アメリカの黒人知識人たちは日露戦争後の排日運動をどうとらえたか

初期の米国排日

 これまで日露戦争以降のアメリカで排日運動が広まっていったことを書いて来たが、このような運動が全米に拡げられていった理由を考察するにあたり、アメリカの黒人たちが日露戦争に日本が勝利したことをにどう反応し、その動きに白人たちがどう対処したかという視点が必要であると考えている。

アメリカ黒人は日露戦争で日本が勝利したことを歓迎した

 レジナルド・カーニー著『20世紀の日本人 アメリカ黒人の日本観1900-1945』という本に、日露戦争をアメリカの黒人知識人たちがどうとらえたかについて、次のように記されている。

 東アジアの覇権をめぐる争いを繰り返した後、日本とロシアは戦争に突入した。黒人知識人たちは、白人の国であり、ヨーロッパの列強のひとつであるロシアと、東洋の近代有色人国家、日本との戦争勃発の意味を探っていた。

 『セントルイス・パラディアム』紙は「今世紀もっとも重要な歴史的事件」であるという見出しをつけて、日露戦争を報じた。アメリカ人全体がそう思っていたかどうかは別にしても、少なくとも白人と黒人に共通してはっきりしていたことは、日本人が白人をその特権的地位から引きずり降ろそうとしている、ということだった。

 当然のことながら、白人はこのことを不愉快に感じ、黒人は歓迎した。この戦争を機に、黒人には人種関係の大きな転換期が見えたのだ。この国際的事件は、国内の人種問題以外には無関心とされていた黒人が、大いに関心を示したものとなった。黒人は、白人を打ち負かす能力を持った、同じ有色人種としての日本人のイメージを磨き上げていったのである。

 ・・・中略・・・ただ単に、ロシアをやっつけたというだけではなくて、白人が有色人種を支配するという神話を完全に打ち砕き、「他の呪われた有色人種たち」の秘めた力を引き出すきっかけを作った。それが日本だったのだ。

レジナルド・カーニー『20世紀の日本人』五月書房 平成7年刊 p.54~55
20世紀の日本人―アメリカ黒人の日本人観 1900‐1945
20世紀の日本人―アメリカ黒人の日本人観 1900‐1945

 同上書の中で、『インディアナポリス・フリーマン』紙の社説に次のような文章が掲載されたことが紹介されている。

 東洋のリングで、茶色い男たちのパンチが白人を打ちのめしつづけている。事実、ロシアは繰り返し何度も、日本人にこっぴどくやられて、セコンドは今にもタオルを投げ入れようとしている。有色人種がこの試合をものにするのは、もう時間の問題だ。長く続いた白人優位の神話が、ついに今突き崩されようとしている

同上書 p.65~66

 「茶色い男たち」はもちろん日本人の事である。わが国がロシアとの戦いに勝利したことについて、当時の米国黒人の知識人たちの反応のなかには次のようなものがあった。

 おもな黒人の知識人やジャーナリストのなかには、白人支配を根底から覆し、黒人の地位を向上させる契機として、この戦争を捉えようとする者もいた。日本人という有色人種が、ロシアという白人国家を打ち負かしたのだから、黒人もやがてアメリカという白人優位国家に対して、同じことが出来るかもしれないと考えたのだ。・・・中略・・・

 それまでは、白人と同じようにしか日本人を見ていなかった黒人が、この戦争を機に、人種的な観点から、つまり同じ有色人種の同胞として、日本人を見るようになったわけである。・・・中略・・・

 黒人が日本人に関心を持つようになった理由は、じゅうぶん理解できるものだった。それは、ロシアに対する日本の勝利が、白人支配の概念を揺るがすものだったからだ。 

同上書 p.67~68

 白人たちが、このような黒人たちの反応が拡がることを怖れたことは当然のことである。

なぜ黄禍論が唱えられ、拡げられたのか

 当時の西洋社会では有色人種は白人より劣った人種であり、白人が有色人種を支配することは当たり前だという考え方が支配していたのだが、その根拠はキリスト教の教義にあった。

 『旧約聖書』創世記九章にはこのようなノアの言葉が書かれている。ノアの息子たちはセム、ハム、ヤペテの三人で、カナンはハムの父である。

 カナンはのろわれよ。彼はしもべ*のしもべとなって、その兄弟たちに仕える」。
また言った。「セムの神、主はほむべきかな、カナンはそのしもべとなれ。神はヤペテを大いならしめ、セムの天幕に彼を住まわせられるように。カナンはそのしもべとなれ」。
*しもべ:召使い、下僕

『旧約聖書』創世記九章
口語訳聖書 - 創世記

 ノアの息子たち三人は、それぞれセム=黄色人種、ハム=黒人種、ヤペテ=白人種の祖先になったと古くから解釈されていて、それが根拠となって白人による有色人種の国々の植民地化が正当化され、白人が有色人種よりも優位にあるとする時代が長く続いたのだが、日露戦争における日本軍の勝利は、この常識を覆したのである。

『20世紀の日本人』には、こう記されている。

 アジアは欧米の支配も指図も受けないアジア人のためのものという強い信念が「黄禍」を生み出したとしたら、将来アフリカには「黒禍」なるものが生まれてくるであろうと、『ニューヨーク・エイジ』紙*は述べた。また、「もし日本人が中国人に勇気と反抗の精神を植え付けることができたなら、高慢で横柄なノアの子孫たちは用心しておいた方がよいだろう。」とも忠告している。
*ニューヨーク・エイジ紙:米国黒人向けの週刊オピニオン誌

『20世紀の日本人』 p.69

 「黄禍」というのは黄色人種脅威論で、日清戦争の後に三国干渉に関わったロシア、ドイツ、フランスで広がった政策思想だが、日露戦争の後にその思想がアメリカで急速に広められたことについては、それまで黒人を支配してきた白人側に理由があったと考えて良いだろう。

W.E.B デュボイス(Wikipediaより)

 日本が…ただロシアをやっつけたというだけではなくて、白人が有色人種を支配するという神話を完全に打ち砕き、『他の呪われた有色人種たち』の秘めた力を引き出すきっかけを作った。それが日本だったのだ。

 この頃から、デュボイスは**、ヨーロッパによる支配から有色人種を解放してくれる可能性のもっとも高い国として、日本を支持していた。ブッカ―・T・ワシントン派の有力な評論家は、日本人が『”白”という言葉の持つ近代の愚かなまやかし』をぶち壊したと言った。彼はまた『茶色と黒の人種』が日本人のあとに続くだろうと予言した。つまり、これこそが白人支配に脅威を与えた、いわゆる『黄禍』の本当の意味だったのだ。
**デュボイス:黒人運動の先駆的指導者。全米黒人地位向上協会の創立者(1868-1963)

同上書 p.55

 日露戦争に日本が勝利したことは、それまでずっと白人に支配されてきたアジアとアフリカの有色人種たちに考えるきっかけを与えたのである。

 黒人たちもまた、彼らの中に眠っていたナショナリズムが呼び覚まされることを予期していたと同時に、日本人が「アジア人のためのアジア」を声高に叫ぶ日がそう遠くないことをも予言していた。それは、彼らの母なる大地、アフリカに同じような叫びがこだまするときがやってくる前兆であると、一部の知識人は考えていた。

 『ニューヨーク・エイジ』紙によれば、アフリカ人が自己を主張する道は開かれつつあった。日露戦争は、すなわち「遅れた人種」が、もはや欧米資本主義によってじゃまされることのない、新しい時代の幕開けを象徴する出来事だった「黒禍」の時代、つまり「黒人のなかの、ヨーロッパによる略奪と搾取からアフリカ大陸をとり戻す意識をふたたび目覚めさせる」時代の到来を予期させるもの、それが日本の勝利だったのだ。   

同上書p.56

 黒人たちは、日露戦争を人種的な観点から観ていたわけだが、世界の有色人種が団結することによって、白人支配を終わらせることができると考える者もいた。同上前掲書によると、インディアナポリスのYMCA黒人支部主催の討論会で次のような議論がなされたという。

 戦争の結果に暗示されたアジアの栄華とヨーロッパの衰退は、他の抑圧された有色人種たちの未来に、明るい兆しをもたらしたということ、であった。日本が中国をヨーロッパから解放してくれる……ひとたび日本と中国との関係が強化されれば、インドやアフリカや東南アジアをも、白人支配の手から救い出す大きな力になり得る、と考えたのだ。

同上書p.69

これらの文章を読むと、なぜアメリカで『黄禍論』が急速に全米に広められたかが見えてくる。

 アメリカに日本人が移住してから、アメリカに奴隷として送られてきた過去を持つ黒人や、移住してきた有色人種達が、日露戦争に於ける日本人の活躍をみて刺戟され、白人優位の社会に疑問を持ち始め、地位改善のための活動が動き出していた。白人たちは、早いうちに手を打たないと、いずれは世界中で有色人種たちが白人に抵抗するようになり、永年にわたり白人が築き上げてきた白人優位の世界が崩壊していくきっかけとなるとの危機感を持ったのは当然であろう

アングロ・サクソンの伝統的統治手法である「分断工作」

 こういう問題の解決にアングロ・サクソンがこれまで行ってきた方法は、被支配者同志を争わせ統治者に矛先が向かう力を弱めていくことである。「分断工作」とも「分割統治」とも呼ばれるが、この手法を用いてイギリスがインドを統治した事例については、以前このブログでいくつかのGHQ焚書を紹介したので、参考にしていただきたい。

 日露戦争で有色人種の日本が勝利しアメリカの黒人が白人支配からの解放を主張しだしたタイミングで、アメリカはカリフォルニア州で起きていた排日運動を巧く利用し、二流三流のメディアを使って全米に『黄禍論』が広められ、その後排日運動が拡大していった。これは、黄色人種と黒人種との連携が生じないように対立軸を作ろうとした分断工作であったと理解している。

 その後、一九〇八年に日米紳士協約により、日本はごく少数を除き米国への移民を禁止し、アメリカ側は排日法案を造らないことを約束して排日運動はしばらく鎮静化するのだが、第一次世界大戦終結後に大量の兵士が帰国すると、移民と底辺の仕事を奪い合うこととなり、特に東洋人への排斥運動が一段と激化していくこととなる。そこで、さらに黄色人種間の分断がはかられることになるのだが、この点については、次回以降に記すこととしたい。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。長い間在庫を切らして皆様にご迷惑をおかけしましたが、このたび増刷が完了しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能ですし、ネットでも購入ができます(\1,650)。
電子書籍はKindle、楽天Koboより購入が可能です(\1155)。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことができます。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書185 対外関係史81 地方史62 ロシア・ソ連57 イギリス40 中国・支那39 共産主義38 神社仏閣庭園旧跡巡り36 神戸大学 新聞記事文庫34 日露戦争33 軍事31 著者別31 反日・排日31 政治史29 京都府28 神仏分離28 ユダヤ人27 欧米の植民地統治26 コミンテルン・第三インターナショナル26 廃仏毀釈26 朝鮮半島25 外交史25 アメリカ24 テロ・暗殺22 対外戦争22 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 情報戦・宣伝戦20 菊池寛19 一揆・暴動・内乱17 満州16 豊臣秀吉16 ハリー・パークス16 支那事変15 GHQ焚書・50音別リスト15 海軍13 西郷隆盛12 東南アジア12 紅葉11 陸軍11 ルイス・フロイス11 アーネスト・サトウ11 分割統治・分断工作10 倭寇・八幡船10 大阪府10 ドイツ10 徳川慶喜10 不平士族10 戦争文化叢書10 ペリー9 奴隷9 奈良県9 和歌山県9 神仏習合9 イエズス会9 神社合祀9 岩倉具視9 フランス9 寺社破壊9 伊藤痴遊9 人種問題9 伊藤博文8 A級戦犯8 韓国併合8 インド8 ロシア革命8 オランダ8 ナチス8 小村寿太郎7 ジョン・ラッセル7 修験7 徳川斉昭7 文化史6 飢饉・食糧問題6 関東大震災6 木戸孝允6 大久保利通6 ジェイコブ・シフ6 兵庫開港6 永松浅造6 ロッシュ6 自然災害史6 情報収集6 大東亜戦争6 大隈重信5 滋賀県5 ウィッテ5 ジョン・ニール5 金子堅太郎5 長野朗5 奇兵隊5 隠れキリシタン5 アヘン5 財政・経済5 国際連盟5 山縣有朋5 紀州攻め5 高須芳次郎5 児玉源太郎5 スパイ・防諜4 旧会津藩士4 日本人町4 東郷平八郎4 井上馨4 武藤貞一4 阿部正弘4 小西行長4 山県信教4 日清戦争4 平田東助4 堀田正睦4 石川県4 南方熊楠4 高山右近4 乃木希典4 兵庫県4 フランシスコ・ザビエル4 水戸藩4 日独伊三国同盟4 フィリピン4 孝明天皇4 スペイン4 井伊直弼4 ナチス叢書4 西南戦争4 東京奠都4 満洲3 津波3 桜井忠温3 福井県3 張作霖3 プチャーチン3 生麦事件3 徳川家臣団3 藤木久志3 関東軍3 竹崎季長3 川路聖謨3 鹿児島県3 士族の没落3 勝海舟33 ファシズム3 日米和親条約3 平田篤胤3 王直3 ガスパル・コエリョ3 薩英戦争3 福永恭助3 フビライ3 山田長政3 シュペーラー極小期3 菅原道真3 中井権次一統3 安政五カ国条約33 朱印船貿易3 北海道開拓33 下関戦争3 三国干渉3 イザベラ・バード3 タウンゼント・ハリス3 高橋是清3 レーニン3 薩摩藩3 台湾3 柴五郎3 静岡県3 伴天連追放令3 松岡洋右3 廃藩置県3 義和団の乱3 プレス・コード3 文禄・慶長の役3 明石元二郎3 和宮降嫁3 満州事変3 織田信長3 ハリマン2 大火災2 坂本龍馬2 伊勢神宮2 富山県2 足利義満2 高知県2 火野葦平2 王政復古の大号令2 三重県2 仲小路彰2 尾崎秀實2 文明開化2 大江卓2 山本権兵衛2 南朝2 沖縄2 南京大虐殺?2 文永の役2 神道2 淡路島2 明治六年政変2 北条時宗2 徳島県2 懐良親王2 地政学2 土一揆2 第二次世界大戦2 大東亜2 弘安の役2 吉田松陰2 オールコック2 領土問題2 豊臣秀次2 板垣退助2 島津貴久2 島根県2 下剋上2 武田信玄2 大川周明2 島津久光2 日光東照宮2 鳥取県2 足利義政2 国際秘密力研究叢書2 大友宗麟2 安政の大獄2 応仁の乱2 徳富蘇峰2 水野正次2 オレンジ計画2 オルガンティノ2 安藤信正2 水戸学2 越前護法大一揆2 江藤新平2 ラス・ビハリ・ボース2 大政奉還2 野依秀市2 福沢諭吉2 シーボルト1 フェロノサ1 徴兵制1 熊本県1 版籍奉還1 福岡県1 陸奥宗光1 穴太衆1 宮崎県1 督戦隊1 重野安繹1 山中峯太郎1 鎖国1 藤原鎌足1 加藤清正1 転向1 岐阜県1 宮武外骨1 科学・技術1 五箇条の御誓文1 愛知県1 前原一誠11 伊藤若冲1 ハワイ1 武藤山治1 上杉謙信1 一進会1 大倉喜八郎1 北条氏康1 尾崎行雄1 スターリン1 桜田門外の変1 徳川家光1 浜田弥兵衛1 徳川家康1 長崎県1 日野富子1 北条早雲1 蔣介石1 大村純忠1 徳川昭武1 今井信郎1 鉄砲伝来1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 スポーツ1 あじさい1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 佐賀県1 士族授産1 後藤象二郎1 神奈川県1 東京1 大内義隆1 財政・経済史1 広島県1 大村益次郎1 足利義持1