露戦役 回顧録
上賀茂出身
帝国在郷軍人会
上賀茂分会 編
帝国在郷軍人会
上賀茂分会
国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和11
日清日露戦争物語 :
附・アジアの盟主日本
菊池寛新日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1718008昭和12
日清日露両戦役及世界大戦
に於ける我が戦時財政
大蔵省大臣官房
財政経済調査課 編
千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1272744昭和12
日本海戦とハワイマレー海戦松尾精華書房国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和17
日本海大海戦史軍令部 編内閣印刷局朝陽会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1466371昭和10
風雲回顧談兵車*、旅順閉塞*
戦記名著集 : 熱血秘史. 第9巻
大月隆仗  戦記刊行国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和5
兵車行 : 兵卒の見たる日露戦争*大月隆仗 敬文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/774461明45
名将回顧 日露大戦秘史 高田 東京朝日新聞発行所国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和10
名将回顧 日露大戦秘史 海戦星野辰男 東京朝日新聞発行所国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和10
旅順閉塞*桃陰 厚生堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950779大正3
旅順要塞総攻撃木村岡倉書房国立国会図書館/図書館・個人送信限定昭和10
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。長い間在庫を切らして皆様にご迷惑をおかけしましたが、このたび増刷が完了しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能ですし、ネットでも購入ができます(\1,650)。
電子書籍はKindle、楽天Koboより購入が可能です(\1155)。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことができます。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書175 対外関係史81 地方史62 ロシア・ソ連40 イギリス37 神社仏閣庭園旧跡巡り34 日露戦争32 著者別31 軍事31 政治史29 京都府28 神仏分離27 廃仏毀釈26 外交史25 共産主義24 欧米の植民地統治24 対外戦争22 中国・支那21 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 菊池寛19 アメリカ19 反日・排日18 ユダヤ人17 豊臣秀吉16 一揆・暴動・内乱16 ハリー・パークス16 テロ・暗殺16 満州15 GHQ焚書・50音別リスト15 神戸大学 新聞記事文庫14 情報戦・宣伝戦14 朝鮮半島14 支那事変13 コミンテルン・第三インターナショナル13 海軍13 西郷隆盛12 アーネスト・サトウ11 紅葉11 陸軍11 東南アジア11 ルイス・フロイス11 大阪府10 戦争文化叢書10 徳川慶喜10 倭寇・八幡船10 不平士族10 和歌山県9 奈良県9 寺社破壊9 奴隷9 フランス9 イエズス会9 ペリー9 伊藤痴遊9 岩倉具視9 A級戦犯8 オランダ8 神仏習合7 神社合祀7 ナチス7 徳川斉昭7 ドイツ7 ジョン・ラッセル7 小村寿太郎7 修験7 インド7 自然災害史6 ロッシュ6 木戸孝允6 ジェイコブ・シフ6 兵庫開港6 飢饉・食糧問題6 永松浅造6 文化史6 大久保利通6 大東亜戦争6 ロシア革命5 人種問題5 児玉源太郎5 山縣有朋5 奇兵隊5 関東大震災5 高須芳次郎5 大隈重信5 金子堅太郎5 アヘン5 分割統治・分断工作5 滋賀県5 紀州攻め5 伊藤博文5 ジョン・ニール5 隠れキリシタン5 財政・経済5 ウィッテ5 情報収集5 南方熊楠4 堀田正睦4 石川県4 平田東助4 兵庫県4 高山右近4 乃木希典4 フィリピン4 小西行長4 井伊直弼4 山県信教4 東郷平八郎4 スペイン4 国際連盟4 孝明天皇4 旧会津藩士4 西南戦争4 井上馨4 ナチス叢書4 武藤貞一4 東京奠都4 阿部正弘4 水戸藩4 フランシスコ・ザビエル4 日本人町4 和宮降嫁3 朱印船貿易3 文禄・慶長の役3 安政五カ国条約3 義和団の乱3 満州事変3 廃藩置県33 明石元二郎3 静岡県3 北海道開拓3 伴天連追放令33 下関戦争3 柴五郎3 台湾3 薩摩藩3 レーニン3 高橋是清3 三国干渉3 日独伊三国同盟3 タウンゼント・ハリス3 松岡洋右3 中井権次一統3 織田信長3 フビライ3 長野朗3 日清戦争33 福永恭助3 福井県3 徳川家臣団3 藤木久志3 薩英戦争3 山田長政3 シュペーラー極小期3 ガスパル・コエリョ3 プチャーチン3 竹崎季長3 王直3 桜井忠温3 鹿児島県3 勝海舟3 日米和親条約3 スパイ・防諜3 士族の没落3 菅原道真3 津波3 生麦事件3 平田篤胤3 川路聖謨3 大江卓2 山本権兵衛2 領土問題2 南朝2 文明開化2 南京大虐殺?2 安政の大獄2 尾崎秀實2 沖縄2 応仁の乱2 大友宗麟2 水野正次2 大火災2 福沢諭吉2 坂本龍馬2 野依秀市2 伊勢神宮2 大政奉還2 富山県2 ラス・ビハリ・ボース2 足利義満2 高知県2 徳富蘇峰2 火野葦平2 江藤新平2 越前護法大一揆2 水戸学2 安藤信正2 オルガンティノ2 三重県2 オレンジ計画2 プレス・コード2 仲小路彰2 王政復古の大号令2 文永の役2 ハリマン2 足利義政2 島津貴久2 弘安の役2 吉田松陰2 徳島県2 武田信玄2 大川周明2 オールコック2 懐良親王2 北条時宗2 明治六年政変2 淡路島2 板垣退助2 鳥取県2 豊臣秀次2 日光東照宮2 島根県2 島津久光2 土一揆2 下剋上2 神道2 大内義隆1 神奈川県1 桜田門外の変1 後藤象二郎1 前原一誠1 スターリン1 東京1 徳川家光1 第二次世界大戦1 尾崎行雄1 財政・経済史1 熊本県1 徴兵制1 伊藤若冲1 北条氏康1 広島県1 フェロノサ1 大倉喜八郎1 大村益次郎1 足利義持1 ハワイ1 武藤山治1 シーボルト11 浜田弥兵衛1 五箇条の御誓文1 愛知県1 鎖国1 徳川昭武1 鉄砲伝来1 大村純忠1 藤原鎌足1 山中峯太郎1 重野安繹1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 加藤清正1 北条早雲1 日野富子1 督戦隊1 スポーツ1 版籍奉還1 長崎県1 あじさい1 穴太衆1 徳川家康1 岐阜県1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 宮武外骨1 陸奥宗光1 佐賀県1 科学・技術1 福岡県1 今井信郎1 士族授産1 宮崎県1 上杉謙信1