GHQが戦後の日本人に封印したオーストラリアの歴史書など~~宮田峯一『濠洲連邦』

GHQ焚書

 GHQの焚書リストを見ていると、なぜこんなテーマの書籍を没収廃棄を命じたのかと思われるタイトルの本がかなりあるのだが、オーストラリアに関する歴史書がなぜ封印されたかについては、実際に読んでみるとよく理解できる。多くの焚書本に書かれていることは、戦後の日本人にほとんど知らされていない重要な歴史的史実のオン・パレードなのである。その歴史的事実とは、多くの場合戦勝国であるイギリスにとって都合の悪い真実である。

 GHQ焚書は、3割近くが「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されているのだが、ネット公開されていない本を紹介したい。

 たとえば宮田峯一著『濠洲連邦』はこう記されている。

 従来英国は刑法によって囚徒をアメリカに送っていたが、アメリカ独立後それを停止するに至った結果、起こった問題だった。

 十八世紀には、大多数の囚徒をアメリカ植民地に送るのが慣習であって、1717年から独立戦争までの間に、少なくとも五万人がアメリカに送られていた。しかし、今やアメリカは英国から独立したのであるから、この制度を続けることは出来なくなった。ところが英国の法律は、依然として流刑を一つの刑罰としており、裁判官にその判決を下させていたので、これらの囚徒を収容する刑務所は狭隘を告げるに至った。当時この刑に処せられた者は十万人にも及んだといわれる。

 政府は南アフリカに流刑地を物色した。そしてそこに数百人を送ったが、その地は実に疫病と飢饉の巣窟だった。エドモンド・パークは「…これらの人々をアフリカへの流刑に処することは、一見温情のように見えるが、実際は残虐と呼ぶのが正当であるかも知れない。英国で断頭台の露と消えさす方が、アフリカの気候と野蛮人に殺させるよりははるかに慈悲である。」と、議会で痛烈に政府を攻撃している。

(宮田峯一著『濠洲連邦』紘文社 昭和17年刊 p.24~25)

 英国はアメリカ植民地に囚人を送り込んでいたのだが、アメリカが1776年に独立したために新たな流刑先を探す必要に迫られることとなる。またアメリカの独立戦争において終始英国本国に対して忠誠を尽くした「王権党」のメンバーが、アメリカ独立後に新政府より苛酷な扱いを受けていたことから、彼らの移住地を探す必要もあった。最初にアフリカに囚人を送り込んだのだが失敗に終わり、そこで目をつけられたのが、オーストラリアであったという。

 …1785年、ジョージ・ヤング提督は、ニュー・サウス・ウェールズへの王権党員と囚徒との詳細な移住案を立てて、これを政府に提出し、ニュー・ホランド(オーストラリア)はヨーロッパから遠隔の地にあるから、そこへ囚徒を移住させることは、つまり英国から永久に不良分子を放逐することになるという点を特に強調した。

 アフリカにおける移民の失敗と、ニュー・ホランドを適当な移民地とする議論は、ついに政府を動かすに至った。しかし、1787年の議会における英国王の詔書には「英帝國各地における刑務所の狭隘より生じる不便を除去するため」という文句はあるが、王権党員の処置については一言も言及していない。このように当時の英政府もやはり、敗北した本国軍隊に味方して不幸に陥った人々に報いる手段は講じなかった。

 こうして濠洲は、これら英国民中でも醜劣な人間の屑を投げ捨てる芥捨場とされたのである。ビットのような大政治家の頭にも、英国は南半球に大国家建設の基礎を築くのだという観念は全く浮かばなかったのである。…<中略>…1786年に是認された植民地から、今日の濠洲連邦が生まれたからである。

(同上書 p.26~27)

 かくしてオーストラリアは英国の植民地となったのだが、もともとこの大陸には石器時代の生活をしていた原住民が多数住んでいた。英国人はこれらの人々を残虐な方法で殺戮していったのである。同上書にはオーストラリアやタスマニア原住民殺害に関する具体的な事例がいくつか紹介されていて、タスマニア人は全滅してしまい、オーストラリア原住民についてはわずかに二万人程度だけが残されたという。詳しいことはあとで紹介する西尾幹二氏の動画を見て頂くこととして、どの程度の原住民が犠牲になったかについては同上書にこう記されている。

 1788年、濠洲初代総督フィリップ海軍大佐がシドニーに植民地を開設した当時は、濠洲全土の住民は黒人だけで、その数いくばくであったかを算定することは持ちろな不可能であるが、フィリップは、ボタニー湾及びジャクソン湾界隈に1500人ばかりいたと推定している。1837年にはフィリップ湾地方には約6000人いたと推定され、南部地方よりも帰航の暖かい北部、西部、東部地方にはずっと沢山いたことは確かで、植民当初の濠洲原住民の総数は、宣教師グリブルの評価によると、約百万人を算したと言われているが、とにかく少なくとも二十万人以上はいたものと推定されている。

 ところが、無情な英人の毒牙にかかり、この単純な原住民の各部族は短時日の間に、ほとんど全滅に瀕したのである。全滅しない部族にも、悪意ある英人は、癩病、梅毒の如き業病や、飲酒の悪癖などで、原住民を絶滅さすべく、その種子を彼等の間に蒔きつけておいたのである。

 総督中には人道的正義の人もあって、自らの責任感に目覚め、原住民の救済と保護に乗り出した者もあったが、時既におそく、病膏肓にはいっていたという状態だったため、何等の効果も収めなかった。黒人絶滅に腐心する大衆に抗し、実際に誠意を尽くして、国人を保護し保存せんとして起ちあがった博愛団体もあったが、…その頽勢を挽回することは到底不可能であった。現今では、運よく大陸の最も奥地に逃避した数部族を除いては、濠洲の原住民の数は非常に減少し、十指で算えられる程の病弱した黒人が、ある州の首都の郊外にある特定保護所に収容されているだけである。

(同上書 p.159~160)

 具体的に英国人がどのような行為を行ったかは、西尾幹二氏が講義で述べておられるので、興味のある方は次の動画を視聴して頂きたい。(Youtubeにはこの動画は検索しても見つかりません)

GHQ焚書図書開封 第7回
GHQ焚書図書開封 第7回 ※「GHQ焚書図書開封」は、当面、毎週水曜日に第一回から公開させていただきます。占領下、大東亜...

 英国人が行った行為はホロコーストとして歴史に残されてもおかしくなかったのだが、彼らはそういう記述のある本を徹底的に没収して廃棄し、日本人の記憶から消し去ろうとした。その目的は、おそらく、敗戦国に「悪い国」のレッテルを貼るためではなかったか。

 わが国の戦後の歴史研究の多くは、戦勝国にとって都合の悪い史実を封印したままの産物であったとの印象がぬぐえない。GHQが封印した本に書かれている戦前・戦中の研究成果を取り戻さなければ、歴史の真実に近づくことができないのではないだろうか。

 以下のリストはGHQ焚書のリストの中から、「濠洲」「タスマニア」とついでに「ニュージーランド」で検索して作成したものだが、全部で18冊のうち4冊がネット公開されている。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
印度と濠洲松本悟朗 聖紀書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044233昭和17
濠洲上野巳世次六興出版部
濠洲土屋元作 博文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1111530昭和18
濠洲及南太平洋長倉矯介日本書房
濠洲史泉 信介人文閣
濠洲事情白 仁泰立命館出版部
濠洲侵略史斑目文雄欧文舎
濠洲の運命井上武夫肇書房
濠洲の現勢 太平洋叢書伊藤孝一海洋文化社
濠洲の社会と経済岡倉古志郎電通出版部
濠洲連邦宮田峰一紘文社
最近の濠洲事情西川忠一郎三洋堂書店
最近の濠洲に使して八木英三岩手日報社
大東亜戦における重慶・インド・濠洲東京日日新聞東亜部 編大同出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1273599昭和17
ニユージーランド小関順平宝雲社
ニユージーランド和田俊二朝日新聞社
ニユージーランドの産業資源松田信夫春潮社
東印度及濠洲の点描小林織之助 統正社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1273604昭和17
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【タグクラウド】

GHQ検閲・GHQ焚書 GHQ焚書・50音別 キリスト教関係史 スポーツ テロ・暗殺 プレス・コード ユダヤ人 一揆・暴動・内乱 共産主義 北海道開拓 南朝 反日・排日 地方史 外交史 大東亜戦争 奴隷 対外関係史 廃仏毀釈 情報戦・宣伝戦 支那事変 政治史 日本人町 日露戦争 朝鮮半島 東南アジア 欧米の植民地統治 満州 神仏分離 神仏習合 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 神社仏閣庭園旧跡巡り 神社合祀 紅葉 織田信長 自然災害史 著者別 西尾幹二動画 豊臣秀吉 財政・経済 軍事 領土問題 飢饉・食糧問題

【人気記事ランキング50 最近90日間】

外国人襲撃事件が頻発する中で起きた生麦事件と英国人らの反応688 views
戦場で拉致されて売られていった人々414 views
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)407 views
わが国が第二次大戦で戦わざるを得ない状況に追い込んだ勢力~~武藤貞一著『日本の変貌』を読む399 views
徳島藩蜂須賀家が治めていた淡路島がなぜ兵庫県に移されたのか~~四国1395 views
「応仁の乱」と、その後相次いだ「下剋上」~~土一揆と応仁の乱3368 views
なぜ室町時代中期に土一揆が頻発したのか~~土一揆と応仁の乱1343 views
薩長を支援したイギリスと、幕府に接近し助言し続けたフランス332 views
大久保利通暗殺事件と石川県の三分割 ~~北陸3328 views
戦国大名は何度も起きた飢饉をいかにして乗り越えようとしたか312 views
日米を戦わせるように仕向けた国はどこなのか~~武藤貞一『日米十年戦争』(GHQ焚書)298 views
新聞社・通信社が戦前・戦中に発行した写真集~~『関東震災画報』『時局及排日ポスター写真帖』『支那事変写真帖』282 views
新聞社で最もGHQ焚書点数の多い朝日新聞社が、戦前・戦中に刊行した本~~『植民地の再分割』『米国への判決』『陸軍』279 views
静岡に移住した旧幕臣や、下北半島に移住した旧会津藩士たちの悲惨な暮らし278 views
戦前・戦中に出版された読売新聞社の『支那事変実記』、『海戦 : 大東亜海戦記』を読む275 views
家禄が大幅に削減された士族のなかでも特に悲惨な目にあった徳川の旧幕臣たち267 views
新聞社で二番目にGHQ焚書点数の多い毎日新聞社の本~~『日本へ寄せる書』、『国際戦を呼ぶ爆弾 支那』263 views
徳島県が名東県と名称を変えたのち高知県に吸収され、その後再設置されるまで~~四国2262 views
明治政府が士族中心の軍隊を否定した経緯と徴兵制に対する国民の反応258 views
大名の争いから村を守る村人の戦い254 views
日露戦争後に日米関係がどう動いたか~~福永恭助著『挑むアメリカ』(GHQ焚書)を読む253 views
GHQが最も嫌った野依秀市の著した政権・大手マスコミ批判の書251 views
菊池寛の『明治文明綺談 』で幕末から明治期に西洋文明に触れた日本人を知る250 views
ネットで読める都道府県史、主要市史246 views
鹿児島県に合併されてすぐ西南の役に巻き込まれた宮崎県の再設置運動242 views
頻繁に起こっていた土一揆が応仁の乱の十一年間に記録されていない事情~~土一揆と応仁の乱2237 views
第二次世界大戦の前に戦争の形が変わった~~武藤貞一著『世界戦争はもう始まっている』を読む232 views
GHQに封印された支那事変の真実~~武藤貞一著『日支事変と次に来るもの』232 views
徳富蘇峰が立ち上げた『国民新聞社』の出版物を読む~~『日本野球史』『霞ヶ関を衝く:弱体外交の実相暴露』228 views
菊池寛の名著『大衆明治史』(GHQ焚書)で日露戦争の舞台裏を読む225 views
総理大臣を三名も輩出した戦前の報知新聞社の本を読む~~『大隈侯昔日譚』、『満州開拓戦士 : 酷寒下の生活報告』224 views
フィリピンの日本人町はどういう経緯でつくられたのか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人3220 views
徳川家臣団による「士族の商法」212 views
GHQ焚書・長野朗著『民族戦』に描かれた、漢人の侵略の仕方195 views
福沢諭吉らが立ち上げた時事新報社の出版物を読む~~『利権物語』『不景気はどうなる』180 views
倭寇はなぜ元寇のあとから頻発するようになったのか~~倭寇1174 views
シャムで活躍した山田長政とアユタヤの日本人町~~朱印船貿易と東南アジアの日本人4164 views
秀吉の伴天連追放令と朝鮮出兵の背景を考える~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む1163 views
石清水八幡宮の廃仏毀釈と本尊・薬師如来の行方158 views
GHQが焚書処分したヒットラーの著書を読む 1~~『我が闘争  第1巻 下』158 views
二度目のペリー来航が、約束していた時期より随分早まった経緯149 views
徳川家旧幕臣らが茶畑の開墾を始めた牧之原台地145 views
GHQ焚書に描かれた、支那事変(日中戦争)における支那軍の戦い方137 views
高野山は戦国時代の危機を如何に乗り越えたか133 views
石川県が明治九年に日本最大の県となった事情~~北陸2131 views
関東大震災の貴重な記録は今日に活かされているのか~~その1.大量の焼死者が出た東京128 views
秀吉が朱印船貿易を開始する前後のフィリピン~~朱印船貿易と東南アジアの日本人2124 views
種子島に伝来した鉄砲一挺を持ち帰った根来寺のこと122 views
孝明天皇は病死したのか、あるいは毒殺されたのか121 views
聖ザビエル像が山奥で発見されたのち、売却された経緯~~隠れキリシタンの里2121 views

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより販売しています。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史逍遥『しばやんの日々』

コメント

  1. こんにちは♪
    いつもありがとうございます。
    今月もよろしくお願いいたします。
    今日は「人気記事ランキング50 最近90日間」の一位の記事を拝読いたしました。

    • Ounaさん、古い記事を読んで頂きありがとうございます。今月もよろしくお願いします。
      歴史ブログは古い記事でもいろんな人に読んで頂けるので、とても励みになります。

  2.  初めてこちらのブログを拝読しました。

     とても素晴らしい内容でした。

     これからも頑張って下さい。

    • ありがとうございます。とても励みになります。
      これからも頑張りますので、時々覗いてみて下さい。