GHQに没収・廃棄された、「侵(略)」「統治」「支配」「搾取」の文字をタイトルに含む本

 GHQが戦後の日本人が読めないように没収・廃棄した様々な書物の中から、「侵(略)」「統治」「支配」という文字をタイトルに含む本をリストアップしてみました。

 これらの書物のタイトルを見るだけで、それまで世界を侵略して来た国がどのような国であったかが、ある程度見えてきます。

 いつの時代も、どこの国でも同じですが、歴史は勝者によって編集し叙述されるもので、戦後は戦勝国によって大幅に歴史が書き換えられました。学校で学んだ歴史も、マスコミで伝えられてきた歴史も、所詮は第二次大戦の戦勝国が描いた綺麗ごとの歴史に過ぎません。勝者の歴史をいくら学んでも、わが国が何のために戦ってきたのかは見えてこないものではないでしょうか。

日露戦争直前のアジア地図(takedanet.comより)

 下記リストの書籍の中では、仲小路彰氏の著作だけが復刊されています。GHQが焚書した書籍のうち、復刊されている書物については、次のリンクをご参照ください。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
アジア侵略秘史桑原三郎清水書房
亜細亜侵略史高橋 勇霞ヶ関書房
アジアを奪うもの本山桂川国民文化書院編纂所
英吉利の印度支配 :
仮面をとつた英国
ラインハアルト・フランク ニッポンプレスhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1153768昭和15
イギリスの印度統治 :
其経済諸政策の研究
東亜経済調査局東亜経済調査局https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1281293昭和10
異民族の支那統治史東亜研究所 編大日本雄弁会講談社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042382昭和19
印度侵略悲史ラス・ビハリ・ボーズ 東京日日新聞社
印度統治機構の史的概観中島宗一満鉄東亜経済調査局https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1028046昭和17
英国の植民地統治方式伊東敬 同盟通信社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1272638昭和17
英国の支那侵入欧州事情研究会ニッポン・プレス
英国の世界侵略史斎藤栄三郎大東出版社
英国の世界統治策ヨーロッパ問題研究所編ヨーロッパ問題研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271486昭和15
英国の南阿侵略ヘルムート・キルヒナー日独文化出版局
外地統治機構の研究山崎丹照 高山書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276442昭和18
濠洲侵略史斑目文雄欧文舎
思想決戦 
敵思想侵攻と撃碎
中井良太郎 鳴玄社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460324昭和19
支那を支配するもの佐藤俊三 大阪屋号書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1445089昭和17
植民地統治法の基本問題中村哲 日本評論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276124昭和18
印度侵略序幕深尾重正アジア問題研究所
対英戦と被圧迫民族の解放小倉虎治 アジア問題研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268185昭和14
太平洋侵略史1仲小路彰戦争文化研究所
太平洋侵略史2仲小路彰戦争文化研究所
太平洋侵略史3仲小路彰戦争文化研究所
太平洋侵略史4仲小路彰戦争文化研究所
太平洋侵略史5仲小路彰戦争文化研究所
太平洋侵略史6仲小路彰戦争文化研究所
独逸の占領地統治方式海野 稔同盟通信社
南方圏統治概括一原有常海洋文化社
南方統治の諸問題秋永肇 日光書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276410昭和18
南洋侵略史柴田賢一 興亜日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276434昭和17
南洋白人搾取史仲小路彰戦争文化研究所
日本植民地統治論浅見登郎 巌松堂書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1466350昭和3
米英東亜侵略史大川周明 第一書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042284昭和17
米英の世界侵略堀内謙介毎日新聞社
米英の東亜侵略年譜柴田賢一 都書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276432昭和17
米国の世界侵略相馬 基毎日新聞社
満州統治論池田秀雄日本評論社
猶太の世界支配綱領愛宕北山政経書房
蘭印侵略史デ・クラーク報知新聞南方調査会
聯盟脱退と南洋の委任統治麓純義 新極東社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438469昭和9
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

 無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの店舗でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント