なぜGHQが水戸学の研究書を戦後の日本人に封印したのか~~高須芳次郎 『水戸学講話』

GHQ焚書

 前回の「歴史ノート」で水戸藩の廃仏毀釈のことを書いた。水戸藩は幕末期に藩主・徳川斉昭が、水戸学の立場から強硬な尊皇攘夷論を唱え、大砲を作るのに梵鐘や仏像などを鋳つぶしているのだが、GHQは水戸学の研究書の多くを焚書処分している。なぜGHQが、江戸時代の思想研究書を危険視したのであろうかと誰でも思う。

 高須芳次郎著 『水戸学講話』に、水戸学が尊皇攘夷を主張し排仏を唱えた理由について次のように記している。

 水戸学派では、一時、皇室の不振に陥った朱印を仏教の跋扈にありとしたので、相当に手強くこれに排撃を加え、更にキリスト教が侵略の手先の如く欧米人に利用せられていることに大きい不満を抱いて、最も弁難に努めた。…<中略>

 烈公(徳川斉昭)は、インド精神を象徴するものとして仏教を斥け、西洋の侵略心を伴うものとして、キリスト教を斥けたのみならず、儒者でも、日本的自覚なきものを非とした。何れかと言うと、烈公の活躍時代は、西力東漸の勢が烈しいために、烈公も、仏教排撃よりも、より多く排耶運動(キリスト教排撃)に力を注いだ気味が見える。

 蓋し、水戸学派では、ひとり、キリスト教の教義にあきたらなかったばかりでなく、その背後に潜む洋人の侵略手段に反感を持ったので、あくまで、祖国愛の精神から、強力にキリスト教排撃の態度に出た。従って烈公も、この点に主力を注いだのである。…<中略>

 烈公の排耶主義を理論化したのは、会沢正志斎である。

(高須芳次郎著 『水戸学講話』今日の問題社 昭和18年刊 p.252~255)
水戸学講話 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 水戸学が主張した尊王攘夷論においては、西洋による侵略の背後にキリスト教の存在を認識していたことになるのだが、中央公論社の『日本の名著29 藤田東湖』に、会沢正志斎『新論』の現代語訳が出ているので少し引用させていただく。

 西洋の異人にいたっては、各国とも耶蘇教(キリスト教)を信奉してその力で諸国を併呑し、いたるところの寺社を焼き払い、人民を欺いて、その国土を略奪している。その志は他国の君主すべてを臣下とし、その人民を奴隷とするのでなければ満足しないというものである。その勢いがますます猛烈になって、すでにルソン、ジャワを滅ぼし、ついにはわが日本をも狙い始めた。…その邪教が民心をまどわすのは、けっしてたんに国内の姦民にとどまらなかった。幸いに明君・賢相がその悪謀を見抜かれ、一人の生き残りもいないまでに完全に絶滅されたのである。頑強な邪教の徒も、わが国に根を下ろすにはいたらず、以来二百年、人民が邪教の誘惑から免れることが出来たのは、大いなるその恩恵であった。

(『日本の名著29 藤田東湖』中央公論社 昭和49年刊 p.312)

 彼ら(西洋人)は他国を滅ぼそうとするならば、かならずまず貿易によってその実情を偵察し、乗ずべき隙があれば兵を起こしてこれを攻略し、隙が無ければキリスト教を布教して人心を惑わそうとする。人心がいったん、それに傾けば、外夷の侵入を歓迎するようになるのを禁じようもない。しかも、それらのものたちはキリストのための殉教を羨みあい、それを光栄としている。その勇気は戦争に用いるに足りる。また財産をつぎこんでキリストに捧げるが、その財は軍事行動を賄うに足りる。他国の民を誘惑し、その国を滅ぼすことがキリストの心にかなうものと思い、博愛の言葉を利用して、その侵略をほしいままにしている。その兵は貪欲ではあるが、しかも正義の軍という名目を掲げることは出来る。他国を併合し、土地を奪うのはいずれもこのような術策によらないものはない。

(同上書 p.335~336)

 キリスト教が西洋人の侵略の原動力になっているとの指摘はその通りであり、そこまで見抜いた上で尊皇攘夷論が唱えられていたいたことは、通史を読んでいるだけでは知りえないことである。

 西尾幹二氏の『GHQ焚書図書開封』の動画シリーズで、会沢正志斎『新論』についての解説がある。興味のある方は視聴していただきたい。

・後期水戸学 『新論』の原文を読む魅力

GHQ焚書図書開封 第148回
GHQ焚書図書開封 第148回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

・後期水戸学 『新論』と現代グローバリズム

GHQ焚書図書開封 第149回
GHQ焚書図書開封 第149回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

藤田幽谷、藤田東湖に関しては

・水戸学中興の祖藤田幽谷の一とその意義

GHQ焚書図書開封 第146回
GHQ焚書図書開封 第146回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

・厳正なる父に鍛えられた藤田東湖の三度死を決する人生

GHQ焚書図書開封 第147回
GHQ焚書図書開封 第147回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

・『弘道館記』『弘道館記述義』瞥見

GHQ焚書図書開封 第150回
GHQ焚書図書開封 第150回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

・意気天を衝き、人を圧する藤田東湖の風情

GHQ焚書図書開封 第151回
GHQ焚書図書開封 第151回 ※「GHQ焚書図書開封」は、過去放映分を隔週水曜日に公開していきます。占領下、大東亜戦争を戦っ...

 西尾幹二氏の書籍では『GHQ焚書図書開封11維新の源流としての水戸学』に、水戸学の話が詳しく出ている。

 下記のリストは、GHQ焚書の中から、水戸学に関連する書籍を集めたものである。全部で24点あり、うち4点が「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
会沢正志斎高須芳次郎 日東書院
海防物語 水戸の大砲関 一大日本雄弁会講談社
機関説と水戸学大野 慎東京パンフレット社
弘道館記述義・回天詩史小林一郎 平凡社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1038342昭和16
皇道精神の水戸学江幡弘道文淵閣
正気の歌と水戸の学風橋本茂夫日本放送協会
註訓 新論会沢正志斎三教書院
日本精神作興講話 
藤田東湖篇
仁木松雄都詳閣
人間義公水戸黄門一代記大内地山水戸学研究会
藤田東湖の生涯と思想大野 愼一路書院
藤田幽谷の思想坂本勝義昭和図書
藤田幽谷の人物と思想松原 晃六合書院
水戸学研究立林宮太郎 国史研究会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/959152大正6
水戸学講話清水正健 栗田勉瑞穂出版
水戸学講話高須芳次郎 今日の問題社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1038552昭和18
水戸学精神日本文化研究会編東洋書院
水戸学全集 5高須芳次郎 編日東書院
水戸学と日本の憲法小久保喜七日本出版部協会
水戸学と仏教布目唯信興教書院
水戸学と水戸魂小滝 淳堀書店
水戸学要義深作安文 目黒書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1048545昭和15
水戸思想と維新の快挙長谷川信治 編長谷川書房
水戸魂の科学性有馬秀雄霞が関出版
水戸烈公の国防と反射爐関 一水戸反射炉普及会
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログサイト内検索】

大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

お取り寄せは、全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
令和二年三月末より電子書籍もKindle、楽天Koboより販売を開始しました。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書170 対外関係史80 地方史62 イギリス37 ロシア・ソ連34 神社仏閣庭園旧跡巡り34 著者別31 軍事29 政治史29 京都府28 神仏分離27 廃仏毀釈26 日露戦争25 外交史24 欧米の植民地統治24 共産主義23 対外戦争22 中国・支那21 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 菊池寛19 ユダヤ人16 アメリカ16 一揆・暴動・内乱16 豊臣秀吉16 ハリー・パークス16 テロ・暗殺16 GHQ焚書・50音別リスト15 反日・排日15 情報戦・宣伝戦14 朝鮮半島14 満州14 コミンテルン・第三インターナショナル13 神戸大学 新聞記事文庫13 支那事変13 西郷隆盛12 陸軍11 海軍11 アーネスト・サトウ11 紅葉11 東南アジア11 ルイス・フロイス11 不平士族10 徳川慶喜10 倭寇・八幡船10 戦争文化叢書10 和歌山県9 フランス9 岩倉具視9 伊藤痴遊9 奴隷9 寺社破壊9 大阪府9 ペリー9 奈良県9 イエズス会9 オランダ8 徳川斉昭7 ナチス7 インド7 ドイツ7 修験7 神社合祀7 A級戦犯7 神仏習合7 ジョン・ラッセル7 ロッシュ6 自然災害史6 大東亜戦争6 飢饉・食糧問題6 永松浅造6 文化史6 兵庫開港6 木戸孝允6 大久保利通6 人種問題5 アヘン5 滋賀県5 財政・経済5 伊藤博文5 児玉源太郎5 大隈重信5 奇兵隊5 隠れキリシタン5 分割統治5 情報収集5 山縣有朋5 ジョン・ニール5 関東大震災5 高須芳次郎5 ジェイコブ・シフ5 紀州攻め5 堀田正睦4 阿部正弘4 小西行長4 高山右近4 水戸藩4 フィリピン4 スペイン4 フランシスコ・ザビエル4 井上馨4 西南戦争4 東京奠都4 旧会津藩士4 井伊直弼4 ナチス叢書4 金子堅太郎4 兵庫県4 乃木希典4 南方熊楠4 平田東助4 日本人町4 武藤貞一4 ウィッテ4 山県信教4 石川県4 孝明天皇4 東郷平八郎4 小村寿太郎4 士族の没落3 台湾3 福永恭助3 山田長政3 朱印船貿易3 和宮降嫁3 徳川家臣団3 スパイ・防諜3 生麦事件3 下関戦争3 柴五郎3 日独伊三国同盟3 藤木久志3 三国干渉3 王直3 日清戦争3 長野朗3 シュペーラー極小期3 勝海舟3 薩英戦争3 静岡県3 廃藩置県3 義和団の乱3 タウンゼント・ハリス3 安政五カ国条約3 菅原道真3 津波33 伴天連追放令3 レーニン3 竹崎季長3 平田篤胤3 フビライ3 ロシア革命3 中井権次一統33 北海道開拓3 文禄・慶長の役3 織田信長3 国際連盟3 ガスパル・コエリョ3 福井県33 プチャーチン3 鹿児島県3 川路聖謨3 日米和親条約3 高橋是清3 満州事変3 薩摩藩3 桜井忠温3 南朝2 明治六年政変2 プレス・コード2 高知県2 大江卓2 文永の役2 大火災2 福沢諭吉2 火野葦平2 安政の大獄2 北条時宗2 弘安の役2 島津貴久2 領土問題2 大友宗麟2 オルガンティノ2 ラス・ビハリ・ボース2 安藤信正2 吉田松陰2 オールコック2 山本権兵衛2 坂本龍馬2 大政奉還2 徳富蘇峰2 応仁の乱2 足利義政2 下剋上2 水野正次2 土一揆2 徳島県2 淡路島2 富山県2 野依秀市2 越前護法大一揆2 神道2 松岡洋右2 大川周明2 島根県2 豊臣秀次2 島津久光2 沖縄2 水戸学2 文明開化2 三重県2 伊勢神宮2 日光東照宮2 板垣退助2 鳥取県2 足利義満2 明石元二郎2 仲小路彰2 南京大虐殺?2 尾崎秀實2 懐良親王2 王政復古の大号令2 江藤新平2 武田信玄2 足利義持1 長崎県1 フェロノサ11 東京1 ハワイ1 督戦隊1 版籍奉還1 徳川光圀1 岩倉遣外使節団1 鉄砲伝来1 愛知県1 岐阜県1 藤原鎌足1 穴太衆1 スターリン1 前原一誠1 後藤象二郎1 広島県1 神奈川県1 香川県1 イタリア1 徳川家康1 徳川家光1 陸奥宗光1 ハリマン1 グラバー1 宮武外骨1 スポーツ1 徳川昭武1 大内義隆1 山中峯太郎1 五箇条の御誓文1 浜田弥兵衛1 加藤清正1 徴兵制1 大村益次郎1 伊藤若冲1 尾崎行雄1 重野安繹1 第二次世界大戦1 桜田門外の変1 日野富子1 福岡県1 大倉喜八郎1 士族授産1 上杉謙信1 鎖国1 北条氏康1 科学・技術1 宮崎県1 シーボルト1 北条早雲1 今井信郎1 佐賀県1 大村純忠1 熊本県1 武藤山治1 財政・経済史1