将軍継嗣問題の対立が深まるなかで、相次いで無勅許で結ばれた安政五カ国条約

開国前後

将軍継嗣問題と日米修好通商条約

第十三代将軍・徳川家定(Wikipediaより)

 前回の「歴史ノート」で、将軍継嗣問題のことを触れた。第十三代将軍・徳川家定はもともと病弱で、非常時の将軍に相応しくないうえに子供がなく、兄弟も皆早世していたのである。

 この事態を憂慮した島津斉彬・松平慶永(よしなが)・徳川斉昭ら有力大名は、大事に対応できる有能な将軍を擁立すべきであると考えて、斉昭の実子である一橋慶喜 (後の徳川慶喜) 擁立に動き、老中阿部正弘もこれに加担した(一橋派)。これに対して譜代大名や大奥は、家定に血筋が近い紀州藩主の徳川慶福(よしとみ:後の徳川家茂)を擁立しようとした(南紀派)

 血統では徳川慶福は申し分がないのだが、当時はまだ十二歳の少年で天下の難局に当たるには若すぎた。一方、一橋慶喜は徳川斉昭の七男で身体強健で文武の修養も深い二十歳の青年であった。

 ところが阿部正弘が急死すると、同じく一橋派の堀田正睦が幕府の主導権を掌握したのだが、譜代大名の巻き返しが始まった。

井伊直弼

 安政五年四月二十一日(1858/6/2)に日米修好通商条約の勅許取得に失敗した堀田が江戸に戻ると、四月二十三日(6/4)には南紀派で彦根藩主の井伊直弼が、将軍と大奥の支持を得て大老となり幕府の主導権を握ったのである。

 井伊直弼は五月一日(6/11)に、次期の将軍を徳川慶福にすることに内定したのだが、一橋派が容易に納得しないことを考慮してしばらくこのことを厳秘としていた。そして六月一日(7/11)に将軍の継嗣を血統のうちから定めるべき事を内示し、翌日に朝廷に奏して勅許を求めている。一方一橋派は、「英明・年長」を兼ね備えた者を将軍継嗣とすべきであることを朝廷に働きかけて、勅書を出させようと動いていたのである。

 こんな状況下において、予期に反して通商条約調印の問題が切迫して来た。前回の「歴史ノート」で記した通り、アロー戦争で英国が清国に勝利し、天津条約を結んだ後、いよいよ日本に通商条約締結を求めてくるという情報が飛び込んできたのである。

 幕府内の多数意見は、ここに至ってはアメリカと急いで条約を締結するしかないが、朝廷の説得に日時を費やしている余裕はない。もしアメリカとの条約締結前に英仏軍艦が来航し、圧倒的な武力に威圧されて条約交渉を余儀なくされれば、国威を失うことにもなりかねないと考えたのである。

 昭和十五年に出版された『概観維新史』には、この局面における井伊の決断を次のように描いている。

 衆議は即時調印にあったが、大老はなおも(井上)清直ら二人に、なるべく朝命を得るまでは調印を延ばすよう談判すべきことを命じた。しかし清直が「万やむをえぬ場合には調印するも可なるべきか」と反問して指揮を請うたので、大老は終に拒み得ずこれを容認したのであった。かくて再び米艦に赴いた清直・(岩瀬)忠震の二人はハリスを説得するに至らず、十九日(7/29)の午後日米修好通商条約十四箇条・貿易章程七則に調印を了した

(『概観維新史』維新史料編纂事務局 昭和十五年刊 p.242)
概観維新史 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 しかし、幕府が勅許を経ないでアメリカとの条約を締結したことを朝廷に奏上すべきところを、堀田正睦ら五人の老中は、臨機応変の措置を取らざるを得なかった理由を老中奉書にしたため、使者も立てずに飛脚便に託して京都に送ったのだが、このことが孝明天皇の逆鱗に触れることとなる。

次期将軍の公表と井伊大老による一橋派の処分

 幕府が勅許を得ずに条約に調印したという話は、翌日以降には広く知られるようになっていった。

徳川斉昭 Wikipediaより

 一橋派の諸侯は幕府の専断に対して非難攻撃を加え、次期将軍を徳川慶福に決めようとしている井伊大老に圧力をかけた。例えば徳川斉昭は嫡男の慶篤(よしあつ)とともに六月二十一日付で建議書を提出し、幕府が勅許を得ないまま条約調印を進めたことを「違勅の大罪」をなしたとし、幕府がそのことをすぐに公表しないことを問題とした

 幕府は条約に調印した事実を二十二日に諸侯に公表することを決めたが、井伊大老はそれに先立って幕閣の改造による内部固めを行うこととし、二十一日に老中の堀田正睦と松平忠固を登城禁止にして、二十三日(8/2)にはこの二人の老中を罷免してしまった

 そして、二十二日に在府の諸侯に条約調印の顛末を説明し、今後の処置について意見を求めたところ、幕府に対する非難が相次いだという。前掲書には一橋派の反発をこう解説している。

 一橋慶喜は二十三日、田安慶頼を誘って共に登営し、直弼に対し、違勅の罪を犯したにもかかわらず、老中奉書を以て奏聞した不法を面責し、更に老中を招いて、当将軍の時代に至って、黠虜(かつりょ:悪賢い野蛮人)の虚喝に辟易して違勅ともなるべき処置に出たのは、台慮(たいりょ:上意)に出たものか、はたまたその方どもの取り計らいかと詰まり、速やかに京都に遣使あるべきを促した。伊達宗城、松平慶永(春嶽)もまた前後して井伊大老を訪い、条約調印の不都合を詰める所があったが、斉昭は井伊大老をはじめ条約調印に関係ある有司を黜(しりぞ)け、以て天朝に謝する道を講ぜしめ、また慶永をして幕政を総括せしめようとし、宗城もまた岩瀬忠震等と内外策応して慶永の幕政参与を企図した。

(前掲書 p.246)
概観維新史 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 この段階では将軍継嗣が誰になるかはまだ発表されておらず、幕府は二十五日(8/4)になってようやく、紀州の徳川慶福が次期の将軍と決定したことを正式に発表している。発表がこれだけ遅れたのは、将軍継嗣問題に条約勅許問題が加わって政情が混乱したことが大きかった。

 そこで井伊大老は幕府の権威を回復させるため、一橋派の処分を行う決断をした。たまたま七月二日(8/10)の夜に第十三代将軍徳川家定が危篤に陥り六日(8/14)に薨去したのだが、その前日に将軍命で徳川斉昭に蟄居、松平慶永、徳川慶恕に隠居謹慎、徳川慶篤、一橋慶喜に登城禁止などの処罰を行っている。

 井伊大老が人望ある親藩の人々を処罰したことは世間の悪評を招く一因となり、無勅許での通商条約締結や継嗣問題の対応とともに、幕府に対する強い反感を惹起させることとなった。

安政五カ国条約の締結

ヤン・ドンケル・クルティウス(Wikipediaより)

 幕府は朝廷から急いで上京して説明せよとの勅が発せられていたのだが、すぐに対応できる状況ではなかった。すでに江戸にはわが国と通商条約交渉をする目的で、オランダ商館長兼駐日オランダ理事官のクルティウスが三月十日(4/23)には江戸に来ていた。クルティウスは現在ロシア、イギリス、フランス等の列強国の使節がこれから相次いで日本に渡来し、アメリカと同様に通商条約の締結を求めてくることを伝えていた

 しかしもし彼らが一時に交渉を迫ってきた場合は、日本にとって災禍を招来するおそれがあるので、速やかに日米と通商条約を締結すべきであるとアドバイスしていたという。

 日米修好通商条約締結は六月十九日(7/29)だが、その時点で幕府は他の諸国とも同様な条約を締結することを覚悟していたと考えて良い。

エフィム・ブチャーチン (Wikipediaより)

 また、六月二十日(7/30)にはロシア全権のプチャーチンを乗せたアスコリド号が通商条約交渉の為に神奈川に入港し、七月四日(8/12)には芝愛宕下の真福寺に入っていた。。

 幕府は六月十九日(7/29)に日米修好通商条約を締結した後、七月十日(8/18)に日蘭修好通商条約、七月十一日(8/19)に日露修好通商条約を相次いで締結しているが、条約の内容は日米修好通商条約とほぼ同様な内容であった。

ジェイムズ・ブルース(第八代エルギン伯爵)
Wikipediaより

 さらに、イギリスもジェイムズ・ブルース(第八代エルギン伯爵)も通商条約締結のために四隻の船で日本に向かっていた。ハリスは「(イギリスは)50艘の戦艦を引き連れて過大な要求をしてくる」と主張していたのだが、予想していたよりも貧弱な戦力で来日している。これは、ハリスが条約調印を急がせるために大げさに述べた可能性もあるが、Wikipediaによると「エルギン伯の日本遠征には当初東インド艦隊司令長官シーモア提督も十分な海軍力を率いて同行する予定であった。ところがシーモア提督は訓令を無視して10隻以上の艦船を上海から香港へ帰還させ、自身も一時長崎に寄港したもののすぐに香港へ引き返してしまった」とある。

ジェイムズ・ブルース (第8代エルギン伯爵) - Wikipedia

 この記述が正しければ、ハリスが主張した「50隻の軍艦」は大げさであったとしても、イギリスはペリーと同様に武力で威圧して、自国に有利な条約を締結する方針でいたことになる。

 またエルギン伯は六月二十四日(8/3)に長崎に到着し、七月二日(8/10)に下田に上陸してアメリカのハリスと面談している。昭和十四年に出版された『維新史 第二巻』にはこう記されている。

 英国艦隊が下田に入港するや、ハリスは直ちに通弁官ヒュースケンをしてエルギンをその乗艦に訪わしめ、次いでエルギン伯もまたハリスを訪問して答礼をなし、始めて日米条約の調印を知った。ハリスはエルギン伯に対して大いに日本及び日本人を称揚し、またヒュースケンを英艦に便乗せしめて、今般の外交折衝に大いなる便宜を与えたのである。

(『維新史 第二巻』維新史料編纂事務局 昭和14年刊 p.856)
維新史. 第2巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 エルギン伯は四日に下田を出港して江戸湾に進入し、神奈川沖に戻ることを要求する幕吏を無視して、品川沖に停泊した。応接掛の井上清直らは折衝を重ねた結果、エルギン伯以下二十数名は上陸して、宿舎に選定された西応寺に入っている。

 七月十日(8/18)にエルギン伯は老中の太田資始・間部詮勝と面談して、通商条約締結を提議し、英国女王より将軍に蒸気船エンペラー号を贈呈する旨の提案があった。(この時はすでに将軍は薨去していた。)

 幕府が一番恐れていた英国との条約交渉は、先にハリスと条約調印に至ったことにより、面倒な難題が生じることもなくスムーズに終了し、七月十八日(8/26)に調印が行われ、引き続きエンペラー号の贈呈式が盛大に挙行され、お台場の砲台から二十一発の祝砲が轟いたという。エンペラー号は蟠龍丸(ばんりゅうまる)と名付けられ、幕府海軍に組み入れられている。

 エルギン伯は品川入港以来わずか十五日でその使命を終えて退去したのだが、彼は中国に急いで戻らねばならない事情があった

 エルギン伯はアロー戦争でイギリス軍を指揮して清軍を撃破し、天津条約を締結した人物である。日本との条約調印の後、アヘン貿易の合法化を内容とする通商章程善後条約を清政府との間に締結している。そして天津条約で開港された揚子江流域の鎮江、九江、漢口を視察した後、1859年3月にイギリスに帰国したのだが、清国が一向に天津条約を守ろうとしなかったため、イギリスはフランスと共に再び武力行使を実施することとなる

 1860年3月に英仏両国は清政府に最後通牒を発し、エルギン伯は中国に派遣され、英仏連合軍は8月31日には再度大沽砲台を占領し、その後北京を無血占領した。

英仏軍の円明園の略奪(Wikipediaより)

 以前このブログでも書いたが、北京にあった円明園の破壊は、エルギン伯がイギリス人捕虜虐待の報復として命じたものである。円明園から略奪された宝物は、今も大英博物館など主にヨーロッパ各地の博物館に所蔵・展示されているが、もし幕府が条約交渉の対応を一歩誤れば、このようなことが実際に起こってもおかしくなかったと思うのだ。

ジャン・バティスト・ルイ・グロ男爵、1858年(Wikipediaより)

 話を通商条約交渉に戻そう。エルギン伯が品川を去ると今度は八月七日(9/13)にフランス全権のグロ男爵が軍艦ラプラス号に搭乗し下田に来航した。十三日(9/19)に品川港に入港し、将軍の喪中のためスタートは遅れたが、条約交渉は極めて順調に進み、九月三日(10/9)に日仏修好通商条約が締結され、フランス艦隊は六日(10/12)の朝に品川を去り清国に向かっている。

 安政五年(1858年)に江戸幕府がアメリカ・オランダ・ロシア・イギリス・フランスの五カ国と結んだ条約を「安政五カ国条約」と呼ぶが、いずれも勅許なく調印されたため「安政の仮条約」とも呼ばれている。

 この条約を結ぶことによって、幕府は最も懸念していた外国との紛争を回避することが出来たのだが、勅許を得ずに調印を強行したことで朝幕間の対立は深まり、攘夷派の幕府攻撃が激しさを増すこととなるのである



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
令和二年三月末より電子書籍もKindle、楽天Koboより販売を開始しました。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書170 対外関係史80 地方史62 イギリス37 ロシア・ソ連34 神社仏閣庭園旧跡巡り34 著者別31 軍事29 政治史29 京都府28 神仏分離27 廃仏毀釈26 日露戦争25 外交史24 欧米の植民地統治24 共産主義23 対外戦争22 中国・支那21 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 菊池寛19 ユダヤ人16 アメリカ16 一揆・暴動・内乱16 豊臣秀吉16 ハリー・パークス16 テロ・暗殺16 GHQ焚書・50音別リスト15 反日・排日15 情報戦・宣伝戦14 朝鮮半島14 満州14 コミンテルン・第三インターナショナル13 神戸大学 新聞記事文庫13 支那事変13 西郷隆盛12 陸軍11 海軍11 アーネスト・サトウ11 紅葉11 東南アジア11 ルイス・フロイス11 不平士族10 徳川慶喜10 倭寇・八幡船10 戦争文化叢書10 和歌山県9 フランス9 岩倉具視9 伊藤痴遊9 奴隷9 寺社破壊9 大阪府9 ペリー9 奈良県9 イエズス会9 オランダ8 徳川斉昭7 ナチス7 インド7 ドイツ7 修験7 神社合祀7 A級戦犯7 神仏習合7 ジョン・ラッセル7 ロッシュ6 自然災害史6 大東亜戦争6 飢饉・食糧問題6 永松浅造6 文化史6 兵庫開港6 木戸孝允6 大久保利通6 人種問題5 アヘン5 滋賀県5 財政・経済5 伊藤博文5 児玉源太郎5 大隈重信5 奇兵隊5 隠れキリシタン5 分割統治5 情報収集5 山縣有朋5 ジョン・ニール5 関東大震災5 高須芳次郎5 ジェイコブ・シフ5 紀州攻め5 堀田正睦4 阿部正弘4 小西行長4 高山右近4 水戸藩4 フィリピン4 スペイン4 フランシスコ・ザビエル4 井上馨4 西南戦争4 東京奠都4 旧会津藩士4 井伊直弼4 ナチス叢書4 金子堅太郎4 兵庫県4 乃木希典4 南方熊楠4 平田東助4 日本人町4 武藤貞一4 ウィッテ4 山県信教4 石川県4 孝明天皇4 東郷平八郎4 小村寿太郎4 士族の没落3 台湾3 福永恭助3 山田長政3 朱印船貿易3 和宮降嫁3 徳川家臣団3 スパイ・防諜3 生麦事件3 下関戦争3 柴五郎3 日独伊三国同盟3 藤木久志3 三国干渉3 王直3 日清戦争3 長野朗3 シュペーラー極小期3 勝海舟3 薩英戦争3 静岡県3 廃藩置県3 義和団の乱3 タウンゼント・ハリス3 安政五カ国条約3 菅原道真3 津波33 伴天連追放令3 レーニン3 竹崎季長3 平田篤胤3 フビライ3 ロシア革命3 中井権次一統33 北海道開拓3 文禄・慶長の役3 織田信長3 国際連盟3 ガスパル・コエリョ3 福井県33 プチャーチン3 鹿児島県3 川路聖謨3 日米和親条約3 高橋是清3 満州事変3 薩摩藩3 桜井忠温3 南朝2 明治六年政変2 プレス・コード2 高知県2 大江卓2 文永の役2 大火災2 福沢諭吉2 火野葦平2 安政の大獄2 北条時宗2 弘安の役2 島津貴久2 領土問題2 大友宗麟2 オルガンティノ2 ラス・ビハリ・ボース2 安藤信正2 吉田松陰2 オールコック2 山本権兵衛2 坂本龍馬2 大政奉還2 徳富蘇峰2 応仁の乱2 足利義政2 下剋上2 水野正次2 土一揆2 徳島県2 淡路島2 富山県2 野依秀市2 越前護法大一揆2 神道2 松岡洋右2 大川周明2 島根県2 豊臣秀次2 島津久光2 沖縄2 水戸学2 文明開化2 三重県2 伊勢神宮2 日光東照宮2 板垣退助2 鳥取県2 足利義満2 明石元二郎2 仲小路彰2 南京大虐殺?2 尾崎秀實2 懐良親王2 王政復古の大号令2 江藤新平2 武田信玄2 足利義持1 長崎県1 フェロノサ11 東京1 ハワイ1 督戦隊1 版籍奉還1 徳川光圀1 岩倉遣外使節団1 鉄砲伝来1 愛知県1 岐阜県1 藤原鎌足1 穴太衆1 スターリン1 前原一誠1 後藤象二郎1 広島県1 神奈川県1 香川県1 イタリア1 徳川家康1 徳川家光1 陸奥宗光1 ハリマン1 グラバー1 宮武外骨1 スポーツ1 徳川昭武1 大内義隆1 山中峯太郎1 五箇条の御誓文1 浜田弥兵衛1 加藤清正1 徴兵制1 大村益次郎1 伊藤若冲1 尾崎行雄1 重野安繹1 第二次世界大戦1 桜田門外の変1 日野富子1 福岡県1 大倉喜八郎1 士族授産1 上杉謙信1 鎖国1 北条氏康1 科学・技術1 宮崎県1 シーボルト1 北条早雲1 今井信郎1 佐賀県1 大村純忠1 熊本県1 武藤山治1 財政・経済史1