GHQが焚書処分した日清戦争・日露戦争関連書籍~~時事新報社 編『日露戦争を語る. 外交・財政の巻』

GHQ焚書
スポンサーリンク

 明治時代にわが国が国運をかけて戦った日清戦争や日露戦争については、戦後は日本史の概説書か小説の世界でしかお目にかからなくなっているのが現状だが、戦前には当時の世界情勢から詳しく解き明かした本や、詳しい戦記が多数出版されていた。残念ながら、その多くがGHQによって検閲され没収廃棄されている。

 戦記には面白い本がいくつかあるのだが、引用すると長くなるので、今回は時事新報社の『日露戦争を語る 外交・財政の巻』の中から、戦争当時駐露公使であった栗野慎一郎氏の文章の一節を紹介したい。

 栗野公使は日露戦争が始まる一週間ほど前に、大臣委員会議長のセルゲイ・ウィッテを訪ねたのだが、その時にウィッテは「私はもうあなたと日露問題についてお話しすることはできない。」と述べたあと「日本の一切の暗号はわかっているからねえ」と言って、遠回しに栗野公使との会談を断ったのである。この一年後に、ウィッテが言っていたことが正しかったことが判明する日がくるのだが、同いう経緯で暗号が盗まれ、なぜ発覚したかを記述している部分を引用させていただく。

 日露戦争前、日本の暗号がロシアに分かっていたというは一大事である。どうしてロシア側がそれを手に入れたかは深い疑問となっていたが、図らずも一年後に本野フランス公使の手からそれが分かった。

 ある時本野公使のところへ変な男が訪ねて来て、「日本の暗号を持っているから買ってくれないか」と言い出した

 そこで本野公使がためしに「それでは△△号から△△号迄作ってこい」と原文を渡してやったら、ちゃんと原文を暗号に直して作って来た。みると文章も的確で、本物と寸分変わらない。そこで「これはいけない。不穏当だ」ということが分かって、幾らか金を出してこれを買い上げたという話である。

 一体この男は何ものであるかというと、もとロシアの探偵をしていた者である。初めはロシア側も日本の暗号だというので彼に金を与えてこれを買い取っていたが、後には分かったので何も出さなくなった。そこで彼も金に窮し、遂にそれを日本側に売付けに来たものである。ではどんな風にして日本の暗号を盗んだかというと、それは極めて巧妙な方法で行われた。

 日露戦争前のことである。某国駐在公使は外交の機密である暗号電報を昼は肌身はなさず自分がもって歩き、夜は自分の寝室の枕もとの机の抽斗(ひきだし)にその暗号電報をしまっておいた。その公使が果たしてこれで絶対に暗号を盗まれる心配はない、安心である――と思ったかどうか知らぬが、とに角これが一代の不覚の種となった。この公使館に一人の実直な僕長がいた。僕長はいつも公使の身辺に近づいて何くれとなく世話を焼いていたが、これがまた意外にもロシアの密偵で、公使に忠実を尽くすのはその実、暗号の在処(ありか)を知ろうとする手段に過ぎなかった。彼は公使の行動をよく注意をしている間に大切そうに紙片を机の抽斗に入れるのを見て「これが暗号だな」と見てみてとった。そしていろいろ苦心したものと見えてとうとう巧妙な盗み方を考えた。

 それは、毎夜公使の寝息をうかがってひそかに部屋に忍び入り、合鍵で机の抽斗を開けて暗号電報を盗み出し、別の所ですばやくそれを写真に撮り、公使の寝ている間にそっとそれをもとの位置に戻しておくことであった。

 公使は夜が明けて机の抽斗をあけてみると別段の異常がない。それで気がつかなかったのだが、密偵の方では、毎晩それを繰り返しているうちに、とうとう日本の暗号を一つの立派な本に拵(こしら)えあげてしまった。

 そしてそれをロシア政府に売り込んだのである。

 そんなふうにして暗号が盗まれたことがはしなくも発覚したのは、前述したように本野駐仏公使の所へ売り込みに来た者があったからである。

時事新報社 編『日露戦争を語る. 外交・財政の巻』時事新報社 昭和10年刊 p.11~13
日露戦争を語る. 外交・財政の巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

 栗野公使は暗号を変えたとは一言も書いていないのだが、もし盗まれたことが発覚するまで暗号を変えていなかったとすると、日露戦争では少なくとも一年近くは、ロシアに暗号が読まれながら戦っていたことになるのだが、真実はどうだったのか。

 下記のリストは、GHQ焚書の焚書の中から「日清」「日露」をタイトルに含む書籍を選んだものだが、大半が日清戦争、日露戦争に関係する書籍で、日本とソ連の外交問題などを論及している本が数冊ある。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
急迫せる日露の危機根村正位 新生閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1440599昭和11
参戦二十将星日露戦争を語る相馬 基 編東京日日新聞社
支那事変と日清戦争小泉信三 慶応出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1919110昭和12
従軍記者の見たる
日露戦争裏面史
新聞之新聞 編精華書房
少年日露戦争物語遠藤早泉文化書房
青年日露戦史矢儀萬喜多増進社
迫り行く日露再戦書を手にし
吾等の感想と決心
遠矢平吉 生成社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1273078昭和13
戦争秘話(日露戦役)第一輯樋山光四郎偕行社
第三十二回陸軍記念日に当り
日露戦役を偲ぶ 
陸軍省新聞班編陸軍省新聞班https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1221279昭和12
鉄血 : 日露戦争記*猪熊敬一郎 明治出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/774222明治44
日露怖るべきか中村秋季新生堂
日露樺太外交戦太田三郎興文社
日露戦争物語. 上巻芦間圭 大同館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717387昭和10
日露戦争物語. 下巻芦間圭 大同館書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1720535昭和10
日露戦争を語る.
外交・財政の巻
時事新報社 編時事新報社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1218392昭和10
日露戦役話集 大戦余響鳳秀太郎 編博文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/954055大正6
日露戦役 戦塵余話青木袈裟美陸軍軍医団
日露戦役の思ひ出 陸軍省つはもの
編輯部 編
つはもの発行所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1110524昭和9
日露戦争思い出の記 
ミスチェンコ騎兵大集団営ロ逆襲実話
黒沢礼吉 編不明
日露戦争を斯く戦へり鹿野吉廣正直書林
日露戦地の懐旧山崎有信山崎有信
日露大戦秘史 永沼挺進隊中屋重業公論社
日露年鑑. 昭和11版日露通信社 編日露通信社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1191716昭和10
日露年鑑. 昭和17版欧亜通信社 編欧亜通信社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1184277昭和18
日露の現在及将来吉村忠三 日本公論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1443706昭和9
日露戦塵肉弾山行かば原田指月 三水社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1873736昭和3
日露の特殊権益と国際鉄道戦浅野利三郎宝文館
日露陸戦新史沼田多稼蔵 編兵書出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/942003大正13
日清戦争と陸奥外交深谷博治日本放送協会
日清、日露戦役 回顧録帝国在郷軍人会
上加茂分会 編
帝国在郷軍人会
上加茂分会 
日清日露戦争物語 :
附・アジアの盟主日本
菊池寛新日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1718008昭和12
日清日露両戦役及世界大戦
に於ける我が戦時財政
大蔵省大臣官房
財政経済調査課 編
千倉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1272744昭和12
兵車行 :
兵卒の見たる日露戦争
大月隆仗 敬文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/774461明45
名将回顧 日露大戦秘史
陸戦篇
高田廣海 編東京朝日新聞
発行所
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【タグクラウド】

GHQ検閲・GHQ焚書 GHQ焚書・50音別 キリスト教関係史 スポーツ テロ・暗殺 プレス・コード ユダヤ人 一揆・暴動・内乱 共産主義 北海道開拓 南朝 反日・排日 地方史 外交史 大東亜戦争 奴隷 対外関係史 廃仏毀釈 情報戦・宣伝戦 支那事変 政治史 日本人町 日露戦争 朝鮮半島 東南アジア 欧米の植民地統治 満州 神仏分離 神仏習合 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 神社仏閣庭園旧跡巡り 神社合祀 紅葉 織田信長 自然災害史 著者別 西尾幹二動画 豊臣秀吉 財政・経済 軍事 領土問題 飢饉・食糧問題

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
電子書籍もKindle、楽天Koboより販売しています。

Kindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことが可能です。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

【このブログの人気記事50 最近90日間】

頻繁に起こっていた土一揆が応仁の乱の十一年間に記録されていない事情~~土一揆と応仁の乱21 view
イギリスこそが世界最大の侵略国だった~~「戦争文化叢書」を読む21 view
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)1 view
GHQに焚書処分された作家の著作~~菊池寛『大衆明治史』、火野葦平『海南島記』1 view
GHQが焚書処分した「太平洋」をタイトルに含む本~~中川秀秋『太平洋波高し : 日本を襲ふ魔手の正体』1 view
GHQが焚書処分した道徳に関する書物~~深作安文 著『国民道徳綱要』1 view
GHQが焚書処分した実業家・経済人の著書~~小林一三『戦後はどうなるか』1 view
なぜGHQが水戸学の研究書を戦後の日本人に封印したのか~~高須芳次郎 『水戸学講話』1 view

コメント