GHQが焚書処分した「幕末」「明治」「大正」をタイトルに含む本~~菊池寛 『明治海将伝』

GHQ焚書
スポンサーリンク

 GHQが没収廃棄して、戦後の日本人に読めないようにした本は多岐にわたるが、古代から近現代までのわが国の歴史上、「武の英雄」とされてきた人物のことを記した本の多くが焚書処分を受けている。

 たとえば、日露戦争を勝利に導いた乃木希典や東郷平八郎について書かれた書物の多くがGHQによって没収されてしまった。昔は教科書にも名前が出て活躍ぶりについても書かれていたのだが、最近の一般的な高校教科書である『もういちど読む 山川日本史』には、この二人の名前が全く出てこないのである。この二人の名前は今も世界の多くの国で知られているのであるが、戦後になってからのわが国では、この二人が顕彰されることがほとんどなくなってしまっているのだ。

 今回はGHQ焚書のうち、本のタイトルに「幕末」「明治」「大正」を含む本をリストアップしてみたのだが、菊池寛著『明治海将伝』に東郷平八郎のことが書かれている。

 近代における我国の世界的英雄をあげるならば、陸の乃木大将と並んで、海では東郷平八郎であろう。ロシアのバルチック艦隊を対馬海峡に遊撃して、完膚なきまでに撃滅した戦功は、ナポレオンの海軍を破った、ネルソン提督にも優るとも劣らぬと言われる

 しかし、東郷平八郎の生涯を見ると、その華々しい戦功にもかかわらず、多くの英雄たちのような豪放なところもなければ才気煥発するところもない。ただ、至誠純朴恭謙の性格が一生を貫いているだけである。あの華々しい戦功の遠因の一つもそれであり、その大きな功績にもかかわらず、質素そのものの晩年を送ったのもこの性格からである。それが、国民から「東郷さん、東郷さん」と一種の親しみを持って畏敬され、人気のある所以である。伊東祐亨*(いとう ゆうこう)は、平八郎を表して「米の飯のような人物だ」と言い、樺山資紀(かばやま すけのり)**は「平素は至極静かで女性の如く見ゆるが、元来沈着にして決断強く、軍人としては最も必適の人物だ」と言っている。尾崎行雄***は「余の大将に敬服するは、大正が蓋世の偉功を奏しながら毫もこれを自覚せざるものの如くなるにあり。その鞠躬如(きっきゅうじょ:身をかがめて恐れ慎むさま)たるは作意の恭謙にあらずして自らその功業の偉大なるを知らざるがためなるに似たり(中略)曠古の偉勲を奏してこれを自覚せず、これ東郷大将の東郷大将たる所以にして、いわゆるじみなる英雄の最上乗なるものにあらずや」と評している。しかも、英雄のキッチナー元帥が言った通り、平八郎は「無言にして畏るべき提督」であった。彼は、少年時代から、至誠純朴、無口で必要以外は喋らず、一歩一歩と努力していった人である。

*伊東祐亨:海軍軍人。初代連合艦隊司令長官を務めた。

**樺山資紀:陸軍及び海軍軍人、政治家。海軍大臣、台湾総督、内務大臣、文部大臣などを歴任した。

***尾崎行雄:政治家。「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれる。

(菊池寛 著『明治海将伝』p.215~216)

 以前このシリーズで、多くの人物の伝記がGHQによって焚書されていることを書いたが、乃木希典、東郷平八郎、山本五十六といった明治から昭和の軍人だけでなく北条時宗、豊臣秀吉、加藤清正といった伝記までもが多数GHQに没収されている。

GHQにより没収・廃棄された個人の伝記など
 GHQ焚書リストの中で、本のタイトルに「伝」という文字があるか、個人名がある本をリストアップしてみました。時代が時代だけに軍人を顕彰する本が多いのはやむを得ませんが、GHQは歴史上の人物や外国人に関する著作も多数焚書処分しています。外国...

 このような伝記が焚書処分されたのは、これらの人物が外国を相手に戦った歴史と無関係ではないのだろう。戦勝国からすれば、日本人にとっての「武の英雄」は、日本人の記憶から消してしまいたかったのかもしれないが、日本人からすれば、外国の勢力と戦ってわが国の危機を救った人物を知らずして日本の歴史を語ることはできないと思う。

 下記のリストは全部で26点あるが、菊池寛の著作2点は電子書籍化されており、『明治海将伝』についてはKindle Unlimited会員は読み放題で(すなわち無料で)読むことができる。

タイトル著者・編者出版社出版年国立国会図書館デジタルコレクションURL
下野勤王史概説. 幕末篇栃木県
教育会 編
栃木県
教育会
昭和14https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1148360
大衆明治史. 下巻菊池寛 汎洋社昭和16https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041878
大正の海軍物語中島武 三友社昭和13https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720075
通俗幕末勤皇史 第三巻得富太郎目黒書店
日華明治維新史中村孝也東京堂
幕末期東亜外交史大熊真 乾元社昭和19https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041865
幕末勤皇思想の研究國學院大學
道義学会
青年教育
普及会
幕末の海軍物語中島武 三友社昭和13https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720073
明治以後における
神道史の諸相
神崎一作京文社
明治偉人少年時代竹田敏彦 昭和書房昭和16https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717851
明治維新 庶民勤皇史話五十公野清一亜細亜書房
明治海将伝菊池寛 万里閣昭和15https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463799
明治、大正、昭和 
絵巻文化の足跡
前川伝二前川書房
明治・大正・昭和
教育思想学説人物史 第四巻
藤原喜代蔵日本経国社
明治・大正・昭和
日本勃興秘史
三角 寛ヤシマ書房
明治天皇と軍事一般弘田臥石 編弘田自然
明治天皇の御製と御聖徳古谷義徳目黒書店
明治天皇御製読本吉江石之助 編愛之事業社
明治天皇御製謹解石坂艶治明治書院
明治天皇御製読本 
忠君愛国篇
聖書房編輯部聖書房
明治天皇御製謹解 
国民訓
高橋 茂教学書房
明治以後詔書謹解吉田熊次 編内閣印刷局
明治天皇境川聖跡誌山崎正次山崎正次
明治天皇と軍事渡辺幾治郎 千倉書房昭和13https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463774
明治天皇の御盛徳徳富猪一郎 民友社
明治の海軍物語中島武 三友社昭和13https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720072
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【タグクラウド】

GHQ検閲・GHQ焚書 GHQ焚書・50音別 キリスト教関係史 スポーツ テロ・暗殺 プレス・コード ユダヤ人 一揆・暴動・内乱 共産主義 北海道開拓 南朝 反日・排日 地方史 外交史 大東亜戦争 奴隷 対外関係史 廃仏毀釈 情報戦・宣伝戦 支那事変 政治史 日本人町 日露戦争 朝鮮半島 東南アジア 欧米の植民地統治 満州 神仏分離 神仏習合 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 神社仏閣庭園旧跡巡り 神社合祀 紅葉 織田信長 自然災害史 著者別 西尾幹二動画 豊臣秀吉 財政・経済 軍事 領土問題 飢饉・食糧問題

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより販売しています。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント